【グッドドクター】 3話 ネタバレ ドラマを見逃した方へ (涙する賢人。)

グッドドクター

©フジテレビ/FOD/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。


【グッドドクター】期間限定!!

過去放送分 全話 を一気に無料視聴できる!

公式ホームページ

 

FOD《フジテレビオンデマンド》特徴

手続きたったの4分

※Amazonアカウント、メアド、パスワード、名前、誕生日、性別、支払方法のみ                

1ヶ月以内に解約すれば料金一切かかりません!

888円/月→0円初回のみの特典★

                       

《お得なFODポイント取得方法》

①毎月1日に100ポイントプレゼント

②毎月8の付く日(8、18、28)に、400ポイント

公式サイトで自分で発行する 合計1,300ポイントGET!!

最新ドラマのレンタル視聴に使える

 

≫FODの説明へ進む≪

※本作品の配信情報は2018年9月15日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。


【番組名】グッド・ドクター
【放送日】2018年7月26日(木)
【放送日時】毎週木曜よる10時
【出演者】

山﨑賢人、上野樹里、藤木直人

戸次重幸、中村ゆり、浜野謙太

板尾創路、柄本明

【原作】

2013年韓国KBS

グッド・ドクター


2018年7月26日(木)に「グッドドクター 3話」

フジテレビにて放送されました。

病院のガイドラインを破ってしまった湊の責任で、

高山主任が謹慎性分を受けてしまいました。

 

凄腕外科医なだけに、その穴は大きかったですね!

バタバタの病院とは裏腹に、

いつものマイペースな湊がなんとも、、、♪( ´▽`)

 

そんな時に病院に急患で運び込まれたのが、

6歳の市川美結ちゃん。

すでに何病院もたらい回しにされて緊急を要する事態でした。

果たして高山主任のいない病院で彼女の命を救うことができるのか?!


こちらのサイトでは、

それぞれのご都合で第3話見逃されて、

詳細に要点と流れを把握したい方に向けて、

管理人編集のもと

ネタバレを記載していますのでご注意ください。

 

しっかりと動画を自分の目で確認したい方は、

無料視聴 にお進みください。

 

cf. 乱文乱筆であることはご容赦くださいね( ;∀;)


第3話【ネタバレ】詳細

〜序盤〜

美結「いってきまーす」

母親「気をつけてね」

 

いつもの普通の光景が広がっている。

 

しかし、娘が急変してしまった。

お腹が痛い救急車の中の映像が映し出された。

 

しかし、子供を受け入れる病院が見つからない。

どこでもいいから早く出してください、父親に気が必死に訴える

 

受け入れを断られている状況だ。

 

夏美が優しい表情で入院中の女の子まいちゃんの面倒を見ていた。

 

その子からお腹を切られるのが怖いから手術を中止してほしいと言われる。

 

寝ている間に終わるから大丈夫だよと優しく諭すが

怖がってしまうまいちゃん。

 

〜〜〜

 

責任を負い謹慎中の高山は久々の休暇を

美智と満喫していた。

謹慎中とはいえ、勉強を続ける高山

 

高山が一時的にいなくなった病棟は大忙し

 

高山の謹慎の原因を作ってしまった湊といえば、

そんなことは御構い無しに、大好きなおにぎりをもぐもぐ食べる。

 

夏美は手術が怖がってしまった女の子のための絵本を書いてあげた。

 

その絵本を眺める女の子であったが、まだまだ不安そうな表情は抜けきらない。

 

そこで緊急の電話が鳴った。

冒頭の緊急の受け入れ先を探していた救急車からだった。

 

両親「先生娘を助けてください」

夏美「最善を尽くします」

 

病院に運ばれてきた時は非常に厳しい状況であった。

厳しい処置が続く。

湊は瞬時に今の患者の状況を分析し、

急がないと心停止を起こしてしまうと訴える。

 

緊急処置をした状況で間宮から

他の病院にまわせと指示されてしまう。

あくまで病院のメンツを保ちたいのだ

 

しかし必死に食い下がる夏美。

 

「苦しんでいる患者が目の前にいるのに平気で見捨てる医者に私はなりたくない」

 

必死の形相でご両親は女の子を見守る。

 

なつみが初めての執刀を執り行う。

 

〜〜〜

 

高山のもとに緊急手術の旨は伝えられる旨が伝えられる。

 

瀬戸が緊急手術を行うと聞いた高山は

急いで病院に向かう。

 

〜〜〜

 

深呼吸をする夏美。

初手術にしてはあまりにも難易度の高いオペであった。

 

いよいよオペが始まった。

 

病院へ到着する高山

 

腸が異変を起こし癒着した部分を剥離する。

非常に厳しい状況である。

 

湊はオペに同席し夏美をフォローする。

メスを握ることはできないが知識面でフォローしている。

 

息をつく暇もないご両親

 

ここで美結ちゃんが急変してしまう。

 

心停止間近

電気ショック療法を行う

 

美結ちゃんが心停止してしまった。

 

夏美「お願い戻って、戻ってきて」

 

高山がオペ室に到着する。

 

必死に心臓マッサージを続ける夏美

 

高山「もうやめろ」

 

それでも心臓マッサージをやめることはない

 

沈痛な面持ちでオペ室から出る夏美

 

深々とご両親に頭を下げる

娘が亡くなった事実を聞かされ泣き崩れるお母さん

 

言葉を失い、

呆然として立ち尽くすしかない。

 

美結ちゃんの亡骸を前に湊は

涙を流しながら遺体の縫合をしていた。

 

その後にも、湊は美結ちゃんの着ていて

緊急手術のために来たれた洋服も縫っていた。

 

しかしその行為を否定する高山

そんなことをしてもご両親の気持ちが癒えることはない

医者ならば何としても命を助けなければならない

そのことができなければ医者ではない

 

高山はそう語った。

 

それでもこのお洋服を直して美結ちゃんにあげたい

天国でも着せてあげたいと湊は語る。

 

しかしそれを理解しようとしない高山は

今後一切のオペ室への立ち入りを湊に禁じた。

 

〜中盤〜

一連の経緯を病院長へ報告する高山

 

目の前でひとつの命が自分のオペが原因で

失われてしまいやめてしまう小児外科医がいる現実がある中、

必死に瀬戸先生をフォローするように病院長はお願いする。

 

それと同時に高山の謹慎も解かれた。

 

〜〜〜

 

回診のために絵本を書いてあげたまいちゃんの元に訪れた夏美

 

あれだけ嫌がっていた手術をしてもいいよとまいちゃんは話す。

それは夏美が書いてあげた絵本のおかげだった。

 

だけどそれには一つの条件があると言われた。

 

それは夏美先生に手術をしてほしいということ 。

 

「一番私のことをわかっていて私のことを元気にしてくれるんでしょ」

 

しかし自分のオペが原因で美結を失くしてしまった傷から

心から笑うことができない

 

〜〜〜

 

湊と病院の廊下にて二人きりになる

 

湊「瀬戸先生は何でいつも通り仕事ができるんですか。僕は悲しいです。とてもとても悲しいです」

 

夏美「医者が悲しんだところで美結ちゃんは帰ってこない。私はあの子に何もしてあげられなかった」

 

湊「瀬戸先生は救おうとしました」

 

夏美「違う助けなければ意味がない。たった6歳よ。これからたくさん楽しいことが待っていたのに私はご両親から美結ちゃんを奪った」

 

涙を流す夏美

 

気持ちを察することが苦手なこともあり

フォローすることが湊はできなかった。

 

〜〜〜

 

ある黒塗りの車が病院に横付けされる。

背広の男性が病院に入る。

 

医療ミスを疑った美結ちゃんのご両親が訴えたのだ。

 

夏美と間宮が同席した。

急に娘を奪われてしまったお母さん

未だに今の出来事を現実として受け入れることができていない。

突然いなくなってしまったのだから。

 

帰り際にご両親を見つけた湊は、

直した洋服と落し物を届けようとしているところ

橋口男性看護師に止められた

 

〜〜〜

 

気を落としている夏美のもとに

高山は次のオペをするように夏美に指示した。

 

たった一度訴えられたぐらいで怖気づいたか

患者本人とそのご両親がお前の執刀を希望している

オペができないならこの場にいる必要はない

 

厳しい声だが叱咤でもあった。

 

〜〜〜

 

なんと美結ちゃんのご両親の家に

湊は直接足を運んだ。

 

しかし当然ご両親の反発を買ってしまう湊。

全く相手にもされなかった湊だが、

それでもずっと家の前で待つ。

 

朝を迎えてもなんと湊はまだ家の前にいた。

 

その姿を発見した母親は

湊と話をし、その場を立ち去ってほしいと伝える。

 

湊が忘れ物と話して紙袋を差し出す。

その袋の中身を見たお母さんが言葉を失い号泣する。

これ以上家族を刺激しないでくれと激怒する父親、、、

〜終盤〜

美結ちゃんの父親が病院を訪れた。

 

瀬戸先生とは話す

 

病院を見渡して、あんなに病気と戦っている子供がいることを認識する

たらい回しにされ数多くいる患者の中で娘は亡くなったんだと

父は残念に思うと同時に、

 

進藤先生が届けてくれたものによって救われたと語る

 

それは「ラジオ体操カード」

 

美結ちゃんが苦しがっている時もただひたすらに握りしめていた。

 

ビリビリに破れてしまったカードを湊は一つ一つ丁寧に直してご両親に届けたのだ。

 

美結ちゃんはママと一緒にスイカが食べたくて

シールを集めていたのだ。

 

朝起きるのが苦手な美結ちゃんのために

お母さんの考えたゲームだった。

 

美結ちゃんは約束を守って全部を揃えていたのだ。

とっても偉いんだ頑張り屋さんなんだ。

 

体操カードを見て母親は号泣して

よく頑張ったねとひたすらに褒めてあげた。

 

娘を失った悲しみは一生癒えることはないけど

新堂先生がくれた優しさに少しでも救われた。

 

そして夏美先生にも心のどこかで

訴えるのは間違っていると分かっていた。

 

夏美先生が最後まで向き合ってくれたことはわかった。

 

「あの日の美結ちゃんにとっての先生は、瀬戸先生あなただけでした」

 

「娘のためにありがとうございました。」

 

涙を流す父親からの思わぬ言葉と

泣きじゃくる姿に、感動の涙を流す夏美

 

〜〜〜

 

改めてまいちゃんへの手術の決意を決める夏美

 

高山先生の元にその報告をした。

 

「明日の14時からだ。準備しておけ」

 

しっかりとあらかじめ手術予定表には、

執刀医に瀬戸、助手として高山の名が刻んであった。

 

立ち去る際に、軽く笑みをこぼす高山

 

〜〜〜

 

2回目のオペに臨む夏美

 

優しさと厳しさのお持ちで助手として見守る高山

 

万全の体制で臨み

心身ともに充実していた夏美は

このオペを無事にクリアした。

 

〜〜〜

 

いつもの病院の庭で二人で仲良くアイスをかじる。

 

夏美「まいちゃんの手術無事に成功したよ」

 

湊「ありがとうございます。まいちゃんを治してくれて」

 

夏美「私こそ、美結ちゃんの大切なものを直してくれてありがとう」

 

湊「瀬戸先生はまた美結ちゃんみたいな子が来たらまた同じことをしますか?」

 

夏美「うん」

 

湊「怒られてもですか?」

 

夏美「うん」

 

湊「かっこいいです!僕も瀬戸先生みたいな先生に早くなりたいです」

 

その少し前に、夏美は高山先生に

 

高山のあまりにも異常な湊に対する接し方に疑問を

持って問いただしていた。

 

ある過去が高山の脳裏に蘇った。

若かりしときの高山がいた。

 

自動車整備士に関するパンフレットを持ち、

自分のことをお兄ちゃんと話して接する人物がいた。

その青年はどことなく湊に似た病気の様子も伺える。

果たして、高山先生とその青年の関係は何なのか?

 

〜〜〜

 

そして、表にはまだ出ていないが、

また新たに火種が副病院長を中心に動き出していた。

 

〜〜〜

 

空を見上げる湊に夏美は問いた。

 

夏美「何やってるの?」

 

湊「天国にいるお兄ちゃんと話をしています」

 

夏美「大好きだったんだね」

 

湊「今も大好きです。ずっと大好きです。お願いしています。美結ちゃんとたくさん遊ぶように。ずっとずっと忘れません。お兄ちゃんのことも美結ちゃんのことも」

 

綺麗な青空とともに第3話の幕はこうして閉じる。


第4話【あらすじ】

 新堂湊(山﨑賢人)瀬戸夏美(上野樹里)と綾瀬奈緒(川島夕空)の病室に行く。術後の不快感を訴える奈緒だが、稚拙なために夏美は要領を得ない。すると傍らで聞いていた湊が症状を言い当てた。奈緒や心配していた同室の子どもたち、夏美も湊に感心。湊と夏美が病室を出るとナースステーション付近で騒ぎが起きていた。緊急搬送された少女が暴れていたが、湊が近づくと静かになる。

 少女はオペが必要なのだが、一切話をしないので身元がわからない。しかし、湊は自分が担当医になると高山誠司(藤木直人)に願い出る。高山や夏美、医局のメンバー全員が反対するのだが、間宮啓介(戸次重幸)が来て湊を少女の担当医にしてしまう。間宮は湊に問題を起こさせようとする猪口隆之介(板尾創路)の指示で動いていた。

 湊は張り切って少女を診るのが、心はなかなかほぐれない。そんな時、少女の母親、大石薫(瑛蓮)が名乗り出て病院に来た。少女の名はあかり(高松咲希)。湊は薫にあかりの病状を説明、夏美は言葉を発さない理由を尋ねる。薫は自分があかりの継母だからかもしれないと話した。

 薫が帰ると湊は一緒に絵を描こうとあかりに話す。薫が持って来たあかりのバッグにお絵描きノートが入っていたからだ。しかし、湊がバッグに触ろうとすると、あかりが奪い取る。夜、湊があかりの病室に行くとお絵描きノートが落ちていた。拾い上げた湊に、あかりが「誰にも言わないで」と話しかけて…。


東郷記念病院 相関図


キャスト/スタッフ

【キャスト】

山﨑賢人(新堂 湊)

先天性自閉症スペクトラム障がいの青年小児外科医
医学部を首席で卒業 
子どもを救いたい純粋な一心で病院側と幾度となく衝突する

上野樹里(瀬戸夏美)

正義感が強く、明るく活発な小児外科医
一人前の医師を目指して奮闘中
湊のことを弟のように可愛がる

藤木直人(高山誠司)

小児外科医の主任
日本での指ありの優れた医師
病院長のことを尊敬している
自分にも他人にも厳しく同僚からは恐れられる一面も

戸次重幸(間宮啓介)

名誉や出世、保身に興味がある病院内からの人望は薄い医師
長いものに巻かれるタイプ
高山のことをあまりよく思っていない

中村ゆり(東郷美智)

父の死にともない現病院理事長に就任する
経営再建を図るために努力している
病院長を退任させたい 高山の恋人

浜野謙太(橋口太郎)

小児外科のムードメーカー的存在
子どもに大人気の親しみやすい看護師

板尾創路(猪口隆之介)

病院の副院長。
頭が良く物静かで、本当の心の内が読めない

柄本明(司賀明)

湊の少年時代からの恩師
東郷記念病院の現病院長
利益よりも患者最優先の医療を信条とする

 

【スタッフ】

原 作 :「グッド・ドクター」(©KBS. 脚本 パク・ジェボム)
 
脚 本 :徳永友一
『海月姫』、『刑事ゆがみ』、
『HOPE~期待ゼロの新入社員~』、『水球ヤンキース』ほか)

大北はるか
(『刑事ゆがみ』、『好きな人がいること』ほか)
 
脚本協力 :LiLy
 
医療監修 :

浮山越史(杏林大学病院)
渡邉佳子(杏林大学病院)
川嶋 寛(埼玉県立小児医療センター)

西脇俊二(ハタイクリニック)

 
取材協力 :高田哲也(日吉メディカルクリニック)
 
プロデュース :藤野良太
(『刑事ゆがみ』、『好きな人がいること』、
『恋仲』、『水球ヤンキース』ほか)

金城綾香
(『営業部長 吉良奈津子』、
『5→9~私に恋したお坊さん』ほか)
 
協力プロデュース :西坂瑞城(『貴族探偵』、『カインとアベル』ほか)
 
演 出 :金井紘
(『コンフィデンスマンJP』『好きな人がいること』、
『ナオミとカナコ』、『恋仲』ほか)

相沢秀幸
(『隣の家族は青く見える』、『民衆の敵』ほか)
 
制作 :フジテレビ

公式ホームページ

©フジテレビ/FOD/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

テキストのコピーはできません。