Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

黄昏流星群 | 9話 動画が無料で見れる[12月6日放送 | 佐々木蔵之介]

黄昏流星群
 

 
案内人
案内人

詳しい説明は省いて、「黄昏流星群」をすぐに1ヶ月無料視聴されたい方は下記からお進みください!

 
⇓ 初回から9話までイッキ見|公式サイト ⇓
 
 
 
黄昏流星群」の第9話を見逃した方も初回からまとめてみたい人もオススメの方法をご紹介します!1か月無料期間を利用すれば、多くのドラマや映画が見放題で楽しめますよ!第9話のネタバレ感想記事も執筆しています!

 

 

動画見逃し無料視聴

黄昏流星群|無料視聴
 
案内人
案内人

フジテレビの公式動画配信サービス「FOD」では、約3分間の手続きで「黄昏流星群」を1話〜最新話まで無料でイッキ見することができます!

 

動画FOD

 

✸ 1ヶ月以内の無料期間であれば、最新ドラマを何回観ても無料!

❀ 
月額888円(税抜)で人気映画・ドラマ・アニメが2,000本以上(レンタル作品含む)
❀ 初回体験者に1カ月の無料体験がある1ヶ月以内に解約すれば料金は一切かかりません
❀ 毎月合計1,300円分のポイントプレゼント☆★☆★
① 毎月月初に100ポイントプレゼント
② 毎月8の付く日(8日、18日、28日)に、各400ポイントをFOD公式サイトにてご自身で発行
❀ 簡単に3分ほどで契約3分ほどで解約できる
❀ 無料体験には、Amazonアカウントを入力する(すでにお持ちの方は、既存のアカウントOK)
❀ FODポイントは、映画ドラマのレンタルや漫画書籍の購入に使える
❀ 人気雑誌が100誌以上読み放題(スマホ片手に)
❀ 漫画・書籍が実質20%割引で買える
❀ ご自身で最大5つまでアカウントが持てる
携帯料金と一緒に支払える
❀ 解約後も、購入した漫画・書籍は読める
❀ 動画が高画質対応

もっと詳しく「FOD」を知りたい方は、「FOD メリット&デメリット」にお進みください。
 
 
⇓ 初回から9話までイッキ見|公式サイト ⇓
※本作品の配信情報は2018年12月6日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。
 
 

記事概要

人生の黄昏期を迎えた男女が迎える運命とは…?
 

-番組名-

「黄昏流星群」

-放送開始-

2018年10月11日(木)

-放送日-

2018年12月6日(木)[第9話]

-放送日時-

フジテレビ 毎週木曜よる10時

-出演者-

もっと詳しいキャスト紹介はこちら

瀧沢完治(佐々木蔵之介)
瀧沢真璃子(中山美穂)
日野春輝(藤井流星)
瀧沢美咲(石川恋)
川本保(中川礼二)
日野冴(麻生祐未)
水原聡美(八木亜希子)
徳田和夫(小野武彦)
目黒栞(黒木瞳)

-原作-

 弘兼憲史『黄昏流星群』/島耕作シリーズ

 
 

[この記事の見どころ]

 

✎ 黄昏流星群|動画無料視聴方法

✎ 黄昏流星群|相関図

✎ 黄昏流星群|9話ネタバレ

✎ 黄昏流星群|9話感想

✎ 黄昏流星群|10話あらすじ

✎ 黄昏流星群|視聴率推移

✎ 黄昏流星群|キャスト&スタッフ

✎ 黄昏流星群|9話動画まとめ

 

人物相関図

 

黄昏流星群キャスト相関図

©️フジテレビ「黄昏流星群」

 

黄昏流星群|9話ネタバレ

 


 

⇓ 下記をタップすると開きます ⇓

※ 誤字脱字がある場合はご了承ください。

序盤

[序盤]を開く

大きく動き出したそれぞれの運命

栞は母親と同じ糖尿病だと医者に診断されてしまった。

真璃子と春輝は、車内でついに互いの心を通わせてキスをする。

完治は若葉銀行の守口元専務から銀行に戻ってこないかと声をかけられた。今銀行は大きな問題を抱えていてその処置をする人間が必要とされていた。

完治は家に帰った。もう夜11時を過ぎているというのに真璃子の姿がない。少し遅れて真璃子も帰ってきた。

完治は真璃子にどこに行っていたんだ?と聞くがなかなか答えてくれない。

少し時間を置いて病院に行ったと話した。春輝さんのお母さんが膵臓癌が再発して倒れられて病院に付き添った。そもそも美咲のことが原因で心労をかけたのだから放っておくわけにはいかない。

~~~

弱っている者同士は抱き合えない

先にお風呂に入るねと真璃子は浴室へ。扉を閉めるとさっきの車の中での出来事が鮮明に頭の中をよぎった。

キスをした2人。春輝が首もとにキスをしだしたので真璃子は止めた。やめて。真璃子は今自分でもわかるくらいに弱っている。そんな時に抱き合っても苦しくなる事は明白だった。

春輝は少し考え込んで車降りて真璃子側のドアを開けた。そして優しく手を差し伸べる。わかりました。じゃあいつか心が晴れたとき、薄暗い夜ではなく快晴の日に抱き合いましょう!真璃子は小さく頷いた。

~~~

川本が異変に気付く

すっかり完治は荻野倉庫の社員たちと打ち解けた様子。想い出ボックスの成果もあって今年の忘年会は豪勢になる予定だ。

そんな会話をしているとき、完治に若葉銀行の頭取から電話がかかってきた。その応対ぶりに川本は銀行からの電話ではないかと察しがついた。

経営企画室長のポストを用意した。

若葉銀行への復帰が本格的に動き出した。だが、この好条件に完治は即答することができない。少し考える時間をください、、。

完治はその足で社員食堂に向かった。栞に会いたかったのだ。知り合いの房江さんに栞のことを聞くと、仕事を辞めてしまったらしく、それっきり連絡が取れていない。家ももぬけの殻だった。一体彼女はどこに行ってしまったのか?

~~~

家を出て行きます。

真璃子に若葉銀行へ戻って来ないかと誘われていることを伝える。まだ悩んでいると話したが真璃子は安心した。これで思い切って行動することができる。

家を出て行こうと思ってる、、。

突然の告白に完治は訳がわからない。真璃子は心の内に秘めていたことを語り出す。あなたには誰か好きな人がいるんじゃない?

完治は否定することなくいつから気づいてたと聞いた。

真璃子は夫婦だからこそそういうものは空気感で伝わってくると答えた。目黒栞さん。いちど残業続きだった時に差し入れを持っていったとき、栞さんと一緒にいるあなたを見た。家の中では決して見せないいい笑顔をしていた。

私はそれでも我慢することができる。お給料もらってその中でやりくりをして家事をする。今までと同じように何も知らないふりをすることだってできた。だけどそれがもうつまらなくなってしまった。

何か他に私にも違う生き方があるんじゃないか。お互いにとってこれからの生き方がどのような形がベストなのかしっかり考えて欲しい。

完治はそのように話す真璃子に対して反論することができなかった。

中盤

[中盤]を開く

聡美が結婚する

真璃子は親友の聡美の家にしばらく厄介になることにした。そこで聡美から今お付き合いしている須藤先輩と結婚すると明かされた。

離婚してからずっと一人暮らしで自分のことながらよく決断したと思っている。生活のリズムも崩れるし相手に合わせることも必要になってくるだろう。

それでも人生はまだ30年もある。まだまだ自分は若い。もう一度無理をしてみたくなった。お互いに一生懸命仕事をしている。だからこそ戦友として同志として、この信頼関係が崩れる事はないと自信を持つことができた。

もし須藤先輩が若い女性に浮気心を抱いてもまた戻ってきてくれると思える。真璃子が夫婦仲がうまくなっていない時にのろけてしまったが、真璃子にももう一度きちんと考えて欲しかった。結婚は恋愛感情の向こう側にこそ答えがあると思っているから。今度は自分もそこまで登ってみる。

~~~

完治は一人暮らしをスタートした

荻野倉庫でも完治は他愛もないことで笑えるようになった。みんなが完治を受け入れてくれる。

真璃子が家を出て行ってしまったので、カップラーメンをすすっていた。ふと夜空を見上げるときれいな満月が光っていた。栞とともに見たあの日の夜のことを思い出す。

満月の写真を撮って栞に送信した。そちらからも同じ満月が見れますか?

その頃栞は見知らぬ土地の漁港に来ていた。そこで働くために面接を受けている。

当然東京から一人きりでやってきた栞に漁港で働く女性はなんでこんなところに?と不思議な顔で聞いた。

栞は海が好きなので、と答える。糖尿病と診断され、しかも糖尿病網膜症も発症していた栞はこれ以上悪化させないために至急治療が必要とされたが、ここで一人きりで新たな生活をしていく覚悟決めていた。

~~~

同期の井上と居酒屋で飲む

昔話に花を咲かせている。そして井上に銀行に戻ってこないかと誘われていることを打ち明けた。

井上はおめでとうと喜んでくれた。だが正直にまだ迷っていることを告げた。今の仕事にやりがいも感じているし、守口専務の口ぶりからすると、若葉銀行で不正融資の疑惑が持ち上がっている可能性があると指摘した。

現在本社勤務している井上がそこら辺の事情を知らないかと聞いてみたが、井上は少し顔を歪めながら心当たりがないと答えた。

完治は続けて真璃子が家を出たことを教えた。原因は自分の不倫。しかもその女性にも逃げられてしまった。挙句の果てには自分よりも年上の男性に娘をロンドンに連れていかれてしまった。

散々な状況であるのに明るく話してくれる完治を見ていて、井上はこの1年でお前は変わってだいぶ柔らかくなったなと答えた。

そして井上は最後に意味深な言葉を残した。人生において最も大事なのは仕事ではなく人だ。誰に出会うかによって人生はバラ色にも灰色にもなってしまう、、。

~~~

真璃子の居場所とは?

聡美の家にお邪魔しているものの仕事は忙しそうだし、突然須藤先輩が訪れてくるなどやはりどこか申し訳ない気持ちがしてきた。

時間を潰すために買い物や映画を見に行くが心の底から楽しむことができない。どうしたらいいものかと途方に暮れていたときに、偶然にもベンチで頭を抱えて疲れきっている春輝に遭遇した。

春輝くん?偶然ね。

春輝はまさかこんな場所で真璃子さんに出会えるとは思っていなかったのでびっくりする。

弁護士事務所の仕事は母親の介護のために休んでいた。だが、まだ母親の病気の事は事務所には伝えていない。介護の疲れからかマイナス思考に陥っていてこのまま仕事を辞めてもいいと語る。

真璃子はそんな春輝を叱咤した。お母さんはそんなこと絶対望んでいない。疲れ切っている春輝をこのまま見過ごすことがどうしてもできなかった。

私に手伝わせて!

~~~

家の中は荒れていた

食器は散乱し洗濯物が溜まっていた。お母さんはまだ眠っている。でも起床すると呼ばれるのでなかなかゆっくり眠ることもできていなかった。

真璃子はまず食器を洗い出す。申し訳ないと春輝が話すが、誰かの力になってあげたかった。まずしっかり眠って明日はしっかり事務所に行くこと。真璃子は今自分にできることを精一杯やってあげたかった。

春輝もそんな真璃子の申し出を素直に受け入れた。

完治は仕事終わりにいつもの居酒屋に立ち寄る。すると大将はテレビを見つめながら、写っているのはこの前来た連れじゃないか?と聞いてきた。

テレビでは速報で若葉銀行の不正融資に関するニュースが取り上げられていた。そこにモザイクがかかっていたものの井上の姿が映し出されていた。

急いで完治は井上に電話をしてみるがつながらない。

春輝は結局朝まで眠ってしまった。目を開けると真璃子が窓を拭いていた。春輝にとっては幸せな光景だった。

おはようございます!

真璃子は春輝の朝食までつくってくれていた。ご飯を食べたらしっかり事務所に行くように促した。お母さんが起きてきたらすべての事情を説明して私が面倒を見る。美咲の罪滅ぼしと話せばきっと理解してくれるはずだから。

春輝は顔を洗って朝食を食べて出かけていった。

終盤

[終盤]を開く

冴が目覚める。

春輝が出社した後もせっせと真璃子な家事をこなしていた。

春輝の母・冴が目覚めて真璃子の存在に気づいた。真璃子は一通りの事情を説明したが、冴は表情を一切変えずに話があると自分の部屋へと呼びつけた。

恐る恐る部屋の中に入ると冴は自分の遺影となる写真を選別していた。自分の体のことは自分が1番よくわかるらしい。もうまもなくホスピスに入居する予定だ。これ以上自分の息子に迷惑をかけるわけにはいかないと考えていた。

冴は机の上に置いてある春輝の幼少期のアルバムを見て、とお願いした。自分にとっては本当に宝物のような存在。あの子のために私の人生の全てをかけてきた。それが今じゃこの通り何もしてあげることができない。

プライドが高い冴にとってはそれが苦痛だった。申し訳ないと思いつつも、真璃子に自分の死が差し迫る瞬間まで、この家の家事全般のことを任せたいと願い出た。美咲のことを思えばそれぐらいやってもいいんじゃないという理由で。

~~~

相変わらず井上とは音信不通に

何度も連絡をとっているがやはり一向につながらない。荻野倉庫の面々は、完治にこんな会社辞めて良かったですねと話しかけてくる。これからも荻野倉庫をお願いしますね!

だが、河本だけは事情を察していた。お昼休憩に屋上で一人でいた完治に近づく。

瀧沢さんは長くうちにいる人物とは思っていませんでした。

川本は若葉銀行から誘いの声がかかっていることを見抜いた。だが、まだ本店に戻るか迷っている完治に対して、あなたにはあなたにしかできない仕事にトライすべきだ!こんな小さい会社で終わるような人間じゃないでしょう!と大きく背中を押した。

この言葉によって完治は銀行へと戻る決心を固めた。

~~~

冴と真璃子の笑い声が

春輝が家に戻るとリビングで2人は団欒していた。春輝の昔話に花を咲かせていたようだ。なんだか不思議な感じがしながら春輝も座った。

ついに春輝にホスピスに入居する決心を固めたこと伝える。もちろん春輝は自分が面倒を見ると主張したが、冴にも母親としてのプライドがあり、子供には見せたくない一面がある。

完治は若葉銀行の頭取室を訪れた。表情は引き締まって完治の勇ましさが戻っていた。不正融資の内部調査委員長をまずは任された。

委員会で泰然と挨拶する。世間の信頼を取り戻すべく、一連の不正取引に携わった人間の聞き取り調査を開始する。

委員会に出席したメンバーからは井上の独断であったという既成事実化する声も聞かれた。

~~~

このまま時間が止まればいい

真璃子は春輝のシャツにアイロンをかけていた。その様子を後ろからじっと見つめている。

こんな平和な時間がずっと続けばいい。このまま母さんも病気が悪くならなくて、真璃子さんもここにずっといてくれる。これ以上の幸せはない。そんな風に春輝は感じていた。

春輝はもう一度確かめた。弱っている者同士は抱き合ってはいけない。春輝はあの時よりも元気になった。真璃子さんは?

真璃子も自分の居場所が見つかって少し元気になっていた。自然と2人は唇を重ね合わせた。

、、がしかし、ついに2人がただならぬ関係性であることを冴はキスの現場を見てしまったことで気づいたのだった。

~~~

融資部長の井上が

井上からの聞き取り調査の時間が訪れても部屋を訪れる気配がない。その頃、井上はノイローゼ気味の表情を浮かべながら会社の屋上に上っていた。

キャー!

完治に井上が屋上から転落した事実の報告が入った。急いで現場に駆け付ける。

一方で漁協で新たな仕事を始めた栞にも一歩一歩病魔は襲ってきていた。しかし立ちくらみをしても必死に堪えて頑張っていた。

だが、ついに目に違和感を覚える。恐る恐る片目ずつ手で隠して視界を確認すると、左目を隠したときに、視界の一部が黒く欠けていることに気付いたのだった。あまりのショックに気が動転してしまう。

最終回に向けて、それぞれが選ぶ道とは?

9話終わり

 

黄昏流星群|9話感想

黄昏流星群感想

大波乱の第9

大きく物語が動いた第9話でしたね。黄昏期に訪れた男女の恋愛物語だと思いドラマを見始めた頃が懐かしいです。こんなにも深く悲しく考えさせられる要素が多くなるとは夢にも思っていませんでした。人生にとって何が1番大切なのか、何を大切にして毎日を過ごしていかなければいけないのか、考えさせられる視聴者の方も多かったのではないでしょうか。40代後半、そこは多くの人にとってがんばって生きてきた人生の折り返し地点でもあります。そこで自分の人生を振り返り、多くのことを悔い改めるのでしょう。今の日常が幸せで恵まれていることを考えるきっかけになったドラマでもあります。

栞を見ているのが辛い

登場人物の中でやはり1番見ていられないのは栞です。両親の介護の負担が終わり、これから自分の幸せの形を見つけ出していくタイミングで皮肉にも母親と同じ糖尿病が見つかってしまいました。このことを完治には悟られたくなく、迷惑もかけたくないので逃げるように見知らぬ地に1人でやってきました。栞の気持ちを考えるとあまりにも孤独で居た堪れない気持ちになってしまいます。今まである意味でたくさん迷惑をかけられたのだから、これからは迷惑をかける生き方をする勇気を持って欲しかった。完治ならしっかりと受け止めてくれたはずです。

真璃子の居場所

真璃子は自分を見つめ直す時間が欲しい理由で家を出ました。友人のところにお邪魔になるもやはりどこか居心地が悪く放浪しているときに偶然にも春輝を発見。弱っている彼を見てこのまま放っておくことができない。そのように感じとったのでしょう。好きな人の力になること。それこそが人に最も生きる喜びとパワーを与えてくれる源だと思っています。あのまま自分が不必要な存在だと感じながら自宅にいるよりは遥かに素敵な笑顔になっていました。人生は誰かのためにあるわけではなく究極の目的は己が幸せになることです。人はいずれみな亡くなるのですから。

銀行から再び呼び声がかかる

川本は言ってくれました。あなたにしかできない仕事にチャレンジしなはれ。ここで終わるような男ではない!ずっと銀行に戻るかどうか悩んでいた完治にとってはこの言葉こそが背中を押してくれたと思います。人生にはチャレンジし続ける限り無駄な経験などない。完治を見ていて改めてそのように感じました。出向前よりも凛々しく精悍な顔つきに生まれ変わった完治。これからも多くの壁や試練が立ちはだかりますが、荻野倉庫で得た経験値が解決の糸口となってくれるはずです。何よりも問題解決において1番大事な根性と根気を手に入れましたからね!

やはり有り得ない関係なのか?

自分の娘の婚約者となる予定だった男性との恋愛。文字に起こしてみるとやっぱりあってはならない禁断の恋だと思います。ただ、真璃子と春輝の場合には、不思議とアリなのではないかとも思ってしまいます。1番大事な笑顔と優しさに満ち溢れている2人の空間は、まさにお似合いのカップルです。当然母と子くらいに年齢が離れているので、もし付き合うことになったとしたら世間の反発は避けられませんが、それでも2人が愛し合いどんな苦難も立ち向かっていく勇気さえあれば乗り越えられると思いました。最終回でこの2人がどのような結論を出すのか最も注目されます。

 

黄昏流星群|10話あらすじ

 

瀧沢完治(佐々木蔵之介)は異例の人事で若葉銀行に戻ることになった。しかし、妻の真璃子(中山美穂)は家を出て行き、日野 冴(麻生祐未)の世話をする形で春輝(藤井流星)を支えている。完治が想いを寄せる目黒 栞(黒木 瞳)も姿を消し、音沙汰がない。

完治は銀行復帰後、不正融資の内部調査委員会委員長を任される。その矢先、同期で融資部長の井上英樹(平山祐介)が自殺を図ってしまう。

一方、真璃子は春輝と冴をホスピスへと送る。真璃子のこれまでの献身的な世話に感謝する冴。だが冴は、春輝との関係は今日で終わりにしてほしいと冴は真璃子に釘を刺した。真璃子は他へ行くところもなく、瀧沢家へ戻ることに…。

一度は壊れかけた、完治と真璃子の夫婦仲は修復されるのか?一方で栞の病は日々進行していく。完治と栞は果たして再会することができるのか?運命の恋の行方はいかに…!?

 

視聴率推移

 

第1話[2018年10月11日放送]視聴率

7.3%

第1話の見逃し動画とネタバレはこちら


第2話[2018年10月18日放送]視聴率

7.3%

第2話の見逃し動画とネタバレはこちら


第3話[2018年10月25日放送]視聴率

6.1%

第3話の見逃し動画とネタバレはこちら


第4話[2018年11月01日放送]視聴率

6.5%

第4話の見逃し動画とネタバレはこちら


第5話[2018年11月08日放送]視聴率

6.7%

第5話のドラマ動画とネタバレはこちら


第6話[2018年11月15日放送]視聴率

6.5%

第6話のドラマ動画とネタバレはこちら


第7話[2018年11月22日放送]視聴率

6.4%

第7話の見逃し動画とネタバレ感想はこちら


第8話[2018年11月29日放送]視聴率

6.2%

第8話のドラマ動画とネタバレはこちら


第9話[2018年12月06日放送]視聴率

7.4%


第10話[2018年12月13日放送]視聴率(最終回)

%

第10話のドラマ動画とネタバレはこちら


※放送日程については、あくまで筆者の予想となります。
※視聴率については、随時更新予定(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 

キャスト&スタッフ

キャスト

 

 

瀧沢完治(佐々木蔵之介)
瀧沢真璃子(中山美穂)
日野春輝(藤井流星)
瀧沢美咲(石川恋)
川本保(中川礼二)
日野冴(麻生祐未)
水原聡美(八木亜希子)
徳田和夫(小野武彦)
目黒栞(黒木瞳)

 

スタッフ

 

原作
弘兼憲史 「黄昏流星群」

脚本
浅野妙子

主題歌
平井 堅「half of me」

音楽
得田真裕

プロデュース
高田雄貴

演出
平野 眞
林 徹 森脇智延

制作著作
フジテレビ

 

黄昏流星群|9話動画まとめ

 

案内人
案内人

「黄昏流星群」も早いものであっという間に最終回を迎えてしまいます。男女問わず50歳前後になるともう一度燃えるような恋をしたくなる黄昏期を描いたドラマですが、事前の予想に反して非常にリアリティーがあり、多くの視聴者が共感できる内容になっていたのではないでしょうか?最終回では、それぞれ自分が幸せと信じた道を歩んでほしいと願っています!

 
 
⇓ 初回から9話までイッキ見|公式サイト ⇓
もっと詳しく「FOD」を知りたい方は、「FOD メリット&デメリット」にお進みください。
 
 
©フジテレビFOD/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
※本作品の配信情報は2018年12月6日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。っ