Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ゼロ一獲千金ゲーム | 最終回 動画見逃し無料視聴がオススメ!

ゼロ 一攫千金ゲーム
 

 

案内人
案内人

2018年夏ドラマ「ゼロ一獲千金ゲーム」も無事に最終回の放送を終えました!

 

こちらでは、最終回の放送を見逃してしまった方はもちろんのこと、1話〜最終回までのお好きな放送回を無料で楽しめる方法をご紹介します!

 

動画無料視聴方法

放送終了から1週間以内の場合

 

案内人
案内人

「ゼロ一獲千金ゲーム」放送後1週間以内は、民放ポータルサイト「TVer」で登録なしで無料視聴することができます。

 

具体的な日程をご案内すると「ゼロ一獲千金ゲーム最終回」の場合は、9月23日(日) 22:29配信終了となりますのでご注意ください。CMが複数回流れますが、スキップすることは一切できません。

 

Tver|無料視聴

 

放送終了から1週間以上経過した場合

一獲千金ゲーム|全話無料配信
 
案内人
案内人

もし「ゼロ一攫千金ゲーム」配信後、一週間以内にTVerにて視聴できなかった方もご安心ください。

 

日本テレビでは、地上波で時間枠を確保できず、再放送することが難しくなってきたので、自社の動画配信サービスで「ゼロ一攫千金ゲーム」を配信しています。しかも見逃した方向けに、初めてご利用する方であれば、2週間無料の特典までついていますので、費用負担なくテレビで楽しんでいるのと同じように無料視聴できます。

 

簡単な3分間の3ステップでぜひ気軽にお試しください!

 

もっと具体的に「hulu」を知りたい方は、「hulu メリット&デメリット」にお進みください。会話調形式でわかりやすく「hulu」の全サービスについてまとめています。

 

 

 
NEWS小山慶一郎(ミツル)のオリジナルストーリー配信中!
もっと詳しく「hulu」を知りたい方は、「hulu メリット&デメリット」にお進みください。
 
 
※本作品の配信情報は2018年9月18日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。
 

記事概要

「ドリームキングダム」に極秘裏に集められた若者たちが賞金1000億円を賭け、知力・体力・時の運を試される特別なゲームに挑む!

-番組名-

「ゼロ 一獲千金ゲーム」

-放送開始-

2018年7月15日(日)

-放送日-

2018年9月16日(日)[10話]最終回

-放送日時-

日本テレビ 毎週日曜 22時30分

-出演者-

加藤シゲアキ、間宮祥太郎、小関裕太、加藤諒

岡山天音、杉野遥亮、ケンドーコバヤシ

梅沢富美男、小池栄子

NEWS 増田貴久、手越祐也、小山慶一郎

-原作-

福本伸行「賭博覇王伝 零」/講談社

 
 

[この記事の見どころ]

✎ ゼロ一獲千金ゲーム|とは

✎ 視聴率推移

✎ 過去放送 [あらすじ・ネタバレ]

✎ 10話最終回ネタバレ

✎ 10話最終回感想

✎ NEWSメンバーオリジナルストーリー配信中

✎ 人物相関図

✎ ゼロ一獲千金ゲーム|キャスト情報

✎ ゼロ一獲千金|最終回 動画まとめ

 

ドラマ「ゼロ一獲千金ゲーム」とは

原作は、「カイジ」や「アカギ」などでおなじみの福本伸行の人気コミック「賭博覇王伝 零」(講談社週刊少年マガジン)。コミックの発行部数は300万部を誇る人気原作。建設中のアミューズメントパーク「ドリームキングダム」が舞台となっており、そこで挑戦者たちによる「命」をかけた壮絶なサバイバルゲームが繰り広げられる。「ゲームに勝てば1000億円」人生の一発逆転を目指し、「命がけのゲーム」に身を投じる若者たちが助け合い、笑い合い、真の友情を紡ぎ上げていく物語である。

そんなサバイバルゲームに参加することになる主人公、宇海零(うかい・ぜろ)は、町の進学塾で小学生相手に教鞭を執る非正規教員。しかし、その正体は、現代社会の中で苦しむ弱者たちを救う「義賊」という裏社会のヒーローであった。うだつのあがらない風貌に身を隠しながらも、自分が勝つことより、他人が負けないことを選ぶひとりの天才勝負師を、加藤シゲアキ(NEWS)が演じる。

 

視聴率推移

 
ケロマツ
ケロマツ

「ゼロ一攫千金ゲーム」の視聴率を一覧にしました。皆さんはニュースで一攫千金ゲームの視聴率の話題にあまり目に触れなかったと思いますが、ご想像の通り、話題性の割にはあまり良くありませんでしたね。

 

個人的な見解を述べさせていただくと、1000億円を獲得するというスケール感と比較すると、どうしても中途半端感は残ってしまいました。命をかけているとはいえ、少しおもちゃっぽいセットも気になりましたね。役者ももっとゼロを苦しめるような最大のライバルの存在が必要だったのかもしれません。

 

原作が非常に有名であるがゆえに、この視聴率は少しもったいない気がしました。引き続き日本テレビさんは、福本伸行先生の作品をどんどん取り扱ってほしいですね

 

【全話平均視聴率】

第一話(7/15) – 7.1%

第二話(7/22) – 6.7% 

第三話(7/29) – 6.3% 

第四話(8/05) – 6.1%

第五話(8/12) – 7.9%

第六話(8/19) – 5.8%

第七話(8/26) – 8.3%

第八話(9/02) – 5.3%

第九話(9/09) – 5.6%

最終話(9/16) – 6.8%

 

過去の放送回 [あらすじ・ネタバレ]

 

からあげ君
からあげ君

2018年夏ドラマ「ゼロ一攫千金ゲーム」の全話を記事化してまとめました。もし動画視聴する時間がない方は、全ての放送回についてあらすじとネタバレ、それに付随する事柄を詳細にまとめていますので、参考になり楽しめる内容かと思います。もしお時間あれば対応する放送話を一度覗いてみてください。

 

・7月15日 [第1話放送]

世間では 義賊が話題になっていた。振り込め詐欺で得た金を義賊に奪われたヤクザの末崎 (ケンドーコバヤシ) は激怒。義賊のチカラ (加藤諒)、ヒロシ (岡山天音)、スナオ (杉野遥亮) を拉致するが首謀者は、ゼロ (加藤シゲアキ) という男らしい。ゼロは3人を助けにくるが、在全 (梅沢冨美男) と幹部の峰子 (小池栄子) が現れ、在全グループの後継者を決める選抜ゲームに参加しろと言う。一同はゲーム会場、ドリームキングダムへ。

・7月22日 [第2話放送]

ゼロ (加藤シゲアキ) たちはドリームキングダムで死闘の末に予選を勝ち抜き、金の力の「王」在全 (梅沢富美男) の後継者を決める本選へと勝ち進んだ。峰子 (小池栄子) によると、ドリームキングダムには20以上のゲームがあり、勝てばもらえるリングを4つ集めた者が王になれるという。リングを強奪する手段に出たセイギ (間宮祥太朗) とユウキ (小関裕太) は、止めようとするゼロ達と対立。そこへゼロの高校時代の同級生、カズヤ (増田貴久) が登場し…。

・7月29日 [第3話放送]

4方向のうち一つしかないセーフエリアへ飛ばなければ、奈落の底に転落する生存率25%の「クォータージャンプ」。声役のカズヤ (増田貴久) はアウトエリアから目隠しされたゼロ (加藤シゲアキ) を自分が正解の方向にいると嘘をつく。カズヤは学生時代に受けた屈辱からゼロの死を願っていたのだった。ゼロはカズヤを信じて飛ぼうとするが…。

・8月05日 [第4話放送]

次に挑む「迷宮のトライアングル」は3人1組のチーム対抗戦。ゼロ (加藤シゲアキ) は末崎 (ケンドーコバヤシ) とセイギ (間宮祥太朗) の3人でチームを組むことになった。正体不明の建物の中、扉の奥には三角の部屋が二つ。そこで出される問題「部屋はすべて同じ。君達は何?」答えるチャンスは一回。25の選択肢の中から30分以内に1チームでも正解すれば終了となるが、出題と同時に注がれる水は、30分でいっぱいになるらしい。

・8月12日 [第5話放送]

制限時間内にどこかのチームが正解しないと、すべての部屋の水槽内の人間全員が犠牲になってしまう。拘束されたままのゼロ (加藤シゲアキ) は、自分を見殺しにするつもりのセイギ (間宮祥太朗) から解答する主導権を奪うため、末崎 (ケンドーコバヤシ) に自力で問題を解かせようと苦闘する。しかし二人の兄弟はさらに心の奥底にある憎しみをぶつけあっていき…。

・8月19日 [第6話放送]

ようやくリング一つを手にしたゼロ (加藤シゲアキ) は、標 (佐藤龍我) から2人で在全 (梅沢富美男) を倒そうと誘われる。しかし守るべき仲間がいるゼロにとって、それは受けられない提案だった。「ようこそ『ザ・アンカー』へ!」台の上に寝かされたゼロ達の前にMCの小太郎 (手越祐也) が現れた。これは鉄の塊、アンカー (錨) の鋭い刃が顔の真上で振り子のように行き来する過酷なゲーム。アルファベットのパネルから問題を選び、3人の挑戦者が順に解答、不正解が続けばアンカーが徐々に下がり…。

・8月26日 [第7話放送]

アンカー (錨) の鋭い刃が、頭上すれすれで宙を切る―。問題に不正解したポイント分、アンカーの振り子がさらに頭上に近づいた。残虐非道なMC小太郎 (手越祐也) が進行するゲーム「ザ・アンカー」に挑むゼロ (加藤シゲアキ) 達はもはや絶体絶命の状況だった。

・9月02日 [第8話放送]

ゼロ (加藤シゲアキ) について行けば確実にリングが獲れると、末崎 (ケンドーコバヤシ) が、「魔女の館」の挑戦者を勝手に集めてしまった。兵士が壁に描かれた部屋の中央に立つ魔女像が話し出す。「捕らわれの21人が、生きて出る方法はただひとつ。この部屋にかけられた魔女の呪いを解くこと」突然壁から無数の槍が飛び出し、ひとりの挑戦者の腹を刺した。間一髪でゼロが答えを送信するが、『不正解』の文字…。

・9月09日 [第9話放送]

ゼロ(加藤シゲアキ)が勝利者となった直後、在全(梅沢富美男)が倒れた。このままではグループの全権がゼロに渡ってしまうのを怖れた峰子(小池栄子)は、最後に自分との一騎打ちを仕掛ける。車椅子で現れたのは、ゼロのせいで人生を失い、行方不明になっていた友人ミツル(小山慶一郎)だった。ゼロの“目の前の命を必ず守る”という正義感は、過去にミツルを助けられなかった思いからだったのだ。

 

最終回ネタバレ

↓下記をタップすると開きます↓

[序盤]

[序盤]を開く

加藤シゲアキ(于海零)

間宮祥太郎(末崎セイギ)

小関裕太(氷川ユウキ)

加藤諒(真鍋チカラ)

岡山天音(佐島ヒロシ)

杉野遥亮(早乙女スナオ)

ケンドーコバヤシ(末崎さくら)

在全無量(梅沢富美男)

小池栄子(後藤峰子)

カズヤ(増田貴久)

標(佐藤龍我)

山口カズヤ(増田貴久)

城山小太郎(手越祐也)

ミツル (小山慶一郎)


ゼロが標に勝利して1000億円を手に入れた。
これでドリームキングダム全てが終わった。

と思いきや、後藤峰子が在全グループ後継者をかけた最後の戦いを提案する。

そこにゼロとなにやら因縁がありそうなミツル(小山慶一郎)が現れる。

〜〜〜

ゼロはミツルが生きていたことを喜ぶ。
ミツルに近づこうとするゼロを峰子は制止した。

峰子「あなたは彼を見殺しにしたじゃない!」

見殺しというフレーズに、セイギたちはざわめく。ゼロのせいでミツルは人生を失ってしまったらしい。

峰子との勝負は明日。
在全グループの継承権をかけた戦いが開催される。

セイギは見殺しの意味を質問した。

〜〜〜

見殺しにしたのは本当らしい。

4年前ゼロは大学院生だった。ミツルはペンションを経営していて、よく泊まりに行っていた。

2人とも夢を追いかけていた。
ゼロは宇宙物理学者、ミツルはプロのカメラマン。

共に夜通し夢を語り合う中だった。

そんな時、ミツルの写真が大賞を獲得した。
しかし、その写真はゼロが撮影したものだった。

ゼロの嘘のせいで、ペンションの経営が傾き、ペンションを失い、ミツルの夢も砕けた。

自暴自棄になってしまったミツルは、その勢いのまま山で事故に遭ってしまう。

足に大怪我を負ったミツルをその場で救助することができず、ゼロが再び戻ったときにはミツルの消息は途絶えていた。

それ以来の再会なのだ。

ゼロはそれ以来、人生を入れ替えた。
宇宙物理学者の夢を捨てて、決して命を見捨てない。目の前の命はどんなことをしても必ず守ると。

異常なまでのゼロの義賊は、そこから来ていたのだ。

ヒロシ、チカラ、スナオは、ゼロの告白を噛み締めていた。
そして、ゼロにどのような過去があろうとも、義賊としての絆が変わることはないことを確認し合った。

〜〜〜

夜な夜な、ゼロはミツルと2人で会うことができた。

ミツルはあの事故の後、運良く救出されたらしい。しかも在全グループに匿ってもらっていた。

なぜなら後藤峰子はミツルの姉だからだ。
峰子の異常なまでのゼロに対する嫌悪感はミツルが原因だったのだ。

明日の試合では、ゼロに勝ってほしいと伝えた。
4年間いろいろと考えて、吹っ切れることができた。
ゼロの優しさゆえの事故。しかし、その優しさが原因で時として間違いを起こしてしまう。

ミツル「俺のことは気にするな!俺のせいで負けたりしたら許さないから!自分のために戦って勝ってくれ」

ゼロ「わかった!頑張るよ」

〜〜〜

ゼロはテントに戻る。
明日のゼロの戦いの英気を養ってもらおうと、ちゃんこ鍋を準備してくれていた。

ゼロは美味しくいただく。

心臓発作で倒れた在全の元にも、峰子が勝負を挑んだことが伝わった。

在全はここでよからぬアイデアを思いつく。
しかし黒服にここでは明かさず、明日ゲームが始まってから伝えるらしい。

〜〜〜

ゲーム当日

ゼロ、セイギ、ユウキ、さくら、ヒロシ、チカラ、スナオ、、、

他のメンバーは昨日のうちに帰った。

セイギ「最後まで見届けてやるよ」

最後のバトルがいよいよ始まる。

〜〜〜

どのような大掛かりな仕掛けがある部屋に案内されるかと思いきや、至って普通の小さな部屋に峰子はテーブルの前でスタンバイしていた。

ミツルもいる。

ゼロも着席した。

最終決戦は、ドリームキングダムオリジナルルールの変則ポーカー「デイアナイト」

しかし、ゼロに手渡されたトランプは♣︎と♠︎の26枚だけだった。
反対に峰子は、❤︎と♦︎の26枚を持つ。

それぞれがトランプの昼と夜を表す。

他のメンバーが最後のバトルがトランプ?
今まで命をかけてきたのに、、?
みなが騒ぎ立てる中、峰子は他のメンバーに退室を命じた。

しかし、セイギはミツルが同席していることを問題視。
運営側だけだと不正し放題だから俺だけでも残ると伝えた。峰子は許可した。

〜〜〜

峰子はルール説明に入る。

役の強い順

ロイヤルストレートフラッシュ
ストレートフラッシュ
フラッシュ
ストレート
2ペア
1ペア
ブタ

勝負は三回戦
手持ちの26枚を使い、ポーカーの役を5つ作る。

カードが2種類しかないので、3カードやフルハウスはない。
ポーカーの役を被って作ってはいけない。

作った札は、裏側して相手に見せない。
そして、自分の作った役を相手にぶつける。

相手の役よりも大きければ、自分の役の一番強いカードがポイントとして加算される。
Aはちなみに最高得点の14ポイントだ。

このポーカーには通常のポーカーと異なり、マークの優劣は存在しない。
ゆえに、役のみの勝負となる。同じ役の強さだったら、攻撃側の勝利となる。

例えば、Royal Straight Flush同士のぶつかり合いだと、Aが入っているので、14ポイントとなる。

全部で3回戦を行い、1回戦のうち、それぞれ攻撃は2回ずつ。最後は同時に出す。

3回戦の合計得点が同じの場合には、トランプを上から引き、得点が大きい方が勝者となる。
つまり運要素が非常に強くなる。

そして、ゲームの運命を左右するもう一つの大きな要素がある。

ダーツだ。
ダーツを投じて、矢が当たったマスに応じて、カードをオープンできるのだ。

非常にダーツのテクニックも重要になってくる。相手の役を読む手掛かりとなるからだ!

ダーツの本数は1〜2回戦は2本ずつ。
3回戦は3本となる。

ルーレットにより、峰子先攻、ゼロ後攻が決定した。

[中盤]

[中盤]を開く

ゼロはまず様子を見るために、上から強い順に役を揃えた。

先攻の峰子がダーツを投じる。
軽々と最重要のKとAに命中させる。
相当の腕前のようだ。

一方のゼロはダーツ未経験。
やってるうちにコツを掴むらしい。
不安な表情を浮かべるセイギ。

一投目は的にさえ当たらなかった。
二投目は中途半端な8にヒットさせた。

圧倒的にダーツの差によって、峰子の形勢が有利となった。

KとAが揃う1組の役を指差して、峰子はロイヤルストレートフラッシュと見抜いた。
峰子は自分のロイヤルストレートフラッシュをぶつけた。

見事に正解。
峰子にAの14ポイントが加算される。

次に峰子は、フラッシュをフラッシュで取る。
そこにはAが含まれていたため、またしても14ポイントが加わる。

〜〜〜

ここで攻守が入れ替わる。

ゼロの後攻。
まだ残されているストレートフラッシュをストレートフラッシュでぶつける作戦だ。

しかし、ダーツで8しか開けていないゼロは、情報量が少なすぎる。
1/2の確率でストレートフラッシュを外してしまい、2ペアにストレートフラッシュを使ってしまった。

Kの13ポイントを加算したが、貴重なストレートフラッシュを無駄にしたのは痛い。

ゼロは残った2ペアを峰子のワンペアに当てた。9点が加わる。

最後に残った役同士のぶつかり合い。
峰子の残ったストレートフラッシュとゼロのワンペア、、峰子の圧勝だった、

さらに峰子は13ポイントを加えた。

第1ゲーム終了時

峰子41-ゼロ22

〜〜〜

峰子「あら?トランプは苦手?」

調子に乗る峰子のもとに、黒服の男が在全の伝言を伝えにくる。

その内容は衝撃的なものだった。
もし峰子がこの勝負で負けたら自分の弟ミツルを殺すとの内容だったのだ。

思わず峰子は目を見開いてしまう。
神聖なドリームキングダムに弟の私情を持ち込んだ罰を与えるとの在全の命令だった。

しかもこの内容をゼロに悟られてもならないと。
明らかに峰子の表情が曇ったことは、ミツルから見ても、ゼロから見ても明らかだった。

〜〜〜

黒服「少し外の空気を吸いにいこう」

そう話すと、ミツルはどこかへ連れ出されてしまった。
峰子の表情をゼロは見逃さなかった。

峰子の心の声

「ミツルが連れていかれた。大丈夫。19点差よ。次のゼロの先攻を凌げば、3回戦はまた有利な先攻。このままいけば勝てる。いや。この男は最後まで牙を向けてくる。」

ゼロはダーツのコツを徐々に掴み、KとQに命中さてた。相手の役を読む上で悪くない数字だ。

一方の峰子はミツルのことで動揺しているのか、Aと7にヒットさせた。

〜〜〜

ゼロの攻撃

まずはロイヤルストレートフラッシュ同士をぶつけたいところ。

しかし可能性のある役が❤︎と♦︎2通りあった。ゼロはハートがロイヤルストレートフラッシュだと読む。

なぜなら、今回はマークの強さは関係ないが、ポーカー慣れしている人間だと❤︎を強い手札にしたくなるもの。

その心理を利用しての推理だ。
カードをオープンさせると、峰子はロイヤルストレートフラッシュだった。
まさにゼロの読み勝ち。

ということは、残った片方はストレートフラッシュとなる。
こちらもポイントを重ねて、ゼロは49点まで得点を伸ばした。

〜〜〜

峰子は必死に自分に落ち着くよう訴えていた。
後攻ですぐに取り返せる。

まずフラッシュをフラッシュで潰した。
Aの14ポイントが加わる。

残りはストレートとワンペア。
この二者択一を峰子は外してしまった。
ストレートを無駄遣いした。

得点は加わるが、残りのカードによって、ゼロに得点を許してしまった。

第2ゲーム終了時

峰子64-ゼロ58

差が縮まった。

〜〜〜

在全は病室から高みの見物を続けていた。
特にゼロが勝てば友人が亡くなることを望んでいた。
総資産100兆円の在全グループに迎える前に、ゼロの心を壊す気なのだ。

ミツルは人通りがない川縁に連れて来られた。

ミツル「俺を殺す気ですか?」

黒服「御前の命令だ。お前の姉が負けたらその罰として。俺を恨むなよ」

ミツルは心の中ではわかっていた。
この足の怪我はゼロのせいではないと。
でも、まだこの動かない足を見ると、あの時の感情がよみがえってしまう。

心の奥底ではまだ許せていないのかもしれない。そしてゼロが勝つとまた自分のことで苦しめてしまうと思い悩んでいた。

[終盤]

[終盤]を開く

3回戦は、峰子の先攻

定石通りに事が運べば、峰子が負けることはあり得ない。
すべての神経を集中させて峰子はダーツを放つ。狙い通りに、3本ともAKQに命中させた。

これで最強のロイヤルストレートフラッシュを確実に当てられる。

対してゼロはA78を命中させる。

〜〜〜

3回戦峰子の先攻

AKQが集まる役があった。
明らかにロイヤルストレートフラッシュだ。
峰子はほくそ笑んだ。

自信たっぷりで自分のロイヤルストレートフラッシュを、その役にぶつけた!

ゼロがオープンする。

「AKQ26」

ん?ロイヤルストレートフラッシュではない!?

まさかの役なしのブタだった。
ゼロは峰子のダーツの腕を計算に入れて、あえてトラップを仕掛けたのだ。

峰子は貴重なロイヤルストレートフラッシュをブタに使ってしまった。

〜〜〜

2回目の攻撃

峰子は自分のフラッシュを、最高得点が入るゼロのAの組みをぶつけようとした。

しかし、KQとAがばらけているから、ロイヤルストレートフラッシュはありえないにせよ、ストレートフラッシュなら十分にありえる。

となると、自分はフラッシュでは負けてしまう。峰子に迷いが生じた。

作戦を変更させ、ストレートフラッシュ同士のぶつかり合いにした。

ゼロ「かかった」

こちらもストレートフラッシュもどきのワンペアだった。

91-58まで差を広げたが、峰子は貴重な2役を失ってしまった。

〜〜〜

今度はゼロの後攻。
まず、フラッシュを一瞬で見抜いた。先ほどの迷いがゼロに確信を与えたのだ。

ゼロの役にはAが含まれているため、14ポイントが加算される。

次にストレートを当てる。
峰子の役には、どちらも78が含まれているが、ゼロの読みで峰子の置き方には、あるクセがあった。

右から数字の多い順に並べるのだ。
だからストレートも見抜けた。

峰子のストレートにゼロの隠し球ストレートフラッシュを当てる。

ゼロはポイントを8ポイント上乗せした。

いよいよ最後のカードオープン。

ゼロはJを含む2ペア。
峰子は、、ワンペアだった。

よってゼロに11ポイントが加算された。

これにより、勝負は91-91のドロー。

〜〜〜

ここまで来て、ラストは運による勝負となってしまった。

峰子にとっては、弟の命がかかった運任せとなる。珍しくゲームのルールに文句を述べた。

ゼロ「じゃあ俺から引きます」

ゼロはKを引いた。
峰子が勝利するには、Aを引き当てるしかない。

峰子は手を震わせながらカードを引く。
峰子の手に握られていたのは、、、

「A」

ここへきて峰子は奇跡を引き寄せた。
峰子は喜びよりも憔悴しきっていた。

〜〜〜

ゼロが負けたという知らせはミツルにも届いた。

命拾いした形だが、どうにも納得いかなかった。

そこにゼロがやってきた。

ミツル「本当に助けにきてくれたんだな、ありがとう」

2人は固い握手を交わした。
その様子を見ていたセイギはゼロに質問する。

セイギ「お前、わざと負けただろう?」

実は3回戦目のポーカーの組みが、4〜8のストレートフラッシュを5〜9のストレートフラッシュに変えることができた。

つまり延長戦に持ち込むことなく勝利できたのだ。ゼロは峰子の様子を見て全てを悟っていたのだ。

最後のトランプ引きについても、ゼロは2枚のトランプを隠し持っていた。それを上に戻して峰子に引かせたのだ。

ゼロとセイギのもとに、仲間が駆け寄る。

勝負に負けてしまったことを伝えると、みんな残念そうに崩れ落ちた。

ユウキは負けたのに嬉しそうなゼロの様子が気になった。

セイギ「正真正銘のアホなんだろ」

〜〜〜

一年後、、

ヒロシ、チカラ、スナオはまごころ引越しセンターで働いている。

この一年で後藤峰子が在全グループのトップに就任した。
しかし、実質的に掌握しているのは、まだまだ在全本人だった。

ユウキは借金返済の為にも、在全グループで働いている。
ユウキは茶目っ気たっぷりに、峰子の前で、ゼロが1年前にしたトランプのトリックをやってみせた。

峰子は1年経ってようやくゼロの善意に気づくのだった。

さくらはヤクザ稼業から足を洗って、「さくら弁当」をオープンさせた。

さくら弁当にセイギが買い物に来る。
セイギは絶賛就職活動中。

一年経っても相変わらず兄弟喧嘩は絶えなかった。

標は、受験勉強に勤しんでいる。
全国模試の結果は、もちろん全科目1位だ。

大好きなメロンパンを食前に食べるあたりがいかにも標らしい。

ドリームキングダムに参加した一同は、久しぶりにファミレスに集合した。

実は在全は約束通りに1000億円をゼロに賞金として手渡していた。
その活動資金をもとに、義賊としての活動をしていた。

既に1年間で100億円消費したことになる。彼らは日本がより良い国になるように励んでいた。

ひょっとしたら在全はまだゼロを後継者にするのを諦めていないのかもしれない。

ところが肝心のゼロの姿がなかった。

〜〜〜

宇宙科学研究室

ゼロはまた自分の夢に向かって歩み出した。

目をキラキラさせながら、これからもゼロは義賊として、たくさんの人を幸せにしていくだろう。

 

〜ゼロ一獲千金ゲーム Fin〜

最終回感想

 

ケロマツ
ケロマツ

楽しかったゼロ一攫千金ゲームも最終回を迎えました!毎週日曜日の夜は、ゼロ一獲千金ゲームで頭を使うことが最近の日課になっていたので少し不思議な気持ちと共に寂しい気持ちでいっぱいです。みなさんも同じ感情を抱いている方も多いのではないでしょうか?最終回もゼロの優しさが光り輝いていましたね。ゼロの最大の長所は人を思いやる優しさであるとともに、その洞察力だと思っています。敵の峰子の言動にも目を光らせて、在全が仕掛けた悪意の更に上をいくのは、さすがだと思いました。しっかりとギリギリの負けを選択することによって、在全から1000億円もゲットできましたし、ミツルも守ることができた。

 

これ以上ないゼロにとっては、ドリームキングダムの締めくくり方だったのではないでしょうか。ドリームキングダムに参加したメンバーたちも、1年が経過してそれぞれの道を歩み出したみたいで非常に見ていて嬉しかったです。それもゼロの功績の一つなんでしょうね!ゼロの義賊としての活動を中心として毎日を過ごしているから、目標を見失わずにしっかり働くことができているのだと思います。もう今の彼らなら何があっても平気でしょうね!サバイバルゲームを通して、人間として成長を感じ取ることができたのは、1人の視聴者として嬉しい限りです!

 

ゴリ
ゴリ

ゼロ一獲千金ゲームの最終回はどんな感想をお持ちですか?私は少し厳しめの意見を述べさせていただくと、あまり盛り上がりに欠けてしまったなとの印象を受けました。想像できた範囲で特にサプライズもなく淡々と過ぎていった感じですね。ゼロの最後のトリックがトランプを隠し持っていたって(笑)どのように考えてもゲームを仕切っている人間が、不正がないようにカードの枚数を数えるでしょう!そーゆー人間の緻密さがゼロ一攫千金ゲームで重要だったはずなのに、最終回で一番大事な場面で抜け落ちてしまったのは残念で仕方ありません。

 

それに峰子のカードの置く順番に癖があるって、あまりにも初歩的すぎませんか?それぐらい気づくと思いました。仮にも一年後に在全グループのトップに立つ人間なら。と、厳しい意見ならいくらでも言えますが、それだけ最終回に期待していた人間の1人として、残念で仕方がないと言う気持ちを表現したかったです。1年後のドリームキングダムに参加したメンバーのそれぞれの活動は見ていて何となく心地良かったのがせめてもの救いでしょうか。ゼロ一獲千金ゲームでは、視聴率があまり良くなかったので、おそらく続編はないでしょうが、またスペシャルのような形でゼロの義賊としての活動を見てみたいですね!

 

からあげ君
からあげ君

ドリームキングダムは何のために存在していたのでしょうか?一年後のみんなの姿を見ると、どんな対象であろうと、命をかけて勝負をすることは人に喜びと成長を与えるのだなと改めて思い知らされました。自ら命を絶とうとしていたヒロシ、チカラ、スナオが協力して引越し会社で人のために働き、あれだけ不良だったセイギは就職活動をスタートさせる。その兄、さくらに至っては、まさかのお弁当屋さんに大変身。これだけ人は大きく変われるものなのですね!

 

個人的には、ゼロは自分の宇宙物理学者になると言う夢を追いかけるのは素晴らしいですが、それよりも在全グループの中枢に入って、より大きな権力のもと、社会を大きく変えるような取り組みをしていてほしかったですね。そのチャンスが彼にはあったわけですから。最終回のラスト5分ぐらいしか1年後のメンバーの様子を描いていなかったので、できればスペシャルでも構わないしフールーのオリジナルストーリーでも構わないので、もっとどのような取り組みをしてるのか見てみたい気もします!あれだけ命がけのゲームに挑んだわけですから、どれだけ人として強くなったかを見てみたいですもんね!峰子も性格を含めて生まれ変わったのかな?

 

ぱんちょ
ぱんちょ

これから毎週日曜日にゼロ一獲千金ゲームを見れないかと思うとショックです!間宮祥太朗さんカッコよかったなー!迷宮のトライアングルよかったですよね!個人的にはあのゲームが1番面白かったです!解答まで辿り着いたときに、なるほどと思わせてくれました!そしてなんといっても、加藤シゲアキさんと、間宮祥太朗さんのキスシーンも素敵でしたよね!あれにファンはメロメロしちゃったと思います!はじめはみんな敵同士だったのに、徐々にゼロの考え方に触れるに従って、ユウキも含めて応援してくれる関係性ってなんか素敵ですよね!

 

みんな自分と言う芯を持っているから、仲間になったときは、より心強いです!簡単に流されることがない力強さを持つのはどこの世界においても非常に重要な活躍する要素となってきますよね!でもあまりにも個性的なメンバーが集まりすぎると、結局は誰が取り仕切るのかを揉めることが往々にしてありますが、そんな時にゼロみたいな接着剤のような存在がいると、きっとそのチームはとても強くなりますよね!NEWSの加藤シゲアキさんだからこそ、ゼロ一獲千金ゲームでの零を演じきることができたのだと思います!ドラマで放送を重ねるに従って、零が染み付いてきた加藤シゲアキさんを見ているのは楽しみでした!

 

もぐっこ
もぐっこ

最終回において、ゼロとミツルが仲直りすることができてよかったですよね!ドラマを見ている限りでは、ゼロにそこまで責任あるのかな?とも思ってしまいましたが、実際に事故現場に遭遇して、自分が見捨てたような形でその後ミツルが消息不明になっていたのであれば、ゼロのように夢をあきらめて考え方を一変させる気持ちもわかる気がします。それぐらい衝撃的だったんでしょうね!ミツルにとっても、ゼロが1年後に宇宙物理学者を目指し始めたように、またプロのカメラマンを目指してほしいですね!

 

ユウキによって、ゼロがトランプゲームで、わざと敗北して、自分の弟が助け出されたことを知ったのですから、峰子も在全グループをもっと健全な社会慈善事業にも打って出て欲しいですよね!でもまだ在全が実権を握っているから、厳しいかな?原作の福本さんが描く漫画はどれも素晴らしいので、カイジ、一獲千金ゲームに続いて、まだまだどんどん映像化を期待しています!脚色を加えられる要素もたくさんあると思いますし、ドラマを作成しやすいのではないでしょうか?キャストとスタッフの皆様、3ヶ月間の撮影、本当にお疲れ様でした!心の底から楽しませていただきました!

 

NEWSオリジナルストーリー配信中

 

たぬ吉
たぬ吉

2018年夏ドラマ「ゼロ一攫千金ゲーム」のNEWSメンバーが出演したことでも話題になりました!

実はドラマで放送されたドリームキングダムにやってくるまでに、描かれなかった壮絶な過去を抱えていたのです。このオリジナルストーリーをご覧いただいた後、改めて一攫千金ゲームを視聴されるとまた気持ちの入れ込み方が変わるでしょう。

 

山口カズヤ (増田貴久) 

高校時代、宇海零 (加藤シゲアキ) に何もかも負け続けたという苦い過去を抱える山口カズヤ (増田貴久) は、今やIT企業の天才エンジニアとして注目を浴びていた。新しい部署のリーダーにも抜擢され、思いを寄せる上司の宮本亜里沙 (貫地谷しほり) から二人きりで祝ってもらう。しかし、ある日アメリカからヘッドハンティングされてきた向井シオン (渡辺大) が入社。仲間の能力を認めないカズヤとは対照的に、シオンはリーダー就任をかけた全員参加の社内コンペを企画して職場を活気づける。負けられないと焦るカズヤは、コンペに向け連日徹夜で頑張るが、次第に行き詰まっていく。「俺は必死でやってきた。アイツに勝つために」。追い詰められたカズヤの脳裏に再び零との屈辱の記憶が蘇り…。(hulu公式サイト

 

城山小太郎(手越祐也)

城山小太郎(手越祐也)は、友達をレンタルする会社を経営していた。仲間のホッシ―(皆川猿時)、ケイスケ(松島聡)、アイ(松本まりか)には尊敬され、全ては好調のはずだったが…。ある時、客の肇(札内幸太)から苦情がくる。小太郎達との写真をSNSにあげたところ醜いコメントが寄せられたという。「こいつめっちゃ嫌われてた」「俺もいじめてやったわ」それは全て小太郎に対してのものだった。彼に高校時代、いじめ抜かれ友達のいない過去があったのだ。恥をかいたから謝れという肇を、思わず仲間の前で殴り倒す小太郎。それは仲間の信頼が崩れた瞬間だった。「うまくコントロールできてたはずなのに」ようやく作り上げたものが壊れていく…。離れていった仲間に復讐する為、小太郎はある行動に出る。それは仲間の3人を客としてレンタルし、とあるゲーム番組に連れていく事だった―。(hulu公式サイト)

 

ミツル (小山慶一郎)

4年前、写真家を目指しながらペンションを営むミツル (小山慶一郎) の元に大学院生のゼロ (加藤シゲアキ) が毎年夏恒例の星の観察のためにやってきた。その夏、ゼロが立会人となりミツルは恵 (入山法子) にプロポーズ。幸せそうな恵を何枚もカメラにおさめた。後日その時の一枚が、コンクールで大賞をとり舞い上がるミツル。大自然に暮らす天才として写真集発売の話も進んでいく。ミツルは東京で活動するためペンションを売ったとゼロに宣言。しかしゼロの胸中は複雑で…。あのプロポーズの日、指輪を忘れて取り戻ったミツルはゼロにカメラを預けた。実は受賞したのは、その間、ゼロが何気なく恵を撮った一枚だったのだ。才能を疑いだした編集者の佐伯 (佐戸井けん太) にその事を指摘されたミツルは衝撃を受ける。そして写真の中のある異変に気付いてしまい…。(hulu公式サイト)

 

人物相関図

ゼロ一獲千金ゲーム 相関図

©️日本テレビ「ゼロ一獲千金ゲーム」

 

一獲千金  キャスト&スタッフ

【キャスト】

 

加藤シゲアキ(于海零)

進学塾の講師だが、裏の顔は弱いものを救う義賊。ひょんなことからドリームキングダムに。天才的な勝負感を持っているが自分の勝ちより、他人を助けることを選んでしまう性善主義者。

間宮祥太郎(末崎セイギ)

末崎さくらの弟。自らの才覚で金を稼ぐクールなリアリスト。兄と仲が悪い。

小関裕太(氷川ユウキ)

ドリームキングダムでセイギとつるむ。物腰はソフトだが頭脳明晰でときには邪悪に。

加藤諒(真鍋チカラ)

貧乏アルバイト。ゼロに命を救われる。金に執着するお調子者。

岡山天音(佐島ヒロシ)

ゼロを恩人と思い、義賊の一員に。真面目で誠実だが不器用。

杉野遥亮(早乙女スナオ)

ゼロに命を救われる。優柔不断でチカラとヒロシの間で右往左往するおバカ。

ケンドーコバヤシ(末崎さくら)

セイギの兄で、ヤクザ。振り込め詐欺で稼いでいるがゼロに奪還される。

在全無量(梅沢富美男)

在全グループ会長。政財界裏社会に絶大な影響力を持つ資産家。

小池栄子(後藤峰子)

在全グループ幹部秘書。ゲームを支配進行。

 

【スタッフ】

 

原 作

福本伸行「賭博覇王伝 零」/講談社

脚 本

小原信治

演 出] 

丸谷俊平

チーフP] 

櫨山裕子 秋本孝之

制 作

日本テレビ

 

ゼロ 最終回 動画まとめ

 

案内人
案内人

ここまで長文にわたって、記事をお読み頂き心より感謝申し上げます。少しでも「ゼロ一攫千金ゲーム」の最終回の面白さを共有できれば幸いです。

もしそれぞれのご事情で最終回を見逃してしまった方は下記よりご視聴ください。

 

2018年秋ドラマ以降もどんどん記事をアップしていきますので、またお目にかかる機会があればよろしくお願いいたします。本日はありがとうございました!

 
⇓ 再放送の予定なし&再放送を見逃した方はこちら ⇓
もっと詳しく「hulu」を知りたい方は、「hulu メリット&デメリット」にお進みください。

 

©日本テレビhulu/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
⚠本作品の配信情報は2018年9月18日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。