ドラマ サインの最終回を無料視聴するには[大森南朋・仲村トオル主演]

ドラマ
話題のドラマ情報を分かりやすく丁寧に
案内人
案内人

みなさん、こんにちは!こちらの記事では、どこよりも正確にそしてお得に2019年夏ドラマ「サイン 法医学者 柚木貴志の事件」の最終回放送を無料視聴できる方法をご紹介したいと思います!巷にはたくさんの違法動画サービスも溢れていますのご注意ください!それではいってみましょう!!

サインを無料視聴するには

 

まず自分がどの放送回について観たいのかを明確にしてください!もしドラマで放送されたから1週間以内であれば民放各局で構成されている「TVER」にて無料配信されている可能性があります!そちらはコマーシャルを挟むことによって無料運営されているのでユーザにはお金がかからないシステムとなっています!インターネットでドラマ見逃し配信を今まで全く経験されていない方は敷居が低く便利だと思われますので気軽にご活用ください!ただし少しテクニックが必要になってくるのは放送後1週間以上経過した場合です。ポータルサイトTVERでは既に配信が終了してしまっているのでまた別の方法を模索しなければならないのです!

自分でDVDなどに録画がしていればそれが1番に決まっていますが、やはり人間ですから録画し忘れることだってあります。しかし、ドラマをインターネット上に配信している会社も利益を確保しないと運営できるはずもないのでユーザからは利用料金を月額単位で支払うことが最近の通例となっているようです!しかし、冒頭でもご案内した通り私がご案内したいのは読者の皆様に経済的な負担を生じさせないで、サインの見逃し分を視聴する方法です!そこでオススメしているのは、こちらのサイトから申し込むことによって得ることができる無料ポイントを賢く活用する方法です!

ドラマ サインの場合には、調査の結果、動画配信サービス「ユーネクスト」が簡単に視聴できるかと思われます!下記に簡潔にその特徴を列挙してみました!

 

♦ 月額1,990円(実質790円)で人気映画・ドラマ・アニメが見放題80,000本以上
初回無料登録で600円分のptプレゼント(以後は1,200pt/月)→最新ドラマのレンタル視聴に使える
♦ レンタル作品は40,000本以上
31日間の無料お試し期がある
31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません
♦ 配布ポイントは、レンタルや漫画書籍の購入に使える
♦ 人気雑誌70誌以上が読み放題
♦ ご自身で最大4つまでアカウントが持てる
♦ 映画、国内海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、キッズ、大人向け動画など多くのジャンルに対応
♦ TV、ゲーム機でもスマホ片手にも視聴可能
♦ 動画をダウンロードできるので、外出先で通信量を気にしない
♦ 簡単に契約、簡単に解約できる
♦ 動画の画質がフルHD対応

 

U-NEXT|公式サイトに進む

※2019/8/16時点の配信内容です!最終回の配信は、最終回放送後、約1週間後を予定しています!

 

上記の通りに登録するだけで600円分の無料ポイントをゲットすることができます!そして調査の結果、サインの場合には1話分のダウンロード視聴料金は324ポイントでしたので、全く経済的な負担を生じさせることなく、テレビの再放送を待つまでもなくインターネットで視聴することができます!その他にも完全無料の配信作品も多々見受けられましたので、約1カ月間の無料期間内に時間の許す限り視聴しまくってから、不要であれば退会するのもありだと思います!

完全無料で全くの登録なしに視聴できる方法は、著作権侵害が横行してしまった結果なかなか厳しくなってしまいました。しかし考えてみれば役者や製作陣が命を賭けて制作しているのを全くの無料で視聴できるのもおかしな話ですね!動画配信サービスの一つの集客方法ではありますが、無料登録からの無料ポイントで賢く旨みだけを利用するのがベストだとの筆者は結論に至りました!

 

サイン 法医学者 柚木貴志の事件 とは

キャスト陣

柚木貴志(ゆずき たかし) 大森南朋
中園景(なかぞの けい) 飯豊まりえ
春日美晴(かすが みはる) 佐津川愛美
松沢大輝(まつざわ だいき) 吉田ウーロン太
四方田隼斗(よもだ はやと) 小久保寿人
兵藤邦昭(ひょうどう くにあき) 西田敏行
和泉千聖(いずみ ちさと) 松雪泰子
伊達明義(だて あきよし) 仲村トオル
佐々岡充(ささおか みつる) 木下ほうか

ほか多数出演中

相関図

 

視聴率

たぬ吉
たぬ吉

第5話までの視聴率をご紹介!

 

14.3%、9.5%、11.5%、9.5%、10.7%、と順調に推移しているみたいです!生活様式が対応した現代社会において、ドラマ視聴率は伸び悩んでいる中、二桁をキープしているのは視聴者に受け入れられた何よりの証!

最終回の視聴率にもよりますが、テレ朝は刑事ドラマや医療ドラマを得意としており、続編制作も巧みなため、「サイン」の続編にも大変期待が持てますね!

 

サインのあらすじ

ドラマ前半部分の総括

からあげ君
からあげ君

こちらからは一部ネタバレも挟みますので、全部動画配信サービスで観たいとご希望の方はご注意ください1最終回に向けて、ざっとどんなドラマだったのかお知りになりたい方は必見の内容になっています!

 

主要登場人物

日本法医学研究院、ここがドラマの舞台となる。主人公は柚木貴志。ぶっきらぼうで、部下いじめが炸裂している解剖医だが、その腕は誰しもが認めるところ。組織の論理を嫌い、残されたご遺体から真実を見出すことのみに情熱を傾ける。その柚木に相対するのが、伊達明義だ。法医学教授であり、現所長でもある。真実を究明するためには権力に従い、己の立身出世を第一優先としているために柚木と対立することもしばしば。

さらに登場人物の説明を続けよう!柚木の元妻で、警視庁捜査一課の警視の和泉千聖。女性初の捜査一課課長を目指しており、多くのやっかみや困難に立ち向かいつつ、時より柚木と協力関係になり事件解決に導く。柚木の直近の部下で、パワハラの被害者であるが、解剖医としての情熱と腕に惚れ込み、ともに仕事に励んでいるのが中園景だ。基本的にはこれらの登場人物で物語が展開されていく!

物語の大枠

ドラマの展開としては多くのドラマにありがちな正義を貫きたいが権力に押しつぶされてしまう主人公。しかしながらその腕は誰しもが認めるところで、その権力に立ち向かい続ける主人公が柚木だ。しかしあまりにも組織の論理になじまないために、新たに日本法医学研究院の所長に就任することになった伊達といつもバチバチのライバル関係に陥ってしまう。そんな時にいつも間に入ってくれたのは前所長の兵藤(西田敏行)だったのだが、ある事件をきっかけに伊達にそのポジションから引きずり落とされてしまい自宅で隠居生活を送っている。

一時は日本法医学研究院をクビにされて地方に飛ばされてしまった柚木だったが、そんな時でもその腕を慕って地方にまで同行したのが、新人解剖医の中園だった。彼女はいつも柚木にひどい扱いをされるが持ち前の明るさとメンタルによってうまく偏屈な柚木の性格をあしらっていく。

柚木らは明らかに真実とは違う解剖所見に異議申し立てをするが、官僚組織をバックとした新所長の伊達によって、自分たちの都合の良いように解剖のデータが改ざんされていく。柚木はただ純粋にお亡くなりになられたご遺体がどのような状況によってなくならなければならなかったのか、その真実を確かめたいだけだが、それをさせない不都合な真実が時折生まれる。

警視庁捜査一課の管理官として現場を指揮している和泉もまた、柚木の無茶な要求に振り回されることもままならないが、彼女自身の野望である女性初の警視庁捜査一課課長のポストを虎視眈々と狙っているために自分の出世にプラスと判断された事件については積極的に関与を強めるのだった。

圧倒的な解剖医としての腕を背景に

伊達としては、自分の思うがままの組織を構築していくためには柚木の存在は邪魔でしかなかった。しかしながら解剖医としてのその実力はずっと地方に埋めておくわけにもいかず再び自分の部下として呼び戻すことになった。それでも柚木は戻ってきても基本的な解剖する姿勢は一切変えておらず、組織の論理で強者のために都合の良いデータの改ざんを行う解剖を一切許さないことを宣戦布告する。

だが伊達としても決して消えることのない壮絶な過去を背負っていた。そしてそのような経験があったからこそ、組織の頂点に立ち、ときにはデータを改ざんをしてでも守らなければいけない日本法医学研究院の組織としての強さを実感していた。新人の頃には、柚木と同じく純粋な一人の解剖医だったのだ。その事件が発端となり、日本法医学研究院は大きな災いに巻き込まれていくことになる。そして柚木の恩師である兵藤もまた自分で命を断つという信じられない事態も起きてしまった。柚木は全くその状況を飲み込むことができず、自ら解剖を行った。解剖医として長年勤務して残された遺族がどのような悲しい気持ちになるのか理解していた兵藤が自ら命を失わせる決断をするなど信じられなかった。しかし解剖の結果は間違いなく自害だった、、。 そこには、伊達の新人時代に起きたある事件が密接に関係していたのだった。

 

ドラマを視聴した感想

解剖医の世界観を色濃く反映している

過去のドラマにおいて、刑事作品や医療ドラマは数多く見てきましたが、解剖医にスポットを当てた作品は初めて見ましたので非常に新鮮な気持ちで楽しむことができました。同時期にドラマで放送されているフジテレビ系列の「朝顔」もまた同じく亡くなられたご遺体から隠されたメッセージを読み取り、それを残された人間たちに投げかける作品ストーリー性となっているので比較して楽しむのもまた一興でした。

現実社会でも不可解な死は毎日数多く発生しています。日本社会においても現実の課題となっている核家族化によってどんどん単身の老人が増え、人付き合いも希薄化している現代において原因不明で亡くなられている方は増えているようです。そのような背景があるからこそ、同時期に同じテーマのドラマが放送されているのかもしれませんね!

何が正義か!?

人それぞれ抱えている正義感は違います。極論を言ってしまえばそのような正義感を持ち続けているからこそ争いが絶えず起こり、人とのトラブルも発生しているのです。ドラマ「サイン」でも、一見すると所長の伊達が事実をねじ曲げてでも法医学研究院の利益となることに積極的に関与する姿勢が正義と相反していて悪役にも見えてしまうことでしょう。また自分のやりたいことだけに集中して本物の真実は何なのかだけを考え続けている柚木は視聴者としては気持ちの良い存在かもしれません。

しかしドラマを見ていて人それぞれ抱えている事情は異なり、それぞれの正義を守るために日々葛藤し挑戦していることを知ると一概に伊達が一方的に責められるべきものなのか考えさせられてしまいました。こちらの感想の執筆時にはまだ最終回放送を迎えておらず、どのようなクライマックスで終焉し、また自作に繋げるのか明らかになっていませんが、明らかに両極端で立場の違う柚木と伊達がどのような形で最終的に相対するのか非常に楽しみでもあります!

優秀な若手を育てることなんだ!!

個人的に一視聴者として柚木のあるフレーズに胸打たれました!それは伊達と研究所の行く末について話し合っているときに、伊達はとにかく権力にすり寄って組織強化を強く訴えたのに対して、柚木は中園を念頭に置いて、本当に将来の組織としての盤石生を保ちたいのなら、未来ある有能な人材を育て上げなければならないと言い切りました。いつもは冷血でパワハラ魔神の柚木が至極まっとうな組織論を話し、さらに部下の才能を認めているのだなと微笑ましく、そして尊敬の念を覚えました!

ドラマ サインのまとめ

 

案内人
案内人

いかがだったでしょうか?テレ朝ドラマらしく、非常に見応えのある作品に仕上がっているのでまだ未視聴の方にもオススメのドラマとなっています!柚木と伊達の両極端の考え方に火花が散るシーンは必見ですよ!!

 

U-NEXT|公式サイトに進む

 

テキストのコピーはできません。