ドロ刑 | 最終回 動画見逃し無料視聴(10話 | 12月15日放送)

ドロ刑

案内人
案内人

詳しい説明を省略して、「ドロ刑」をすぐに2週間無料視聴されたい方は下記からお進みください!

 

最終回含めてイッキ見されたい方 ⇓

 
 
 
「ドロ刑」最終回を見逃した方もご安心ください!日テレ公式動画で最終回だけではなく、初回放送分からまとめて無料視聴できる方法を簡単にご紹介します!いよいよ捜査三課13係vs煙鴉の戦いもフィナーレを迎えます。果たして勝者はどちらに!?
 
 
 

記事概要

泥棒と警察の頂上決戦!
 

-番組名-

「ドロ刑〜警視庁捜査三課〜」

-放送開始-

2018年10月13日(土)

-放送日-

2018年12月15日(土)[第10話]最終回

-放送日時-

日本テレビ 毎週土曜よる10時〜

-出演者-

中島健人(斑目勉)
遠藤憲一(煙鴉)
石橋杏奈(小平美希)
中村倫也(皇子山隆俊)
江口のりこ(宝塚瑤子)
野間口徹(細面隆一)
田中道子(霞沙織)
生島 翔(宵町時雄)
丸山智己(勝手田利治)
板尾創路(左門陽作)
稲森いずみ(鯨岡千里)

-原作-

福田秀「ドロ刑」(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)

 

[この記事の見どころ]

 

✎ ドロ刑|無料視聴方法

✎ ドロ刑|人物相関図

✎ ドロ刑|最終回ネタバレ

✎ ドロ刑|最終回感想

✎ ドロ刑|視聴率推移

✎ ドロ刑|キャスト&スタッフ

✎ ドロ刑|最終回動画まとめ

 

動画無料視聴方法

 
案内人
案内人

「ドロ刑」最終回を見逃した方や、今までの放送をイッキ見されたい方は日テレ公式配信「hulu」をご活用ください!再放送代わりに配信していますので2週間無料でご利用いただけます!ぜひ気軽にお試しください!

 

hulu無料

 

2週間以内の無料期間であれば、最新ドラマを何回観ても無料!

❀ 
月額933円(税抜)で人気映画、国内・海外ドラマ・アニメの約50,000本全て見放題
❀ 初回利用者は2週間無料体験2週間以内に解約すれば、料金は一切かかりません
❀ 最初に無料期間期限の案内メールが届く
❀ huluしか観られないオリジナルストーリーを多数用意
❀ スマホ片手に視聴できる
❀ 1つのアカウントで様々な機器で視聴できる
❀ docomoなどの携帯料金と一緒に支払える
❀ 年中無休でhuluカスタマーサポート
❀ 簡単に3分で解約できる 

もっと詳しく「hulu」を知りたい方は、「hulu メリット&デメリット」にお進みください。
 
 
最終回含めてイッキ見されたい方 ⇓
※本作品の配信情報は2018年12月15日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。
 
 

人物相関図

ドロ刑 相関図

©️日本テレビ「ドロ刑」

 

ドロ刑|最終回ネタバレ

 


↓下記をタップすると開きます↓

※誤字脱字がある場合はご了承ください。

[序盤]

[序盤]を開く

お遊びは終わりだ!

いよいよ牙をむいた煙鴉。彼は一体何を仕掛けようとしているのか。斑目勉もスイッチが入り必ずこの手で彼を止めてみせると息巻く。

煙鴉は過去の思い出を振り返っていた。妻がいて子供がいる。新居への引越し。大きな窓に新しいキッチン。幸せな生活が待っている。みんなここで幸せになれるんだ。そう思っていた。この窓からはきれいな虹が見えるらしいぞ、、!

バーの店主が煙鴉が残したコースターの書き置きを見つけて13係に知らせてくれた。そこには龍崎一郎と記されている。調べてみると大手ゼネコンの不動産会社の会長であった。これ以上好き勝手に動き回られては警察のメンツに関わる。13係はそれぞれに捜査に向かった。

鯨岡は警視総監に現状について報告する。何やら警視総監は神経質に捜査を注視していた。煙鴉に動き回られることで迷惑する人間がたくさんいる、と。

~~~

龍崎をボディーガード

煙鴉に狙われているとわかって龍崎会長は怯えていた。大柄な男を何人も警護にあたらせて警察に対してももっとボディーガードを増やすように要請してきた。

美希は調査によってギルバード記念病院と虹の見える丘公園との間に関連性があることを見つけ出して皇子山に報告した。

煙鴉が仕掛けてきた。龍崎のオフィスビルで催涙ガスを噴射して逃げ場をエレベーターだけに限定した。そしてエレベータ上で待機していた煙鴉が催涙スプレーをエレベーター内に撒き散らして龍崎の持つスマホを盗んだ。

かろうじて意識を取り止めていた宝塚が捕らえようと試みるが、煙鴉はさっそうと逃げ去ってしまう。

~~~

すべて情報だけを盗んでいた

官僚に裁判官にゼネコン。金品ではなく全て情報が盗まれている。何かつながりそうな予感はするが決定打に欠けていた。

皇子山はギルバート記念病院の病院長を脅迫して20年前にどのような事件があったのか迫った。皇子山は妹を失っていただけに迫力を持って接する。

細面はある新聞紙面の写真を拡大できるか沙織にお願いした。

引き続き鯨岡は警視総監に対して報告を済ませる。もしこの件で警視総監の手を煩わせるようなことになれば必ず自分自身で13係を処分する。その際には私を警視総監のお友達にしてください。鯨岡の隠れた本性が垣間見えてきた。

斑目勉の元にある記者がやってきた。近藤は煙鴉から情報をリークされてある程度つかんでいる模様。いつものバーに場所を移して話を聞いてくる。自称犯罪ジャーナリスト西野と名乗っていた煙鴉は、斑目勉を当たれと話してきたようだ。正義感に溢れている西野だったので、斑目勉が若い青年であり今度は納得していた。

組織を大きく変革するためには若いエネルギーが必ず必要になってくる。煙鴉はやはり自分たちに明らかにしてほしい事件がある。斑目勉はそう確信した。

バーのマスターが最後に見つけたコースターを斑目勉に手渡した。

~~~

最も難しい場所とは

コースターにはそのように記されていた。一体その場所とはどこなのか。沙織に依頼していた写真の解析が終わった。そこにはなんと煙鴉の顔が写り込んでいたのだ。

これにて全ての事実が明らかになる。煙鴉の本名は北岡剛55歳。

謎に包まれていた虹の意味はやはり虹の見える丘公園の虹であった。20年前に住宅地として分譲地が販売された際、そこはもともと工場跡地であった。

その家を購入した北岡は全てを失ってしまった。その土地は化学物質によって汚染されており決して売ってはいけない土地だったのだ。小児がんに侵されてしまった我が子。あっという間に子供はなくなってしまう。

北岡以外にも健康被害を訴える家庭はあった。だが役人、ゼネコン、病院が結託して事実を一切公表せずに闇えと葬り去った。

世論に向けて裁判を起こすも、裁判官も含めて国の意向に従い、マスコミもまた追求せずにその事実を垂れ流すだけだった。最終的に原告は北岡1人となり、ただのクレーマーと呼ばれる。

裁判結審後に妻は自ら命を絶った。国に何もかも盗まれてしまった。そう言い残して北岡は姿を消した。

[中盤]

[中盤]を開く

煙鴉の事件は全て

そして生まれたのが歴代最強の煙鴉である。彼は金品を盗むのではなく全て情報を盗んでいた。そのすべての被害者が虹の見える丘公園に関連する人物だったのだ。

何年にもわたって情報を集めいよいよ最終局面として大物に当たっているのだ。思いがけない過去が明らかになったことで斑目勉はさすがに同情してしまう。

皇子山の妹は5年前にカルテが電子化された際に責任者を務めていた。その過程で過去の情報を改ざんしたことに気付く。そして正義感の強かった妹は巻き込まれてしまったのだ。

~~~

煙鴉の事件を解決に導くことは

つまり、20年前の事件を明らかにすることにもつながっていた。つまり知らず知らずのうちに13係は虹の見える丘公園の土壌汚染問題を追っていたことになる。

斑目勉は煙鴉は自分たちに運命を託して、自分は命をかけて動いていると思った。煙鴉はその頃、役人に扮して総理官邸に忍び込み、目を盗んで金庫のダイヤルキーを解除した。そしてそこから官房機密費の現金出納帳を盗み出した。

今の総理大臣が当時の虹の見える丘公園への分譲に大きく関わった市長だった。つまり、総理大臣の金の流れを掴むことによって大きな証拠を得ることができる。

ここで皇子山が部屋に飛び込んできた!

~~~

俺たちははめられた!

なんと13係のメンバーは本日付を持って懲戒免職となった。その理由は何なのか?

斑目勉が煙鴉と親密になっていたことを13係を通じて隠蔽していたことを鯨岡が暴露したのだ。つまり自己保身に走った。今の警視総監も当時の折衝役として深く携わっていたのだ。だからこそ煙鴉を早く捕らえて事件を隠蔽する必要があった。

そのために設立されたのが13係だったのだ。自分たちはいいように利用されていた。そのことがわかると13係のメンバーは怒りを覚える。自分は堂々と出世コースに乗って自分たちは切り捨てられる。斑目勉は我慢ならずに港区にある官舎に向かって車を飛ばした。

その道中、煙鴉が現れる。

斑目勉は急ブレーキをかけた。

鯨岡なんて相手にするな!お前が相手にすべきはもっと巨大な組織だ!

次の瞬間13係が運転する車が煙鴉を包囲して拳銃を向けた。煙鴉は意外そうな表情を浮かべた。

~~~

煙鴉が図られた!

これは実は斑目勉の作戦だった。記者が13係の実情を知りすぎていた。これは明らかに本部に盗聴器が仕込まれている。音を立てないように調査した結果やはり数台仕掛けられていた。それを逆手にとって間違った情報を垂れ流したのだ。

煙鴉が13係を使って不正を告発させたいのであれば、自分たちが鯨岡にターゲットを変更すると間違いなく止めに来ると踏んでいた。

やるときはやるでしょ?

寂しそうな表情を浮かべながらそう語る斑目勉を煙鴉は優しそうな表情を浮かべた。斑目勉の成長が嬉しかったのだ。

次の瞬間すぐに表情を変えて逃亡を図った。ビルの屋上へと逃げる。急いで追いかける13係。

[終盤

[終盤]を開く

証拠は全部揃った

煙鴉を斑目勉は追い込んだ。

煙鴉は告発するための証拠全て盗み出した。だからもう自分の役割は終わった。斑目勉に自分を撃てと声を上げる。

怒り狂った皇子山も現場に到着した。皇子山が怒りのままに煙鴉に拳銃を向けると、それを止めようと斑目勉が皇子山に拳銃を向けた。

まさに三角形の様相でそれぞれが拳銃を向き合っている。煙鴉がターゲットを斑目勉から皇子山に変更しようとした時、ついに斑目勉は煙鴉に発砲した。

命中して煙鴉は膝から崩れ落ちる。

ケムさん!!!

急いで抱き抱えた。

煙鴉の拳銃の中身を確認すると空だった。

救急車で病院に搬送される。

~~~

皇子山の妹・真里の死因は

沙織の調査により死因が判明した。皇子山が思っていたストーリーではなく自ら命を失っていた。

では、煙鴉のDNAが真里の爪から検出されたのはなぜか?あくまでも斑目勉の憶測だが、助けようとしたのではないかと話した。

自分のマンションに持ち込んだデータには不正告発すべき内容は含んでおらず、自分の今の悩みが記されていた。自分も病院の不正に大きく関わってしまっている。正義感が強い妹はそれを許せなかった。

だから心配してマンションを訪れたときに、煙鴉は偶然にその現場を目撃してしまったのだ。必死に助けようとしたがそれも及ばなかった。

煙鴉も自分の妻を悲しい形で失っていた。そのような現実を知ってしまうと後悔の念だけが残ってしまう。どうして自分はもっと力になることができなかったのだろうか。もっと自分にできる事はあっただろう。だからこそ皇子山に真里の真実を伝えなかったのではないか。

いまさらそんなこと言われたって皇子山は信じることができない。自分に本当のことを話すまで絶対に死ぬな!そう北岡に語った。

~~~

手術は無事に成功

斑目勉と皇子山の元に医師が訪れて、まだ予断は許さないもののひとまず手術は成功したことを伝える。

そして命をかけて奪ってきた不正を告発するための証拠資料が鯨岡の手元に渡った。鯨岡は警視総監にその資料を届ける。

顔を赤面させて大いに喜ぶ警視総監。これで君も私たちのお友達だ!

至急マスコミ向けに記者会見が開かれる。もちろんテーマはずっと警察が追い続けていた煙鴉が逮捕されたことである。

警視総監がドヤ顔でスタートさせようとすると、煙鴉とつながりがあった近藤記者が話し始める。

虹が見える丘公園にて不正分譲と証拠が、、、

そう話すと近藤はマスコミに煙鴉が集めた資料のコピーを配布した。

~~~

北岡さんを助けたい!

実は鯨岡が警視総監に手渡していた現金出納帳は偽物だった。本物は記者に手渡していたのだ。鯨岡と煙鴉の妻は親友関係にあった。なんとしても無念を晴らしてあげたい。そして、彼女が愛した夫を守ってあげたかった。

会見のラストに斑目勉は警視総監に言ってやった!警察なめんなよっ!

その様子をテレビでモニタリングしていた13係も達成感に浸っていた。これで目的は達成されたのだ。

煙鴉が麻酔から目覚めた。意識が朦朧とする中で妻と子供が見えてくる。きっと彼らの無念も少しは晴らされただろう。

斑目勉は無事に目覚めてくれたことで感激の涙を浮かべた。事情が理解されて刑期が短くなることを祈る。出所した暁にはまたいろいろと教えてください。煙鴉は笑顔で応えた。

再び斑目勉が病室に戻ると煙鴉の姿はそこにはなかった。ふと空を見上げると一匹の鴉が空を羽ばたいていたのだった。

ドロ刑 最終回終わり

 

ドロ刑|最終回感想

ドロ刑感想

ドロ刑最終回の真実

とうとうドロ刑も最終回を迎えてしまいました。毎週楽しみにしていたドラマだけあって非常に寂しい思いもしますが、きれいなエンディングであり煙鴉の目的も無事に果たすことができたので個人的には満足しています。やはりただの泥棒ではなくしっかりと意思と目的を持っていましたね。あんなにも切なく苦しい過去があったとは想像もできませんでした。確かにあのように自分の大切な家族を蹂躙されてしまい、全てを失ってしまうと人格が崩壊して復讐のためだけに生きると決めたとしても不思議では無い気もします。斑目勉を使ったのもただ警視庁の情報を盗み取るだけではなく、警視庁捜査三課13係を信頼していたから、彼らならきっと真実を暴いてくれると信じていたからだと知り少し嬉しかったです。

政財界の悪しき風潮

全ては自己保身のため。お金儲けのために善良なる市民が犠牲となってしまった。これは何もドラマだけの世界の話ではなく現実にも起こりうる問題です。そして悔しい思いをしながらその主張が認められず隠蔽されてしまった市民もたくさんいたことでしょう。決して泥棒は肯定されるべき問題ではありませんが、ただこれだけ体を張った行動をしない限り、虹の見える丘公園問題についても事実が明らかにされず隠蔽されていたでしょう。泥棒行為と彼らが権力を利用して1人の子供の命を失わせた事はどちらが罪深いのでしょう。答えははっきりしていると思います。泥棒行為など働かずとも、愛に満ち溢れる社会になることを切に願います。

ドロ刑の信頼感

初めはただやる気がなく、警察官など安定していて公務員の1職業に過ぎないと語っていた斑目勉も最終回で誰よりも警察に対して誇りを持っている表情を浮かべているのが印象的でした。そんな彼に成長させたのも煙鴉なんですよね!本来愛に満ち溢れていた煙鴉だからこそ、斑目勉の本質を見抜き見込みがある青年だと思えたのでしょう。師弟関係があり、お互いに拳銃を発砲し合うという不思議な関係ではありましたが、2人の友情関係はこの先も永遠に続いていくのだろうと感じることができて幸せでした。また煙鴉が出所した後いつものバーで斑目勉の愚痴に苛立ちながらもなんだかんだ話を聞いてあげる関係に戻ると嬉しいですね!

13係のチームワーク

元はバラバラに覚えた13係のチームワークも、多くの事件を共に解決する中で徐々にお互いのことを理解しあい、最終回では煙鴉をだますまでの演技を仕掛けることができるようになりました。しかも全員が刑事としての仕事に誇りを持ち、命をかけて戦っている姿が非常に印象的でした。やはりどのような仕事についても命をかけて前向きに取り組む姿勢は尊敬します。ドラマ終了後もきっと警視庁捜査三課13係は存続されて、市民を苦しめている窃盗犯を逮捕し続けてくれると思います。実際の警察組織についても彼らのように意識高く前向きに取り組んでいる方たちがほとんどだと思うのでこれからも頑張っていただきたいですね!

ドロ刑というドラマ

刑事ものでありながら、土曜日の夜9時ということもあり、家族で気軽に楽しむことができるドラマだったと思います。堅苦しくなく青年刑事が事件解決のために奮闘する様子は大人だけでなく子供までもが笑顔で視聴することができたのではないでしょうか!中島健人さんと遠藤憲一さんとコンビも見事の一言で、特にエンケンさんの優しさが滲み溢れていてみんなのびのびと演技することができていたように思います!今では日本のドラマ界にとって宝のような存在で、エンケンさんを見ないクールはないと思えるほどです。13係の刑事たちは非常に全員が素敵だったので今後もそれぞれのドラマで活躍されることを期待しています。そしてまた彼らのドラマ記事を担当させていただきたいですね!

 

視聴率推移

 

第1話[2018年10月13日放送]視聴率

11.8%

第1話の見逃し動画とネタバレはこちら


第2話[2018年10月20日放送]視聴率

8.6%

第2話の見逃し動画とネタバレはこちら


第3話[2018年10月27日放送]視聴率

8.5%

第3話の見逃し動画とネタバレはこちら


第4話[2018年11月03日放送]視聴率

8.4%

第4話の見逃し動画とネタバレはこちら


第5話[2018年11月10日放送]視聴率

8.4%

第5話の無料視聴動画とネタバレはこちら


第6話[2018年11月17日放送]視聴率

8.1%


第7話[2018年11月24日放送]視聴率

8.7%

第7話のドラマ動画とネタバレ感想はこちら


第8話[2018年12月01日放送]視聴率

7.6%

第8話の無料視聴動画とネタバレはこちら


第9話[2018年12月08日放送]視聴率

8.4%

第9話の無料視聴動画とネタバレはこちら


第10話[2018年12月15日放送]視聴率(最終回)

%


※随時更新予定(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 

キャスト&スタッフ

【キャスト】

 

中島健人(斑目勉)
遠藤憲一(煙鴉)
石橋杏奈(小平美希)
中村倫也(皇子山隆俊)
江口のりこ(宝塚瑤子)
野間口徹(細面隆一)
田中道子(霞沙織)
生島 翔(宵町時雄)
丸山智己(勝手田利治)
板尾創路(左門陽作)
稲森いずみ(鯨岡千里)

 

【スタッフ】

 

脚 本|林 宏司

音 楽|木村秀彬

演 出|

大谷太郎
中島 悟
高橋朋広

チーフプロデューサー|池田健司

プロデューサー|

能勢荘志
次屋 尚
関川友理

 

ドロ刑|最終回動画まとめ

 

案内人
案内人

まさに警察と泥棒の新しい関係性を見せてくれた「ドロ刑」大人から子供まで楽しむことができる新感覚の刑事ドラマだったと思います!最終回に煙鴉の悲惨な過去を知り、泥棒はいけない事ですが、多くの方が同情したのではないでしょうか。正義は守られて、煙鴉の目的も無事に達成されたので最高のエンディングだったと思います!ラストシーンでカラスが空を羽ばたく演出も素敵でしたね!2019年冬ドラマも引き続き記事を執筆して参りますのでまたよろしければお越し下さい!

 

最終回含めてイッキ見されたい方 ⇓
もっと詳しく「hulu」を知りたい方は、「hulu メリット&デメリット」にお進みください。

 

 

©日本テレビhulu/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
⚠本作品の配信情報は2018年12月15日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。最新話の配信が多少遅れる場合がございます。
テキストのコピーはできません。