QUEEN(クイーン) | キャスト一覧!原作やあらすじ、相関図も!

QUEEN クイーン
 
2019年1月10日(木)22時スタート!
 
 
⇘ フジテレビ公式ネット配信「FOD ⇙

※ドラマ放送後に配信されると思います。

 

 
案内人
案内人

竹内結子主演「Queen スキャンダル専門弁護士」Scandalの裏には必ずトラブルシューターが存在する。しかも彼女は嘘を正義に変えてしまうほどのスピンドクター。危機に瀕した女性を救う氷見の奔走を描く。

 

 

スキャンダルの天才ドラブルシューター
 

-番組名-

「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」

-放送開始-

2019年1月10日(木)※初回15分拡大

-放送日時-

フジテレビ 毎週木曜 22時〜

-各放送話(無料動画・ネタバレ)-

第1話✿第2話✿第3話✿第4話✿第5話✿第6話✿第7話✿第8話✿第9話✿第10話

-出演者-

竹内結子(氷見江)
水川あさみ(与田知恵)
中川大志(藤枝修二)
泉里香(東堂裕子)
バカリズム(鈴木太郎)
斉藤由貴(真野聖子)

-脚本-

倉光泰子『tourist ツーリスト』『グッド・ドクター』

 

 

✎ QUEEN|動画見逃し無料視聴方法

✎ QUEEN|とは

✎ QUEEN|相関図

✎ QUEEN|キャスト

✎ QUEEN|スタッフ

✎ QUEEN|あらすじ

✎ QUEEN|主題歌

✎ QUEEN|視聴率

✎ QUEEN|SNSの声

✎ キャスト|コメント抜粋

✎ QUEEN|まとめ

 

動画見逃し無料視聴方法

放送終了から1週間以上経過の場合

 

案内人
案内人

スキャンダル専門弁護士 QUEEN」はフジテレビ公式動画配信サービス「FOD」で配信される可能性が高いです!というのも最近のフジテレビ木10ドラマ「モンテ・クリスト伯」「グッドドクター 」などはFODで見放題配信されているからです。

 

それと合わせて初回体験1ヶ月お試しキャンペーンを利用することで、利用者にとっては全く費用負担なく見逃したドラマQUEENを視聴することが可能となります。下記の注意点をよく読みご利用ください。

 

動画FOD

 

⇘ フジテレビ公式ネット配信FOD ⇙

※ドラマ放送後に配信されると思います。

 
※本作品の配信情報は2019年1月10日時点のものです。まだ配信されていない、配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。

 

✸ 1ヶ月以内の無料期間であれば、最新ドラマを何回観ても無料!

❀ 
月額888円(税抜)で人気映画・ドラマ・アニメが2,000本以上(レンタル作品含む)
❀ 初回体験者に1カ月の無料体験がある1ヶ月以内に解約すれば料金は一切かかりません
❀ 毎月合計1,300円分のポイントプレゼント☆★☆★
① 毎月月初に100ポイントプレゼント
② 毎月8の付く日(8日、18日、28日)に、各400ポイントをFOD公式サイトにてご自身で発行
❀ 簡単に3分ほどで契約3分ほどで解約できる
❀ 無料体験には、Amazonアカウントを入力する(すでにお持ちの方は、既存のアカウントOK)
❀ FODポイントは、映画ドラマのレンタルや漫画書籍の購入に使える
❀ 人気雑誌が100誌以上読み放題(スマホ片手に)
❀ 漫画・書籍が実質20%割引で買える
❀ ご自身で最大5つまでアカウントが持てる
携帯料金と一緒に支払える
❀ 解約後も、購入した漫画・書籍は読める
❀ 動画が高画質対応

もっと詳しく「FOD」を知りたい方は、「FOD メリット&デメリット」にお進みください。
 

QUEEN|とは

概要

 

● 竹内結子演じる氷見江(ひみ・こう)はスキャンダル専門の弁護士
● 女性のためなら嘘も真実にしてしまうスピンドクター
● 世界的なファッションブランド「ケリング」「ブシュロン」とのタイアップ
● 臨場感あふれるスキャンダルの現場
 

「QUEEN」原作

 

視聴者
案内人

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』の原作を調査しましたが、どうやら原作は存在せず、脚本家・倉光泰子さんのオリジナルとなりそうです。倉光泰子さんは、31歳の脚本家デビューで遅咲きであり、自身も2人のお子さんを持つお母さんです。女性目線から描く世界観に好評を得ており、特に皮肉的でシニカル、意地悪な心の描写を得意としています。QUEENもそのようなシーンをたくさん見ることができるでしょう。

 

脚本家:倉光泰子
年齢:35歳
出身:埼玉県
受賞歴:フジテレビヤングシナリオ大賞
主要作品:
刑事ゆがみ、恋する香港、ラヴソング

「QUEEN」あらすじ

竹内結子がフジテレビの連続ドラマとしては約6年ぶりに主演を果たす。その当時のドラマストロベリーナイトも映画化されたが、Queenもそれに続くのではないかと期待されている。また世界的なファッションブランド「ケリング」「ブシュロン」も日本の連続ドラマとしては初めて本格的に衣装協力関係を結んだことも話題に。竹内結子演じる主人公・氷見江は一般的な弁護士とは異なり、普段は法廷で闘っていない。それではどこで戦っているのかというと、日夜生まれてくるScandalの現場だ。ほぼ100%の確率で社会的に立場を失いつつあるクライアントを救うことを目標とする。

それに加えて氷見は何よりも女性の味方でありたいと考えている。逆に言えば女性を守るためであれば仮に虚偽をすることもいとわない。どれだけ追い込まれていようと勝利するまでは決してくじけることがない。そのような強い女性だ。逃げ場を失っていて社会的にも居場所がない女性の心を手助けし、その状況を改善しようとひた走る姿に感動するはず。

彼女はスピンドクター的な要素も併せ持つ。スピンドクターとは自らが発した情報を自らが有益な方向へと導く特別な手法をいう。これはすべての人が理想とする形だが当然全員ができるわけではない。言ってしまえば世論を誘導する技術。現代においてスキャンダルは日常茶飯事に降って湧いてくる。私たちは表に出ているスキャンダルの情報を目にする機会はあっても、その裏にどのような事情を抱えているのか理解していないのではないか?政治、芸能、スポーツなど具体的な事例を交えて真実味あふれるドラマを描く。

 

QUEEN|相関図

 
情報が解禁次第、更新予定です!
 

QUEEN|キャスト

竹内結子(氷見江)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】スキャンダル専門弁護士 QUEENさん(@queen_scandal08)がシェアした投稿

 

1980年4月1日/埼玉県/スターダスト/代表作『黄泉がえり』『ランチの女王』

 

女性の味方。敏腕弁護士。天才トラブルシューターであり、スキャンダルを解決することを本望とする。99.9%の確率で依頼人を助ける彼女の辣腕に注目!
 

水川あさみ(与田知恵)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

近藤良照さん(@jintengyoshiteru)がシェアした投稿

 

1983年7月24日/大阪府/sucre/代表作『西遊記』『のだめカンタービレ』

 

氷見にとってなくてはならない存在でありかけがえのない存在。同じく危機管理を得意としている弁護士で、氷見が心を許せる間柄でもある。性格は常に落ち着いて理論立てて考える。くよくよせずにスパッとした性格の持ち主。ただ怒りが沸点に到達すると誰にも止められないほど暴走する。恋愛が大好きな一面があるのが意外性がありかわいらしくもある。この役作りのためにボブカットにした水川あさみさんの今までにない弁護士の姿と演技に注目!。
 

中川大志(藤枝修二)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

かりちゃんさん(@calichan0819)がシェアした投稿

 

1998年6月14日/東京都/スターダスト/代表作『家政婦のミタ』『真田丸』

 

新人の駆け出し危機管理弁護士。二枚目であるにもかかわらずどんくさい一面を併せ持つ。それでもアメリカの弁護士資格を有しており非常に優秀。イケメンだが天然な部分を竹を割ったような性格の女性陣にいつもいじられている。純粋に弁護士として弱者の味方でありたいと願う気持ちもあり、必死に氷見に食らいつく。悪戦苦闘しながら成長する姿を要チェック!
 

泉里香(東堂裕子)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】スキャンダル専門弁護士 QUEENさん(@queen_scandal08)がシェアした投稿

 

1988年10月11日/京都府/スターダスト/代表作『海月姫』『文学処女』

 

出世欲の強いテレビ局記者。ある政治家からセクハラを受けた事を氷見に相談したことが出会いのきっかけ。この出会いをきっかけに、氷見は記者である東堂を貴重な情報源と考えて、情報を入手しようと試みるようになる。物語に何度も登場してくるスキャンダルの解決を大きく左右する存在。
 

バカリズム(鈴木太郎)

 

1975年11月28日/福岡県/マセキ芸能/代表作『スマホを落としただけなのに』

 

氷見の勤務する弁護士事務所の副所長。現在も父親が所長を務めており、腰掛けで弁護士になったのであまり熱意は感じられない。仕事が入っても基本的に全部部下任せ。だが時々見せる的を得た発言によってミステリアスな雰囲気すら漂わせる。今作では、バカリズムはキャラクターの監修も担当している。

 

斉藤由貴(真野聖子)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】カンナさーん!さん(@kannasaaan_tbs)がシェアした投稿

 

1966年9月10日/横浜市/東宝芸能/代表作『スケバン刑事』『真田丸』

 

氷見法律事務所の事務員。離婚経験があり子供が1人いる。あまり感情を表に出さないので何を考えているのかわからない。だが特殊なハッキング技術により氷見の依頼でフェイクニュースを用いて世間を賑わすことも。謎に満ちた彼女の過去にも注目。
 

QUEEN|スタッフ

 

脚本
倉光泰子
三浦駿斗

主題歌
YUKI

オープニングテーマ
milet

音楽
SOIL&”PIMP”SESSIONS

編成企画
加藤達也

プロデュース
貸川聡子(共同テレビ)
櫻井雄一(ソケット)

演出
関 和亮
横尾初喜
山岸聖太
戸塚 寛人

制作協力
ソケット

制作
フジテレビ
制作著作
共同テレビ

 

QUEEN|主題歌

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

りぃさん(@rii5469)がシェアした投稿

 

YUKIの新曲が、フジテレビドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」の主題歌に決定!!

2018.12.17

YUKIの新曲が、フジテレビドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」の主題歌になることが決定しました。

2019年1月10日(木)夜10:00から放送になりますので、是非チェックしてみてください(初回15分拡大放送)。

また、新曲タイトル等の詳細は随時発表していきますので、引き続きお楽しみにしていてください。

■フジテレビドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」

2019年1月10日 スタート

毎週木曜日 PM10:00

公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/QUEEN/

 

QUEEN|視聴率

 

視聴者
案内人

2019年木曜22時枠にフジテレビが持ってきた題材は弁護士ドラマでした。前作は「黄昏流星群」と大人の不倫物語を描いただけに視聴者層を選んでしまい高視聴率を獲得することができませんでした。最近のドラマ業界は恋愛ドラマか弁護士ドラマ・医療ドラマに大別される傾向があり、中でも弁護士ドラマは高視聴率を獲得しやすいです。竹内結子さんの6年ぶりのフジテレビ出演ということで話題性もあり、題材も女性を味方としたものなので当然女性を中心に視聴者層は幅広くなるはずです。過去の傾向を見る限り、視聴率は2桁越えは十分に可能性あるのではないでしょうか!

 

→「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」の視聴率はこちら

 

 

黄昏流星群 視聴率 無料動画はこちら

第1話[2018年10月11日放送]視聴率

7.3%


第2話[2018年10月18日放送]視聴率

7.3%


第3話[2018年10月25日放送]視聴率

6.1%


第4話[2018年11月01日放送]視聴率

6.5%


第5話[2018年11月08日放送]視聴率

6.7%


第6話[2018年11月15日放送]視聴率

6.5%


第7話[2018年11月22日放送]視聴率

6.4%


第8話[2018年11月29日放送]視聴率

6.2%


第9話[2018年12月06日放送]視聴率

7.4%


第10話[2018年12月13日放送]視聴率(最終回)

6.5%


※視聴率については、随時更新予定(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 

QUEEN|SNS反響

視聴者の声

現代の社会とマッチしたドラマ

多くの方があまりにも今はスキャンダラスな社会となりすぎていると違和感を感じている方も多いのではないでしょうか?私も確かに興味はあるものの、そこまで目くじらを立てるものなのかと不思議に思ってしまうこともあります。多分ドラマQueenは、弁護士で依頼人を守りつつも、そのような過敏になりすぎている社会に対しても多くのメッセージを投げかけるのではないかと予想しています!スキャンダルを抱えている芸能人や政治家、著名人にもこのような裏事情があるんだよと知って欲しいのではないでしょうか?

20代女性 イタナシ

やっと竹内結子に出会える

彼女の大ファンだった私からすれば待望の連ドラ出演です!彼女の透明感あふれる風貌はもちろんのこと、役者としての堂々たる振る舞いも素敵なので、しばらく連ドラ出演がなかったことを寂しく思っていました。ただ彼女のファンからすると少し不安な点も。竹内結子の魅力はその優しい雰囲気からにじみ出る素敵なお姉さんオーラだと思っているので、裏社会で暗躍するクールな弁護士が彼女とマッチしているか少し疑問です。もちろんドラマが始まればあっという間に役をモノにされると思いますが、せっかくフジテレビも主演いただくのであればもっと題材を吟味しても良かったかもしれません。

30代男性 ハッピーターン

またしても弁護士ドラマ

最近のドラマ風潮は、弁護士ドラマか医療ドラマの流れが多いような気がしています。もちろん波瀾万丈に満ちたシリアスな展開を描きやすいですし、ドラマがヒットすればセカンドシーズンや映画化することだって可能なのでテレビ局としては取り入れたいテーマであることは理解できます。ただやはりブームに乗りたいテレビ局の性なのか、同じようなテーマを扱ったドラマが増えてくると必然的に視聴者は飽きを感じてしまうものです。Queenが一般的な法廷で争う弁護士像を描くのではなく、裏で暗躍する弁護士なのでどれだけ個性を発揮できるかがこのドラマの成否を占うこととなると思います。

40代女性 千夏

世界的なファッションブランドが

まさかケリングとブシュロンが日本のドラマに全面的にタイアップ協力を決めるとは驚きです!おそらく日本初の快挙なのではないでしょうか?!今からどれほど高価なジュエリーやファッションアイテムがドラマに登場して、竹内結子さんを華やかに彩るのか興味津々です!しかもそれに加えて、最近の映像クリエーターでは真っ先に名前が挙がるほどの関和亮監督がプライム帯の連続ドラマとしては初めてメガホンを取るので、彩り豊かで豪華絢爛な映像美を楽しむことができそうです!ドラマの内容はもちろんのこと、ドラマQueenは映像でお茶の間に驚きを与えてくれると思っています!

20代女性 パックは週に2回

どのようなスキャンダルを扱ってくれるのか

巷で毎日のように次々と新たなスキャンダルが起こる現代。どうやらそのスキャンダルには必ずと言っていいほど仕掛け人が存在しているらしいです。そしてそれを未然に防ぐ存在も。ドラマの中でどのようなモデルを想定してスキャンダルを起こすのか。それによって現実に起きたスキャンダルがどのような事情が隠されていたのか広く世間に周知することができると考えています。仮にそのような役割を果たすことができれば、間違いなく現代においては意義のあるドラマとなり話題となる事は間違いないでしょう。個人的には芸能だけではなく、スポーツの分野にもスポットを当ててほしいと思っています。

30代男性 米粉パン派

 

キャスト|コメント抜粋

竹内結子

氷見のイメージを操作して人をプロデュースするコツを学ぶためにマネージャーやプロデューサーをチェックしている。完璧に思える主人公の中でも、笑えるところを探して楽しみながら演じたい。クライアントのスキャンダルの解決方法を楽しんでいただきたい。

水川あさみ

非常に聡明だが、口は悪い。真面目なようで不真面目でもある。性格は微妙だが敬愛している氷見の右腕としてしっかり務めたい。弁護士ドラマと聞いて一般にイメージするシーンはあまり出てこないので、キャスト陣の個性のぶつかり合いを楽しんで欲しい。

中川大志

学園ドラマではなく初めての弁護士ドラマとなるので大変に光栄。監督と相談しながらキャラクターを育てあげていく姿を楽しんで欲しい。ドラマに登場するクライアントの解決手段を参考にしてほしい。

泉里香

これまでにない弁護士ドラマで台本を読んでいても楽しい。非常に面白い役柄だなと感じた。ミステリアスな記者を演じていきたい。ぜひ弁護士と記者を対比させて見てほしい。

バカリズム

氷見の勤務する弁護士事務所の副所長。現在も父親が所長を務めており、腰掛けで弁護士になったのであまり熱意は感じられない。仕事が入っても基本的に全部部下任せ。だが時々見せる的を得た発言によってミステリアスな雰囲気すら漂わせる。今作では、バカリズムはキャラクターの監修も担当している。

斉藤由貴

初めての主演ドラマもフジテレビで古巣に戻ってきたような感覚。事務員として一風変ったスパイスを表現していきたい。事務所の5人の相性の良さも見てみてほしい。

 

※各キャストのコメント要旨のみ記載しています。全文を確認したい方は「QUEEN 公式サイト」にお進みください。

QUEEN|まとめ

 
案内人
案内人

スキャンダル専門弁護士 QUEEN」のキャスト情報を中心にここまで、視聴者にとって有益となる情報をまとめてきました。参考になる箇所はあったでしょうか?筆者としても紹介ページを執筆している中で、クイーンはぜひとも今後の取り扱いたい題材だと感じました。あまりにも過敏になりすぎているスキャンダル社会に加えて、女性の社会的権利を広くそして強くするきっかけとなるドラマの予感がします。清廉で美しい竹内裕子さんがきっと女性の新たな可能性を切り開いてくれることでしょう!今後のドラマの展開に期待です!

 

⇘ フジテレビ公式ネット配信「FOD ⇙

※ドラマ放送後に配信されると思います。

 

 
 
©フジテレビFOD/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
※本作品の配信情報は2019年1月10日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。
 
テキストのコピーはできません。