中学聖日記 | 10話 動画見逃し無料視聴がオススメ(12月11日放送)

中学聖日記

 
最終回目前!「中学聖日記」第10話を見逃した方も公式ネット配信で無料視聴できる方法をご紹介します!過去放送回についても、詳細にネタバレや感想記事を執筆していますので、今まで見逃してきた方も分かりやすく解説します!
 
 

-番組名-

「中学聖日記」

-放送開始-

2018年10月9日(火)

-放送日-

2018年12月11日(火)[第10話

-出演者-

もっと詳しいキャスト紹介はこちら

有村架純(末永聖)
岡田健史(黒岩晶)
町田啓太(川合勝太郎)
小野莉奈(岩崎るな)
マキタスポーツ(上布茂)
夏木マリ(塩谷三千代)
友近(丹羽千鶴)
吉田羊(原口律)
夏川結衣(黒岩愛子)

-原作-

かわかみじゅんこ「中学聖日記」

 
 

[この記事の見どころ]

✎ 中学聖日記|動画見逃し無料視聴

✎ 中学聖日記|相関図

✎ 中学聖日記|10話ネタバレ

✎ 中学聖日記|10話感想

✎ 中学聖日記|11話あらすじ(最終話)

✎ 中学聖日記|視聴率推移

✎ 中学聖日記|キャスト・スタッフ

✎ 中学聖日記|10話無料動画まとめ

 

中学聖日記|動画見逃し無料視聴

 
案内人
案内人

「中学聖日記」を見逃した方は、TBSが管理している公式ネット配信「Paravi」をご利用ください!初めて利用される方は初月無料になりますのでお得ですよ!

 

⇓中学聖日記を見逃した方はこちら⇓

 
 
♙ 運営会社(プレミアム・プラットフォーム・ジャパン※) 
2018年4月からサービス開始
※ TBS、テレビ東京、WOWOW、日経新聞、電通、博報堂の共同出資
 
♙ 登録月は無料で楽しめる[翌月より999円(税込)](初回のみ)
ex. 契約日(10/20)の場合 → 無料期間 10/20〜10/31 |月額料金発生 11/1〜
 
♙ 複数のデバイスで視聴可能
♙ 月初めに300円分のチケットを配布
 

※本作品の配信情報は2018年12月11日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。

 

相関図

2015年

中学聖日記 相関図

©️TBSテレビ「中学聖日記」

2018年

中学聖日記 相関図

©️TBSテレビ「中学聖日記」

 

中学聖日記|10話ネタバレ

 


↓下記をタップすると開きます↓

※誤字脱字がある場合はご了承ください。

序盤

[序盤]を開く

島でついにお互いの気持ちが通じ合った

大雨の中で、聖は足を怪我してしまった。晶がなんとか見つけ出して聖をおんぶして近くの小屋へ避難。そこで聖はついに晶が好きだと自分の気持ちを打ち明けてやさしいキスをした。

キスの後に晶はこのままではいけないと語った。今のままでは誰にも認めてもらえない。全部を先生の責任にされてしまって背負わせてしまっている。聖は晶の言葉が嬉しかった。それでも晶は18歳の男の子。間違いを犯さないようにあえて離れて座る晶を見て、聖はなんだか可愛く思えた。

夜が明けた。島の住人が2人を発見してくれた。今日フェリーで島を出る。聖は鹿児島に来てからのことを思い出していた。

晶は父親に挨拶しに行く。丁寧に挨拶をしてもそっけない対応されたので、それだけ?と

聞いた。父親は蜜蝋の話をしてくれた。家具が破損してしまった箇所に蜜蝋を塗ると傷が目立たなくなる。だが人間関係はそう簡単に修復できるものではない。自分への負い目から愛子に対してたくさんの手紙を送ってきたのはせめてもの罪滅ぼしだったのかもしれない。だが時は既に遅かった。

だけど、まだ晶なら間に合う。しっかりと母親と向き合って仲直りするように助言した。

~~~

またここに来るよ!

晶は父親の言葉を大切に胸にしまいこんでまたここに戻ってくると伝えた。そんな息子の言葉が嬉しかった。聖もお世話になったと挨拶をする。島崎はたどたどしくも、晶を、、よろしく、、と伝えた。聖は静かに頷いた。

晶は母親にメールを送る。心配をかけたお詫びと今日帰るという報告メール。だが、あの人も一緒に帰ってくると考えると愛子の心は穏やかではなかった。

帰りのフェリーで2人は静かに海を眺める。そしてもう一度晶は自分の連絡先を記入した紙を手渡した。今度はかけてくれますか?

聖はきちんと黒岩くんのお母さんに事情を説明しなければいけないと話す。そして晶も父親の言葉を借りて認めてもらうためにはまずしっかりしなければいけないと進路を決める約束をした。そんな前向きな言葉が嬉しかった。

船着場にはジョフィが待っていた。晶は謝る。聖とも目が合って頭を下げた。そこに予想もしていなかった人物が現れた。なんと聖の母親が待っていたのだ。母親は聖にビンタする。そして足を怪我している事などお構いなしに強引に引き離した。晶も聖を追いかけようとするがジョフィがそれを止めた。

~~~

母親は現実を受け止めたくない

家に帰って聖から話の流れを聞いた。生徒の方から連絡があって、元担任教師としてほうっておくことができず、フェリーに飛び乗って、フェリーが欠航して今に至る。ただそれだけね?あくまでも恋愛感情などはなく先生と生徒の関係だと既成事実化したかった。

聖がもうこれ以上嘘をつきたくないとの思いから正直に話をしようとするが全く聞く耳を持たない。

晶の母親が突然家を訪れて一緒にいることを聞かされて、すぐに携帯電話に連絡したけど全くつながらなかった。だから不安で仕方なかったと話した。聖の携帯電話は大雨の中で故障してしまっていた。明日すぐにでも黒岩さんの家にお邪魔して今の事情を説明する。そうすればきっとわかってくれるはず。そんな母親の様子を見て聖はそれ以上何も伝えることができなかった。

晶は生まれ変わったように見違えた姿で次の日から高校へ戻った。ジョフィがスーパー銭湯にでも行ってゆっくり話し合おうと誘うが、学校から帰ってきたらしっかり話すと伝えた。自分がしてきたことを反省しているからこそまずは学校に行く。

~~~

黒岩母親に謝罪する

清楚な服に身を包んで、黒岩宅に親子でやって来た。愛子が中へ案内する。

母親は昨日聖から聞いた流れを一通り伝えた。そして3年前の出来事から含めて心配される気持ちを汲んで心からお詫び申し上げた。先生と生徒以上の関係は無い。そのように結論づけたかったが、聖は母親にごめんなさいと伝えて自分の気持ちを話し始めた。

黒岩君が好きです。教師としてではなく人間として。

思わぬ告白に母親は気が動転してしまう。それでももう自分に嘘をつくのは嫌だった。絶対に黒岩君の生活を邪魔するようなことはしない。いつか認めていただける日まで、、。

だが、聖の決死の思いも愛子には届かなかった。2人は愛するあまり周りが見えなくなって多くのものを失ってしまった。このままでは2人がダメになってしまう。

今できることを協力しあってその時を待ちたいと思いますと聖は話すが、愛子にはどうしてそんなに信じることができるのかと疑問だった。まだ相手は18歳。心変わりだってするかもしれない。そうなったときに全てを失い何もなくなってしまうのは先生の方。

聖は晶を信じていた。そして仮にそのような状況に至っても後悔しない心づもりでいた。

中盤

[中盤]を開く

これは誘拐事件では?

愛子はこれは一歩間違えれば誘拐事件なのではないかと指摘した。しかも聖の職業は先生。今までは言いたいことも我慢してきた。だがこれ以上進むのであればしかるべき場所にしかるべき報告を上げさせてもらう。

それには聖の母親もうろたえてしまう。それだけは勘弁してください。この子は本当はいい子なんです。今は少し頭が動転していて冷静さを失っているだけなんです。私が責任を持ってちゃんと言って聞かせますから。土下座をして謝罪する母親を聖は止めることができなかった。愛子は泣いて頭を下げる母親のそばに来て、これ以上ご両親を悲しませないでくださいと聖に訴えかけた。

帰り道で母親に土下座をさせてしまったことを謝る。それでもいつかお母さんにも理解してほしいと話した。母親は改めてその覚悟を聞いた。黒岩君を洗濯する事はすなわち教師をあきらめることを意味する。あれだけ夢に向かって一生懸命がんばってきたものが全て水の泡となってしまう。本当にそれでもいいのか?この恋は絶対に報われない運命にあるのだからあきらめなさい!

~~~

晶が家に戻ってきた

晶が愛子にお父さんに会ったことを伝える。愛子も今までお父さんのことをひた隠しにしてきたことを謝った。

愛子は聖とお母さんが家に来たことを教えた。そして先生の気持ちも直接本人の口から聞いた。それを踏まえてもやはり到底看過することができない。

だけど、自分がこうして前を向いて真剣に将来のことを考えなければいけないと思わせてくれたのは先生のおかげであるとしっかりと前を見てそう語った。だからいつかこの関係を認めて欲しい。

愛子はまず家に戻ってくること。すべての話はそこから始まる。晶は了承した。

~~~

勝太郎の嫉妬心

原口と勝太郎は別れた。勝太郎は気まずさを抱えながら思い切って原口に声をかけた。

どうしても聖のことを伝えたい。愛子に電話をしてすべての事情を聞いていた。2人は島から戻ってきて堂々と自分が好きだと宣言した。そしていつになるかわからないが認めてほしいと訴えたようだ。

それを聞いて原口はやっと自分の気持ちを正直に伝えることができたんだとしみじみとつぶやいた。幸せになれるといいんだけど、、。だが、勝太郎はとうとう頭がおかしくなったと全く認めようとしない。原口は勝太郎との会話もそこそこに出迎えてくれていた元カノと一緒に姿を消した。自分を捨てて元カノのところに戻る。勝太郎はプライドがズタボロだった。

実家で食事していた聖は、今日家に戻ると話した。明日には小学校で晶のことを保護者に伝えることになっていたからだ。だが、今回の件があってもう先生を続けるのは厳しいと感じていた。母親はショックを受けながらも今の家を出て実家に戻ってくるように伝えた。

~~~

思い出の小学校で

聖は子供たちとの生活を思い返していた。もうすぐ彼らとの生活も過去になってしまう。連絡がとれなくて心配していた千鶴が顔を見せた。

聖はこの2日間で起きた全てのことを伝えた。さすがに呆れて物が言えない。学校を辞めると聖が口に出しても引き留めはしなかった。裏切られた気分だった。もう教師には戻ってきて欲しくない。確かに3年前大きな過ちを犯してしまったかもしれない。でもそれは過去の話で今はもう吹っ切れて自分で担任を持つまで成長したいものだと考えていた。それをたった1つの恋愛で全てを不意にした。

未成年に手を出した淫行教師。その事実はこの先どんなに頑張っても消えるものではない。おめでとう!お幸せに。

聖は小学校に一礼して自転車を押して去っていった。千鶴は自分のクラスからその様子を見ていてただ無念の表情を浮かべていた。

~~~

晶との電話

晶はコンビニに行くと言って家を出ていた。そのタイミングで聖は晶に公衆電話から電話をかけた。晶はまさか先生から電話をくれるとは思っていなかったので舞い上がる。まだ聖は新しい携帯を買えていない。

聖はちゃんと晶が学校に通っていることに安心した。しかも家から通っていた。だが、聖は自分が先生を辞めたことを言い出せなかった。心配かけたくなかった。時刻は夕暮。3年前に一緒に見た綺麗な夕日が広がっている。場所は違うが同じ夕日を見ていた。あの日の自分に伝えてあげたい。人を好きになることがどれだけ素晴らしいかを。

実家になんと勝太郎が来ていた。母親が相談していたようだ。そこまで心配をかけていたとは。

場所を移して話した。教師まで辞めなければいけなくなったことに勝太郎は晶に対する怒りを覚えた。でも、聖は自分の責任だし、すぐに仕事も見つける。

そんな聖に勝太郎は後ろから抱き締めた。シンガポールについて来てほしい。だが聖はその手を振り解こうとする。

勝太郎は原口と別れたことを伝えて、3年前に聖を追いかけなかったことを後悔していた。未だに引きずっている。あいつと離れろ!

だが、今の聖にはもうその言葉は届かなかった。どんなに苦しい状況が待っていようとも、それは覚悟の上。誰かに分かってほしいと思っていなかった。

終盤

[終盤]を開く

ハローワークで職探し

さっそく新たに働く職場を探していた。だが、やはり短期間で教師を辞めていることが引っかかってしまう。未経験でも構わない。

疲れた聖は晶に携帯を買った報告をLINEした。家に帰ると疲れ切った表情を浮かべる母親がいた。これ以上は迷惑をかけられない。不動産屋で新たな引越し先を検討するが、やはりどこも保証人欄への記入が必要になる。両親に書いてもらうのは忍びなかった。

聖がやってきたのは、東京にある商社本社。さすがにここはな、と表情を浮かべて帰ろうとしたとき、偶然通りかかった原口が声をかけた。

~~~

原口に保証人のお願い

これ以上は両親に迷惑をかけたくない。新たな家と職を見つけて自立したい。不躾なお願いであることは重々承知の上、原口に保証人をお願いした。

原口はすぐに聖が前よりも強くなったことに気づいた。たとえボロボロになっても世間体を気にして正しくしか生きれない人間よりも、たった一つの物を手に入れようと批判を恐れずに戦う勇者を応援したい。だから快く保証人になってあげた。

会話の途中で突然に原口はトイレに席を立つ。そして少し戻した。原口の体調に異変が!?

家に戻った聖。晶からの電話に思わず笑顔になる。しかしその電話は驚きの内容だった。

もうこの関係を終わらせたい。なんか引いた。先生のこと今は考えられない。じゃ。

ツーツー

晶と一緒にいるために全てを失ってきた聖はただ訳がわからず茫然自失としてしまった。

~~~

晶はオープンキャンパスに

晶は生まれ変わったように自分の希望に合う名門大学の理工学部のオープンキャンパスに出かけると母親とジョフィに伝えた。見違えるような前向きな姿勢に2人はとにかく嬉しかった。

原口が保証人になってくれて新しい住居も決まった。実際に家を訪れて原口が方位を調べてくれるが特に問題ない。休みの日まで聖を気にかけてくれた。だが、原口はすぐに聖の様子がおかしいことに気づいた。

「何もないけどここでやっていけそうです」

だが、聖には彼がいると声をかけたが、昨晩、晶に言われたことを伝えた。平静を装っているが心の中では泣いていた。まさに乱気流のように気持ちが動いてついていくのに必死で、、。でも考えてみたらいい年齢をして恋愛に夢中になっていたら彼にしてみたらひいてしまいますよね、、。

原口はそっとそばに座って、聖に泣いてもいいんだよと声をかけた。聖はずっと我慢していたものが溢れ出す。何もないってのは、真美からも自由だから、、。

次の日、原口は勝太郎に、聖が何もかも失って泣いていたことを伝える。そんなものは想定内と吐き捨てた勝太郎が原口は許せなかった。

~~~

ハローワーク関係者が?

聖の実家にハローワークを名乗る人物が希望に沿った職場が見つかったとやってきた。わざわざ誰かと思い、玄関扉を開けるとなんと変装した原口だった。

強引に連れて行った場所は、大学のオープンキャンパスだった。ここに彼はいる。

でももう話す事は何もないと及び腰な聖に気合いを入れた。聞きたいことだらけなはず。なんで急に気が変わったのか?全てを投げ出してでも彼と添い遂げると決めたはず。だったら最後まで足掻きなさい!今をのがしたら二度と会うことができない、戦え、聖!!

聖は大学内に駆け出していった。キャンパス内のあらゆる場所を探す。説明会会場にやってきた。晶の姿を確認した。

向こうも聖に気付く。思わず逃げ出してしまう。聖は最後にどうしても聞きたかった。どんな将来を思い描いて何に興味を持ったのか?

晶もなぜ急にそっけない態度をとるようになったのか謎が解明される。先生辞めるんですか?あれだけ夢で楽しいと言っていたことを。

聖が先生を諦めたことを知ったのは、勝太郎が晶に直接話しに向かったからだ。君と関わると彼女には何も残らない、、。

晶はそんな大切な決断を自分に黙ってしていたことが悲しかった。先生をやめてほしくない。だから自分が離れるぐらいしかできなかった。

~~~

互いの気持ちを確認する

オープンキャンパスに晶の母親を発見した。今見つかったらまずいと考えて晶は聖を引っ張ってその場を離れた。

小高い景色が良い場所に移って聖は自分の気持ちを伝え始めた。

前に今いる自分の場所が最終地点なのではなく、目標から逆算してその前の前の場所を考えたらその時に取るべき行動が見えてくると話したことがある。

だから自分自身もどんな人間になりたいのかを考えた。それが自分にとっては嘘偽りのない正直な自分だった。どんなことがあっても最終的には自分の責任。黒岩くんの隣にいたい。

晶はその言葉を聞いて自分も先生の隣にいたいと話した。2人は改めてお互いの気持ちを再確認することができた。これできっともう2人は大丈夫、、。

そう思った矢先、、

末永聖さんですか?黒岩晶くん?

なんと警察官から身分証明書の提示を求められた。

未成年者の連れ去りがあったと110番通報がありましたので署まで ご同行願えますか?

またしても引き裂かれる2人の運命。

10話終わり

 

中学聖日記|10話感想

中学聖日記感想

胸が張り裂けそうな聖の決断

10話の聖の決断を見ているとあまりにも切なくて見ていられない視聴者の方も多かったのではないでしょうか?あれだけ夢だった教師を諦めてまで黒岩君と一緒にいることを選択した聖。普通の人間にはなかなか理解できないでしょうが、それが聖の選んだ道です。とはいえ、四面楚歌で多くの人が否定して反発してその中を自分の信念だけで突き進む事は容易なことではありません。聖がこの決断をして良かったと納得できる幸せな形でハッピーエンドを迎えてほしいとただ願うばかりです。

どうして認めてあげない?

これも多くの視聴者の方が疑問に思う点だと思いますが、なぜ愛子は晶と聖を認めてあげないのでしょうか?もちろんすぐには無理でも、2人が発した言葉に嘘偽りがないかしばらく様子を見る度量があってもいいのではないかと思います。間違いなく晶は3年後に先生と再会してから自分の進むべき道をしっかりと考え、それを気づかせてくれたのは先生だと発言しました。なぜそれを信じてあげられないのか。愛子は自分の息子を所有物のように扱い、大切なのはもちろん分かりますが、息子にとって1番嫌がられる対応をとってしまっていると思います。

非行に走らせたか?

聖の清純な眼差しと悪影響を息子に及ばさない人間である事は一眼触れただけでわからないものでしょうか?晶がおかしくなると話しますがそれはあくまでも3年前の話で、しかもそれは聖だけでなく自分がひた隠しにし続けてきた父親の問題もあり息子が信用してくれなかったことも一因です。もちろん親権者であり法的な責任を負う立場であるので、未成年者である晶にとっては従わないといけない立場であるのは理解できますが、18歳と言えばもはや大人です。新しい民法では成人として扱われます。もう少し思慮深い対応を愛子には求めたいですね。

勝太郎のダサさ

中学聖日記を通して、そのかっこいい佇まいから人気者であった勝太郎ですが、第10話に関しては底が浅く男性として魅力を感じない方も多かったのではないでしょうか。いまだに聖の事を引きずっている事は100歩譲ってわかるとしても、なぜ聖の一大決心を否定するような真似をしたのか。更にはそれだけに留まらず、邪魔までしようとした。そのことがどうしても理解できませんし、許せません。聖を深く知っているのであれば今度は友人として誰にも認めてもらえない荊棘の道に突き進もうとしている聖の1番の良き理解者として接してあげることができなかったのか?

最終回に向けて

まさか警察組織が登場するとは思いもよりませんでした。未成年者連れ去りの容疑がかけられているようですが、嫌疑不十分でもちろん釈放されるでしょう。ただ、ますます聖にとってはこの恋に対して進んでいく自信を失い沈んだ気持ちになってしまうと思います。先にも触れましたが、聖の存在が晶の行動を抑制し悪影響を及ぼしているのか?成人したカップルでもっと引き離した方が適切なのはたくさんいると思いますが。2018年秋のクールをかけて1つの恋愛を丁寧に描いてきたので、聖と晶がくっつかない選択はないと思いますが、問題はどのように一緒になるのか。あの母親が認めてくれる事はないと思うので、やはり数年間飛ばして再会するのでしょうか?気になるクライマックスです!

 

中学聖日記|11話あらすじ

 

「未成年者誘拐罪の疑い」で警察署に連行された聖(有村架純)。一緒にいた晶(岡田健史)も取調べを受け、聖をかばう主張を続けるが、未成年ゆえに相手にされない。ようやく解放された後も、晶は愛子(夏川結衣)に携帯を取り上げられ、聖の連絡先を消されてしまう。後日、愛子から会って話がしたいと告げられた聖。しかし、当日待ち合わせ場所で聖を待っていたのは…。

全てを失い、厳しい現実を突きつけられた聖。募る晶への想いを胸に秘め、彼女が最後に出した答えとは。そして、それぞれが選ぶ道、“禁断の恋”の結末は―?

 

視聴率推移

 

第1話[2018年10月09日放送]視聴率

6.0%

第1話の見逃し動画とネタバレはこちら


第2話[2018年10月16日放送]視聴率

6.5%

第2話の無料視聴とネタバレはこちら


第3話[2018年10月23日放送]視聴率

6.2%

第3話の見逃し動画とネタバレはこちら


第4話[2018年10月30日放送]視聴率

5.4%

第4話の無料視聴とネタバレはこちら


第5話[2018年11月06日放送]視聴率

6.5%

第5話の見逃し動画とネタバレはこちら


第6話[2018年11月13日放送]視聴率

7.0%

第6話の見逃し動画とネタバレはこちら


第7話[2018年11月20日放送]視聴率

6.3%

第7話の見逃し動画とネタバレはこちら


第8話[2018年11月27日放送]視聴率

7.5%

第8話のドラマ見逃しとネタバレ感想はこちら


第9話[2018年12月04日放送]視聴率

7.8%

第9話の無料視聴とネタバレ感想はこちら


第10話[2018年12月11日放送]視聴率

7.3%


第11話[2018年12月11日放送]視聴率(最終回)

9.6%

第11話の見逃し動画とネタバレはこちら


※視聴率については、随時更新予定(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 

キャスト・スタッフ

キャスト

 

 

有村架純(末永聖)
岡田健史(黒岩晶)
町田啓太(川合勝太郎)
小野莉奈(岩崎るな)
マキタスポーツ(上布茂)
夏木マリ(塩谷三千代)
友近(丹羽千鶴)
吉田羊(原口律)
夏川結衣(黒岩愛子)

 

スタッフ

 

【原作】
かわかみじゅんこ
「中学聖日記」(祥伝社フィールコミックス)
【脚本】
金子ありさ
【音楽】
小瀬村 晶
信澤宣明
【プロデューサー】
新井順子
【演出】
塚原あゆ子
竹村謙太郎
坪井敏雄
【製作】
ドリマックス・テレビジョン
TBS

 

中学聖日記|10話無料動画まとめ

 

案内人
案内人

「中学聖日記」も次週いよいよ最終回を迎えます!読者の皆様はどのようなクライマックスを予想されていますか?やはり自分の思うまま大好きな人と一緒に添い遂げてほしいので聖と晶には一緒になって欲しいと願いますがどうでしょうか?おそらく多くの視聴者の方もそのような展開を望まれていると思います。2018年秋ドラマの中で最も胸をキュンキュンさせたドラマ中学聖日記の最終回をお見逃しなく!

 

⇓中学聖日記を見逃した方はこちら⇓

 
 
©TBSテレビParavi/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
※本作品の配信情報は2018年12月11日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。
テキストのコピーはできません。