Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【探偵が早すぎる】 2話 ネタバレ ドラマを見逃した方へ《広瀬アリスジュース吹き出す!》

探偵が早すぎる

©日本テレビ/hulu/所属事務所
当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。


【探偵が早すぎる】無料で見られる!

公式ホームページ

 

◉手続きたったの3分で見られる!

※メアド、パスワード、名前、誕生日、性別、支払方法登録のみ

◉2週間全作品見放題!使い放題!

◉映画・ドラマ・アニメ 50,000本以上!

⁂2週間以内解約すれば料金一切かかりません!

 

公式ホームページ

★今なら2週間無料視聴キャンペーン実施中

※本作品の配信情報は2018年9月15日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。


【番組名】探偵が早すぎる
【放送日】2018年7月26日(木)
【放送日時】毎週木曜よる11時59分
【出演者】

滝藤賢一、広瀬アリス、水野美紀、

佐藤寛太、南野彩希

水島麻理奈、新山千春ほか

【原作】

井上真偽「探偵が早すぎる」

/講談社

 

暗殺を未然に防いでしまう名探偵千曲川。

彼は一風変った性格で何事にも動じないような落ち着きを持ちながら

偏屈な性格が有名でいつも依頼者とトラブルを起こしてしまうような性格の持ち主である。

今回もまた依頼が届いた。

ある資産家の令嬢が父の死に伴って5兆円の資産を相続してしまうのだった。


こちらのサイトでは、

それぞれのご都合で第2話を見逃されて、

詳細に要点と流れを把握したい方に向けて、

 

管理人編集のもと

ネタバレを記載していますのでご注意ください。

 

しっかりと動画を自分の目で確認したい方は、

≫こちら にお進みください。

 

cf. 乱文乱筆であることご容赦くださいね( ;∀;)


第2話【ネタバレ】

〜序盤〜 5~15分

大学の学食にて

 

一華は無表情でジュースを飲んでいた。

 

その表情の理由が数秒後にわかる。

友達達も引いた目で見ていた。

 

誰を?

 

真横に探偵 千曲川光がいたのだ。

 

「契約書にサインをするまでに動かない」

 

変態やストーカーなどひどい言われようで、

友達たちから怪しまれてしまう。

 

千曲川は彼女たちを下等生物といい、

お互いに罵り合っている。

 

そもそも遺産を受け取るつもりがない。

だから探偵を雇う必要がないと訴える一華

 

果たして今回はどのような事件に巻き込まれてしまうのか?!

 

〜〜〜

 

大陀羅麻百合は、一華の暗殺をある人物に依頼した。

 

大陀羅家では、新たな暗殺計画が着々と整いつつある。

 

〜〜〜

 

一華は病院を訪れた。

あと一週間でギブスが外せるようになるまでに回復した一華

 

フィンスイミングの大会に出たいから

あとどれぐらいで治るのかを先生に問う。

 

あと2ヶ月はどうしても時間がかかってしまう。

練習再開まではあと約1ヶ月は要する。

 

三田村先生は一華の腕が赤く炎症を起こしていることに気づき

アレルギーの心配があるので血液検査を念のためにおこなった。

 

病院にまでついてきた千曲川の存在に気づき

顔をしかめる一華

 

コミカルな音楽とともに二人の追いかけっこが始まった。

 

ひたすらにその後をついていく

 

千曲川をなんとかしてほしいと橋田政子に訴える。

 

「相続を放棄したら命を狙われることがないのなら

私は放棄する」

 

母と父の間に生まれたあなたが選ぶ権利があると

橋田政子は話す

 

突然、

全くIDを認証していないのに千曲川からLINEが届いた。

突然の通知に驚きを隠せない一華

 

どれだけブロックしても

何度もブロックを解除してLINEしてくる千曲川に

気味悪がってしまう

 

〜〜〜

 

夜の病院にて

一華の血液診断書を見ながら

 

先生「そうか、これなら、、、」

 

謎の表情をう浮かべていた。

 

〜〜〜

 

アレルギー検査の結果は問題はなかったが、

やはり炎症が気になるので

朝昼晩と塗り薬を必ず塗るようにと

一華に薬を処方する先生

 

リハビリへ向かう一華に

不敵な表情で眼差しを送る先生であった。

 

その後にも千曲川はついてくるので

リハビリを担当するスタッフに心配され

警察を呼ぼうかと提案される。

 

貴重品を預ける場所がなかったので

渋々千曲川に預ける一華

 

中身を覗こうとしている千曲川に対して

 

一華「ねぇ、見てるよーーーーー」

※ここの広瀬アリスの演技は非常に面白かったのでぜひ実際に見てみてください笑

 

と指を指しながら語った。

 

それでも隙を見計らって

バックの中身を確認する探偵

 

その中には先ほど処方された塗り薬が入っていた。

その処方箋を見て首をかしげる探偵

 

そして何を思ったのか

突然走り出しバランスボールの上に乗っかり

明らかにわざと転び自ら脱臼した

 

さらに整形外科に連れて行くように要請した

そのあまりの突然に言葉を失う一華

 

〜〜〜

 

千曲川は三田村先生に外れた骨を入れてもらった

 

瞬時に薬品や検査室の状況を分析し

あることを三田村先生に伝える。

 

〜〜〜

 

夜一華は相続を放棄したいのであれば、

相続放棄書にサインをするように勧められる。

 

この書類にサインさえすれば

今まで通りの生活が保障される。

 

しかしいざサインしようとすると

5兆円という金額が目に入り

顔を引きつらせながらサインする。

 

そして利き手ではない左手で

サインをした一華だったが

政子にその書類をて渡そうとするが、

自分の意思とは裏腹に手放すことができない。

その時母の遺影が目に入り、

母を裏切った父親の遺産などを受け取ることが

できないという初心を思い出した。

 

就寝前、一華は大陀羅グループのことを

インターネットで検索する。

 

一族のビジネス展開のことや、

今の会長のこと、そして父のことを、、

〜中盤〜 15~30分

病院では、

加藤という看護師が外で一服していた。

 

彼女の喫煙は、リハビリを受ける患者のみならず

同業者からも評判が悪かった。

 

一華は若干の小麦アレルギーがあった。

その報告を三田村医師は何者かに電話している。

 

そう。

大陀羅家の人間であった。

 

今はまだアレルギー発症が少ないが

日常的に小麦と接する機会を増やすことで

重篤な症状を引き起こすことができる。

 

そのための処方した薬であり、

大陀羅家に海外で似たような発症をした

保湿ローションを手に入れるように依頼した。

 

より確実に暗殺するためには

彼女の泳ぐことが大好きということが鍵になってくるらしい。

 

〜〜〜

 

一華は言われるがままに

塗り薬を塗っていたが、当然治る気配が一向にない

そこでたまたまやってきた新しい患者が

同じような症状で苦しんでいて、

自分が使っていた塗り薬をプレゼントしてくれた。

 

リハビリの帰り道

 

病院での母との思い出が呼び起こされた。

相続放棄した旨を千曲川に伝えると

彼はどこかへ行ってしまった。

 

相続放棄したとはいえ重傷を負った彼女は

帰り道でも後ろに誰かいないか

車にもいつも以上に気を配りながら帰った。

 

〜〜〜

 

一華は家ではいつも通り、

ドS家政婦とのバトルを繰り広げ、

 

千曲川はいつものバーにて

一華に仕掛けた盗聴器に耳を尖らしていた。

 

〜〜〜

 

一華は学食で友人らと食事をしていると

城ノ内が声をかけてきた。

 

一緒に食事をしようとすると

なんとそこにはもういないはずの

千曲川が学食にて楽しげに話していた。

 

その様子を見た一華は

思わず口に含んだジュースを

好意を寄せている城ノ内に思い切りぶちまけてしまった。

 

※ここもぜひ見て欲しいシーンです笑

 

言葉を失ってしまう城ノ内くん

 

ごめんなさい

ごめんなさい

ごめんなさい

ごめんなさい

 

必死に謝る一華

 

うなだれている一華の元に

千曲川がやってきた。

 

城之内が残した家でご飯を食べ始めた。

その姿は木くずまみれで

何があったのかと問いただす一華

 

するとお前が相続放棄をしたから

工事現場でアルバイトを始めたと語る。

 

異様にパスタを食べるのが遅い千曲川を尻目に

一華はその場を立ち去った。

 

しかしが立ち去った後不敵に笑みを浮かべる千曲川だった。

 

〜〜〜

 

リハビリ病院の検査室にて

 

三田村医師から薬はきちんと塗っているか

明日からプールに入ることもできる。

やはりアレルギーとプールで泳ぐことが何かしらの関係がありそうだ。

 

今のところ作戦は完璧のように思えた。

そしてその報告を電話で大陀羅にした。

「約束はきちんと守ってくれ」との一言を添えて、、

 

〜終盤〜 30~45分

プールにてフィンスイミングの

練習を再開する一華

 

そして50 M 潜水一本勝負を友人とした。

 

その頃、千曲川は外で一服していた看護師の元を訪れた。

 

そして唐突に彼女に

一華は今頃プールで溺死しているかもしれないと伝える。

 

その驚きの報告に言葉を失う看護師であったが

徐々に真実を語り始める。

 

三田村医師とある患者によって手渡されたローションよって

彼女は小麦アレルギーを悪化させてしまった。

 

潜在的な小麦アレルギーの体質にされてしまったのだ。

彼女が水泳を再開してしまうと、

運動誘発アナフィラキシーを発症しプールで溺死する可能性が高い。

 

〜〜〜

 

一華は潜水中に溺れて意識が飛んでしまった。

その様子を見にきていた政子が助けにプールに飛び込む。

 

やはりアレルギーを引き起こしてしまったのか、、

 

と思われたが、

 

助け出された彼女からは、息を止めすぎてしまった、との一言が。

 

彼女はアレルギー症状によって溺れたわけではなかった。

 

実は千曲川があらかじめ塗り薬もローションも

全くの無害のものと入れ替えていたのだ。

 

ここで千曲川のトリック返しが炸裂する。

彼女に手渡していたものと全く同じものを

千曲川は三田村医師が趣味のランニング後に塗っていた

薬と入れ替えていたのだ。

 

それによって彼はランニング中に

アナフィラキシー症状を引き起こしてしまった。

 

話はまだ続きがある。

今回の犯行の主犯は三田村医師ではなく、

看護師であったのだ。

 

看護師「何言ってるのよ」

 

千曲川「言い逃れはできないよ。君は大きなミスを犯した」

 

一華にローションを手渡した患者は、

手渡す時に、自分で毎日塗り薬を塗っていたらすべすべになった、と語っていた。

 

しかし彼女は片腕をギブスでガチガチに固めており、

とても自分一人ではローションを塗ることができない。

そこの違和感にまず千曲川は気づいたのだ。

 

彼女は雇われた人間であった。

病室のどこを探しても彼女はいなかった。

そうなると彼女を引き合わせた人物は誰だ、

 

そこでこの看護師が浮上したのだ。

 

看護師「私は彼女を殺す動機なんてない」

 

実は冒頭で大陀羅麻百合と話していた相手は、

三田村医師ではなく、看護師だった。

 

そして、その動機は自分の容姿に対するコンプレックスであった。

彼女が通う美容クリニックが大陀羅グループであることを知り、

自分で手を下すのが難しいと判断したので

三田村医師を利用したのだ。

 

彼を従わせた脅し文句は、

若い看護師と浮気をしている事実を奥さんにバラされたくなかったら

自分に協力しろというものであった。

 

千曲川「神のものは神に、カエサルのものはカエサルに」

「トリック返し」

 

いつもの決め台詞が決まった。

 

さらに実は、一華はスギに対しても

アレルギー症状があったため、

犯人たちを騙すためにも

あの日学食で木くずまみれになって千曲川は登場した。

 

全ては計算しつくされた先手先手の事件解決であった。

 

〜〜〜

 

数日後

 

一華は病院にいた。

彼女は入院中の看護師から突然謝罪を受ける。

 

しかし事件すらに気づいていない一華は

その意味がわからなかった。

 

しかし以前ホームページを覗いた時に

大陀羅グループに病院があったことを思い出し、

まさか彼女が私の命を狙っていたと勘付く。

 

〜〜〜

 

さらに一華は母の死までもが

大陀羅一族によってなされたものではないかとの

疑いを強めるようになった。

 

一華「相続放棄の書類もう出した?」

 

政子「いいえ。あなたに迷いがあったから出していません」

 

一華「それ貸して」

 

一華はビリビリに破いた。

そして投げつけたのだった。

 

〜〜〜

 

夜の千曲川行きつけのバー

 

個性的なスローペースでカップ麺をすする千曲川

 

そこへ一華がやってきた

 

一華「相続放棄の書類は破棄した。あなたを雇ってあげてもいいよ」

小憎たらしそうにいやいや話した。

 

「マスター私もいっぱいもらえる?」

 

マスター「うどん?」

 

一華「うどんなわけあるかー」

※ここも見てほしいオススメポイント!

一華「乾杯する?」

 

千曲川「汚れた世界へようこそ」

 

カラーン♫

 

〜第二話終了〜

 


公式 Twitter


第3話【あらすじ】

巧妙な暗殺を未然に防ぎ、またしても一華(広瀬アリス)を守り抜いた千曲川(滝藤賢一)。そして一華は、5兆円の遺産を相続し、大陀羅一族と戦うことを決断した。
“早すぎる探偵”・千曲川は、一華を守りきり、バーのツケを払うため本気で動き出す。

監視を続ける千曲川が常につきまとう生活に嫌気がさした一華は、橋田(水野美紀)を通じて千曲川に近づかないようにお願いをする。しかし、橋田は「彼が離れるときは、あなたが命を狙われる時です」と言う。千曲川が一華から離れた時、裏では一体何が起こっているのか…そして、今回の刺客とは、いったい誰なのか―!?

 


相関図


キャスト/スタッフ

【キャスト】

 

千曲川光(ちくまがわひかる)=滝藤賢一
犯罪を未然に防ぐことをモットーにする稀有な探偵。トリック返しが得意技。偏屈な性格で、コミュニケーション能力が著しく欠如している。

十川一華(そがわいちか)=広瀬アリス
父死により5兆円の遺産を引き継ぐことになった女子大生。父親の兄弟たちから命を狙われるてしまう。 積極的で社交的だが、勝ち気な性格で、いつも千曲川と折りが合わない。

橋田政子=水野美紀
可愛いツンとデレが得意な家政婦。探偵・千曲川に一華を守るように依頼した。一華に対して、立派な女性になるようにとマナーや言葉使いなど 一流の振る舞いを様々な資格や免許を生かして叩き込んでいる。

大陀羅朱鳥(だいだらあけどり)=片平なぎさ
大陀羅家の第一子長女。圧倒的な権力を握る女帝的存在。手段を選ばずに一華から瑛の遺産5兆円を奪い取ろうとしている。

大陀羅麻百合(だいだらまゆり)=結城モエ
朱鳥の娘。母親の命令により一華を暗殺しようと目論む。

大陀羅壬流古(だいだらみるこ)=桐山漣
朱鳥の息子。母親の命令により一華を暗殺しようと目論む。

大陀羅亜騰蛇(だいだらあとうだ)=神保悟志
大陀羅家の第二子長男。政財界とも太いパイプを持つ影の権力者。不動産の帝王。

城ノ内翼=佐藤寛太
一華と同大学に通い、一華に恋心を抱かれている好青年。

山崎未夏=南乃彩希
一華と同大学に通う親友。一華とよく行動を共にする。積極派。

阿部律音=水島麻理奈
一華と同大学に通う親友。一華とよく行動を共にする。慎重派。

十川純華=新山千春
一華の母親。一華が幼少期の頃に死去。

 

【スタッフ】

原作

井上真偽『探偵が早すぎる』

(講談社タイガ刊)

脚本宇田学
監督

湯浅弘章

瑠東東一郎

音楽イケガミキヨシ
チーフプロデューサー前西和成
プロデューサー

中山喬詞

白石裕菜(ホリプロ)

河野美里(ホリプロ)

制作著作 読売テレビ

 

公式ホームページ

©日本テレビ/hulu/所属事務所
当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。