Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スーツ | 9話 動画が無料で見れる[12月3日放送 | 織田裕二・中島裕翔]

スーツ
 

 
第9話含めて、最新話配信中 ⇙

1ヶ月限定で無料で見れます!

 

 

⇓⇓ 結論から申し上げましたが、もっと詳しく理解して無料視聴に進まれたい方は下記をご覧ください ⇓⇓

 

 

2018年秋フジテレビドラマ「SUITS/スーツ」を公式サイトで無料視聴できる方法を簡単に3分でご紹介します!日本版スーツもいよいよ大詰め!お時間のある時に、1話〜最新話までイッキ見してください!

 

 

動画無料視聴方法

スーツ(SUITS)|無料視聴
 
案内人
案内人

SUITS」第9話を含めて1話〜最新話まで無料視聴できる方法をご紹介します!

 

「SUITS」は、フジテレビ公式動画配信サービス「FOD」にて配信されています。最近は違法サイトの摘発が厳しくウィルス感染も危険視されています!安全に公式ネット配信で1ヶ月無料キャンペーンを利用することをオススメしています!少し登録作業が必要ですが、全話イッキ見できることを考えれば納得できるかと思います!

 

動画FOD

 

✸ 1ヶ月以内の無料期間であれば、最新ドラマを何回観ても無料!

❀ 
月額888円(税抜)で人気映画・ドラマ・アニメが2,000本以上(レンタル作品含む)
❀ 初回体験者に1カ月の無料体験がある1ヶ月以内に解約すれば料金は一切かかりません
❀ 毎月合計1,300円分のポイントプレゼント☆★☆★
① 毎月月初に100ポイントプレゼント
② 毎月8の付く日(8日、18日、28日)に、各400ポイントをFOD公式サイトにてご自身で発行
❀ 簡単に3分ほどで契約3分ほどで解約できる
❀ 無料体験には、Amazonアカウントを入力する(すでにお持ちの方は、既存のアカウントOK)
❀ FODポイントは、映画ドラマのレンタルや漫画書籍の購入に使える
❀ 人気雑誌が100誌以上読み放題(スマホ片手に)
❀ 漫画・書籍が実質20%割引で買える
❀ ご自身で最大5つまでアカウントが持てる
携帯料金と一緒に支払える
❀ 解約後も、購入した漫画・書籍は読める
❀ 動画が高画質対応

もっと詳しく「FOD」を知りたい方は、「FOD メリット&デメリット」にお進みください。
 
 
第9話含めて、最新話配信中 ⇙
※本作品の配信情報は2018年12月3日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。
 
 

記事概要

傲慢でナルシストな弁護士 × 驚異的な記憶力を持つフリーター弁護士

番組名-

「スーツ(SUITS)」

-放送開始-

2018年10月8日(月)

-放送日-

2018年12月3日(月)[第9話]

-放送日時-

フジテレビ 毎週月曜よる9時

-出演者-

キャストをもっと詳しく知りたい場合はこちら

織田裕二(甲斐正午)
中島裕翔(鈴木大貴)
鈴木保奈美(幸村チカ)
新木優子(聖澤真琴)
中村アン(玉井伽耶子)
今田美桜(谷元砂里)
小手伸也(蟹江貢)
磯村勇斗(谷元遊星)
國村隼(柳慎次)
田島令子(鈴木結衣)

-原作-

 ユニバーサル・ケーブル/『SUITS』

 

↓ 原作|season1〜5までイッキ見 ↓

 
 
 
 

[この記事の見どころ]

✎ スーツ(SUITS)|見逃し動画無料視聴

✎ スーツ(SUITS)|人物相関図

✎ スーツ(SUITS)|9話ネタバレ

✎ スーツ(SUITS)|9話感想

✎ スーツ(SUITS)|10話あらすじ

✎ スーツ(SUITS)|視聴率

✎ スーツ(SUITS)|キャスト&スタッフ

✎ スーツ(SUITS)|9話動画まとめ

 

人物相関図

 

SUITS_スーツ-_-相関図-フジテレビ

©️フジテレビ「スーツ(SUITS)」

 

スーツ(SUITS)|9話ネタバレ

 


↓下記をタップすると開きます↓

※誤字・脱字がある場合はご了承ください。

序盤

[序盤]を開く

甲斐のシニア昇格パーティー

甲斐はやっと念願だったシニアマネージャに昇格した。それを祝してパーティーが開催されている。甲斐は笑顔で参加者の元を回った。

幸村はこれからファームの経営にも携わることになり、顔としても立場が大きくなるためより一層気を引き締めるように求められる。

幸村は大事なパートナーを紹介する。YURI綜合会計事務所の華村 百合所長(石田ひかり)。幸村上杉法律事務所の顧問会計事務所であり、クライアントでもある関係だ。

同席していた大河原会計士(西村まさ彦)とも挨拶を交わす。百合は大河原に3人で話したいことがあるからと席を外すように願い出た。

蟹江も気が進まなかったが、パーティーに参加している。機嫌が悪いのかホールスタッフにシャンパンのことで噛み付いていた。

伽倻子にも蟹江は愚痴をこぼす。だが、パーティーの参加者で見知らぬ女性が蟹江にアイコンタクトを飛ばしてきた。簡単に引っかかる蟹江。

~~~

大輔は真琴に

軽く酔っ払っているのか真琴に声をかける。少し口説こうとしてきたので、真琴は彼女に怒られますよ!と注意した。

先日、偶然見かけた砂里とのキス現場を思い出していたのだ。だが、大輔にとって砂里は妹のような存在であったので否定しようとするが、甲斐に二次会と言われて連れ出された。

連れてこられた場所はいつもの事務所。YURI綜合会計事務所に関する書類を差し出し全て頭に畳み込めと指示を出した。

大河原会計士を解雇するためだ。その理由は経歴詐称。つまり彼は会計士の資格を有していなかったのだ。

経歴詐称と聞いて大輔は目の色が変わる。自分も全く同じ状況だからだ。もし自分もばれたら同じようにクビになってしまうのか。甲斐先生はその時自分を守ってくれるのか?

甲斐はあくまでも黙っていればバレる事はないと冷静だった。

~~~

大河原を事務所へ呼ぶ。

パーティー以来すぐに再会できたことを大河原は喜ぶ。どうやら彼は野球が好きらしく田中将大投手のユニフォームを見るや彼のデータを語り出した。

大河原も大輔と同じく一度目にした数字は二度と忘れない特殊な能力を持ち合わせていた。そんなこともあって小さい頃の夢はプロ野球のスコアラーだった。

早速呼び出された用件の昨年の監査情報について大河原は話し出そうとする。だが甲斐は本当の議題である大河原の解雇について触れた。

当然のことながら不意打ちで自分の解雇について知らされたので動揺する。

甲斐は丁寧に状況を説明した。無資格で25年間も会計士を続けていたこと。そのことについて代表は非常に驚かれていた。ただ、訴えるようなことはしない。十分な退職金も準備している。甲斐は書類にサインを求めた。

~~~

誰よりも一生懸命に

YURI綜合会計事務所で会計士として25年間も誰よりも真面目に働いてきた自負が大河原にはあった。到底納得することができない。

だが、無資格で会計士を続けていたのは問題であった。流れはサインする方向に進んでいたが、大輔が余計な一言を口走ってしまう。

代表と一度きちんと話し合いの場を持たれたらいかがでしょうか?

甲斐が咳払いをして余計なことを言うなと合図を送る。

これが導火線となり大河原は怒りを覚えて、サインをする事はなくむしろ不当解雇で訴えてやると事務所を去っていった。

大輔は自分に境遇の似ている大河原を放っておけなかったのだ。余計な事は何もするなと甲斐の忠告を無視して後を追いかけた。

本当に訴えるつもりですか?何か協力させて下さい。

だが、君が私の味方をしたら利益相反行為に当たると断られる。

あなたの気持ちがわかると大河原に伝えても彼にはなんのことだかさっぱりわからない。あくまで自分のプライドにかけて戦う覚悟だ。

~~~

今日中にはサインを

百合代表にも不当解雇で訴えられる可能性があることが報告される。

だが、幸村は25年間も無資格で会計士を続けてきた人間に訴訟を起こせるはずがない、と冷静になるように話した。

だが、そのような無資格の人間を事務所として雇っていたことが公になること自体が問題であった。

幸村は強引に大河原のサインをシニアパートナーの甲斐が取ってくると高らかに宣言してみせた。無茶難題であってもシニアパートナーという名前を出されては甲斐も苦笑いを浮かべるしかない。

大輔は自分の調査結果を甲斐に報告する。実は10年前にYURI綜合会計事務所では会計士の身辺調査を行なっていた。つまりその当時から無資格であることを認識していた可能性が高い。

それがなぜこのタイミングになって経歴詐称で解雇しなければいけないのか?何か別の理由があるのではないか?

だが、熱くなっている大輔に誰がクライアントであるかを冷静に考えろと戒めた。

それでも収まりがつかない大輔は蟹江にもアドバイスを求める。

だが、昨晩リゲル法律事務所の弁護士、袴田 美波と過ごしたこともあって異様にテンションが高い。全然質問に答えてくれなかった。

中盤

[中盤]を開く

大河原を待ち伏せる

大河原は具体的に訴訟の相談をするためにある法律事務所を訪問しようとしていた。しかし、そこに甲斐が待っていた。

甲斐は大河原の気持ちに同調する。25年間の間に1000件を超える案件に携わってきた。それがこのような終わり方は到底納得できないだろう。

だが仮にあなたが訴訟を起こすのであればこちら側も訴訟を起こさざるを得ない展開となる。功労者に対してそのような事はすべきではない。会計士資格もないのに今まで業務を行っていたことがクライアントにばれてしまうと当然損害賠償請求を起こされるだろう。

当然賠償金を支払える額ではなくなる。十分な退職金を受け取り悠々自適な第二の人生をスタートすることを勧めた。

~~~

ここで大河原の携帯が鳴った。

なんと相手は大輔。身辺調査が行われたのが10年前であることを伝える。

10年前という大河原が言葉を口ずさんだので、電話の相手が大輔であることが甲斐にも分かった。

なぜ10年前に経歴詐称していることがわかっていたのに今まで黙っていたのか?大河原は3年前に突然解雇を言い渡された香西さな恵という会計士を思い出した。

甲斐は電話を変わり、何もするなと電話を切った。今の電話で大河原はやはり一度所長に面会してからでないと何も決められないと話す。

甲斐はしびれを切らして圧力を強めた。賠償金で支払い切れない金額は誰が負担するんですか?娘さん?お孫さん?平和に余生を過ごしたいのであればサインを、、、。

~~~

大輔が爆弾を落とした

甲斐は大河原のサインを持ち帰った。百合もこれには大満足。やっぱり幸村上杉法律事務所に相談してよかった。パリの別荘で会いましょう!

ガチャ

大輔が入室してきた。突然に百合に対して本当に今回の解雇理由が経歴詐称であるのか問い詰めた。

そして香西さな恵の名前を取り上げて不当解雇で訴訟になったがうやむやのまま終結していた。

甲斐は大輔に出て行けと命じる。百合はそれを大河原に伝えたことを確認すると代表の幸村にその責任を追及した。

大輔は退席を命じられる。これで大河原の気が変わったらどうするつもりなのか。このような情報漏洩をされるのであれば、今後幸村上杉法律事務所との付き合い方も見直さなければいけないと百合は言い残して帰った。

当然甲斐の監督責任を追及される。

~~~

頭を冷やせ!

いまだに収まりがつかない大輔は百合所長が何かを隠蔽していると踏んで香西さな恵に直接聞き取りに向かおうとしていた。

だが、甲斐は冷静になるように指示する。自分たちは裁判官ではない。あくまでクライアントに必要な事実証拠だけを追え!

だが、弁護士資格を持たない大輔は簡単に割り切れる話ではなかった。

すぐに香西さな恵の自宅を訪ねた。小さな息子を抱えている。確かに当時は不当解雇の訴訟を起こすほど許せなかったが今はもう怒りも収まったようだ。この子がいてくれるだけで幸せ。

だが、今当時のあなたと同じように不当解雇で苦しんでいる人物がいる。今声を上げてくれないと同じように苦しむ人物がこれからも生まれてくるかもしれない。

彼も気づいてしまったんですね、、。

香西さな恵はそれだけを語り、もう関わりたくないことを理由にそれ以上の言及を避けた。

~~~

大河原の自宅へ訪問

次に大輔は大河原の自宅を訪ねた。

だが、大河原は既にサインを済ませていてもうこのことを忘れようとしているので迷惑だった。それに会計士資格がないのに騙していた自分にも当然責任はある。

大輔はそんな大河原に対して、あなたは本物の会計士であると伝えた。資格がないからこそ本物の会計士以上に人一倍努力したはずだと。

だが、今の大河原にはその言葉は届かなかった。

大輔は久しぶりにおばあちゃんの施設を訪ねていた。どこか浮かない表情をしている孫に対しておばあちゃんも心配する。

本物の弁護士ではないと悩んでいる孫に対して、本物の弁護士というのは、お金でもステータスでもなく人の心に寄り添うことができる弁護士じゃないのかい?とアドバイスした。

~~~

甲斐の調査報告によると、

幸村は早くこの一件について終止符を打ちたいと考えていた。だが、甲斐はYRコンサルティングという百合所長の子会社の存在を指摘した。

幸村上杉法律事務所からも毎月コンサルティング料が支払われている。まだ何が問題かは明らかにしなかったが財務調査を行っている。幸村は年間10億円にも及ぶクライアントを潰さないでくれと願い出るが、シニアパートナーの甲斐の責任で調査は続行された。

自宅では大輔が引き続き百合所長にどのような秘密があるのか探っていた。砂里も興味津々に聞いてくる。大貴は信頼できる弁護士だから私なら何でも話しちゃうのにな、という言葉をヒントに、3年前の香西さな恵の訴訟担当したリゲル法律事務所の存在を思い出した。リゲル法律事務所といえば、、、

~~~

蟹江先生とダブルデート

甲斐が現在好意を寄せている女性こそリゲル法律事務所のエリート弁護士だ。情報を聞き出すために、砂里を連れてボーリング場にダブルデートにやってきた。

美波は蟹江とベタベタくっついてる。大輔は彼女と接触したいのになかなかチャンスが訪れない。作られたダブルデートであっても砂里は大貴とボーリングに来れたことが嬉しかった。

この前のキスは私の本当の気持ちだからね!

突然の告白に大貴は目が泳ぎ動揺してしまう。そんなリアクションを砂里は楽しむ。

それと女性の目線から見て美波は蟹江先生のことは好きではないことが一目瞭然らしい。目線が離れた瞬間にすごく嫌そうな顔をしている。彼女は一体何の目的で蟹江先生に接触してきたのか?

しばらくボーリングを楽しんだ後、砂里は仮病で体調が悪いふりをして大貴と先に帰る。なんと目を盗んで美波の社員証をくすねてきたのだ。彼女に接触する機会がないのであれば自分の目で確認すればいい。

残された蟹江と美波は、美波が幸村上杉法律事務所を覗いてみたいと話すので案内してあげることに。

その頃、甲斐は昔助けたことがある裁判官を訪ねて、百合所長関連のデータを物色していた。

終盤

[終盤]を開く

伽倻子は真琴を誘った。

久しぶりの2人での飲み会。伽倻子は真琴が何か悩み事を抱えていると察して飲みに誘った。

大輔のことが気になっていることは分かっていた。今夜の飲みのあてにさせて、とスタイリッシュに相談にのる。そんな伽倻子先輩の優しさが真琴は嬉しかった。

やはりキスの現場を見たということは、その彼女がきっと恋人なのではと話す。それに大輔は積極的にアプローチしてくるわけではなかった。

それでも真琴の気持ちが収まらないのならやはり本人に直接確かめるしかない。伽倻子の応援に真琴は頑張る決心をした。

~~~

法律事務所に乗り込む

大輔は砂里がくすねた社員証を使って侵入した。該当の訴訟ファイルを発見する。全てを頭に叩き込んだ。そこで巡回中の警備員に見つかってしまう。

甲斐が呼び出された。警察にはまだ通報していないらしい。警備員は様々な理屈をこねるが、結局は警察に通報しない代わりに金を要求している。しかし法律の知識を熟知しているのか決して自分の口からは金銭を要求する事はなかった。

甲斐は全てを汲み取って警備員の奥様へのご祝儀の名目で金一封を手渡した。大輔は解放された。大輔はすぐに甲斐に百合所長がペーパーカンパニーを使って違法に資金を集めていたことを報告する。しかし、甲斐は既に見抜いていた。

改めて甲斐の凄さを認識して今回の意見も含めてお礼を述べる。だが、甲斐は金一封については返せよ、と付け足した。

~~~

幸村に事の経緯を報告する。

幸村上杉法律事務所も含めて、百合所長のペーパーカンパニーに不正に資金を払わされていた。だが、経済連の理事も務めている百合を相手にするのであれば確実な証拠が必要となる。それを入手するように指示を飛ばした。

アソシエイト部屋では、大輔の席でモニターを見て盛り上がっている。動画を確認してみると夜の事務所の様子で、蟹江先生が連れ込んだ女性にビンタを食らっていた。

蟹江が入室して、アソシエイトは一斉に散る。大輔だけが呼び出された。

蟹江は唐突に質問した。なぜ彼女は怒ったのだと思う?事務所に連れ込むや否や、急に怒りだして部屋を飛び出してしまった。大輔はピンときて美波をカフェに呼び出した。

~~~

互いに事務所に侵入した

大輔は美波の法律事務所に侵入したことを認めた。ただ、美波も蟹江を利用して事務所に侵入していたのだ。

最初からある資料を手に入れたかった。だから蟹江に近づいたのだ。一人きりになるために蟹江にビンタした。

持ち前の記憶力で具体的にどのような資料が盗まれたか大輔には分かった。

大輔は今回の件を不問に処す条件として、百合所長に関する訴訟資料の提示を求めた。だが、その条件を提示した途端に盗み出した資料を大輔に返した。あの事件だけは追わない方が身のため。警備員もクビになった。訴えたいなら訴えればいい。

百合所長も裏で誰かがこそこそ動き回っているのは嗅ぎつけていた。幸村に私たちの関係がこれ以上崩れないように釘を刺してきた。また以前のように別荘で美味しくワインが飲みたい。

~~~

大輔と真琴がついに

大輔は公開された情報で何か証拠になるものはないか探っているがやはりそれでは難しい。真琴が手伝いにきてくれた。

もう侵入して奪うことができないと嘆く大輔に対して、真琴は既に奪っているじゃないですかと話した。大輔の頭の中にあるものを吐き出して複写すればいいだけの話。真琴は大輔が話す言葉をパソコンに打ち込んだ。

その精度は凄まじく句読点の一つまで正確に作成できた。作業が終わると2人は急に違いを意識し始める。

書類が足元に落ちてしまった。2人で書類を取ろうとする。しばし見つめ合い、初めてキスをした、、。優しい時間が流れた。

うちは社内恋愛禁止だが、、

そこに割って入るかのように蟹江が登場した。何事もなかったかのように平然を装う2人だった。

~~~

百合所長を呼び出した。

決戦の準備は整った。百合所長を呼び出してあなたを訴えると宣戦布告する。ペーパーカンパニーを作ることによって水増し請求してきた。この事実に気づいたから大河原さんは切り捨てられたのだ。

証拠を求めてきたので、大輔が作成した書類を指し示す。完全に処分したはずの資料が現存していることに驚きを隠せない。さらに証人として大河原を呼び入れた。大輔と同じく記憶力が超人的な大河原は資料の全てを覚えていた。

不正に水増し請求されたお金はどこへ消えてしまったのか?それは経済連への賄賂や別荘の費用として使われていた。

これは内密に処理できる問題ではなく度が過ぎていた。共に戦ってきた仲間だからこそ幸村は裏切りが許せなかった。

大河原はこれで未練なく退職することができる。自分の今までの働きぶりを誇りに思う。第二の人生を少年野球のスコアラーとして働いていくつもり。大輔にもある事情があることを察したが、実は本物の弁護士だと勇気づけた。

~~~

ごめん。砂里とは、、

今日も家で砂里がご飯の準備をしてくれている。大輔は自分の気持ちをしっかり伝えるために砂里と向き合った。

ごめん。お前のこと妹としか見れない、、。

砂里はショックな様子を見せないように、そんなことわかってたよ毅然に振る舞った。

そのかわり妹として大切にしてね、、。

その頃、幸村は空きが出た経済連の新たな理事に内定した。

お兄ちゃん、一緒に静岡に戻ろうか?

砂里は遊星と会った。ただひたすら泣いている。大貴の前では我慢していたがやはり辛かった。

遊星は自分に対する雑な扱い方と砂里を苦しめた大貴が許せなかった。

経済連に向かう途中の幸村の前に遊星は立った。

「鈴木 大輔、いや鈴木 大貴について話したいことが。ハーバード大学も卒業していないし、弁護士資格もない嘘だらけの人間です」

 

9話おわり

 

スーツ(SUITS)|9話感想

スーツ感想

 

甲斐のシニアパートナー昇格

やっと念願だった幸村上杉法律事務所のシニアパートナーへの昇格を果たしました。思えば大輔をアソシエイトとして雇用したのもシニアパートナーになるためでしたもんね!2018年秋にドラマが開始になってから様々な事件に携わり解決に導いてきました。おそらくシニアパートナーになることで経営に参画する機会も増えて権限も強くなることが予想されます。甲斐はもともと傲慢で傍若無人な性格であることから、仕事の仕方に大きな変化は見られないでしょうが、明らかに第9話の甲斐は今までよりも冷静沈着な考え方をしていたように感じました。

大河原をほっとけない!

大輔は自分と全く同じ状況に置かれた会計士資格がないのに25年勤務し続けた大河原を見過ごすことができませんでした。正義感が強く、弱者救済の優しい心を持つ大輔であってもここまでこだわりを見せたのは初めてだったかもしれません。資格がないからこそ、常にこれでいいのかと自問自答を続けて、本当に資格を持っている人間よりも素晴らしい仕事をしているという自負がある。それなのに理由も通告されずに、一方的に解雇されることに納得できない気持ちが誰よりも理解できたのでしょう。大輔も次週以降ピンチに陥りそうですが、しっかりと自分を持って戦ってほしいですね!

大輔と真琴

なかなか感情を表に出すことができない真琴でしたが、やっと彼女なりに一歩踏み出すことができましたね!まさかあのタイミングでキスするとは思いもよりませんでしたが、素敵なシーンだったと思います。しっかりと大輔は砂里に付き合えない自分の気持ちを伝えて男らしい判断を下しました。あとは少しずつ真琴と気持ちを重ねあわせていくだけです。ただ、そんな順調にはおそらく進まないのでしょうね。鈴木大輔という名前が偽名であることも真琴はまだ気づいていませんし、ましてや弁護士資格を有していないことを知ったときにどんなリアクションを見せるのか。それが今からドキドキして堪りません!

遊星のダメ男ぶり

9話のラストシーンで残念に思われた視聴者の方も多かったのではないでしょうか?妹が振られて悲しんでいる仕返しだけではなく、今まで自分がぞんざいに扱われてきた腹いせに幸村代表に大輔が偽物であると密告しました。なんでそんな余計なことするんだよ、と正直思いましたが、遊星なら確かにやりかねないですよね。あの男に大輔が弁護士として働いていると知られてしまった瞬間から嫌な予感はしていました。遊星が命の危険が及んでいたときに大輔に助けてもらった返しても返し切れないほどの恩があることを彼は忘れてしまってるんでしょうかね?あまりにも小さくダサいのでイラッとしてしまいました。

伽倻子のお姉様オーラ

9話では伽倻子の登場シーンが多かったように思います。甲斐を支える秘書としての役割はもちろんのこと、アソシエイトをまとめる裏のお姉さんキャラとして、幸村上杉法律事務所にとっては欠かせないキャラクターだと思います。目配りも行き届いていて、真琴が恋愛で悩んでいる時も、率先して飲みに誘い背中を押してあげました。あんな心許せる信頼できる上司がいる真琴は幸せ者だと思います!これからファームでは一波乱ありそうな雰囲気ですが、伽倻子にはみんなが落ち着ける雰囲気を作り出してほしいですね!あの豪華なオーラは中村アンさんでないとなかなか醸し出せないと思います!

 

スーツ(SUITS)|10話あらすじ

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】SUITS/スーツさん(@drama_suits)がシェアした投稿

 

甲斐(織田裕二)のもとに、最高検次長検事の柳慎次(國村隼)が現れる。柳は、検事時代の甲斐の上司だが、汚職疑惑で週刊誌を賑わせている渦中の人物でもあった。柳は、食事の誘いを断る甲斐に、「もし私が有罪になったら君だって困るだろう?」と告げ……。

チカ(鈴木保奈美)は、遊星(磯村勇斗)からの密告により大輔(中島裕翔)の素性を知る。甲斐を責め、警察に突き出すべきだと主張するチカ。しかし甲斐は、すでに実務をこなしている大輔のことが表沙汰になればファームは終わりだと言い放つ。その際、甲斐は、柳の件をチカに報告した。柳は、10年前に裁判を有利に進めるために証拠隠しをしていたのだという。甲斐が検察を辞めたのもそれが原因だった。チカは、柳の件は責任を持って処理するよう命じると、大輔のことは自分が預かる、と甲斐に告げる。

チカは、蟹江(小手伸也)と大輔を呼び出し、ある案件を任せる。病に倒れ、寝たきりの状態になった与謝野ホールディングス社長から、ふたりの娘に資産を分配してほしいと頼まれたのだという。だが、姉の藤代(町田マリー)と、妹の雛子(本仮屋ユイカ)は犬猿の仲だった。チカは、蟹江に藤代の、大輔に雛子の相談役を任せる。

そんな折、甲斐のもとに、柳のことを調査している最高検監察指導部の澤田仁志(市川海老蔵)がやってくる。澤田は、何も知らないと主張する甲斐に、黙っていると同罪だと思われる、と返すが……。

 

視聴率推移

 

第1話[2018年10月08日放送]視聴率

14.2%

第1話の動画無料視聴とネタバレはこちら


第2話[2018年10月15日放送]視聴率

11.1%

第2話の動画無料視聴とネタバレはこちら


第3話[2018年10月22日放送]視聴率

10.3%

第3話の動画無料視聴とネタバレはこちら


第4話[2018年10月29日放送]視聴率

8.9%

第4話の動画無料視聴とネタバレはこちら


第5話[2018年11月05日放送]視聴率

11.8%

第5話の動画無料視聴とネタバレはこちら


第6話[2018年11月12日放送]視聴率

9.5%

第6話の動画無料視聴とネタバレはこちら


第7話[2018年11月19日放送]視聴率

9.8%

第7話の見逃し動画とネタバレはこちら


第8話[2018年11月26日放送]視聴率

10.5%

第8話の無料動画とネタバレ感想はこちら


第9話[2018年12月03日放送]視聴率

9.9%


第10話[2018年12月10日放送]視聴率

%

第10話の見逃し動画とネタバレ感想はこちら


※放送日程については、あくまで筆者の予想となります。
※視聴率については、随時更新予定(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 

キャスト&スタッフ

キャスト

 

 

織田裕二(甲斐正午)
中島裕翔(鈴木大貴)
鈴木保奈美(幸村チカ)
新木優子(聖澤真琴)
中村アン(玉井伽耶子)
今田美桜(谷元砂里)
小手伸也(蟹江貢)
磯村勇斗(谷元遊星)
國村隼(柳慎次)
田島令子(鈴木結衣)

 

スタッフ

 

原作:『SUITS/スーツ』(NBC Universal製作)
脚本:池上純哉
音楽 : 眞鍋昭大
主題歌 : B’z「WOLF」
プロデュース:後藤博幸、小林宙
演出:土方政人、石井祐介
制作協力:共同テレビジョン
制作著作:フジテレビジョン

 

スーツ(SUITS)|9話動画まとめ

 
案内人
案内人

大人気ドラマ「SUITS/スーツ」も早いもので残り2話となりました!いよいよ物語はクライマックスを迎えます!大輔の虚偽が代表の幸村にバレてしまったことで今後どのような展開を迎えるのか。甲斐の知られざる過去とは?果たして大輔は想像通りにクビとなるのか?真琴との関係は?気になることが山ほどある残り2話をお見逃しなく!

 
 
第9話含めて、最新話配信中 ⇙
もっと詳しく「FOD」を知りたい方は、「FOD メリット&デメリット」にお進みください。
 
 
 
©フジテレビFOD/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
※本作品の配信情報は2018年12月3日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。っ