Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この世界の片隅に | 8話 ネタバレ感想「戦争終結とやりきれない想い」

この世界の片隅に

-番組名-

「この世界の片隅に」

-放送開始-

2018年7月15日(日)

-放送日-

2018年9月9日(日)[8話]

-放送日時-

TBSテレビ 毎週日曜よる9時

-出演者-

松本穂香、松坂桃李、二階堂ふみ、榮倉奈々、尾野真千子、田口トモロヲ、伊藤 蘭、宮本信子

-原作-

 こうの史代『この世界の片隅に』
(双葉社刊「漫画アクション」連載)

 
 

[この記事の見どころ]

✎ この世界の片隅に|無料視聴方法

✎ 2018年夏ドラマ「全話無料」見放題できる作品

✎ ドラマ「この世界の片隅に 」とは

✎ 視聴率推移

✎ 過去放送話 [あらすじ・ネタバレ]

✎ この世界の片隅に|8話ネタバレ

✎ この世界の片隅に|8話感想

✎ 最終回(9話)あらすじ

✎ 相関図

✎ この世界の片隅に|キャスト・スタッフ情報

✎ この世界の片隅に|8話まとめ

 

無料視聴方法

放送終了から1週間以内の場合

 

案内人
案内人

「この世界の片隅に」を見逃されたこともご安心ください!民放各局で合同で設立されたポータルサイト「TVer」にてドラマ放送後、一週間以内は無料で配信されています!一週間以降のご視聴方法については、さらに先へ読み進めてみてください!

 

 

 

放送終了から1週間以上経過した場合

 

案内人
案内人

「この世界の片隅に」の最新話ではなく、過去の放送に戻って視聴する場合には、TBSテレビが出資に参加した動画配信サービス「Paravi」にて視聴するのが最もシンプルでお得です。なぜなら登録した月は無料で見逃し作品を視聴することができるからです。詳しくは公式サービスをご覧ください。

 

 
♙運営会社 2018年4月〜 サービス開始
株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパン
TBS、テレビ東京、WOWOW、日経新聞、電通、博報堂の共同出資)
 
登録月無料で楽しめる[翌月より999円(税込)]
ex. 契約日 7/20 無料期間 7/20〜7/31 
           月額料金発生 8/1〜
 
複数のデバイスで視聴可能
月初めに300円分のチケットを配布
 

※本作品の配信情報は2018年9月19日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。
 

2018年夏 全話見放題できるドラマ

 

案内人
案内人

皆さんご存知でしたか?2018年夏も民放各局がたくさんのドラマを放送しましたが、実は初めて利用する方限定に、今まで放送された全話を無料で視聴することができるんです!例えばグッドドクターハゲタカなど1話〜最終回まで無料視聴することができます!もし見たかったけど見逃してしまっていた方がいらっしゃいましたら、期間限定配信されているこの機会にご利用してみてください!

※下記のドラマは全て見放題作品です!

 

 

ドラマ「この世界の片隅に」とは

この世界の片隅に

©️原作「この世界の片隅に」

 

 

物語は1944年広島を舞台に展開される。当時18歳のすずがこの主人公。全くお互い顔も知らない同士で周作と結婚して、故郷の江波から20㎞遠い呉へと嫁ぐ。今までは才能豊かな絵を描いてばかりいたが、急に一家を支える主婦へと転身することに。戦時中ということもあって、毎日切り詰めて食糧難を乗り越え、一家の台所を支える。徐々に戦争は激しさを増してきた。
当時の日本海軍の中心的存在の呉は米軍による夥しい空襲にさらされ、大軍艦がいくつも燃え上がり、呉の町並みも原型が無くなっていく。そんな状況にもめげずに力強く生きていくすずだったが、とうとう1945年8月を迎えてしまうのだった。
 

視聴率推移

 
ケロマツ
ケロマツ

「この世界の片隅に」も最終回まで残り1話となりました。最終回が近づいてきて、とても寂しい気持ちは皆さんと共有できると思いますが、それ以上にドラマの内容も戦争一色になってきて見ているのが辛くなりましたね。

 

しかしそれとは裏腹に視聴率はそこまで下がっていないので一安心しました。日曜日の夜に見るには少し辛いけど、それ以上にすずや周作が戦争という厳しい時代にどのように立ち向かいどのように生きていたのかを最後まで見届けたい視聴者が多いんでしょうね。最終回は最高視聴率更新を願っています

 

【平均視聴率】

第一話(7/15) – 10.9%

第二話(7/22) – 10.5% 

第三話(7/29) – 9.0% 

第四話(8/05) – 9.2% 

第五話(8/12) – 8.9% 

第六話(8/19) – 8.5% 

第七話(9/02) – 9.8% 

第八話(9/09) – 10.9% 

 

過去の放送回 [あらすじ・ネタバレ]

 

たぬ吉
たぬ吉

「この世界の片隅に」の今までの放送をまとめました!どの放送も見応え満点で、ネタバレやあらすじを書いているのか全く苦痛ではありませんでした。出来る限り詳細に記載して、お読みいただいた読者のために分かりやすくまとめているつもりです。どこか見逃した放送がある方は是非ご参照ください。

 

・7月15日 [第1話放送]

昭和9年のある日、広島県広島市江波に住む少女・浦野すず(幼少期:新井美羽、大人時代:松本穂香)はお使いに出た帰り道、川原で絵を描いていたところを人攫いに捕まってしまう。しかし、先に捕まっていた少年・周作(幼少期:浅川大治、大人時代:松坂桃李)の機転で逃げ出すことに成功する。無事自宅に帰りついたすずだが、今日の出来事が夢のように思えて…。

・7月22日 [第2話放送]

すず(松本穂香)が北條周作(松坂桃李)のもとに嫁いで数日。山の上に建つ北條家には水道が通っておらず、共同井戸まで水を汲みにいくのがすずの日課となった。近所のことなら隣に住む刈谷タキ(木野花)が何でも教えてくれる。隣保の住民たちとも徐々に馴染みになってきた。中でもタキの娘・幸子(伊藤沙莉)や堂本志野(土村芳)ら同世代の女性とはかしましく話が弾む。すずは自分が嫁に来たことを実感する。

・7月29日 [第3話放送]

昭和19年6月のある深夜。呉に初めて空襲警報が鳴った。北條家では すず(松本穂香)・ 周作(松坂桃李)夫婦はじめ家族全員が恐怖とともに飛び起きた。呉の街も徐々に戦争の色が濃くなり、北條家・刈谷家と合同で防空壕を掘ることに。そんな状況ではあるが、すずは今さら周作がかっこよくて仕方がない。結婚して3ヶ月。ことあるごとに周作に見とれてはデレデレしてしまう。義姉・ 径子(尾野真千子)や 刈谷幸子(伊藤紗莉)にはそれが心地よいものではなく、キツめに当たってしまう。そしてすずは周作に別の結婚話があったことを知らされる。

・8月05日 [第4話放送]

昭和19年8月のある日、 すず(松本穂香)が段々畑から見える呉湾をスケッチしていると、通りがかった憲兵からスパイ行為だと厳しく言い寄られる。憲兵のあまりの剣幕にすずは恐怖に包まれる。何とかその場は納まったものの、すずはショックで寝込んでしまう。

・8月12日 [第5話放送]

昭和19年12月のある日、すず(松本穂香)が水汲みをしていると、軍艦に乗っているはずの水原哲(村上虹郎)が現れた。水原はすずに会いに来たと言う。すずは水原を北條家に連れて行くが、水原は今晩泊めて欲しいと言い出す。 サン(伊藤蘭)と径子(尾野真千子)は突然の客にびっくりするものの、やがて状況を楽しみ始める。

・8月19日 [第6話放送]

昭和20年春。呉にも空襲がやってきた。北條家に被害はなかったが、戦争の陰が日に日に濃くなっていく。そんなある日、北條家ではこんなご時勢だからと花見が企画される。その花見は幸子(伊藤沙莉)に周作(松坂桃李)の同僚・成瀬(篠原篤)を紹介するという重大な会でもあった。

・9月02日 [第7話放送]

すず(松本穂香)が目を覚ますと、そこは北條家だった。全身包帯だらけで身体は動かない。まだ夢を見ているようだ。しばらくたち、すずは現実を理解し始める。防空壕を出たところで不発弾の爆発に遭ったのだ。すずは、底知れぬ絶望と悲しみに襲われ…。数日後、呉中が空襲に遭い、北條家の周辺も焼夷弾の被害に。そんな中、戦局の変化で訓練が中止になった周作(松坂桃李)が家に帰ってきた。周作はすずを労うが、夫の顔を見て緊張がゆるんだすずは倒れてしまう。

 

8話ネタバレ

↓下記をタップすると開きます↓

序盤

[序盤]を開く
すずはハルに、自分も広島に連れて行って欲しいと頼む。しかし、トラックに乗れる人数には限りがあり、医療経験者だけという事で断わられた。代わりに、安否を確認したい人の名前と住所を書いて、ハルに渡すことになった。すずは改めて、ハルにお願いした。


タキに促され、みんな作業に戻る。すずは径子にその頭をどうするのかと言われる。勢いで切ってしまったので、ガタガタだった。みんなに笑われる。志野が、後で切り揃えようね、と言ってくれた。


〜〜〜


すずが外で、爆発で飛んで来て、木に引っかかっている障子を眺めていると、ちょうど周作が帰ってきた。すずが髪を切ったことに、驚いた様子だった。


家までの帰り道、周作はすずのことを心配し、大丈夫かと聞いた。するとすずは、ハルさんやタキさんも、息子さんが広島で連絡が取れないのに、泣き言も言わずに頑張っているから、と答えた。


〜〜〜


その夜、ボロボロの服をまとって、足を引きずった人が集会所の前で倒れた。


夜が明け、亡くなった人を、男たちが担架でどこかへ運ぼうとしていた。その様子を見ながら、タキたちが話している。広島から歩いてきたのだろうか。


タキ「どこの誰か、顔も服もベロベロで、分かりゃせんねぇ…」


ハル「ほんまにねぇ…」


運ばれていく人に、手を合わせた。


そこへすずがやってきた。蚊取り用に摘んできたユーカリと、家族の名前や住所を書いた紙を春に渡した。




すずは、木に梯子を立てかけて、引っかかっている障子を取ろうとする。空襲警報が鳴り、少しすると、敵の飛行機が頭上を飛んで行った。すずは飛行機を睨みつけながら言った。


すず 「うちは負けんよ!」


〜〜〜


畑仕事をしていた、すず、幸子、志野達の所に、空から紙が降ってきた。
 
紙には、降参しろと書かれていた。冗談じゃない、何が降参だと、すずは怒って落ちてきた紙を握りつぶした。


その晩、周作が竹刀を持って、庭で素振りをしていた。珍しいですね、とすずが言うと、明日に剣道大会があるという。


周作「そういや、すずさん。ごたごたして忘れちょったけど、ここを出るゆうちょったよのう?ずっと居ることにしたんか?…ええけど…」


すず「そこを今、持ち出しますか?」


周作「どうなんじゃ?」


すず「はい…。居らして下さい。お願いします。」


周作「おう…ほうか。…あほ!心配かけよってから…」


すんませんとすずが謝ると、周作が鼻で笑った。その態度にカチンときたすずは、「ほんまにすみません!」と言いながら、丸めた紙を投げつけた。

中盤

[中盤]を開く
すずは再び、木に引っかかっている障子を取ろうとしていた。




昭和20年8月15日。


ラジオを聞く為に、近所のみんなが北條家に集まっていたが、すずだけがいなかった。少しして、すずが帰って来た。手には障子を持っていた。


それから、みんなで正座してラジオを聞いた。
ラジオの内容がよくわからなかったが、戦争に負けたのでは、という結論に至った。
径子が安次郎にも聞いてみると、


安次郎 「ああ…負けた…。戦争は終わりじゃ…」


幸子 「負けたら、どうなるん?」


安次郎 「わからん。負けたことが…ないけぇのう…」


安次郎は遠くを見ながら言った。


すずは負けたことに納得がいかない様子だった。


すず 「そんなん…!覚悟の上じゃないんかね!?そうじゃろ?最後の一人まで戦うんじゃなかったんかね!?そう言うとったじゃろ?違うんか!?戦えるじゃろ、まだ!今じゃって、ここに、こんだけ居るのに!こんなに生きとるのに!まだ左手も、両足も残っとるのに!戦えるじゃろ、まだ!」


「じゃって…」と言いながら、すずは仏壇に置かれた、晴美の遺骨に視線を向けた。すずの視線に気付き、径子も晴美の遺骨を見つめた。


すず 「うちは…うちは納得できん!!うちはこんなん、納得できん!絶対できん!!」


すずは、怒りで唇を噛みしめた。


〜〜〜


径子は、晴美と久夫と、三人で写っている写真を見ていた。
 
顔を上げると、晴美の遺骨に語りかけた。涙を流しながら、何度も晴美の名前を呼んだ。


径子「晴美…。晴美、晴美。もっと早う……もっと早う、終わっとりゃあ……。晴美っ!」


径子は、晴美の遺骨に手を添えながら泣いた。
サンは隣の部屋で、黙って聞いていた。


〜〜〜


畑にやって来たすずは、心の中で、兄の要一に語りかけていた。
戦争に負けた。もうここに、敵の飛行機は飛んでこない。でも、どうしても納得できない。


すずは、要一や哲、晴美、失った右手の事を思い出していた。
その場に膝をつき、大声で泣いた。


しばらくすると、周作が現れた。
泣いているすずを見て、自分も泣きそうになるのを堪える。


周作「すずさん、腹へったわ…」


それを聞いて、二人は笑い合った。


〜〜〜


昭和20年9月 。


すずは、往診に来た医者から、腕の調子は悪くないと言われる。
周作は玄関の外で、医者にすずが広島へ帰れないかと聞いた。汽車もぎゅうぎゅう詰めで、あの腕で何度も乗るのは無理だと言われる。広島の現状を聞いてみると、広島の人は見んほうがええ、とだけ答えた。




その夜、すずは左手で手紙を書いていた。書きにくそうにしているすずを見て、周作が紙を押さえてくれた。


〜〜〜


すず、幸子、志野の3人が畑仕事をしていると、傘をさしたハルが現れた。志野は心配して、大丈夫かと声をかける。


ハルは、「なんか、眩しゅうてねぇ」と笑いながら答えた。


すずに、何の役にも立てなくて、悪かったと謝った。ハルの息子は行方が知れず、すずのところに何か連絡があったかと聞いた。すずは「いいえ」と答えた。それじゃあねと、ハルは去っていった。幸子が言うには、広島から帰って来てからずっとあの調子だという。


気を取り直して、志野は幸子に、嫁入りのことを聞いた。しかし、刈谷家は、今それどころではないという。広島に行っていた兄が生きていないなら、幸子が後を継がなくてはならなくなるのだ。

終盤

[終盤]を開く
その夜、外は大雨だった。家の中は何ヵ所も、雨漏りをしていた。


サン 「はぁ…。なんでこがいな時にうちの人は、居らんのじゃろうね。もう、必ず居らん!必ずじゃ!」


その時、誰かが戸を叩く音がした。円太郎が帰ってきたのかと思い、戸を開けると、郵便配達員だった。


すず宛ての手紙だったが、雨に濡れ、字が滲んでしまっていた。なんとか読もうと試みる。差出人がすみだとわかり、皆安堵した。住所に草津と書いてあり、祖母のところに避難しているのかもしれない。他は全然読めなかった。


家が停電してしまう。再び誰かが戸を叩いた。先ほどの郵便配達員が戻ってきたのかと思い、戸を開けると、鍬を持った円太郎が立っていた。みんな驚いた。


働いていた工場が閉鎖され、突然解雇だと言われた。腹を立てた円太郎は、勝手に原料を使って、退職金代わりに新品の鍬を作り、みんなに配ったという。


周作「お父ちゃん、それって…」


円太郎「おう。立派な、横領じゃあ!」


そう言って、円太郎は高らかに笑った。


〜〜〜


すずは、木から下ろした障子を直していた。




志野が家の前で掃き掃除をしていると、タキがやってきて、刈谷家に連れて行かれた。すず達は先に来ていて、成瀬もやってきた。皆を集めて、タキが話し始める。


広島に新型爆弾が落ちてすぐの頃、体も服も何もかもが熔けたようになっていた男の人が行き倒れていた。誰が誰やらさっぱり分からない状態だった。しかし、どうやらその男性はタキの息子だったようだ。息子の友達の手紙でわかったという。


タキ 「息子じゃったんじゃ、あの人…。うちの…息子じゃったんじゃ…。うち、分からんかった!……気づいてやれんかったんよ…。母親なのに!あの子が、どんな思いで呉まで…」


タキは泣いた。成瀬がタキに声をかけた


成瀬 「あの…お母さん。昨夜の祝言の話は、一旦なしにして下さい。幸子さんに、吉浦に来てもらう話です。わしには兄がおりますけ。じゃけ…わしがこちらに来ます。息子になりますけ。幸子さんも、出て行かんで済みますけ。幸子さんと一緒に居れりゃあ、わしはどこでもええんです。じゃけ、寂しゅうないですけ」


成瀬の言葉を聞いて、それまでタキの隣りで、黙って座っていた幸子は、涙を流した。えかったねと、サンはタキの肩に手を置いた。


円太郎 「ほうか…。じゃあ、成瀬くんはお隣りさんになるんか」


周作 「ほいじゃ、一緒に通勤か。一緒に行って、一緒に帰ってくるんか」


成瀬 「おう。何嫌そうな顔しとるんじゃ」


すず 「仲良しですねぇ」


悲しみの涙から一転、嬉し涙に変わった。


〜〜〜


昭和20年10月。


周作を見送るため、すずは一緒に歩いていた。周作は浮かない表情していた。


負けを認めない連中が反乱を起こし、占領軍に徹底抗戦するかもしれない。周作たちは、それを制圧しに行くことになった。


周作 「嫌じゃ…。同じ日本人同士で、反乱じゃ、制圧じゃ言うて…。ほんまに嫌じゃ。嫌でたまらん…。そがいな事で、怪我やらしとうないしの。せっかく生き残ったのに…」


周作はすずとの別れ際に、いつかすずに、リンの様子を見てきてほしいと言われた時の話をした。


周作 「そこの二つ目の角を左じゃ。自分で行ってみい。占領軍が上陸せんうちにな
。早う。気ぃつけぇよ!」


すずは走り出した。周作はすずを見送ると、再び歩き出した。
すずは二葉館があった場所までやってきたが、すでに瓦礫の山になっていた。瓦礫の中にリンドウの茶碗のかけらを見つけ、リンの事を想った。


すず「ごめん、リンさん。リンさんの事、秘密じゃなくしてしもうた。でもリンさん…。それはそれで…贅沢な、気がするよ」


すずはリン言っていた言葉を思い出していた。


リン「人が死んだら、記憶も消えて、のうなるじゃろ?秘密も無かったことになるね。それはそれで、贅沢な事かもしれんよ?」


〜〜〜


平成30年8月 呉市。


佳代達3人は、北條家へ向かっていた。家に着くと、周りが片付いていて節子と佳代はびっくりする。佳代が浩輔に、どういうことか尋ねる。実は、週末に浩輔が来て、片付けをしていたのだ。佳代と浩輔が軽く言い合いをしていると、節子が言った。


節子「仲のええ喧嘩じゃね。父と母もようそうやって、喧嘩しとった。ほんでも、なんか楽しそうでね。さあ、ちぃと中片付けてから、会いに行きましょう」


佳代「え?誰に?」


節子は、何も言わずに笑った。

8話感想

 
たぬ吉
たぬ吉

勢いで髪を切ってしまったすずですが、個人的にはこっちの長さの方が好きです。広島行きのトラックに乗れなくて、家族の安否も分からず、ずっと心配で仕方なかったであろうすずの元に、すみちゃんから手紙が届いたシーンは、見てるこっちも少し安心しました。でも、お父さんや、お母さんではなく、どうしてすみちゃんからだったのでしょうか?しかも、住所からおばあちゃんの所にいるかもしれないということだったので、おばあちゃんも含めてみんな元気だといいのですが…。

 

今回のストーリーでは、すずの家族は出てこなかったので、心配です。あと今回、一番良かったのは、成瀬だったかもしれません。次男だから融通が利く?部分もあったのかもしれませんが…とはいえ、あの時代に男性が女性側の家に来るというのは、レアなケースではないのでしょうか?あのボロボロだった人が、実はお兄さんだったとわかり、悲しみにくれる刈谷家の人たちに、自分が息子になるから、幸子は出て行かなくて済む。幸子と一緒にいられれば、どこでもいいと言った成瀬は、すごく優しい人だなと思いました。幸子には、幸せになって欲しいです!!

 
パオン
パオン

みんなで、ラジオを聞いて、戦争に負けたとわかった時、すずが納得できないと怒っていたシーンが印象的でした。自分が右手を失っていても、まだ戦えると言って、晴美の遺骨を見ていた所とか…。お兄さんが戦死し、哲も今回が最後かもしれないと、危険な任務に赴き(しかも今の時点では、安否不明だし。)、晴美も爆弾で亡くしてしまい…そんな事があって、どうしようもないことなのかもしれないけど、それでも納得できなくて、泣き崩れていたすずを見て、

 

当時、こんなふうに感じていた人は、一体どれぐらいいたのかなと、考えてしまいました。あと、径子が晴美の遺骨に向かって、もっと早く戦争が終わっていればと、泣きながら語りかけるシーンは、こっちも泣きそうになりました。戦争が終わるにこした事はないけど、本当にあと数日早かったら、晴美は死んでいなかったかもしれないのに…そう思うと、やりきれないですね…。もう一緒に暮らすことはできないけど、まだ久夫は生きているはずだから、せめてもう一度だけでも会えたらいいなと思いました…。

 
もんち
もんち

謹慎かもしれないけど、周作の白の軍服姿が、すごくかっこいいと思った。ストーリーの中で、何種類か制服を着ているけど、それぞれ、何か意味があるのかな?戦時中の話なので、シリアスなシーンが多いけれど、そんな中いつもクスッと笑わせてくれる、お父さんの、いい意味で空気が読めないところが好きです。みんなでなんとか雨漏り対策をしている時に、いつも肝心な時にいないと、お母さんが怒っていて。

 

それから停電したあとに、鍬を持って帰ってきて、横領だと清々しいくらいに笑っていたシーンに、思わず笑ってしまった。お父さん、いくらなんでも横領はダメだよ(笑)成瀬が、刈谷家に来てくれると言ったシーンは、感動したなぁ。幸子はいい人と出会えてよかったね!絶対幸せになってほしい!そういえば、志野の旦那さんはどうなっているのかな?戦争が終わって、家に帰ってきてくれるといいんだけど、まさか死んでないよね…?最終回で、生死がわかるのかな?志野にも幸せになってほしい。

 
ゴリ
ゴリ

ドラマを見ていて、気になるのですが、時々入ってくる現代のシーンは、本編とどういう風に関わってくるのでしょうか?最終回でたぶん、いい感じにまとめるんだろうけど、正直言って、なくてもいいかなと思ってしまう…。今回はまだ本編の最後だからマシだけど、本編の間に入れられると、話が切れてしまうのですごく違和感があった。でも節子が、すずと周作の子供みたいだから、すずは今後、子供を産むのかな?でも、節子はどこで生まれたかわからないと言っていたし…養子の可能性も…。そこだけは、ちょっとだけ気になるかも。前回からの続きで、広島行きのトラックに乗せて欲しいと、鈴が髪を切ったのには、びっくりした。で

 

も意外とあっさり断られてしまったので、少し拍子抜けだった。まぁ確かに、そんな余裕ないよね…。でもハルさんは、すずの家族のことを調べてくれようとしたり、すずも、蚊取り用にユーカリの葉を摘んで渡したりと、お互いに助け合いながら、できることをしようとしていて、本当に心の優しい人たちなんだなと思った。ハルさんは広島から帰ってきた後、眩しいと言って傘をさしていたり、刈谷家の集まりに出れないで、寝込んでいるみたいだから、最終回どうなっているのか心配です。ハルさん被爆したのかな…?

 
ケロマツ
ケロマツ

「この世界の片隅に」を見ていて、やっぱり戦争はいけないなと当たり前のことを感じられた視聴者の方も多かったのではないでしょうか?私も毎年この夏になると、戦争のドラマや映画をよく見るのですが、この世界の片隅にはごくありふれた家族に突如として起こる戦争の悲劇とその中にも必死に生きた家族の姿が描かれていてまた違った観点から第二次世界大戦を感じることができました。あんなに可愛かった晴美のような女の子がどれだけ犠牲になったのだろう。

 

そのように想像するだけでやりきれない思いになってしまいます。当時生きていた人は、戦争終結した時どのような感情が芽生えたのでしょうか?そこからよく今の日本まで復興したなあと先人たちに改めて感謝を伝えたくなりますね。そしてどれだけ今が過ごしやすい世界になっているのかを当時の人達にも教えてあげたいです。