Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

黄昏流星群 | 無料視聴で動画を見る方法(3話:10月25日放送)

黄昏流星群
 

 
3話含めて、最新話配信はコチラ
 
案内人
案内人

2018年秋ドラマ「黄昏流星群」3話見逃し動画を無料で見る方法と3話ネタバレ感想を中心にお届けします!運命の再会を果たした完治と栞ですが、新しい会社では多くの試練が待っていました。[出演]佐々木蔵之介・中山美穂・黒木瞳・藤井流星ほか。

 

動画見逃し無料視聴

黄昏流星群|無料視聴
 
案内人
案内人

黄昏流星群」の見逃し無料視聴をご希望の方は下記よりお進みください。
フジテレビの公式見逃し配信サービス「FOD」では、簡単な手続きだけで1話〜最新話まで全話を無料視聴することが出来ます!最近では利用者が急増して、ドラマを見逃したときや、もう一度見たいときの動画サービスとして定番になりました!詳しくは緑枠内をご覧ください!

 

動画FOD

 

✸ 1ヶ月以内の無料期間であれば、最新ドラマを何回観ても無料!

❀ 
月額888円(税抜)で人気映画・ドラマ・アニメが2,000本以上(レンタル作品含む)
❀ 初回体験者に1カ月の無料体験がある1ヶ月以内に解約すれば料金は一切かかりません
❀ 毎月合計1,300円分のポイントプレゼント☆★☆★
① 毎月月初に100ポイントプレゼント
② 毎月8の付く日(8日、18日、28日)に、各400ポイントをFOD公式サイトにてご自身で発行
❀ 簡単に3分ほどで契約3分ほどで解約できる
❀ 無料体験には、Amazonアカウントを入力する(すでにお持ちの方は、既存のアカウントOK)
❀ FODポイントは、映画ドラマのレンタルや漫画書籍の購入に使える
❀ 人気雑誌が100誌以上読み放題(スマホ片手に)
❀ 漫画・書籍が実質20%割引で買える
❀ ご自身で最大5つまでアカウントが持てる
携帯料金と一緒に支払える
❀ 解約後も、購入した漫画・書籍は読める
❀ 動画が高画質対応

もっと詳しく「FOD」を知りたい方は、「FOD メリット&デメリット」にお進みください。
 
3話含めて、最新話配信はコチラ
※本作品の配信情報は2018年10月26日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。
 

記事概要

人生の黄昏期を迎えた男女が迎える運命とは…?

-番組名-

「黄昏流星群」

-放送開始-

2018年10月11日(木)

-放送日-

2018年10月25日(木)[3話]

-放送日時-

フジテレビ 毎週木曜よる10時

-各放送話詳細-

第1話第2話✿第4話✿第5話✿第6話✿第7話✿第8話✿第9話✿第10話

-出演者-

もっと詳しいキャスト紹介はこちら

瀧沢完治(佐々木蔵之介)
瀧沢真璃子(中山美穂)
日野春輝(藤井流星)
瀧沢美咲(石川恋)
川本保(中川礼二)
日野冴(麻生祐未)
水原聡美(八木亜希子)
徳田和夫(小野武彦)
目黒栞(黒木瞳)

-原作-

 弘兼憲史『黄昏流星群』/島耕作シリーズ

 
 

[この記事の見どころ]

✎ 黄昏流星群|動画無料視聴方法

✎ 黄昏流星群|3話ネタバレ

✎ 黄昏流星群|3話感想

✎ 黄昏流星群|4話あらすじ

✎ 黄昏流星群|視聴率推移

✎ 黄昏流星群|相関図

✎ 黄昏流星群|キャスト&スタッフ

✎ 黄昏流星群|3話無料視聴まとめ

 

黄昏流星群|3話ネタバレ

⇓ 下記をタップすると開きます ⇓

※ 誤字脱字がある場合はご了承ください。

序盤

[序盤]を開く

完治に疑心暗鬼になる。

新宿支店に完治が忘れた携帯電話届けた真璃子。
しかし対応した秘書の薫は、瀧沢支店長が荻野倉庫に出向になった事実を告げられた。
その時の彼女の奥様は知らなかったの?ともとれる微笑みが頭から離れなかった。

完治が帰宅する。
暗い寝室で一人で真璃子は黄昏ていた。
その普通ではない空気を察する完治。

携帯電話を手にとって、これは見ていないと主張した。
見たかったけど怖くて見る勇気がなかった。
これだけはしちゃいけないと思った。

出向の件について確かめた。
完治はただひたすらに頭を下げた。
完治としてはきちんと自分の中で整理してから伝えたかったと弁解する。

ただ、真璃子が一番傷ついたことは真っ先に自分に打ち明けて相談してくれなかったこと。
自分がそんなに頼りないかと嘆いた。
完治の奥さんでいる意味を見失いかけていた。

〜〜〜

どうして出向しちゃったの!?

そこに美咲が帰宅する。
泣いている母の姿を見て理由を聞いた。

開口一番にお父さんが出向してしまったことを悲しむ。
ただ、会社の命令は絶対なので断れるはずもない。

美咲としては結婚相手のお母さんが家柄を気にする人なのでせめて結婚までは待って欲しかったらしい。
完治は自分が会ってもいない男性と結婚まで話が進んでいることを注意するが、そもそも仕事で会う予定をキャンセルしたのは完治だった。
怒りが収まらない美咲を悟すために、真璃子はあえて完治をフォローした。
完治の出向は、美咲の結婚にまで影響を及ぼそうとしていた。

次の日の朝食でも美咲のご機嫌は斜めのまま。
改めて完治は彼を週末に連れて来なさいと提案したが、美咲は返事しなかった。

完治はいつもと逆のホーム電車に乗る。
満員電車ではなく、座席に余裕があった。

ご近所のおばさんと偶然遭遇した。
話の流れから会社が変わったことを伝えると、触れてはいけないところに触れてしまったといった表情を浮かべられた。
完治の表情は当然に晴れない。

〜〜〜

川本に社内を案内される。

改めて荻野倉庫の内部の説明をされる。
しかし、見るからに嫌々案内していた。
ものに触れようものなら強い勢いで制止されてしまう。
学んだことを覚えようとメモ書きしようとしても、あなたはただ椅子に座っていればいい、と相変わらずの邪魔者扱い。
事務所の中でも必要な書類の場所を聞いても自分で探せと言われてしまう。
お昼ご飯も置いてけぼり。
完治の居場所は全くなかった。

彼の今の唯一の楽しみといえば、栞に会うこと。
社員食堂で栞の姿を発見して、目線で合図を送るがなぜか無視されてしまう。
そんな栞の態度に完治は中学生のように凹んでいた。

そのとき、栞からメッセージが届く。

「先ほどはごめんなさい。気にされていませんか?」

完治は全く気にしていないと、返信する。
どうやら社内では完治の立場を考えて親しくしない方がいいとの彼女なりの配慮だった。

完治はそこの心遣いに感謝して、社外では会えますか?と送信し、OKをもらって喜んだ。
早速来週の日曜日に一緒に山に行く約束をする。

〜〜〜

浮かぶのは栞の顔ばかり。

辛い仕事の環境にあっても、1日の最後に思い出されるのは栞のこと。
完治は何十年も忘れていた自分のドキドキが止まらない感情を思い出していた。

お風呂に浸かりながら、完治はそんな自分の気持ちと葛藤していた。
その時、携帯電話が鳴る。
栞かもしれないと急いでお風呂を上がって携帯を手に取ろうとするが、そこに真璃子がいた。
明らかに挙動不審である。

電話の相手は銀行時代同期の井上だった。
なにやらどうしても耳に入れておきたい情報があるらしい。

守口専務のパワハラ更迭にはウラがあり、金田常務側の捏造だという噂が立っているのだ。
タイミングよく来週には頭取を交えたゴルフコンペが開催される。
そこで井上は気を利かせてアテンド要員に完治の名前を追加しておいた。

何かが変わるとは保証できない。
ただこの機会に再び顔を売っておくことは決して無駄なことではなくラストチャンスかもしれない。
そのゴルフコンペの日程は来週の日曜日で、栞とのデートがバッティングしていた。

中盤

[中盤]を開く

やはり不倫の疑いが。

家に友人の聡美が遊びに来た。
昨日のお風呂での完治の様子について話す。

明らかに挙動不審で、携帯電話に飛びついてきた。
真璃子は不倫を疑い、離婚経験者の聡美もクロだと断定した。

聡美は離婚を考えないの?と質問した。
真璃子は考え込んで表情が曇る。
確かに考えないわけでもないかもしれない。

専業主婦の離婚はハードルが高いイメージだ。
ただ、専業主婦であっても、結婚後に夫が得た給与の半分を受け取る権利はある。
退職金を受け取るまで待っていた方がより賢いとの意見もあった。

聡美は離婚して良かったと感じていた。
人生まだまだ先は長い。
その大切に時間を気が合わない者同士で過ごすほど無益なことはないと考えた。
まだまだ離婚しきれないで家庭内別居している世帯も多い。

人生の後半戦で頼りになるのは、旦那よりも近くの友人だよ!と真璃子がいかなる決心をしても応援すると励ました。

〜〜〜

春輝が目撃する。

美咲はこの日、自宅で春輝と待ち合わせていた。
予定の時間になり、まだ美咲の準備が整わないので家にお邪魔させてもらうことに。

真璃子はその時、パソコンで「専業主婦離婚」と検索していた。
やはり聡美の言葉が気になった。
真剣に調べていたので、春輝が家に上がっていたことに気づかなかった。

偶然、春輝は真璃子が調べていたパソコン画面を見てしまう。
春輝の存在に気づいて、慌ててパソコンを閉じた。
春輝も見てはいけないものを見てしまったので、どのような表情をしたらいいかわからない。

真璃子は何事もなかったかのようにもてなす。
美咲に春輝さんが来るなら教えてよ!と話した。

どうやらこれから春輝の実家に挨拶に行くらしい。
美咲にとって初めてのご挨拶だった。

道中で手土産を買い、緊張の面持ちで向かった。

〜〜〜

厳しそうな母親。

春輝の実家はまるで屋敷のような大豪邸。
門から玄関まで遠い。

美咲は玄関先で母親に挨拶して、手土産のシュークリームも袋のまま手渡した。
母親は顔をこわ張らせながら、好物なのよ、と受け取った。

豪勢な料理の前に美咲は緊張しながら食事する。
話題は父親の仕事のことに及ぶ。

若葉銀行に勤務していると聞かされていた母親は、春輝の父親についても自慢げに話す。
父親は代々官僚の系譜で、財務省主計局次長を務めていた。
若葉銀行の前頭取とも旧知の仲であり、縁があると喜んだ。

結局、母親の威圧に押されてしまって、完治が出向したことを告げられないまま時が過ぎたのだった。

美咲が帰った後、春輝は母親に感想を聞いた。
ちゃんとした女性で安心したらしい。
ただ、お土産を袋のまま手渡したことだけは納得がいかない様子で、教育方針に疑問を呈した。

〜〜〜

ゴルフコンペに参加する!

完治は帰宅して美咲の実家へのご挨拶について聞く。
美咲は気にしていた。
完治の出向のことを正直に打ち明けられなかったからだ。

実はまだ春輝にも伝えられていない。
せめてあと半年、出向が遅れていればね、と真璃子はぼやく。

完治は銀行時代から、今の出向に到るまでのことを走馬灯のように思い出した。
これが本当のラストチャンスだ。

日曜日の山登りの断りのメールを栞に送った。

その時、栞は母親の看護のために施設にいた。
週末には完治のデートの約束があるのでどこか嬉しそう。

そこにメールが届く。

「すみません。今度の日曜は外せない用ができてしまいました。山はまた今度でもいいでしょうか?」

栞は大人の対応をする。
お気になさらずに、と返信した。
ただ楽しみにしていただけにやはり少し落ち込む。

あまり期待しすぎてはいけない。
自分に今の感情を高ぶらせないように言い聞かせた。

〜〜〜

ゴルフコンペ当日

完治は接待ゴルフの準備をする。
美咲は朝早くから休日出勤で外出した。

サラリーマンならではの光景がゴルフ場で広がる。
とにかく頭取を持ち上げる。

アテンドの完治は、OBしたゴルフボールを探すために池や草むらなど場所を選ばず体を張る。
お昼休憩の時間になり、完治は自宅から持参した頭取お気に入りのビールでもてなした。

しかし、完治の邪魔するものがいた。
金田常務である。

クラブハウスにスコアカードを忘れたから取りに戻ってくれと命じる。
しかし、探しに戻るがどこにもない。
もともと忘れていなかったのだから。

再び合流しようにも、そこはクラブハウスから遠く離れたコースだった。
完治はそこまでスーツ姿で走って向かう中、自分は一体なにをやっているんだ?と疑問に思う。
そこまでして戻りたいのか?

コースに合流する手前で、頭取に媚を売る光景を遠巻きに見て、完治は馬鹿らしくなり、ネクタイを外して、ゴルフ場を去るのだった。

終盤

[終盤]を開く

春輝からの電話

家の電話が鳴った。
春輝からの電話だった。

電話に応対した真璃子は少し 動揺してしまう。
なぜなら電話の目的が美咲ではなく、自分に対してだったからだ。

春輝は どうしても頭から離れなかった。
あの日の パソコンの画面に表示されていた 専業主婦の離婚記事を。

美咲も この前あまり元気がない 様子だった。
だから 家庭内で 何かしらトラブルが 生じているのではないかと心配したのだ。

真璃子は 実際に会って事情をお話できないかと提案する。
春輝は事務所に 休日出勤していたので真璃子を事務所に呼んだ。

〜〜〜

山から海へ。

栞は 日曜日を一人で過ごしていた。
心のどこかに完治を思っている自分がいた。

すると完治から着信が。
電話に出てみると 今三崎にいて これから会えないか?と 誘いを受ける。
ただ、完治も 冷静になり、 急には無理ですよね、と話すと、栞は 大丈夫です!行きます!と答えた。

二人は合流して三崎のマグロ大トロに 舌鼓を打つ。
とても 楽しく食事ができた。
完治はもう一軒行きますか?と提案するが、 もうすぐ終電の時間。

栞としても しっかりと終電までには帰って欲しかった。
そうでないと自分も困ってしまう。
完治は少し 残念そうな表情を浮かべた。

〜〜〜

全て打ち明ける。

真璃子は 二人きりで春輝と会った。
そして完治が出向されたことを伝えた。

春輝は そんなことは気にする様子もなく、 自分の口から母にも伝えておくと話す。

真璃子は、出向と 離婚を調べていたことについては 直接因果関係はないと説明する。
が、 自分でも少し考え込み、 やっぱり多少は関係があったみたいだ。

銀行マンも 今の時代は出向に行かされることは 珍しくない。
それよりも 出向が決まってから 2週間以上も 相談されなかったことが ショックだった。

何のために今まで積み重ねてきたのだろう。
今まで仕事については 家庭に持ち込まない人だから それでいいと思っていた。
だけどやっぱり寂しい自分はいた。

ふと冷静になる、美咲の 婚約相手に 自分の愚痴を聞いてもらっていることを恥じた。
でも春輝は 聞かせてください、と 紳士的な対応をとる。

真璃子は 続けた。
自分としては喧嘩をしたくない事なかれ主義。
仮に離婚したところで専業主婦をしてきた自分は 何もできない。
だからこのまま何も言えないかな。

そんな真璃子の姿に春輝は熱く語った。

旦那さんのために毎日料理洗濯掃除をしてきて、美咲さんも 育て上げた。
他の人に代わりがきかないことを 何年も一生懸命に頑張ってこられた。
何もできないことなんてないです!

真璃子は初めて 代わりがきかない、との言葉をかけられて感動してしまう。
そして こぼれ落ちる涙を 自分のハンカチで 拭こうとした時、春輝が優しく 自分のハンカチで拭ってくれた。
2人は 見つめ合い、 時が静かに流れているのを感じた。

〜〜〜

完治も栞を見送る。

栞の家の前までやってきた。

栞は笑顔でまた明日!と挨拶する。
遠くなっていく完治の姿を見ていて、栞の感情は 高ぶり 抑えられなくなった。

再び完治の元に駆け寄り、栞から熱いキスをする。
楽しいこと 今まで 長続きしなかった。
今回も駄目だと思っていた。
でも違った。

照れながら笑顔で栞は完治のもとを離れた。
完治は 何も言葉を発することができなかった。
ただ夜空を見上げて、 そこには一筋の流れ星が流れているのだった。

黄昏流星群|3話感想

黄昏流星群感想

栞の純粋さ。

これから完治との関係がどこまで続いていくのかわからない。幸せを長続きしてこなかったから。それでも今回だけは違った。完治に家族があって妻がいることは十分に分かっている。それでもやっと心がときめく人に出会えた。こんな感情は何年ぶりだろう。今の一瞬一瞬を大切にしたい。そんな感情が伝わってくる第3話だったと思います!もちろん不倫という決して褒められた行為ではないことは承知していますが、それでも今まで両親のことで苦労してきた栞を応援してあげたいと思う自分がいました!

真璃子もときめく。

春輝があまりにも常識とはかけ離れた行動をとっているので、こちらにはあまり感情移入することができませんが、こんなドラマのような展開を仮にされてしまったら、自分の娘も結婚相手であっても女性であれば誰でもときめいてしまうものだと思います!特に涙を流してる女性にさっと自分のハンカチで拭いてあげたシーンについては、ドラマを見ている主婦層を中心にキュンとしてしまった方も多かったのではないでしょうか!?それに流星くんイケメンですしね!

完治の思い

銀行時代の同期の勧めもあって、恥を忍んでゴルフコンペに参加しました。あの時の完治の気持ちを考えると男性としては非常に厳しかったものがあると思います。元々出向された理由も自分が原因の失敗ではなく、ただ単に派閥争いに巻き込まれた形なのですから。その上で、相手派閥の常務にさらに嫌味を連発されてしまうと、流石に我慢し続けていた完治の気持ちも萎えてしまうでしょうね。ただもし栞の存在がなかったら、それでもしがみ続けていたのでしょうか?

春輝は真璃子を好きに?

たとえ偶然に離婚について調べている様子を知ったとしても、わざわざ実家に電話してまで確認するでしょうか?ひょっとしたらすでに心の中では美咲よりも、真璃子の方を気になり始めているような気もしています。一方の美咲も、本当に春輝と結婚したいと思っているのかな?とその真剣度があまり伝わってきません。人よりも家柄や見栄ばかりを気にしていて、こんな状態で仮に結婚を迎えても早晩二人の関係は冷めてしまうような気がします。

ラストのキスシーン

あの黒木瞳さんが駆け寄ってきて佐々木蔵之介さんキスをしたシーンは、非常に絵になっていて見ていて美しかったです!そして印象的だったのは完治が何も発言しなかったこと。表情もあまり崩さずに、ただ黙って受け入れていました。あの時の心情を推察すると、どんな気持ちだったのでしょうか?頭の片隅に、真璃子が浮かんだ?それとも本気で栞を好きになりそうな自分を抑えていた?あまりにもびっくりしすぎてただ単に呆然としてしまった?いずれにせよこのキスが発火材となって、今後の二人の運命を大きく変えていくことになるでしょう!

 

黄昏流星群|4話あらすじ

 

銀行復帰への道を探るため接待ゴルフに参加した瀧沢完治(佐々木蔵之介)だったが、虚しさだけが去来し、その場を去った。目黒 栞(黒木 瞳)と会うことで心を癒した完治は、別れ際に栞からキスされ驚く。

一方、妻の真璃子(中山美穂)は日野春輝(藤井流星)から「最近美咲(石川 恋)の元気がない」と聞かされ、その本当の理由を告げに春輝の事務所へ。しかし、夫や娘に募る不安や悩みを吐露するうち、春輝の優しさに触れ、思わず涙が溢れてしまう。春輝はそんな真璃子にそっと自分のハンカチを差し出した。

日曜日には、瀧沢家に春輝が再訪。真璃子と美咲は歓迎するが、春輝と初対面の完治は、美咲のためを思って年収や家のことなどを率直に尋ねる。真璃子たちは完治を止めようとするが春輝は臆せず答える。その完璧な返答に圧倒された完治は、春輝が帰った途端、美咲から怒りをぶつけられてしまう。

荻野倉庫に出社した完治は、重要書類は鍵をかけて保管すべきだと提案。だが、そんなに社内の人間が信用ならないのか、と川本 保(礼二)たちにつっぱねられる。完全に社員たちに嫌われてしまった完治。やるせなく社を後にすると栞が待っていた。

居酒屋「一番星」に並んだ二人。川本たちとの会話を見ていた栞は、銀行の常識が通用しないこともあると告げる。素直に胸の内を語り合い、食事をして別れるだけの関係。今はまだ、それだけで癒される二人だった。

真璃子は美咲のうなじにキスの跡を目撃。春輝のものなのか?しかし、その美咲は両親や春輝も知らない重大な秘密を抱えていた…。

 

視聴率推移

 

第1話[2018年10月11日放送]視聴率

7.3%

第1話の見逃し動画とネタバレはこちら


第2話[2018年10月18日放送]視聴率

7.3%

第2話の見逃し動画とネタバレはこちら


第3話[2018年10月25日放送]視聴率

6.1%


第4話[2018年11月01日放送]視聴率

%

第4話の感想とネタバレはこちら


第5話[2018年11月08日放送]視聴率

%

第5話の見逃し動画とネタバレはこちら


第6話[2018年11月15日放送]視聴率

%

第6話の感想とネタバレはこちら


第7話[2018年11月22日放送]視聴率

%

第7話の見逃し動画とネタバレはこちら


第8話[2018年11月29日放送]視聴率

%

第8話の感想とネタバレはこちら


第9話[2018年12月06日放送]視聴率

%

第9話の見逃し動画とネタバレはこちら


第10話[2018年12月13日放送]視聴率

%

第10話の感想とネタバレはこちら


※放送日程については、あくまで筆者の予想となります。
※視聴率については、随時更新予定(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 

相関図

 

黄昏流星群キャスト相関図

©️フジテレビ「黄昏流星群」

 

キャスト&スタッフ

キャスト

 

もっと詳しいキャスト紹介はこちら
 

瀧沢完治(佐々木蔵之介)
瀧沢真璃子(中山美穂)
日野春輝(藤井流星)
瀧沢美咲(石川恋)
川本保(中川礼二)
日野冴(麻生祐未)
水原聡美(八木亜希子)
徳田和夫(小野武彦)
目黒栞(黒木瞳)

 

スタッフ

 

原作
弘兼憲史 「黄昏流星群」

脚本
浅野妙子

主題歌
平井 堅「half of me」

音楽
得田真裕

プロデュース
高田雄貴

演出
平野 眞
林 徹 森脇智延

制作著作
フジテレビ

 

黄昏流星群|3話無料視聴まとめ

 

案内人
案内人

「黄昏流星群」3話無料視聴方法の記事を読みいただきありがとうございました!

 

ドラマを見逃した方のために、参考までに3話ネタバレを詳細に描写しましたが参考になりましたか?これからも見逃した方のために、動画の視聴方法とネタバレについては「黄昏流星群」最終回まで続けてまいりますので、もしお時間ありましたらまたお越しください!本日はありがとうございました!

 

 
3話含めて、最新話配信はコチラ
もっと詳しく「FOD」を知りたい方は、「FOD メリット&デメリット」にお進みください。
 
 
©フジテレビFOD/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
※本作品の配信情報は2018年10月26日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。っ