下町ロケット | 9話 動画が無料で見れる[12月9日放送 | 阿部寛]

下町ロケット

 

下町ロケット」の第9話を見逃した方も、初回放送からまとめてイッキ見できる方法を簡潔にご紹介します!また動画視聴する時間がない方も今までの放送話のネタバレをまとめてありますのでご参照ください!
 
 

-番組名-

「下町ロケット」

-放送開始-

2018年10月14日(日)

-放送日-

2018年12月9日(日)[第9話]

-放送日時-

TBSテレビ 毎週日曜よる9時〜

-出演者-

阿部寛(佃航平)
土屋太鳳(佃利菜)
竹内涼真(立花洋介)
安田顕(山崎光彦)
徳重聡(軽部真樹男) ほか

※下記に全キャスト詳細あり

-原作-

池井戸潤「下町ロケット ゴースト」(小学館刊)

 
 

[この記事の見どころ]

✎ 下町ロケット|動画見逃し無料視聴

✎ 下町ロケット|人物相関図

✎ 下町ロケット|9話ネタバレ

✎ 下町ロケット|9話感想

✎ 下町ロケット|10話あらすじ

✎ 下町ロケット|視聴率推移

✎ 下町ロケット|キャスト・スタッフ

✎ 下町ロケット|9話動画まとめ

 

下町ロケット|見逃し配信

 

案内人
案内人

「下町ロケット」をイッキ見したい方は、TBS公式ネット配信の「PARAVI」をご活用ください!全話視聴できるだけでなく、初めて利用される方に限っては、初月無料で視聴できる特典が付きますのでお金をかけずにTBSドラマを楽しむことができますよ!

 

第9話の配信がスタートしています↓

 
 
♙ 運営会社(プレミアム・プラットフォーム・ジャパン※) 
2018年4月からサービス開始
TBS、テレビ東京、WOWOW、日経新聞、電通、博報堂の共同出資
 
♙ 登録月は無料で楽しめる[翌月より999円(税込)](初回のみ)
ex. 契約日(11/20)の場合 → 無料期間 11/20〜11/30 |月額料金発生 12/1〜
 
♙ 複数のデバイスで視聴可能
♙ 月初めに300円分のチケットを配布
 

※本作品の配信情報は2018年12月9日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。

 

人物相関図|ヤタガラス

 

下町ロケット 相関図 ヤタガラス

©️TBSテレビ「下町ロケット」

 

下町ロケット|9話ネタバレ

 


↓下記をタップすると開きます↓

※誤字や脱字があった場合、ご了承ください。

序盤

[序盤]を開く

公衆の面前での重大な事故

岡山県で行われたアグリジャパン。そこでの無人農業ロボットデモンストレーションに出展されたアルファ1は散々な結果となってしまった。

いまだに観客のざわつきが収まらない。司会者は必死に観客を落ち着かせようとする。ライバルであるダーウィンプロジェクトの面々は、帝国重工の失態に笑みを浮かべていた。

一部始終を見ていた藤間社長は、的場にアルファ1プロジェクトが当初の計画とは異なっていることを指摘した。小型農業トラクターから大型トラクターに変更された点だ。

的場は自己弁護のために取り繕うが、嘘が透けてみえる。至急、事故原因を調査する方向で準備した。

~~~

久々の島津との再会

デモンストレーション対決はダーウィンの圧勝に終わった。観衆たちが町工場発信のトラクターが大企業に勝ったことに喜んでいる。

ダーウィンの実物を見るために島津は観衆に紛れてやってきた。その姿を伊丹が発見した。

伊丹はダーウィンを誇った。島津は今までの経緯から気まずそうにする。すぐにその場を立ち去ろうとするが、伊丹は引き留めた。

ダーウィンには島津が開発に携わったトランスミッションが搭載されている。伊丹は自分にとって都合が良いと分かりつつも島津にまたギアゴースト社に戻ってきてほしいと考えていた。

誘おうと話を切り出した時、タイミング悪く現開発責任者の氷室が声をかけてきた。少し目を離した隙に島津はどこかへ行ってしまった。

~~~

事故動画がすぐにアップ

アグリジャパンの動画がすぐにYouTubeにアップされた。アルファ1の激しい転倒の一部始終が記録されている。この動画を見た人間はアルファ1を欲しいとは思わないだろう。帝国重工の沖田会長も信頼が失墜した状況を危惧していた。至急、的場は信頼回復のために動き出す。

開発責任者の奥沢はモニターを使いながら事故原因について報告した。そして肝心要の不良原因を野木教授のシステムにあると断じた。

当然一方的に決めつける結論に野木は反論して、財前もまだ時期尚早だと述べた。帝国重工側のトランスミッションにも欠陥があった可能性があるからだ。

だが、奥沢は十分なテストを行っておりその可能性はない。事故原因をさらに詳細に分析するため野木に自動走行システムの開発コードを提出するように求めた。しかし、それは野木の結晶そのもの。簡単に手渡せるはずがない。

的場は初めから開発コードを手渡していればこのような事故が起きる事はなかったのではないかと釘を刺した。そして開発コードの提出をそれでも拒むようであればプロジェクト遅延の責任として訴訟を起こすと脅した。

~~~

的場という男とは?

あまりにも一方的な物言いに佃も憤慨する。それではまるでコードを盗まれたキーシンと変わらない。野木も嵌められたと肩を落とす。何とか開発コードを渡さずに事故原因を究明できないものか。

佃は家に帰ると利菜がアルファ1を揶揄する番組を見ていた。帝国重工の中でも大きな笑いものとなっているようだ。的場への批判はもちろん上がっているが彼が今までしてきたことを考えると、また誰かに責任を押し付ける形でうまく逃れるのではないかと読んだ。

的場は東大卒の官僚の家庭に育ち、国立の大学に進学できなかったことで存在を否定されていた。帝国重工に就職が決まった際にも官僚でないことで全くが認められる事はなかった。

父親を見返すために今までただひたすらに偉くなることだけを目標に生きてきた。そんな人物なのだ。憎しみは憎しみの連鎖を生んでしまう。的場の身勝手に野木の研究が巻き込まれることなどあってはならない。

~~~

佃製作所としてできることは?

なんとか力になってあげたい。転倒した動画を見ながら佃製作所の技術チームは事故原因を考える。だがやはりトランスミッションの現物がない限りそれを検証するのは不可能だった。

それにロケットエンジンのバルブシステムが最終局面を迎えていた。そのようなタイミングで帝国重工と問題を起こしては大きな損失を被ってしまう。

その頃ダーウィンチームは、仲違いを続けている帝国重工をほくそ笑んでいた。彼らの復讐劇はまだ序章に過ぎなかった。

佃はある動画に目が止まった。アルファ1が急加速しているように見えたのだ。つまり自動走行システムによる指示を飛ばす前に、勝手にギアチェンジを行ったために脱輪してしまったと考えられる。その原因はトランスミッションにあるのではないか?

その事実を財前に伝えたが、やはりこれだけでは証明するのは難しいらしい。そこで財前は佃にある協力を申し出た。

中盤

[中盤]を開く

走行テストを実施

藤間社長の面前でアルファ1の事故原因の報告がなされた。奥沢は野木教授の自動走行システムに問題があったと結論づけた。

藤間が帝国重工側に本当に何も問題がなかったのだな?と問い直しても奥沢は意見を変えない。

だがここで、財前が割って入った。まだそのように結論付けるのは時期尚早である伝えた。そこで検証実験を行うために、野木教授のシステムを別のトラクターに組み込み走行実験を行ってみる提案をした。仮にそれで問題なく走行できた場合、帝国重工側に何かしらのトラブルがあると判断できる。

その実験トラクターとして、佃製作所のエンジンとトランスミッションを提案したのだ。的場と奥沢は激しく反発するが、仮に帝国重工側に問題がある状況で製品化した場合、それこそ信頼は地に堕ちてしまう。

藤間はしばらく黙り込んでその実験にゴーサインを出した。

~~~

検証テスト本番

野木はこの機会を与えてくれた財前に感謝した。このテストによって運命は大きく変わる。帝国重工から的場と奥沢も参加した。

アグリジャパンと同様のコースが準備された。佃製作所のトラクターは無事に課題をクリアしていく。

そしてアルファ1が失敗した対人ストップも無事に停止。坂道発進についても適切にギアチェンジが行われた。オールclearで実験を終了。わずか誤差3センチという高水準の結果だった。

これで帝国重工も認めざるを得ないだろう。そのように思われたが奥沢は野木教授のシステムに問題がなかったとは言い切れないとした。本番とは条件も異なり、トラクターも小型。この期に及んでもまだ責任を認めたくない。

もしそうなのであれば100回でも200回でも検証実験にお付き合いすると佃は申し出た。実際にトラクターを使うのかのためにこれまでの努力を無駄にしてはならない。財前も佃製作所に調査の協力を要請すべきと的場に訴えてたが一蹴されてしまう。再検証など必要ない。そして部屋を去ろうとしていたときあの人物がやってきた。

~~~

藤間社長が登場!

帝国重工のトランスミッションに何も問題はなかった。もしそれが本当に自信のある答えなのであれば、佃製作所に調査してもらっても構わない。違うか?

藤間は凄んだ。

言い訳がましく特許の問題もあり他社に技術を開示する事は問題があると奥沢は話したが、それはいくらでも方法があった。佃製作所に調査してもらう方向で話が進んでいると、奥沢は口を滑らす。

「もし不具合が見つかってしまったら」

その言葉を藤間は聞き逃さなかった。欠陥がないと絶対の自信を持っていたはずではないのか?奥沢はひどく動揺する。そして可能性はあるとついに認めた。いくら調査しても不具合が見つからなかった。だがそれは別の言い方をすれば欠陥すら見つけられない技術力であることも意味している。

世に出す以上ほんの少しでも不良品の可能性が残されているのであれば徹底的に調べ抜くのが技術者。保身のために嘘をついた君たちは恥を知れ!

藤間は野木教授に頭を下げた。そして帝国重工の製造部は無人農業ロボットから手を引くように指示した。自己中心的な目線で製品を作れるはずがない。的場も事業案の書き換えから始まり、失敗して最終的には責任逃れ。的場は大きく立場を失ってしまった。

後に佃製作所の調査により帝国重工のトランスミッションからバルブにおいて不具合が発見されるのだった。基本的な設計ミスであった。

終盤

[終盤]を開く

キーデバイスの完全内製化へ

ロケットエンジンのバルブシステムの完成が間近に迫っていた。利菜も開発に携わるバルブシステムは佃製作所製のものにスペックで追いつきを見せた。

利菜も最後の最後まで気合を入れていたが、同僚の一言が妙に心に残った。もし帝国重工が数値で敗れたとしても、利菜は佃製作所でバルブシステムを開発することができる。私って佃製作所を継ぐのかな?

野木は改めて藤間社長に感謝していた。あんなに自分たちのことを考えて動いてくれる社長さんがいるんだな。だがそれと同時にプレッシャーを感じていた。今度無人農業ロボットが失敗に終わってしまうと、全責任は藤間社長が負うことになる。

それに今は利菜と佃はバルブシステムでライバル関係に立っているので家の中でも少し微妙な空気を出し合っていた。それでも先輩として意地を見せたいと考えている。

~~~

親父は何で農家を継いだの?

殿村はふと気になって聞いてみた。

親父さんは1度でいいから会社でスーツを着て働いてみたかったと話した。殿村は3日でクビだよ、と笑った。

農業法人の稲本はいつも殿村の邪魔をしてくる。この日も車からわざとらしくダーウィンのパンフレットをちらつかせて、これが欲しければ農業法人に入れと言ってきた。

親父さんはダーウィンについて聞いた。無人農業ロボットでこれからはこのような機械が必要になってくると説明すると、親父さんはロボットに米は作れねぇと完全に否定する立場をとった。今まで自分が汗水たらして米を収穫してきたことを考えると簡単に受け入れられない気持ちもわかる。

~~~

お互いに着々と開発競争を進める

家に帰ると利菜がおばあちゃんのラジカセを手作業で直していた。佃も手伝ってあげることに。利菜は子供の頃はお父さんが魔法使いだと思っていたらしい。壊れたものを少し触るだけでまた動くようになっていたから。

お互いにバルブの進捗具合について質問し合う。どちらもこれ以上ないほど自信があるようだ。果たして正式にロケットに搭載されるバルブシステムはどちらになるのか。

ついに決戦の日。バルブシステムの性能試験が行われる。帝国重工にとっては悲願の完全内製化に向けて非常に重要なものとなる。

耐久性の5640回。この数値に水原本部長も含めて大喜びする。これで勝てるかもしれない。佃製作所の数値が届いた。

なんと8180回、、。帝国重工は遠く及ばない数字をたたき出された。すべての検査項目において佃製作所は圧倒した。

これによって次回のロケットには佃製作所のバルブシステムが採用されることが決定した。みんな歓喜の声を上げる。もちろん表面上はみんなと一緒に喜んでいたが佃の心の中は複雑だった。

佃は家の前の草っぱらで寝転んで利菜の帰りを待っていた。一緒に寝転んでオリオン座を見ないか?どうしても利菜と語り合う時間を作りたかったのだ。だがそれを察知したように慰めの言葉は言わないと家に帰ってしまった。

佃は別れた元女房に電話をかける。やはり今回は父親に勝とうと必死に頑張っていたようだった。だからこそ今回の負けは非常に彼女にとって辛いものになっているはず。それにもう一つのことで利菜は悩んでいたらしい。佃製作所の跡継ぎについてだ。まさか利菜がそんなことを考えていたなんて全く知らなかった佃は驚く。

佃の正直な気持ちとしては跡を継いでくれるならもちろん嬉しい。だけど絶対に押し付けるような事はしたくなかった。利菜の幸せが1番だと考えている。

~~~

財前がボーリング場に?

至急会いたいとの連絡が入り、財前が向かった先はボーリング場だった。佃らは休日なのでパーっとボーリングで盛り上がっている。

財前はまずロケットのバルブシステムが採用されたことをお祝いした。そしてどうしても伝えたかったのはアルファ1の今後についてだった。

藤間社長自ら陣頭指揮をとることになったので、今後の方向性について決定された。ダーウィンと渡りあうことができる会社に委託してなんとしても信頼を回復しろ!

財前は今一度、佃製作所にアルファ1のエンジンとトランスミッションについてお願いした。だが前回のこともありさすがに即答はしかねるとして一旦持ち帰った。

佃と山崎は悩んでいた。無人農業ロボットが世間をにぎわせている現状において、そこに参戦するのは並大抵の覚悟では務まらない。しかも非難を浴びている帝国重工側に。

エンジンについては自信を持っている。ただトランスミッションについてはまだ参入したばかりで品質としてはギアゴースト社に遠く及ばないと考えていた。もちろん挑戦をしたいが、藤間さんや財前さんも巻き込んでしまう。もう失敗は許されない。佃はしばらく考えることに。

~~~

利菜は母親と食事

パンケーキを食べながら語り合った。自分は知らない間にお父さんに甘えていたのだろうか。

母親はどうしてそこまで優秀な技術者に上り詰めることができたのかその理由を語った。それは人よりも何倍も何十倍も失敗してきたから。あなたもこの失敗を糧に大きく羽ばたきなさい!

殿村は佃と電話する。どうしても佃製作所が関わったトラクターを納品したい。殿村の米も嫌がらせを受けながら以前と変わらない売り上げを誇っていた。お客さんは品質を信用してくれているのだ。だから殿村も佃製作所の品質を信用していた。

ギアゴースト社でも不穏な空気は出てきていた。開発担当者の氷室が技術開発を怠っているのだ。もうこれでいいだろう。相手はたかがアルファ1なのだから。この緩んだ雰囲気は以前のギアゴースト社にはなかった。

佃はまたしても利菜を家の前で寝転びながら待っていた。今度は利菜も一緒に寝てくれる。

お互いにものづくりの素晴らしさについて語り合った。利菜は利菜のペースでゆっくりと歩んでいけばいい。無限の宇宙のように可能性が広がっているのだから。いつか遠い火星にだっていけるはず!その時のために毎日歩み続けるだけだ!

9話終わり

 

下町ロケット|9話感想

下町ロケット感想

親子間の戦い

佃も利菜もロケットエンジンのバルブシステムで対抗しているだけあってここ最近は親子であっても少し微妙な空気が流れていたことが想像できます。お互いに同じ技術職を職業としているだけに気持ちもわかるだけに余計に辛かったでしょうね。そして結果はご存知の通り利菜の完敗。本気で勝つことを目標にしていただけに圧倒的な大差をつけられて負けたことがショックだったでしょう。それと同時に父親としての偉大さも痛感したことと思います。佃も利菜と同じ年代の時、うまくいかなかった経験が数え知らないほどあったと思いますが、その経験から今の技術力でつながっている事は明白です。佃が利菜に語ったあせらず自分のやりたいことをコツコツと積み上げていく。それは何も技術職に限らず、すべての仕事において通ずる普遍的なものなのではないでしょうか!

自らの地位を守る人間の末路

的場と奥沢は無人農業ロボットの失敗責任を野木教授に押し付けました。たしかに天下の帝国重工が簡単に失敗を認めるわけにはいかない気持ちは分かります。しかし、初めから自らの保身のためにその流れを既成事実化するのはやはり企業人としてやってはいけないことだと思います。仕事は人がするものです。そして人とビジネスをする上で最も重要な要素は信頼と誠実さです。アルファ1の失敗以上にさらなる失敗を重ねないためにも、藤間社長が表に出て行ったのでしょう。これから世間から底を見透かされた風評被害を挽回していくのは至難の業だと思いますが、佃製作所の力も貸して頑張ってほしいです!

確かに状況は違うが

財前としても、アルファ1のエンジンとトランスミッションを自社で開発するために佃製作所に撤退を申し入れたにも関わらず、ダーウィンの存在によって再び佃製作所に開発を依頼することになったのは胸が締め付けられる思いでしょう。それでも財前が目指している未来は帝国重工の見栄やプライドではなく、実際にこの瞬間も苦労している農家の方達に未来の可能性を指し示すこと。そのための最善策として佃製作所のエンジンとトランスミッションが必要だと感じるのであれば頭を下げる。すばらしい先見性と判断力だと思いました。あとは佃製作所がどのようにしてその期待に応えるかですね!

鍵は島津の行き先?

山崎が財前の申し出を諸手を挙げて喜ぶことができなかったのは、エンジンについては自信を持っていても、トランスミッションについてはまだまだギアゴーストに遠く及ばないと自己分析していたからに他ありません。そこで鍵になってくるのは、ヤタガラス編になってから存在感をなくしていた島津の判断なのではないでしょうか?伊丹も開発部がこのままの状況ではマズイと思ったのか、急に島津に接近し始めました。明らかにまたギアゴースト社に引き入れようとする魂胆が見え見えです。一方で佃製作所としても、島津の協力なくしてはすぐに世に送り出すことができる無人農業ロボットのトランスミッションを実現することが不可能でしょう。つまり島津がどちらにつくのかで運命は大きく変わるものとみられます。

最終回に向けて

やはり最終回では動機も不純で不条理を貫き続けてきたダーウィンチームに、正々堂々真正面から将来の農家のあるべき姿を提案するために佃と財前が挑んで行く構図となるでしょう。正義は勝つ!が下町ロケットの最大の見所でもあるのでおそらくつ製作所が負けることはないと思いますが、その決着の仕方が非常に気になります。ダーウィンも目先の利益を目指している節が見え隠れしていますので、おそらくはそこに綻びが生まれて大きくなっていくと予想しています。やはり目的に何を据えるかによって人の行動は大きく変わりますので、行動する時は動機を大切にすべきですね!

 

下町ロケット|10話あらすじ

 

財前(吉川晃司)から再び無人農業ロボットのエンジンとトランスミッションの供給を頼まれた佃製作所。悩む佃(阿部寛)だが、社員の中には、失敗の許されないこの挑戦に後ろ向きの者たちもいた。今までのノウハウを生かし、エンジンには絶対の自信があるが、問題はやはり経験不足の感が否めないトランスミッション……。

そこで佃は、大学講師のアルバイトとして働く島津(イモトアヤコ)のもとを訪れ、改めて一緒に仕事をしないかと誘う。 悩む島津だったが、立て続けに伊丹(尾上菊之助)が訪れてきて……。

 

視聴率推移

 

第1話[2018年10月14日放送]視聴率

13.9%

第1話の見逃し動画とネタバレはこちら


第2話[2018年10月21日放送]視聴率

12.4%

第2話の見逃し動画とネタバレはこちら


第3話[2018年10月28日放送]視聴率

14.7%

第3話の見逃し動画とネタバレはこちら


第4話[2018年11月04日放送]視聴率

13.3%

第4話の見逃し動画とネタバレはこちら


第5話[2018年11月11日放送]視聴率

12.7%

第5話の無料視聴動画とネタバレはこちら


第6話[2018年11月18日放送]視聴率

13.1%


第7話[2018年11月25日放送]視聴率

12.0%

第7話のドラマ動画とネタバレ感想はこちら


第8話[2018年12月02日放送]視聴率

11.5%

第8話の無料視聴動画とネタバレはこちら


第9話[2018年12月09日放送]視聴率

12.6%

第9話の感想とネタバレはこちら


第10話[2018年12月16日放送]視聴率

15.5%

第10話の無料動画とネタバレはこちら


第11話[2018年12月23日放送]視聴率

16.6%

第11話の見逃し視聴とネタバレはこちら


※視聴率については、随時更新予定(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 

キャスト・スタッフ

キャスト

 

阿部寛(佃航平)土屋太鳳(佃利菜)
竹内涼真(立花洋介)安田顕(山崎光彦)
徳重聡(軽部真樹男)和田聰宏(江原春樹)
今野浩喜(迫田滋)中本賢(津野薫)
谷田歩(唐木田篤)坪倉由幸(蔵田慎二)
馬場 徹(柏田宏樹)朝倉あき(加納アキ)
立石涼子(殿村恭子)山本圭祐(蒔田)
山田悠介(本田郁馬)松川尚瑠輝(佐伯文也)
菅谷哲也(上島友之)菅野莉央(坂本菜々緒)
原アンナ(斉藤あゆみ)ぼくもとさきこ(仁科美咲)
イモトアヤコ(島津裕)真矢ミキ(和泉沙耶)
六角精児(辰野)内場勝則(神田川敦)
岡田浩暉(稲本彰)今田耕司(一村隼人)
恵俊彰(神谷修一)池畑慎之介(中川京一)
古舘伊知郎(重田登志行)木下ほうか(水原重治)
工藤夕貴(殿村咲子)山本學(殿村正弘)
中村梅雀(末長孝明)倍賞美津子(佃和枝)
尾上菊之助(伊丹大)立川談春(殿村直弘)
神田正輝(的場俊一)吉川晃司(財前道生)
杉良太郎(藤間秀樹)

 

スタッフ

 

製作著作|TBS
原作|池井戸潤「下町ロケット ゴースト」(小学館刊)
脚本|丑尾健太郎
音楽|服部隆之
ナレーション|松平定知
プロデューサー|伊與田英徳 峠田 浩
演出|福澤克雄 田中健太

 

下町ロケット|9話無料動画まとめ

 

案内人
案内人

「下町ロケット」もいよいよ最終回を迎えます!大ヒットを記録した続編ドラマということで大変注目を浴びていましたが、夢に生きる中小企業の人間ドラマが忠実に再現されていて期待を裏切らない完成度だったと思います!原作者の池井戸潤さんには「下町ロケット3」を期待して最終回を楽しみに待ちましょう!

 

第9話の配信がスタートしています↓

 

 

©TBSテレビParavi/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
※本作品の配信情報は2018年12月9日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。っ
テキストのコピーはできません。