Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【ゼロ一攫千金ゲーム】 1話 ネタバレ ドラマを見逃した方へ

ゼロ 一攫千金ゲーム

【一獲千金ゲーム】が無料で見られる!

≫公式ホームページへ

 

手続きたったの3分で見られる!

※メアド、パスワード、名前、誕生日、性別、支払方法登録のみ

2週間全作品見放題!使い放題!

映画・ドラマ・アニメ 50,000本以上!

2週間以内に解約すれば料金一切かかりません!

 

≫huluの詳しい解説はこちら≪

※本作品の配信情報は2018年9月15日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。

 


【番組名】ゼロ 一獲千金ゲーム
【放送開始】2018年7月15日(日)
【放送日時】毎週日曜よる10時30分
【出演者】

加藤シゲアキ、間宮祥太郎、小関裕太

加藤諒、岡山天音、杉野遥亮

ケンンドーコバヤシ

梅沢富美男、小池栄子

【原作】

福本伸行「賭博覇王伝 零」

/講談社

勝者には1000億円

命がけのサバイバルゲームがただひたすら続く。。。

100兆円の資産を持つ、闇社会のボス、在全無量の策略により、壮絶な命を賭けた戦いが始まる。そこに挑戦するは、宇海零をはじめとする若者たち。

果たして彼らに待ち受けるは、生か死か、、、


こちらのサイトでは、

それぞれのご都合で第1話を見逃された方が、

パパッ要点流れを把握したい方に向けて、

 

管理人編集のもと

ネタバレを記載していますのでご注意ください。

 

しっかりと動画を自分の目で確認したい方は、

こちらにお進みください。

 

cf. 乱文乱筆であることご容赦くださいね( ;∀;)

第1話【ネタバレ】

〜序盤〜

物語はレインボーブリッジそして孤島に浮かぶラスベガスのような島の景観から始まった。

小池栄子(後藤峰子)が壇上より参加者に呼びかける。

 

「ようこそドリームキングダムへ。世界一のアミューズメントパーク。そして今我々が探し求めているのは在全無量(梅沢富美男)の後継者に相応しい人材を探し出すこと。そのものこそがこの国を救うたった一人の王なのです。」

「最初で最後のあなたたちのビックチャンス。王となる人物には賞金1000億円」

暗室にて在全は不敵な笑みを浮かべながら参加者たちを見守る。

物語は8時間前とさかのぼる。

振り込め詐欺の被害金が戻るとのニュースが世間を賑わせていた。

その額なんと5000万円。

 

振り込め詐欺の被害にあった被害者に対して J ネットニュースを通じて返金される現代版石川五右衛門のような出来事が起こった。

主人公である加藤シゲアキ(于海零)が小学生を前に予備校の壇上に立っている。

彼が教える内容は普通の先生とは違い 物事の本質を突く立体的な教え方であった。

 

教室の後ろの方で一人わからない子供が頭を抱えていると零はすかさず助けに入って授業の進行を止めてしまう。弱きものをほっておけない性格なのだ。

 

ニックネームはゆうれい。

時々話しかけてもいないようになってしまうからそのようなニックネームが付けられている。

 

義賊とは富める悪から財産を掠め取って善良な貧しき者たちには価値与えることで世の中の不正を裁こうという個人や組織のこと。

 

振り込め詐欺の被害金を奪われた犯人グループの主犯こそがケンドーコバヤシ(末崎さくら)であった。その振り込め詐欺グループに囚われの身となっていたのがフリーターである加藤諒(真鍋チカラ)、配送会社勤務岡山天音(佐島ヒロシ)、杉野遥亮(早乙女スナオ)の3人であった。

 

于海零が計画した作戦に基づいて彼ら3人は五千万円を奪ったのだ。

しかし囚われの身となってしまった。

 

末崎さくらは零をいつもたむろしているファミレスに呼び出すように3人を脅迫する。

下っ端に待ち伏せをしてさらってくるように命じる。

 

倉庫に現れたのは間宮祥太郎(末崎セイギ)。さくらの弟である。

この兄弟間は非常に仲が悪くいつも悪態を放ちあっている。

 

セイギは、どのような状況で5000万円を奪われてしまったのか問いただす。その方法とは出前のバイトに扮したチカラが合鍵を奪い、盗聴器を仕掛けることによって暗証番号をも割り出し奪われると言うごく単純なものであった。ただの凡ミスである。

 

自分の身を必死に守るためにチカラは全責任を零のせいだと必死に訴えかける。

しかしヒロシは零のおかげで僕たちと人生に新しい風が吹いたと感謝を述べ始める。

それもそのはずで彼らはある闇サイトで知り合い集団自殺しようと試みていたところに零が現れ、命を助けられたのだ。その縁があって彼らは 命を零に預けることとなった。

 

その時に渡されたチューインガムが仮に義賊としてうまく活躍できなかった場合に致死量の毒薬が盛り込まれているとの説明を受けていたが、実は中身は発信機であった。

 

故に彼は今彼らが置かれている現状を把握しており、ファミレスにも現れることはなかった。自分達は利用されていただけと絶望していた時、なんと捉えられている倉庫に零が現れた。

 

「返してもらえますよ仲間を」

 

関東大亀会の末端組織に位置する末崎さくらの弱みをうまく握ることで零は脱出を図った。

 

「さあ行きましょう」

 

仲間を引き連れ、倉庫から立ち去ろうとしたその時小池栄子(後藤峰子)が現れた。

在全無量(梅沢富美男)が車椅子に押されながら現れた。

 

裏社会、政財界を取り仕切る総資産100兆円を超える大物だ。

 

「あなた達も特別に参加させてくれるそうよ。王となる選抜試験へと」

 

「どうせ望みのない人生を送らねばならなかった貴様たちには願ってもないチャンスだ。本来なら義賊のみの参加の予定だったがお前ら全員参加を認めてやる」

 

こうして冒頭のドリームキングダムへと呼び寄せられたのだった。

 

〜中盤〜

後藤峰子より大会の概要が述べられ、集められた多数の参加者からグループの後継者を選ぶ旨が伝えられた。

集められた参加者たちは期待と不安で色めき立つ。

 

賞金1000億円が会場中央に露わとなった時、参加者たちは人間の本能丸出しでその1000億円に群がる。

 

 

彼らが1000億円から少し離れたところで再会し会話を始める。

 

スナオ「1000億円ってどれぐらいなんですかね」

チカラ「毎日1000万円使っても死ぬまで暮らせるんじゃない」

零「残念ながらそれだと30年でなくなってしまいますね」

チカラ「もっと夢を見させてよ」

 

さくら「ついてるな!お前らに騙されなかったらこんなチャンスに巡り合えなかった。ははは」

セイギ「たかだか1000億円。在全の総資産からすればわずか0.1%」

 

零「それでも1000億円は1000億円。使い方次第では毒にも薬にもなる」

ユウキ「何か裏があるんじゃないかな。何事も疑ってかかるたちなもので」

セイギ「俺は最短で成功を収めたい。金に困らないだけの金を手に入れる」

ユウキ「気が合うね」

 

セイギとユウキは握手を交わす。

 

〜〜〜

 

峰子「底辺で生きてきた人間たちだが、これから生きる数十年をかけてこれから挑むゲームで生き残ったものには王になる資格があるんじゃない」

 

峰子は参加者たちを前にぼそっとつぶやいた。

 

零は在全が1000億円をかけてまでこのゲームを主催する意味がはかりかねると疑問に感じていた。

 

そしてステージ中央より峰子の号令が飛び、初めのゲームがスタートした。

 

最初のゲームの概要を説明しよう。

 

本選が行われるドリームキングダムへの参加者は、この予選を勝ち抜かなければならない。

 

サイコロの目がついた鉄枠が6機用意されていた。

 

峰子はおもむろに目の前にある盆に向かってサイコロを振った。

そしてその映像は参加者たちが見える形でモニターに映し出された。

1回、2回、3回とサイコロを振った。

 

参加者たちは皆不思議そうな顔でモニターを眺めている。

 

峰子は盆 に蓋をした。

 

峰子「ここで問題です。今サイコロの目はいくつでしょう」

 

そんなのわかるわけないと参加者たちから不満の声が続出する。

 

ゲームのルールはいたってシンプルだ。

サイの目を直感と勘で判断し、蓋で隠されたサイコロの数字を当て、その数字だと思った鉄枠へと参加者は入る。

 

このゲームを勝ち抜いた者が本戦へと駒を進めることができる。

しかし、

もし外れた鉄枠に入ってしまった参加者は容赦なく上空から落ちてくる鉄球に押しつぶされてしまう。

 

人呼んで「鉄球サークル」

 

鉄球サークルに実験で置かれた招き猫が上から落ちてきた鉄球によって押しつぶされる様を見て、参加者たちは慌てふためく。

 

しかしそんな中、零は冷静に状況を分析し始める。

 

制限時間は30分。終了時に正解のサークル内にいたもののみ次のステージへ上がれる。 周りにいるもの全てがライバルとなるため、協力したり他人と答えを共有することも失格となってしまう。

 

零たちは、まずデモンストレーションで行ったサイコロの目が3回連続で1出会ったことに着目する。

 

サイコロの重心をいじり、1しか出ないように細工されているのではないかと。

 

さくら「あのねーちゃんも言ってただろ。観察力で正解を導き出せと。つまりはサイコロの目が3回連続同じだったことを見抜けっていうことだよ。大抵の人間は次も同じ目が出るっていう踏ん切りがつかない。まさにそこの度胸を試してるんだよ」

 

しかし口だけでなかなか踏ん切りがつかず実際に1のサークルへと進めないさくらに向かって参加者たちは罵声を浴びせる。

 

峰子「誰も動かないとゲームにならないでしょう。じゃあサービスしてあげるわ。もし外れたサークルの中に入ってしまったとしても、生きていれば次のゲームへの参加を認めてあげる。もちろん無事に生きていればの話だけど」

 

多くの参加者たちはどのサークルに入るか悩み足が止まっている時、謎の少年 標が現れた。標は鉄サークル内を俯瞰した後、迷わず一つのサークル内へと歩みを進める。

 

それに続けとばかりに勢いにまかせ多くの参加者が 標の後に続いた。

 

しかし零を含む義賊はその流れには続かなかった。

 

零「おかしな点が二つある。そんな簡単な答えではない気がするんですよ」

 

なかなか決めきれない零に痺れを切らしチカラは1のサークルへと飛び込んだ。

しかしすでに満員状態のサークル1では、我が中に入らんとお互いを押しのけ合っている非常に醜い状況が生まれていた。

 

零は峰子の言った目が当てられなくても次のステージへと進むことができると発言したことに疑問を呈した。つまりは、サイコロの目を当てることにこのゲームの目的がないのではないか。

 

正解ではないサークルに入っても生きていることができる方法が何かあるのではないか。零はその答えを探し始めた。

 

零はまず、ゲームの説明時に流れた映像の違和感の謎にたどり着く。峰子が投げ入れたサイコロが最後の3投目だけ峰子が投げ入れた方向ではないことに気づいた。

 

そう。あの映像はフェイク。偽物であった。

この時既に残りの制限時間は8分に迫っていた。

 

零「これしかないと思うんです。まあ座ってください」

スナオ「何言ってるんだよ零」

 

零はおもむろに2番のサークルの隅に座り義賊の仲間を呼び寄せた。

当然戸惑うメンバーたち。しかし零は座り続ける。

 

チカラ「2番の正解なんですか?」

零「まだ落ちてみないと分かりません」

チカラ「そんな無責任な」

ヒロシ「だからなんだよ。零の言葉だぞ。命を救ってくれた。俺は零に賭ける」

 

それぞれの思いが交錯する。

 

しかしチカラは自分が助かることのみを優先し零の言葉を信じ抜くことができない。そして義賊という形そのものをも否定し単なる偽善であると悪態をつく。

 

残り時間が残り少なくなる中、参加メンバーはどのサークルに入るか未だに決めきれないでいた。

 

ここで真っ先にサークルの中に入っていた標の存在を見たユウキが、このゲームの本当の勝ち方に気づく。そして同盟を組んだセイギに耳打ちをする。

 

サークルの中に入ろうとしたユウキだったが、セイギに制止をされてしまう。他のメンバーに少しでも気づかれないための行動であった。

 

セイギ「使えそうなバカがいたぜ」

セイギはチカラを呼び寄せる。

 

チカラはセイギに調子の良い言葉を言われ、3番のサークルの中央に陣取った。3番が正解なのかと駆け寄ってくる他のメンバーたち。しかし、セイギはこいつを処刑すると伝えることで3番に誰も近づけさせないひとつの策であった。

 

この意図に気づいたのは零。騙されていることをチカラに必死に訴え、3番サークルの中央からすぐに移動するように伝える。

 

制限時間が残り40秒に迫っていた。

まだ決めかねているメンバーは多く残っている。

チカラもまだ3番中央にいる。

 

スナオとヒロシはチカラの自業自得であるともう半ば説得することを諦めた。

しかしゼロだけはまだチカラを救いだそうと試みる。

 

「すいません。落ちます。」

 

残り時間が10秒と迫る中、ゼロは鍵の閉められたサークルの上部から飛び出し、2番から3番へと飛び込んだ。そして中央に陣取るチカラを押し倒し、そのままサークルの隅へ体育座りをするように命じる。

 

その一連の動きを見ていたのがさくら。

さくらもまた4番のサークルで隅の方で体育座りをして鉄球の落下を待つ。

 

峰子「終了3秒前、2、1、0」

 

〜終盤〜

完全に鉄柵の鍵が閉められ峰子は30分前に投じたサイコロの目を確認するため蓋を開ける。

現場、サークル内に一番人が集まっているのは、サイコロの構造上5番が一番出やすいという事実に気づき、その情報が流れたため多くの参加者たちは5番に集まっていた。

 

「4」

 

ゼロ「動かないで」

 

鉄球がサークル内に4番以外落下した。

 

「うわぁ」

 

その声が聞こえてきたのは鉄球が落下したはずの3番サークルであった。

その声の主はチカラ。

 

なんと彼を含め、セイギ、ユウキ、チカラ、ゼロ全員が3番サークルの中で生きていた。

このトリックはこうだ。

 

このゲームはサイコロの目を当てることが本質なのではない。

どうすればこのゲームを生き抜くことができるか。

それを冷静に判断できる分析能力を必要としていた。ゼロと標、そしてユウキはその事実に気づき、鉄球の構造上どのサークルに落下してきてもサークルの隅で小さく丸まっていれば押しつぶされることはないと見抜いていたのだ。

 

残念ながら5番のサークルに入った参加者たちは全員死んでしまった。

 

セイギ「何が義賊だ。この偽善者が。」

そう吐き捨てゼロの元を後にする。

 

峰子「その通りよ。そんな甘い考え方でこの先たった一人の王を決める戦いに価値の来れると思っているの?」

 

ゼロ「あなた達の言う王って何ですか?こんなゲームを仕掛けておいてどこかの部屋で悠々自適に眺めている。こんなのがあなた達の言う王なんですか?」

 

峰子「笑わせないで。いつの時代も清濁併せ持っている犠牲の上に成り立っているのが王よ。どうするこのゲームから脱落する?」

 

ゼロ「参加します。本当の王がどういうものなのかを証明するためにも。」

 

こうしてドリームキングダムサバイバルゲームの予選が終了した。

 

翌朝、本選が行われる日。

予選を生き残った8人のみが1000億円を手に入れるものとばかり思っていたが、続々と本選に進む挑戦者がホテルより現れた。

 

その中の一人が零の存在に気づき足を止めた。

 

そのメンバーとは一体、、、

huluオリジナルストーリーにて(NEWS増田貴久編)

 

本当の勝負はここからだ。

 

ゼロ 一獲千金 感想

 

ケロマツ
ケロマツ

いよいよZERO一攫千金ゲームがスタートしますね!第一話から非常に面白かったので今後の展開が楽しみです。どのようなゲームで我々視聴者を楽しませてくれるのでしょうか?原作が非常にしっかりしたストーリーを描いているので、原作に忠実に描いていくのか、それともドラマオリジナルのゲームを挟んで行くのか、みどころ満載だと思います!これからゼロ一獲千金ゲームのネタバレを全話期待していくつもりですので今後ともよろしくお願いします!

 

第2話 予告動画

ゼロ(加藤シゲアキ)たちはドリームキングダムで死闘の末に予選を勝ち抜き、金の力の「王」在全(梅沢富美男)の後継者を決める本選へと勝ち進んだ。
峰子(小池栄子)によると、ドリームキングダムには20以上のゲームがあり、勝てばもらえるリングを4つ集めた者が王になれるという。
リングを強奪する手段に出たセイギ(間宮祥太朗)ユウキ(小関裕太)は、止めようとするゼロ達と対立。そこへゼロの高校時代の同級生、カズヤ(増田貴久)が登場し…。

次に挑むのは、目隠しした状態で50メートル上空の台に立ち、4方向のうち正解の1方向を推理して飛ぶ「クォータージャンプ」。峰子の声が響く。「これから目隠しを取るけど、取って周りを見渡せる時間はきっちり10秒よ。10秒したら再び闇の中に戻って貰うから」

「…つまり、暗闇の中で飛べってことですか?」「当然落ちた方が負け。というより死」
間違えれば奈落の底へ転落という生存率25%のアトラクション。4方向の先にはそれぞれゼロに特別な思いを抱く、訳ありの声役たちが立っていた。「ゼロ、こっちが正解だ!」

一獲千金 相関図

キャスト/スタッフ

キャスト

 

加藤シゲアキ(于海零)

進学塾の講師だが、裏の顔は弱いものを救う義賊。ひょんなことからドリームキングダムに。天才的な勝負感を持っているが自分の勝ちより、他人を助けることを選んでしまう性善主義者。

間宮祥太郎(末崎セイギ)

末崎さくらの弟。自らの才覚で金を稼ぐクールなリアリスト。兄と仲が悪い。

小関裕太(氷川ユウキ)

ドリームキングダムでセイギとつるむ。物腰はソフトだが頭脳明晰でときには邪悪に。

加藤諒(真鍋チカラ)

貧乏アルバイト。ゼロに命を救われる。金に執着するお調子者。

岡山天音(佐島ヒロシ)

ゼロを恩人と思い、義賊の一員に。真面目で誠実だが不器用。

杉野遥亮(早乙女スナオ)

ゼロに命を救われる。優柔不断でチカラとヒロシの間で右往左往するおバカ。

ケンドーコバヤシ(末崎さくら)

セイギの兄で、ヤクザ。振り込め詐欺で稼いでいるがゼロに奪還される。

在全無量(梅沢富美男)

在全グループ会長。政財界裏社会に絶大な影響力を持つ資産家。

小池栄子(後藤峰子)

在全グループ幹部秘書。ゲームを支配進行。

スタッフ

原作 福本伸行

脚本 小原信治

演出 丸谷俊平

プロデューサー 櫨山裕子 秋本孝之

制作 日本テレビ

 

≫≫ 2週間無料トライアル受付中!!


©日本テレビ/hulu/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。