Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ゼロ一獲千金ゲーム|7話 見逃し無料視聴[ザ・アンカー完結編]

ゼロ 一攫千金ゲーム

一獲千金ゲーム|全話無料
 
案内人
案内人

こんにちは!早速にはなりますが、

ゼロ 一獲千金ゲーム]をリアルタイムで見逃された方にとてもお得なので、1話〜最新話までの全話を「2週間無料」で視聴できる方法をご紹介します。

※全話無料配信は、日本テレビ公式動画「hulu」(会員数172万人)のみが提供しています。

 

もちろん2週間以内に解約された場合には、料金は0円で、利用者にとってメリットのある方法のみ、責任持ってご紹介しています。(2018/09/15時点)

 

お試し期間“を利用して、見逃したドラマを無料視聴するのが今の主流です!

 

»手越祐也「城山小太郎」のオリジナルストーリーも独占配信中!

 

 
 
「ドリームキングダム」に極秘裏に集められた若者たちが賞金1000億円を賭け、知力・体力・時の運を試される特別なゲームに挑む物語

-番組名-

「ゼロ 一獲千金ゲーム」

-放送開始-

2018年7月15日(日)

-放送日-

2018年8月26日(日)[7話]

-放送日時-

毎週日曜 22時30分

-出演者-

加藤シゲアキ、間宮祥太郎、小関裕太、加藤諒

岡山天音、杉野遥亮、ケンドーコバヤシ

梅沢富美男、小池栄子

-原作-

福本伸行「賭博覇王伝 零」/講談社

 
 
案内人
案内人

こちらのページではゼロ一獲千金ゲーム」全話無料方法と7話を詳しくご紹介させていただきます。さらに6話&7話「ザ・アンカー」ゲーム立役者の一人「小関裕太」さんについてもまとめました!

 

2週間無料視聴の方法については、本当にシンプルで多くの方にご利用いただいている方法です。日本テレビが運営している「hulu」に約3分でササッと登録して、あとは2週間無料のお好きなタイミングで「一獲千金」をご視聴ください!

 

huluについて、具体的にどのようなサービスなのか詳しく知りたい方は「huluメリット&デメリット」にお進みください。不明点が全て解決するかと思います。

 

 
 

[この記事の見どころ]

✎ ゼロ一獲千金ゲーム|とは

✎ ゼロ一獲千金ゲーム|全話視聴率推移

✎ ゼロ一獲千金ゲーム|小関裕太(氷川ユウキ)

✎ 過去放送 [あらすじ・ネタバレ]

✎ ゼロ一獲千金ゲーム|7話ネタバレ

✎ ゼロ一獲千金ゲーム|公式ツイッター

✎ ゼロ一獲千金ゲーム|7話感想

✎ ゼロ一獲千金ゲーム|8話あらすじ

✎ ゼロ一獲千金ゲーム|キャスト情報

✎ ゼロ一獲千金ゲーム|まとめ

 

ドラマ「ゼロ一獲千金ゲーム」とは

 

原作は、「カイジ」や「アカギ」などでおなじみの福本伸行の人気コミック「賭博覇王伝 零」(講談社週刊少年マガジン)。コミックの発行部数は300万部を誇る人気原作。建設中のアミューズメントパーク「ドリームキングダム」が舞台となっており、そこで挑戦者たちによる「命」をかけた壮絶なサバイバルゲームが繰り広げられる。「ゲームに勝てば1000億円」人生の一発逆転を目指し、「命がけのゲーム」に身を投じる若者たちが助け合い、笑い合い、真の友情を紡ぎ上げていく物語である。

そんなサバイバルゲームに参加することになる主人公、宇海零(うかい・ぜろ)は、町の進学塾で小学生相手に教鞭を執る非正規教員。しかし、その正体は、現代社会の中で苦しむ弱者たちを救う「義賊」という裏社会のヒーローであった。うだつのあがらない風貌に身を隠しながらも、自分が勝つことより、他人が負けないことを選ぶひとりの天才勝負師を、加藤シゲアキ(NEWS)が演じる。

 

ゼロ一獲千金ゲーム 全話視聴率推移

 
ケロマツ
ケロマツ

「ゼロ一獲千金ゲームの視聴率がここに来て上昇し始めました!ゼロ一獲千金ゲームが大好きな人間の一人として非常に嬉しいです。7話で手越祐也さんと加藤シゲアキさんのやり取りが視聴者の心をつかんだんでしょうか!?ここから最終回に向けて初の視聴率10%台を目指していってほしいですね!今後も視聴率を追っていきます!

 

【全話平均視聴率】

第一話(7/15) – 7.1%

第二話(7/22) – 6.7% 

第三話(7/29) – 6.3% 

第四話(8/5)   – 6.1%

第五話(8/12) – 7.9%

第六話(8/19) – 5.8%

第七話(8/26) – 8.3%

第八話(9/02) – %

 

ゼロ一獲千金ゲーム|小関裕太(氷川ユウキ)

-誕生日-

1995年6月8日

-出身地-

東京都

-事務所-

アミューズ

-代表作-

「半分、青い。」「特命刑事 カクホの女 」「ホテルコンシェルジュ」

「ごめんね青春!」「わたしに××しなさい!」「春待つ僕ら」

-役柄-

自分のことにしか興味のない冷酷な一面をもつ。「迷宮のトライアングル」ゲームでは標の命を絶とうとした。ドリームキングダム参加前に事業に失敗し、多額の借金を抱える。1000億円を目指し、セイギと共闘中!

-人となり-

2008年度てれび戦士として有名になる

・積水ハウス CMにて阿部寛の息子役

映画『親指さがし』で映画初出演を果たす

・座右の銘は「一生懸命」

・大の愛犬家で、ミニチュアダックスを飼っている

 

過去全話の放送回 [あらすじ・ネタバレ]

 

からあげ君
からあげ君

過去の「ゼロ一獲千金ゲーム」について詳細にまとめております。記事をお読みいただいている方の中で、リアルタイムで見逃した放送分がある方のご参照になれば嬉しいです。詳細に記載していますので物語の流れをご理解いただけるかと思います。

 

 

 7話ネタバレ

↓下記をタップすると開きます↓

[序盤]

[序盤]を開く

加藤シゲアキ(于海零)

間宮祥太郎(末崎セイギ)

小関裕太(氷川ユウキ)

加藤諒(真鍋チカラ)

岡山天音(佐島ヒロシ)

杉野遥亮(早乙女スナオ)

ケンドーコバヤシ(末崎さくら)

在全無量(梅沢富美男)

小池栄子(後藤峰子)

カズヤ(増田貴久)

標(佐藤龍我)

(手越祐也)城山小太郎

 


 

(手越祐也)城山小太郎との勝負が続いている。

仲間同士の絆を試すゲーム「ザ・アンカー」

城山小太郎は、零に勝利するために手段を選ばなくなってきた。

 

新たにダウンされたアンカーは零、ヒロシ、ユウキをかすめた。

まだ余裕はある。

 

小太郎「まだ僕と遊べるよ〜ん」

 

零は絶体絶命のこの状況においても、何か勝利する道はないかと一縷の望みにかけていた。

アンカー問題は『ANHCOR』。

ここを零が回答することが勝負の分かれ道だ。

 

零「ヒロシさん、ユウキさん。アンカーは下がりましたが、また余裕がある。十分挽回できます。ふたりは必ず俺が生きてここから出します」

 

ヒロシ「俺は諦めない。ゼロを信じるよ」

 

しかし、どうだろう。

少し前までは、お互いを罵り合っていた二人が今は仲良し。

 

ここから峰子は先ほどの喧嘩はフェイクだと推察する。

小太郎は友情を壊したい。

この光景にさらに火がついた。

 

峰子「潰してしてやればいい。彼らを生かすもどう料理するかもあなた次第」

 

〜〜〜

 

氷川ユウキ(小関裕太)「今のくだりいらないんだけど。賞金欲しくてここにいるんでし。生きて返すとか綺麗事言わなくていいから。友情ごっこは勝負の邪魔。僕はねいつ死んでも構わないんだよ、賭けてるのは自分の命だから」

 

零「お金のためにかけていい命なんてありません!」

 

〜〜〜

 

さてクイズに戻る。

 

小太郎「では第10問目。解答者はヒロシだ!さあパネルを選んで」

 

ヒロシはアンカー問題を当ててはいけないことは分かっている。

しかし、零しかアンカー問題がどこに位置しているのかわからない。

ヒロシはどのパネルにするか悩む。

 

零はアンカー問題を伝える方法を閃いた。

 

零「ヒロシさん。しんちょうに、にえら|んだのたし|かめて」

 

零は不自然な文章の区切り方をした。

これは、クォータージャンプ編において用いた逆さ言葉の応用だ。

 

零はヒロシにアンカー問題が存在しない「下の段」から選択して欲しかった。

そのメッセージにヒロシが気づいた。

 

ヒロシ「パネルのV」

 

ポイント4問題が開いた。

 

ヒロシ「よっしゃー」

 

氷川ユウキ(小関裕太)「よしじゃないよ。最高難度の問題じゃん」

 

しかし、零はここはアンカー問題ではなければ OK だ。

とっさの苦肉の策に気づいてくれた気づいてくれたヒロシに感謝する。

 

問題

 

「東京ドームは容積124万立方メートルですが、このドームで地球上の海をかき出すとしたらおよそ何杯になるでしょうか?」

 

①約1兆1000億杯

②約11兆杯

③約110兆杯

④約1100兆杯

⑤約1京1000兆杯

 

地球の表面積は約51000万平方キロメートル

地球の70%が海

海の深さの平均は3800メートル

 

ヒロシは全くわからず、ゼロに助けを求める。

しかしその行動に小太郎は不正解にするぞ、と怒る。

 

ヒロシ「3番!」

 

不正解!正解は①約1兆1000億杯

4ポイントダウン獲得

 

峰子「次はゼロの番だけど、何か策はあるんでしょうね?」

 

小太郎「零には解答不可能なスペシャル問題を出すよ」

そう言うと、小太郎はポケットから小銭を取り出した。

 

峰子「いやらしい問題ね」

 

〜〜〜

 

ゼロ「パネルのQ」

ここでアンカー問題を解答しても意味がない。

今はアップ問題の貯金が最優先だ。

 

4ポイント問題

 

問題

 

「モニターに注目。そこには山積みに置かれた小銭が置かれている。あの小銭は僕の財布に入っていた小銭をぶちまけたもの。この中から僕が一枚握った。さて僕はどの硬貨は何でしょ?」

 

これは問題として成立していない。

ヒロシは当然文句を言った。

しかし、 「ジ・アンカー」を制するためには運が必要だと相手にもしない。

 

零はこの絶体絶命の状況にもなんとか推理をしようとする。

 

ここで小太郎からヒントが出された。

日本の硬貨は現在、500円玉、100円玉、50円玉、10円玉、5円玉、1円玉の全部で6種類あると。

 

零「お前が今握っているのは例えばクォーター。アメリカ硬貨の25セント。あるいは10セント5セント1セント。そのあたりなんじゃないか?」

 

小太郎は表情が曇る。

「何を根拠に?」

 

零「日本の硬貨が全部で6種類だと。親切と縁遠いお前がわざわざ言ってきたこと。日本円と思わせたい気持ちが丸見えだ!それに小銭の山が、明らかに何かを隠していた」

 

しかも城山小太郎の本名がアメリカ人伺わせるものだった。

それに対して俺は生粋の日本人だ!と反発するが、

零はそのムキになった様子を見逃さなかった。

 

やはり今小太郎が握っているのはアメリカ硬貨で間違いない。

後はどの硬貨なのか当てる必要がある。

 

小太郎の性格から考えて、このゲームに持ってくる硬貨はアメリカでもあまり見ることがないレアな存在の1ドルコイン。

もしくはラッキーペニーの愛称がある1セント。

 

零「幸運を呼ぶラッキーペニーだ!手の中を見せろ」

 

小太郎は震えながらゆっくりと手を開いた。

そこには1ドルコインが握られていた。非常に惜しい。

 

小太郎はコインをぶちまけた。

小太郎「なんてやつだ!何でにじり寄ってくる。こんなわけのわからない問題で」

 

しかし現状8ポイントダウンは死に直結する。

次は、氷川ユウキ(小関裕太)の順番だ。

 

ユウキ「じゃあ、パネルのC」

 

アンカー問題だ。

 

ユウキ「さすがにやばいかな。8ポイントダウンは。」

 

ヒロシ「みんなの命がかかってるんだぞ!もっと必死になってくれよ!」

 

ユウキ「だから他人の命なんかどうでもいいって!1000億円取れなかったら僕の人生もう終わってるからね。まあせいぜい頑張って正解するよ。自分のためにね」

 

〜〜〜

 

ゲーム会場の外では、セイギがユウキについて語る。

 

セイギ「あいつ自分のことはほとんどしゃべんなかったけど、ここに来る前事業に失敗して、とんでもない借金があるらしい」

 

サクラはそんな気配は微塵もしなかった、ボンボンかと思ったと答える。

チカラはイケメンだし、と付け加える。

 

動かす金額がでかければ、失う金額もでかい。

 

セイギ「守るものなんて何もないから何でもできるって言ってた」

 

スナオ「ゼロとは正反対だ!零は守る人。生きようとする人だから」

 

〜〜〜

 

アンカー問題が開封される。

 

問題

 

「数式を10秒以内に答えろ」

 

そこにはとても10秒では答えられない複雑な数式が記されていた。

ユウキは10秒で答えることができなかった。

 

ユウキ「あーあ、駄目だった。ここまでだね!」

 

ヒロシ「なんてやつだ」

 

小太郎「アンカー8ポイントダウン」

 

ユウキ「、、、残念だけど、こういったゲームなんだから仕方ないよ」

 

ヒロシ「いやだ!」

 

そう言うと、ヒロシは頭と顔を手で隠した。

 

しかし、零はまだ諦めていた。

これで直撃するとは確定したわけではないからだ。

 

零「手を下げて。頭をできるだけ床に押し付けて。見ろ!小太郎のやつなかなかボタンを押さない。セーフだからからかってるんだ」

 

小太郎「逆だよ。最後だから別れを惜しんでるんだよ」

 

ヒロシ「零!お前はこんなところで負けちゃいけない。そうだ俺は石頭だ!俺があのアンカーを受け止める。俺は零の役に立ちたい。」

 

小太郎「さあ、ボタンを押すぞ」

 

アンカーが静かに動き始める。

 

会場には血しぶきが舞った。

[中盤]

[中盤]を開く

アンカーはゲーム参加者の3センチ上空をかすめた。

血しぶきはヒロシのおでこをかすめたものだった。

しかし絶体絶命の状況には変わりはない。

3人はギリギリの中で会話をして、これからの対策を練る。

そして改めて零はヒロシとユウキを生きてここから出すことを誓った。

ユウキはそんな零をまた信じることはできない。

口だけは威勢がいいと言う始末。

小太郎はまさに紙一重と茶化している。

「コングラッチュレーション!!!」

しかしこの状況では、働く頭も働かない。

それぐらい追い詰められているのだ。

もう絶対絶命のこの状況を楽しんでいる小太郎に対して、

零は絶対に諦めない、どんな問題でも出してこい、次は必ず正解してやると意気込む。

零はユウキにある提案をする。

次に仕掛けてくる小太郎の問題を正解できたら、ユウキの命を預けてくれと話した。

零は許すことができなかったのだ。金のために張る命なんてくそくらえだと。

ユウキがアンカー問題を外して唯一良かった点は、相手にアンカー問題の位置がバレていることがごまかせたこと。仮にわかっていたら、あの場面ではアンカー問題はチョイスしない。故にまだアンカー問題は固定されたままのはずだ。

〜〜〜

ヒロシはパネルのWを選んだ。

3ポイント問題。

「数字の関係を考えた場合、?に入る数字は何?」

100→206

50→106

25→56

1→?

ヒロシは頭をフルに回転させた。

これなら解けるかもしれない。

必死に規則性を見出そうとしていた。

「答えは8だ!」

正解した!

しかし、コタローは不正解にした。

なぜならヒロシが回答してる間に、様々な助言を加えたからだ。

小太郎「ルールは司会者の僕が決める。応援程度なら許してあげたけど、もっと単純な問題?それはアウトでしょ。ペナルティとして、ゼロの解答を一度飛ばすよ」

〜〜〜

峰子「はっはっは!怖気づいたわね。次は絶対に正解すると言われてビビったんでしょ。」

小太郎「違うよダウンポイントを貯めてるんだよ。ゼロに確実に仲間を仕留めさせるために。僕にとっておきのスペシャル問題がある。解答不能のね。ゼロはもう気づいている。アンカー問題がアルファベットに基づいていることに。その僕の魂を込めたスペシャル問題をアンカー問題でぶつける」

「みんなを守るって宣言しながら自分が不正解したことによって仲間の命がなくなるんだ」

〜〜〜

ゼロの解答が飛ばされてしまい、ユウキが答える。

しかし、またしてもユウキは不正解だった。

ヒロシもアンカー問題は回避。

しかし、3ポイント問題。

難易度が高い問題を答えられるか?

問題

「アメリカと中国以外で、国旗で星がついている国10カ国を答えよ」

これは難問だった。

ヒロシは目をつぶり静かに答え始める。

「 オーストラリア、ガーナ、チリ、シンガポール、トルコ、キューバ、ニュージーランド、ベトナム、アルジェリア、シリア」

ヒロシはなんと正解できた!

ヒロシの父が外交官で幼い頃に国旗を覚えさせられたらしい。

その知識がゲームで役立った。

零はこの正解は希望になる、と喜ぶ。

零はこの3アップポイントによって、アンカー問題にチャレンジする決意を固めた。

零「パネルH」

小太郎「さあここでアンカー問題。僕の脇腹にはとある漢字一文字が刻まれている。若気の至りってやつかな。その漢字が何か答えて?」

零「若気の至り?刺青か。そのタトゥーはいつから入れてるんだ?」

小太郎「ハイスクール!充実した高校時代」

小太郎は高校時代の自慢話を始める。

地元じゃとてもワルだった。たくさんの舎弟がいた。

大人になってもこの刺青を消さないのは、充実した日々を振り返るため。

しかし零は見抜いた。

小太郎がパシリだったことを。

ゼロ「お前はどう見ても喧嘩が強そうじゃない。かといって人望があるタイプでもない。性格が悪すぎる。思い出話に見栄を張るな。本当は友達なんて一人もいなかったんじゃないか?見てれば分かる。俺たちが喧嘩をすれば大喜び。助け合うと妙にイラつく。」

小太郎「バカを言うな」

ゼロ「図星?顔が赤いよ。もしかしたらその腹の文字もいじめで入れられたんじゃないか?」

小太郎は学生時代に同級生からいじめられていた辛い過去の記憶を呼び起こしていた。

自分で刺青を入れないと、醜い文字を刻まれそうになっていた。だから自分で入れたのだ。屋上に自分で焼印を作り、バーナーで熱くして、絶叫しながら自分の腹に押し付けた。

当時のいじめていた連中に勝利する一文字を刻んだ 。

彼らに気づかれることなく辛い学生時代の唯一の勝利の一文字。

 

零「城山小太郎?わかったお前の腹に刻まれている一文字」

 

小太郎はあまりにズバズバと自分の踏み入って欲しくない過去に入ってくるゼロに恐怖心を覚え、怯えていた。

 

「城の文字が逆さに書かれている!」

 

小太郎「ウワァ〜〜〜〜」

 

しろやまこたろう

 

城を逆さまに読むことによって、「ころしたろう」と読める。

彼は実力ではいじめていた奴らに敵わなかったため、自分の腹に刻んだ文字で小さな復讐を果たしていたのだ。

 

〜〜〜

峰子「確認する必要があるようね。命令よ!お腹の文字を見せなさい!」

 

小太郎「いやだ」

 

そう言いながら渋々自分の腹を見せる。

そこにはまさに「城」が逆さになった刺青があった。

 

思わぬ事実に大爆笑の峰子。

あれだけ回答不可能と言っていたスペシャル問題をいとも簡単にゼロに見抜かれてしまった。

 

峰子「しょうがないわね!もっといい方法を教えてあげる」

 

すると、黒服の男がパネル選択画面をオートからマニュアルに変更した。

 

〜〜〜

 

アンカーは3ポイント分上昇した。

 

回答不可能であるように思えた問題を正解したことで、ヒロシはさらに尊敬の眼差しを送る。

 

ユウキ「はっはっは!なんか怖いよ、お前。」

 

明らかに元気を取り戻した小太郎。

峰子との間で具体的にどのような会話がなされたのか。

 

ユウキとヒロシはそれぞれ4ポイント問題を開き、

ユウキは正解、ヒロシは不正解だった。

 

しかし、今までの4ポイント問題とは明らかに難易度が異なる。

そこに疑問を感じ始めるゼロ。

[終盤]

[終盤]を開く

零「パネルのO」

 

1ポイント問題だった。

おかしい。アンカー問題じゃない。

 

小太郎「あれどうしたの?鳩が豆鉄砲を食らったような顔をして」

 

アンカー問題がマニュアル操作によって動かされていた。

もう二度とゼロにアンカー問題を引かせない。

それが運営側の汚いやり口だった。

 

1ポイント問題なので簡単に解答できる。

子供でも回答できるような問題をいくら積み重ねたところで、結局アンカー問題を答えないとポイントにはならない。何もできない無力感を味わった上で、仲間のミスによって命を落とす。峰子らしい残虐な考え方だ。

 

小太郎「君のアイデア最高だよ、子猫ちゃん!」

 

峰子「でしょ!だから子猫ちゃんはやめて!」

 

〜〜〜

 

小関裕太(氷川ユウキ)「パネルのF」

 

4ポイント問題

 

「地球に一番近い恒星は太陽。ではその次に近い恒星の名前?距離も答えよ」

 

ユウキは、「プロキシマ・ケンタウリ」と解答できたが、距離まで答えることができなかった。 ちなみに距離は4.246光年離れている。

 

ヒロシ「パネルのM」

 

これまた4ポイント問題。

 

「「三国一の花嫁」「三国一の果報者」と言う言い方がありますが、この三国とはどの国を指すでしょうか?」

 

ヒロシは正解することができなかった。

正解は、日本中国インドを指す。

 

とうとうダウンポイントが12ポイントになってしまった。

今のアンカー状況から12ポイントマイナスは非常にまずい。

しかし、ゼロにはアンカー問題を回答させないように細工している。

 

ゼロ「パネルのI」

 

1ポイント問題。やはり徹底的に操作してくる。

この状況でユウキかヒロシがアンカー問題を引いて、正解をしてしまうと終わる。

 

問題「空から降ってくる甘いお菓子は何?」

 

またも小学生が答えられるぐらい簡単な問題で零を挑発する。

 

零「あめ」

 

小太郎「もっと大きな声で」

 

零の怒りとストレスは徐々に増していた。

 

〜〜〜

 

次の回答者ユウキ。

またしてもユウキがアンカー問題を引いてしまった。

 

ユウキ「任せて。解くよ!僕は死さえ恐れなければ誰よりも強くなれるって思ってた。でも君を見て少し変わったよ。最後の最後に勝つやつはやっぱり守るものを持っている人間だ。君の勝負師っぷりを讃えたい。なんとか正解するから次を君に託すよ!」

 

ユウキの中で心境の変化が生じた。

 

、、、、

 

ゼロ「もう遅いです。」

 

ユウキ「えっ?!」

 

ゼロ「気づいたんです。この勝負には絶対に勝てない。裏で操作されてるんです。ポイントもアンカー問題の位置も。どうやっても勝つことができない。」

 

零の目にうっすらと涙があふれていた。

 

ユウキ「まだわからないだろ。ここを正解すれば。何諦めてるんだよ!!!必ず生きて返すって言ってただろ」

 

零「俺が何も出来なきゃ勝てるわけがない!!!」

 

小太郎「はっはっは!仲間をあてにならないもんな!」

 

今までの冷静な零ではない。

本格的に涙を流しながら絶叫し始めた。

 

ユウキもそんなゼロを見て表情が強張ってくる。

 

ユウキ「解いてやる!!!」

 

〜〜〜

 

問題

 

「15秒以内に同じ漢字が出てくる四文字熟語を8つ答えよ!」

 

ゼロ「いやだ!!!死にたくない!!!」

 

横で絶叫されるユウキは問題になかなか集中できない。

 

ヒロシ「零、落ち着いて!!!」

 

ユウキ「一成一代、一長一短、以心伝心、子々孫々、」

 

零「もうおしまいだ〜〜〜」

 

小太郎「はっは!タイムアップ!」

 

峰子「最後は割と呆気なかったわね。」

 

「さようなら〜〜〜」

小太郎はアンカーボタンを押した。

ゆっくりとアンカーが動き出す。

 

〜〜〜

 

「バキッ!!!」

 

何か鈍い音が会場に響き渡った。

ゼロ達に直撃したのか???

 

、、、

 

違った。

アンカーはゼロ達ではなく、下の固定台にぶつかって突き刺さったのだ。

 

小太郎「なんだこれは??」

 

零「落ちましたか?」

 

ヒロシ「ヒィ〜〜〜」

 

ユウキ「台にアンカーが刺さってる!!」

 

零「12ポイントは下がりすぎだって気づかれなくて助かりました。」

 

零はアンカーが下がりすぎて人間ではなく、下の台に突き刺さることを見越していたのだ。

そのためにユウキを動揺させて問題を不正解に導いたのだ。

 

アンカーの重さ。そして距離。ポイントごとにどれだけ上下動しているのか、零は自分の腕の長さを目安に1ポイントごとに3センチ動くことを見抜いた。

 

ヒロシとユウキはほっとした表情を浮かべた。

ユウキは見事にゼロにいっぱいくわされた。

小太郎「だめだーーー。まだパネルに問題が残っている。全部簡単なマルバツクイズにしてやる。正解すればまたアンカーはお前たちの頭を直撃する。」

 

しかし、ゲームはもう終わっていた。

零たちは時間切れの不正解を選択すれば、アンカーが再び上昇することはない。

 

小太郎「だったらこれからは時間切れも不正解ではなく、、」

 

「やめんか!!」

 

在全が現れた。

 

「しぶとい奴め。裏の裏まで読みよって」

 

実は最後のユウキの問題で、仮にユウキが正解だったとしてもギリギリ生き残ることができた。それはアンカーとの距離感に余裕があったからだ。しかし、このアンカーというゲームを最後まで解こうとすると落とし穴が待っている。

 

最後のパネルの問題が10ポイントに設定されていたのだ。

つまり、あんたは問題の位置を操作できるのだから、ポイントの数値も操作できる。

 

最後まで解いていたら確実に命を失っていた。

だからこそ零はこの生き残る方法を選んだのだ!

 

在全「清濁併せ吞むとはいえ、行き過行き過ぎた、在全グループに泥を塗る。ゲームは余興であってこそだ」

 

峰子「申し訳ございません。」

 

舞台から小太郎が降りてくる。

 

小太郎「僕にチャンスをくれよ!ゼロをやってるんだろう。もう子猫ちゃんなんて呼ばないから」

 

在全「なんだこの小僧は?」

 

峰子「さぁ、存じません」

 

「連れて行け!!!」

 

零「小太郎!いい加減、腹の文字消せよ!」

 

小太郎「余計なお世話だバカヤロウ!」

 

ここで意外な人物が登場する。

小太郎がこの給料の振込先はどこかと聞いたら、

なんと一獲千金ゲームの作者、 福本伸行本人が黒服の男に混じって登場したのだ。

 

非常に褐色の健康的な男性でSNS上でも話題になりました。

〜〜〜

 

零たちは暫定クリアのリング一つを手に入れた。

 

在全「生き延びた分、また楽しませてもらうよ」

 

まだまだ在全と零の戦いは続く。

 

〜〜〜

 

ゲーム会場を外では、スナオ、セイギ、さくらがやきもきしながら待っていた。

 

なんとか命からがら出てきた3人をスナオが暖かく受け入れる。

特にヒロシのおでこの傷を心配していた。

しかし名誉の負傷なため、ヒロシもどこか誇らしげだ。

 

ユウキはセイギと合流した。

 

ユウキ「なんだよ生きてるよ!リングも獲得した!ゼロ君も殺していない。」

 

セイギ「見りゃわかるよ」

 

小関裕太(氷川ユウキ)「ゼロくん。僕はまだ1000億円諦めてないから。今日のところはお疲れ様。」

 

こうして難敵城山小太郎との「ザ・アンカー」は終わった。

ゼロ達一行はいつも通りキャンプ宿舎において夕食をとった。

今日は財前グループで全国チェーン展開している「ZAIRAP」 ザイラップのプロテインドリンクだ。

 

まだサバイバルゲームは続く。

果たして次回はどのようなゲームが彼らを待ち受けるのか。

 公式ツイッター

 

7話感想まとめ

 

もぐっこ
もぐっこ

ゼロ一攫千金ゲーム|7話 動画 感想

 

一獲千金ゲームに手越祐也くんが参戦していきなり盛り上がりを見せましたね!やっぱり彼が持つパワーはすごい!城山小太郎はかなりぶっ飛んだキャラクターだったけど、それがまた手越祐也くんとシンクロして見ていてかわいらしいキャラクターでした。

 

Huluで描かれている城山小太郎の壮絶な過去の物語を見てしまうと、彼の屈折した性格の原因もわからないでもないだけに、零たちをいじめているのが痛々しく見えました。特になんとしてでもゼロに勝ちたい。たとえルールを無視したとしてもゼロに勝ちたい。その必死さは感情を揺さぶられましたね。

手越祐也さんがプライベートでも話してそうな小池栄子さんに対して発していた「子猫ちゃん」は笑ってしまいました。それに対しての小池栄子さんの真顔で「子猫ちゃんはやめて」もドツボでした!零たちとゲームをすることで、その曲に曲がった性格が少しをまっすぐになるかな、そして城山小太郎を救出してあげられるのかなあと期待しながら見ていましたが、最後まで城山小太郎は小太郎のままでしたね!でも、それも彼の長所ですから良しとしましょう!

 

メリー
メリー

ゼロ一攫千金ゲーム|7話 動画 感想

 

氷川ユウキさん演じる小関裕太さんはきっと女性ファンが多いでしょうね。なんといってもあの甘いルックス。優しそうな雰囲気を出しながらしっかりしたあの眼差しは大概の女性は落ちてしまう気がします!

 

小関裕太さんが氷川ユウキを演じるので1番難しかったのは、おそらくあの飄々とした生き方そのものではないでしょうか。どこか現実を生きていないような、生と言うものに対して執着がない。そして仲間に対しても関心がない。関心があるのは己のみ。賞金1000億円のみ。ある意味わかりやすくて割り切りもできる性格と人格の持ち主ですが、あの独特の冷酷な眼差しはなかなか演じるのは厳しかったと推測できます。

それでも零の仲間を最優先に考えてゲームをクリアしていく姿勢に心がつき動かされて、少しずつ本当に一歩ずつだけど、氷川ユウキが生きる目的を見つけ出したような気がして嬉しくなっていました。

 

間宮祥太朗演じるセイギも以前の放送「迷宮のトライアングル」でゼロに人工呼吸をしてキスで命を救っていたことも考えると、共闘作戦を組んでいるユウキとセイギが今後ゼロにとって、大きな力を与えてくれるのではないでしょうか。この3人が同じ目標に向かって力を出し合えばきっと在全にも勝てるって思えます!

 

 

ペン太
ペン太

ゼロ一攫千金ゲーム|7話 動画 感想

 

手越祐也演じる城山小太郎にあんな過去があったなんて全く知りませんでした。フルではもっと詳しくオリジナルストーリーとして配信されてるみたいです。手越祐也くんのファンはもちろんのこと、一攫千金をもっと詳しくより深く理解したい人には見るべき内容かもしれませんね。もちろん私はみました。

 

そしてかわいそうになりました。ドラマでは当然性格が悪い小太郎の1面しか描かれていませんが、おそらくチェインストーリーを見ることによってそのイメージはがらりと変わると思います。そのようないきさつがあって在全グループに加わることになったのかそのストーリーが切なすぎます。

どんな理由があろうともいじめはなくしていかなければならないです。一攫千金ゲーム7話を見た子供たちがかわいそうだと手越祐也のことを思ってくれれば、いじめられている側の気持ちも少しは理解できると思います。どんな物語もメッセージがあると思いますので、そういった点を汲み取ってほしいですね!

加藤シゲアキさんは、手越祐也さんと共演するにあたり、何か不思議な感覚で恥ずかしい感じもした、とおっしゃっていましたが、ゼロと小太郎の演技はとても自然で、お互い反発しあっているんだけど、どこか同じ雰囲気を感じるのは15年もNEWSの同じグループとして活動してきた経験から生み出されたものなのでしょうか。

 

パオン
パオン

ゼロ一攫千金ゲーム|7話 動画 感想

 

ゼロ一攫千金ゲームでまさかの本人が登場しました。本人とは誰かと言うと、一攫千金ゲームの原作者、福本伸行先生のことです。あの場面でまさか在全グループ側の黒服の男で登場するとは思いませんでした。しかし、見合っていた(笑)しかも、手越祐也の「えっ」って表情も自然で良かったですね。このドラマを見ているとつくづく原作者の方の頭の柔軟性に驚かされます。普通はトリック思いつかないですよね! ゼロ一攫千金ゲームに共通して言えることは、 普通の回答方法ではないということ。

 

というよりも普通に回答してしまうとそこを先読みされて手が打たれてしまう。そうすると回答していたものも不正解になってしまう。だからこそ相手も想像がつかないような答えを出して、相手を上回った先読みをしないとこのサバイバルゲームでは生きていけないということです。つまり視点の問題。視点をどこに置くかによって同じゲームでも全く違う景色が見える。つまり普通の人間だったら、ザアンカーも普通のクイズ番組のように答えるだけでしょうが、アンカーがどれだけポイントによって下落しているか、そして何ポイントだったら台に当たるのかといった柔軟性が求められていたのです。

 

からあげ君
からあげ君

ゼロ一攫千金ゲーム|7話 動画 感想

 

皆さんは第7話ではどこが一番印象深かったですか?私は小関裕太(氷川ユウキ)がほんの少しだけ零に心を開いてくれたところが嬉しかったです。あまりにも彼はクールすぎて何を考えてるのかわからなかったので、その冷めた心を零の情熱によってとかしてあげたのが見ていて気持ちよかった。きっと今後の物語の中で二人が協力して在全をやっつける日が来るんじゃないかな?

 

もちろん予測の範囲内ですが。続きが気になるので、一攫千金ゲームの原作漫画を読んでもいいんですが、自分の中でネタバレはしたくないので、ドラマ最終回までどのような物語の展開になるのか楽しみに待っていたいと思います。それにしても小関裕太(氷川ユウキ)はめちゃくちゃイケメンですよね。今の朝ドラ「半分、青い。」でも出演されているようですし、これから大注目の若手俳優の一人なのではないでしょうか。私もゼロ一攫千金ゲームを気にファンになりました。今後もどのような作品出てくるのか楽しみですね!イケメンで甘いフェイスをしているから恋愛もので拝見したいですね!

 

トラジ
トラジ

ゼロ一攫千金ゲーム|7話 動画 感想

 

ZERO 一攫千金ゲームはちょっとしたら映画化されないですかね?もちろん現状で予定はないでしょうが、ストーリーを見てると映画館の暗い雰囲気で子の一攫千金ゲームを流せばより雰囲気に飲まれそうで楽しそうと思いました。仮に加藤シゲアキが ZERO 一攫千金ゲームを卒業したとしても、また在全が違ったメンバーを集めてドリームキングダムを開催してほしいなって思います。完全オリジナルストーリーでも福本先生なら新たに書き下ろしてくれるんじゃないでしょうか。カイジも映画化されたわけですしね!

 

ただこれだけ面白いのに視聴率がそこまで伸びてないのがすごい残念。日曜日のあの時間帯ドラマを見る人は少ないだけでしょうか?私はこの夏ドラマのほとんどを見ていますが、一攫千金ゲームはかなり面白い部類に入るかと思います。基準はただ一つ。来週の放送が楽しみかどうか。一攫千金ゲームは楽しみで仕方ありません、すでに次の話魔女の館がどんなゲームなのか楽しみですし(笑)最終回に向けてさらに視聴率を高めてもらって、映画化と景気がいい話になってほしいですね!

 

もんち
もんち

7話は個人的にはすごい見応えがありました。多くのメッセージがあったように思います。そしてどんどん加藤シゲアキさんは、零を自分のものにされている印象がありますね。初めの塾の予備校講師時代は、どことなく不自然な気も正直していましたが、今ではゼロは加藤シゲアキさん以外考えられません。おそらく本人も様々試行錯誤の上で、今のキャラクターを作り上げられたんだと思います。特に7話のユウキを欺くための泣きのシーンは、 本当にこのまま終わりたくないという気持ちが込められていて、見ている人を引き込む演技だったと思います。いつもは頼りないヒロシがしっかりして見えましたもん(笑)

 

きっと最終回に向けてまだまだ零を惑わせるサバイバルゲームが用意されていると思いますが、加藤シゲアキさんなりのゼロで在全と対峙していってほしいですね!でも、このストーリーは在全帝国を潰すことなのか、ゼロなりの勝利の道を見つけるのか、どこに着地点を見出すのかまだまだわからないですね!原作を読んだ方ならわかるのかな?

 

 

 

ゼロ一獲千金ゲーム 第8話【あらすじ】

ゼロ(加藤シゲアキ)のリングは2つになった。あと2つ…。そんな時、ゼロについて行けば確実にリングが獲れるからと、末崎(ケンドーコバヤシ)が、21人参加のゲーム「魔女の館」の挑戦者を勝手に集めてしまった。そんな他人任せの挑戦者達にゼロは不安を覚える。

「ケケケケケ…ようこそ魔女の館へ」
兵士が壁に描かれた部屋。その中央に立つ魔女像が、耳障りな高笑いと共に、峰子(小池栄子)の声で話し出す。
「捕らわれの21人が、生きて出る方法はただひとつ。この部屋にかけられた魔女の呪いを解くこと」
そのためには部屋に隠された「見えない数字」を解く必要があった。
数式の計算には全員の協力が必要。しかしついて行けない挑戦者はゼロを信用出来ずに反乱を起こす。

「うわあああ!」突然壁から無数の槍が飛び出し、ひとりの挑戦者の腹を刺した。
時間内に正解しなければ、全員串刺し―。槍の壁がじわじわと接近する中、間一髪でゼロが答えを送信するが…。
「馬鹿な!?」目に飛び込んできたのは『不正解』の文字。
「騙された!」「リーダー失格!」暴徒化した挑戦者が一斉にゼロを攻撃し始める。

 

ウリボン
ウリボン

[8話展開予想]

 

7話の最後のシーンでは、さくらがしきりに選挙演説のように他のメンバーを集めていましたね。8話ではまたさくらが中心に物語が展開されていくのでしょうか? 次回も零はとても苦労しそうですね。なぜなら自分自身でなんとかしようとするメンバー達ではなくて、他人任せの、特にゼロに頼りきりのメンバーばかりだから。そんなメンバーを勝手に集めてしまったさくらに問題ありですね。

 

魔女の館では21人のメンバーが協力しなければ全員の命を生かして館から抜け出すことはできない。しかし、あまりにも難易度が高いため、ついていけないメンバーたちが零に反旗するらしいです。そこで鍵になってくるのは、零に協力するメンバーが誰なのかということ。

そこに標は含まれているのか?セイギは?ユウキは?今までたくさんのゲームをしてきましたがそこで培ってきた人間関係をベースに魔女の館をクリアできることを期待しています。やはり個人プレーでは厳しいですからね。

 

 

人物 相関図

ゼロ一獲千金ゲーム 相関図

 

 キャスト&スタッフ

【キャスト】

 

ゼロ 一獲千金ゲーム キャスト

 

加藤シゲアキ(于海零)

進学塾の講師だが、裏の顔は弱いものを救う義賊。ひょんなことからドリームキングダムに。天才的な勝負感を持っているが自分の勝ちより、他人を助けることを選んでしまう性善主義者。

間宮祥太郎(末崎セイギ)

末崎さくらの弟。自らの才覚で金を稼ぐクールなリアリスト。兄と仲が悪い。

小関裕太(氷川ユウキ)

ドリームキングダムでセイギとつるむ。物腰はソフトだが頭脳明晰でときには邪悪に。

加藤諒(真鍋チカラ)

貧乏アルバイト。ゼロに命を救われる。金に執着するお調子者。

岡山天音(佐島ヒロシ)

ゼロを恩人と思い、義賊の一員に。真面目で誠実だが不器用。

杉野遥亮(早乙女スナオ)

ゼロに命を救われる。優柔不断でチカラとヒロシの間で右往左往するおバカ。

ケンドーコバヤシ(末崎さくら)

セイギの兄で、ヤクザ。振り込め詐欺で稼いでいるがゼロに奪還される。

在全無量(梅沢富美男)

在全グループ会長。政財界裏社会に絶大な影響力を持つ資産家。

小池栄子(後藤峰子)

在全グループ幹部秘書。ゲームを支配進行。

 

【スタッフ】

 

原 作

福本伸行「賭博覇王伝 零」/講談社

脚 本

小原信治

演 出] 

丸谷俊平

チーフP] 

櫨山裕子 秋本孝之

制 作

日本テレビ

 

ゼロ一獲千金ゲーム 7話 まとめ

 

ミーア
ミーア

ここまでお付き合いいただきありがとう!7話について詳しく記載してきましたが、内容をご理解いただけたでしょうか?ゼロ一獲千金ゲームも最終回に近づいてきて徐々にみんなに協調性のようなものが感じられて見応えが出てきましたね!

 

ゴリ
ゴリ

小関裕太(氷川ユウキ)くんが特に、6話と7話でその魅力を如何なく発揮していましたね。今まではどのようなキャラクターかよくわからなかったけど、彼なりに色々と抱えてるみたいで8話以降も応援してあげたくなりました!それにベビーフェイスでイケメンだから特に女性からの人気も高いんじゃないでしょうか!

 

今までの見逃し配信も無料視聴できるサービスを日本テレビは用意しているので、もしよければご活用ください。本日は本当にありがとうございました!

 

一獲千金ゲーム|全話無料へ

 

©日本テレビhulu/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
⚠本作品の配信情報は2018年8月28日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。