凪のお暇をお得に無料視聴する方法とは?

2019年夏ドラマの大本命

たぬ吉
たぬ吉

みなさん、夏ドラマを楽しんでいますか??2019年は非常に見応えの多いドラマが各局から放送されているので筆者も毎日楽しみにドラマを観ています!その中でも、視聴熱が非常に高い作品が毎週金曜日にTBSより放送されている「凪のお暇」なんです!早速ではありますが、皆さんが無料でお得に視聴できる方法はどのような方法があるのかご紹介していきたいと思います!

 

 

 

放送後どれだけ経過しているか?

まず真っ先に確認していただきたい点は、自分が見逃した放送回が第何話であるのかについてです。なぜならこちらにわざわざ来ていただいた読者の方には、絶対にどこよりも無料でお得に視聴していただきたいとの考えがあるからです。もし先週の放送で、放送後1週間しか経過していないのであれば民放各局が共同出資して運営されている「TVER」を利用してしまうのが最も手っ取り早いです。なぜなら多少の広告がカットインで挿入されることからもわかるように、スポンサーがついているためサービス利用料金を視聴者から徴収しません!よってパソコンやスマホなどインターネット環境を利用すれば、テレビと全く同じ内容のものが高画質で楽しむことができます!

ただし先に触れたように、どうしても約10分おきにCMを視聴しなければなりません。私自身も比較的高頻度でTVERを利用しているのでこの煩わしさが理解できます。とはいえ、録画予約を忘れて、自分の好きな時間に、好きな場所でドラマを楽しむことができるのは大きなメリットといえるのではないでしょうか。

もし1週間以上経過してしまっていたら?

気をつけなければいけないのは、ドラマ放送から一週間以上が経過してしまっている場合です。この場合は、完全に無料のTVERでの配信は終了してしまっています。過去に放送されたドラマを再びTVERで配信する可能性は極めて低いので、別の方法を模索しなければなりません!

そこでまずオススメしたいのは、TBSテレビがオリジナルの番組を配信している有料オンデマンドサービス「PARAVI」です!基本的にTBSテレビで過去に放送されたドラマであれば、多くの作品が配信されています(2019年8月時点)。また2019年夏ドラマの他のTBSドラマ作品である「ノーサイドゲーム」「Heaven」なども配信されているので、凪のお暇を目当てにPARAVIに加入しても他の作品も追加料金が発生することなく視聴できるのでお得です!

そして初めにご紹介した通り、私はこちらのサイトから無料で視聴できる方法を絶対に保証したいのでここから先が重要になります!オンデマンドであるPARAVIは、なんと加入月が無料になる特典があるのです!この仕組みをうまく利用すれば、加入するのに数分間の登録作業は要してしまいますが、自分の視聴したいドラマだけささっと観てしまって、あとは加入月のうちに退会手続きを忘れなければ、特にデメリットが生じることなく見忘れた放送回を視聴することができるのです!しかもTVERとは違って、初回から最新話まで全て配信されているので、もう一度観たかった放送回も観ることができます!

対応機器や支払方法などの細かい点については、上記の公式サイトからご確認ください!

 

凪のお暇の相関図

凪のお暇 あらすじ1

ここからはご興味がある方のみお読みください!まだ凪のお暇を一度も観たことがない方にとっては非常に分かりやすく内容の濃いものになっています!

 

あまりにも空気の読みすぎる凪

ここはごくありふれたオフィスの1室。そこにまた普通のOLがいた。その名も凪(黒木華)。彼女は一見すると非常に周囲の同僚とも上手くやっているように思える。しかしよくよく彼女の会話を聞いていると、周りの同僚と話を合わせているだけで全く自己主張がない。それはあまりにも周りの空気を読みすぎる性格ゆえだった。

そんな凪の奥手な性格を利用して、同僚たちは自分たちの仕事を押し付ける始末。それでも表上は凪にお世辞を言って、凪もその流れに従う他なかった。ただ凪にも一つ誇れるものがあった。それは営業部のエースで女子社員の憧れの存在である慎二(高橋一生)が実は彼氏だったのだ。今日も仕事終わりに慎二が家に遊びにやってきた。

しかし慎二にはある秘密が、、

一見すると美男美女の誰もが憧れるカップル。凪も慎二が大好きだった。なぜなら何の取り柄もなくて自分自身に自信がないのに、みんなが羨ましがるような彼氏が自分のものだったから。慎二も普段の接し方は優しい。でも、、、時より見せる冷めた表情が気になった。この日も凪のご飯を食べ終わると自然な流れで性的なサービスを求めるのだった。

次の日、凪にとって決定的な出来事が2つ起きてしまう。まずいつものように同僚が自分に仕事を押し付けてそそくさと職場を帰った後、置き忘れた携帯電話に自分を抜きにしたグループLINEで、陰口を叩かれているのを目にしてしまう。「絶対に彼女のようになりたくない」「利用するだけすればいい」傷心に打ちひしがれている中、慎二に会いに行ったら、慎二が同僚に自分との関係は肉体的な目的だけだと豪語しているのを偶然に見かけてしまった。凪はまるで水の中で溺れているような感覚に陥って、涙を流しその場を後にした。

凪は消えた…

凪は職場を辞めた。そして携帯電話の契約も解約した。今まで住んでいたアパートも解約した。全てをリセットして凪はある田舎のボロアパートにいた。まるで自分自身が溺れてしまったような感覚に恐怖を感じてこのままでは壊れてしまうと思ったのだ。

とは言え貯金はわずか。すぐにハローワークで新しい職を見つけ出さなければならない。ボロアパートには不思議な老婆やシングルマザー、お隣さんにはDJクラブで働くイケメンパーティーピープル、ゴン(中村倫也)が住んでいた。

今までとは全く違う環境にこれからどうなってしまうのだろうと不安でいっぱいだった。それでもあのままあの場所にいたらきっと自分が壊れてしまった。だから絶対にここから1からやり直そうと自然と決心することができたのだった。

凪のお暇 あらすじ2

ゴンさんの存在

新生活が始まった凪には当然のことながら新しい出会いがたくさん訪れる。今まですべて周囲の予定調和に合わせていて自分を見失っていただけに、このお暇の期間に絶対に空気を読んで自分の意見を押し殺すことだけはやめようと心に決めていた。

得体のしれない老婆の吉永緑(三田佳子)は凪にとっての良き理解者であり相談者となった。小学生のうららには幼少期の自分と重ね合わせてすっかり仲良くなり友達になった。

そして1番大きな出会いはお隣さんのゴンだろう。度々、ベランダで顔を合わせて、最初の頃は今までの自分とは全く住む世界が違う人種と敬遠していたが、知れば知るほど人間味あふれる優しい笑顔に魅力を感じどんどん惹かれていった。

慎二の後悔

たとえ自分には分不相応な相手だとわかってはいてもどんどん彼のことばかり考えるようになっていった。

一方で慎二はただの身体だけの関係と同僚に豪語していたが、いざ凪を失ってみるとそうではなかったと気づかされる。それでも素直になれない自分の性格上、どうしても自分に嘘をついて強がってしまう。

付き合っているのは俺のおかげだ、俺と付き合えるなんてありがたく思え!このような考え方はどうしても改めることができず、新たな凪の住居に行ってもこのような態度が垣間見えた。凪はそんな慎二から離れたくてすべてを捨ててお暇しているのに、またやってきて昔の自分に戻るのが怖かった。だから、もう二度とここに来ないでと言い放った。

慎二はその帰りに涙した。でも絶対にその涙の理由を自分でも認めようとはしなかったのだ。慎二の中で不思議なことに凪を失ってみて初めてその大きさに気付かされたのだった。

どんどん夢中に、、、

確かに新たに引っ越してから色々と大変なことがあった。トラブルもあった。でもそれ以上にお隣さんのゴンさんと出会えたことが凪にとっては格別な喜びだった。でも、忘れてはならないのは彼は誰に対しても優しいということ。それは男女問わず。だから多くの女性を勘違いさせてしまう。凪が彼の帰りを待ってご飯を作ってあげていた時、洗面台には無数の女性物の化粧品が並んでいた。凪はゴンと男女の関係になった物の、それは決して恋人であることを示してはいない。凪はそんな現実を叩きつけられてもどうしても受け入れることができずに、見て見ないふりをするしかできなかった。たとえ新しく友達になった女性にそれは遊ばれているだけと忠告を受けても素直に受け止めることができない。

慎二は涙しながら、、、

慎二はあれから何度か凪の家にやってきた。でも凪の心はすでに自分にはなかった。人間とは不思議なもので離れていくとどうしてももう一度自分のものにしたくなる。慎二の気持ちもきっとそのようなものなのだろう。お隣さんのゴンが悪い奴ではないが天性の人タラシであることを知り、凪がどんどん彼に惚れてからおかしくなっていることを聞くと、涙を流しながらそれ以上深く関わるなと警告することしかできなかった。

凪は今まで大好きだった節約レシピなどに興味を持てずに、コンビニ弁当を無意識に食べてしまうほど心が荒んできていた。果たして凪を中心に動き出す不思議な三角関係の行方や一体!?

 

もんち
もんち

ここまでお読みになってドラマが気になった方は無料体験からお試しください!

この他にも、テレビ局は違いますが、2019年夏ドラマの無料視聴でお得に楽しむ方法についてまとめた記事もありますのでよろしければご参照ください!本日はお読みいただきありがとうございました!

 

テキストのコピーはできません。