Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドロ刑 | ドラマ動画を無料視聴する(4話|杉本哲太が伝説のスリに)

ドロ刑
 

 
⇘ 4話含めて無料配信中! ⇙
2週間無料キャンペーン開催中!
 
2018年日テレ秋ドラマ「ドロ刑」中島健人×遠藤憲一|第4話を見逃した方も1話から無料で視聴できる方法と第4話のネタバレ・感想・視聴率をご紹介します!最高峰のコミフェスを狙い全国のスリ集団が集結し、泥棒vs刑事の真剣勝負が始まります!
 
 
 

記事概要

異色のコンビが事件解決!?

-番組名-

「ドロ刑〜警視庁捜査三課〜」

-放送開始-

2018年10月13日(土)

-放送日-

2018年11月3日(土)[第4話]

-放送日時-

日本テレビ 毎週土曜よる10時〜

-各放送話(動画・ネタバレ)-

第1話第2話第3話第5話第6話✿第7話✿第8話

-出演者-

中島健人(斑目勉)
遠藤憲一(煙鴉)
石橋杏奈(小平美希)
中村倫也(皇子山隆俊)
江口のりこ(宝塚瑤子)
野間口徹(細面隆一)
田中道子(霞沙織)
生島 翔(宵町時雄)
丸山智己(勝手田利治)
板尾創路(左門陽作)
稲森いずみ(鯨岡千里)

-原作-

福田秀「ドロ刑」(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)

 

[この記事の見どころ]

 

✎ ドロ刑|無料視聴方法

✎ ドロ刑|4話ネタバレ

✎ ドロ刑|4話感想

✎ ドロ刑|5話あらすじ

✎ ドロ刑|視聴率推移

✎ ドロ刑|人物相関図

✎ ドロ刑|キャスト&スタッフ

✎ ドロ刑|4話ドラマ動画まとめ

 

動画無料視聴方法

ドロ刑|全話無料配信
 
案内人
案内人

「ドロ刑」を見逃された方は、1話〜最新話まで視聴できる日本テレビ公式見逃し配信サービス「Hulu」をご利用ください!初めて体験される方であれば、2週間無料キャンペーンが利用できるので、料金がかからずに今までの全話をイッキ見できます!詳しくは下記「緑枠内」をご覧ください!

 

hulu無料

 

2週間以内の無料期間であれば、最新ドラマを何回観ても無料!

❀ 
月額933円(税抜)で人気映画、国内・海外ドラマ・アニメの約50,000本全て見放題
❀ 初回利用者は2週間無料体験2週間以内に解約すれば、料金は一切かかりません
❀ 最初に無料期間期限の案内メールが届く
❀ huluしか観られないオリジナルストーリーを多数用意
❀ スマホ片手に視聴できる
❀ 1つのアカウントで様々な機器で視聴できる
❀ docomoなどの携帯料金と一緒に支払える
❀ 年中無休でhuluカスタマーサポート
❀ 簡単に3分で解約できる 

もっと詳しく「hulu」を知りたい方は、「hulu メリット&デメリット」にお進みください。
 
 
⇘ 4話含めて無料配信中! ⇙
※本作品の配信情報は2018年11月3日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。
 
 

ドロ刑|4話ネタバレ

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【土曜ドラマ公式】ドロ刑-警視庁捜査三課-さん(@dorokeinsta_ntv)がシェアした投稿

 


↓下記をタップすると開きます↓

※誤字脱字がある場合はご了承ください。

[序盤]

[序盤]を開く

大文銀次(杉本哲太)が登場!

ある倉庫で一人の大柄な男が煮えたぎる湯に手を沈めている。
そして苦悶の表情を浮かべてすぐさま冷却水へと手を移した。

この男こそが第4話の主役泥棒、機械屋銀次こと大文銀次だ。
彼はその技術に磨きをかけるために日々鍛錬を行っていた。

13係では新たな動きが出ていた。
いまだに大きな成果を上げられていない13係は他の課から馬鹿にされるような存在に成り下がっていた。
元々他の職場で役に立たなかった人間が集められたということも相まってみんなやる気を失っている。

そこに舞い込んできたのは10年に一度のコミフェスの存在。
国内のみならず、海外からも大勢の人が押し寄せる一大イベントだ。
そのイベントに乗じて、日本全国選りすぐりのスリ集団が東京にやって来る情報を掴んだのだ。

大阪で有名な心斎橋学校グループスリ集団。
東海地方の美濃軍団。
女性のみが所属する茨城くのいち。

何も有名なスリ集団であった。

〜〜〜

他の課と競争

警視庁捜査3課では、この動きに合わせてスリ集団の検挙数を争うことになった。
ここで実績をあげれば、今まで馬鹿にされていた風潮を逆転することができる。
特に今回は客観的な数字の勝負。
係長の鯨岡はいつも通りに威勢良く掛け声をかけた!

そこで今回斑目勉がペアを組まされた相手が板尾創路(左門陽作)
警視庁ではもともと有名なスリ専門の刑事(モサ)だった。

とにかくモサは歩くことが基本。
スリはどこに出没するかわからない。
その壮絶な歩く距離に斑目勉は早くも音を上げる。

疲れ果てて斑目勉はいつものバーへ。
そこには煙鴉がいた。
煙鴉は窃盗犯の中でもスリは特別な存在だと主張する。
基本的には現行犯逮捕のみ。
まさに職人とも呼べる弟子制度も存在する。

だから必然的にスリを検挙する刑事も職人の腕前を必要としていた。
時代の流れとともにそのような厳しい環境に耐えられずに、スリもモサも減少傾向にある。

だが、煙鴉が熱弁をふるっているのに斑目勉は眠りに落ちていた。
足がパンパンで相当疲れ果てているらしい。

〜〜〜

異例の抜擢?

斑目勉は、モサの非効率的な働き方に疑問を投げかける。
今の時代にここまで歩く意味があるのか?

だが、今回の捜査はそこまで嫌な気はしていなかった。
鯨岡から才能を見込まれて異例の抜擢を受けて左門の相棒を任すと聞かされたからだ。

日本中のスリ集団が東京に集結して大規模な行動を起こそうとしていることを煙鴉も知っていた。
だが、警視庁捜査3課が入手していた情報とは多少のズレがある。
その内容を詳しく教えてください、と斑目勉はお願いすると、ここの店をおごってくれたらな、と答える。

代金は8000円。
斑目勉が少し気を許したタイミングであっという間に煙鴉に財布をスられてしまった。
だが、お札だけでは何も証拠がない。
だからこそ現行犯逮捕が基本となってしまうのだ。

斑目勉はスリとモサの奥深さを認識することになった。

〜〜〜

左門は歩く。

今日もどこまでも歩き続ける。
それに付き合わされる斑目勉はもうすぐ限界。
今日は石橋杏奈(小平美希)も一緒に捜査する。
二人がへばっている時も、左門は行き交う人々の目に注目していた。

今前を通った人間はカメ。
つまり痴漢の隠語。

熟練の刑事になると被疑者の目を見るだけでどのような犯罪を企てているか想像できるようになる。
中でもスリを判別できるようになるには3年を要する熟練の腕が必要だ。
しかもその3年が毎日今日と同じようにひたすら歩き続けて人を見続ける条件付きだ。

斑目勉も小平も絶対に無理と早くも諦めるのだった。

左門が動く。
スリ目をした人間を発見したらしい。

斑目勉から見ると普通の目にしか見えない。
電車まで尾行する。

熟練のスリになると、キョロキョロと辺りを物色するようなことは決してしない。
まばたきをするかのように一瞬だけ目を落とす。

盗ると確信した左門はすぐ傍まで接近する。
電車のブレーキのタイミングで男は財布をスった。

「警察。降りて」

物音を立てずに静かに連行する。
被害者にも声をかけてクールに逮捕した。
流れるような動きはまさに芸術の域。

ここで斑目勉は電車に乗っていた手に傷がある中年の男がこちらを見てニヤリと笑っているのに気づいた。

もっと大きな物音を立てると思っていたが、スリを必要以上に刺激しないためにも現場では静かに対応するのだ。
スリが観念してしまう条件は、タマと呼ばれる財布とタロウと呼ばれる被害者を一瞬で抑えること。

まさにスリの世界は隠語が多い。

〜〜〜

銀次現る。

左門は斑目勉を呼びつける。
その前に斑目勉も言いたいことがあるようだ。
こんな非効率的な捜査をやめてほしい。

ずっと歩きっぱなしで膝を壊してしまう。
きちんとマニュアル化してネットに載せて分かりやすくしてほしいらしいが、こればかりは経験の積み重ね以外に習得はありえない。

左門はそれよりも聞きたいことがあった。
電車の中で見た手に傷のある男の存在だ。

その男は機械屋銀次に違いない。
機械屋とはスリ社会の中で最高の勲章に値する。

モングというカミソリによってポケットを切り裂き、中の財布を一瞬に盗む。
伝説のスリとしてその世界では有名であった。

しかし彼は5年前に引退したと聞かされている。
なぜまた再び戻ってきたのだろうか。

[中盤]

[中盤]を開く

銀次を誤認逮捕!

銀次を見つけるために左門と斑目勉は今日も歩く。
そんなすぐに簡単に見つかるわけがない。
と思っていたら、バス停の停留所に並ぶ銀次の姿を確認。

銀次の動きがバスの中で怪しく動く。
確かに財布をスった。

しかし、左門と斑目勉の存在に気がつくと他の乗客のカバンにスった財布を移す。
斑目勉が逮捕と身柄を確保した時にはすでに証拠は全くない状況だった。
これでは逮捕することはできない。

バスを降りて左門は語りかける。
どうして戻ってきたんだと。

二人は昔からよく知った顔だった。
孫のためにも引退したと聞かされていた。

銀次も左門のような男が斑目勉を相棒にしているのが意外だった。
この男はモサとしての才能の微塵もない。
さらに一言忠告した。

今度のコミュフェスでは日本全国から有名な連中が集まる。
このままの体勢だとやられっぱなしだぞ。

そう言い残すと銀次は去って行った。
証拠なしで手放すのは歯がゆいがどうしようもなかった。

〜〜〜

罰ゲーム?

ここで改めて斑目は左門にどうして自分を相棒に選んでくれたのか聞いてみた。
自分に対して異常なほど自信を持っている班目はこれを異例の抜擢だと考えていたが実際は違った。

どうやら職務上のミスのツケとして、斑目を罰ゲームとして押し付けられたのだ。
考えられる限りの一番きつい罰ゲーム。
それが斑目を押し付けられることだったのだ。

自分が想像していた話とは全然違ったのでさすがにがっくりくる。
他の13係のメンバーも、やる気を見せなかったら斑目を相棒として押し付けられてしまうので必死だった。

一方、13係では科学捜査班に所属する沙織に5万にんぶんのスリ犯人の特徴を合成した似顔絵を依頼していた。
これが完成すれば一挙に犯人逮捕と勢いつくかもしれない。
だが実際に写真を合成してみるとそこに現れた顔は、江口のりこ(宝塚瑤子)そのものだった。
現場に微妙な空気が流れたことは言うまでもない。

〜〜〜

他の係に置いていかれる。

スリ犯人の検挙数で13係は圧倒的に遅れを取っていた。
しかし、そんな中でも孤軍奮闘するのが左門。
彼だけが地道に実績を重ねていく。
30年間積み重ねてきた目は何者にも代え難い。

だが、やはり職業病というものは存在する。
これまで歩き続けてきたせいで、左門の膝には爆弾を抱えていた。
階段を登ることもままならない。

斑目勉に左門はあれこれ指示しない。
なぜなら自分から覚えようとしない限り身につかないことが分かっているからだ。
近道ほど忘れてしまう。
左門を一人前のモサに育ててくれた師匠の教えだった。

その刑事は最後まで出世を望まずに、現場にこだわり続けた。
そのまま退職して先月亡くなったらしい。

ずっと人間と人間の戦いに身を投じてきた人間だった。
それがモサの鏡だったのだ。

斑目勉の靴も少しずつすり減り始めていた。

〜〜〜

あなたが煙鴉さん?

煙鴉にまた愚痴る。
どうやらモサの気分を味わいたくなったらしい。

ずっと現場にこだわり続けた左門の師匠。
そこにはきっとまだ見ぬ面白いことが隠れているはず。

さらにやはり自分を罰ゲームとして扱われていたことにショックを隠しきれない。
自分の長所ってどこなんだろう。

煙鴉は、そういう弱さを隠さないところだと指摘する。
そしてここ一番になると周囲もびっくりするほど大胆になる。

そのまんまでいいと煙鴉は認めてあげた。

そこに意外な人物がバーにやってくる。
なんと皇子山だ。

彼はずっと煙鴉を追っていた。
そして今まさに目の前にいる男こそ煙鴉だと思い調査しているのだ。

先日の煙鴉がやってみせた金庫破りも皇子山に自信を与えた。
煙鴉によって突破された金庫は過去に3件あったのだ。

酔っ払っている斑目勉は、そんな皇子山に対して意外な行動に出る。
なんとあっさり認めてしまったのだ。
むしろ今まで気づいていなかったの?
彼こそが煙鴉だよ!と。

そしてトイレに席を立つ。
皇子山はあっさりと斑目勉が認めたこともあって、自分の推理が間違っていたと急に自信を失ってしまい、早々に店を出て行ってしまった。

[終盤]

[終盤]を開く

なぜ再び表舞台に?

斑目勉は左門とうどんをすすりながら質問する。
なぜ一線を離れた銀次がまた戻ってきたのか。

左門は自分の師匠に送られてきた銀次からの年賀状を見せた。
そこには孫と優しい表情でうつる銀次の姿が。
平和のメッセージと共に。

一流のモサは一流の泥棒から敬意を表されるらしい。
この年賀状を見る限り、もう一度スリの世界に戻ってくるとは想像できなかった。
左門の師匠が先月癌で亡くなったことが何か関係しているのか。

うどん屋の外で「スられた!」と叫び声が!

慌てて外に出てみると内ポケットが切られている男性の姿が。
その中にあった財布がなくなっていた。

遠くには銀次の姿が。
しかしまたしても彼は証拠を隠滅していた。

左門に腕が落ちたんじゃないか?
師匠が草葉の陰で泣いてるぞ、と一言釘をさす。

だが腕が落ちたのはモサだけではない。
芸術的にスリを行なっていたのは過去の栄光で最近では刃物を振り回す人間まで出てきてしまった。
銀次は捜査三課にもっと気合を入れて欲しいと忠告した。

そして本番当日の予告宣言をする。

「10人やるからな」

それにしても銀次が斑目勉らの前に現れたのは3回目だ。
なぜこんなに遭遇するのだろうか?
彼に何か狙いが?

〜〜〜

コミフェス本番!

13係はコミフェス会場へと通じる最も人の出入りが多い路線をマークすることにした。
それぞれが気合を入れ直して現地へ向かう。
どうにもやる気が感じられなかった皇子山も渋々向かった。

路線の中ではすでに戦いが始まっていた。
スリ目の人間がゴロゴロいる。

銀次が早速一人目の獲物をゲットした。
しかし、ほんの一瞬の隙を見せただけで銀次の手元には財布がなくなっていた。
13係でマークしていた各地方のスリ集団も集結している。

どうやらチームプレイで動いているらしい。
このままでは財布の行方が全くわからずに現行犯逮捕することができない。

銀次は次々とスリを成功させて宣言した10人まで残り一人となっていた。
ここで左門が斑目勉に指示を出す。
あっちがチーム戦で来るならこっちもチーム戦だ!

斑目勉は得意のメール早打ちで13係のメンバーを車両に集めた。
人知れず、煙鴉も隣の車両で息を潜めていた。

〜〜〜

中国系スリ集団の存在。

左門は銀次の犯行を見逃さずに、適切なタイミングで逮捕にうつる。
しかし、銀次はさらにその上をいった。
財布をスるのではなく、中身のお札だけを回収する「中抜き」と呼ばれる芸当を披露したのだ。
最高難度の技を見せつけられてしまうと、お札だけでは元々の持ち主の持ち物であることは証明できない。

一方、皇子山は中国系のスリの犯行を見逃さなかった。
仲間が捕まったと思うや否や周りにいた仲間がカッターナイフで切りつける。
皇子山は手に深手を負ってしまった。

さらに中国系が腰に備え付けておいたナイフに手を伸ばそうとするとそこにはナイフがない。
その隙を見逃さずに隣の車両から駆けつけた勝手田らによって逮捕された。
そのナイフはなぜかとなりの車両の網棚に置かれていた。
これを事前にスっていたのが、煙鴉であることは言うまでもない。

電車を降りた銀次と左門ら。
中の様子を伺い、外国系スリ集団が逮捕されたことを知る。

斑目勉はここで思い切った博打に打って出た。

〜〜〜

お孫さんの存在。

銀次のお札を見せてくれるようにお願いする。
被害者にはお孫さんがいて、うっかりお札に落書きをしてしまったらしい。
その落書きがお札にあるなら十分な証拠になり得る。

すると銀次はあっさりと自分が盗んだと認めて警察署へ連行されていった。

皇子山らが逮捕した中国系スリ集団は捜査一課に引き渡された。
どうやら凶悪な犯罪者で今まで何度も事件を起こしてきたらしい。
日本人のスリとも遭遇して大怪我を負わされたこともある、まさに武装集団。

13係のメンバーは捜査三課で勝負していた戦いに一発逆転で勝利を収めた。
意気揚々とみんなで勝利のマーチを踊る。

〜〜〜

弔い合戦。

ここでなぜ銀次が表舞台に戻ってきたのか取り調べの結果明らかになる。
逮捕された中国系武装集団によって、中抜きの辰と呼ばれる素晴らしい腕を持ったスリが殺害された。

この人物は銀次にとっても憧れの対象であった。
この武装集団を逮捕させることこそが最大の目的だったのだ。
だからこそ日本全国のスリ集団が集結した。

意図的に左門の前に顔を出すことによって捜査三課を本気にさせる。
すべて銀次が計画していたものだった。

銀次は最後に優秀な若いの育ててくれと左門に託した。
こうして銀次のスリ人生は今幕を下ろしたのである。

斑目勉が孫のいたずら書きの話をしたのは、インターネットの情報から思いついたものであった。
結果的にはその働きが功を奏して銀次の逮捕に至った。

だが、本人は銀次がわざと逮捕されたことを信じようとはしない。
自分の機転によって逮捕できたと大満足。

最後に斑目勉は煙鴉相手にスリを披露してみてた。
煙鴉の財布を盗んでみせたのだ。
しかし、煙鴉が財布を確認してみると胸元にきちんとある。
ただ単に斑目勉がかっこいいと思って同じ財布を購入しただけだった。

そんな斑目勉を可愛い後輩を見つめるような優しい目を煙鴉はしていた。

第4話終わり

 

ドロ刑|4話感想

ドロ刑感想

斑目勉を熱演!

ドロ刑にとって、一番重要なキャラであり、やる気がないけどなんだかんだ犯人を逮捕できてしまう不思議な斑目勉を演じる中島健人さんも、ドラマが中盤を迎えてすっかり役をものにした印象がありますね!ただやる気がない警察官を演じているわけではなく、その裏にしっかりとした意図を感じることができます!斑目勉とバディを組んだ相棒はやる気を取り戻し、己の目的を果たせているので、もしかしたら発火剤のような運命にある人間なのかもしれませんね!この先もやる気がない雰囲気を醸しながらも、どのようにのらりくらりと事件を解決していくのか楽しみです!

スリの手口

「ドロ刑」は、泥棒目線でも犯罪を語ってくれるので普通の人間からしたら想像もつかないような視点から切り込んでくれるから参考になることが多いです!第4話のメインテーマであった「スリ」も、どのタイミングで窃盗犯が狙っているのかも理解できましたし、独特の目線や目つきも知ることができました。最近はスリの犯行が減少傾向にあるとはいえ、被害報告はまだ後を絶たないらしいので用心に越したことはないですね!基本的に現行犯逮捕しか難しいみたいなので、ドラマの終盤で行われたチームプレイが絡んでくると手の打ちようがないとも感じました。

靴がすり減るほど。

スリを専門に扱っている刑事・モサは膝を悪くしてしまうほど、たくさん歩くそうです。もちろん職業柄仕事であるから当然なのかもしれませんが、その地道な努力あってこそ国民の平和が守られていると考えれば、感謝の気持ちも自然と湧いてきますよね!ドラマで話していた目線を見れば犯罪の種類が特定できるのはオーバーな話ではないと感じました。誰かに習うわけでもなくとにかく経験が全て。その経験値を積み重ねるためにも歩き続けるしかない。刑事という職業に限らずに仕事全般に通ずる普遍的な真理のような気がしました!

班目の長所

彼の1番いいところは適当に見えても、誠実に物事と向き合うことだと思います。煙鴉は、弱いところが長所だと指摘しました。おそらく弱さを認識しているからこそ人は成長できると言いたいのではないでしょうか?そのままでいい、と兄貴分として見守っている煙鴉はシブいですよね!ドロ刑も中盤を迎えて、班目も徐々に警視庁捜査三課の仕事にも慣れてきたように思います。捜査三課の泥棒の種類にここまであることに驚かされましたが、班目の成長と共にどのようにプロの犯罪人を逮捕するのか今後がますます楽しみになってきました!

煙鴉の才能

実際に煙鴉が盗みをしたシーンは第1話の冒頭しかありませんが、第4話で軽く中国マフィアのナイフを奪うところを目の当たりにすると、やはり彼こそがNo. 1な気がします!おそらく最終回までには、煙鴉はやむなく斑目勉ら13係が認識しているような状況で盗みを企てざるを得ない事件が起きると予想しています。そのとき、自分をある意味で育ててくれた斑目勉は、煙鴉を逮捕することができるのか、もしくはそれ以上の結末を用意しているのか?個人的には、遠藤憲一さんの演技がチャーミングで好きなので逮捕以外でお願いしたいです!

 

ドロ刑|5話あらすじ

 

13係でいまだに非協力的な皇子山おうじやま(中村倫也)の態度を嘆く鯨岡くじらおか(稲森いずみ)は、その心中を探るため、斑目まだらめ(中島健人)を使うことに。同僚を調べることはエリートにしか許されない仕事だとおだてられ、すっかりその気になった斑目が早速バーで煙鴉けむりがらす(遠藤憲一)に報告していると、ちょうど皇子山がやってくる。相変わらず煙鴉の身辺を嗅ぎ回る皇子山だが、煙鴉は「色眼鏡で世の中、見てちゃ何も見えないよ」と言い残して…。泥酔した斑目を残し、煙鴉を尾行していた皇子山は、その途中一軒家で老人が殺されているのを発見する!

翌日。13係ではどのネタ(=事件)を扱うかを鯨岡に一人一人がプレゼン。鯨岡の厳しい審査を通過できず皆が頭を抱える中、斑目がプレゼンした空き巣の常習犯“白昼の蝙蝠こうもり”こと東村洋介ひがしむらようすけ(三遊亭好楽)のネタがなぜかあっさりと選ばれる。さらに鯨岡から現場の汚れ仕事よりも皇子山の事を優先するようにと言われた斑目はますます調子に乗り…。

優秀な刑事だった皇子山が捜査一課から三課に来た理由について様々な噂が飛び交う中、斑目は皇子山に直球で質問を投げる。ある男を追っていたら突然異動になったと話す皇子山は、煙鴉は人を殺していると言い…。そんな時、皇子山の携帯に煙鴉から電話がかかり、ある住所を告げられる。そして、向かった先で発見したのは、なんと、また女性の死体で…。

一方、動きのない東村のアパートを張り込んでいた瑤子ようこ(江口のりこ)と美希みき(石橋杏奈)は高齢の東村を見て空き巣に入れるわけがないと判断。斑目は張り込み部屋の撤収を命じられる。意気消沈して部屋を片付ける斑目だが、東村が自宅で怯えながら一心不乱に祈っている姿が気にかかっていた…。
そして、ひょんなことから東村に気に入られアパートに入り浸るようになった斑目は、東村が一人になると祈る理由がどうしてもひっかかっていて…。斑目と皇子山、二人の刑事が近づくことで事件は意外な展開を見せて行く…。

 

視聴率推移

 

第1話[2018年10月13日放送]視聴率

11.8%

第1話の見逃し動画とネタバレはこちら


第2話[2018年10月20日放送]視聴率

8.6%

第2話の見逃し動画とネタバレはこちら


第3話[2018年10月27日放送]視聴率

8.5%

第3話の見逃し動画とネタバレはこちら


第4話[2018年11月03日放送]視聴率

8.4%


第5話[2018年11月10日放送]視聴率

8.4%

第5話のドラマ動画とネタバレはこちら


第6話[2018年11月17日放送]視聴率

%

第6話の無料視聴動画とネタバレはこちら


第7話[2018年11月24日放送]視聴率

%

第7話のドラマ動画とネタバレはこちら


第8話[2018年12月01日放送]視聴率

%

第8話の無料視聴動画とネタバレはこちら


第9話[2018年12月08日放送]視聴率

%

第9話のドラマ動画とネタバレはこちら


第10話[2018年12月15日放送]視聴率

%

第10話の無料視聴動画とネタバレはこちら


※放送日程については、あくまで筆者の予想となります。
※視聴率については、随時更新予定(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 

人物相関図

ドロ刑 相関図

©️日本テレビ「ドロ刑」

 

キャスト&スタッフ

【キャスト】

 

中島健人(斑目勉)
遠藤憲一(煙鴉)
石橋杏奈(小平美希)
中村倫也(皇子山隆俊)
江口のりこ(宝塚瑤子)
野間口徹(細面隆一)
田中道子(霞沙織)
生島 翔(宵町時雄)
丸山智己(勝手田利治)
板尾創路(左門陽作)
稲森いずみ(鯨岡千里)

 

【スタッフ】

 

脚 本|林 宏司

音 楽|木村秀彬

演 出|

大谷太郎
中島 悟
高橋朋広

チーフプロデューサー|池田健司

プロデューサー|

能勢荘志
次屋 尚
関川友理

制作協力|The icon

製作著作|日本テレビ

 

ドロ刑|4話ドラマ動画まとめ

 

案内人
案内人

「ドロ刑」第4話ドラマ視聴方法をお読みいただきありがとうございました!

 

第4話では、まさにスリ職人とも呼べる熟練の技が次々と披露されて、あまり表舞台に出てこない、スリ犯人に立ち向かうモサ刑事の頑張りと努力を知ることができて勉強になりました!第5話では、皇子山の謎に迫る注目の放送回になりそうです!

 

⇘ 4話含めて無料配信中! ⇙
もっと詳しく「hulu」を知りたい方は、「hulu メリット&デメリット」にお進みください。

 

©日本テレビhulu/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
⚠本作品の配信情報は2018年11月3日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。最新話の配信が多少遅れる場合がございます。