人間関係にお悩みの方には、会話術こそ解決手段になり得る!

ビジネス
ビジネスの世界で役立つ情報を分かりやすくお伝えします。

どんな人であれ大なり小なり人間関係への悩みはある

まずこちらのサイトにたどり着いた方は、仕事の場においてもプライベートにおいても少なからず人間関係に悩んでいる方がほとんどだと思います。そのような方々にまずしっかりと認識していただきたいことは、生きている限り昔から絶対的に対人関係においては悩みはつきものだと言うことです。ごく当たり前のことだとご認識ください。なぜなら自然界で生きている以上、絶対的にパワーバランスが存在していて、そこで考え方や宗教上の違いから文明が発展する以前は、暴力的な行為によってその解決を見てきました。現代においては軍事力が発展し、戦争が一度起こってしまうと、人間的な生物学上の致命的な打撃を与えるため暴力による解決は収まっていますが、本質的な議論としては人間も生き物である以上暴力はつきものなのです。だからこそ、お互いを尊重し友好的な関係を築いていく理性的な面が存在する反面、相手を蹴落としてでも自分の有利な状況を確保したいという生存本能も持ち合わせていることをしっかりと理解すれば、他人とトラブルが多少発生する事は必然だと考えることはできないでしょうか?

ではどのようにすればいいのか?

まずそのような大前提を押さえてください。逆にそのような前提を抑えていただければ、トラブルは絶対的につきものだと元からある意味あきらめのような考え方を持つことができるのでいざそのような場面に遭遇した時も冷静に対処することができるようになります。こちらの記事ではできる限りそのようなトラブルに巻き込まれないためにもまずコミュニケーションの基礎「会話術」についてご紹介してまいります。実は過去にも会話に関するテクニックについては何度も執筆しているのでまずはそちらをご参照いただければ幸いです!ビジネスであろうが、プライベートであろうが、絶対的に必要なのは相手を尊重する姿勢であることをお忘れなく!

会話の始めと終わりに気を付けること!

極論を言ってしまえば会話のスタートとフィニッシュについてうまく乗り切ることができるのであれば、相手に対する印象は素晴らしいものになります!例えば会話を終える直前に何かコメントを発するのであれば、微妙なところなのですが会話の途中に挟む言葉であればアウトであってもそれは挨拶へと変貌し全く問題とならないケースが多いのです。何も難しいことをあえて話す必要はありません。相手に対して会話中に感じた率直なこと、それを素直に表現することが相手にとっては嬉しい挨拶となるのです。

特に終わりの挨拶については会話の途中から注意深く考えておいた方が良いでしょう。どのような言葉をかけられると相手としては嬉しい感情を呼び起こすことができるのか、そのことに焦点を絞っておけば会話をしている最中であってもどのようなフレーズが最後にふさわしいのか思いつくはずです。さらにスタートの挨拶についてはまだ相手のことを深く知らない段階ではありますので、自分が少し目に入った相手の持ち物についてコメントしたり相手の特徴について軽く触れてあげるといいかもしれません。もちろんその場合は相手に対してコンプレックスになっているような事は厳禁です!!

最近のビジネスマンの特徴としてビジネスライクと呼ばれる言葉があるように、いきなり初対面であるにもかかわらず仕事の用件を間を開けずに話し始めるタイプの人間が多くなっているような気がします。もちろん時間短縮の面では喜ばれる限りですが、人と人との付き合いはそのような単純なものではないと考えているのが筆者です。徐行運転のようにまず相手の人となりのわかる会話をお互いに挟むことによってその後のビジネスの話においても信頼関係を事前に構築することだってできるのです。どのような人間なのかわからない人に対して、腹を割って話す事はなかなか難しいですよね。だからこそあなたの方から事前に今日はこの話で場を和ませよう、楽しいムードを演出しよう、という心意気が非常に大切になってきます!

さらに人間関係が驚愕するほど円滑になる会話術について

相手を考えさせることも必要

実はコミュニケーションにおいて大切になってくるのは自分の考え方や思いだけを伝えているだけでは一方的かつ単調的な内容となってしまうことが多いことです。そこでご提案したいのは非常に高度なテクニックではありますが相手に考えさせる時間を設けること。自分が問いかけた後に相手に考えさせる時間をたった数秒だけでも盛り込むことによって相手を引き込む力が高まるのです。

一方的に自分の思いばかりを語っているのであれば矢継ぎ早に言葉が飛び出してきて、相手に対してしっかりと考える時間を与えることができません。相手がどのように考えどのように反応するのかを頭に入れながら会話をすることによって、自分の会話を客観視することができ余裕も生み出すことができるのです。

それでは具体的にどのような手法をとれば相手を考え込ませることができるのでしょうか??

それは相手に対してその理由を考えさせることなのです!

「なぜ〜だから」

あるトピックに対して、その理由について自分自身になぜと問うてみる。次に自問自答のような形式で構わないのでそれに対する答えを話すのです。あくまで自分に質問して、自分で回答している限りでは相手に答えを求めているわけではありませんが、そのようなスタイルを取るだけでも相手はなぜなのだろうと同じく一緒に考えてくれるようになります。このほんの少しの数秒間によって相手を自分のペースに乗せることができるのです。これはセールストークでも非常に有用な方法となりますのでぜひ試していただきたい!

はじめのうちはこのような話し方をする人間が少ないせいか、答えを求められても何も考えられず答えられない人が多いように見受けられますが、根気よく相手に語りかけているうちにきっとも徐々にではありますが相手の反応が変わってくることに気づくはずです!

即刻振り返りを行うこと

どのような場面であれ、話を聞いたらすぐに相手に対してフィードバックを行っていますか??それは状況を選びません。励ますことでも同調することでも反論する内容でも、あらゆる場面で想定されます。それは何故かと言うと時が経過してしまうと言われた相手もこちら側も熱が冷めてしまうからです。そのフィードバックの内容は形式ばったものである必要は全くなく、一言感想添えるだけでも構わないのです。特に上司が部下に対して指導する時などは鉄は熱いうちに打てこの格言の通り、すぐにフィードバックを行ってあげることにより、自分が大切にされていると感じることもできますし部下の成長にもつながります。ちょっとしたことではありますが、そのようにすぐに行動することこそが相手に誠意を示す最善の道であることを再認識してください!

同意を求める会話テクニック

この読者の中には同意話法と呼ばれるテクニックをご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?実はこのテクニックは非常に有用です。何故かと言うと相手を知らず知らずのうちにコントロールすることが可能となっているからです。ではその方法とは一体どのようなものなのでしょうか?

「そう思われませんか?」「ですよね?」

たったこれらの言葉付け加えるだけで、相手は話していた言葉に同調してくれるようになります。きっとみなさんも、こんな経験の一つくらいはあるのではないでしょうか?自分があまり同じような考え方をしていなかったとしても、そんな問いかけをしてしまうと、何となくそれが正解なのかなって気持ちになってしまうものです。人の意をコントロールでできる手法こそが、同意話法の真骨頂なのです!

これは実は絶妙な人間の心理をついています。誰しもが相手には嫌われたくないと言う心理の根底が存在しています。だからこそそのように質問されてしまうと相手に嫌われたくないので表上は賛同するほかないのです。この手法を習得することによって、場の主導権を握ることができるようになってきますので、そのようなリーダーシップを発揮したい方はぜひマスターしてみて下さい!

テキストのコピーはできません。