Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

義母と娘のブルース | 全話 動画を無料見逃し配信中(1話〜最終回ドラマ)


義母と娘のブルース|全話無料
 
案内人
案内人

こちらでは、TBSドラマ「義母と娘のブルース」を1話〜最終回まで全話無料で楽しむ方法をご紹介します。初回体験者であれば、登録月は無料で楽しめるのでオススメの方法ですよ!(2018/09/19現在)

 

TBSテレビテレビ東京WOWOWの共同出資によって設立された会社「Paravi」によって運営されているので、安心のサービスです!

 
↓ 1話〜最終回までずべて視聴できる ↓
 
主演・綾瀬はるか初の義母役に挑戦!

-番組名-

「義母と娘のブルース」

-放送開始-

2018年7月10日(火)

-最終回-

2018年9月18日(火)

-放送日時-

TBSテレビ 毎週火曜よる10時

-出演者-

綾瀬はるか、竹野内 豊、佐藤 健、上白石萌歌、宇梶剛士、他

-原作-

義母と娘のブルース Final / 桜沢鈴
(ぶんか社刊)

 
 
案内人
案内人

こちらのページでは「義母と娘のブルース」を見逃してしまった方も安心してご利用いただける方法をご紹介します!

 

もし過去に遡って、好きなだけ無料視聴されたいのであれば、TBSテレビが出資に関わった「Paravi」を利用する方法しか調査の結果見当たりませんでした。しかも本来は月に1000円ほどかかるサービスですので、初回体験者の無料キャンペーンを利用する必要があります。簡単な登録作業が必要になりますが、それさえクリアすれば、登録月は無料になりますのでなるべく月の初めに登録した方がゆっくり楽しめるかもしれません。

 

 
♙運営会社 2018年4月〜 サービス開始
株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパン
TBS、テレビ東京、WOWOW、日経新聞、電通、博報堂の共同出資)
 
登録月無料で楽しめる[翌月より999円(税込)]
ex. 契約日 7/20 無料期間 7/20〜7/31 
           月額料金発生 8/1〜
 
複数のデバイスで視聴可能
月初めに300円分のチケットを配布
 

※本作品の配信情報は2018年9月19日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。
 
 

 
 

[この記事の見どころ]

✎ 2018年夏ドラマ「全話無料」見放題できる作品

✎ ドラマ「義母と娘のブルース」とは

✎ 義母と娘のブルース|視聴率

✎ 義母と娘のブルース|あらすじ

✎ 義母と娘のブルース|感想

✎ 義母と娘のブルース|相関図

✎ キャスト・スタッフ情報

✎ 義母と娘のブルース|全話まとめ

 

2018夏ドラマ 全話見放題できる

 

案内人
案内人

「義母と娘のブルース」の他にも、実は1話から最終回まで無料視聴できる2018年夏に放送されたドラマがこんなにたくさんあるんです!グッドドクターをはじめ、話題になった作品ばかりですので、もしまだ見ていない方や見逃してしまった放送がある方は、気軽にご覧ください。びっくりするぐらい簡単に見れちゃいますよ!(2018/09/19時点)

 

 

ドラマ「義母と娘のブルース」とは

綾瀬はるかさんが体当たりで、初めて義母役に挑戦する!性格は猪突猛進そのもの。だけど頑張り屋さんな性格。

バリバリ働いていたキャリアウーマンがプロポーズされ一変して連れ子の母親になる物語。もちろんはじめは戸惑いの連続。しかし彼女の持ち前の元気いっぱいな真面目さで、素敵な母親になろうと一生懸命に努力する。

キャリアウーマンとして働いてきた主人公は家事が全くの苦手な様子。そんな彼女が10年に戻ってどのような成長というのか見届けてほしい。大きな出来事は起きないかもしれないが、身の回りにある当たり前の幸せに気付かされる作品となっている。

 

義母と娘のブルース|視聴率

 
ケロマツ
ケロマツ

「義母と娘のブルース」の視聴率に関して、ここでわざわざ指摘するほどがないほど、皆さんはたくさんのニュースで高視聴率の話題を耳にしてきたかと思います。最終回は20%目前の19.2%まで視聴率が伸びました!これは2018年夏ドラマで最高視聴率です。スタートは一般のドラマの視聴率とほぼ変わらなかったため、作品の内容が素晴らしくどんどん視聴者を取り込んでいった典型例のような伸び方をしていますね!高視聴率に違わない素晴らしい内容のドラマでした!

 

【平均視聴率】14.2%

第一話(7/10) – 11.5%

第二話(7/17) – 11.3%

第三話(7/24) – 12.4%

第四話(7/31) – 12.2%

第五話(8/07) – 13.1%

第六話(8/14) – 13.9%

第七話(8/21) – 15.1%

第八話(9/04) – 15.5%

第九話(9/11) – 17.3% 

最終話(9/18) – 19.2% 

※2018年ドラマ最高視聴率

 

義母と娘のブルース|あらすじ

 

たぬ吉
たぬ吉

ドラマを見ていない方でも、「義母と娘のブルース」の要約が分かるように、各話のあらすじを簡単にご紹介させていただきます。まだご覧いただいてない方は、是非参考にされてみてください。そこまで多くネタバレは含みませんのでご安心下さい。

 

 

1話

今まで良一は妻が亡くなってから一人で娘みゆきを育ててきた。しかしそれも今日まで。亜希子という新しい伴侶と、みゆきの初体面の日。しかしみゆきは一瞬で亜希子のことを嫌ってしまう。ビジネス経験豊富な亜希子は、第一印象が悪いと見るやすぐに撤退する。そして児童書を読んで研究し、みゆきに受け入れられるための新たな作戦を実行に移すのだった。そこには会社の同僚も巻き込んでの作戦である。果たして亜希子はみゆきに受け入れられてもらえるのか?彼女の挑戦はまだ始まったばかりである。

 

2話

亜希子、良一、みゆきの3人での新しい生活が始まった。みゆきは亜希子のことを一度は受け入れはしたが、彼女が頑張れば頑張るだけ違和感を感じてしまう。そして再び彼女を拒むようになってしまっしかもみゆきは自分のクラスメートと共にある作戦も考えていたのだった。一方の亜希子も相変わらずキャリアウーマンとしての仕事は、結婚前と遜色なくこなしていた。どうすればみゆきに受け入れてもらえるのかを考えてるうちに、自分の母親のことを思い出す。母親が自分にしてくれたことをみゆきにしてあげるするとみゆきの気持ちが徐々に変わってきて、、。

 

3話

亜希子はなんと専業主婦になってしまった。普通の主婦のようにスーパーでも買い物をする。しかしキャリアウーマンとしての経験から直接値下げ交渉をする姿に保護者の間で噂になった。その噂はみゆきまで巻き込むことに。pTAの集まりに参加した亜希子は、持ち前の発信術でどんどん質問を投げかける。しかしそのような姿勢が思わぬ反発くらってしまい、浮いた存在になってしまう。みゆきにとって初めて自分のお家に遊びに来る友達も、保護者の反対があってこなくなってしまった。しかし親の軋轢を子供に影響させるのは悪質だと判断して亜希子は、、、。

 

4話

亜希子は徐々にみゆきと良一とも客観的に見ても家族のような形が染み付いてきた。しかしそんなある日、みゆきから突然に「ふたりは偽装結婚なの?」と質問を受けてしまう。思わぬ質問にふたりは動揺してしまい即答することができなかった。そこでみゆきから林間学校から帰ってきたら二人が結婚した理由をきちんと話すと約束したが、なかなか良いアイデアが浮かばずに、、。

 

5話

良一が突然倒れてしまった。彼が入院している間、亜希子は妻としての働きをより一層磨きをかける。良一から、入院してしまい会社にしばらく出勤することができないことを謝りに行ってほしいと言われて、会社に出向いてみると、良一の評価をキープさせたいなら代わりに亜希子が同じぐらいの実績をあげて欲しいと上司から提案される。そしてプレゼン当日、亜希子が入念に準備したプレゼンを発表する日、それは良一の病気の検査結果を聞く日でもあった。

 

6話

早いものでみゆきも高校3年生になった。ふたりはみゆき、お母さんと呼び合う関係にまで成長を遂げた。彼女もそろそろ大学進学を真剣に考える時期。しかし、みゆきは将来の夢は決まっていなかった。いい大学に入ればお母さんが喜んでくれると思っていたが、学力もそこまで伸びていない。亜希子もみゆきに将来の夢を聞いてみるとは、お母さんのようになりたいと話してくれた。その発言を聞いて昔の自分の仕事を思い返すが、実際は違って今貯蓄を切り崩して行っているデイトレードのことだった。仕事の尊さを教えるためにもみゆきは、職場へ復帰することを検討し始める。

 

7話

亜希子の再就職先はまさかの麦田がオープンさせたパン屋さんだった。しかも経営的センスが全くない麦田は、想像絶するほど赤字が続いていた。亜希子は昔培ったビジネスセンスを元に、パン屋の再建に取り組み出す。一方、みゆきは大学受験の勉強の最中、ある男性から告白されてしまう。今は勉強が忙しいと断っても、彼は家庭教師をしてくれることになり亜希子への申し訳ない気持ちでいっぱいになる。パン屋で働きながらも家庭のことは完璧にこなしてしまう亜希子にみゆきは嫉妬心覚えて、心にもないことを強く言ってしまうのだった。

 

8話

亜希子の経営センスをもってしても麦田のパン屋は一向に客足が伸びなかった。そこで亜希子は一度お店を完全に閉店してリニューアルオープンをすることを提案した。リニューアルオープンに向けて忙しい日々が続く。そんな亜希子の働く姿を見て、みゆきも働く意味を少しずつ理解するようになる。そしてみゆきは自分の考えを述べるようになってきた。自分もお母さんみたいに夢中になれる仕事を見つけたいとみゆきは感じ始める。果たして麦田のパン屋は再生を果たすことができるのか?

 

9話

麦田のパン屋もキムタヤに名称をチェンジして新たな出発を果たすことになる。亜希子が見込んだ通り、閉店前とは打って変わって順調に客足は伸びていた。楽しそうにパン屋に励む亜希子と麦田の表情を見て、みゆきは少し不安な感情が入り乱れる。麦田はひょっとしたら亜希子とのことが好きなのではないか?父親を病気で失って以来9年の月日が流れていた。その間ずっと亜希子は自分のそばにいてくれた。だからこそみゆきも亜希子に感謝をして大切な存在に変わっていたのだ。

 

最終話

亜希子がみゆきの元に来て、10年の月日が流れていた。そしてついにその物語も最終章を迎える。亜希子が全身全霊を傾けて彼女のやり方で子育てをしてきた、みゆきに向き合って来た結末はいかに!?最終回は必見の内容となっています。

 

義母と娘のブルース|感想

 

ケロマツ
ケロマツ

亜希子の頑張りにただただ感動した視聴者の方も多かったのではないでしょうか?キャリアウーマンとしてひたすらビジネススキルを磨いてきた亜希子が、みゆきのお母さんとして奮闘する物語は、見始めた当初は最終回でこんなに感動するとは思いもよりませんでした。綾瀬はるかさんの演技はうまいことはもちろんのこと、脚本がしっかりしていたのでどんどん視聴者を取り込んでいた印象ですね。とにかく飽きませんでした。

 

そして毎週の展開が気になって一週間が楽しみで過ごすことができました。個人的には2018年夏ドラマで最高の出来栄えだったと思います。やはり日本で同じように思われている方も多かったみたいで、視聴率が20%に迫っていましたね!今の時代で視聴率20%を超えるのはよほどの作品でないと不可能と言われているので「義母と娘のブルース」に是非達成して欲しかったですね!

 

パオン
パオン

最終回は是非この記事を読んでいただいているそれぞれの方に実際の目で確認して頂きたいので、あえてネタバレはしませんが、まさかあんな展開の最終回なるとは思いもよりませんでした。亜希子の愛が、特にみゆきが高校生になってからより深くなったような印象を受けるのは自分だけでしょうか?亜希子のひとつひとつの仕草が、みゆきに対するメッセージが込められているようで、見ていて涙を堪えるシーンがたくさんありました。10年以上の付き合いとなると、本物の親子のようにお互いが通じ合うものなんですね。この作品を通じて、血の繋がりのない親子にたくさんの勇気とエールが送られたことと思います。仮に血の繋がりがなくたって、本物の親子以上に深い絆で結びつくことができることをこのドラマを通して勉強させてもらいました。本当にありがとうございました!

 

もんち
もんち

「義母と娘のブルース」で印象深かったシーンはどこでしたか?私はやはり小学生の時のみゆきとの関わり合いが非常に見ていて楽しかったです。あの時の家事もビジネスのように捉えてしまう亜希子も何とも言えない愛くるしさがありましたよね。彼女にとって初挑戦となる義母役でしたが、最高に演じきられたのではないでしょうか?pTAで運動会に関して議論するときも、まるでビジネスの場で企画会議をしているような圧力で質問攻めにしていたので、あれではさすがに浮いてしまうよなとクスクス笑ってしまいました。そんなこともあり、みゆきが少し疎外感を覚えてしまう結果になってしまうのですが、結果的には亜希子の誠実さが伝わって解決に至ってよかったですよね。義母と娘のブルースを来週から見えないと考えると少し心残りと言うか寂しい思いでいっぱいです。

 

 

ぱんちょ
ぱんちょ

「義母と娘のブルース」に欠かせない人物の一人として、麦田の存在がありますよね。初めは何だこのチャランポランの若者はとの印象を持っていましたが、彼も10年の月日を経て、しっかりと自分の軸を見つけられたみたいで良かったです。それも亜希子のおかげですよね!彼女はたくさんの人に勇気とパワーを与えられる強い存在だと思います。それは彼女自身がしっかりした考え方を持っているから周りに伝染してくるんですよね。麦田を見ていて、やっぱり人はしっかりした自分の目標と軸を定めないと、本当の意味で人にやさしくすることもできないのだなあと知ることができました。後半になるにつれての麦田の目の光輝き方は違いましたもんね!そして一人の女性を見つめる姿も全く違っていました。あのような麦田だったらたくさんの人を幸せに出来ると思います。これからの彼に期待ですね!

 

義母と娘のブルース|相関図

 

もんち
もんち

「義母と娘のブルース」の相関図を見ていると、色々な場面が思い返されますね。また初回からイッキ見したくなっちゃいます笑。

そして改めて実力派俳優から個性的な俳優までバランスよくキャスティングされているなと感心してしまう配役ですよね!だからこそ2018年夏ドラマ最高視聴率を獲得できたんだと思います!

 

義母と娘 相関図

©️TBSテレビ「義母と娘のブルース」

 

義母と娘のブルース|主題歌

 

からあげ君
からあげ君

MISIAさんとGReeeNさんが共同で楽曲した作品です!非常に素晴らしい音楽ですね!MISIAさんも 今の時代に必要な家族のカタチをイメージしながら制作されたみたいです!

 

キャスト/スタッフ

キャスト

 

岩木亜希子|綾瀬はるか

大手一流企業の金属加工会社に勤務するキャリアウーマン。とにかく仕事一辺倒で生きてきたためプライベートに関しては無関心。仕事はできるが女性として魅力はちょっと、、と首をかしげてしまうような性格でもある。彼女はプロポーズを受けたことから急遽1児の母親になることになる。

宮本良一|竹野内豊

亜希子が勤めていた会社のライバル会社に勤務するサラリーマン。小学生になる娘を育てているが、亜希子に結婚を申し出た。性格は人間味が溢れていて、誰からも好まれるような明るい性格をしている。果たして彼女との新婚生活やいかに?

麦田章|佐藤健

将来の夢は目標がなかなか決まらない、今はバイク便の仕事をしている男性。しかし彼の存在が亜希子と良一の家族に大きな影響を及ぼすことになる。

宮本みゆき|横澤菜帆

良一の小学生の娘。死別してしまったとはいえ、亡くなったお母さんのことが大好き。だからどうしても亜希子にはそっけない対応をしてしまう。性格はお父さんに似ていて明るい性格をしているが、実は学校では正反対の性格でもある。

宮本みゆき(高校生)|上白石萌歌

まだ完全には亜希子のことを受け止めきれていないが、徐々に親子関係を築いている。

黒田大樹|大智

みゆきの同じクラスの男の子。クラスのリーダー的な存在であり、困った人を見ると助けてしまう正義感を持った少年。

友井智善|川村陽介

麦田の大切な仲間でありテレビ局に勤めるAD。麦田とは仲が良く、安定した職につかない麦田のことを心配している。ドラマでも度々遭遇するキャラクター。

西条乙女|橋本真実

みゆきがしょっちゅう遊びに行く学童保育園のスタッフ。何かにつけてみゆきのことをよく面倒見てくれる。彼女の中で、子供最優先の信念があり、人が言いづらいことでもしっかり伝えるところを持つ。

猪本寧々|真凛

良一の信頼できる後輩。みんなの癒し系キャラクターであり、良一にとっても数少ない恋愛を相談することができる女性である。

前原大輔|村本大輔(ウーマンラッシュアワー)

亜希子の部下。ねちっこい性格の持ち主で人望も薄く、モテる性格ではない。

宮本愛|奥山佳恵

良一の前妻。突然の病気により、夫と娘を残してこの世を去ってしまう。非常に優しい性格で何より娘のことを大切にしていた。

田口朝正|浅利陽介

亜希子の部下。仕事ができる彼女のことを心の底から崇拝している。しかし彼自身は決して仕事ができるタイプではなく、亜希子が仕事上のフォローをする場面がたくさんある。

笠原廣之進|浅野和之

良一の上司。良一のことを心配してくれる優しい上司。仕事に対する姿勢は目を見張るものがある。

下山和子|麻生祐未

どこの町にもよくいる不動産のおばちゃん。彼女は知らない町内会のゴシップネタはナイフで精通している。亜希子はおばちゃんを通じて様々な情報収集を行う。

 

スタッフ

 

[原 作]

桜沢 鈴 「義母と娘のブルース」 (ぶんか社刊)

[脚 本]

森下佳子

[演 出]

平川雄一朗、中前勇児

[音 楽]

[ P ]

飯田和孝、大形美佑葵

[制 作]

TBSテレビ

 

義母と娘のブルース 全話まとめ

 

案内人
案内人

TBSドラマ「義母と娘のブルース」の全話無料視聴方法をお読みいただき心より感謝申し上げます。具体的な視聴方法はご理解いただけたでしょうか?

 

このドラマは一年間に何回も出会うことがない名作だと思います。それは一度でもご覧いただいたことであればきっと共感していただけるのではないでしょうか?

 

また「義母と娘のブルース」のような名作に出会えることを楽しみにしつつ、これからも記事を皆様に向けて書いていきたいと思います!今後ともよろしくお願い致します。

 
©TBSテレビParavi/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
※本作品の配信情報は2018年9月19日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。