Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

dele ディーリー | 再放送はいつ?予定時間をご紹介します!

ディーリー dele

dele ディーリー|再放送はいつ?

 
案内人
案内人

2018年夏ドラマ、山田孝之菅田将暉dele ディーリー」の再放送日程・時間についてご紹介します。あくまで放送予定となりますので、詳細は各エリアのテレビ局にお問い合わせください。

 
 

[2018夏 再放送|第一弾]

⇊ もし再放送予定がない場合、又は再放送を見逃した場合の対処は、下記に説明しています ⇊

 

北海道テレビ放送・青森朝日放送・岩手朝日テレビ・東日本放送・秋田朝日放送・山形テレビ・福島放送・テレビ朝日・UX新潟テレビ21・長野朝日放送・静岡朝日テレビ・北陸朝日放送・朝日放送テレビ・広島ホームテレビ・山口朝日放送・瀬戸内海放送・愛媛朝日テレビ・九州朝日放送・長崎文化放送・熊本朝日放送・大分朝日放送・鹿児島放送・琉球朝日放送

 


【dele ディーリー】

➙ 2018年11月上旬時点 再放送の予定なし

⇊ もし再放送を見逃した場合の対処は,、下記に説明しています ⇊

 

再放送がないときは?
 
案内人
案内人

現在のテレビ朝日系列の地上波放送では、ドラマ「dele ディーリー」の再放送予定はございません。(2018.11上旬時点

 

テレビ朝日では、「相棒」や「科捜研の女」など過去の大人気作品は、主に夕方再放送枠を設けて一定期間ごとに再放送します。例えば、2018秋ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」にて米倉涼子さんが新たにテレビ朝日で主演されるので、「ドクター.X」が再放送されるかもしれませんね!

 

今後、山田孝之さん菅田将暉さんがテレ朝で主演をする時に、関連作品として「dele ディーリー」が再放送される可能性はありますが、当分先のことになりそうです。

 


 

Q. では、地上波再放送のように「無料」で見る方法はないのか?

 

そのような時は、動画配信サービスを使って、PCやスマホでご視聴ください。

 

その中でも「dele ディーリー」については、「auビデオパス」の30日無料キャンペーンを利用することで、1話〜最終回まで全話無料で楽しむことができるので再放送と変わらぬ条件で楽しめます!(2018/09/16現在)

なお、2018年8月から、「auビデオパス」はどこの携帯会社でも利用できるようになりました!

 
auビデオパスでの「dele」見放題配信は、2018/09/28で終了しました。但し、毎月初めに貰えるクーポン540ptを利用すれば、1話分レンタル視聴することはできます!
[AD]
もっと詳しく「auビデオパス」を知りたい方は、「au ビデオパス メリット&デメリット」にお進みください。
 
※本作品の配信情報は2018年11月5日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。
 

 
↓「dele」1話分でも今すぐに視聴したい方 ↓
もし「dele」期間限定「auビデオパス」配信が終了していた場合
 
案内人
案内人

auビデオパスによる「dele」全話見放題が終了していた場合は、全話無料とはいきませんが、U-NEXT」の初回体験31日無料キャンペーンで貰える600円分クーポンを利用することで、dele1話分をすぐに無料視聴できます

 
もっと詳しく「U-NEXT」を知りたい方は、「U-NEXT メリット&デメリット」にお進みください。
 

記事概要

 
あなたが死んでも、スマホ・PCは生きている… 
不都合な記録、削除(=dele)いたします。

-番組名-

「ディーリー dele」

-放送開始-

2018年7月27日(木)

-放送日-

2018年8月24日(木)[5話]

-放送日時-

テレビ朝日 毎週金曜よる11時15分

-出演者-

山田孝之、菅田将暉、麻生久美子

[ゲスト]各話ごとに参加

般若、江口のり子、コムアイ、余貴美子、野田洋次郎、柴咲コウ、橋本愛ほか

-原作-

作家・本多孝好が原案・脚本の完全オリジナル

 

 
案内人
案内人

ここまでのご案内で「deleディーリー」がいつ再放送されるか予定をご理解いただけたでしょうか?

残念ながらこの記事を書いているときも、どれだけ調べてみてもテレビ朝日系列にて「deleディーリー」再放送情報を掴むことはできませんでした。もちろん私の調査不足があるかもしれませんので、詳細は地域エリアの管轄テレビ局にお問い合わせください。

 

しかしその手間を考えるのであれば、正直「auビデオパス」で視聴してしまった方が早いかもしれません。
初回体験者であれば30日間の無料特典もありますし、何より3分後には「deleディーリー」が無料視聴できていますから。忘れがちな無料期間の日程だけはメモなどできっちり残しておくことをお勧めします。

 

シンプルな方法なので、特に迷うようなことはないかと思いますが、もしauビデオパスのサービスで不明な点がございましたら、「au ビデオパス メリット&デメリット」にお進みいただければ解決するかと思います。

 
 

[この記事の見どころ]

✎ ドラマ「ディーリー dele」とは

✎ dele ディーリー|視聴率推移

✎ 過去放送回|あらすじ・ネタバレ

✎ dele ディーリー|5話ネタバレ[再放送見逃した方へ]

✎ 公式Twitter

✎ 公式Instagram

✎ dele ディーリー|5話感想[再放送見逃した方へ]

✎ dele ディーリー|6話あらすじ

✎ dele ディーリー|キャスト・スタッフ

✎ dele ディーリー|俳優出演作

✎ dele ディーリー|まとめ[再放送はいつ?]

 

ドラマ「ディーリー dele」とは

 

 

本作の主人公・坂上圭司(山田)真柴祐太郎(菅田)が生業とするのは、 
クライアントの依頼を受け、死後に不都合なデジタル記録を
すべて“内密に”抹消する仕事。
 

しかし、2人は任務を遂行しようとするたび、様々な問題に巻き込まれ、 
クライアントの人生とそこに隠された真相をひも解かねばならぬ状況へ追い込まれていくことに…。

そう、本作が扱うのはほかでもない、 
《日本ドラマ史上初の題材》にして《今もっともタイムリーな題材》=「デジタル遺品」だ。 
デジタルデバイスに個人の人となりが詳細に残ってしまう現代。 
誰もが一度は、こう考えたことがあるのではないだろうか。 
「自分が突然死んでしまったとき、
誰にも見られたくないデータは一体どう処理したらいいのか」
と――。 

そんな、すべての人にとって大きな懸念材料となっている題材を基盤に、 
『dele』は多彩な人間ドラマ1話完結型形式で創出していく。

 

dele ディーリー|視聴率推移

 
もんち
もんち

山田孝之と菅田将暉のW主演!当然ドラマ放送前から大変注目が集まっている作品でした!しかし蓋を開けてみると視聴率が伸び悩んでいます。「dele」の前クール「家政夫のミタゾノ」もTOKIOの松岡さん主演で話題を呼びましたが、初回視聴率7.2%でその後も5〜6%を推移していました。いつもの同時間帯の作品より視聴率が高めだったとはいえ、そのような視点から考えると「dele」はやや寂しいかもしれません!

 

deleが描き続ける独特の世界観は、本多孝好が紡ぐ誰も目にしたことがない物語なので、じっくり視聴し続けないとその魅力が伝わらないのかもしれませんね!ただ作品の内容は映画を見ているような完成度の高さですし、主演俳優はもちろんゲスト俳優も豪華なので今後上昇する可能性は大いにあります。

 

【平均視聴率】

第一話(07/27) – 5.5%

第二話(08/03) – 3.7% 

第三話(08/10) – 4.2% 

第四話(08/17) – 3.8% 

第五話(08/24) – 4.6% 

第六話(08/31) – 5.0%

第七話(09/07) – %

 

過去放送回|あらすじ・ネタバレ

 

もんち
もんち

今までに放送された「ディーリー dele」について詳しくまとめています。いつ再放送されるか分からない状況では、「auビデオパス」しか無料で全話視聴する方法がないので、「文章で読めれば良いかな」という方は、詳しく「ネタバレ」を記載していますので、ご参照いただければと思います。

 

7月27日 第1話放送

被告人として出廷した何でも屋・真柴祐太郎(菅田将暉)に興味を持った弁護士・坂上舞(麻生久美子)は、すぐさま保釈手続きを取り、彼に仕事を紹介する。それは舞の弟・坂上圭司(山田孝之)が「dele. LIFE」という会社を立ち上げ、単独従事している秘密裏の仕事…。

8月03日 第2話放送

自分のスマホが48時間操作されなかったら、スマホのデータを全削除してほしい–。プログラマー・坂上圭司(山田孝之)が営む「dele. LIFE」にそう依頼していた宮内詩織(コムアイ)のスマホが、操作されなくなったとの信号が送られてきた。死亡確認に向かった圭司の相棒・真柴祐太郎(菅田将暉)は、自室でペンを握ったまま死んでいる詩織を発見。

8月10日 第3話放送

「dele. LIFE」の事務所に、さびれた街で写真館を営む老人・浦田文雄(高橋源一郎)が現れた。社長の坂上圭司(山田孝之)が外出中だったため、真柴祐太郎(菅田将暉)は無断で浦田を事務所内に案内。さらに浦田から、死後のパソコンデータ削除と併せ、“奇妙な依頼”を引き受けてしまう。

8月17日 第4話放送

「人は二度死ぬと言う」「呪われた力を持った僕」「あの判断は間違っていなかったはずだ」–そんな不可解なフレーズと葛藤に満ちた、遺書とも取れるメールが「dele. LIFE」に届いた。送信主は日暮裕司(野田洋次郎)という35歳の男。「dele. LIFE」にPDFファイルの死後削除を依頼していた人物だった。

8月24日 第5話放送

データの死後削除を「dele. LIFE」に依頼していた天利聡史(朝比奈秀樹)のパソコンが操作されなくなって、72時間が経った。この事実を知らせる信号を受信した「dele. LIFE」の社長・坂上圭司(山田孝之)は、相棒の真柴祐太郎(菅田将暉)に死亡確認をするよう指示し、そのまま外出する。圭司が向かったのは、とあるカフェ。

8月31日 第6話放送

長野の別荘地で、雪に覆われ眠るように死んでいる家出少女・石森純子(山田愛奈)が見つかった。遺書はなかったが、警察は自殺と判断。しかし、純子の両親・石森俊一(横田栄司)と石森美穂(霧島れいか)の気持ちは収まらない。愛娘の自殺原因を知りたいと切望する石森夫妻は、弁護士・坂上舞(麻生久美子)のもとへ。

9月07日 第7話放送

 

dele ディーリー|5話ネタバレ[再放送見逃した方へ]

↓下記をタップすると開きます↓

序盤

[序盤]を開く

坂上圭司/さかがみ・けいし(33)山田孝之

真柴祐太郎/ましば・ゆうたろう(25)菅田将暉

坂上舞/さかがみ・まい(37)麻生久美子


[1話ゲスト]

牧野(35)………般若

片山 薫(44)………江口 のりこ

[2話ゲスト]

宮内 詩織(26)………コムアイ(水曜日のカンパネラ)

春田 沙也加………石橋 静河

[3話ゲスト]

江角 幸子(61)………余 貴美子

浦田 文雄(67)………高橋 源一郎

[4話ゲスト]

日暮 裕司(35)………野田 洋次郎

松井 重治(68)………矢島 健一

松井 美香(35)………松本 若菜

[5話ゲスト]

沢渡 明奈(38)………柴咲 コウ

楠瀬 百合子(27)………橋本 愛

宮田 翔(27)………渡辺 大知(黒猫チェルシー)

天利 聡史(27)………朝比奈 秀樹

[6話ゲスト]

石森 純子(14)………山田 愛奈


 
天利聡史は、親友の宮田翔と一緒にスポーツバーに来ていた。
 
天利は、もともとノリはいい方ではないが、宮田は彼の冴えない表情の理由を聞いた。婚約の件?

 

天利はグラスの飲み物を一口飲んだ。グラスをテーブルに置くと、

 

天利 「俺…やっぱり彼女に言おうと思う」

 

宮田 「よせよ…かえって彼女を傷つけるって事もある」

 

スポーツバーからの帰り道、二人は信号の前で別れた。信号を渡る天利の後ろ姿を、宮田は見つめていたが、少しして目をそらした。

 

天利は信号を渡りきるが、少し考えて、宮田の方へ戻ろうと、再び信号を 渡っている途中で、トラックが突っ込んできた……。

 

〜〜〜

 

祐太郎は、事務所のソファーで猫の動画を見ていた。
 
すると、着替えた圭司が事務所に入ってきた。デートなのかと聞くが、圭司は人と会う約束がある、とだけ言った。

 

知り合いにしては、ちょっと決めすぎじゃない?祐太郎はまだ疑っていた。普通だろと、圭司はパソコン作業を続けた。

 

祐太郎は、事務所で猫を飼わないかと提案するが、すぐさま圭司に却下された。

 

その時、「モグラ」に信号が送られてきた。依頼人は、天利聡史。27歳。72時間パソコンが操作されなかった時、データを消去するように設定されていた。

 

祐太郎が依頼人に電話するが、留守電にもならない。嫌な感じがする。

 

電話が繋がらないため、死亡確認へ向かおうとする祐太郎に「確認が取れたら、今日は帰っていい」と圭司は告げた。「

 

あっ!デートね!わかった、頑張ってね!」祐太郎は両手でガッツポーズを作ると、走って事務所を出て行った。

 

圭司のスマホに、沢渡明奈という女性からメールが届く。「今年も、いつもの場所ね。大丈夫?」

 

〜〜〜

 

祐太郎は、天利の家の前にいた。
 
花柄のワンピースの女性が歩いてきて、「なに?」と、声をかけられる。「こんにちは」と挨拶をし、この家の住人か聞いた。

 

「ごめん、違う…」と女性は答えたが、扉の鍵を開けて家の中へと入って行った。

 

祐太郎は女性の行動に戸惑ったが、扉を開けて玄関まで入った。二階から女性が降りてきて、「なに?」と再び外へ出た。

 

祐太郎も一緒に家の外に出て、自分は、天利の北瀬小学校の時の同級生だと自己紹介した。

 

四年の時に引っ越してしまったけれど、たまたま近くに用事があって、懐かしいなぁと思って、ブラブラしていたと。

 

「真柴君…私の事分かる?」 と女性が聞いてきた。 「楠瀬百合子」それが彼女の名前だった。「いや…」と答えると、「私も。真柴くんの事、全然覚えてない」そう言って、家の前の道に出た。

 

彼女はこの近くに住んでいて、天利とは幼馴染で、同級生。だから、祐太郎とも同級生のはずなのに、全く記憶にない。疑いの目で祐太郎を見る。

 

四年の時に引っ越したから、同じクラスでなければ、覚えてない?と、ごまかした。

 

百合子はとりあえず、「ま、そうかもね」と言って、どこかへ向かおうとする。天利の事を尋ねると、今日時間があるかと、聞かれる。あると答えると、

 

百合子 「じゃあ、聡史に会いに行く?」

 

〜〜〜

 

百合子に連れて来られたのは、病室だった。
 
中には天利の母親がいた。百合子が祐太郎の事を、自分たちの同級生だと、簡単に紹介した。

 

天利は、3日前に事故に遭い、意識が戻らない。百合子に、聡史に声をかけてあげて、と促される。

 

祐太郎が声をかけると、天利の母親が泣き出した。百合子は彼女の側に行き、背中をさすりながら、大丈夫だと励ました。

 

百合子と少し会話を交わした後、母親が手紙のようなものを彼女に見せた。分からない部分があるようで、百合子に聞いてみたが、彼女にも分らなかった。

 

彼女は手紙を預かったまま、病室の外へ出て行った。祐太郎も病室を出て、百合子に、ちょっと電話してくると伝え、去っていった。

 

〜〜〜

 

公園の中を移動中だった圭司のもとに、祐太郎から連絡が入った。

 

天利は事故で意識不明、本人を確認した。ならば、データを削除する必要はない、今日はもう帰っていいと言われ、祐太郎は電話を切った。

 

百合子が歩いてきて、「ありがとう」とお礼を言った。真柴君の声、きっと聡史にも聞こえたと思う。「今度は真柴くんに付き合うよ」そう言うと、スタスタと歩き出した。

 

「いや、俺のことは…」と、止めようとするが、「17年ぶりの奇跡的な再会でしょ?遠慮すんな!」と押し切られてしまった。

 

〜〜〜

 

2人は、北瀬小学校の校門前に来た。
 
百合子に懐かしいかと聞かれるが、そんなに覚えていないと、曖昧に返した。祐太郎は天利の容態について尋ねた。医者には、覚悟しておいてくれと言われている。

 

百合子は突然、校門を乗り越えて小学校の中へ入った。走りながら、祐太郎に手招きする。

 

2人はグラウンドに落ちていたボールを拾って、バスケットゴールにシュートした。2人とも見事にシュートを決めた。

 

百合子の話では、聡史は小学生の頃にサッカーをやっていた。運動神経が悪くて、足も遅かった。明るさだけが取り柄だったという。

 

校舎から教師が出てきて怒鳴られ、2人は急いで走って校門を乗り越えた。祐太郎はそろそろ帰ろうとするが、一人にするなと、百合子に腕を掴まれた。

 

百合子 「婚約してるの。私と聡史…。今…一人はしんどい。もうちょっとだけ、付き合ってよ」
そう言うと、そのまま祐太郎の手を引いて走り出した。
 

中盤

[中盤]を開く
圭司がカフェの席で待っていると、後ろから待ち人が現れ、圭司の向かいの席に座った。


明奈 「相変わらず。約束の10分前には席に着いてるくせに、何も注文しないで待ってる。その分かりにく〜い、律儀さ」


圭司 「今来たんだ」


明奈 「いいえ、10分前よ。15分前からそっちにいた」


圭司 「意地が悪い…。観察してたのか」


明奈 「そっちが気づかなかったんでしょ?ずっと念は送ってたわよ、こっちを向けーって」


圭司 「普通に声かけろ」


明奈 「思いつきもしなかった。そんなつまんない事」


明奈は圭司相手に一歩も引かなかった。圭司は出がけに仕事に動きがあった事を話した。明奈は出かけてきていいのか、と聞いたが、人を雇っていて、そいつに任せていると圭司は答えた。


明奈は、圭司が仕事を誰かとしている事も、仕事を誰かに任せる事も、ちょっと意外だと感じた。


圭司 「拾った猫を押し付けられた。その猫がなぜか居ついた。それだけだ」


明奈 「ふーん…。その言い方って……先生嫉妬しそう」


明奈は、圭司が高校生の時に3週間、教育実習をしていた。たかだか3週間、そこでこんな出会いがあるとは思ってもみなかった。人生最大の落とし穴。


その時、カフェの近くを楽しそうなカップルが通り過ぎた。


明奈 「ねえ、少し歩こう?久しぶりに圭の隣りを歩きたくなった」


〜〜〜


祐太郎と百合子は、聡史と中学生時代に早朝ランニングした橋を歩いていた。
 
聡史は忙しくなってしまい、その時しか話す時間がなかった。聡史何か始めたの?と祐太郎が尋ねる。


聡史はクラブチームで、中一にしてレギュラーになっていた。「えっ?クラブチーム?」 と祐太郎は驚く。 百合子はさらに話を続ける。聡史は小さい頃から、運動神経だけは良かった。シャイで口下手だったけど、サッカーは抜群に上手かった。


ひとしきり話した百合子は、「で、真柴君、君は誰?」と祐太郎に尋ねた。祐太郎は思わず固まってしまう。どう答えようか迷っていると、「dele. LIFE」の人?と、先程聡史の母親が彼女に見せた、クレジットカードの引き落とし明細を突きつけられた。


どんな会社かは、ホームページで確認した。聡史は何かのデータ削除を、おたくに依頼した。百合子はその依頼を取り消したいと言ってきた。聞いてくれないなら、弁護士を雇って訴えると、歩き出した。 祐太郎は「ちょっと待って!」と百合子を引き止めた。


〜〜〜


圭司と明菜は、公園を散歩していた。
 
圭司が発病してから16年になる。もう人生の半分が車椅子で、歩いていた事を忘れそうになる。しかし明奈は、遅刻しそうになって、校門に駆け込んできたり、友達と喋りながら階段を登っていたり、部活でテニスをしている圭司を、覚えていた。


明奈 「おかしいね。一番古いはずの、出会った頃の記憶を、一番鮮明に覚えてる」


その時、圭司のスマホが鳴った。圭司は明菜の方を見てから、電話に出た。相手は祐太郎だった。


依頼者の婚約者から依頼の取り消しがあった場合は、どのように対応すれば良いのか。天利の婚約者に依頼の事がばれ、自分の身元がバレてしまったので、どうすればいいか。百合子は祐太郎に張り付き、電話の声に耳を傾けている。


圭司が、「聞かなかったことにして帰れ」と言うと、百合子は祐太郎から強引にスマホを奪い取った。


百合子 「あのねぇ!本人が意識不明なんだから、代わりに誰かが意思表示するしかないでしょう!?私は依頼人の婚約者、楠瀬百合子です。依頼は取り消します!わかりましたか?」


圭司 「それが本人の意思だという証拠がどこに?」


百合子 「私がそう聞いたの!事故に遭う前、依頼は取り消すつもりだって、本人が言った!」


圭司 「嘘だ」


百合子 「ムカつくっ!いい!?婚約者として私は今、本人の意思を伝えました!データを削除したら、訴えるからね!!」


言い終わると、押し付けるようにして祐太郎にスマホを返して 、歩き出した。


圭司 「単純な案件を、随分面倒にしてくれたな…。任せる。ちゃんとやっとけ」


祐太郎がまだ何か言おうとしたが、圭司は一方的に通話を切ってしまった。


「猫?なんだって?」と明奈が聞いた。「ミャーミャー鳴いてただけ」と圭司は答えた。でも、うまくやってそうじゃない。少し歩いて立ち止まると、明奈は圭司の事務所が見たいとと言った。


「大した事務所じゃない。見るような物は何もないぞ」圭司は、明奈の方を見ずに言った。
「怖い…?二人になるの」明菜は遠くを見つめながら、圭司に尋ねた。


〜〜〜


祐太郎と百合子は、草むらに座っていた。
 
聡史の事を話す百合子。聡史は最初から、大切な人として、私の隣りにいた。そういう人がいなくなった世界は、どんな風に見えるのかな?


しばらく考えて、「何も……変わらない」と祐太郎が言った。あんなにも大切な人がいなくなったはずなのに、世界は何も変わらない。昨日とおんなじ顔してる。


祐太郎の横顔を、百合子は真剣な表情で見つめていた。祐太郎は頭を掻くと、映画でそんなセリフがあった気がする、と笑ってごまかした。


〜〜〜


祐太郎と百合子は、ファストフード店に入った。
 
そこは、中2の時の百合子と聡史、2人の初デートの場所だった。他の人とデートすることになって、ここで待ち合わせたが、相手が来なかった。


だから、聡史を呼び出した。デートの約束は嘘だったのだ。ぶつぶつ文句を言いながらも、聡史は来てくれた。聡史との思い出話をしながら、2人は笑った。


すると百合子が、「真柴君みたいな同級生が、本当にいたらよかった…」と言った。


聡史とも仲が良くて、私の話も聞いてくれて…そういう同級生。聡史の友達は、ほとんどサッカーの仲間ばかりだった。


「学校の友達は?」と、祐太郎が聞くと、「宮田翔」という人物の名前があがった。


小学校から高校まで同じだったが、百合子と聡史が話していると、遠慮して絡んで来なかった。 近すぎたんだと思う。私と聡史は…。


祐太郎 「確かに無敵かも。入り込む余地ないよなぁ。幼馴染で、恋人じゃねぇ…」


そう言うと、「ちょっとトイレ」と席を立った。


〜〜〜


圭司は明奈を事務所に連れてきた。
 
明奈は事務所内をキョロキョロと見回した。


圭司のスマホのバイブ音が鳴ったが、切った。再びバイブ音が鳴る。「出てよ」と明奈が言ってくれた。


圭司は祐太郎からの電話に出た。「済んだのか?」と聞くと、「いや、それがまだ…。楠瀬さん、婚約者だし…。データ見たいって気持ち分かるし…」と歯切れが悪い。


「依頼人の気持ちは無視か?」と圭司が問いかけると、中身が分かれば、百合子には上手く伝えるから、データを見てくれないかと、祐太郎は頼んだ。


圭司は、データは見ないし、依頼人が死んだら削除すると断った。祐太郎は圭司に、せめて聡史の親友の宮田翔と、どうにかして連絡が取れないかと聞いた。


今、彼女に必要なのは、聡史の思い出をちゃんと持っていて、聡史の事をきちんと語り合える人だ…。それに聡史はまだ、生きてる。どんな気持ちで聡史を見送るかで、彼女のこの先の時間は全然違う物になると思う。


SNSを軽くさらってみるが、それで分からなかったら諦めろ、と圭司は言った。祐太郎は「ありがとう」とお礼を言った。


圭司は電話を切ると、明奈の方を見た。「すぐ終わらせる」と圭司が言うと、「いいの、そういうところが見たかったの」と明奈は気にしていない様子だった。圭司はパソコンを操作して、宮田翔のSNSを発見した。


〜〜〜


祐太郎と百合子は、バッティングセンターにいた。
 
百合子と交代して、祐太郎がボールを打とうと構えると、携帯が鳴った。圭司からだった。


宮田翔と連絡を取り、家の近くのバーにいて、すぐに来るなら話をしてもいいという事だった。祐太郎は、坂上法律事務所の人間という事になっている。


祐太郎は百合子の元へ戻る。 ちょっと用事ができたと言うと、「逃げる気?」と百合子の声に怒気がこもった。


祐太郎は、「逃げない」とはっきり言った。ちゃんと戻ってくる。後で電話する、と祐太郎は宮田の待つバーへ走って行った。

終盤

[終盤]を開く
祐太朗がバーに到着すると、宮田はカウンター席にいた。


祐太郎は宮田の隣りに座った。天利の事故の事を聞いてみると、「聡史、僕の目の前でひかれたんです」という答えが返ってきた。見舞いに行こうと思うが、なんだか怖くて…。


祐太郎 「でも……行ける時に、行っておいた方が…いいかもしれません。今日、時間ないですか?もしよかったら、婚約者の楠瀬百合子さんと一緒に、病院へ行きませんか?楠瀬さんも、宮田さんから色々お話聞きたいと思うし…」


宮田 「え…?楠瀬さんが婚約者って、聡史の、ですか?誰が、そんな事を?」


祐太郎 「誰がって…。えっ!?違うんですか!?」


祐太郎は、頭を抱えた。


〜〜〜


明奈は事務所のソファーに座っていた。


ビオラ奏者とはまだ付き合っているのかと、圭司が聞くと、君のために音楽を止めて、きちんとした会社に就職する、と言われたので別れたという。「そこは喜ぶとこだろ」とツッコミを入れる。


ここに来たいなんて言うのは初めてだったので、圭司は何かあったのかと聞いた。見てみたかったのよ、圭の今を。話で聞くだけじゃなくて…。


明奈 「ねえ、もしその病気がなかったらって考える事…ある?」


圭司 「以前は考えた。今は考えないな」


明奈 「私は今も考える。もし圭が病気じゃなかったら、私達は上手くいってたかもしれない…。でももし圭が病気じゃなかったら、圭はそもそも、私を求めなかったかもしれない…。そう考えると私の居場所は、最初から、圭の心の隙間にしかなかったのかなって…」


圭司 「なあ…。どうして俺だった?もっと普通の男がいただろ?こんな扱いづらいのじゃなくて」


明奈 「そんなの何度も考えたよ。もうそういう事考えるの、やめたいの」


明奈は音楽をかけた。


〜〜〜


百合子は、ある公園にいた。
 
祐太郎は約束どおり、百合子の元へ戻った。


この公園は社会人になってからの、2人の思い出の場所だった。ひととおり、百合子の思い出話を聞くと、「それも嘘?」と祐太郎は尋ねた。


今、宮田と会ってきて、百合子と聡史は婚約なんてしてないと聞いた。百合子の婚約者は他にいる、と。なんでこんな嘘を?


百合子 「聡史が、死後誰にも見られたくないと思ってたデータを、見たかった。婚約者って言えば、契約を破棄できるかな…と思った。」


今までの話は全部本当の事だ。でも、2人が恋人になったことは一度もなかった。


聡史の気をひきたくて、男の人と付き合った事もある。でも、聡史は何も言ってくれなかった。「自分から言えばよかったのに…」と祐太郎が言うと、


百合子 「言って、振られたら…全部失くしちゃう。幼馴染も…親友も…大好きな人も…」


社会人になり、会社の先輩から付き合ってほしいと言われた。この人の事を聡史に話して、それでも何も言ってくれないなら、。私は本気でこの人と付き合おうと、決心した。


しかし聡史からは、「いい人そうじゃない。今度こそ頑張って」という答えが返ってきた。


彼は本当にいい人で、本気で、全力で、彼と付き合おうと思った。本当に好きになった。でも、聡史以上に好きになる事はできなかった。


最後にこの公園で会った時に、婚約の事を話した。すると聡史は、いきなりぎゅっと百合子のことを抱きしめた。


遅いよ、馬鹿野郎!と思ったけど…泣きたいくらい幸せだった…。でも、聡史は彼女の耳元で、「おめでとう」と言った。


結局、聡史にとって、私ってなんだったんだろう…。それが知りたかった…。百合子の頬を涙がつたった。


祐太郎がバーであった時、「依頼通りに必ず削除してください。楠瀬さんにとってもその方がいい」と、宮田が言っていた事を伝えると、「聡史の事なら全部わかってると思ってたのに…」と項垂れた。


百合子は少し気持ちを落ち着けてから、祐太郎に尋ねた。


百合子 「真柴くんは、誰を亡くした?その人がいなくなっても世界が何も変わらなくて、苦しい思いをしたんでしょ?」


祐太郎 「…妹だよ。絵、描くのが好きでさ、描きたいものが見つかると、すぐ描き出すんだ。手首の、ゴムで髪結んで」


すると百合子が、手首にしていたゴムで、髪を後ろで一本に結んでみせた。


祐太郎 「そう。あとはもう、一心不乱」


百合子 「いつ?」


祐太郎 「9年前…。まだ14歳だった」


百合子 「真柴君は……いいお兄さんだった?」


その時、百合子の携帯が鳴った。聡史の母親からで、聡史が急変したようだ。


〜〜〜


百合子と祐太郎は、急いで病室へ向かった。
 
病室の前でほんのちょっとだが聡史が手を握り返したと、彼の母親が言った。


遅れて宮田も駆けつけた。聡史が動いたと聞くと、安堵のため息を漏らした。母親にみんなで声をかけてあげてと言われ、全員で病室に入った。


「聡史、分かるかい?」と母親が声をかけると、聡史はゆっくり頷いた。聡史の頭が少し動いた。


「聡史…良かった…」百合子は泣きそうになりながら、彼の頬に手を添えた。先生を呼んでくると、母親は病室を出て行った。


百合子は聡史の手に視線を向けた。


聡史の手はゆっくりと宮田の方へ伸びていき…彼の手に触れた。宮田は涙を流しながら、「聡史…良かった……」と、両手でギュッと聡史の手を握った。


その光景を見た百合子は、全てを察した。そして、「遅いよ……。馬鹿野郎…」と呟いた。


祐太郎は、そんな三人を静かに見ていた。


〜〜〜


「dele.LIFE」事務所内。


明奈 「最初にこの仕事の話を圭から聞いた時…依頼する人の気持ちがわからなかった。でも、今はちょっとわかるかな。自分じゃ消せないデータって、確かにあるね。それを消したら、自分が自分じゃなくなるように感じるデータ…」


圭司 「あるのか?」


明奈 「待ち合わせは今年で終わりにしよう」


圭司 「……わかった」


明奈 「長くは待たないよ。私からデータ削除の依頼が来たら、もう他人だと思って」


そう言い残して、明菜は事務所を出て行った。警視は明菜が出ていた方をずっと見つめていた。


〜〜〜


エレベーターから降りてきた祐太郎は、廊下で明奈とすれ違った。
 
振り返って、「あの、圭の彼女ですか?」と尋ねた。


エレベーターに乗り込んだ明菜は、「いいえ」と答え、「近いうちに依頼人になるかも」と少し笑った。訝しげな表情を浮かべる祐太郎を尻目に、エレベーターの扉が閉じた。


〜〜〜


事務所に戻ってきた祐太郎は、「聡史、持ちこたえたよ、意識戻った」と、圭司に報告した。「そうか」と圭司は答えた。


祐太郎 「あのまま、聡史が死んじゃってて、俺達がデータ削除しちゃってたらって考えると…やっぱりちょっと怖いね」


圭司 「データの内容が分かったのか?」


祐太郎 「いや…。でも大体想像つく。たぶん愛の証だよ。だから消さなくてよかったよ。だって俺たち、誰かの大事な愛の証を消すために、この仕事してるわけじゃないもんね」


圭司 「データを元に戻す」


祐太郎 「ああ、うん…。そうして。近いうち…聡史、依頼キャンセルすると思うよ」


そう言ってから廊下の方を指さして、


祐太郎「あっそうだ!今、そこで、圭の…彼女に会ったよ」


圭司「彼女じゃない…古い知り合いだ」


祐太郎「へえ…。あ、そうなの?」


圭司「今のところは」


圭司はパソコンを操作すると、天利聡史のデータを、元に戻した。

公式ツイッター

 

公式インスタグラム

 

山田菅田、4話撮影中のオフな一コマ。明日2345からdele第4話。 #dele

山田菅田 deleさん(@yamadasuda)がシェアした投稿 –


dele ディーリー|5話感想[再放送見逃した方へ]

 

もんち
もんち

「dele ディーリー」再放送を待ちきれない方へ

 

ディーリーは毎週脚本や監督が違うという意味でその特徴もそれぞれの放送会によってびっくりするぐらい変わっているので大きな魅力の一つになっていますよね!第5話では瀕死の依頼者がなんとか生還することによってデータを消去するには至らなかったことに加えて自分では婚約者と言い張る橋本愛オリジナルの軽い感じがとても新鮮で見応えがありました。

 

まさに対照的だった2組のカップルがどのような結末に至るのかそこに注目しながらとにかく楽しんでいました!その後の展開を見た方はご存知の通りやはりこのドラマは想像通りの展開では終えてくれませんね!これはドラマが終わった後も是非再放送をしてもらってもう一度見るに値する作品だと思います!たくさんの方に知っていただきたいそんな作品です。いつでも結構なのでテレビ朝日3再放送をお願いしますよ!

 

 

パオン
パオン

「dele ディーリー」再放送を待ちきれない方へ

 

deleを 見ていて感じることがあります。 一瞬にして物事が変わってしまうことがあるということ。けいしは 車椅子の人生の方が長くなってきてしまっている。 それは普通に歩いて生きている人間にはわからないことなのかもしれない。けいしは 車椅子の生活より以前が 相当昔のことなので なかなか容易に思い出すことができないと話していた。

 

歩く姿を覚えているよと話してくれた人はいたけど。 きっと夢の中の自分は走り出している。 どんなときも自由に活発に動き回っている。 今回のテーマは過去のディーリー の中でも メッセージ性が強く、 なかなか理解するのに時間がかかりましたが、 人によって解釈を異なることができる ドラマって素敵ですよね! カミングアウトの重要性も改めて認識することができました! いつでもいいから 人には 自分を晒すタイミングが必要ですね!

 

はむはむ
はむはむ

「dele ディーリー」再放送を待ちきれない方へ

 

圭司の元カノ役が、柴咲コウさんだった事に驚きました!でも、圭司に対して1歩も引かない気の強さや、ちょっと変わった女性という部分では、役に合っていると思いました。まさか高校の時の教育実習生だったなんて意外でした。その頃はまだ圭司は歩けてたんですね…。

 

カフェで明奈を待っている時に、10分前には来て、何も注文しないで律儀に待っている所が、圭司らしかったです。それを知ってて、さらに前からカフェにいて、何も言わずにその様子を見ていた明奈は、圭司以上に曲者なのかな?と思いました。付かず離れず、お互いにとって、今は恋人同士ではないけれど、特別な存在なんですね。圭司の事務所を初めて見たいと言った時には、きっと今年で会うのをやめようとすでに決めていたのかなと思いました。

 

大人っぽくてクールで、カッコよくて、でも女性らしさもあって…素敵な女性だなぁ。圭司との別れ際に、近いうちに依頼人になるかもと言っていたのですが、彼女の消して欲しいデータはどんなものなのか気になりました。

 

トラジ
トラジ

「dele ディーリー」再放送を待ちきれない方へ

 

今回の話は予想していた展開と全然違っていたのでびっくりしました。なんとなく、百合子は聡史の婚約者ではないんだろうな、というのは感じていたのですが。まさか聡史の好きな相手が……。でも、結末を知ってからもう一度見てみると、そういう雰囲気出ているなと、新たな発見がありました。今までの回では、依頼人が亡くなったので、データの削除をしてきましたが、今回は意識不明の状態から復活したので、データを元に戻すという珍しい回でしたね。

 

小さい頃からずっと聡史の事が好きだった百合子。最後に病室で、遅いよ馬鹿野郎、と呟いて泣いてしまうシーンは、切ない気持ちになりました。聡史との距離が近すぎて、逆に気づかなかったのかな?

 

また、今回の話では圭司の元カノの明奈が出てきたり、祐太郎の妹がすでに亡くなっていたなど、二人の過去が少しだけ垣間見れました。祐太郎の妹がなくなった原因とかは今後、もう少し掘り下げていくんですかね?この回だけのエピソードにしては、なんか意味深な感じだったので…。

 

ペン太
ペン太

「dele ディーリー」再放送を待ちきれない方へ

 

今回の話で、祐太郎の妹が、すでに亡くなっていることがわかりました。小学校で百合子とバスケットボールをしていた時に、彼女をじっと見つめているシーンがあったのは、ゴムで髪を結わく仕草が、妹と重なったからだったんですね…。二人で草むらに座っていた時に百合子が、大切な人がいなくなった世界はどんな風に見えるのかな、と祐太郎に聞いた時に、世界は何も変わらない、と言っていたのが印象的でした。

 

普段は明るくてお調子者なかんじなのに、その裏では抱えてるものがあったんですね。大切な妹を亡くした経験があるからこそ、いつも依頼人や、その周りの人たちに寄り添うことができるのかもしれないですね。過去といえば、今回圭司の元カノも登場しましたね。カフェでの二人のやり取りは、お互いに皮肉まじりでしたが、相手に対する信頼が感じられました。今は恋人同士ではないけれど、今年で会うのを最後にしようと言って、事務所を出て行った明奈の方をずっと見つめていた圭司の表情がなんとも言えませんでした…。

 

6話あらすじ

 長野の別荘地で、雪に覆われ眠るように死んでいる家出少女・石森純子(山田愛奈)が見つかった。遺書はなかったが、警察は自殺と判断。しかし、純子の両親・石森俊一(横田栄司)と石森美穂(霧島れいか)の気持ちは収まらない。愛娘の自殺原因を知りたいと切望する石森夫妻は、弁護士・坂上舞(麻生久美子)のもとへ。フリープログラマー・坂上圭司(山田孝之)とその相棒・真柴祐太郎(菅田将暉)に引き合わされた夫妻は、純子が日記をつけていたパソコンのパスワード解除を依頼する。

 実は、俊一には自殺の原因に心当たりがあった。純子が家出する前の行動から、通学していた中学校でいじめに遭っていた可能性が高いというのだ。さしあたり、純子のスマホから消去されていたデータを復元した圭司は、同級生たちとの仲睦まじい写真や動画を発見。そこに写っていた小川優菜(中田青渚)らと接触した祐太郎は、“思わず言葉を失う動画”を新たに入手してしまう…。

 やがて苦労の末、圭司は純子のパソコンへ入り込むことに成功。ところが…データが何も残っていないという、まさかの状況に直面する! 死ぬ前にデータを消したのは、身辺を綺麗に整理しようと思ったからなのか…。それとも、見られるとヤバいものが入っていたからなのか…。この謎多き現実が、圭司に火をつける。「根こそぎさらってやるよ。全部復元して、謎を解いてやる」――取り憑かれたように純子のパソコンと格闘する圭司。そんな彼の前に“果てしなく深い闇”が立ちはだかる!

 

ミーア
ミーア

ゲスト俳優紹介

 

石森 純子(14)………山田 愛奈

 

 

半年前に家出した中学生。長野の別荘地で雪に覆われ、凍死した状態で見つかった。真面目な少女だったが、家出する数カ月前から学校を休みがちに…。両親は学校でのいじめが原因で自殺したと考えているが、復元したスマホの動画に写っていた彼女は無邪気な笑顔を放っており、自殺するような気配は微塵も感じられず…!?

 

ディーリー dele|相関図

deleディーリー 相関図

 

dele ディーリー|キャスト・スタッフ

ディーリー dele【キャスト】

【山田孝之】(阪上圭司)

 

山田孝之

-誕生日-

1983年10月20日

-出身地-

鹿児島県

-事務所-

スターダストプロモーション

-代表作-

「WATER BOYS」「電車男」

「闇金ウシジマくんシリーズ」「勇者ヨシヒコシリーズ」

-役柄-

「dele.LIFE」という会社を設立した、プログラマー。仕事内容は、依頼人の死後、秘密裏に不都合な電子データを抹消する事。

原因不明の難病による下半身の麻痺が進行して、車椅子での生活を余儀なくされる。

自尊心が強く、頑固もの。知識を得る事に貪欲。

-人となり-

・俳優

・趣味 散歩、ゲーム

・『のぼうの城』で、役作りの為にヒゲを伸ばしていたら監督に、今の日本の若者で、こんなにヒゲが生える人は珍しいと絶賛された。

・中学では、園芸クラブだった。

【菅田将暉】(真柴祐太郎)

 

菅田将暉

-誕生日-

1993年2月21日

-出身地-

大阪府箕面市

-事務所-

トップコート

-代表作-

「仮面ライダーW」「連続テレビ小説 ごちそうさん」

「大河ドラマ おんな城主 直虎」「銀魂」

-役柄-

何でも屋。阪上舞から仕事を紹介され、圭司の仕事を手伝うようになる。依頼人の死亡確認など主に足を使った業務を行なう。

親しみやすく、人から好かれやすい。過去に何かあったようで、自身の事を聞かれるのは苦手。

-人となり-

・俳優、歌手

・趣味 ギター、洋服づくり

・牛乳が好き

【麻生久美子】(阪上舞)

 

麻生久美子

-誕生日-

1978年6月17日

-出身地-

千葉県

-事務所-

ブレス

-代表作-

「時効警察」「舟を編む」「奇跡の人」

-役柄-

阪上圭司の姉で敏腕弁護士。亡き父から「阪上法律事務所」を受け継いだ。「dele.LIFE」に対して資金援助や顧客紹介をする事もある。

圭司に祐太郎を引き合わせる。

-人となり-

・女優

・夫 伊賀大介(スタイリスト)2007年に結婚、子供が2人いる

・趣味 ドライブ、映画鑑賞、マンガ

guest【般若】(牧野)

 

般若

-誕生日-

1978年10月18日

-出身地-

東京都

-事務所-

-代表作-

「やれたかも委員会「クラブナイト編 クラブナイトへGo!」」

-役柄-

片山薫のマンションにいた男。薫を訪ねてきた祐太郎に、いきなり襲いかかってくる。薫との関係は?!

-人となり-

・ラッパー

・高校生の頃はDJを目指していた

guest【江口のり子】(片山薫)

 

江口のりこ

-誕生日-

1980年4月28日

-出身地-

兵庫県

-事務所-

ノックアウト

-代表作-

「コウノドリ」「黒革の手帖」「連続テレビ小説 マッサン」「ハッピーフライト」

-役柄-

依頼人のゴシップ記者、安岡春雄が亡くなる前に、頻繁に会っていた。城南署に勤めている。

安岡の死について調査していくと、薫と安岡に意外なつながりが見え始める。

-人となり-

・女優

・特技 ピアノ、中距離走

 

ディーリー dele【スタッフ】

 

原 作

本多 孝好

脚 本

本多 孝好 金城 一紀 瀧本 智行

青島 武 渡辺 雄介 徳永 富彦

監 督] 

常廣 丈太 瀧本 智行

音 楽

主題歌

Mr.Children「SINGLES」

E P

黒田 徹也

P

山田 兼司 太田 雅晴

制作協力

5年D組

制作

テレビ朝日

 

dele ディーリー|俳優出演作

auビデオパス[見放題作品:2018/8/25]

山田孝之

  • 凶悪
  • 映画「闇金ウシジマくん」
  • そのときは彼によろしく
  • 新宿スワン
  • dele.DOCUMENT
  • ドラマ「闇金ウシジマくん Season3」 
  • 勇者ヨシヒコと導かれし七人
  • 勇者ヨシヒコと悪霊の鍵
  • 勇者ヨシヒコと魔王の城
  • ドラマ「闇金ウシジマくん」シーズン1

菅田将暉

  • 高校デビュー
  • 民王
  • 海月姫(くらげひめ)
  • そこのみにて光輝く
  • dele.DOCUMENT
  • 地味にスゴイ!校閲ガール
  • トドメの接吻
  • 仮面ライダーW

麻生久美子

  • モテキ
  • ラブ&ピース
  • dele.DOCUMENT
  • 宇宙兄弟

 

dele ディーリー|まとめ[再放送はいつ?]

 

auビデオパスでの「dele」見放題配信は、2018/09/28で終了しました。但し、毎月初めに貰えるクーポン540ptを利用すれば、1話分レンタル視聴することはできます!
 
ガオン
ガオン

ここまで長文にわたりお付き合い頂き心より感謝申し上げます。こちらの記事に来て頂いたきっかけだった「deleディーリー」再放送については現在、どれだけ探してみてもテレビ朝日にてその予定は確認されなかったので心苦しい限りです。

 

その代わりといってはなんですが、動画配信サービス「auビデオパス」をご紹介させていただきました!

☞現在は、「dele」1話分無料視聴できる「U-NEXT」がおすすめ!

 

リッチー
リッチー

私の方から、もう一度「auビデオパス」について簡単にお伝えしますね。

 

・初回限定者は、30日間無料キャンペーン適用できる
・もし無料キャンペーン期間を過ぎてしまっても、動画配信サービスの中で格安の月額562円
・deleだけでなく多くの見放題作品がある
・テレビ朝日と業務提携をしているのでテレビ朝日ドラマ作品が揃っている
・もし「dele」を全話無料で楽しみたいのであれば「auビデオパス」は最適

 

それでは本日もお越しいただきましてありがとうございました!また別のドラマ作品でお会いしましょう!

 
↓「dele」1話分でも今すぐに視聴したい方 ↓
もし「dele」期間限定「auビデオパス」配信が終了していた場合
 
案内人
案内人

auビデオパスによる「dele」全話見放題が終了していた場合は、全話無料とはいきませんが、U-NEXT」の初回体験31日無料キャンペーンで貰える600円分クーポンを利用することで、dele1話分をすぐに無料視聴できます

 
もっと詳しく「U-NEXT」を知りたい方は、「U-NEXT メリット&デメリット」にお進みください。
 
©テレビ朝日auビデオパス[PR]/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
※本作品の配信情報は2018年11月5日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。