Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【探偵が早すぎる】ネタバレ 3話 ドラマを見逃してしまった《大学教授に狙われる》

探偵が早すぎる

探偵が早すぎる無料全話見られる!

【探偵が早すぎる】 ドラマ 動画 無料視聴できる!
探偵が早すぎる|全話無料 公式サイト|今すぐ無料視聴 ゲスト 「探偵が早すぎる」を動画で視聴する方法を教えてください!次の希望を全て満たしてくれるサービスはありますか? ➵ 無料で見たい(...

 

♣手続きたったの3分で見られる!

※メアド、パスワード、名前、誕生日、性別、支払方法登録のみ

♣2週間全作品見放題!使い放題!

♣映画・ドラマ・アニメ 50,000本以上!

⁂ 2週間以内解約すれば料金0円!

 

hulu詳細を知りたい

⚠本作品の配信情報は2018年8月6日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。©日本テレビ/hulu/所属事務所
当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。


【番組名】探偵が早すぎる
【放送日】2018年8月2日(木)
【放送日時】毎週木曜よる11時59分
【出演者】滝藤賢一、広瀬アリス、水野美紀、

佐藤寛太、南野彩希

水島麻理奈、新山千春ほか

【原作】井上真偽「探偵が早すぎる」

/講談社

探偵が早すぎるをご覧になっていますか?

広瀬アリスちゃんと滝藤賢一さんの絡みが非常にコミカルで表情豊かで、

ストーリーとトリックも興味深いですが、そっちの方が気になります(๑╹ω╹๑ )笑


こちらのサイトでは、

それぞれのご都合で第3話を見逃されて、

詳細に要点と流れを把握したい方に向けて、

 

管理人編集のもと

ネタバレを記載していますのでご注意ください。

 

しっかりと動画を自分の目で確認したい方は、

≫こちら にお進みください。

 

♣一生懸命に書いていますが、

乱文乱筆があることはご容赦くださいね( ;∀;)


第3話【ネタバレ】

〜序盤〜5~15分

大陀羅亜騰蛇「といっても君に選択肢はないか」

ある暗闇の中で〇〇がある男を脅迫まがいに話している

 

一華の大学キャンパスにて

今日もまた千曲川探偵が後をつけている。

一華もいい加減うんざりしているようだ。

 

また探偵は学食にてゆっくりおいしそうにご飯を食べている。

友達はあまりにしつこくつきまとうので彼氏と疑われてしまう。

ゆっくりと食事をして探偵は去っていった。

 

学食にてペアルックのお揃いの服を着ている学生を見た一華たち3人は

私たちも今度やろうと言う話になる。

~~~

大学の図書館にて一華は勉強している。

そこにも探偵はついてきていた。

ピーターパンを読んで1人で感動している。

少し目を離した隙に一華の横にやってきた探偵

ゼミの発表前なので邪魔をして欲しくないと伝えるが、

一華から勉強し物理的な内容をすらすらと千曲川探偵は答え始める。

その知識を披露された一華はまた改めて探偵が何者かを不思議に思い、

探偵は何事も自分が納得するまで追求しないと気がすまないタチだと答える。

図書館になぜ音楽が流れているのか気になったため、

図書館にいるあらゆる人物にそのことを聞いて回った。

当然その理由など誰もわかるわけがない。

 

しかしある学生が挙手をして答えた。

大学の学長がレコード協会の副会長で、30,000枚も図書館に収納されているため、

いつでも聞けるようにと音楽が流されていることだ。

それに納得した探偵は、その学生とアイコンタクトを交わし、

意思疎通が図れたことに納得して探偵は踊りながらレコードを見て回る。

周りの人間は当然に冷たい目線を送っていることに対して、

一華は恥ずかしそうに顔を埋めるのだった。

そんな一華を見て、探偵は目が悪くなるよと空気を読まない一言発するのだった。

一華は図書館を去っていった。

~~~

研究個室に勉強場所を移した一華

ドアをノックする音が聞こえ一華はまたあの探偵がやってきたと勘違いをして、

大声でなにーと反応するが、実は間が悪く城ノ内翼くんだった。

またしても彼に対して冷たい反応をとってしまった。

それでも彼と一緒に勉強することになった。

突如としてスピーカーからピーターパンの音楽が流れてきた。

城ノ内君はピーターパンが好きらしい。

 

一華はそのことを知り、彼にアピールを始める。

千曲川探偵が手渡した本に目を通し、彼に本の存在を知らしめる。

 

まんまと作戦に乗った城ノ内は、一華がピーターパンが好きであることを喜ぶ。

二人でいい感じになっていると大学の構内にて突如爆発が起きてしまう。

果たしてこの爆発は一体何だったのか?

 

〜〜〜

 

この爆発事故のニュースは世間を賑わせた。

爆発場所は図書館の上にある実験室で、ニュースでは水素が何かしらの原因で反応してしまったらしい。

一華と千曲川はそれぞれ自宅とバーでこのニュースを見た。

いつ命を狙われてるかわからない。こんな状況だとおちおち普通の生活をすることもできない。

ひょっとしたら私の命が狙われていたのかな。

あらゆる可能性を考えて不安の表情を隠せない一華。

 

しかし家政婦は何も心配いらない。

今まで通りの普通の生活を続けてくださいと諭す。

 

一華は彼が守ってくれているのはよくわかる。

ただ周りの目があるので、、、

 

「距離が近い。距離を何とかしてくれないかな?笑」

 

家政婦「彼があなたのそばを離れる時は犯人があなたの命を狙っている時だけです」

 

しぶしぶ距離を取るようにと伝えておくと家政婦は納得した。

 

ここで一華は思い出したかのように改まった。

そして正座をして彼女はこう話した。

 

一華「明日買い物に行くので5000円を貸していただけないでしょうか」

こういう時にだけ一華は敬語になる。

 

しかし自分の都合のいい時だけ敬語になるような人物は信頼ならないと、

お金を借りる前に、その出費がどれだけ大切なのかを私を説き伏せなさいと

家政婦は説教し、それに対して反論することができなかった。

 

〜〜〜

 

翌日結局お金を借りることができなかった一華は、

財布の中身には300円しか空いてなかった。

 

一華が後ろを振り返ると、距離をとって探偵が後をつけている。

探偵は誇らしげに、どうだこれだけ距離を取っているから満足だろうと言わんばかりに

身体全体のジェスチャーを使ってアピールしている。

 

〜〜〜

実は大学の爆発は、大陀羅亜騰蛇の仕業だった。

朱鳥に先を越されないように仕掛けたのだ。

 

ここでルール作りを提案する。

一華を暗殺した陣営に遺産が相続されることは決まっていたが、

さらに一方が仕掛けている時にはもう片方は邪魔をしないと。

 

あの小娘を確実に始末するにはその方が手っ取り早いと。

あの爆発もまた、暗殺のための序章に過ぎなかった。

 

〜〜〜

 

大学研究室では元の状態に戻すための工事が行われていた。

その様子を不敵な笑みで見つめる大学教授。

 

〜〜〜

 

一華たち3人は、大学学食で話していたペアルックを探しに来ていた。

どの T シャツが可愛いかをみんなで楽しそうに決めている。

 

「これにしよう」

3人でお揃いの気に入った T シャツが見つかったようだ。

 

しかし一華は今お金がない。

どうしようかと思案していた時、

彼女の目に飛び込んできたのは、家政婦と探偵だった。しかもサングラス付きの。

 

「5000円だけ貸してください!5兆円が入ったら返すから」

 

またタラレバを話す一華に対して怒る家政婦。

そんな一華を監視するために後をつけていたのだ。

金の切れ目は縁の切れ目。

友達にお金を借りないように念を押した。

 

そこで一華はターゲット変更した。

 

探偵に対して、

「お金かして」

 

千曲川 「距離を置けだ、金を貸せだ、わがままな女だ。断る。」

 

一華「はっはっは!報酬を倍にする」

※ココの広瀬アリスは必見です(笑)

 

前言撤回。すぐにお金を準備する探偵。

 

そのお金を奪い返す家政婦。

このやり取りはコミカルで非常に面白い。

 

探偵「君にとやかく言われる筋合いはない。これはあくまで彼女と私の取引だ」

 

「私は人を信じない。紙に書け。今の言葉を紙に書いたら金を貸してやる」

 

〜〜〜

 

一華「これでいいでしょう」

 

一筆したためて、一華はお金を貸してもらった。

スキップしながら5000円を手にした一華は友達の元へ戻る。

 

しかしこれで終わらないのが探偵が早すぎる。

家政婦が探偵をものすごい勢いで激怒する。

私が何のために彼女を監視していたのか。

もっと守るべき対象に愛を持ちなさいと訴える。

 

怯える探偵。

しかし開き直った!彼女の命さえ守ればそれでいいのだと!

〜中盤〜15~30分

大学の講義中

 

一華は授業を受けている。

大学教授から研究課題についての進み具合を聞かれた。

 

大学の図書館にある参考書の中で、

一華の研究の助けになるものをピックアップして薦めてくれた。

 

感謝を述べる一華。

しかし意味ありげな目線を彼女に贈る大学教授であった。

 

図書館は復旧工事の真っ最中。

図書館に向かう一華ら3人集。

 

探偵が今までよりも距離ができたことを指摘され、

後ろを振り返ると、またしてもこれだけの距離を置いてるのはいいだろ

と言わんばかりに全身でアピールをする探偵。

 

一華は大学教授に勧められた参考書図書館で発見し笑みを浮かべる。

しかし、千曲川はどこか落ち着かない様子で図書館の中をぐるぐる回っていた。

 

〜〜〜

 

警備員が大学構内を夜の巡回をしている。

その目を盗んで探偵が工事中の研究室に忍び込んだ。

 

あたりを物色する。

そこに配置されている数々の動画を見て

探偵は推理を始めるのだった。

 

〜〜〜

 

亜騰蛇と大学教授が面会する。

今回一華の命を狙っているのは大学教授だった。

 

弱みを握っていたその内容とは、

大学教授が発表した論文の数値の改ざんだった。

その事実を掴んだ亜騰蛇は大学教授を脅していたのだ。

事故に見せかけ確実に殺すことができる。

その方法とはガスを使用するものだった。

 

〜〜〜

 

命を狙われている一華は辺りを警戒しながら家を出た。

一華は以前リハビリで通っていた病院に向かった。

 

母の死に疑問を抱いていたので、

入院していた病院で母の聞き込みを開始したのだ。

果たして母の死は何者かに仕組まれたものだったのか。

彼女はその答えを探している。

 

〜〜〜

 

大学構内にて

 

大学教授と一華は研究課題について話し合っていた。

研究課題についてフォローをするので、

先に図書館に行って、先日紹介した参考書で読み進めておいてくれ、

と指示する大学教授。

しかしこれは彼が一華を観察するための一つのプロセスに過ぎなかった。

 

図書館に向かう一華。

そこに偶然城ノ内がやってきた。

 

二人でピーターパンの話をしていると、

城ノ内からいつものおじさんいないね、と指摘される。

 

一華は辺りを見回すと、確かに彼がいない。

家政婦に言われたことを思い出す。

 

彼がいなくなる時は、命を狙われている時。

 

急に心臓の鼓動が高まりだす。

私は誰かに狙われてるのかもしれない。

城ノ内に離れてと叫ぶ。

しかし当然何のことかわからない城ノ内は

自分が嫌われてしまったと思い、ドギマギしながらその場を離れる。

 

周りにいる人間にも全て伏せるように促す。

しかし何も起きなかった。

自分の勘違いかと思う一華は図書館に向かう。

 

図書館の研究個室に一華が入室したことを確認して、

大学教授はある行動を移す。

 

ガス爆発のため損壊し工事中であった部屋に移動し、

ドリルで穴を開け、その穴にチューブを差し込んだ。

 

ヘリウムガス。

この物質こそが暗殺の手段だ。

 

市販されているヘリウムガスとは違い、

純度100%のヘリウムガスを使うことによって、

意識を混濁させ死に至らしめることができる。

 

密室へと誘導し、ヘリウムガスを一気に注入するのだ。

ヘリウムガスは無味無臭無色だからこそ、

気づくことなく脳に酸素が行き届かなくなるのだ。

 

その状態で13分続いてしまうと死んでしまう。

 

〜〜〜

 

しかし大学教授はある勘違いをしていた。

ペアルックで同じ服装をしていた友達が、

先に研究個室に入室していたのだ。

 

彼が今暗殺しようとしている対象は一華ではなかった。

 

その一華といえば、大学の外を走り回って

探偵を探していた。

 

彼女は内心まだ犯人に狙われているかビクビクしていたので、

三つ子コーデをした友人が、ひょっとしたら

犯人に勘違いされて命を狙われているのかもしれないと想像できた。

 

心配になり、友人に電話をかけるが全く応答してくれない。

彼女は研究室で気を失っていたからだ。

 

きっと図書館にいる。

一華はそう考えて走り出した。

〜終盤〜30~45分

大学教授はカウントダウンを始めていた。

気を失ってから13分で命が奪われるあの時間を測っていたのだ。

 

刻一刻とその時間が近づくにつれて、

工事中の部屋で大学教授は喜びの舞を舞っていた。

 

時間を迎えた。

ドリルであけた穴から、研究室の様子を覗くと、

顔は見えないが女性が机越しに倒れているのが分かる。

 

その様子を見て喜ぶ大学教授。

 

図書館へと到着した一華。

すぐに研究個室に駆け出し、意識を失っている友達を発見する。

 

一華「未夏、未夏?」

体を揺さぶって起こそうとする。

 

〜〜〜〜

 

大学教授「ん?なんだ?なんだ?」

 

どうしたというのか。

大学教授の様子がおかしい。

声もヘリウムガスを吸ったかのような違和感のある声色になっている。

 

ドンドンドン!

窓を叩く音が聞こえる。そこには千曲川光が立っていた。

 

「どうも!ヘリウムガスで殺人なんてよく考えたな」

 

「何者だ!私に何をした?!」

 

探偵「君がやろうとしたことだよ」

 

教授「まさかこの部屋にヘリウムを?」

 

まんまとトリック返しに引っかかった教授を嘲笑って、

部屋の外で探偵は大爆笑している。

 

探偵「君は大きなミスを犯した」

 

それはスピーカーの向きだった。

爆発事故があってから、大学の理事長がこだわりの音楽を

生徒たちによく聞こえるように設計されたスピーカーの向きが

変わっていたのだ。

 

それはなぜ変えたのか。

マスキング効果を狙ったのだ。

高音のものに高音をぶつけると、音が緩和される効果のことだ 。

 

ここでよほど聞かれたくない音があったのだろうと推理した。

その検証を行うためにあの日の夜工事中の現場に侵入したのだ。

 

爆発は教授が仕組んだものであり、

殺しに必要なものは工事業者が運んでくれる。

練りに練られた作戦であった。

 

そのためには一華を図書館にある研究個室に導かなければならない。

すべてがつながって、犯人は教授であるとたどり着いたのだった。

 

完璧な作戦であったが、

千曲川探偵には通用しなかった。

 

見事にトリック返しにあってしまい、

大量のヘリウムを吸い意識が混濁している教授。

 

教授がヘリウムを個室に流していると思っていた物質は、

予め探偵が普通の空気にすり替えていた。

 

つまり気を失っていたと思われていた未夏は、

寝ていい夢を見ていただけだった。

 

探偵「心配しなくていい。私は君のように残酷ではない」

 

そう話すと探偵は部屋に充満しているヘリウムを少し吸い込んで、

あるところに電話をかけた。

 

大陀羅亜騰蛇への電話だった。

 

亜騰蛇「貴様誰だ?」

 

探偵「いつかあなたにお会いしますからね」

 

〜〜〜

 

一華は気が抜けたように大学を帰ろうとしていた。

城之内にあれだけ激しくこっちに近寄らないでと言ったので、

帰りに偶然遭遇しても避けられてしまう。

 

もう駄目だと、嘆く一華の元に探偵が戻った。

 

急にいなくなったら不安になると探偵に怒る。

もう防いだから安心しろと諭す探偵。

 

やっぱり自分の命が狙われていた事実を知り、

びっくりする一華。

 

目の前にヘリウムガスで意識が朦朧としている教授がいた。

犯人が教授だと知ると、自分のために世話をかけてくれていた先生だっただけに、

ショックを隠しきれない。

 

こうして第3話の事件は解決された。

またしても一華の命を、 事件が発生する前に解決した。

史上最速の探偵千曲川光。

 

次回は大陀羅朱鳥(片平なぎさ)が仕掛けてくる。

果たして同じく事件を解決できるのだろうか。

 


公式 Twitter


第4話【あらすじ】

大学教授が仕掛けてきた頭脳的な殺害計画を未然に防ぎ、一華(広瀬アリス)を救った史上最速の探偵・千曲川(滝藤賢一)。そんな中、一華は母親の死に大陀羅一族が関わっているのではないかと疑い始める。そのことを察知し、鋭い眼光の橋田(水野美紀)。
一華の命を狙う次なる刺客は、大陀羅一族の中でも随一の天才・貴人。一族に対して嫌悪感を抱くはみ出し者の天才が、考え出した恐るべき完全犯罪のトリックとは――!?
探偵と天才、どちらが上回るのか…早すぎる史上、最高峰の対決が幕を開ける―!!

 


相関図


キャスト/スタッフ

【キャスト】

 

千曲川光(ちくまがわひかる)=滝藤賢一
犯罪を未然に防ぐことをモットーにする稀有な探偵。トリック返しが得意技。偏屈な性格で、コミュニケーション能力が著しく欠如している。

十川一華(そがわいちか)=広瀬アリス
父死により5兆円の遺産を引き継ぐことになった女子大生。父親の兄弟たちから命を狙われるてしまう。 積極的で社交的だが、勝ち気な性格で、いつも千曲川と折りが合わない。

橋田政子=水野美紀
可愛いツンとデレが得意な家政婦。探偵・千曲川に一華を守るように依頼した。一華に対して、立派な女性になるようにとマナーや言葉使いなど 一流の振る舞いを様々な資格や免許を生かして叩き込んでいる。

大陀羅朱鳥(だいだらあけどり)=片平なぎさ
大陀羅家の第一子長女。圧倒的な権力を握る女帝的存在。手段を選ばずに一華から瑛の遺産5兆円を奪い取ろうとしている。

大陀羅麻百合(だいだらまゆり)=結城モエ
朱鳥の娘。母親の命令により一華を暗殺しようと目論む。

大陀羅壬流古(だいだらみるこ)=桐山漣
朱鳥の息子。母親の命令により一華を暗殺しようと目論む。

大陀羅亜騰蛇(だいだらあとうだ)=神保悟志
大陀羅家の第二子長男。政財界とも太いパイプを持つ影の権力者。不動産の帝王。

城ノ内翼=佐藤寛太
一華と同大学に通い、一華に恋心を抱かれている好青年。

山崎未夏=南乃彩希
一華と同大学に通う親友。一華とよく行動を共にする。積極派。

阿部律音=水島麻理奈
一華と同大学に通う親友。一華とよく行動を共にする。慎重派。

十川純華=新山千春
一華の母親。一華が幼少期の頃に死去。

 

【スタッフ】

原作井上真偽『探偵が早すぎる』

(講談社タイガ刊)

脚本宇田学
監督湯浅弘章

瑠東東一郎

音楽イケガミキヨシ
チーフプロデューサー前西和成
プロデューサー中山喬詞

白石裕菜(ホリプロ)

河野美里(ホリプロ)

制作著作 読売テレビ

 

公式ホームページ

 

©日本テレビ/hulu/所属事務所
当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。