この世界の片隅に| 妊娠してたすず?周作が結婚したかった相手も判明《第4話》

この世界の片隅に
【番組名】この世界の片隅に
【放送日】2018年8月5日(日)
【放送局】
TBSテレビ
【放送日時】毎週日曜よる9時
【出演者】

松本穂香、松坂桃李

二階堂ふみ、榮倉奈々

尾野真千子、田口トモロヲ

伊藤 蘭、宮本信子

【原作】 こうの史代『この世界の片隅に』
(双葉社刊「漫画アクション」連載)

無料動画の視聴方法

第3話では、すずの懐妊が気になる展開で終わりました。

果たしてすずは妊娠していたのか?

そして気になる「りんどう」柄の茶碗の意味するところとは。

それによってすずの周作に対する接し方も変わってしまう。

代用品か、うちもそうなんかね、、、

 

今後の展開で大事な伏線になる第4話を詳しくご案内します。

 


 

【この世界の片隅に】をリアルタイムで

視聴できなかった方に向けて、TBSテレビは

動画配信サービスを通じて見逃し配信を行っています。

自分の目でしっかりご確認されたい方は

≫こちらにお進みください。

 

©TBSテレビ/Paravi/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

⚠本作品の配信情報は2018年8月12日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。

第4話【詳細】

[序盤]

[序盤]を開く
昭和19年8月。

 

すずが段々畑に座って呉湾の絵を描いていると、憲兵がやって来て間諜行為だと、激しく責め立てた。そして、すずのスケッチブックを持って行ってしまった。 憲兵が北條家から立ち去ると、サンと径子は思わず噴き出した。 すずが間諜行為なんてするはずがないと。 気の抜けたすずは、その場で気を失って倒れ、 寝込んでしまう。

 

その時のことを、仕事から帰ってきた周作と円太郎に話した。 しばらくすると、すみませんと言って、すずが起きてきた。 倒れたすずを心配していると、ふと円太郎が、子供ができたんじゃないのか、と言った。径子ができた時のサンと、同じような感じだったのを思い出したのだ。周作とすずは、嬉しそうにお互いに見つめ合った。




〜〜〜
径子は、すずの代わりに井戸に水を汲みに行ったり、共同畑の世話をした。

 

一緒に畑仕事をしている幸子と志野に、すずが妊娠したかもしれないから、病院に行ったと説明した。二人は驚いた。分からんよ、まだと、径子は言った。




〜〜〜

病院からの帰り道、すずはリンに会いに行った。

 

病院で診てもらった結果、妊娠していなかったことを、すずは彼女に話した。子供ができたと思ってみんな喜んでいたのに、そうじゃないと分かったら、がっかりさせるかもしれないと、すずは悩んでいた。

 

リン 「でもね、すずさん。うちは分からん。うちの母ちゃんは、お産のたびに、歯が減ったんよ。終いにゃ、お産で死んだんよ。それでも楽しみなもんかね?」

 

すず 「そりゃあ、怖いことは怖いけど。ほいでも世の男の人は、みな戦地で命がけじゃけえ、こっちも義務を果たさんと…」

 

リン 「義務?」

 

すず 「出来のええ跡取りを増やさんと。それが嫁の務めゆうか、義務じゃろ?」

 

リン 「男が産まれるとは限らんが…」

 

すず 「男が産まれるまで、産むんじゃろ」

 

リン 「出来がええは限らんが…」

 

すず 「じゃけえ、何人か予備に、産むんじゃろ」
リン 「なんかキリがないねぇ」

 

すず 「ほうじゃねぇ…」

 

二人は、ふふっと笑った。そして、その義務を果たせなかったらどうなるのか、リンはすずに聞いた。実家に返されると、すずは答えた。




リン 「帰ってどうするん?」

 

すず 「うーん……居場所がないんかもしれんね」

 

リン 「居場所ねぇ……。あっ!でもあれじゃね!子供がおったらおったで、支えになるよね」

 

すず 「ほう!かわいいし!」

 

リン 「困りゃあ、売れるしね」

 

すず 「え…?」

 

リン 「女の方が高いけ、跡取りが少なくても、大丈夫じゃ。世の中、うまいことできとるね」

 

明るく言うリンを見て、思わずすずは、笑った。悩むのがあほらしくなった。リンはすずを見つめて、

 

リン 「あのね、すずさん」

 

すず 「はい」

 

リン 「子供でも、売られても、それなりに生きとる。誰でも、なんか足らん位で、この世界に居場所は、無うなりゃせんよ、すずさん。な?すずさん」

 

すず 「うん…。ありがとう、リンさん…」




すずはふと、リンの名字を聞いた。白木リン、と答える。うちの事はこれに全部書いてある、と言って、首から下げていた巾着の中から、紙切れを取り出し、すずに見せた。優しいお客さんが書いてくれたそうだ。すずが、字が上手いと感心していると、その客は字を書くのが仕事だったとリンは言った。すずからさっと紙を奪うと、素早く巾着にしまい、うちの宝物なんよ、と言って笑った。そして、すずは家へと帰って行った。

[中盤]

[中盤]を開く

径子は、共同井戸で人参を洗いながら

 
幸子と志野に長男を産んだ時の話をしていた。

 

志野はその話を黙って聞いていた。どうしたと、幸子が聞く。もし、妊娠していなかったとしても、すずに優しくしてあげて欲しいと、志野は径子に頼んだ。

 

しばらくして、そこへ病院から帰って来たすずが現れた。径子は、スタスタとすずに近づいていき、「どうじゃった?懐妊、違う、どっち?」と聞いた。違う、とすずは答えた。

 

すると、「あー、よかった」と言ってすずに水汲み用の天秤棒を持たせた。普段と変わらない態度ですずに接した。水汲みが苦手なすずは、バケツの水を零して、径子に叱られる。二人のやり取りを見ていた幸子と志野は、笑って見送った。




〜〜〜

その日、晩ご飯を食べようとしていた北條家に、

 
径子の息子の、久夫が一人でやって来た。

 

久夫は、「ご無沙汰してすみません」と頭を下げた。とてもしっかりした少年だった。久夫もまだご飯を食べていなかったので、すずが支度しようとすると、径子が「ええ、うちがやる」と言って、久夫が被っていた帽子をすずに渡した。すずと久夫は、お互いに挨拶を交わした。

 

径子が「何もないねぇ…」と言いながら晩ご飯の支度をしていると、サンが牛肉の大和煮の缶詰を出してくれた。でも、と申し訳なさそうにする径子に、食べさせてやりなさい、とサンは言った。「ありがとう」と径子はお礼を言った。
 

 

久夫も加えて、みんなで晩ご飯を食べる。

和気藹々としている。径子も嬉しそうだった。




晩御飯を食べ終わって、みんなでお茶を飲んでいた。久夫か何か言いたそうな雰囲気を察し、径子は何とかはぐらかそうとする。サンに窘められ、径子は不承不承、座った。

 

「このままじゃ、いけんと思うんじゃ、お母ちゃん」と久夫が切り出した。すずが晴美を連れて別の部屋へ行こうとしたが、分からなくても、晴美も聞いていた方がいいと、径子が止めた。

 

久夫 「お母ちゃんは家を出て、離縁する言うとる。それは、僕はどうしようもないことじゃ思うとる。お母ちゃんと黒村のおばあちゃんは、一緒にいると、うもういかん。
どっちかが悪いいうわけじゃない思う。むしろ、どっちも悪い。じゃけえ、一緒には生きられん、僕はそう思う。

 

ただ、お母ちゃんが僕も晴美も連れて、あの家を出て行くわけにはいかんじゃろ?黒村の家を継ぐ人間が居らんようになってしまうけ」

 

径子  「そんなん納得できん。うちは、たとえ裁判になってでも、あんたを取り戻すつもりなんよ、じゃけ…」

 

久夫 「僕は黒村の家に残る、あの家で生きていく。お母ちゃんと晴美とは別れて生きていく、そう決めた。その気持ちを伝えに来たんじゃ」

 

久夫はまっすぐに径子を見て、はっきりと自分の意志を伝えた。径子は複雑そうな表情で、久夫を見つめていた。そして、死んだお父さんにそっくりだと言った。




〜〜〜

寝るまでの時間、径子、久夫、晴美は3人で一緒にババ抜きをしていた。

 

3人の楽しそうな声がすず達の部屋まで聞こえてきた。

 

すず 「立派ですね、久夫さん…」

 

周作 「ああ、ほうじゃのう。もっと…無邪気になってもええ年なのにのぉ」

 

すず 「はい…」

 

周作 「長男の一人息子じゃけ。久夫も…色々、我慢せにゃあならん事が多いな」

 

すず 「周作さんも?周作さんも…色々我慢なさったんですか?」

 

周作 「え?」

 

すず 「何でもないです」

 

そう言うとすずは、周作に笑顔を向けて、寝る支度を続けた。
 

 [終盤]

[終盤]を開く

翌日、久夫は黒村家へ帰る。

 

玄関を出ると、振り返って近くにいた晴美の頭を優しく撫でた。そして、

 

久夫 「では、失礼します。おばあちゃん、すずさん、母と晴美をよろしゅうお願いいたします。」

 

そう言って、頭を下げた。サンは笑顔で「はいはい」と返した。

 

久夫 「じゃあ…」

 

径子 「気ぃつけて帰るんよ」

 

久夫 「うん。じゃあな、晴美」

 

それから、もう一度一礼して、振り返らずに来た道を帰って行った。径子は、久夫の後ろ姿が見えなくなるまで、ずっと見送っていたが、我慢できずに走って久夫の後を追いかけた。

 

久夫に追いつくと、その足音で久夫が振り返った。久夫は鼻をすすっていた。径子は、駅まで一緒に歩こうと言って、久夫の手を取り、一緒に歩き出した。




すずは、庭の土にちょうちょを描いて、晴美に見せていた。

しばらくして、径子が帰って来た。帰って来て開口一番に「勤めに出よう思うわ」と言った。そう、とサンが言った。

 

径子 「ここでずーっと、すずの顔見ててもつまらんし」

 

すず 「はぁ…すみません…」

 

径子 「そしたら、晴美の事頼むね、すず」

 

そう言って家の中に入っていこうとする径子に、「うちはええん?」と晴美が聞いた。

 

径子 「え?」

 

晴美 「お兄ちゃんの取り合いしとるけど、うちはええん?……うちはええんじゃね…取り合いせんのんじゃね…」

 

そう言って、晴美は泣き出した。径子は晴美の方へ行って、彼女の前にしゃがむと、肘のあたりを持って、

 

径子 「そういう事じゃない…そういう事じゃないんよ。バカじゃね、あんた…」

 

そう言って、泣いている晴美を自分の方へ抱き寄せた。




〜〜〜

昭和19年10月。

 

親戚の小林夫妻の荷物だけが、疎開して来た。彼らの住む浜田町では、空襲警報の頻度が増え、空襲に備えて生活用品だけでも山の上にある北條家に預けておこうと考えたのだ。その荷物を納屋において置く事になった。季節も冬へ向かうところだったので、ついでに冬物も出しておこうという話になって、すずは納屋の整理をしていた。

 

径子は、あがの作業所に奉仕に出ているので、すずは一人で忙しそうだ。すると、棚から紙に包まれた、白地にリンドウの花が描かれた、きれいな茶碗が出てきた。

 

その茶碗を持って納屋から出ると、サン達が縁側で談笑していた。あの時、一刻の気の迷いで変な娘に決めないで本当によかったと、話しているのが聞こえた。

 

晴美がすずの茶碗に気づいて「すずさん、それ何?」と聞いてきた。

その声が聞こえて、サンたちは話をやめた。すずはサンに茶碗を見せるが、サンは知らないと言った。奉仕から帰ってきた径子にも聞いたが、彼女も知らなかった。

 

仕事から帰ってきた周作にも聞いてみると、「ああ、わしじゃ」という返事が返ってきた。茶碗の持ち主は、周作だったのだ。

 

いつか、自分の嫁さんになる人が使えばいいと、以前町で買った物だった。それを聞いたすずは、自分が使ってもいいのかと尋ねた。もちろんじゃ、と周作は答えたが、やっぱり使うのはもったいないと言って、すずは寝室の棚の上に置いた。大変じゃったの、納屋仕事、と言って周作はすずを労った。






〜〜〜

すずは、晴美とこくばを拾いにきた。

 

そこには、きれいなリンドウの花が咲いていた。歌を口ずさみながら、鉈で竹の枝を切り落としていたすずは、ふと色々な物事が重なった……。




リンドウの花…リンの着物の裾にも描かれていた。納屋で見つけたきれいな茶碗にも…。

 

「いつか儂の嫁さんになる人が、使やええ」と言った周作の言葉。

 

長ノ木の事を何度も話に聞いた、と言っていたリン。

 

「人にはみんな過ぎてしもうた事や、選ばんかった人生、色々あるけど……」と言っていた周作。

 

「あん時結婚せんで、えかったんかもね、周作にとってもねぇ」と言っていた径子。

 

「すずと結婚する前に、好きになった人が居って当たり前じゃろ?」と言っていた幸子。

 

納屋の整理が終わった時に聞いた、「えかったのう。あの時、一刻の気の迷いで変な娘に決めんでホンマにえかった」という言葉。

 

「うちの事は、ここに全部書いてある」、「優しいお客さんが書いてくれたんよ」、「字を書くのが仕事じゃあ、言うとった」リンの言っていた言葉が、次々と思い起こされた。




「すずさん?」と、すずの様子を心配した晴美が声をかけてきた。ちょっと戻りましょう、と言って二人は家に戻った。

 

家に戻ったすずは、周作の机の引き出しを開けて、一冊のノートを取り出した。パラパラとページをめくっていくと、背表紙が破り取られた跡があった。おそらく、リンの持っていた、リンの事が書いてある紙切れと同じ物だろう。

 

そのノートは間違いなく、周作の物だった。すずはもう一度、棚に置いたリンドウが描かれた茶碗を見た。

 

全てが繋がった……。




〜〜〜

昭和19年11月。

 

米が手に入らず、代わりに水とんを作るすずと、それを手伝う晴美。生地をこねながら「代用品かぁ…うちもそうなんかねぇ…」と、すずは呟いた。

 

その夜、炭の配給がないので、落ち葉で炭団代用品を作るすず。考えちょるのう、と周作は感心する。しかし、すずは「所詮、代用品です…」と少し落ち込んだ様子だったが、何でもないです、と言って笑顔を作った。

 

寝室で、ことに及ぼうとする周作を、すずは拒否した。

布団から起きて周作に背を向けると、周作が子供ができない事を気にしているのかと尋ねた。いえ、そういうわけでは…と否定した。小さい声で「代用品なんかな、思うたら……」と呟いた。

 

すると、突然周作が「ん!?」と大きな声を出した。すずも、「ん!?」と辺りの匂いを嗅ぐと、火鉢に入れた、先程作っていた炭団の代用品から、黒っぽい煙が上がった。周作とすずは激しく咳き込んだ。葉っぱが炭になりきっていなかったのだ。 周作は窓を開け、煙を外に逃した。すずは、火鉢から炭団を取り出した。すずは申し訳なさそうに、「すみません…」と周作に謝った。




〜〜〜

昭和19年12月。

 

木枯らしが吹く中、すずは水を汲みに、井戸へと向かった。井戸へ着くと、お先にと、先に来ていた幸子が帰って行った。バケツに水を汲んでいると、「おう、頑張っとるのう!」と声をかけられた。

 

顔を上げると、そこには幼馴染の【水原哲】が立っていた。

 

「え!?水原さん!?」とすずは、もの凄く驚いた。「おう」と言って、哲は笑った。

【参照】

アニメ版 「この世界の片隅に」


《この世界の片隅に》公式 Twitter


《この世界の片隅に》第5話【あらすじ】

昭和19年12月のある日、すず(松本穂香)が水汲みをしていると、軍艦に乗っているはずの水原哲(村上虹郎)が現れた。水原はすずに会いに来たと言う。すずは水原を北條家に連れて行くが、水原は今晩泊めて欲しいと言い出す。 サン(伊藤蘭)と径子(尾野真千子)は突然の客にびっくりするものの、やがて状況を楽しみ始める。

帰宅した周作(松坂桃李)は水原の顔を見て以前会ったことを思い出す。しかし周作が知らないすずの過去を水原が話すのを聞き不機嫌に。水原は周作の気持ちも知らずひたすら笑顔ではしゃぎ続ける。二人に挟まれすずは気が気でない…。

やがて夕食も終わり、居間には水原と周作の2人だけに。水原は戦艦での様子や思いを吐露する。それを聞いた周作は水原に納屋で寝てくれと言い渡し、母屋から追い出してしまう。そしてすずにも2人で昔話をして来いと水を向ける。

 

この世界の片隅に 相関図

この世界の片隅に 相関図

この世界の片隅に キャスト/スタッフ

キャスト

【松本穂香】(北條(浦野)すず)

 

松本穂香

-誕生日-

1997年2月5日

-出身地-

大阪府堺市

-事務所-

フラーム

-代表作-

「連続テレビ小説 ひよっこ」「風に立つライオン」

「恋は雨上がりのように」「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」

-役柄-

広島の江波で育つ。周作に見初められ、北條家に嫁ぐ。

おっとりとした性格。思いやりがある。

悪戦苦闘しながらも、戦時中の呉でたくましく生きる。

-人となり-

・女優

・趣味、特技 演劇部

・ロックバンド「キュウソネコカミ」のファン

・有村架純(事務所の先輩)と担当マネージャーが同じだった

【松阪桃李】(北條周作)

 

松坂桃李

-誕生日-

1988年10月17日

-出身地-

神奈川県茅ヶ崎市

-事務所-

トップコート

-代表作-

「侍戦隊シンケンジャー」「連続テレビ小説 わろてんか」

「大河ドラマ 軍師官兵衛」「視覚探偵 日暮旅人」 

-役柄-

すずの夫。軍法会議の録事。生真面目な性格。

子供の頃に一度だけ会ったすずに結婚を申し込む為に、父と共に浦野家を訪れる。

すずが呉に馴染むように懸命にフォローする。

-人となり-

・俳優、モデル

・左利き

・「ONE PIECE」、「BUMP OF CHICKEN」の大ファン

・好きな食べ物 マグロ、オムライス

【村上虹郎】(水原哲)

 

村上虹郎

-誕生日-

1997年3月17日

-出身地-

東京都

-事務所-

ディケイド

-代表作-

「2つ目の窓」「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」

「日曜劇場 仰げば尊し」

-役柄-

すずの幼馴染。事故で兄を失う。

兄と同じように海兵団に入隊する。

-人となり-

・俳優

・父は村上淳(俳優)、母はUA(歌手)

・特技 ギター、剣道(初段)、乗馬、英会話(日常会話)

【二階堂ふみ】(白木リン)

 

二階堂ふみ

-誕生日-

1994年9月21日

-出身地-

沖縄県那覇市

-事務所-

ソニー・ミュージックアーティスツ

-代表作-

「大河ドラマ 西郷どん」「大河ドラマ 軍師官兵衛」

「いぬやしき」「問題のあるレストラン」

-役柄-

呉の遊郭で遊女をしている。

ふとしたきっかけで、すずと仲良くなる。

-人となり-

・女優、ファッションモデル

・好きな食べ物 かぶ

・憧れの俳優 ブリジッド・バルドー、ジーナ・ローランズ、高峰秀子、スティーヴ・ブシェミ 

・ももクロのファン

【榮倉奈々】(近江佳代)

 

榮倉奈々

-誕生日-

1988年2月12日

-出身地-

鹿児島県

-事務所-

研音

-代表作-

「図書館戦争」「余命1ヶ月の花嫁」

「のぼうの城」「メイちゃんの執事」

-役柄-

2018年の夏に東京から呉にやってきた。

現在空き家となっている北條家から、すずの櫛を発見した。

呉にやってきた目的とは…?

-人となり-

・女優

・特技 三味線(藤本流準師範)、民謡(名取り)

・夫 賀来賢人(俳優)2016年に結婚

・好きな食べ物 ベーグル、マンゴー、アボカド 嫌いな食べ物 貝

【尾野真千子】(黒村径子)

 

尾野真千子

-誕生日-

1981年11月4日

-出身地-

奈良県五條市

-事務所-

TOM company

-代表作-

「連続テレビ小説 カーネーション」「大河ドラマ 義経」

「東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜」

-役柄-

周作の姉。

はっきりとした物言いをする。

この時代には珍しい恋愛結婚だったが、とある事情から出戻ってくる。

-人となり-

・女優

・4人姉妹の末っ子

【田口トモロヲ】(北條円太郎)

 

田口トモロヲ

-誕生日-

1957年11月30日

-出身地-

東京都武蔵野市

-事務所-

マッシュ

-代表作-

「GANTZ」「ロング・グッドバイ」「バイプレイヤーズ」  

-役柄-

周作の父。海軍の技術者。

-人となり-

・俳優、ナレーター

・NHK総合テレビ『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』のナレーションで好評を得る

【伊藤蘭】(北條サン)

 

伊藤蘭

-誕生日-

1955年1月13日

-出身地-

東京都武蔵野市

-事務所-

トライサム

-代表作-

「DOCTORS〜最強の名医〜シリーズ」

「太陽は沈まない」「連続テレビ小説 こころ」

-役柄-

周作の母。足が悪い。

できる範囲で家事などを頑張っている。

-人となり-

・女優、歌手

・元キャンディーズのメンバー

・夫 水谷豐(俳優)1989年に結婚

【宮本信子】(森田イト)

 

宮本信子

-誕生日-

1945年3月27日

-出身地-

北海道小樽市

-事務所-

東宝芸能

-代表作-

「マルサの女」「連続テレビ小説 あまちゃん」「大河ドラマ 毛利元就」

-役柄-

すずの祖母。優しい性格。

すずの縁談を聞き、友禅の着物を手渡す。

-人となり-

・女優

・趣味 小唄、ジャズダンス

・夫 伊丹十三

・2014年に紫綬褒章を受賞

 

スタッフ

 

原 作

こうの史代『この世界の片隅に』
(双葉社刊「漫画アクション」連載)

脚 本

岡田惠和

演 出] 

土井裕泰
吉田健

音 楽

P

佐野亜裕美

制作

TBSテレビ

 


©TBSテレビ/Paravi/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

テキストのコピーはできません。