下町ロケット | 動画見逃し無料視聴(10話 | 12月16日放送)

下町ロケット

 

下町ロケット」の第10話を見逃した方も安全に公式動画で無料視聴できる方法を簡潔にご紹介します!ここに書かれていることをしっかり守ればメリットしかありませんのでご参照下さい!島津はどの道を選ぶ?天災に立ち向かう殿村に大きな試練が訪れる!
 
 

-番組名-

「下町ロケット」

-放送開始-

2018年10月14日(日)

-放送日-

2018年12月16日(日)[第10話]

-放送日時-

TBSテレビ 毎週日曜よる9時〜

-出演者-

阿部寛(佃航平)
土屋太鳳(佃利菜)
竹内涼真(立花洋介)
安田顕(山崎光彦)
徳重聡(軽部真樹男) ほか

※下記に全キャスト詳細あり

-原作-

池井戸潤「下町ロケット ゴースト」(小学館刊)

 
 

[この記事の見どころ]

✎ 下町ロケット|動画見逃し無料視聴

✎ 下町ロケット|人物相関図

✎ 下町ロケット|10話ネタバレ

✎ 下町ロケット|10話感想

✎ 下町ロケット|11話あらすじ

✎ 下町ロケット|視聴率推移

✎ 下町ロケット|キャスト・スタッフ

✎ 下町ロケット|10話動画まとめ

 

下町ロケット|見逃し配信

 

案内人
案内人

「下町ロケット」を見逃した方は、ドラマでも紹介されている通りTBS動画配信サービス「Paravi」をご活用ください!全話配信されているだけでなく、初めて体験される方は初月無料特典が付いてきますので、お金をかけずにイッキ見することも可能です!

 

第10話含めてイッキ見可能↓

 
 
♙ 運営会社(プレミアム・プラットフォーム・ジャパン※) 
2018年4月からサービス開始
TBS、テレビ東京、WOWOW、日経新聞、電通、博報堂の共同出資
 
♙ 登録月は無料で楽しめる[翌月より999円(税込)](初回のみ)
ex. 契約日(11/20)の場合 → 無料期間 11/20〜11/30 |月額料金発生 12/1〜
 
♙ 複数のデバイスで視聴可能
♙ 月初めに300円分のチケットを配布
 

※本作品の配信情報は2018年12月16日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。

 

人物相関図|ヤタガラス

 

下町ロケット 相関図 ヤタガラス

©️TBSテレビ「下町ロケット」

 

下町ロケット|10話ネタバレ

 


↓下記をタップすると開きます↓

※誤字や脱字があった場合、ご了承ください。

序盤

[序盤]を開く

佃製作所は果たして

アグリジャパンの失敗によって信頼を失墜させてしまった帝国重工。なりふり構わず藤間社長はエンジンとトランスミッションを外部委託してでも無人農業ロボットを完成させるように財前に命じた。果たして佃製作所はその依頼を引き受けるのだろうか。相手はあの天才エンジニア島津が手掛けたトランスミッションを搭載しているダーウィン。もう失敗は許されないところまで来ていた。

もし失敗してしまうと藤間と財前に迷惑をかけてしまうことにもつながる。社内でもその話題でもちきりだった。確かに話としては素晴らしくありがたい話でもある。だが、今は世間的に逆風を浴びているアルファ1に肩入れすることはメリットばかりではなかった。同じく信用を失ってしまうこともあり得る。

気持ちばかりでは勝てない。圧倒的に経験不足のトランスミッション分野においてギアゴースト社に勝てるのか?エンジンだけに発注を絞った方が良いのではないか?

~~~

佃は明応大学へ

ある人物に会うために佃は大学へ来た。その人物とは大学で講師のアルバイトを始めた島津だった。久しぶりの再会である。

島津は率直に今の自分たちが置かれている立場を説明した。帝国重工に期待に応えるだけのエンジンは自信を持っている。ただトランスミッションについてはどうしても経験が圧倒的に不足していた。今回は時間との勝負である。悠長にトランスミッションの検証実験を重ねる時間はもうない。そこでどうしても君の力が必要なんだ。うちのトランスミッションチームを率いてくれ!

現状自分たちの力でどこまでトランスミッションが完成しているのか島津にデータを手渡した。もし力を貸すに値するのであれば手を貸してほしい。前に島津さんが話していた人の役に立つトランスミッションを作りたい。それをまさに佃製作所は農家の方のために日本の農業を救いたい大きな夢がある。

その夢のためには君の力が必要だ!ギアゴースト社で叶えられなかった夢を今度は一緒に叶えないか?

島津の心は大きく揺れた。

~~~

もう1人訪問者が

島津が佃から手渡されたデータを再生している時、もう1人顔なじみの人間がやってきた。

なんとギアゴースト社の伊丹だった。彼の目的はただ1つ。島津をもう一度会社に戻すこと。そしてトランスミッションをより精度の高いものに引き上げてもらうこと。

同じ日に別の会社から誘いを受けた島津。実はアメリカのカリフォルニア大学の講師としての採用も同じタイミングで決まっていた。果たして島津はどのような選択を取るのか?

佃は家に戻りお酒を飲む。利菜はあの優秀な島津さんに佃製作所に来ないかと声をかけたことをびっくりしていた。彼女ほどの天才エンジニアであれば大企業から引く手あまたの存在。それがうちみたいな中小企業に来てくれるわけがない。なんて大それたことをしてしまったんだ、、。もっと別の誘い方があったのではないか?佃はふて寝した。

~~~

佃製作所にて緊急集会

全員が会議室に集められた。社員たちも帝国重工の無人農業ロボットについてだと想像した。前に進むのか、現状維持なのか。

佃は今回の挑戦を前向きにとらえてギアゴースト社との対決ではなくもっと先の未来、農業を救う目的のためにも参加すべきだと答えた。ただやはり社員の中からは参加すること自体は賛成だが、トランスミッションの技術がギアゴースト社に勝っているのか不安視する声も聞かれた。

やはりここは安全にエンジンだけを受け入れるべきではないか。断るのであればこのタイミングしかない。

佃はここで誇らしげな表情を浮かべて、だったらトランスミッションのプロに来てもらおう!と提案した。

ダーウィンのトランスミッションは、あの天才エンジニアの島津が手掛けたもの。彼女の技術を上回る優秀なスタッフを簡単に採用できるとは思えない。

島津を超えられるのは島津だけ。だったら彼女に来てもらおう!

ガチャ

島津が現れた!全員立ち上がり歓迎の拍手を浴びせる。

佃は手を差し伸べて、これからよろしく!と固い握手を交わした。

~~~

トランスミッションチームを率いる

佃に見せてもらった映像。そこには技術チームの努力の結晶の軌跡が見えた。そんなチームに私も加わりたい。農家の人にとって役に立つトラクターを作る!

こうして天才エンジニア島津は佃製作所に加わった。まるで子供のように、早速技術チームとトランスミッションについて意見をぶつけあった。

財前は的場に佃製作所と二人三脚で農業ロボットを開発することを的場に伝えた。当然、的場にしてみれば面白くない。だが今度の失敗は自らの責任ではなく、藤間社長に向けられる。

至急、帝国重工でストップしていたトランスミッションの製造を再開させて、佃製作所が失敗すると見込んで再び狼煙を上げる準備を始めた。

佃は殿村と電話する。あれだけ優秀な人が会社に入ったのでびっくりする。島津が加わってからトランスミッションチームは明らかに開発のスピードが上がった。信じられないほどの集中力。

殿村ももう少しで1年をかけて育ててきた米の収穫時期を迎える。殿村は収穫したら真っ先に社長に食べて欲しかった。そんな言葉が佃は嬉しい。

中盤

[中盤]を開く

少し不協和音が生まれる

当たり前のことなのだが、今までトランスミッションチームを率いていた軽部にしてみたら急にきた島津に自分のポジションが奪われてしまってあまり面白くない。

島津が任せた応答性の検証についても、いくら進捗状況を聞いても検証中と答えて定時には上がってしまう。そんな態度に立花は苛立ち、その真意を正そうとするが響かない。

たしかに軽部も優秀な技術者であることは間違いない。それでも島津と比べるとやはり経験の差はあり、これから急ピッチでトランスミッションを完成させていかなければならないタイミングで社内で争っている場合ではない。

一方でダーウィンチームは、余裕綽綽に宴会を開いていた。アルファ1の転げ落ちた動画を見ながら高笑いしている。ダーウィンは次にモニター募集へと移ろうとしていた。全国に約30台。常に先手を打って帝国重工にプレッシャーを与える。

そのことはギアゴースト社でも共有された。トランスミッションの責任者である氷室も余裕な態度を見せる。

柏田は社長に対して昼間取引先で佃製作所の佃社長と一緒に島津さんの姿があったことを伝えた。もしかしたら社員として入社したのではないか?

伊丹は苦虫をかみつぶしたような表情を浮かべる。あの日大学で同じく島津を勧誘した伊丹だったが、自らの軽薄な態度に愛想つかされ断られていた。伊丹は島津を奪われたことに腹立っていた。

~~~

まだ早い!

ダーウィンチームが早くもモニター募集を行う情報は佃製作所にも伝わった。トラクターの販売までもが先手打たれてしまうと取り返しのつかない差ができてしまう。自分たちもモニターを開始してはどうかという提案を島津は制した。

それにまだこのトランスミッションは十分に検証実験を行えていなかった。そのような不完全なトラクターを農家の人に使ってもらうわけにはいかない。まずは実験を行える農場を探すことが先決となる。そのような都合の良い農場が果たしてあるだろうか?

あった!ノーハウがしっかりしており300年続く伝統の米農家が!

殿村はさっそく親父に今回の件相談してみた。しかし、自分の経験と勘だけを頼りに今まで農業をしてきた親父さんにとって、得体の知れない無人農業ロボットなど到底受け入れられるものではなかった。300年受け継いできた土地を実験場などにできなかった。

佃もその反応には一理あるとして納得するしかなかった。トラクターの実験農業場は別の土地を探すことに。

~~~

軽部の真実

この日もまだ検証実験が途中なのに定時で上がる。いつまでたっても感情を表に出さない軽部に立花は彼が何を考えているのか全く理解できなかった。そんな立花と加納を山崎が飲みに連れて行った。

そこで軽部の事情について話す。軽部はプライベートなことなので黙っておくように伝えていたが、娘が心臓が弱いこともあって病院にお世話になっている。共働き世帯のため、一旦定時に上がらざるを得ないのだ。あいつだってエンジニアだ!仕事は完璧にこなしている。

立花と加納が再び会社に戻ったときには、なんと軽部が再び作業着に着替えて一人で黙々と検証実験を繰り返していた。その光景に2人は感動する。

後日、軽部は島津の要望通りに完成度の高い応答性を実現させてみせた。軽ちゃん、島ちゃんとまで呼び合える仲となってトランスミッションチームもついに一枚岩となったのだ。

ボーリング場にて懇親会が開かれる。島津の要望もあってみんなでボーリング場にてワイワイ楽しむ。そこに財前が話があるらしく合流した。みんなが財前にボーリングをするように勧めるがやはり財前は投げようとしない。みんながスポーツは苦手なのではとひそひそ話を始めたのは耳にして財前は一投だけ投げた。

バンッ

完璧なフォームから繰り出される投擲は見事に全てのピンを倒してストライクを奪った。唖然とした表情を浮かべる一同。

肝心の話はやはり実験場の問題だった。下請けイジメのイメージがついているアルファ1に協力してくれる農家は皆無で帝国重工でも探し出せていなかった。早急に見せないとますます差を広げられてしまう。

終盤

[終盤]を開く

青天の霹靂

殿村に大きな試練が降りかかろうとしていた。西の空が真っ赤に染まっていた。父親の話ではこのような空の時には大雨がやってくる。

大雨の警戒情報は関東でも放送され、殿村の田んぼがある北陸地方が最も警戒レベルが高い。佃製作所の面々は心配する。

直感的にものすごい災害になることを見越して親父は舟を下ろして農機具や稲などを守った。この先はどのような雨になるかわからない。殿村は悔しくて恐怖に震えていた。

佃も山崎もラジオで災害情報に耳を傾けている。黙って座っていられない。

これから先は運否天賦。

ただ祈ることしかできない。避難指示が発令されたため車で向かうが、殿村はどうしても田んぼを見捨てることができない。ここにいたって何もできないことはわかっているのに。

~~~

自然を相手にするのは

親父さんは殿村に強い口調で語った。自然を相手に仕事をしているのは時として猛威を振るうこともある。それが生きていくということ。

ついに信濃川が決壊してしまった、、。

雨は過ぎ去った。甚大な被害を残して。

佃は救援物資を届けに殿村の地元を訪れた。殿村を含めて家族が全員無事で胸を撫で下ろした。しかし、稲は全滅してしまった。殿村は佃に新米を送る約束を果たせなかったことを悔やんだ。これが自然を相手に仕事をするということ。

佃製作所の社員一同からお見舞い金を手渡した。佃はどうしても放っておくことができず、農業が復興するまでの間、佃製作所に戻って来ないかと提案した。

しかし、殿村はその申し出を断った。簡単にで戻るわけにはいかない。自分の責任でこの道を選んだ。とのむらの米を楽しみに待ってくれている人たちの期待に応えるにはおいしいお米を作ることしかないのだ。

いつでも力になる!それだけは佃は強く言って聞かせた。

やはり殿村は精神的にかなり参っている状況。それもそのはずである。1年間の苦労が一夜にしてあっという間に水に流されてしまったのだから。佃は大自然の猛威に対して人間はここまで無力で何もすることができないのかと嘆いた。

~~~

天災の次は人災

殿村はなんとか農業を再興するために農協を訪ねた。しかし、断るごとに邪魔をして嫌味を言われてきた関係がここでも邪魔してしまう。なんと融資条件は満たしているのに、お前が気に食わないとの理由だけで融資を拒んだのだ。農協の金銭的援助がなければ再興することは不可能。殿村は頭を下げてお願いするが相手にされない。

そんな辛い状況の殿村をなんとか手助けしてあげたい!佃はそう島津にこぼす。

島津は初めてお互いが出会ったボーリング場のことを話し始めた。お互いにあの時は変人だと思った。まさかこんなにも長い付き合いになるなんて。島津は自分のことを認めてくれて必要だと言ってくれた。お互いにエンジンとトランスミッションのように対等な関係だからこそうまくいく。きっと殿村さんもそうでありたい!

この話を聞いて佃はある覚悟を決めた。

~~~

殿村の父を説得に

佃は財前と共に殿村家を訪れた。ロボットに土地を渡さないと既に伝えたはずと父親は機嫌が悪い。様々な好条件を提示するがそのようなことが問題なのではない。父親には人の不幸を利用して商売に転用しているように見えた。

ここから佃は自身の農業に対する考え方を訴える。

会社として存続させていく以上商売の側面も否定できない。だがそれにも大事な要素として意義を説いた。それはつまり目的である。目先の利益ではなく近い将来衰退が見えている農業分野においてなんとしても救いの手を差し伸べたい。米作りは日本人として守って行かなくてはいけない大切な財産。この技術が完成したときにきっとある程度、若者が農業の分野に興味を持ってくれるはず。まだまだ課題は山積だが、ここで得られたデータが日本の未来を救うことになる!どうかお願いします。

息子さんが守ろうとしたものをこの国の米作りを全力を賭して守りたい。

父親は今回の災害によってもう米作りをすることは無理だと諦めていた。だけどあきらめないで新しい知恵を活用して救い出そうとしてくれる人がいた。父親も頭を下げてこちらこそよろしくお願いしますと話した。うちの田んぼを使って日本の農業を救ってください。

~~~

いよいよ検証スタート

野木教授も合流した。ここならばより実践的なデータを蓄積することができる。急ピッチで問題点をあぶり出し製品化に向けて動いていかなくてはならない。

ここで財前からある知らせが。なんと無人農業ロボット事業がICT農業推進プログラムとして政府が推し進めることが決定した。

その一環として総理大臣の目の前でロボットの実演が行われる。つまりアルファ1vsダーウィンの再対決である。

技術を盗まれて動いているダーウィンに本家が負けるわけにはいかない!

正義は我にある!!

下町ロケット 第10話 終わり

 

下町ロケット|10話感想

下町ロケット感想

男たちの熱き友情

下町ロケットで目頭が熱くなるシーンが第10話は多かったです。あんなにも絆が強い友情関係を結ぶことができて佃も殿村も幸せ者だと思いました。逆境にこそ人の真価が問われるというものです。確かに大自然を前に人は無力かもしれません。殿村が1年をかけて頑張ってきた成果も一瞬にして流されてしまったかもしれません。それでも殿村には助けてくれる仲間がいる。これを乗り越えた時にきっとあの時の災害があったからこそ、何倍も強く成長することができたと思える時が来るはずです。人は決して1人では生きてはいけない。人は助けあってこそ人である。そんな基本原則を改めて感じさせてくれる第10話でした。

大雨被害の現場

2018年は、今年の漢字に「災」が選ばれたことからもわかるように農家にとっては試練の年となりました。ニュースで被害の現場を中継されて心を痛めた視聴者の方も多かったはずです。殿村の親父さんも語っていた通り、大自然を相手にしているだけに何年かの周期で目を覆いたくなるような厳しい現実につき落とされることもあるでしょう。頭ではわかっていても簡単に納得できる話ではないと思います。年の瀬も近づき、下町ロケットを通じて改めて普段私たちが食しているお米のありがたみを気づかせてくれたのはありがたい限りです。全ての事象に対して感謝の心を持つこと。それを決して忘れてはいけないと思います。

島津の佃製作所への入社

農家にとって救いとなるような斬新なトラクターを開発したい。それこそが島津がトランスミッションを開発する意義でした。佃は打算的な伊丹の誘い方とは一線を画していて、あくまで対等にフェアに夢を語りました。それがエンジニアとして現場に復帰したかった島津の心に響いたのでしょう。もちろん商売的な一面があるとは否定できません。それでも夢を叶えるためにも会社という土台が必ず必要です。そして会社を存続させるためには利益を出し続けなければいけない。そのことを充分に承知した上で島津は戻ってきました。これからの佃製作所は鬼に金棒状態で島津というとんでもない経験を積んだ知識を得ました。人の技術の上にあぐらをかき、私怨で動き不誠実極まりないダーウィンプロジェクトに勝つ日を楽しみにしています!

閉鎖社会の農業

人の流入が少なく組織が硬直化しているため、農協のように農業を衰退させた組織がいまだに実権を握っている現状があります。それゆえに個性を発揮しようとする新たな農業に光が当たらず、出る杭を打たれてしまっている農家も少なからずあるそうです。まさにそのような現実を伝えるために殿村がドラマで登場したのではないでしょうか。農業はもはや仲違いをしている時代ではなく、TPPという新たな貿易システムによって否応なしにもこれからどんどん競争にさらされることになります。日本を相手にするだけではなく、世界に打って出ても勝てる農作物を作らなければいずれ淘汰されてしまうでしょう。あらゆる知恵を結集をして組織をスリム化することによって多くのアイデアが採用される土壌作りが急がれます。

最終回の展開は?

最終決戦として総理大臣の目の前で無人農業ロボットのデモンストレーションが行われます。アルファ1にとっては威信をかけた戦いとなりリベンジの場ともなります。どのような決着になるのか全く想像できませんが、1つ言える事は、仮にダーウィンに勝利したとしてもそれはスタート地点にすぎないことです。まさにこれから農業の世界に広く普及し周知していく必要がある自動ロボット。これを未来に繋げていくことこそが佃製作所の役割だと思っています。未来につなげるのであればしっかりとした目的を持っている企業が担ってほしい。あくまでも農家目線でものづくりを進めるのが基本です!そのような未来志向の最終回になるのではないでしょうか?

 

下町ロケット|11話あらすじ

 

佃(阿部寛)と財前(吉川晃司)から、日本の農業の未来を救いたいという熱い想いを聞いた正弘(山本學)は、300年続いた自身の田んぼを、「アルファ1」の実験農場として貸し出すことを決意する。その甲斐もあって、より精度の高い走行テストができるようになり、佃たちは製品化を急ぐ。

そして時間はあっという間には過ぎ、首相視察のデモンストレーションイベント当日。佃製作所のメンバーはじめ、前回のリベンジに燃える的場(神田正輝)は首相の到着を待つが、なかなか現れず、到着が大幅に遅れてしまう。それにより、首相は敵方のダーウィンのデモを見たら帰ると言い、反論する的場や財前だったが・・・。果たして再対決の勝負の行方は・・・!?

 

視聴率推移

 

第1話[2018年10月14日放送]視聴率

13.9%

第1話の見逃し動画とネタバレはこちら


第2話[2018年10月21日放送]視聴率

12.4%

第2話の見逃し動画とネタバレはこちら


第3話[2018年10月28日放送]視聴率

14.7%

第3話の見逃し動画とネタバレはこちら


第4話[2018年11月04日放送]視聴率

13.3%

第4話の見逃し動画とネタバレはこちら


第5話[2018年11月11日放送]視聴率

12.7%

第5話の無料視聴動画とネタバレはこちら


第6話[2018年11月18日放送]視聴率

13.1%


第7話[2018年11月25日放送]視聴率

12.0%

第7話のドラマ動画とネタバレ感想はこちら


第8話[2018年12月02日放送]視聴率

11.5%

第8話の無料視聴動画とネタバレはこちら


第9話[2018年12月09日放送]視聴率

12.6%

第9話の無料視聴動画とネタバレはこちら


第9話[2018年12月09日放送]視聴率

12.6%

第9話の感想とネタバレはこちら


第10話[2018年12月16日放送]視聴率

15.5%

第10話の無料動画とネタバレはこちら


第11話[2018年12月23日放送]視聴率

16.6%

第11話の見逃し視聴とネタバレはこちら


※視聴率については、随時更新予定(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 

キャスト・スタッフ

キャスト

 

 

スタッフ

 

製作著作|TBS
原作|池井戸潤「下町ロケット ゴースト」(小学館刊)
脚本|丑尾健太郎
音楽|服部隆之
ナレーション|松平定知
プロデューサー|伊與田英徳 峠田 浩
演出|福澤克雄 田中健太

 

下町ロケット|10話無料動画まとめ

 

案内人
案内人

殿村の農業に懸ける想いと残酷なまでの天災。人の無力を感じつつもそれに知恵で必死に抗おうとする男たち。再びものづくりの最前線で勝負することを決めたエンジニア。多くの人間ドラマを見ることができた第10話でした!次回はいよいよ最終話。ダーウィンとの最終決戦の行方が気になります!頑張れ、佃製作所!

 

第10話含めてイッキ見可能↓

 

 

©TBSテレビParavi/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
※本作品の配信情報は2018年12月16日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。っ
テキストのコピーはできません。