この世界の片隅に | 7話 ネタバレ感想 「晴美の死と原爆投下」

この世界の片隅に

記事概要

何気ない日常の中に生きとし生けるものは、こんなにも愛しく美しく儚いものだった。

-番組名-

「この世界の片隅に」

-放送開始-

2018年7月15日(日)

-放送日-

2018年9月2日(日)[7話]

-放送日時-

毎週日曜よる9時

-出演者-

松本穂香、松坂桃李、二階堂ふみ、榮倉奈々、尾野真千子、田口トモロヲ、伊藤 蘭、宮本信子

-原作-

 こうの史代『この世界の片隅に』
(双葉社刊「漫画アクション」連載)

 
 

[この記事の見どころ]

✎ 無料視聴方法

✎ 2018夏ドラマ「全話無料」見放題できる作品

✎ ドラマ「この世界の片隅に 」とは

✎ 視聴率推移

✎ 過去放送話 [あらすじ・ネタバレ]

✎ この世界の片隅に|7話ネタバレ

✎ 公式ツイッター

✎ この世界の片隅に|7話感想

✎ この世界の片隅に|8話あらすじ

✎ 相関図

✎ キャスト・スタッフ情報

✎ この世界の片隅に|まとめ

 

無料視聴方法

放送終了から1週間以内の場合

 

案内人
案内人

TVドラマにて放送されてから1週間以内は、TverもしくはTBS FREEを利用することで、見逃した放送回を楽しむことができます!特に登録もなく無料で楽しめるので手軽な方法です。ただし、放送後1週間を経過してしまうと、視聴できなくなるので注意が必要です!

 

 

 

放送終了から1週間以上経過した場合

 

案内人
案内人

「この世界の片隅に」過去の放送のいずれも無料で楽しむためには、動画配信サービスを利用する方法が1番お勧めです。その中でも、TBSが出資に参加した「Paravi」が1話〜最新話まで全て初回限定キャンペーンを利用すると無料視聴できるので、お得かと思います。下記に簡潔ではありますが、「Paravi」についてまとめました。

 

 
♙運営会社 2018年4月〜 サービス開始
株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパン
TBS、テレビ東京、WOWOW、日経新聞、電通、博報堂の共同出資)
 
登録月無料で楽しめる[翌月より999円(税込)]
ex. 契約日 7/20 無料期間 7/20〜7/31 
           月額料金発生 8/1〜
 
複数のデバイスで視聴可能
月初めに300円分のチケットを配布
 

※本作品の配信情報は2018年9月12日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。
 

2018夏 全話見放題できるドラマ

 

案内人
案内人

「この世界の片隅に」だけでなく、参考までに、2018年夏に放送された民放各局ドラマの中で、全話無料視聴できる作品をピックアップしました!もし見逃した作品や、気になっていたけど、途中から見るのはちょっと、と思っていた作品がありましたら、この機会にお試しください!簡単な登録作業だけで全部見返せるのはメリットだらけですよ!

 

 

ドラマ「この世界の片隅に」とは

この世界の片隅に

©️原作「この世界の片隅に」

 

物語は1944年広島を舞台に展開される。当時18歳のすずがこの主人公。全くお互い顔も知らない同士で周作と結婚して、故郷の江波から20㎞遠い呉へと嫁ぐ。今までは才能豊かな絵を描いてばかりいたが、急に一家を支える主婦へと転身することに。戦時中ということもあって、毎日切り詰めて食糧難を乗り越え、一家の台所を支える。徐々に戦争は激しさを増してきた。
当時の日本海軍の中心的存在の呉は米軍による夥しい空襲にさらされ、大軍艦がいくつも燃え上がり、呉の町並みも原型が無くなっていく。そんな状況にもめげずに力強く生きていくすずだったが、とうとう1945年8月を迎えてしまうのだった。
 

視聴率推移

 
ケロマツ
ケロマツ

「この世界の片隅に」もいよいよ最終回に近づいてきました!みなさんは「この世界の片隅に」の視聴率の動きをご覧になってどのような印象を持たれるでしょうか?私は「戦争」という気軽に見れないテーマを扱ったにも関わらず、よくここまで高視聴率を叩き出したなと感じています。

 

第6話までは視聴率は徐々に下がる傾向にありましたが、それ以降は見事に挽回して初回視聴率に近づきました。これはひとえに「この世界の片隅に」キャストとスタッフの皆さんのご尽力によるものだと思います。この調子で最終回は最高視聴率を更新して有終のフィナーレを飾って欲しいです!

 

【平均視聴率】

第一話(7/15) – 10.9%

第二話(7/22) – 10.5% 

第三話(7/29) – 9.0% 

第四話(8/05) – 9.2% 

第五話(8/12) – 8.9% 

第六話(8/19) – 8.5% 

第七話(9/02) – 9.8% 

第八話(9/09) – 10.9% 

 

過去の放送回 [あらすじ・ネタバレ]

 

たぬ吉
たぬ吉

2018年夏ドラマ「この世界の片隅に」の1話〜最新話までのネタバレ・あらすじ・感想・キャスト紹介についてまとめました。一週間以内に「TVer」で無料視聴できず、「Paravi」も利用する気になれない時にお読みいただくと各話のイメージが湧くかと思います。特にネタバレについては、どこよりも詳細にまとめている自信はありますので、一度ご覧いただければ嬉しいです

 

・7月15日 [第1話放送]

昭和9年のある日、広島県広島市江波に住む少女・浦野すず(幼少期:新井美羽、大人時代:松本穂香)はお使いに出た帰り道、川原で絵を描いていたところを人攫いに捕まってしまう。しかし、先に捕まっていた少年・周作(幼少期:浅川大治、大人時代:松坂桃李)の機転で逃げ出すことに成功する。無事自宅に帰りついたすずだが、今日の出来事が夢のように思えて…。

・7月22日 [第2話放送]

すず(松本穂香)が北條周作(松坂桃李)のもとに嫁いで数日。山の上に建つ北條家には水道が通っておらず、共同井戸まで水を汲みにいくのがすずの日課となった。近所のことなら隣に住む刈谷タキ(木野花)が何でも教えてくれる。隣保の住民たちとも徐々に馴染みになってきた。中でもタキの娘・幸子(伊藤沙莉)や堂本志野(土村芳)ら同世代の女性とはかしましく話が弾む。すずは自分が嫁に来たことを実感する。

・7月29日 [第3話放送]

昭和19年6月のある深夜。呉に初めて空襲警報が鳴った。北條家では すず(松本穂香)・ 周作(松坂桃李)夫婦はじめ家族全員が恐怖とともに飛び起きた。呉の街も徐々に戦争の色が濃くなり、北條家・刈谷家と合同で防空壕を掘ることに。そんな状況ではあるが、すずは今さら周作がかっこよくて仕方がない。結婚して3ヶ月。ことあるごとに周作に見とれてはデレデレしてしまう。義姉・ 径子(尾野真千子)や 刈谷幸子(伊藤紗莉)にはそれが心地よいものではなく、キツめに当たってしまう。そしてすずは周作に別の結婚話があったことを知らされる。

・8月05日 [第4話放送]

昭和19年8月のある日、 すず(松本穂香)が段々畑から見える呉湾をスケッチしていると、通りがかった憲兵からスパイ行為だと厳しく言い寄られる。憲兵のあまりの剣幕にすずは恐怖に包まれる。何とかその場は納まったものの、すずはショックで寝込んでしまう。

・8月12日 [第5話放送]

昭和19年12月のある日、すず(松本穂香)が水汲みをしていると、軍艦に乗っているはずの水原哲(村上虹郎)が現れた。水原はすずに会いに来たと言う。すずは水原を北條家に連れて行くが、水原は今晩泊めて欲しいと言い出す。 サン(伊藤蘭)と径子(尾野真千子)は突然の客にびっくりするものの、やがて状況を楽しみ始める。

・8月19日 [第6話放送]

昭和20年春。呉にも空襲がやってきた。北條家に被害はなかったが、戦争の陰が日に日に濃くなっていく。そんなある日、北條家ではこんなご時勢だからと花見が企画される。その花見は幸子(伊藤沙莉)に周作(松坂桃李)の同僚・成瀬(篠原篤)を紹介するという重大な会でもあった。

 

7話ネタバレ

↓下記をタップすると開きます↓

序盤

[序盤]を開く
すず「晴美さん!……晴美さん!……晴美さん!!」


すずが目を覚ますと、北條家にいた。視線を動かすと、憔悴しきった様子の径子が、すずの方を見下ろしていた。


すず「お…義姉さん…」


径子「あんたが付いておりながら…」


すず「ごめんなさい…」


径子「あんたが付いておりながら……なんで…?なんで!?人殺し…。返して…晴美を返して!!」


サン「径子、やめ…」


すずを責める径子を、サンが諫める。


径子「返してよ!!晴美を返して!!なんで…なんで晴美が死なにゃあならんの!?…なんでよぉ……」


径子は大粒の涙を流しながら、すずを責めた。すずは何も言えなかった…。


サンは径子に、そろそろ大豆の配給の時間だと促がした。
 
径子はゆっくり立ち上がると、配給を貰う為に家を出て行った。仏壇には、晴美の遺骨が置かれていた。北條家に戻ってきていた円太郎も、径子達の様子を見て、部屋で涙を流していた。


サンはすずの髪を結いながら、径子の事を謝まった。すずが助かっただけでもよかった。早く元気になってね。サンはお粥を作る為に、部屋を出て行った。


残ったすずがふと視線を落とすと、自分の右手がなくなっていた……。


〜〜〜


大豆の配給を貰いに来ていた、幸子と志野は、すずの心配をしていた。
 
そこへ、後から径子がやって来た。配給の列に並びながら二人に言った。


径子「悪いけど…。うちはすずの事は考えられん。正直…あの子が悪いんじゃないのはわかっとるけど…何であんただけ生きとるって、何で逆じゃないんって思ってしまう……。あの子の顔やら、のうなった手の辺りとか見るたんびに、そう思うてしまう…。じゃけ……あんたらが何とかせぇ、すずのこと。うちは何もせん。何もできん。…あんたらがせぇ…。」


二人は何も言わずに径子を見ていた。大豆を貰った帰り道、径子はタキからトマトを分けてもらう。そのトマトを見て、晴美のことを思い出し、その場に泣き崩れた。


〜〜〜


夜中に空襲警報が鳴った。
 
すずは起き上がろうとするが、円太郎にこの音は来ないから、寝ていろと言われる。すずは再び布団に横になった。そして、なくなった右手の事を思い出していた。


絵を描いていた時。幼い頃に、周作に手を引かれながら、人攫いから走って逃げた時。すみやイト達と、海苔をすいていた時。野菜を切ったり、米をといだり、裁縫をしたり…。周作とアイスクリームを食べた時……。


〜〜〜


すずが俯きながら、縁側に座っていると、幸子と志野がやって来た。そして、すずを畑に連れて来て、ござに座らせた。大丈夫かと尋ねると、


すず 「なんか…まだある気がするんよ、右手…。なんか、ある気がする。なんか困った……」


幸子 「何が?」


志野 「なんでもゆうて」


すず 「何もできんけ、あの家におっても…。居場所がないいうか……。うちの顔見ると、晴美さん思い出してしまうんじゃろうし……。消えてしまいたい…。なんでうちも一緒に、死んでしまわんかったんじゃろう…。なんで…なんで…。なんで晴美さん、守れんかったんじゃろう…なんで!?…なんでよ…。消えてしまいたい…!」


そんなすずの様子を見ていた幸子は、突然すずの頭にげんこつをした。すずは驚き、志野は幸子を窘めた。幸子はすずをまっすぐに見つめて、


幸子 「悔しかったら、殴り返しんさい。右手がないなら、左手で殴り返しゃええ!」


「ほれ!」と、再びすずの頭にげんこつをくらわせる。すずは左手で、幸子の頭を殴り返した。


幸子 「ぜんっぜん、痛うないわ!!」


すずは泣きながら、幸子の頭を殴り返した。
 
ちっとも痛くないと言う幸子。すずは何回も殴り返した。幸子は、すずのげんこつを黙って受け続けた。すると、志野が幸子の頭をはたいた。突然の事に驚く幸子。三人の間に、笑いが起こった。すずが泣き出し、幸子と志野がすずを抱きしめた。抱きしめ合いながら、三人で泣いた。




その頃、江波の浦野家に、一通のハガキが届いていた。差出人は、サンだった。ハガキを読んだキセノは、すずの身を案じた。
 

中盤

[中盤]を開く
昭和20年7月1日。


夜中に空襲警報が鳴った。急いで避難する径子とサン。すずは少し遅れる。照明弾が放たれ、一瞬辺りが明るくなった。その後、北條家に焼夷弾が落ちた。燃える炎を見て、すずは周作の言葉を思い出した。


周作「すずさん。この家、守りきれるかいのう…」


すずは、径子達と協力して、火を消した。




夜が明け、円太郎や近所の人が家に集まってきた。家が焼けなくて良かった。下の方はすごい事になっていて、町中焦げてしまっている。


井戸に水を汲みに来た幸子は、戻ってきた周作と成瀬と鉢合わせる。周作に、早く家に戻るよう伝える。周作は走って家へ向かった。成瀬は呉がが大変な事になっていると聞いて、心配して幸子に会いに来た。幸子は成瀬にお礼を言った。少し離れた場所から、二人の様子を見ていた志野は、泣くのを我慢しながら「ええな…」と呟いていた。


家に着いた周作は、心配してすずの元へ駆け寄った。「ごめんなさい…。ごめんなさい…」と、すずは周作に謝った。そして気を失って、その場に倒れてしまった。


〜〜〜


周作は仏壇に手を合わせた。
 
径子に何か言おうとしたが、径子は「何も聞きとうない」と言って、その場から立ち去ってしまった。


目を覚ましたすずは、再び周作に謝り続けた。


周作「でもな、すずさん。そう言われて困るとは思うけど…。あんたが生きとって、えかった…」


すず「すみません」


布団から起き上がったすずは、周作に、二葉館の白木リンを見てきてくれないかと頼んだ。


すず「友達なんです…。友達なんです!お願いします…。お願いします」


〜〜〜


径子はすずの額に手を当て、熱があるか確認した。
 
その後、右手の包帯を取り替え、すずの着替えを手伝った。
「こんにちは」と声が聞こえ、径子は玄関へ向かった。すみが北條家を訪ねてきたのだ。すみは、すずの部屋へやって来た。
サンが手紙で知らせてくれた。知らせを受け、キセノも十郎も泣いた。みんな心配していて、すみが代表でお見舞いに来た。寄り添う二人。


すずは、すみを見送るため、一緒に外を歩いた。


すみ「手…。家の事出来んかったら、北條の家居りづらいじゃろ?広島に帰っておいでぇや。広島は空襲もないし…帰っておいでぇや。ね?」

終盤

[終盤]を開く
昭和20年7月28日。




広島への空襲が激しくなるなか、この日も空襲警報が鳴り響いた。避難しようとしたすずは、庭で一羽のサギを発見する。飛び立ったサギを追いかけて、すずは走りながら叫んだ。


すず「そうじゃ!そっちじゃ!そうじゃ、そっちへ、ずっと逃げ!山を越えたら広島じゃ!」


すると背後から戦闘機が飛んできて、銃撃される。すずは避けようとしなかった。
周作が現れ、すずに覆い被さるようにして、側溝に身を隠した。「アホか!死ぬ気か!」とすずを叱った。


すず「うち、広島へ帰ります」


周作「戻ってこんつもりか?手の事、気にしとるんか?」


すずと周作は言い合いになる。


すず「冴えん…。何もかも冴えん…」


周作「この一年、あんたの居る家に帰れて、楽しかったで。あんたは違うんか?すずさん。ずっとここは、知らん男の…よその家のまんまか?のう、すずさん?…どうなんじゃ!?」


すず「聞こえん、一個も聞こえん!帰る!帰る!広島へ帰る!!」


周作「おお、そうか…。勝手にせい。そういや…白木リンの消息を知りたがっとったな。絶対教えちゃらん。呉におらんのなら関係なかろう」


〜〜〜


平成30年 広島市江波。


佳代と節子と浩輔の3人は、江波の海を眺めていた。すずが生まれ育った場所だった。節子は自分がいつ、どこで生まれたのか、よくわからないという。


〜〜〜


昭和20年8月6日。


すずは径子に服を着せてもらった。すずは広島へ帰る準備をしていた。径子は縫い物をしていた。それは、すずのもんぺだった。ゴム紐を通したから、一人でも着られるだろう。すずはお礼を言った。


径子「この間は悪かった。晴美が死んだんを、あんたのせいにしたりして…」


すず「いいえ…」


径子「な、すず。私は好いた人に、早よ死なれた。息子とは会えんようになって、娘には死なれた。ほいでも、不幸せとは違う。自分で選んだ道じゃけぇね。その点、周りに決められて、知らん家に嫁に来て…言いなりに働いて…。あんたの人生は、さぞやつまらんじゃろ思うわ。」


そしてすずの髪を櫛でとかしながら、


径子「いつでも帰りゃええ、広島でもどこでも。ここが嫌になったんならね。ただ言うとく。うちは…あんたの世話や家事ぐらいどうもない。むしろ気が紛れてええ。なくしたもんを、あれこれ考えんで済む。くだらん気兼ねなぞせんと、自分で決め。あんたが嫌にならん限り…すずの居場所はここじゃ」


すると、外が光った。驚くすずと径子。雷かと思ったが、外はいい天気だった。


すず「あの…!やっぱり…ここへ居らしてもらえますか?」


そう言って、すずは径子の腕にしがみついた。


径子「分かった…。分かったけ、離れ!暑苦しいっ!」


突然、家が大きく揺れた。外に出てみろと、円太郎が大声で言った。サンも一緒に、全員で空を見ると、巨大な雲のような、爆煙があがっていた…。


〜〜〜


昭和20年8月7日。


何が起こったかわからなかった。径子はラジオをつけてみるが、何も聞こえない。いろんな噂が飛び交っているが、どうやら広島に新型爆弾が落ちたというのが正しいようだと、円太郎が言った。
 
サンは、円太郎を見た。円太郎はすずに謝った。江波とは全然電話が繋がらなかった。すずは家族のことが心配で夜も眠れないでいた。


〜〜〜


近所の女性達で、草履を作っていた。ハルがすずに包帯の巻き方を教えてくれた。ハルは元看護婦だった。作った草履は、広島へ持っていくという。明日広島へ行くトラックが出ると聞き、すずはそれに乗せて欲しいと頼む。しかし、それは無理だと断られた。気持ちはわかるが、怪我人が行っても足手まといだろう、と径子が言う。
すずは置いてあったハサミを掴むと、立ち上がった。みんな驚いた。すずはハサミで髪を切った。


すず「これで結う手間も省ける。迷惑はかけんようにします!連れてって下さい!」

公式ツイッター

7話感想

 
 
パオン
パオン

今回は冒頭から重いスタートでしたね…。そして、やっぱり晴美ちゃんは、爆弾で死んでしまっていたんですね…。なんとなく分かっていたとはいえ、やっぱり悲しいです。径子に人殺しと責められるすずも、かわいそうで、見ていて辛かったです。すず自身も右手を失っていたのに…。晴美を守れなかった事と、右手を失った事で歪んでいくすずが、怖くもあり、かわいそうでもあり…

 

本当に戦争って庶民にとっては、やっていいことなんてほぼないんじゃないかと思ってしまいます。心配して、すずの様子を見に来た、幸子と志野とのシーンは、見ていた自分も泣いてしまいました。すずが来たばかりの頃は、ツンケンした態度で接していた幸子も、面倒見が良くて頼もしい、大親友になりましたね。そしてついに、広島に原爆が落ちましたね…。そのことについては、来週の放送回でやるのかもしれないけど、江波の浦野家のみんなは、大丈夫なのでしょうか?これ以上、すずが壊れてしまわないかが心配です。

 

ペン太
ペン太

はるみを守れなくて心を痛めたすず。自分自身も右腕をしなって辛いはずなのに、やはり晴美を小さいのに亡くならせてしまった申し訳なさでいっぱいになっていましたね。すずの気持ちを考えると心がキュッと切なくなってしまいます。それに、うなされながら目覚めて、すぐに径子にヒト殺しとまで言われたら、、自分も身体中が痛いだろうに、すぐにごめんなさいって謝っていましたよね。径子の気持ちを考えると、もちろんそのように言いたくなる気持ちは分かるんだけど、もう少し自分の中で整理してからすずと対面してほしかった。

 

でも母親の心境からすると、なんで助かったのが晴美じゃなくて、あなたなのすずってなってしまうのかな?母親があれだけ可愛い娘を失ったのだから仕方ない気もする。もっと優しい言葉をかけてあげてって思ってたら、径子は自分の口からでなく、すずの友人を通してフォローをお願いしていましたよね。あのシーンはとても感動的でした!すずは被害者で、何も悪くないですからね。悪いのは戦争です。実際に晴美のような可愛らしい幼い命がたくさん失われたことを考えると、いたたまれない気持ちになってしまうのは自分だけでしょうか?

 

メリー
メリー

ドラマこの世界の片隅にを見ていて、総括的な感想になりますが、ほんとに日本は平和になったなって思います。もちろんまだまだ問題は各方面に山積しているし、解決しなければいけない課題も多いですが、あの戦争から、よくここまで立ち直ったと思います。本当に先人達の努力の積み重ねに感謝しかないですよね。

この世界の片隅にて、ドラマに描かれている日本の原風景は、かつてはあらゆるところにあったんだと思います。そういったものを全て一瞬にして破壊してしまうのが先そうです。全くなりの罪もない人たちが積み重ねてきた人生を一緒にして破壊されてしまう。あんなに幼い晴美のような子供の未来までも奪ってしまう。改めてこの世界の片隅には、戦争の恐ろしさと、戦時中でもあのように普通にがんばって生きていた家族の姿があったことを学ばせていただきました。

 

あのような第二次世界大戦を経験した日本だからこそ、まだまだ世界中に残る戦争を止める役割があると思います。むしろ今も苦しんで未来を奪われている子供たちがいるのです。もっと世界的にイニシアチブをとって、日本が、率先して世界平和実現に向けて歩みを進めてほしいですね!

 

ガオン
ガオン

この世界の片隅に、の原作を読んでいて、登場しないキャラクターも何人かいました!でも、今回ばかりは、この世界の片隅に原作に登場しないドラマでのオリジナルキャラクター志野と幸子の存在が、すずにとっての救いとなったくれて嬉しかった。あのときに、もしひとりぼっちだったら、立ち直れるキッカケも掴めていなかっただろうから。どの時代も、やはり最後は友達の存在って大きいですよね!家族ももちろん大切だけど、それと同じくらい思いを共にしてくれる友人の存在は、ときに大きなパワーを与えてくれます!

ただ、志野の「ええなぁ」は心が泣きました。見ていられなかった。きっと大丈夫だって思いたいけど、志野の旦那役が誰が演じるのか発表がないことを考えると、やっぱり戻って来れないのかな?もしそうなら辛いですよね。すずや幸子を見つめる志野の眼差しが見ていて辛かったです。でも、本当に戦争では、あのような切ない別れもたくさんあったんですよね。この世界の片隅に、では、たくさんほっこりするシーンも楽しませていただきましたが、それと同じくらい切ないシーンもありました。考えさせられる作品だったと思います。

 
ゴリ
ゴリ

「この世界の片隅に」も最終回間近に迫ってきました。皆さんはここまで振り返ってみて、どの放送が一番印象的でしたか?私は総括的な話になってしまいますが、「この世界の片隅に」のタイトル通り、戦時中であっても、たくさんの家族があって、それぞれに大切な物語があったことを再認識させられました。

 

こと戦争となると、悲惨な面や原爆投下や沖縄の話など負の面がピックアップされがちですか、そこには一つ一つの家族のカタチがあったのです。幸せな家族がたくさんありました。その前提の上での戦争なのです。あれだけ日常を一緒にして消し去ってしまう戦争も、平穏なすずや周作、晴美たちの家族の生活があったからこそ、よりリアルに、より悲惨に感じ取ることができました。改めて考え方を成熟させてくれた「この世界の片隅に」に感謝しかないです!

 
 

テキストのコピーはできません。