相手との距離感をグッと縮めるにはどうする?

ビジネス
ビジネスの世界で役立つ情報を分かりやすくお伝えします。

こちらの記事では様々な方法をご紹介

実際に相手との距離感を縮める方法は多種多様な方法があるのは皆さんのご想像通りです。もちろん人によって得て不得手があるように、それぞれに適した方法があると考えていますので、こちらの記事でご紹介させていただく方法の中で自分でもできそうだなと直感的に感じるものを1つでも構わないので選択していただいてぜひ日常で実践していただきたいと考えています。実際に相手との距離感をどのようにすれば縮めることができるのかを知るためにこちらの記事までたどり着いている方であれば、間違いなく相手のことを尊重し、距離感を縮めることができるようになりますので自信を持って実践していただきたいです。

まずはうなずき方を見直してみよう

誰かと会話をするとき、あなたは無意識のうちに相手の話を聞いているときにうなずいていることと思います。それは今までの経験がそうさせているのであって、仮に相手が話しているときに、全く頷かずに無表情のままいたらきっとあなたの周りから徐々に人が離れていってしまうことでしょう。しかしながらあまりにもうなずく行為はごく当たり前の行為となってしまっているので、自分がどのようにしてうなずいているのかを日頃省みる事はなかなかないと思います。だからこそこちらの記事にたどり着いた方には、自分が日頃どのようなうなずき方をしているのかを見直していただきたいと考えています。

実はうなずき方にはマニュアルのようなものは存在しておらず、相手の話し方によって変化していく生き物のようなものなのです。まず押さえていただきたいのは相手が話している内容によってうなずくスピードを変化させることです。簡単に説明すると、楽しくておかしい話を相手がしているのであればうなずくスピードもそれに比例して早くなります。逆に重たくシリアスな話をしているのであればうなずくスピードがゆっくりになります。これらは当たり前のことですね。きっと聞き上手の方であればごく当たり前のこととして既に実行にうつせていることと思います。相手の話に真摯に耳を傾けていれば、話が重いのか軽いのか察知してそれに合わせてうなずくスピードを変えることが容易にできるものです。まずはこの法則からしっかりと理解してください。

単調な相槌に終始しないこと

日常会話においてもいつも同じような内容を話しているとどうしても相手からすると飽きる原因の1つとなってしまいます。それと同じように相槌も自分なりにバリエーション豊かなものを準備しておく方が良いでしょう。だからこそ自分なりの相槌を打つパターンを増やしておけば他者と差別化を図ることだってできるのです!「あー」「えっ」「おおっ」など、はじめに口にするワードを少し変えるだけでも、その後に続く言葉は変化してきます。今後は、相手の話に注意深く耳を傾けつつ、自らの相槌も変化をつけるように意識していきましょう!

相手にとって楽しくてワクワクした経験とは?

嬉しかったことと、悲しかったこと。あなたならどちらの話題を話している時にワクワク気分良くなるでしょうか?あなたとほぼ初対面の人なら、多少なりとも互いに緊張感をもっているはずです。そんな時に是非オススメしたいテーマは、今までで楽しかったことを話してもらうこと。この話題は話している本人としても、当時のことを疑似体験しているようの気分に浸れますので、話しているうちに当時の楽しさが乗り移って、ワクワクしてくるものです。そして緊張感などどこ吹く風と言わんばかりに、いつのまにか平常心になっていることも多いのです。

その場に適したテーマの中で、相手が楽しかった記憶を呼び起こしてあげるような話題をチョイスできれば、きっとその場はあなたがステキな聞き役として盛り上がっていることでしょう。

相手にとっての話しやすい話題とは?

話し相手として自分自身が十分に機能した人間になるにはとにかく相手にとっての聞き上手と呼べる存在になることが近道です。それではあなたが話しているときにどのような人間であれば好意を抱くでしょうか?それはやはり話していて自分自身が良い気分になる人こそがやはり好印象を持つことができる最大の要因になるかと思います。もちろん自分が褒められたり認められたり評価されたりするのは、そのようにされて悪い気分になる人は少ないでしょうし必要なスキルにも思います。

ただしこれらはやりすぎてしまうとは逆にわざとらしく悪い印象を与えかねませんし、相手も特別の理由なしに褒められたりするのはこそばゆく感じてしまうかもしれません。だからこそ私はコミュニケーションスキルにおいて1番重要なものと考えているのは、「積極的傾聴」であると考えているのです!

そして相手が一方的に話してくれる人物であれば問題ありませんが、大抵の場合は話題が尽きてしまうので相手ばかりに話をさせていては話も盛り上がりませんし、話の種は徐々に尽きてしまうものです。そんな時に相手に気分良く感じてもらう質問をすることができればあなたは間違いなく相手から好印象を抱いてもらえてコミュニケーションの上手な人として認識してもらっている事でしょう。

相手のお気に入りの話題とは

芸能人に例えてみても、誰かゲストを招いてトークをする番組でも実はホストとなっている有名人はあまり自分のことを高らかに話す事はせずひたすら聞き役に徹しています。考えてみれば当たり前のことですね。誰かゲストを呼んでその人のことを深掘りすることによって、番組を成立させて視聴者の興味を掘り起こしているのですから。だからこそゲストも楽しい気分で自分が今ハマっていることや趣味やこだわりなど大好きな話題を話したいと考えています。しかしゲスト自らその話をしだしてしまうとあまりに不自然に移ってしまうので、そこで大きな役割を果たすのが番組のホストなのです。

番組のプロデューサーが前もってゲストのパーソナルのデータを収集し、台本の大枠を作成しておく。それを適切なタイミングでゲストに対して話題を振っていくのです。テレビ番組の有名人ほどトークの達人になるのは厳しくても、普段から顔を合わせている間柄であれば、その人が何に対して興味を持ち何が好きなのかをメモしておくだけでも今後の展開は全く違ったものに変わっていくでしょう。テレビを通して万人に対して娯楽を提供するわけではないので、話している本人に集中してその人を満足させる話題とは何なのかをぜひ日ごろから考えてみて下さい。これだけ広くSNSが普及した現在においては、TwitterやFacebookなど初めてお会いする人のパーソナルデータを積極的に自ら収集する心がけがあってもいいかもしれません。

聞く順番を間違えないこと

はじめての場合は自分から自己開示

ここまでコミュニケーションの達人になるには聞き役に徹することが非常に重要であることを口が酸っぱくなるほどお伝えしてきました。ただし初めて会う人には少し注意が必要です。まだあなたのことをあまり知らないので心から当然信頼していません。あなた自身も初めて会う人にはあまり踏み込んでプライベートな内容を話さないでしょう。

まずは電気は一般的な話題からスタートさせて、プライベートな話題に進む前にまず自分のことを一言口にすることを意識してみてください。例えば家族構成を相手に尋ねたいときは、まず自分がどのような家族を有しているのか発言してから相手に質問してください。同様に自分が最近ハマっているものをしっかり伝えてから相手にも同じことを聞いてみるのです。考えてみればごく当然のことなのですが、あまり会話が上手じゃない人は沈黙を嫌ってどんどんその間を埋めようとしてしまいます。だから自分のことを話す発想すらなく、どんどん土足で相手のプライベートに踏み込んでしまうことが多々起きてしまうのです。

きっと今まで自分が質問してもあまり好感触を得られずに回答を引き出すことができなかった人も、まずは自分が同じ質問に答えてみることから始めてみるとびっくりするほど相手が気軽に答えてくれることに気づくはずです。この技術は心理学においても既に実証されていて「返報性の心理」と呼ばれています。言葉のままの意味合いで、相手がしてくれたことに対してこちらも同じことをして返さなければいけないという人間の基本的な心理を利用しているのですね!

決して無言を恐れないこと

先ほども軽く触れましたが、会話が苦手な人間は往往にして沈黙を嫌っている傾向があります。確かに気まずい思いをしてしまうし苦手だと感じてしまうのは ごく当然なことなのかもしれません。しかし改めてここで考えてみてください。人との会話はそんなにずっと未来永劫盛り上がったまま続くものでしょうか??

どうしても沈黙と呼ばれる間が生まれるのはごく自然なことですし、休憩が全くない会話はどう考えても疲弊してしまいます。なのでまず沈黙が訪れても必要以上に慌てふためくことなく責任を感じないことから始めてください。

そして次に沈黙を打破するテクニックをご紹介します。ここでもあなたがひたすらに聞き役に徹すると沈黙を容易に抜け出すことができます。まず覚えていただきたい事は、あなたから会話をあえてスタートさせる必要はありません。慣れるまで多少時間が必要になるかもしれませんが、沈黙が訪れたのであれば相手を無言でほほえましく見つめてみてください。すると相手は当然のことながら「おっ」と緊張してしまうでしょう。そして自分が話さなければならないと妙に促されてしまうものです。つまり相手に話をさせる手段なのですね。

もう一つは、相手が話している内容に対してまるでオウムのようにそのまま言葉を返すのです。それに加えて、その時の話題に適したリアクションも織り交ぜてみてください。そしてこちらが興味津々に聞いていることが相手に伝わると、相手はさらに自分自身が話を進めなければならないと考えてしまうものなのです。これも相手にあえて話をさせるテクニックの1つと言えます。

上記の2つのテクニックを織り交ぜながら駆使するだけでも、きっとあなたは沈黙を打破できる効果を実感できるはずです。必要以上に沈黙を恐れずにぜひ皆さんの日常に取り入れてみて下さい!

 

テキストのコピーはできません。