Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【ハゲタカ】 1話 ネタバレ ドラマ “腐った金持ちども、待ってろよ”

ハゲタカ

 

【番組名】ハゲタカ
【放送日】2018年7月19日(木)
【放送局】
テレビ朝日系
【放送日時】毎週木曜よる9時
【出演者】

綾野剛、渡部篤郎、沢尻エリカ

池内博之、木南晴夏

堀内敬子、佐倉絵麻

【原作】 『ハゲタカ』『ハゲタカⅡ』
(講談社文庫)

 

こちらのサイトでは、

それぞれのご都合で第1話を見逃されて、

パパッ要点流れを把握したい方に向けて、

 

管理人編集のもと

ネタバレを記載していますのでご注意ください。

 

しっかりと動画を自分の目で確認したい方は、

≫こちらにお進みください。

 

⇓「ハゲタカ」1話分でもすぐに無料視聴したい方 ⇓

もし「auビデオパス」での期間限定配信が終了している場合には、全話無料視聴はできませんが、動画配信サービス「U-NEXT」を利用することで、1話〜最終回までのお好きな放送回1話を無料で視聴することができます!

☞ U-NEXTで1話無料視聴する

☞ U-NEXTメリット&デメリットを確認する

 

第1話【ネタバレ 】

[序盤]

上空から東京の様子が映し出されている。

烏合の衆の中にその男はいた。

【綾野剛】(鷲津政彦)だ。

鷲津は言った。この国は腐ってしまったと。
利益ばかりを追い求めた大切な魂を失ってしまったのだと。

 

だから言った。この俺がこの国を壊してやるんだと。

 

=====

 

車内では【渡部篤郎】(芝野健夫)が神妙な面持ちで座っていた。

 

芝野は鷲津を出迎えに行った。

ある企業の不正を正し、再建をする仕事が依頼された。

芝野はある男が共に働くなら引き受けると回答。

 

そしてかつては敵だった彼の元へ行ったのだ、、、

 

=====

時代は1997年に戻る

 

三葉銀行本店にある男が乗り込んだ。

 

ホライズン・ジャパン・パートナーズ代表 【綾野剛】(鷲津政彦)だ。

 

三葉銀行のバルクセールに伴う訪問であった。

三葉銀行側の担当者は芝野健夫。

 

両者は初めて顔を合わせた。
【池内博之】(アラン・フジタ)とともに、物腰柔らかく挨拶を交わし、
とても外資系とは思えないほどの印象に三葉銀行側の社員達は安心した様子だった。

 

バブル崩壊に伴い、当時の日本は多額の不良債権を抱えていた。

そこで三葉銀行がとった策がバルクセールであった。

 

バルクセールとは、回収困難な不良債権をまとめ売りする取引のことである。

日本初の試みであった。

 

バルクセール交渉1日目

 

簿価総額は約723億円

 

三葉銀行側は、最低買取価格を300億円に設定

 

鷲津は、柔和に誠心誠意丁寧に査定をさせていただきます。

現段階では何もお答えはできません、と回答

 

鷲津らが帰る姿を上の階段より、【小林薫】(飯島亮介)三葉銀行常務が眺めていた。

 

飯島「あれが今回のバルクセールを担当する外資の連中か。同じ日本人同士で片方は食われる側、もう片方は食い荒らすハゲタカか」

 

=====

鷲津らが帰った後、社員たちは皆安心しきっていた。

血も涙もない外資の連中と聞かされていたから、鷲津らの姿に好感を持ったからだ。

 

しかし、芝野だけはその様子に納得していない模様。

全く緊張感を緩めず警戒をしていた。

 

それもそのはず、鷲津はアメリカにて企業買収の実績にてトップに立ち、アランも投資銀行出身のいわゆるエリート集団だったからだ。

 

帰社した鷲津はスタッフ全員を集め、緊急ミーティングを開催。

鷲津の号令のもと、希望買取価格300億円が適正か否かを徹底的に洗い出せと命令が下る。

 

その日からリストにあった会社の査定が始まる。

 

ほんの少しの綻びも見逃さず、 一つ一つ写真に収めていく。

修繕状況、立地、フロア占有率、 あらゆるものが調査の対象となった。

 

=====

 

場面は変わりここは日光みやびホテル。

 

このホテルは観光地日光の中心的名門リゾートホテルであるが、

三代目のずさんな経営により事業を拡大した結果、経営の窮地に立たされている。

 

外資に身売りをする一歩手前の状況まで追い込まれていた。

 

現オーナーの長女が【沢尻エリカ】(松平貴子)である。

彼女は、ホテル経営のいろはをアメリカ留学で学んだが、日光みやびホテルでは働かず、 東京クラウンセンチュリーホテルのフロントマネージャーとして働いている。

 

祖母からは戻ってきてほしいと懇願されているが、彼女にその意思はない。

 

=====

 

東京クラウンセンチュリーホテルでは、鷲津が宿泊していた。

三葉銀行では見せなかった眼光鋭い姿で佇んでいた。

 

「やっとだ。やっと始められる」

 

=====

 

バルクセール交渉 2回目

 

「これは一体どういうことですか?」

 

買取額が65億円に設定されていた。

簿価価額は723億円だったものだ。

 

当然憤る三葉銀行側

 

しかし、鷲津は冷静に対応する。

 

三葉銀行側が具体的な会社名を上げ、その買取価格に納得しない旨を伝えると、

徹底的な調査を経て得た情報を事細かに伝え、もはや資産の価値すらない証拠を突きつける。

 

表に出ていない負債額、スポーツジムの会員比率、 所有者が反社会勢力、 帳簿の上では見えてこないものも現場に行き徹底的に調査した結果だった。

 

さらに飛ばしの存在をも突き止めた。

飛ばしとは、含み損が生じた資産を一時的に高値で転売し、損失を隠すことをいう。

 

三葉銀行が隠密にしていた資産であった。

 

弱みを握られてしまった三葉銀行は反論の勢いを失い、

ペースは鷲津側へうつる。

 

結果、65億で渋々納得せざるを得ない三葉銀行側であったが、

最後にアランからはえある三葉銀行側との取引ということで、

取引価格の上乗せを申し出る。

 

「簿価の10パーセント」

 

73億円での債権買取価格であった。

この提案に少しは救われた気がした三葉銀行側であったが、

すぐにその気持ちは覆される。

 

不動産売却費用やバルクセール費用など諸経費に9億円生じるゆえ、

それらを差し引いた最終的な手取り額は63億円ととなっていた。

 

つまり最初の65億円よりも下がっていたのだ。

圧倒的なホライズン・ジャパン・パートナーズ側の勝利であった。

 

=====

 

芝野を含め、三葉銀行側は安く買い叩かれたことに落胆していた。

それと同時に、鷲津の見事な交渉ぶりに諦めの表情さえ見え隠れしていた。

 

今回のバルクセールについては、買取価格よりも不良債権処理に全力を尽くしているという日本銀行や政府がへのアピールの面もある。

 

芝野「俺たち銀行は確かに生き残るさ。だが俺たちが売り渡した債権は血も涙もない外資の連中の食い物にされるんだぞ」

 

芝野は苦渋の表情を浮かべていた。

[中盤]

鬼怒川 金色庵に鷲津らはいた。

 

長年三葉銀行と歩調を合わせ経営してきたオーナーは

たった一枚の紙切れで債権者が変わったと言われても困ると憤慨する。

 

しかし交渉が上手の鷲津側

 

213億円もの負債をたった5億円支払えばチャラにするという

一見すると不可解にも見える条件を提示した。

 

今まで怒り一色であったオーナーはこの条件に心が揺らぐ。

果たして鷲津たちの狙いとは一体。

 

鷲津「この街をどう思いますか?みんなバブルの熱狂に過剰投資してきた結果、残ったのは悪趣味のホテルやゴルフ場。私ならこの街ごと作り変えることができる」

 

=====

 

三葉銀行 役員会

 

次回は1000億円を超える今回の取引を超えるバルクセールが予定されている。

常務のメンツの問題もあり、飯島亮介常務が次回は取り仕切る。

 

競争入札かつオークション形式という全く違った様相で行われる予定だ。

商売の魂を忘れてはいけない。

ルールを作ったものが主導権を握れる。

不利になったらまたルールを変えればいい。

 

三葉側も次回のバルクセールに向けて着々と準備を進めていた。

 

常務室へと呼ばれる芝野。

 

バルクセール一回目の失敗の原因を問われる。

力不足と答える芝野であったが、それは違うと一喝する飯島常務。

 

性根の問題。

芝野は、一括して銀行が抱える危ない債権もうり渡そうとしていたことに少なからず抵抗感を覚えていた。それが結果的に相手に隙を与え買取価格を大幅に下げてしまったと訴える。

 

飯島「お前は三葉の人間だ。三葉のためだけに働け!そのためなら多少汚いことをしてでも構わない」

 

芝野は違法行為をも許容される2回目のバルクセールを取り仕切る。

ファンド条件を満たない弱小ファンドにも窓口を広げ、買取価格のつり上げを狙う。

結果的に弱小ファンドが勝利した場合は、三葉系列のノンバンクから融資させればいいという明らかに違法行為をも指示された。

 

オークションへの変更はすぐに鷲津の耳にも入った。

 

=====

鷲津はホテルにて、金色庵の社長と面会した。

 

結果、社長は5億円を準備することはできなかった。

そして債権は別の企業へと売り渡されたのだった。

 

鷲津のその行動に社長はひどく落胆し、鷲津のことを同じ日本人として恥ずかしくないのか、お前は日本の伝統を一つ潰したんだぞ、このハゲタカが!と罵倒する。

 

鷲津「金田社長!!」

いつも冷静な鷲津が顔を顰め迫る。

 

「俺たちのことをハゲタカと呼ぶなら、お前たちは食い散らかされるだけの腐った肉だということを自覚しろ。あんたに被害者面する資格はない。銀行から甘い汁を吸って放漫経営をした結果がこのザマだ。日本をここまで腐った国にしたのは、あんたのような腐った経営者だ」

 

今にも飛びかかりそうになる金田社長に制止に入る松平貴子。

彼女は、 理路整然と他のお客様のご迷惑になること、全てのお客様に快適にご利用いただくために私たちは日々を勤しんでいることを訴える。

 

この様子を見ていた鷲津は、彼女のことを気にかけ一目置いたような表情を見せる。

 

冷静さを取り戻した金田社長は、自分が先代から引き継いできた価値ある老舗ホテルを潰してしまったことへの後悔の気持ちでいっぱいになるが、まだあなたは生きている、これからいくらでもやり直すことができる、と言い残し鷲津は車代1万円を置いてその場を去った。

 

=====

 

大蔵省のある一室にて

 

オークション形式によるバルクセールを執り行おうとしていた三葉の常務と芝野が呼び出しを食らっていた。

 

そしてこれからのモデルケースとなりうるバルクセールのオークション形式の中止を要請された。これは鷲津たちによる手回しの結果であった。

 

これによって、制限時間付きの一発勝負へとバルクセールは変更された。

他のライバルの状況を見極めつつ、芝野たちは作戦会議を進める。

 

こうしてバルクセール2回目の初日を迎えた。

入札は当日3時まで

参加者は入札額と業者名、代表者の署名捺印押した書類を三葉銀行入札会場へと届ける。

 

続々と入札に現れる業者。

ギリギリまで金を集めるホライズン・ジャパン 。

 

入札締切時間まで10分を切っていた。

 

ここで鷲津の元に一本の電話が入る。

 

鷲津「よし。わかった」

鷲津は入札へのゴーサインを出す。

 

ぎりぎりに間に合うアラン。

アランは会場を出るとき、こう言い残した。

 

「確実に勝つためにはいろいろと大変なんですよ。」

 

三葉銀行は入札額を確認した。

またしても落札者はホライズン。

しかし不可解なことに、1位と2位との差額がたったの1500万円しかなかった。

 

=====

3週間後

 

鷲津のことが新聞上で盛んにハゲタカの名で叩かれていた。

悪の権化だと。

しかしその責任は今までの日本社会が築いてきたことには一切触れていない。

 

ホライズンが1500万円差で勝利したからくりもわかった。

三葉銀行の沼田を買収して、投票箱の中から一番高い買取価格を把握し、鷲津へと伝えていたのだ。

 

「ラストルック」

 

ファンド連中の間ではそのように呼ばれている行為だ。

沼田は銀行を依願退職した。

 

彼はこう言い残した。

「銀行だって日本だってこの俺を救ってくれやしない。だが鷲津は俺を救ってくれた」

[終盤]

休暇を利用して栃木県に行ってきた鷲津

 

ここで偶然の出会いをする。

 

東京クラウンセンチュリーホテルのフロントマネージャー 松平貴子だ。

 

2人はイヌワシを見るために歩き始める。

貴子は亡くなった祖母にイヌワシを見せるためにやって来た。

 

鷲津があの日、ホテルで金田社長に話した内容がまるで自分に言われているようだったと彼女は語る。

 

彼女もまた伝統ある老舗ホテルの灯を消してしまうかもしれない状況に追い込まれているからだ。

 

鷲津「あの日激昂した男を前にあなたはホテルのマネージャーとして一歩もひるまなかった。そこには確かに覚悟がありました。今の日本人が忘れてしまっている大切なものです。」

 

優雅に舞うイヌワシを二人は発見した。

 

鷲津「見れて良かったです。おかげでこれからも戦っていく勇気が持てました」

 

そのために日本に戻って来たんだ……

 

鷲津は夜のオフィスで一枚の新聞の切り抜きを眺める。

そこには「失踪中の繊維会社社長 白昼の大蔵省前にて割腹自殺」と記されていた。

 

果たして鷲津との関係は一体。

 


公式 Twitter


スタッフ&キャスト

【スタッフ】

原作真山 仁『ハゲタカ』『ハゲタカⅡ』(講談社文庫)
脚本古家和尚(『任侠ヘルパー』『S -最後の警官-』ほか)
監督和泉聖治(『相棒』シリーズ)ほか
音楽富貴晴美
主題歌Mr.Children「SINGLES」
EP 内山聖子(テレビ朝日)
P中川慎子(テレビ朝日)
制作協力ジャンゴフィルム
制作著作テレビ朝日

 

【キャスト】

【綾野剛】(鷲津政彦)

 

誕生日1982年1月26日
出身地岐阜県
事務所トライストーン・エンタテイメント
代表作「仮面ライダー555」「コウノドリ」「新宿スワン」「大河ドラマ 八重の桜」
役柄

外資系投資ファンド『ホライズンジャパン・パートナーズ』の代表取締役。ニューヨーク留学中にハゲタカビジネスの世界に関わる。

数々の企業買収や債権処理で実績を積み上げていき、いつしか「ゴールデンイーグル」と呼ばれるようになった。1997年に日本に帰国し、『ホライズンジャパン・パートナーズ』を設立する。大手銀行や大企業に次々と買収劇を仕掛けて、会社を再生させていく。

人格

・俳優

・趣味 映画鑑賞、写真撮影、ギター

・目が細いため気付かれにくいが、奥二重である。

・自分の意思で汗を出す事ができるらしい。


【渡部篤郎】(芝野健夫)

 

誕生日1968年5月5日
出身地東京都新宿区
事務所スターダストプロモーション
代表作「静かな生活」「スワロウテイル」「スペシャルドラマ 黒蜥蜴」「永遠の仔」
役柄

三葉銀行資産流動化開発室室長。日本初のバルクセールの責任者に任命される。

交渉の場での鷲津の柔和さに他の行員達が手応えを感じている中、一人不信感を示す。妻の亜希子と娘のあずさがいる。

人格

・俳優

・元妻、RIKACO(タレント)。息子が2人いる。

・好きな食べ物 カレー、トンカツ、麻婆豆腐

・嫌いな食べ物 モツ、雲丹、牡蠣


【沢尻エリカ】(松平貴子)

 

誕生日1986年4月8日
出身地東京都
事務所エル・エクストラテレストレ
代表作「パッチギ」「1リットルの涙」「タイヨウの歌」「ヘルタースケルター」
役柄

『日光みやびホテル』のオーナーを務める、松平重久の長女。家業は継がず、『東京クラウンセンチュリーホテル』のフロントマネージャーとして働いている。仕事での功績が認められ、役員昇進の話が出ている。

人格

・女優、歌手

・乗馬が得意。ダンスを習っていた経験がある。

・元は、天然パーマ


【池内博之】(アラン・フジタ)

 

誕生日1976年11月24日
出身地茨城県ひたちなか市
事務所レプロエンタテインメント
代表作告白」「GTO」「大河ドラマ 新撰組!」「スイートハート・チョコレート」
役柄

『ホライズンジャパン・パートナーズ』の社員。鷲津の部下。日系アメリカ人。鷲津の側近。日本語は達者。

人格

・俳優

・趣味 釣り、サーフィン 特技 柔道、殺陣、乗馬

・好きな食べ物 焼き鳥

・父親が日本人、母親がエルサルバドル人のハーフ


【堀内敬子】(芝野亜希子)

 

誕生日1971年5月27日
出身地東京都府中市
事務所キューブ
代表作「絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜」、「花のち晴れ〜花男Next Season〜」、「THE有頂天ホテル」、「羊と鋼の森」
役柄

芝野の妻。仕事に明け暮れ、家庭を顧みない夫に失望し、次第に夫婦間の距離が開いてゆく。

人格

・女優

・元劇団四季の団員

・7歳からクラシックバレエを習う

・舞台『美女と野獣』ではベル役


【木南晴夏】(松平珠香)

 

誕生日1985年8月9日
出身地大阪府豊中市
事務所ホリプロ
代表作「20世紀少年」「勇者ヨシヒコシリーズ」「連続テレビ小説 マッサン」「貴族探偵」
役柄

貴子の妹で、『日光みやびホテル』の従業員。夫は同ホテルの副支配人。

人格

・女優

・夫 玉木宏(俳優) 2018年に結婚

・趣味 食生活アドバイザー3級、パン(パンシェルジュ2級)、映画鑑賞、読書、ギャラリー巡り

・特技 韓国語、英語会話、ダンス、バレエ、日本舞踊

・宝塚歌劇団のファン


【佐倉絵麻】(宮部みどり)

 

誕生日1995年6月27日
出身地兵庫県
事務所トライストーン・エンタテイメント
代表作「ぼんとリンちゃん」「熱海の捜査官」「サムライ転校生〜我ガ道ハ武士道ナリ〜」
役柄

三葉銀行資産流動化開発室の一員。芝野の部下。

人格

・ファッションモデル、女優

・特技 ギター、お菓子作り

・猫を飼っている


【小林薫】(飯島亮介)

誕生日1951年9月4日
出身地京都府
事務所ニコフィルム
代表作「大河ドラマ おんな城主 直虎」「ナニワ金融道」「Dr.コトー診療所」「連続テレビ小説 カーネーション」
役柄

三葉銀行常務取締役。銀行のためならば、どんな手段もじさない覚悟を持っている。また、部長達にもそうあるように強いている。策略家で、歯向かうものには一切の容赦はしない。

人格

・俳優

・馬主

・1971年〜1980年まで状況劇場(唐十郎主宰)に在籍


【杉本哲太】(佐伯宗徳)

誕生日1965年7月21日
出身地神奈川県茅ヶ崎市
事務所シス・カンパニー
代表作「連続テレビ小説 あまちゃん」「大河ドラマ おんな城主 直虎」「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」「絶対零度」
役柄

外資系投資ファンド『ホライズンジャパン・パートナーズ』社員。ビッグデータによる企業買収に貢献している。政財界の裏事情にも詳しく、豊富な情報源を持っている。

人格

・俳優

中学生の頃は、不良だった

・1981年にロックバンド「紅麗威甦」でデビュー


第2話【あらすじ】

三葉銀行が行なった日本で最初のバルクセールから4年――再び飯島(小林薫)の前に現れた鷲津(綾野剛)は、国内有数の寝具メーカー・太陽ベッド債権をすべて譲渡してくれるよう迫る。オーナーの中森一族が経営する太陽ベッドは現在、創業者の娘である中森瑞恵(かたせ梨乃)が社長の座に。しかし経営者一族の浪費と乱脈経営は常軌を逸しており、債務超過は480億円にまで上っていた。

 飯島から300億円ほどの債権を40億円で譲り受けた鷲津は、アラン(池内博之)らを伴い、瑞恵らが住む太陽ベッドの社宅を訪問。債権を放棄する代わりに経営陣の撤退と民事再生法適用の申請を迫るが、まともに話も聞かれぬまま追い返される羽目になる。

 なんとしてでも太陽ベッドをバイアウトしたいと考える鷲津は、社内の重要人物たちを探り出し、内部から揺さぶろうとする。すると、瑞恵の息子で役員の伸彰(渡部豪太)と経営に関わるふたりの役員に、瑞恵社長を裏切るかのような動きが…。すかさず鷲津は“ゴールデンパラシュート”をチラつかせた上で、経営陣にさらなるプレッシャーをかけていく!

 その頃、芝野(渡部篤郎)のもとには、日光みやびホテルの支配人に就任した貴子(沢尻エリカ)が追加融資の依頼に訪れていた。しかし社長である貴子の父・重久(利重剛)の放漫経営により経営状況が悪化の一途をたどっていた日光みやびホテル。そんな状況から追加融資を不可能であると判断する芝野に、貴子は近日中にあらためて経営再建計画書を提出することを約束する。

 しかし、家を出て外資系ホテルに就職し、日光みやびホテルに戻ってきた途端に支配人としてホテルを仕切り始めた貴子に、妹の珠香(木南晴夏)は不満顔を隠さない。やがて、重久が社長の座を退き、珠香の婿・寿(池田良)にホテルを任せようとしていることがわかり…?

 そんな中、太陽ベッドが債権者である鷲津たちに無断で民事再生法を申請。新たなスポンサーを競争入札で決めようとしていることが明らかになる!

©テレビ朝日auビデオパス[PR]/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
※本作品の配信情報は2018年7月時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。