探偵が早すぎる | 再放送はいつ?予定時間をご紹介します!

探偵が早すぎる

探偵が早すぎる|再放送はいつ?

 
案内人
案内人

2018年夏、犯罪防御率100%。史上最速!の探偵が活躍する「探偵が早すぎる」の再放送日程・時間についてご紹介します。あくまで放送予定となりますので、詳細は日本テレビ系列各局にお問い合わせください。

 
こちらでも全放送話、2週間無料視聴できます!
⇓ ⇓ ⇓
再放送の予定がないときにご利用ください!
 
 
 

[2018夏 再放送|第一弾]

⇊ もし再放送予定がない場合、又は再放送を見逃した場合の対処は、下記に説明しています ⇊

 

日本テレビ放送網【NTV】 読売テレビ放送【YTV】 札幌テレビ放送【STV】青森放送【RAB】テレビ岩手【TVI】宮城テレビ放送【MMT】秋田放送【ABS】 山形放送【YBC】 福島中央テレビ【FCT】 テレビ新潟放送網【TeNY】 テレビ信州【TSB】 山梨放送【YBS】 北日本放送【KNB】テレビ金沢【KTK】福井放送【FBC】 静岡第一テレビ【SDT】 中京テレビ放送【CTV】 日本海テレビジョン放送【NKT】広島テレビ放送【HTV】 山口放送【KRY】 四国放送【JRT】西日本放送【RNC】 南海放送【RNB】 高知放送【RKC】 福岡放送【FBS】  長崎国際テレビ【NIB】 熊本県民テレビ【KKT】テレビ大分【TOS】テレビ宮崎【UMK】 鹿児島読売テレビ【KYT】

 


➙ 2018年11月上旬時点 再放送の予定なし

⇊ もし再放送を見逃した場合の対処は,、下記に説明しています ⇊

【第1話】放送予定なし【第2話】放送予定なし

【第3話】放送予定なし【第4話】放送予定なし

【第5話】放送予定なし【第6話】放送予定なし

【第7話】放送予定なし【第8話】放送予定なし

 

再放送の予定がないときは
 
 
案内人
案内人

現在の日本テレビ系列の地上波放送では、ドラマ「探偵が早すぎる」の再放送予定はございません。(2018/11/05現在)

 

日本テレビでの再放送を待っているわけにはいかないので、動画配信サービスの無料視聴ご利用ください。

 

日本テレビでは、グループ会社の「hulu」を通じて、「探偵が早すぎる」1話〜最新話まで全話配信しています。通常は月に933円(税抜)生じるサービスですが、初回限定者に限って、2週間無料体験できます。

このキャンペーンを上手く利用すれば、再放送を待たずとも、2週間のお好きな時間に、お好きな場所で「探偵が早すぎる」を無料で楽しめるので、最近ではこの方法が観たいドラマの視聴方法として広く普及しています。

 

全話無料配信は、日本テレビ公式動画「hulu」(会員数172万人)のみが提供しています。

 
⇓ 再放送の予定なし&再放送を見逃した方はこちら ⇓
もっと詳しく「hulu」を知りたい方は、「hulu メリット&デメリット」にお進みください。
 
 
※本作品の配信情報は2018年11月05日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。
 
「神のものは神に、カエサルのものはカエサルに!!」

-番組名-

「探偵が早すぎる」

-放送開始-

2018年7月19日(木)

-放送日-

2018年8月30日(木)[7話]

-放送日時-

日本テレビ 毎週木曜 23時59分

-出演者-

滝藤賢一、広瀬アリス、水野美紀、佐藤寛太

南野彩希、水島麻理奈、新山千春ほか

-原作-

井上真偽「探偵が早すぎる」/講談社

 

 
案内人
案内人

今までのご案内で「探偵が早すぎる」がいつ再放送されるかご理解いただけたでしょうか?残念ながらこの記事を作成している時は「探偵が早すぎる」の再放送は予定されていません。

どうしてもご覧になりたい時は、やはり動画配信サービスを利用するのが1番の近道です!日本テレビとしても「再放送」枠だけでは、お客様のニーズに柔軟に対応できないため、「hulu」を買収して直近の日本テレビドラマを見逃し配信するようになりました!

 

そのため登録方法も必要最小限にとどめて、登録後にすぐに利用できる工夫をしています。本当にシンプルで、すぐに2週間無料がスタートするので、気楽に利用されるのもいいかもしれません。特に大きな注意点は無いのですが、具体的にhuluを知りたい方は、「hulu メリット&デメリット」にお進みください。

 


 

これより下記の文章では、この記事作成時の「探偵が早すぎる」第7話に関連した事柄を中心にまとめております。リアルタイムで視聴できず、見逃し配信視聴も難しい時などにお読みください。

 

➙ 探偵が早すぎる|全話無料視聴に進む

 
 

[この記事の見どころ]

 

✎ ドラマ「探偵が早すぎる」とは

✎ 探偵が早すぎる|視聴率推移

✎ 過去放送回 [あらすじ・ネタバレ]

✎ 7話ネタバレ

✎ 公式ツイッター

✎ 7話感想

✎ 8話あらすじ

✎ 探偵が早すぎる|キャスト・スタッフ

✎ 探偵が早すぎる|俳優出演作

✎ 探偵が早すぎる|再放送を見逃した方

 

ドラマ「探偵が早すぎる」とは

 

思い出してみてほしい。 金田一耕助に、刑事コロンボ、シャーロック・ホームズ、、
今まで歴史に名を残してきた名探偵は、いつだって事件が発生した後に行動していたことを。そこから動き出し、犯人を割り出し、推理して、めでたく事件解決だった。

しかし、このドラマの主人公「千曲川探偵」はひと味違う。そもそも事件すら発生させないのだ!
事件が起こる前に犯人を追い込み、犯人が仕掛けようとしていたトリックを、ものの見事にやり返してしまう。

今までにいなかった、なんとも愉快な名探偵が2018夏深夜帯に暴走する「痛快コメディー・ミステリー」となっている!

 

探偵が早すぎる 視聴率推移

 
もんち
もんち

「探偵が早すぎる」は、過去に放送されたドラマを思い出してみても、かなり個性的な作品に仕上がっていると思います。何より俳優人の個性的な演技に視聴者は目が釘付けになるのではないでしょうか?

 

そういうこともあって「探偵が早すぎる」は仮にゴールデンプライム帯で放送されていたら、視聴率は10%台を狙える勢いだったと想像しています。それぐらいファンが多いと感じますよね。なかなか実現は厳しいと思いますが、再放送で夕方の時間帯に放送予定を入れてみてくれたらかなりの反響があるのではないでしょうか

 

【平均視聴率】

第一話(7/19) – 3.9%

第二話(7/26) – 4.2% 

第三話(8/2)   – 2.9% 

第四話(8/9)   – 3.3%

第五話(8/16) – 3.1%

第六話(8/23) – 2.9% 

第七話(8/30) – %

 

過去の放送回 [あらすじ・ネタバレ]

 

からあげ君
からあげ君

過去に放送された「探偵が早すぎる」を放送回ごとにまとめました各話ごとにあらすじ・ネタバレ・見逃し配信方法・キャスト紹介を詳しく記載いたしましたので、どこか視聴漏れがある方はご覧いただければ、いつ放送されるか不明の再放送を待たずとも要点が理解できるかと思います。

 

・7月19日 [第1話放送]

犯罪防御率100%! 前代未聞!“事件を未然に解決する”探偵、千曲川光 (滝藤賢一)。今回、彼が受けた依頼は、父親の遺産5兆円を突如相続することになった美女・十川一華 (広瀬アリス) の命を守るというもの。一華の父親の兄弟姉妹である大陀羅一族が、莫大な遺産を奪おうと、あの手この手で暗殺を仕掛けてくる。

・7月26日 [第2話放送]

事件を未然に解決し、一華 (広瀬アリス) の命を救った千曲川 (滝藤賢一) だったが…一華の態度は一変。探偵のことを「私を殺そうとした奴」と疑い、遺産5兆円の相続までも拒否する。しかし、千曲川は自身の報酬のために相続させようと説得する。2人が反発し合う中、大陀羅一族は新たな完全犯罪計画に動き出す…!

・8月02日 [第3話放送]

巧妙な暗殺を未然に防ぎ、またしても一華 (広瀬アリス) を守り抜いた千曲川 (滝藤賢一)。そして一華は、5兆円の遺産を相続し、大陀羅一族と戦うことを決断した。監視を続ける千曲川が常につきまとう生活に嫌気がさした一華は、橋田 (水野美紀) を通じて千曲川に近づかないようにお願いをするが…。

・8月09日 [第4話放送]

一華 (広瀬アリス) は母親の死に大陀羅一族が関わっているのではないかと疑い始める。そのことを察知し、鋭い眼光の橋田 (水野美紀)。一華の命を狙う次なる刺客は、大陀羅一族の中でも随一の天才・貴人。一族に対して嫌悪感を抱くはみ出し者の天才が、考え出した恐るべき完全犯罪のトリックとは―!?

・8月16日 [第5話放送]

遊園地を舞台に、強欲な大陀羅一族の中でも随一の天才・貴人との戦いに勝った千曲川 (滝藤賢一)。しかし、貴人はトリック返しの最中に姿を消してしまった―。一華 (広瀬アリス) の命を狙うべく、朱鳥 (片平なぎさ) の息子・壬流古 (桐山漣) が、声をかけたのは、なんと幼い兄弟。次なる刺客は、まさかの子ども!?

・8月23日 [第6話放送]

一華 (広瀬アリス) が城之内 (佐藤寛太) と夏祭りデートを楽しんでいた間にも、探偵・千曲川 (滝藤賢一) は大陀羅一族が仕掛けてきた暗殺計画を未然に阻止していた。が、千曲川が壬流古 (桐山漣) に重傷を負わせたことで、朱鳥 (片平なぎさ) は大激怒! 千曲川を先に始末するようにと、麻百合 (結城モエ) に命令を出す。

・8月30日 [第7話放送]

 

 

7話ネタバレ(再放送未視聴の方)

↓下記をタップすると開きます↓

序盤

[序盤]を開く

千曲川光(滝藤賢一)

十川一華(広瀬アリス)

橋田政子(水野美紀)

大陀羅朱鳥(片平なぎさ)

大陀羅麻百合(結城モエ)

大陀羅壬流古(桐山漣)

大陀羅亜騰蛇(神保悟志)

城ノ内翼(佐藤寛太)

山崎未夏(南乃彩希)

阿部律音(水島麻理奈)

十川純華(新山千春)


 

十川一華(広瀬アリス)はあの日のことを思い出していた。

城ノ内翼(佐藤寛太)が屋上から転落てしまった日だ。

 

城ノ内自分の愛する妹が目標にしている医者になりたいという夢を叶えてあげるために悪事に手を染めてしまった。大陀羅に唆されたのだ。どうしても彼にはお金が必要だった。

 

千曲川「どんな理由があろうとも人を殺すことは許されない」

 

〜〜〜

 

一華は橋の上に佇んでいた。そしておもむろに大声を上げる。

 

一華「あああ~!」

 

千曲川「あああああ~っ!」

 

すぐそばにいた千曲川もびっくりして同様に声を上げてしまう。

 

一華は千曲川のことをまだ許していなかった。

そして前日二度と顔も見たくないと伝えたばかりだった。

それでも千曲川はまだ契約は続行しているものと捉えている。

 

千曲川「そんな思いつめた顔でこんな場所に立たないでもらいたい。君の命を守るのが私の仕事だ」

 

しかし、一華の意志は固く、契約を白紙に戻す、つまりクビにする気持ちに変わりはなかった。

迫力満点の顔で、一華はその原因を作ったのはあなただ。胸に手を当てて自分に聞いてみればいい、と話す。

 

千曲川「はて?なぜ?分からない」

 

一華「もういいよ!今後一切私に関わらないで」

 

〜〜〜

 

橋田政子(水野美紀)家政婦は、改めて城ノ内翼くんの転落事故については千曲川探偵の責任ではないと語る。なぜなら彼自身の意思で千曲川探偵を蹴っ飛ばして転落したからだ。

そんなことは一華にも理解できていた。

しかし、自分の遺産相続の件がなければ、彼を巻き込むこともなかったのも事実。

 

一華は心の整理がついていなかった。

そんな彼女に政子は、続ける。

 

あなたのせいではありません。お金のためにあなたを殺そうとしたんです。お金によって人が狂わされてしまうのはよくあることです。」

 

しかし、一華は5兆円というフレーズを聞くだけで、やめて、と現実逃避を始めてしまう。

いま彼女に何を話しても無駄。

橋田家政婦は、改めて一華が落ち着きを取り戻してから諭すことを決めた。

 

〜〜〜

 

ここは大陀羅亜騰蛇(神保悟志)の事務所

 

ノックもせずに大陀羅舞輝斗(まきと)が訪ねてきた。

彼は見るからに不健康そうな太り気味の男性。

この人物が亜騰蛇の弟なのが驚きだ。

 

舞輝斗「暑い!暑い!ちょっと外を歩いただけなのに汗びっちょりだよ」

 

亜謄蛇「舞輝斗!いつも部屋に入ってくる時はノックぐらいしろと話しているだろう」

 

舞輝斗は急に自分を呼び出した理由を亜謄蛇に尋ねた。

 

亜謄蛇は、朱鳥が一華をボーイフレンドを雇うことによって暗殺を企んだこと。そしてその計画は見事に失敗していますのボーイフレンドが入院中であること、を伝えるのだった。

 

朱鳥のことが昔から舞輝斗は大の苦手だ。幼少期から人間扱いを全くされてこなかった。見下されてのけ者にされて、馬鹿な子供達にも、デブだ、家畜だって罵られてきた。

 

〜〜〜

 

舞輝斗を亜謄蛇が呼び寄せた情報は朱鳥の耳にも届いた。

朱鳥は舞輝斗のことを一族の恥とまで思っているので、大して重要視もしなかった。そんなことはほっておいて麻百合には壬流古が動けなくなった今、やるべきことがあると指示する。

しかし、恥知らずで馬鹿だからこそ何をしでかすか分からない。麻百合は少し不安にも感じていた。

 

〜〜〜

 

亜謄蛇は舞輝斗のことを不憫に思い優しい言葉をかける。するとその優しい言葉になびいて舞輝斗は、さらに兄に心を許すのだった。

 

亜謄蛇「お前は自慢の弟だからな。俺はお前のことを天才だと思っている。幼少期から散々馬鹿にされてきたあいつらを、見返してやる時が来たんじゃないか?」

 

舞輝斗「兄さんは僕の力を必要としているんだね?」

 

舞輝斗には何か良い考えがあるのだろうか?

少し考え込み舞輝斗は、人に知られることなく、しかも 他人を巻き込まないで小娘を消す完璧な方法を思いつく。彼は「密室殺人」と誇らしげにその作戦を話した。

 

舞輝斗「兄さん。この僕に依頼してきたこと、後悔をすることはないよ!」

 

はっはっはっ!

 

〜〜〜

 

ここは一華の自宅

 

橋田家政婦は、1人で荷物の整理をしていた。

しかし、いつもよりも表情は暗い。

 

彼女はおもむろに、カッターナイフを手に取り刃先を出して、鋒を見つめるのだった。

 

〜〜〜

 

櫻田学院大学にて

 

一華は友達の前でも相変わらず元気がない。

未夏「城之内君さ、事故で屋上から落ちちゃったみたいだね。でも本当に助かってよかったよ!もうすぐ意識を取り戻して、幸運の大学生としてテレビの取材を受けたりするんじゃない?」

 

律音も一華を励まそうと精一杯頑張っている。

きっとよくなる。一華も未夏もそのように信じていた。

 

そのとき一華も目にまたいつもの千曲川探偵の姿が目に入る。

急いで駆け寄り、近寄らないで話したよねっと迫る。

 

しかし、千曲川探偵は、君に近づいているわけではなくて、大学の学食に置いてある水をただ飲んでいるだけだと伝えた。それでも一華がここは私の大学と伝えると、まるで小学生のようにここは君の大学?この大学で無料で提供されている水を飲むことをやめさせる権利は君にはあるのか?ここが君の大学だったら君は学長か?と屁理屈で応戦するのだった。

 

そんな千曲川探偵を一華はいつも通りに面倒くさがった。

 

〜〜〜

 

一華の自宅に怪しい影が近づく。

その人物はカッターナイフ片手に土を掘り起こし、水道管に傷をつけて水を流出させた。

 

〜〜〜

 

大学からの帰り道も千曲川は一華を警護する。

それにしても尾行の仕方があまりにも特殊だ。特殊な坂道の登り方をしている。

 

一華はしきりにクビにしたはずと伝えると、そもそも契約をしてきたのは君ではなく、橋田家政婦。だからこそ君にクビと宣告されるのは無効だ!と主張した。

 

確かにこの考え方は一理ある。一華は政子がどのように考えているのかを確かめるため、千曲川を自宅に招き入れた。千曲川が一華の自宅を訪れるのは初めてだ。

 

一華「ただいま〜」

 

千曲川探偵「ただいま〜」

 

いつものお調子っぷりで千曲川探偵も家にお邪魔した。

 

急に千曲川探偵が家を訪れたので政子は驚いたが、すぐに事態を飲み込む。

しかし、落ち着きがない千曲川探偵は家のあちらこちらを物色し始める。

特にソファーがお気に入りのようだ。

 

それでは本題に戻ろう。

政子と千曲川探偵は、一華の命を守るために契約をした。

要は政子に契約を打ち切る石があるかどうかを確認する。

 

政子は結論は契約は続行する。

政子は解雇する意思は毛頭なく、今後も一華を守るために雇用関係の継続を望んでいた。

改めて彼女はそのように宣言した。

 

仮に一華がどれだけ嫌っていようとも彼こそがボディガードの最善の手段と信じている。

ほれみたことかと千曲川探偵は一華ににやっと微笑む。

 

これだけ嫌われてもボディガードをする気になるの?と一華は尋ねるが、自分が信じた道を突き進みずつ、結局は金が大事と探偵は答えるのだった。

 

ここで一服。

千曲川はお茶を出してくれと頼む。

 

政子「水なら蛇口をひねれば出てきます。」

 

置いてあったコップに水道から水を注ぎ、一口飲むと千曲川探偵は思い切り水を吹いた。

明らかに水の色がおかしくなっている。味も相当におかしいらしい。

確かに水は濁っていた。

 

一華がまた遺産を相続しておらず給料なしで働いているためほとんど水で生活している千曲川探偵にとって、最近の特技は利き水となっていた。

 

そんな彼が話すのだから信憑性はある。

この水はかなりまずいらしい。

 

何か他に飲み物はないのかと冷蔵庫をあさると、政子は非常に冷たい表情で、

「もう用は済んだはずですが?」

 

千曲川探偵の手にはケチャップが握られていた。

一華の作戦は見事に失敗してしまった。これからも千曲川探偵は彼女のことを守り続けることになった。政子が契約を打ち切るつもりがないと話す以上ある意味仕方がない。

 

〜〜〜

 

水が濁ってしまったのでお風呂に入ることもままならなくなってしまった。

 

政子は一華を銭湯に誘い出す。しかし、一華はめんどくさかった。

 

一華「いいよ。1日ぐらいお風呂 入んなくても」

 

政子「それはありえません。この汗ばむ季節に20代前半といえばまだまだ新陳代謝が活発な世代なんです。たくさんの汗と老廃物を知らず知らずに分泌しています。たった1日でも女性として入浴を怠ってしまうとあなたの魅力が損なわれてしまいます。行きますよ!」

 

〜〜〜

 

銭湯に向かう道中で、缶が転がる物音がした。

 

一華はビクッと振り向いてしまう。彼女は命を狙われ続けてきたのだから当然だ。

 

政子「夜道が怖いですか?」

 

一華「別に。」

 

一華はまだ、城ノ内翼くんのことが許せていなかった。

彼が犯行を考えているのであれば、トリックが石をする前に私に教えることもできたはず。

もしそういう風になっていれば彼があんな酷い目にあうこともなかった。

そうしなかったのは彼がトリック返しを楽しんでいるから。

 

ここで政子は、改めて千曲川探偵の過去の身の上話を一華に聞かせる。

 

もう何年も前の話になる。千曲川探偵はある事件を担当していた。

そこにはある女性が映し出されていた。それは一華のお母さんだった。

その女性が関係する事件が解決する前に、証人として重要視されていた女性が不審な死を遂げてしまった。まさに一華の母について政子は語っている。

 

しかし、一華は話されている女性が自分の母親だとはまだ気づいていない様子だった。

 

千曲川探偵はしきりに心の中でこう叫んだらしい。

自分がもっと早くに事件を解決することができていれば、、、

 

その事件以来、千曲川は今までのスタイルを全て捨て去り、今貫いているスタイルへと移行した。

 

まずは、すぐに犯人に詰め寄るのではなくて、事件の全容を掴むために相手を泳がせてみる。そして犯人が気づかないところで動いて、しようとしていた事件のトリックを見破るのだ。それが結果的に彼を早すぎる探偵として成長させた。

 

いつも事件の最終段階で犯人を追い込むのは理由がある。それは最終段階になって初めて弁解のしようがない証拠と犯人の動機が炙り出されているから。

 

政子は一華に決して、千曲川探偵がトリック返しを弄んでいるわけではないことを伝えたかった。

しかし、彼女はその話を聞いてもなお、城ノ内翼くんをあんな女に合わせた千曲川を簡単に許すことはできなかった。

 

一華「あの人の過去なんて私には関係ない。」

中盤

[中盤]を開く

千曲川探偵はいつものバーに来ていた。

 

そしていつも通りお金は払わない。そのくせ水を要求する。

 

マスター「営業妨害か?出ていけ。」

 

千曲川探偵はいつもの調子で駄々をこねてマスターからお酒を要求する。

その姿に折れてしまいマスターは準備を始めた。

用意されたコップに喜びながら口を通す。

それは水であったが、千曲川探偵は美味しそうに飲んでいた。

マスターはめんどくさい客を行きつけにさせてしまったようだ。

 

〜〜〜

 

亜騰蛇の事務所では、舞輝斗が液体窒素を前にニヤニヤと笑っていた。

亜騰蛇はさらに水道局の制服も渡した。

何か作戦に使用するらしい。

 

亜騰蛇「液体窒素で何をするつもりだ?」

 

舞輝斗「小さい頃に液体窒素で色々なものを凍らせて遊んだ記憶ない?バラの花だったり、バナナだったり、それをバラバラにしたり殴り合いっこしたりしたよね!」

 

舞輝斗は実演しながら、そのように語った。

まさか液体窒素を使い、人間を同じように凍らせてしまうつもりなのか?

 

〜〜〜

 

一華は城ノ内翼くんの病院にお見舞いに訪れていた。

病室の中には、いまだ意識は戻らない城ノ内翼と妹の早苗がいた。

 

早苗は疲れ切った様子で、兄の手を握りながら眠っていた。

一華は優しく声をかけて彼女を起こす。

びっくりした様子で早苗は飛び起きた。

グーとお腹が鳴った。

 

ずっと看病でつきっきりだったため食事をあまり取れていなかったのだ。

 

その足で2人は定食屋さんに行った。

早苗は自分なりに兄の事故の原因を究明していた。

城ノ内の話では、大陀羅グループが主催している奨学金制度に申し込むことによって自分の学費を何とかしようとしてくれていたらしい。

それでも実際にインターネットで調べてみたが、グループ主催の奨学金制度は存在していなかった。もしかしたら兄の事故と大陀羅グループは何か深い関係があるのかもしれない。

一華は何か知っているような素振りを見せた。すると早苗は何か知っていることがあるなら教えてくださいと問いかける。

 

「大陀羅グループって何なんですか?そして兄はなんであんなところから落ちなければいけなかったのでしょうか?」

早苗にとって一華は、兄の恋人という存在だったらしい。思い切り首を横に振り指定する一華だったが、いつのまにか一華の横に陣取っていた千曲川探偵が真っ先に否定した。

 

千曲川「彼女の一方的な片思いだ。」

 

千曲川探偵は昨日、政子から正式にボディーガードの許可を得たため臨時収入を得ていた。

たった2000円ポッキリだが。その身銭を切って彼は生姜焼きライスを頼んだ。

久しぶりの食事をゆっくり楽しむ。特に味噌汁を五臓六腑に染み渡らせながら楽しんだ。

 

早苗はマイペースと言うか少し変わっている所がありそうだ。なぜならあの千曲川を頼りがいのある男性と呼び、彼のような人物に守ってもらえるのは羨ましいと話していた。

 

千曲川探偵はそのような言葉を聞いて気分を良くして、一華の肩に手を回しながら、彼女は何も見えていないと話していた。

 

〜〜〜

 

一緒に食事をした後、一華と早苗は別々の道で別れた。

しかし、早苗の後を付ける怪しい影が彼女に近づく。

そしていきなり彼女をカッターナイフで切りつけたのだ。

 

彼女の悲鳴を聞いて、一華と千曲川探偵は急いで現場へ急行する。

 

一華「大丈夫?ケガない?」

 

彼女にけがはなかった。しかし犯人の顔は帽子とメガネで隠していたため確認することはできなかった。ただし性別は判別することができたらしい。ただし性別は判別することができたらしい。しかも彼女は恐怖のあまり犯人の腕を引っ掻いた。その引っ掻き傷によってちょっとしたら犯人が特定できるかもしれない。

 

しかし彼女のことを狙ったのはどこの誰なのか。ひょっとしたら兄のことが関係しているのかもしれない。

 

ひっかきました…でも 誰が?大陀羅一族からお金を受け取っていたからだ。

一華は千曲川探偵になんで彼女を守ってくれなかったのと怒る。

 

早苗を守ることは自分の仕事ではないと言い返すが、一華は自分の事はどうでもいいから早苗を守るように指示する。

 

一華は自分の依頼主ではないから命令する権限はないとしきりに二人を守ることを拒否するが、奥の手として一華はしばらくの間早苗を近くに置くことでセットで守らせようとした。

 

果たして千曲川探偵は二人分セットで守ってくれるのか?!

 

〜〜〜

 

亜謄蛇と舞輝斗は電話にて作戦の最終調整を行う。

「期待しててくれよ」と舞輝斗は自信満々の様子だった。

 

〜〜〜

 

一華は早速、早苗を一人きりにしないために自宅へ招いた。

天然な要素がある早苗は、千曲川探偵と一緒に3人で住んでいるのかと尋ねると、一華は真顔で規定した。あんなもじゃめがねと一緒に住みたくない。

 

2人の後ろに少し離れて警護している探偵だったが、自宅前に停車していた不審な車両に目をつけた。そして中を覗き込む。

 

自宅には水道業者が工事にやって来ていた。

しかし、 その水道業者は舞輝斗が変装した姿だった。

 

工事業者に扮した舞輝斗は、近くで水道管の破裂があったと嘘をつく。

そして一軒一軒水漏れや濁り水などをチェックして回っているそうだ。

実際に自宅の水道をある器具を使って調査すると確かに濁っていた。

そしてサビも混入しているらしい。

 

この状況から原状に回復するためには、少なくとも5時間程度の工事時間がかかってしまう。

これから夕飯時なので5時間の断水は確かに厳しい。

しかし一華は喜んでいた。外食ができるからだ。

 

しかし舞輝斗は水道工事中は在宅してもらわないと困ると伝えると、一華は膝から崩れ落ちた。

 

〜〜〜

 

夕食はサンドイッチにすることに決めた。

水が使えなくても料理をすることはできる。早苗はパンを切り、一華は野菜の準備をした。水が使えないので冷凍のほうれん草を使う。

 

電子レンジで解凍すれば調理することはできる。

政子は卵を焼いていたが、一華が強かった火を止めようとすると、政子はすぐに火を強くして、玉子が焦げるのを恐れていてはふわふわに仕上げることができない、と忠告するのだった。

 

いつでも厳しい橋田家政婦。早苗もまたパンの切り方の指導を受けていた。

 

〜〜〜

 

舞輝斗は隙を見て庭へ回り込み、用意してあった液体窒素を準備する。

液体窒素は使い方によっては凍らせる以外に爆弾にも変化するのだ。

着々と水道管に準備しておいた装置を設置する.

 

大量の液体窒素を入れて容器を密閉するとどうなってしまうのか。

家を破壊するほどの大爆発が起きるのだ。

 

〜〜〜

 

一方家の中では着々とサンドイッチの準備を進めていた。

しかしサンドイッチに合わせるドリンクがないことに気づき、一華はスーパーへ買い物に行こうとすると、政子に今は外に出てはいけないと強く制止された。

 

結局政子が買い物に出かけることに。

 

〜〜〜

 

液体窒素爆弾の設置が完了した。

もう汗ドロドロと達成感に浸っている舞輝斗だったが、いつものごとく先回りして千曲川探偵が、お疲れ様と声をかけ、キンキンに冷えた水を差し入れた。

 

当然のことながら舞輝斗は、誰?と尋ねる。

しかしそんなことはどうでもいいと千曲川探偵は話を戻し、

君こそ何をしていると尋ね返す。

 

千曲川探偵は昨日水を飲もうとした時の事を振り返った。

水道の水には空気が混ざっていることが分かった。コポコポと音が鳴っていたから。

 

考えられる原因として、水道局によって工事された場合が考えられるが、ここ数週間の間に水道工事の履歴は全くなかった。そうであるならば水道管が破損していることが考えられる。案の定水道局の人間がやってきた。

 

ここで千曲川探偵はある質問をした。

「君は 水道局の人間か?」

 

当然水道局の人間だと答えるが、ここに彼が大きなミスを犯した事実がある。

どのようなミスを起こしたのか全く見当できない舞輝斗だった。

終盤

[終盤]を開く

彼は根本的な工事の仕組みを理解してきていなかった。

地面から水道メーターまでが水道局の管轄。そして水道メーターから屋内にある水道の蛇口は

水道工事会社の管轄になる。

この基本的なシステムを理解していれば、彼は水道局の人間になりすまして水質チェックのために専門外である人の家に上がり込んで水質を確認することなどありえない話になる。

千曲川探偵はさらに推理を披露する。

事前に舞輝斗はこの庭にきて水道管をまず傷つけた。その次に水道局員になりすますことによって、必要な液体窒素を運び入れたのだ。

この工事をするためにはどうしても水を一時的に止める必要があった。液体窒素を用いて水道管を凍結させる。このような大規模な工事は集合住宅などにおいて一部の水道だけを止める際に主に用いられる手法だ。

バルブが見えるところにあるのにわざわざなぜこのような大掛かりな工程を踏まなければならないのか?

舞輝斗はそれでも自分の非を認めることなく、千曲川探偵を素人呼ばわりした。

しかし本物の素人に言われる筋合いはないと反論した。

千曲川探偵は液体窒素が爆発する仕組みについて解説した。

液体窒素はマイナス196℃で沸騰して気体になる。 窒素の場合には液体が気体になってしまうとその体積は約700倍に膨張するのだ。そんな膨張する液体を密閉した容器に入れてしまうと、当然のことながら液体窒素は行き場を失ってしまう。

どんどん圧縮されて、密閉された容器の中が高圧になり最終的には大爆発を起こしてしまう仕組みだ!

舞輝斗は尋常じゃないほどの汗をかいている。暑さのせいなのか、トリックを全て見破られたことに対するものなのか、それとも大爆発が迫り焦っているのか、

千曲川探偵は爆発の前に、密閉された容器を開こうとするが、実は舞輝斗はムンポウの使い手だった。

彼はしきりに僕の密室殺人の邪魔はさせない!と話していたが、明らかに密室ではない。

千曲川探偵とムンポウの使い手舞輝斗との戦いが始まった。

僅かに探偵の分が悪い。隙を突いて舞輝斗は密閉された箱の鍵を片手に走り去った。

その直後に、中で仲良くサンドイッチを作っていた二人に聞こえるほどの爆音が響き渡る。

液体窒素が爆発してしまったのか!?

、、、

しかし爆音がしたのに家は無事だった。

不思議そうに舞輝斗は車の中から上を見上げる。

その爆音の正体はサンドイッチを解凍するために電子レンジで温めていたのだが、タイマーの時間を5分だったのに15分にセットしてしまっていたことによる爆発だった。

千曲川探偵「神のものは神に、カエサルのものはカエサルに、トリック返し」

舞輝斗の車の中には、ペットボトルに液体窒素を入れて密室を作り上げていたのだ。まさに舞輝斗がしようとしていたことをやり返した形だ。

再び大爆発の爆音が轟く。

一華と早苗はその爆音に驚きその場にしゃがんだ。

なぜ密閉された箱は液体窒素爆発を起こさなかったのか。

それにはきちんとわけがある。

千曲川探偵は、家の下で止まる車内にてすでに小道具を発見していた。

そこで犯人が何を仕掛けるのかを瞬時に推理して、 予めドライバーで箱に穴を開けていたのだ。当然箱に穴が開いていると密閉されないので大爆発を起こすことはない。

〜〜〜

結局水道工事は行われなかったので、家の水は濁ったままだ。

政子はやはり水をたくさん買ってきていた。ジュースではなかった。

改めてまた明日に水道工事会社を呼ぶことにした。

 

一華「今日もまた銭湯か〜」

 

〜〜〜

 

またしても千曲川探偵にやられてしまった大陀羅一族。

さすがに亜騰蛇も探偵の存在が気になりだした。

 

朱鳥「舞輝斗の容体は?」

しかし、あれだけ天才だと持ち上げていたのに、亜騰蛇はあんなあんなバカ知るか。と薄情な言葉を発する。昔から都合の悪いことにはなかったことにする癖があったらしい。

 

ふたりは口論を続けるが、亜騰蛇は核心的なことを話す

城ノ内翼の記憶が戻って何もかも話したら朱鳥は終わりだ。

 

しかし、朱鳥はそうなる前に 消せばいいのよ、と答えるのだった。

舞輝斗の言うとおり朱鳥は人間のやさしさを持たない。

 

〜〜〜

 

一華と早苗は銭湯に向かう。

今日は政子は銭湯には行かないらしい。

新陳代謝がそこまで活発ではないので毎日お風呂に行かなくても大丈夫みたいだ。

しかし昨日はあれだけ汗ばむ季節がどうだこうだとか言っていたのに一貫性はなかった。

そんな政子に不満をたらたら述べる一華だったが、早苗は優しく体調が悪かったのではと気遣った。

 

それでも買い物に行くって言った時には外出することをあれだけ反対したのに、夜にこうして銭湯にいかせているわけでしょ?やっぱり一貫性がないよね!

 

早苗「あの人がいるから安心してるんじゃないですか?何があっても守ってくれそう」

 

一華「女湯まで来ないでよ。」

 

その時偶然にも一華は、母親に似た人物が向こう通りを歩いているのを目撃した。

 

一華「お母さん?そんなわけないよね」

 

早苗の携帯電話が鳴った。病院からだ。

 

「えっ、兄が?はい。すぐに行きます!」

 

兄の意識が戻ったらしい。しかしすぐにその姿が病院から消えてしまったのだ。

果たして大陀羅一族の仕業なのか?

 

一華は銭湯から帰ってきた。

政子が眠りについている。

そこで普段彼女には見せない腕元がチラリと見えた。

真新しい引っ掻き傷がついている。

 

「えっ?!」

 

一華は早苗の言葉を思い出していた。引っ掻き傷をつけたと。

まさか彼女が犯人?

そんなわけないと思いつつも不安な表情を浮かべていた。

 

公式ツイッター

 

 

7話感想(再放送未視聴の方)

 

もんち
もんち

ドラマ探偵が早すぎるは、非常に出演者の個性が強い作品だと改めて感じ取ることができました。第7話の冒頭シーンで一華が大声で橋の上で叫んだシーンを思い出してみてください。あの吹っ切れ方はやっぱり演技派女優と呼ばれる広瀬アリスさんならではだと思います。そこに割って入るように滝藤賢一さんの大声が橋の上で響き渡りました。あの2人のやりとりはドラマを重ねるごとに阿吽の呼吸とかしていて、見ている視聴者をより惹きつけるものになっているかと思います。いつ再放送が放送されるかは今のところ全くの未定ですが、もし再放送された時は1話から2人の絡み方がどのように深くなっていったかを観察するだけでも面白いのではないでしょうか?

 

それにしても広瀬アリスさんも滝藤賢一さんも探偵が早すぎると言う小説の中からそのまま飛び出してきたようなキャラクターを演じることに成功しましたね!原作を読んだときにはこの2人がどういう世界観を演じてくれるのだろうと期待とともに全くの未知数でもありましたが、今ではこの2人でなければ思わずクスっと笑ってしまうような世界観を描くことができないと思います。

 

 

ゴリ
ゴリ

滝藤賢一さんの探偵はみなさんどのようにご覧になっていますか?もちろん個性的でふにゃふにゃしている割に、決めるときは決めるという男らしくギャップを感じる面も多分にあるキャラクターだと私は思います。彼自身も原作の探偵が早すぎるを読んでみたときに、最初はどのように演じていくか滝藤賢一さんも悩んだことと思います。しかしこれはインタビューでも答えているように、もし5兆円が手に入ったらどうするかとの質問に対して、明確にいらないと回答していました。それは大好きなお芝居がやるモチベーションを失ってしまうのが怖いらしいです。お金以上に大切なものを演劇という分野で既に見つけることができているんですね!

 

そのような真摯な演技に対する考え方があるからこそ、あのような他の人には誰も演じることができない奇想天外な破天荒探偵を演じることができたのだと思います!

 

そして忘れてはいけないのは、そんな探偵に付き合う広瀬アリスさん演じる一華の存在なのではないでしょうか?いつ彼女が探偵に付き合いきれなくなって感情を爆発させてしまわないかとても心配しながらハラハラ見ています。

 

 

もぐっこ
もぐっこ

探偵が早すぎるの最終回に近づいてきたとこともあって、物語も真相に近づきつつありますね。第7番のラストシーンで描かれていた政子が負っていた傷は本当に暴行したときに受けた傷なのでしょうか?さすがにあそこまで一華のことを思い、母親同然に共に暮らしてきた家政婦が、物語を盛り上げるだけのためにここにきて悪者になると言う事はないと思いますが。

 

ただ原作の作者はなかなかとっぴを下ないストーリーを描くことがあるらしいので、ひょっとしたらひょっとするのかもしれません。そうなってくると千曲川探偵との関係は?そして最後に偶然発見した一華の母親に似た姿の女性は何者なのでしょうか?

 

まさか本当に生きていたら、それにはどのような事情が隠されていたのか。それが最終的に5兆円の行方にどのような影響を及ぼすのか。それを匂わすような描写が過去にあったのであれば、早く再放送で確認してみたいものです。いつ再放送してくれるのか日本テレビさん待っています!

 

 

リッチー
リッチー

さて探偵が早すぎるも最終回が迫ってきました。皆さんは最終回はどのようなストーリーになるか想像できますか?私が個人的に1番気になっているのは一華の母親が生きているのかどうかと言う事。もし生きていたとしたらなんで全く一華の様子を見ることもなく生きてきたのか。母親が自分の子供を放っておく事はよほどの事情がない限りありえないことだと思います。そしてドラマでもきちんと描かれているよ
うに一華の母親は病院のベッドの上でなくなる描写がきちんとありました。わざわざそのようなカムフラージュをしてまで存在を消さなければいけなかった理由とは一体何なのか?

 

そして、仕事のスタイルまで変えざるをえなくなった千曲川探偵にとっても仮に生きていたのであれば青天の霹靂でしょう。それとも彼も関係しての作戦の一環なのでしょうか?いずれにせよ最終回に向かってこの母親の存在が大きく物語の行方を左右する気がします。完全にいなくなってしまったとばかり思っていた母親が、もし生きていたと知った場合、一華はどのようなリアクションをするのか。そして許すことはできるのか。最終回が非常に楽しみの展開となってきました。

 

 

ミーア
ミーア

今でも信じられないことがあります。城ノ内翼くんは、本当に一華のことを狙ってたのか。あれだけ優しかった彼が、いくら妹の為とはいえ、大切な存在であった一華の命を狙うとは到底思えないのです。しかも動機が探偵が早すぎるにしては、あまりに幼稚ですよね?もちろん現実においては起こりえることですが、一華にとって大切な存在の城ノ内翼くんをこのままフェードアウトさせるとは、原作者もそうですし、脚本家もそのような稚拙な表現は取らないと考えています。

 

そうするとなぜか城ノ内翼くんは一華の命を狙ったふりをしなければいけなかったのか?事故が重要になりますが皆さんはどのように考えられますか?いつから彼は一華が命を狙われていたのか知っていたかがカギになると思います。千曲川探偵の得意技史上最速の探偵であるが故に、先読みして彼を味方につけてグループの気を逸らせていた可能性もありますよね。城ノ内翼くんも命を狙われる存在だった?そうなってくると彼は意識を失っていたふりをしたことになります。だからこそ病院から突然姿を消したのでしょう。第8話において、物語の概要は見えてくるかと思いますが、おそらく一華の母親は生きていて、大きなトリック返しを千曲川探偵のもと計画しているのではないでしょうか!?

 

探偵が早すぎる 8話あらすじ

探偵が早すぎる 8話 

[8話]を開く

城之内(佐藤寛太)が病院から姿を消し、城之内の妹・早苗(優希美青)も何者かに襲われた。橋田(水野美紀)の腕についた引っかき傷から、早苗を襲ったのは橋田……?と疑いを抱く一華(広瀬アリス)。そして、母・純華(新山千春)と橋田の関係を探り始めることに。母親の死に関して、新証言を聞く一華。なんと、純華は生きていた!? その一方で、橋田が不穏な動きを見せる……橋田は大陀羅一族の手下だったのか?一華を殺そうとしている刺客なのか?そのとき、探偵・千曲川(滝藤賢一)は――!?波乱の展開が巻き起こる―――!!

人物相関図

 

探偵が早すぎる 相関図

 

探偵が早すぎる|キャスト/スタッフ

探偵が早すぎる【キャスト】

探偵が早すぎる キャスト

 

千曲川光(ちくまがわひかる)=滝藤賢一

犯罪を未然に防ぐことをモットーにする稀有な探偵。トリック返しが得意技。偏屈な性格で、コミュニケーション能力が著しく欠如している。

十川一華(そがわいちか)=広瀬アリス

父死により5兆円の遺産を引き継ぐことになった女子大生。父親の兄弟たちから命を狙われるてしまう。 積極的で社交的だが、勝ち気な性格で、いつも千曲川と折りが合わない。

橋田政子=水野美紀

可愛いツンとデレが得意な家政婦。探偵・千曲川に一華を守るように依頼した。一華に対して、立派な女性になるようにとマナーや言葉使いなど 一流の振る舞いを様々な資格や免許を生かして叩き込んでいる。

大陀羅朱鳥(だいだらあけどり)=片平なぎさ

大陀羅家の第一子長女。圧倒的な権力を握る女帝的存在。手段を選ばずに一華から瑛の遺産5兆円を奪い取ろうとしている。

大陀羅麻百合(だいだらまゆり)=結城モエ

朱鳥の娘。母親の命令により一華を暗殺しようと目論む。

大陀羅壬流古(だいだらみるこ)=桐山漣

朱鳥の息子。母親の命令により一華を暗殺しようと目論む。

大陀羅亜騰蛇(だいだらあとうだ)=神保悟志

大陀羅家の第二子長男。政財界とも太いパイプを持つ影の権力者。不動産の帝王。

城ノ内翼=佐藤寛太

一華と同大学に通い、一華に恋心を抱かれている好青年。

山崎未夏=南乃彩希

一華と同大学に通う親友。一華とよく行動を共にする。積極派。

阿部律音=水島麻理奈

一華と同大学に通う親友。一華とよく行動を共にする。慎重派。

十川純華=新山千春

一華の母親。一華が幼少期の頃に死去。

 

探偵が早すぎる【スタッフ】

 

[原 作]

井上真偽『探偵が早すぎる』(講談社タイガ刊)

[脚 本]

宇田学

[監 督] 

湯浅弘章

瑠東東一郎

[音 楽] 

イケガミキヨシ

[チーフP] 

前西和成

[P]

中山喬詞

白石裕菜(ホリプロ)

河野美里(ホリプロ)

[制 作]

読売テレビ

 

探偵が早すぎる|俳優出演作

hulu|見放題作品 2018/8/25

滝藤賢一

  • 重版出来!人間昆虫記
  • 罪人の嘘
  • ミス・シャーロック/Miss Sherlock
  • 翳りゆく夏
  • 残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋
  • 最後の命
  • BORDER 贖罪
  • 杉原千畝 スギハラチウネ
  • S -最後の警官-
  • SPEC ~警視庁公安部公安第五課
  • バイプレイヤーズ

広瀬アリス

  • 新あなたの知らない世界
  • 玉川区役所 OF THE DEAD
  • 仮面ライダー×仮面ライダー ダブル&ディケイド MOVIE大戦2010
  • 中京テレビスペシャルドラマ マザーズ
  • 正義のセ
  • 全員、片想い
  • 東野・岡村の旅猿13
  • ルーズヴェルト・ゲーム
  • 35歳の高校生

水野美紀

  • サラリーマン金太郎
  • 図鑑に載ってない虫
  • 俺はまだ本気出してないだけ
  • まっしろ
  • ガメラ2 レギオン襲来
  • 火天の城
  • 恋の罪
  • 黒い十人の女
  • 37.5℃の涙
  • 私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
 

探偵が早すぎる|再放送を見逃した方へ

 

ミーア
ミーア

ここまで長文にわたりお付き合いいただき心から感謝申し上げます。この記事を書いているときも最新情報はないかと日本テレビに問い合わせましたが、「探偵が早すぎる」の再放送がいつ放送されるのか情報を入手することはできませんでした。

ドラマが個性的で面白いとはいえ、やはり深夜枠ということもあるので、よほど大きい「探偵が早すぎる」俳優の出演作品が今後放送されない限り、なかなか再放送が実現しないのではと読んでいます。いつ放送されても視聴者としては嬉しいんですけどね!

 

トラジ
トラジ

そんな時は先述しましたが、日本テレビグループ会社の「hulu」をご活用いただければストレスなくすぐに「探偵が早すぎる」を視聴することができるかと思います。

 

特に初めて「hulu」を利用する方にとっては、2週間無料のキャンペーン特典がつきますので、金銭的な負担なくご利用いただけるのは大きなメリットかと考えています。こちらのサイトにお越しいただいた全ての方が、再放送が放送されなくても、「探偵が早すぎる」を視聴できることを願っております。本日はお越しいただきありがとうございました!

 

⇓ 再放送の予定なし&再放送を見逃した方はこちら ⇓

もっと詳しく「hulu」を知りたい方は、「hulu メリット&デメリット」にお進みください。
 
 

 

©日本テレビhulu/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

※本作品の配信情報は2018年11月5日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。

 

テキストのコピーはできません。