「この世界の片隅に」ドラマ動画を無料で見るなら[見逃し配信]

この世界の片隅に

 

【番組名】この世界の片隅に
【放送開始】2018年7月15日(日)
【放送局】
TBSテレビ
【放送日時】毎週日曜よる9時
【出演者】

松本穂香、松坂桃李

二階堂ふみ、榮倉奈々

尾野真千子、田口トモロヲ

伊藤 蘭、宮本信子

【原作】

 こうの史代『この世界の片隅に』
(双葉社刊「漫画アクション」連載)

 

 

見逃し無料動画の視聴方法

安全に無料で楽しむ方法

放送終了から1週間以内の場合

TVドラマにて放送されてから1週間以内は、TverもしくはTBS FREEを利用することで、見逃した放送回を楽しむことができます!

どちらかお好きな方法で、登録なしでご視聴いただければと思います!どちらもTBSテレビが出資しているので安心してご利用できますよ!(現在はすでに配信終了)

 

Tver|無料視聴TBS FREE|無料視聴

 


民放テレビ局が連携した公式テレビポータルサイト「TVer(ティーバー)」
各局の好きな番組を、好きな時に、好きな場所で、好きなデバイスで!自由に視聴できるテレビの新しいスタイルです。全て無料で、番組放送終了から約7日間見放題!
 

放送終了から1週間以上経過している場合

結論から申しあげれば、「Paravi」がオススメです。TBS作品を基本見放題で配信しているのはParaviだけです。

他にも配信している動画配信サービスはありますが、1話ごとにレンタルで追加の視聴料金が必要となりますのであまりオススメはできません。

 

Paravi|無料視聴

 
 
♙運営会社 2018年4月〜 サービス開始
株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパン
TBS、テレビ東京、WOWOW、日経新聞、電通、博報堂の共同出資)
 
登録月無料で楽しめる[翌月より999円(税込)]
ex. 契約日 7/20 無料期間 7/20〜7/31 
           月額料金発生 8/1〜
 
複数のデバイスで視聴可能
月初めに300円分のチケットを配布
 

※本作品の配信情報は2018年9月15日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。
 

2018年 夏ドラマ 見放題作品

 

たぬ吉
たぬ吉

下記のドラマは、1話〜最新話まで全話無料で楽しめます。Paraviと同じように「キャンペーン」を上手く活用していただくだけなので、見逃したドラマがあった際にご活用ください。下記のドラマも、お好きな放送回を、好きなだけ無料で見る方法は限られています。

 

 

この世界の片隅に 視聴率推移

 

ケロマツ
ケロマツ

さすが TBS テレビの日曜日のドラマ枠! しっかり10%は確保してきました!戦争がメインテーマの視聴者を選ぶジャンルだっただけに、当初は心配の声も上がっていましたが、蓋を開けてみれば大健闘の数字ですね!第7話からは戦争の悲惨さをさらに色濃く描くシーンが登場しますので、そこで視聴者がどれだけついていけるかが今後の鍵だと思います。

 

【全話平均視聴率】

第一話(7/15) – 10.9%

第二話(7/22) – 10.5% 

第三話(7/29) – 9.0% 

第四話(8/5)   – 9.2%

第五話(8/12) – 8.9%

第六話(8/19) – 8.5%

第七話(9/02) – 9.8%

第八話(9/07) – %

 

この世界の片隅に あらすじ

1話を開く

昭和9年のある日、広島県広島市江波に住む少女・浦野すず(幼少期:新井美羽、大人時代:松本穂香)はお使いに出た帰り道、川原で絵を描いていたところを人攫いに捕まってしまう。しかし、先に捕まっていた少年・周作(幼少期:浅川大治、大人時代:松坂桃李)の機転で逃げ出すことに成功する。無事自宅に帰りついたすずだが、今日の出来事が夢のように思えて…。

時は経ち昭和18年秋。妹のすみ(久保田紗友)とともに祖母・森田イト(宮本信子)の家で手伝いをしていたすず(松本穂香)のもとに叔母が駆け込んできた。江波の自宅にすずを嫁に欲しいという人が来ていると連絡があったのだ。事情がよくわからないまま自宅へと急ぐ道すがら、すずは海兵団へ進んだ幼なじみ・水原哲(村上虹郎)と出会う。てっきり哲が相手の人だと思っていたすずはさらに混乱する。

その頃、浦野家では北條周作(松坂桃李)とその父・円太郎(田口トモロヲ)がすずの帰宅を待っていた。すずの父・浦野十郎(ドロンズ石本)と母・キセノ(仙道敦子)は突然の来客に恐縮しながら会話をつなぐ。周作は以前にすずを見初めたというが、こっそり家の様子を覗いたすずには見覚えが全くなく…。

2話を開く

すず(松本穂香)が北條周作(松坂桃李)のもとに嫁いで数日。山の上に建つ北條家には水道が通っておらず、共同井戸まで水を汲みにいくのがすずの日課となった。近所のことなら隣に住む刈谷タキ(木野花)が何でも教えてくれる。隣保の住民たちとも徐々に馴染みになってきた。中でもタキの娘・幸子(伊藤沙莉)や堂本志野(土村芳)ら同世代の女性とはかしましく話が弾む。すずは自分が嫁に来たことを実感する。

しかし、すずには悩みがあった。義母・サン(伊藤蘭)に家の慣わしを習いたいのだが、足の悪いサンに遠慮して聞けないのだ。一方のサンも敢えて家事に口を出さない。この状態がすずのストレスとなっていた。
そんなある日、径子(尾野真千子)が娘・晴美(稲垣来泉)を連れて北條家に帰ってきた。嫁ぎ先の黒村家と折り合いが悪くしばらくは戻らないという。径子は北條家の家事は自分がやるからすずは実家に帰れと言い放つ。周作は反対するがサンと義父・円太郎(田口トモロヲ)は径子の意見に賛成し、すずは嫁いで一ヶ月で実家に帰ることに…。

3話を開く

昭和19年6月のある深夜。呉に初めて空襲警報が鳴った。北條家では すず(松本穂香)・ 周作(松坂桃李)夫婦はじめ家族全員が恐怖とともに飛び起きた。呉の街も徐々に戦争の色が濃くなり、北條家・刈谷家と合同で防空壕を掘ることに。そんな状況ではあるが、すずは今さら周作がかっこよくて仕方がない。結婚して3ヶ月。ことあるごとに周作に見とれてはデレデレしてしまう。義姉・ 径子(尾野真千子)や 刈谷幸子(伊藤紗莉)にはそれが心地よいものではなく、キツめに当たってしまう。そしてすずは周作に別の結婚話があったことを知らされる。

デレデレに加えてモヤモヤを抱えたすずは、径子の娘・ 晴美(稲垣来泉)と蟻を観察しているうちに誤って砂糖を水がめの中に落としてしまう。砂糖は8月から配給停止になる高級品。しかもその一部始終を義母の サン(伊藤蘭)に見られていた。心の底からどんよりするすずに、サンはヤミ市で砂糖を買ってくるよう自分のへそくりを渡す。

ヤミ市で砂糖を買ったすずはその値段に驚き、改めて後悔する。そして家に向かって歩いているつもりが、いつの間にか見知らぬ場所に迷い込んでいた。帰り道を通りすがりの人たちに聞くが、誰もが知らんという。途方にくれたすずは リン(二階堂ふみ)という女性に声をかけられる。

4話を開く

昭和19年8月のある日、 すず(松本穂香)が段々畑から見える呉湾をスケッチしていると、通りがかった憲兵からスパイ行為だと厳しく言い寄られる。憲兵のあまりの剣幕にすずは恐怖に包まれる。何とかその場は納まったものの、すずはショックで寝込んでしまう。

その夜、まだ体調が悪いすずを家族は心配する。夏バテや疲れではないかと言い合う中、 円太郎(田口トモロヲ)は子供ができたのではと口にする。この唐突な発言に サン(伊藤蘭)と 径子(尾野真千子)は不快感を露にする。

翌日、すずは病院の帰り道に朝日遊郭を訪れる。リン(二階堂ふみ)と再会したすずは世間話に花を咲かせる。

そんな北條家に小さなお客さんが訪ねてきた。広島の黒村家に径子が置いてきた長男・久夫(大山蓮斗)がひとりで呉の北條家までやってきたのだ。久夫はある決意を持って北條家を訪れていた。径子もそれは薄々気付いていたのだが…。

5話を開く

昭和19年12月のある日、すず(松本穂香)が水汲みをしていると、軍艦に乗っているはずの水原哲(村上虹郎)が現れた。水原はすずに会いに来たと言う。すずは水原を北條家に連れて行くが、水原は今晩泊めて欲しいと言い出す。 サン(伊藤蘭)と径子(尾野真千子)は突然の客にびっくりするものの、やがて状況を楽しみ始める。

帰宅した周作(松坂桃李)は水原の顔を見て以前会ったことを思い出す。しかし周作が知らないすずの過去を水原が話すのを聞き不機嫌に。水原は周作の気持ちも知らずひたすら笑顔ではしゃぎ続ける。二人に挟まれすずは気が気でない…。

やがて夕食も終わり、居間には水原と周作の2人だけに。水原は戦艦での様子や思いを吐露する。それを聞いた周作は水原に納屋で寝てくれと言い渡し、母屋から追い出してしまう。そしてすずにも2人で昔話をして来いと水を向ける。

6話を開く

昭和20年春。呉にも空襲がやってきた。北條家に被害はなかったが、戦争の陰が日に日に濃くなっていく。そんなある日、北條家ではこんなご時勢だからと花見が企画される。その花見は幸子(伊藤沙莉)に周作(松坂桃李)の同僚・成瀬(篠原篤)を紹介するという重大な会でもあった。

一行が公園に向かうと大勢の市民が桜を楽しんでいる。いつ空襲に遭うかわからない非常時だが、考えることは一緒らしい。サン(伊藤蘭)や径子(尾野真千子)は満開の桜に心が和む。しかし、すずは人ごみの中にリン(二階堂ふみ)を見つけてしまい、逆に心乱れる。初対面の幸子と成瀬を皆で盛りたてる中、すずは家族の輪から離れリンと接触する。お互いに言いたいことはあるのだが、すずとリンの会話は噛み合わない。しかし、すずはリンに全てを見透かされている気がして…。

花見からしばらく経ったある日、ラジオから工場が爆撃されたというニュースが。その工場には円太郎(田口トモロヲ)が勤めている。被害は軽微だと報道されているが、帰宅した周作は職場で壊滅的だと聞いたという。さらに、文官だった周作が武官になることになり、教練のため三ヶ月ほど家に帰れないという。突然の報告にすずは絶句する。

7話を開く

すず(松本穂香)が目を覚ますと、そこは北條家だった。全身包帯だらけで身体は動かない。まだ夢を見ているようだ。しばらくたち、すずは現実を理解し始める。防空壕を出たところで不発弾の爆発に遭ったのだ。すずは、底知れぬ絶望と悲しみに襲われ…。

数日後、呉中が空襲に遭い、北條家の周辺も焼夷弾の被害に。そんな中、戦局の変化で訓練が中止になった周作(松坂桃李)が家に帰ってきた。周作はすずを労うが、夫の顔を見て緊張がゆるんだすずは倒れてしまう。

8話を開く

広島の方角の空には見たこともない巨大なきのこ雲が。新型爆弾が落とされたという。すず(松本穂香)は江波に住む家族が心配で仕方ないが、ひとりでできることはない。やがて帰宅した周作(松坂桃李)に心配されるが気丈に振る舞う。そして、すずはもっと強くなりたいと心に誓うのだった。

数日後、北條家に回覧板が回ってきた。正午から重大発表があるからラジオの前で待機するようにという通達だ。サン(伊藤蘭)や径子(尾野真千子)だけでなくタキ(木野花)ら近隣住民も北條家に集まり…。

 

《この世界の片隅に》感想

 

からあげ君
からあげ君

ちょっとボーっとしているところもあるすずですが、水原君のお兄さんが亡くなり、拳を握りしめて悔しそうにしている自分のお兄さんに頭を差し出して「拳骨してええよ」というシーンが不器用だけど、人のことを思いやれる優しい人なんだと思いました。

 

お兄さんが軍に行くときも頭を出すのですが、この時は拳骨しなかったんですよね〜。

「もう殴らん。お前ら守るのがわしの仕事じゃ。」って言って…。お兄さんの成長を感じました。息子が去って泣き出すお母さん。無事に帰ってきて欲しいです。

 

お兄さんが軍に行くときも頭を出すのですが、この時は拳骨しなかったんですよね〜。

「もう殴らん。お前ら守るのがわしの仕事じゃ。」って言って…。お兄さんの成長を感じました。息子が去って泣き出すお母さん。無事に帰ってきて欲しいです。

 

トラジ
トラジ

個人的に写生のシーン良かったですね!!水原君の代わりにすずさんが絵を描いて、その間に木を拾っておいてくれて…。完成した絵を見て「こがいな絵見たら、海、嫌いになれんじゃろうが」で、ありがとうなって…!胸がキュンとしました笑 

 

すずが描いた絵も、白波のうさぎや海を眺める水原君の後ろ姿が入っていて、こっちにもキュンとしてしまいました。本人は自覚していないけれど、水原君に海を嫌いになってほしくないという思いも少なからずあったのかなと、勘繰ってみたり。こんな絵を見たら好きになっちゃうよー笑

 

でも、すずに縁談が来て北條家に嫁いでいってしまうんですよね。周作達が浦野家に来た日、すずが家に向かう前に水原君と会って少し話をして、早よ行け、って言った後の切ない表情がなんとも言えません。

 

1話の時点ではまだ周作に感情移入しきれていなくて、よくわからない部分が多いのですが、多分小さい頃に人攫いから助けてくれた男の子ですよね?表情とかに出にくいけれど、すずの事は大事に思ってくれているのかな?という感じもします。

また、出戻って来ているお義姉さんとすずが性格的に合わなさそうで今後どうなるのか心配です。2話の予告でも不穏なかんじでしたし。二人は夫婦としてやっていけるのでしょうか?

 

もんち
もんち

本当にすずちゃんが可愛い。

初めはなかなか馴染めていない時にすごいドキドキしながら見てたけど、最近では周作とも仲直りして安心して見ることができています。

でもそんな時に幼馴染が現れたり、やっぱり周作の過去が気になったり。

複雑な女心が表に出ちゃうところもすずちゃん可愛いですよね!

 

晴美ちゃんも可愛いですよね!

「すずさん。水兵さんに乱暴はいけんよ」という一言も自分の中ではキュンとしちゃいました!

 

ゴリ
ゴリ

戦時中のテーマということでなかなか視聴者も見るのに気構える必要があるドラマでしたが、やっと慣れてきた気がします。今まで動画配信サービスを使って無料で過去の作品を見返してきましたが、はるみのひとつひとつの仕草が可愛くて、そして爆弾で亡くなってしまったことを思い出すと今でも泣けてきてしまいます。

 

戦争ってやっぱり良くないですね。全く罪もない将来のある子供の命を奪うんですから。そしてすずも痛切に自分の責任を感じているでしょうね。そのシーンもすごく心に刺さりました。動画だけでもこれだけ壮絶で感動する物語だと伝わるんですから、実際に戦争を体験された方は一体どんな感情が芽生えていたのかな。想像するだけでも恐ろしくなります。

 

たぬ吉
たぬ吉

この世界を片隅にを 視聴していて 一番感じたことがあります。 戦争という大きなテーマを扱う背景には、 ひとつひとつの小さな家族の物語があったということ。 そしてみんなその一つ一つの命を大切にして必死に生きてきた。 嬉しいことも悲しいことも悔しいことも。

 

それを一瞬で 不幸のどん底に陥れてしまうのが 戦争そのものだということを 強く感じています。 昨日までの 当たり前の光景が 今日なくなってしまっている。 当時の方達はそれを経験してきた。 現在は平和になって こういった悲惨な状況を 動画で無料で楽しめることができますが、 もう一歩踏み込んで 当時の苦労があったからこそ 平和の今があることをしっかり認識しなければいけませんね!

 

キャスト/スタッフ

【スタッフ】

原作こうの史代『この世界の片隅に』
(双葉社刊「漫画アクション」連載)
脚本岡田惠和
演出土井裕泰
吉田健
音楽久石 譲
P佐野亜裕美
制作著作TBSテレビ

【キャスト】

【松本穂香】(北條(浦野)すず)

 

誕生日1997年2月5日
出身地大阪府堺市
事務所フラーム
代表作「連続テレビ小説 ひよっこ」、「風に立つライオン」、「恋は雨上がりのように」、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」
役柄

広島の江波で育つ。周作に見初められ、北條家に嫁ぐ。

おっとりとした性格。思いやりがある

人格

・女優

・趣味、特技 演劇部

・ロックバンド「キュウソネコカミ」のファン

・有村架純(事務所の先輩)と担当マネージャーが同じだった


【松阪桃李】(北條周作)

 

誕生日1988年10月17日
出身地神奈川県茅ヶ崎市
事務所トップコート
代表作「侍戦隊シンケンジャー」、「連続テレビ小説 わろてんか」、「大河ドラマ 軍師官兵衛」、「視覚探偵 日暮旅人」
役柄

すずの夫。軍法会議の録事。生真面目な性格。

子供の頃に一度だけ会ったすずに結婚を申し込む為に、父と共に浦野家を訪れる。

人格

・俳優、モデル

・左利き

・「ONE PIECE」、「BUMP OF CHICKEN」の大ファン

・好きな食べ物 マグロ、オムライス


【村上虹郎】(水原哲)

 

誕生日1997年3月17日
出身地東京都
事務所ディケイド
代表作「2つ目の窓」、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」、「日曜劇場 仰げば尊し」
役柄

すずの幼馴染。事故で兄を失う。

兄と同じように海兵団に入隊する。

人格

・俳優

・父は村上淳(俳優)、母はUA(歌手)

・特技 ギター、剣道(初段)、乗馬、英会話(日常会話)


【二階堂ふみ】(白木リン)

 

誕生日1994年9月21日
出身地沖縄県那覇市
事務所ソニー・ミュージックアーティスツ
代表作「大河ドラマ 西郷どん」「大河ドラマ 軍師官兵衛」「いぬやしき」「問題のあるレストラン」
役柄

呉の遊郭で遊女をしている。

ふとしたきっかけで、すずと仲良くなる。

人格

・女優、ファッションモデル

・好きな食べ物 かぶ

・憧れの俳優 ブリジッド・バルドー、ジーナ・ローランズ、高峰秀子、スティーヴ・ブシェミ 

・ももクロのファン


【榮倉奈々】(近江佳代)

 

生日1988年2月12日
出身地鹿児島県
事務所研音
代表作「図書館戦争」「余命1ヶ月の花嫁」「のぼうの城」「メイちゃんの執事」
役柄

2018年の夏に東京から呉にやってきた。

現在空き家(?)となっている北條家から、すずの櫛を発見した。

呉にやってきた目的とは…?

人格

・女優

・特技 三味線(藤本流準師範)、民謡(名取り)

・夫 賀来賢人(俳優)2016年に結婚

・好きな食べ物 ベーグル、マンゴー、アボカド 嫌いな食べ物 貝


【尾野真千子】(黒村径子)

 

誕生日1981年11月4日
出身地奈良県五條市
事務所TOM company
代表作「連続テレビ小説 カーネーション」「大河ドラマ 義経」「東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜」
役柄

周作の姉。

はっきりとした物言いをする。

この時代には珍しい恋愛結婚だったが、とある事情から出戻ってくる。

人格

・女優

・4人姉妹の末っ子


【田口トモロヲ】(北條円太郎)

 

誕生日1957年11月30日
出身地東京都武蔵野市
事務所マッシュ
代表作「GANTZ」「ロング・グッドバイ」「バイプレイヤーズ」
役柄

周作の父。海軍の技術者。

人格

・俳優、ナレーター

・NHK総合テレビ『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』のナレーションで好評を得る


【伊藤蘭】(北條サン)

 

誕生日1955年1月13日
出身地東京都武蔵野市
事務所トライサム
代表作「DOCTORS〜最強の名医〜シリーズ」「太陽は沈まない」「連続テレビ小説 こころ」
役柄

周作の母。足が悪い。

できる範囲で家事などを頑張っている。

人格

・女優、歌手

・元キャンディーズのメンバー

・夫 水谷豐(俳優)1989年に結婚


【宮本信子】(森田イト)

 

誕生日1945年3月27日
出身地北海道小樽市
事務所東宝芸能
代表作

「マルサの女」「連続テレビ小説 あまちゃん」「大河ドラマ 毛利元就」

役柄

すずの祖母。優しい性格。

すずの縁談を聞き、友禅の着物を手渡す。

人格

・女優

・趣味 小唄、ジャズダンス

・夫 伊丹十三 1997年に死別

・2014年に紫綬褒章を受賞

 

この世界の片隅に 無料視聴まとめ

 

たぬ吉
たぬ吉

ドラマ「この世界の片隅に」の無料視聴方法はご理解いただけたでしょうか?日に日に戦争の色合いも強くなり、ドラマをかわいそうで直視できないシーンがこれからも続きそうですが、頑張ってみていきたいと思います!すず頑張れ!

 

無料視聴方法については、1週間以内なら「TVer」か「TBS FREE」|一週間以降なら「Paravi」をご利用ください。どちらの方法も無料で楽しめるのでおすすめですよ。それではまた別の記事でお会いできれば嬉しいです。ありがとうございました!

 

 

Tver|無料視聴TBS FREE|無料視聴

 

 

Paravi|無料視聴

 


©TBSテレビ/Paravi/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。 

⚠本作品の配信情報は2018年8月29日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。

テキストのコピーはできません。