Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

リーガルV | 無料動画をお探しの方はこちら(5話 | 11月15日放送)

リーガルV
 

 
[AD]1話〜最新話配信中!(2018/11/15時点)
↑ 見逃した方やもう一度見たい方はコチラ ↑
 
 
米倉涼子主演「リーガルV」の第5話を見逃した方も安心して1話から最新話まで無料で見逃し分を視聴できる方法と、第5話の物語の詳細ネタバレを記述します。青島圭太(林遣都)が以前から胸に秘めていた未解決事件を小鳥遊翔子がサポートします!
 

 

動画見逃し無料視聴

リーガルV|無料視聴
 
案内人
案内人

リーガルV」を1話〜最新話まで全ての放送回を、料金を発生させないで視聴できる方法をご紹介します!

 

「リーガルV」は、テレ朝も出資する動画配信サービス「auビデオパス」で期間限定で見放題配信されています!初めての利用で適用される30日間無料キャンペーンを組み合わせると全話イッキ見できるので、見逃された方はお試しください!詳しくは下記の「緑枠内」をご覧ください!

 
 
auビデオパス
 
 

✸ 30日間無料で見放題作品を何回でも楽しめる!

月額562円(税抜)で人気映画・ドラマ・アニメが10,000本以上(約半分の作品が見放題作品)
❀ 初回体験者には、30日間の無料お試し期間がある(30日以内に解約すれば料金は発生しない
❀ 
2018年8月〜 キャリアフリー化して誰でも利用可能に

➡ auユーザーの方:auIDで進む
➡ それ以外の方:Wow!IDの発行に進む ※Wow!IDとは
❀ 毎月、月初めに540円分のクーポンをプレゼント(毎月新作1本視聴できる)
3分で契約3分で解約できる手続きの簡略化
❀ 貯まった auWALLETポインをレンタル作品に使える
❀ 返却の手間、延滞金、貸出中がない(TV、スマホ、PCで視聴可能)
❀ テレビ朝日と資本業務提携 テレ朝ドラマの見逃し配信対応
❀ au携帯払い or クレジットカード払い
❀ 動画をダウンロードできるので、外出先で通信量を気にしない
❀ 映画館の鑑賞券がいつでも割引価格
❀ 動画の画質がHD対応で綺麗

もっと詳しく「auビデオパス」を知りたい方は、「au ビデオパス メリット&デメリット」にお進みください。

 

[AD]1話〜最新話配信中!(2018/11/15時点)

※本作品の配信情報は2018年11月15日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。

 
 

記事概要

ワケあり弁護士集団事件を解決!?

-番組名-

「リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子」

-放送開始-

2018年10月11日(木)

-放送日-

2018年11月15日(木)[第5話]

-放送日時-

テレビ朝日 毎週木曜よる9時

-出演者-

米倉涼子(小鳥遊翔子)
向井理(海崎勇人)
林遣都(青島圭太)
菜々緒(白鳥美奈子)
荒川良々(馬場雄一)
内藤理沙(神保有希)
宮本茉由(中沢淳美)
安達祐実(伊藤理恵)
三浦翔平(茅野明)
勝村政信(大鷹高志)
小日向文世(天馬壮一郎)
高橋英樹(京極雅彦)

-脚本-

 橋本裕志

 
 

[この記事の見どころ]

✎ リーガルV|見逃し動画無料視聴方法

✎ リーガルV|人物相関図

✎ リーガルV|5話ネタバレ

✎ リーガルV|5話感想

✎ リーガルV|6話あらすじ

✎ リーガルV|視聴率

✎ リーガルV|キャスト&スタッフ

✎ リーガルV|5話無料動画まとめ

 

人物相関図

 

リーガルV 相関図

©️テレビ朝日「リーガルV」

 

リーガルV|5話ネタバレ

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Legal_Vさん(@legalv2018)がシェアした投稿

 


⇓ 下記をタップすると開きます ⇓

※誤字脱字がある場合はご了承ください。

序盤

[序盤]を開く

第5話ゲスト

町村誠(瀬戸利樹)
武藤正洋(戸塚純貴)
武藤紘一(志垣太郎)
武藤望(片岡礼子)
ラブホテルの受付嬢(YOU)

 

依頼人集まらず。

京極法律事務所はまさに暇。
暇すぎたので真っ昼間から小鳥遊翔子は行きつけの電車バーで時間をつぶしていた。

そんな中ポチこと青島はそんな時間を有効に使う。
何かの事件につきっきりになっている。

どうやら京極法律事務所にやって来る前に担当していた弁護の準備らしい。
しかもかなり状況が悪い。

青島もこの事件は半ば諦めかけていた。
それでも小鳥遊翔子に最後まで諦めずに戦え、と言われたのがきっかけでもう一度調べなおしている。

〜〜〜

事件の概要

帝国大学に通う4年生の町村が複数の刺し傷がある状態で海辺の崖の上で発見された。
それを発見したのは同級生の武藤。
すぐに救急車を呼んだ。

しかしなぜかその武藤が被疑者として立件されてしまったのだ。
検察側の動機は、学生ベンチャー企業「トゥモロー」の代表を務めている町村が辞めると言い出したので、何としても引き止めたいがためにエスカレートしてしまったと見ていた。

確かに凶器からは武藤の指紋が検出されている。
そして話を複雑化させてしまったのは、全治6カ月の重傷を負った町村の証言だった。

なんと犯人を武藤だと名指ししたのだ。
当然身に覚えのない武藤は法廷で怒り狂う。
これによって実刑判決がくださいてしまったのだ。

そして控訴審に進んでいる。

〜〜〜

犯人は武藤?

この事実を知った京極法律事務所のメンバーは犯人は、そのままの武藤なのでは?と首をかしげた。
被害者がそのように証言しているのであればかなり状況は厳しい。

そんな中、お気楽な小鳥遊翔子は大ファンの現場百回のキーホルダーが当たったと大喜び!
今事務所で話していた事件の概要を聞いても、あまりお金の匂いがしてこなかったので興味を示さない。

実は初めて小鳥遊翔子がポチに会った場所ことが犯行現場だった。
しかもその場所で、武藤の母親は耐えきれずに自殺をしている。

感慨深げに語っているポチに小鳥遊翔子は勝てるのかどうか結論を求めた。
ここの弁護士事務所に来る前の事件なら自分でカタをつけなさい、とどこか他人事。

だが理恵の調査により、町村が経営している学生ベンチャー企業が売上10億円だということを知ると目の色が変わる。
どうやら出会いを仲介するアプリケーションを開発しているらしい。

もし彼が虚偽の答弁をしているのであれば、損害賠償金を請求できるかもしれない。
すぐに小鳥遊翔子はポチを連れて銚子電鉄に乗って現場に向かった。

〜〜〜

武藤の犯行は無理

事件現場に近い本銚子駅に武藤がいた時間と救急車を呼んだ時間の空白はわずか10分間。
そのことを考えると、傷を50箇所以上も与えることは不可能に思えた。

だがどうしても電車に乗っていた時間を証明することができない。

現場検証を続ける中で、小鳥遊翔子はどうして弁護士になりたかったのかポチに聞いた。
すると、本人は否定していたが、彼自身はいじめにあっていていつか見返してやりたいという気持ちから弁護士を目指したらしい。
武藤もその類で帝国大学へ進学したらしい。

小鳥遊翔子はある場所へ向かっている。
それは崖に立っているラブホテルだった。
強引にポチを連れて中に入る。

あまりの強引さと突然の状況に困惑してしまうポチ。
どうやら彼には経験がないらしい。
その事実に驚く翔子。

受付嬢に色々と話を聞いた。
どうやら二人組のカップルの他にも、大学のサークルで夜通し騒いでいるグループもいるらしい。

防犯カメラの映像を求めて、お金を握らせるが全くなびかない。
その代わりに彼女も現場百回のファンだったらしく、翔子が当てたキーホルダーを欲しがった。
だが、それだけは頑なに死守した。

結局何も聞き出すことなく、ポチが童貞であることが明らかになっただけだった。

〜〜〜

母親の願い

崖の現場に戻ってみると男性の姿が。
どうやら花を手向けている。

武藤の父親だった。
彼は、大切な妻を亡くし、今息子は被疑者として捕まっている。

その責任を青島にあると考えていた。
だから捜査協力などもしないし、憎んでもいた。

だが、妻の自殺については関係ないと翔子は指摘した。

とにかく自分の息子の疑いを晴らすために、母親は精一杯頑張っていた。
何度もビラを配り目撃者を探した。

結局断られて会えなかったが、被害者の町村君にも会いに行った。
Tomorrowのメンバーにも聞き取り調査を行った。
だがそれらの行動を全て台無しにしてしまうことが起きる。

それがインターネットの書き込みだった。
武藤を叩いていた掲示板に母親として弁明の意見を載せたのが始まりだった。

ターゲットは母親へと移り、バカな犯罪者の息子をかばっている母親として槍玉に挙げられた。
さらに写真や住所まで晒された。

そしてプライベートな情報まで。
例えば息子の塾代金を稼ぐために風俗嬢に手を出していたことなど。

これらの書き込みがあった翌日に、母親は自ら命を絶ってしまったのだ。

中盤

[中盤]を開く

京極法律事務所のメンバーも

皆それぞれに明かしたくない過去がある。
そしてその度に母親に迷惑をかけてきた。
それをしみじみと思い出す。

被害者にも加害者にも当然家族はいる。
それらの権利は守られなければならない。

こうして京極法律事務所の面々は思いをひとつにして本格的に事件を調査することになった。

翔子とポチは被疑者の自宅へ。
一戸建ての壁にはひどい中傷の落書きをされていた。

父親が応対しても、以前と変わらず何も協力してくれそうにない。
そこで翔子は告げた。

諦めて見捨てる気?
嘆いていないで戦わないと何も変わりませんよ!

家の中に案内された。

被害者の町村との関係を聞く。
体が弱かった武藤のことをいつでもかばってくれたのが幼なじみの町村。

ふたりはとても仲が良かった。
そして息子のいつも目標であり、憧れの人物こそが町村だったのだ。
彼を目標にしていたからこそ帝国大学にも合格できた。

父親としてもなんで今このような状況に至っているのか理解ができなかった。

〜〜〜

Tomorrowのメンバーで

町村の退院を祝して飲み会が開催された。
この会社を辞めるつもりだった町村は結局残ることになった。
メンバーがその決断の変化を不思議に思う。

後輩の中西は、あの事件について触れた。

本当に災難だった。
きっと才能に嫉妬したんでしょうね。
もうあんな人のことは忘れて飲みましょう!

その飲み会の様子を隠し撮りしていたのはストーカーが得意な馬場。
その映像を事務所で確認すると、みんな武藤のことを悪く言っていて少し寂しい気持ちになる。

それでも青島は被疑者を信じ続けることに変わりはない。

茅野は得意のイケメンフェイスでトゥモローのメンバーをホストクラブに連れ込むことに成功する。
そこで色々と裏情報を仕入れる。

どうやらパーティー友達を募るアプリには特別会員限定の裏メニューが存在するらしい。
そこには美女軍団しか現れない。
なんでも提携している企業が取り仕切っている。

その企業の名前はドラゴンユニオン。
弁護士の世界でも有名な危ない会社だった。

半グレヤクザ。
オレオレ詐欺でも訴訟を起こされたことがある。

学生企業は脇が甘い所があるので、素性を隠して近づいてくるのだ。

〜〜〜

ラブホテル社員から情報を

もう一度現場近くにあるラブホテルに向かった。
パーティーの情報を入手して、なんとしても防犯カメラの映像を確認したかったのだ。

お金では靡かなかったので、今回は現場百回のキーホルダーをプレゼントする。
すると機嫌よく監視カメラの映像を提供してくれた。

だが、確認したかった日の映像はすでに消去されていた。
これで万事休すかと思ったが、受付嬢は武藤を覚えていた。
どうやら旦那の誕生日に家に帰るまでの電車賃を忘れてしまった時に貸してくれたらしい。

それは何と事件当日の夕方であった。
やっと無実という光の可能性が出てきた瞬間だった。

だがこの証人だけでは証拠としては弱かった。
再び茅野が証拠を得るために出動する。
ちゃっかり馬場も付いてきた。

例のホテルで裏会員限定の美女軍団と夜通しでパーティーを行う。

事件当日の日もパーティを行われていた。
そしてそのパーティーの目的は、tomorrowを抜けようとしていた町村を楽しませるためだったらしい。
お金もたっぷりもらっていた。
それを指示していたのは後輩の中西だった。

どうやら彼はドラゴンユニオンにも出入りしているらしい。
茅野は直感で彼が怪しいと感じとった。

翔子の読みでは、町村に女を抱かせて証拠の写真をとる。
それを脅しに使って彼を引き止めようとしたのではないか。
それがヤクザの手口だった。

だが結局のところ町村は女を抱かなかった。
だからこそ今度は暴力に訴えたのではないか。

パーティーの後も中西を尾行していた馬場は、間違いなくドラゴンユニオンのメンバーの一人だということを掴んだ。

町村は彼らにいつもぴったりマークされていて歯向かうことはできない。
だから親友の武藤を犯人に仕立て上げたのではないか。
ひどいようにも思えるが、人間はそんなに強くない。
自分が追い詰められるとしてはいけないこともしてしまうことがある。

終盤

[終盤]を開く

小鳥遊翔子の過去

いつもよりもなぜか気合が入っている翔子。
ここで理恵が気になる情報を調べ上げた。

それは翔子の過去だった。
中学校を卒業する前に自営業をしていた父親が投資詐欺にあってしまい、全財産を失う事件が発生する。

結局のところ夫婦関係は破綻してしまい、母親と翔子は逃げるような生活を送った。
彼女はある雑誌のインタビューでこう答えている。

法律の知識さえ持っていれば避けられる悲しみがあると。
これこそが彼女が弁護士を志したきっかけだったのではないだろうか。

事務所の面々もそのように思った。

〜〜〜

町村から聞き取り

一人になったタイミングで、翔子は彼に近づき声をかけた。

才能ある人間はたくさんの人間が関わってきて大変でしょ。
本当は武藤くんじゃないでしょ?
犯人は中西で脅されているのではないの?

いきなり話かけてきたので不審に思う。
そして言いがかりはやめてくれと席を立つ。

歩き始めた先に青島が待っていた。
どれだけ武藤が君のことを信頼し尊敬していたか。
だから真実を話してくれ!
もし偽証していたとしても、脅されてたのであれば情状酌量の余地はある。

それでも町村の心が変わることはなかった。

ポチがここまでやったのになかなか結論が変わらなくて悔しいと愚痴をこぼすと翔子は怒る。

もっと悔しい思いをしているのは被害者。
簡単に悔しいとか言わないで!
これはあんたの戦いなの!

〜〜〜

控訴審が始まる。

まずラブホテルの受付嬢に証人に立ってもらう。

間違いなく事件が起きた時刻に、被告人から電車賃を受け取ったことを証言した。
時間的な関係性から考えて、犯行することは不可能であると青島は訴えた。

反対尋問で検察官は金品の授受があったか事実確認する。
すると思い出したように現場百回のキーホルダーをもらったことを証言する。
あれはネットオークションで10万円で取引されていた。

弁護側から10万円相当の金品の授受があったことが意識づけられる。

次に後輩の中西が証言に立った。

茅野が仕入れた情報で、前日の夜から翌朝にかけてパーティーを行い、町村を誘惑するように伝えていたことを聞く。
この目的は女性とのいかがわしい写真を撮ることによって、脅迫することが目的だったのではないか、と詰め寄った。

ここで検察官から異議ありが入る!

さらに現場に落ちていたナイフは一週間前に中西がカード決済で購入しているものだった。
もちろんこれだけでは証拠にはならない。
だが、中西が事件に関与している可能性を指摘する。

3人目の証人として被害者である町村が立った。

だが彼は今まで通りの証言を貫き通した。
中西からは暴行は受けておらず、あくまでもそこに座っている武藤だと。

最終手段として、青島は母親の手紙を取り出した。
これによって真実が明らかになると披露する。

そこには子供を思う親の気持ちが淡々と書かれている。
そして町村への感謝と謝罪の想いも込められていた。
また二人は元通りの友人関係に戻ってほしい。
傍聴席で聞いている傍聴人の涙を誘うような内容だった。

この手紙を聞き終えた時、町村は自ら声を出す。

手紙には僕に感謝するように書かれていますが、僕こそ武藤くんに感謝しなければならない。
そしてお母さんにも謝らないといけない。
自分に暴行を加えたのは武藤君ではなく、後ろにいる中西です。

このとき、武藤の表情には笑みが戻った。

〜〜〜

裁判が終わる。

父親は感謝していた。
自分ではどうしてもあの手紙を発見することはできなかった。

小鳥遊翔子は、ポチが自分で母親の手紙を書いたのではないかと疑ったが、自ら弁護士バッチを失うようなことはしない、と言い切った。

事務所で祝勝会の準備がされる。
だが翔子にとったらまだこれは終わりではなかった。

無責任に誹謗中傷を繰り返した掲示板に書き込んだ連中を訴えたかったのだ。
どうしてもお母さんの敵を取らなければ気が済まない。

京極代表が情報開示請求が認められたと戻ってくる。
これで書き込んだ人間たちの住所が特定できた。

無責任にネットに書き込んでいた人間達に京極法律事務所から訴えの請求書が届けられる。
一人30万円ずつの損害賠償請求だった。
投稿者は約300人。

その請求書が届いたことに対する反発でたくさんの行列ができる。

なんでこんなことに30万円も支払わなければいけないんだ!
ちょっと感想書いただけだ!

だが、小鳥遊翔子はそれらの抗議を一喝する!
軽い気持ちかもしれないけど人が1人死んだのよ!
あんたたちは殺人犯!

支払いに応じる人間とは和解交渉に進むことになった。
だが支払いを拒むのであれば、裁判で訴訟になる。

そうなれば名前等がもちろん開示される。
家族や職場にばれるのではないかとあたふたする一同。

そのような状況になってもまだ正義のためにやったと主張する人間がいたので、
青島は全ては裁判所が判断する!法廷で会いましょう!と告げた。

その行動に小鳥遊翔子も彼を見返す。
そして今日の夜に自分の部屋に来て、と誘った。

「失礼します。」

「約束は守れるタイプ?」

「弁護士ですから一応」

「じゃあお願いするわ、、。」



小鳥遊翔子はスマホ画像を見せた。

「守屋至」…殺人犯?

時間がない。
絶対に負けられない戦いなの!

第5話終わり

リーガルV|5話感想

リーガルV感想

小鳥遊翔子の活躍

第5話でもやはり彼女が一番目立っていました!ポチと呼んで久しい青島が自分がずっと胸に抱えていた事件を追うストーリーとして展開されましたが、彼自身は半ば諦めかけていた。それでも、依頼人のために絶対に諦めてはいけないとの小鳥遊翔子の叱咤激励によって最後まで歯を食いしばることができました。非常に真面目で、弱者救済のために弁護士を志した青島にとっては、この第5話の事件によって一人前の弁護士としてさらに成長を遂げるのではないでしょうか。それぐらい最後のシーンで、無責任に悪質な書き込みをした人間たちに対する立ち振舞いが素敵でした!

ネットの書き込みに対する警鐘

リーガルVは、2018年秋ドラマの中でもトップクラスを争うほどの視聴率を達成しています。そのような多くの人間が見ている番組で、社会問題化しているテーマを扱うのは大変有意義なことだと思います。第5話で一番社会に対して訴えかけたかったのは、おそらく無責任に書き込みをすることによって、人が死ぬこともあるということでしょうか。そして掲示板の運営者が情報開示に応じれば、一人一人訴訟を起こすことも可能であることを世に知らしめたと思います。そもそもなぜ悪質な書き込みをするのか大多数の通常の人間には理解できないでしょうが、残念ながら少なからずいます。0になることは不可能でもそれに近づける努力はしていきたいですね。

ストーリーとしては強引?

世の中に対して訴えかけるメッセージは素晴らしいと思いましたが、大学生の中での喧嘩で自白に至るまでの経緯は少し乱雑だったかなとは思ってしまいました。あの裁判で読まれた母親の手紙で、今まで一貫して犯行を押し付けていた被害者が急転直下180度供述を変えるのであれば、そもそもあんな証言はしないのかと。青島が得た証拠は、ラブホテルの受付嬢のYOUからの証言ぐらいでしたからね。真犯人とされた後輩の彼がどのような罪になるのか、その後も追ってほしかったです!

小鳥遊翔子の過去

リーガルVにおいて一番の謎である小鳥遊翔子の過去が少しずつ明らかになってきました。なぜ彼女が弁護士を目指すに至ったのか。強気で人には弱みを見せない彼女にとっては、地位も名誉もお金にもなる弁護士を目指したと言い張っていましたが、もちろんそれは虚勢で本当の目的は別のとこにあると思います。それは伊藤理恵が見つけ出した幼少期と関係があるのでしょうか?法律さえ知っていれば防げる命はある。だからこそ法律を知らなくて苦しんでいる弱者のために力になってあげたいから弁護士になったのが、大きな本質だと思いました。

母親の願い!

母親は最後まで自分の息子の事を信じるのだなと改めて考えさせられました。法律事務所の各メンバーも自分と母親の思い出を振り返っていたように、迷惑をかけてしまって反省する点は誰にでも少なからずあるのではないでしょうか。それでも母親は最後まで自分の子供のことを信じ抜く。自分が批判にさらされるよりも、子供が被害を受けることは身を切るよりも辛いことなのだと思います。リーガルVの視聴者は多くの方が改めて両親の大切さと、これからもっと親孝行をしていかなければいけないな、と考えさせられる第5話の放送になったのではないでしょうか!

 

リーガルV|6話あらすじ

 

「京極法律事務所」に不動産トラブルを抱えた男性・塩見一郎(矢部太郎)が相談に訪れた。婚約者に超お得だと言われ、3000万円一括払いで土地を購入したものの、後から陽当たりが悪くて騒音もひどい土地だったことが判明。だが、土地はすでに引き渡し済みで、契約解除は不可能…。しかも、名義人が婚約者であるため、塩見が仲介業者を訴えることも厳しい状況だ。そこで、元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)はすぐ婚約者に連絡するよう、塩見に指示。ところがいざ連絡を試みると、婚約者の携帯も勤務先の番号も現在使われておらず…!

 これは結婚詐欺に違いない――そう確信する翔子たち。よくよく問い質せば、塩見は相田栞(東ちづる)が代表を務める高級婚活相談所「ローズブライダル」に、30万円も支払って入会。婚約者を紹介してもらったのだという。さらに、ここに来てとんでもない事実も発覚する。つい先日、「京極法律事務所」のパラリーガル・馬場雄一(荒川良々)が失恋した相手・藤原夏純(逢沢りな)と、塩見の婚約者が同一人物だったのだ! しかも、馬場も例に漏れず、夏純に大金を注ぎ込んでいたらしい。

 翔子らは夏純を訴えようと立ち上がるが、唯一の情報源である「ローズブライダル」は個人情報の提供を拒否。そこで、「京極法律事務所」のパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実)が婚活中を装い、潜入捜査を試みることに…。巡り巡って、翔子らは夏純との接触に漕ぎつけるが、相手は想像以上にふてぶてしくて用意周到! 翔子たちは彼女をやり込めるつもりが、逆に窮地に追い込まれてしまい…!?

 その頃、「京極法律事務所」の弁護士・青島圭太(林遣都)は、翔子が以前弁護していた受刑者・守屋至(寛一郎)と面会するのだが…!

 

視聴率推移

 

第1話[2018年10月11日放送]視聴率

15.0%

第1話の見逃し動画とネタバレはこちら


第2話[2018年10月18日放送]視聴率

18.1%

第2話の見逃し動画とネタバレはこちら


第3話[2018年10月25日放送]視聴率

15.9%

第3話の見逃し動画とネタバレはこちら


第4話[2018年11月08日放送]視聴率

16.5%

第4話のドラマ動画とネタバレはこちら


第5話[2018年11月15日放送]視聴率

15.4%


第6話[2018年11月22日放送]視聴率

14.4%

第6話の無料視聴とネタバレはこちら


第7話[2018年11月29日放送]視聴率

14.2%

第7話のドラマ動画とネタバレはこちら


第8話[2018年12月06日放送]視聴率

%

第8話の無料視聴とネタバレはこちら


第9話[2018年12月13日放送]視聴率

%

第9話のドラマ動画とネタバレはこちら


第10話[2018年12月20日放送]視聴率

%

第10話の無料視聴とネタバレはこちら


※放送日程については、あくまで筆者の予想となります。
※視聴率については、随時更新予定(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 

キャスト&スタッフ

キャスト

 

米倉涼子(小鳥遊翔子)
向井理(海崎勇人)
林遣都(青島圭太)
菜々緒(白鳥美奈子)
荒川良々(馬場雄一)
内藤理沙(神保有希)
宮本茉由(中沢淳美)
安達祐実(伊藤理恵)
三浦翔平(茅野明)
勝村政信(大鷹高志)
小日向文世(天馬壮一郎)
高橋英樹(京極雅彦)

 

スタッフ

 

【脚 本】
橋本 裕志
【音 楽】
菅野 祐悟
【企画協力】
古賀 誠一
【エグゼクティブP】
内山 聖子
【プロデューサー】
大江 達樹
峰島 あゆみ
霜田 一寿
池田 禎子
大垣 一穂
【演 出】
田村 直己
松田 秀知
【制作協力】
ザ・ワークス
【制作著作】
テレビ朝日

 

リーガルV|5話無料動画まとめ

 

案内人
案内人

「リーガルV」第5話無料動画の視聴方法お読みいただきありがとうございました!

 

第5話では、ネット社会の闇の部分に切り込んで、悪質な書き込みをすることによって、人が傷ついてしまう現実を知らしめる放送になったかと思います。明らかに犯罪行為となるので、自分がされたら嫌なことは人にはしない、という基本に立ち返ってマナーをみんなで守っていきたいですね!

 

 
 
[AD]1話〜最新話配信中!(2018/11/15時点)
もっと詳しく「auビデオパス」を知りたい方は、「au ビデオパス メリット&デメリット」にお進みください。
 
 
©テレビ朝日auビデオパス[PR]/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
※本作品の配信情報は2018年11月15日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。