Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

dele ディーリー 見逃し配信 動画無料 《山田孝之&菅田将暉》

ディーリー dele

 

【番組名】dele ディーリー
【放送開始】2018年7月27日(金)
【放送局】
テレビ朝日系列
【放送日時】毎週金曜よる11時45分〜
【出演者】

山田孝之、菅田将暉、

麻生久美子

《guest》

般若、江口のり子ほか

各話ごとに多数参加

【原案】本多 孝好
 
 
案内人
案内人

こちらのページでは、テレビ朝日系列にて放送された「ハゲタカ」の見逃した放送回を無料で視聴できる方法をご紹介します!

2通りの視聴方法がありますので、お好きな方をお選びください。

 

見逃し無料動画の視聴方法

 

《重要》

auビデオパスでの「dele」見放題配信は、2018/09/28で終了しました。但し、毎月初めに貰えるクーポン540ptを利用すれば、1話分レンタル視聴することはできます!

 

2018年9月15日現在、

「auビデオパス」見放題プランにて、

dele(ディーリー)(2018/07/27放送分)第01話
dele(ディーリー)(2018/08/03放送分)第02話
dele(ディーリー)(2018/08/10放送分)第03話
dele(ディーリー)(2018/08/17放送分)第04話
dele(ディーリー)(2018/08/23放送分)第05話
dele(ディーリー)(2018/08/30放送分)第06話
dele(ディーリー)(2018/09/07放送分)第07話
dele(ディーリー)(2018/09/14放送分)第08話(最終話)

が対象作品に含まれています。

 

auユーザーであれば、どなたでも

初回30日間無料でお試しいただけますので、

deleが見放題作品に含まれている今のタイミングが適しています!

 

☞ 2018年8月から、au以外の携帯会社でも利用が可能になりました。
[AD]

dele|au公式サイト

 

※本作品の配信情報は2018年9月15日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。

 

↓「dele」1話分でも今すぐに視聴したい方 ↓
もし「dele」期間限定「auビデオパス」配信が終了していた場合
 
案内人
案内人

auビデオパスによる「dele」全話見放題が終了していた場合は、全話無料とはいきませんが、U-NEXT」の初回体験31日無料キャンペーンで貰える600円分クーポンを利用することで、dele1話分をすぐに無料視聴できます

 
もっと詳しく「U-NEXT」を知りたい方は、「U-NEXT メリット&デメリット」にお進みください。
 

「U-NEXT」でも、

dele(ディーリー)(2018/07/27放送分)第01話
dele(ディーリー)(2018/08/03放送分)第02話
dele(ディーリー)(2018/08/10放送分)第03話
dele(ディーリー)(2018/08/17放送分)第04話
dele(ディーリー)(2018/08/23放送分)第05話
dele(ディーリー)(2018/08/30放送分)第06話
dele(ディーリー)(2018/09/07放送分)第07話
dele(ディーリー)(2018/09/14放送分)第08話(最終話)

配信されていることを確認しています。

 

初回31日間無料でお試しいただけて、

登録時に貰える600ポイントを使えば、

見逃した放送回分に使用できるのでこちらもご検討ください。

《dele》毎週水曜日更新なので、一週間遅く配信されることに注意!

 

 

auビデオパス概要】

♦ 月額562円(税抜)で人気映画・ドラマ・アニメが10,000本以上
(約半分の作品が見放題作品)
♦ 配信タイトルの中でも特に強いジャンルは国内ドラマアニメ
♦ auユーザー限定のお得な動画配信サービス
※2018年8月〜 キャリアフリー化して誰でも利用可能に
♦毎月、月初めに540円分のビデオコイン
をプレゼント
(毎月新作レンタル作品1本視聴できる)
♦ 初回体験者には、30日間の無料お試し期間がある
(30日以内に解約すれば料金は発生しない)
♦ 3分で契約3分で解約できる手続きの簡略化
♦ 支払方法は、auかんたん決済(携帯料金に合算)
♦ 貯まった auWALLETポインをレンタル作品に使える
♦ 返却の手間、延滞金、貸出中がない
♦ テレビ朝日と資本業務提携 テレ朝ドラマの見逃し配信対応
♦ TV、スマホ、PCで視聴可能
♦ 動画をダウンロードできるので、外出先で通信量を気にしない
♦ 映画館の鑑賞券がいつでも割引価格
♦ 動画の画質がHD対応で綺麗

 

《参考》auビデオパスとは

 

 

U-NEXT概要】

♦ 月額1,990円(実質790円)で人気映画・ドラマ・アニメが見放題80,000本以上
初回無料登録で600円分のptプレゼント(以後は1,200pt/月)→最新ドラマのレンタル視聴に使える
♦ レンタル作品は40,000本以上
31日間の無料お試し期がある
31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません
♦ 配布ポイントは、レンタルや漫画書籍の購入に使える
♦ 人気雑誌70誌以上が読み放題
♦ ご自身で最大4つまでアカウントが持てる
♦ 映画、国内海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、キッズ、大人向け動画など多くのジャンルに対応
♦ TV、ゲーム機でもスマホ片手にも視聴可能
♦ 動画をダウンロードできるので、外出先で通信量を気にしない
♦ 簡単に契約、簡単に解約できる
♦ 動画の画質がフルHD対応

 

「U-NEXT」で“dele ディーリー„を視聴する

 

《参考》U-NEXTとは

 

⚠本作品の配信情報は2018年9月15日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。

©テレビ朝日/auビデオパス/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。 

《dele》スタッフ&キャスト

dele【スタッフ】

原案本多 孝好
脚本

本多 孝好 金城 一紀 瀧本 智行

青島 武 渡辺 雄介 徳永 富彦

監督常廣 丈太 瀧本 智行
音楽岩崎 太整
EP黒田 徹也
P山田 兼司 太田 雅晴
制作協力5年D組
制作著作テレビ朝日

 

dele【キャスト】


【山田孝之】(阪上圭司)

 

誕生日1983年10月20日
出身地鹿児島県
事務所スターダストプロモーション
代表作

「WATER BOYS」「電車男」

「闇金ウシジマくんシリーズ」「勇者ヨシヒコシリーズ」

役柄

「dele.LIFE」という会社を設立した、プログラマー。仕事内容は、依頼人の死後、秘密裏に不都合な電子データを抹消する事。

原因不明の難病による下半身の麻痺が進行して、車椅子での生活を余儀なくされる。

自尊心が強く、頑固もの。知識を得る事に貪欲。

人格

・俳優

・趣味 散歩、ゲーム

・『のぼうの城』で、役作りの為にヒゲを伸ばしていたら監督に、今の日本の若者で、こんなにヒゲが生える人は珍しいと絶賛された。

・中学では、園芸クラブだった。


【菅田将暉】(真柴祐太郎)

 

誕生日1993年2月21日
出身地大阪府箕面市
事務所トップコート
代表作

「仮面ライダーW」「連続テレビ小説 ごちそうさん」

「大河ドラマ おんな城主 直虎」「銀魂」

役柄

何でも屋。阪上舞から仕事を紹介され、圭司の仕事を手伝うようになる。依頼人の死亡確認など主に足を使った業務を行なう。

親しみやすく、人から好かれやすい。過去に何かあったようで、自身の事を聞かれるのは苦手。

人格

・俳優、歌手

・趣味 ギター、洋服づくり

・牛乳が好き


【麻生久美子】(阪上舞)

 

誕生日1978年6月17日
出身地千葉県
事務所ブレス
代表作「時効警察」「舟を編む」「奇跡の人」
役柄

阪上圭司の姉で敏腕弁護士。亡き父から「阪上法律事務所」を受け継いだ。「dele.LIFE」に対して資金援助や顧客紹介をする事もある。

圭司に祐太郎を引き合わせる。

人格

・女優

・夫 伊賀大介(スタイリスト)2007年に結婚、子供が2人いる

・趣味 ドライブ、映画鑑賞、マンガ


guest【般若】(牧野)

 

誕生日1978年10月18日
出身地東京都
事務所
代表作「やれたかも委員会「クラブナイト編 クラブナイトへGo!」」
役柄

片山薫のマンションにいた男。薫を訪ねてきた祐太郎に、いきなり襲いかかってくる。薫との関係は?!

人格

・ラッパー

・高校生の頃はDJを目指していた


guest【江口のり子】(片山薫)

 

誕生日1980年4月28日
出身地兵庫県
事務所ノックアウト
代表作「コウノドリ」「黒革の手帖」「連続テレビ小説 マッサン」「ハッピーフライト」
役柄

依頼人のゴシップ記者、安岡春雄が亡くなる前に、頻繁に会っていた。城南署に勤めている。

安岡の死について調査していくと、薫と安岡に意外なつながりが見え始める。

人格

・女優

・特技 ピアノ、中距離走

 

《dele》あらすじ

1話を開く

被告人として出廷した何でも屋・真柴祐太郎(菅田将暉)に興味を持った弁護士・坂上舞(麻生久美子)は、すぐさま保釈手続きを取り、彼に仕事を紹介する。それは舞の弟・坂上圭司(山田孝之)が「dele. LIFE」という会社を立ち上げ、単独従事している秘密裏の仕事…。クライアントの依頼を受け、その人の死後に不都合なデジタル遺品をすべて“内密に”抹消する仕事だった!

 やがて、圭司のPC端末「モグラ」がある信号を感知する。ゴシップ記者をしている依頼人・安岡春雄(本多章一)のデバイスが、まったく操作されなくなったのだ! 死亡確認に向かった祐太郎が、自殺したと思われる安岡の遺体を発見したため、圭司は速やかにデジタル遺品を削除しようとする。ところが、安岡が息子・俊(川口和空)と交わした“約束”について知った祐太郎は、他殺の可能性を主張。証拠を見つけるためにも、デジタル遺品の中身を確認しようと言い出し…!

 まもなく、スケジュールアプリの内容から、安岡が片山薫(江口のりこ)という城南署の人間と頻繁に会っていたことが判明。祐太郎は事情を聴くため、薫のマンションを訪れる。ところが、中から出てきた謎の男・牧野(般若)に突如襲われ…! 一方、圭司はデジタル遺品の中に“とんでもない事実”を格納した隠しフォルダを発見する――。

2話を開く

自分のスマホが48時間操作されなかったら、スマホのデータを全削除してほしい――。プログラマー・坂上圭司(山田孝之)が営む「dele. LIFE」にそう依頼していた宮内詩織(コムアイ)のスマホが、操作されなくなったとの信号が送られてきた。死亡確認に向かった圭司の相棒・真柴祐太郎(菅田将暉)は、自室でペンを握ったまま死んでいる詩織を発見。さらに「エンディングノート」と書かれた1枚の紙を見つける。そこには「お葬式はしないでください」など、プリントアウトされた希望リストとともに、「dele. LIFE」宛に手書きで「やっぱりデータは消さないでください」との一文が記されていた!

 何らかの理由で死にそうになった詩織が、慌ててこの一文を書き足したのだとしたら、なぜ彼女は死ぬ直前になって削除依頼を撤回しようとしたのか…。圭司と祐太郎は謎多き本心を探らざるを得なくなる。やがて祐太郎は友人のふりをし、詩織の両親と接触。葬式にほかの友達も連れてきてほしいと頼まれ、詩織の友人を探し始めた祐太郎は巡り巡って、春田沙也加(石橋静河)が働くガールズバーへとたどり着く。だが、詩織の名を聞いた沙也加は、怪訝な顔で彼女のことはよく知らないと告げ…!?

 やがて想定外の事実が次々と発覚。そんな中、祐太郎の一言が響いた圭司は、詩織が削除依頼を取り消したデータの中身を確かめようと決意をする――。

3話を開く

 「dele. LIFE」の事務所に、さびれた街で写真館を営む老人・浦田文雄(高橋源一郎)が現れた。社長の坂上圭司(山田孝之)が外出中だったため、真柴祐太郎(菅田将暉)は無断で浦田を事務所内に案内。さらに浦田から、死後のパソコンデータ削除と併せ、“奇妙な依頼”を引き受けてしまう。それは…削除する前にデータをコピーし、バラの花と一緒に同じ街の住人・江角幸子(余貴美子)へ届けてほしい、という依頼だった!

 勝手な受託に苛立ちを隠せない圭司の隣で、浦田の依頼にロマンを感じる祐太郎。ところが数日後、耳を疑うような事実が判明する。浦田が海に飛び込んで自殺したのだ! 死亡確認に向かった祐太郎は突然の出来事に肩を落としながらも、幸子の所在を確認すべく、彼女が営む理髪店へ。身元を偽り、幸子に接触するのだが…!?

 やがて祐太郎は、不審な男が写真館に忍び込み、浦田のノートパソコンを盗んでいく現場を目撃。すぐ圭司に報告し、何とかして男の正体と居場所を突き止めようとするが、事はそう簡単には運ばない。その矢先、浦田のパソコンが起動したとの信号が、圭司のPC端末「モグラ」に送られてきて…!

4話を開く

「人は二度死ぬと言う」「呪われた力を持った僕」「あの判断は間違っていなかったはずだ」
 ――そんな不可解なフレーズと葛藤に満ちた、遺書とも取れるメールが「dele. LIFE」に届いた。送信主は日暮裕司(野田洋次郎)という35歳の男。「dele. LIFE」にPDFファイルの死後削除を依頼していた人物だった。メールを受け取った坂上圭司(山田孝之)は「あれまで消えてしまうことが正しいのか」という言葉を目にするや、「あれ」が削除依頼ファイルだと推測。何を思ったか自ら進んでファイルを開き、子どもが色鉛筆で描いたと思われる絵が数点格納されているのを確認する。

 すぐさま日暮の死亡確認に向かった圭司と真柴祐太郎(菅田将暉)は、色鉛筆を手に絶命している日暮を目視。遺体の下から描きかけの風景画と古ぼけた女性の写真を発見した圭司は、思いがけない言葉を発する。日暮はかつて天才超能力少年としてもてはやされたサイコメトラーで、圭司も心酔していた人物だというのだ! だが25年前、日暮はある少女の依頼で、失踪した母親の居場所を霊視しようとするも失敗。世間から猛烈なバッシングを受け、メディアから姿を消したのだという。

 その哀れな境遇に同情した祐太郎は圭司とともに、最期の瞬間まで日暮の心を大きく占めていた思いをひも解こうとする。そんな中、日暮にとって“最後の依頼人”となった少女・松井美香(松本若菜)の行方が判明! 近所に住む父・重治(矢島健一)の助けも借りながら、今では幸せな家庭を築いているという美香を訪ねた2人は、妙な話を耳にする――。

5話を開く

 データの死後削除を「dele. LIFE」に依頼していた天利聡史(朝比奈秀樹)のパソコンが操作されなくなって、72時間が経った。この事実を知らせる信号を受信した「dele. LIFE」の社長・坂上圭司(山田孝之)は、相棒の真柴祐太郎(菅田将暉)に死亡確認をするよう指示し、そのまま外出する。圭司が向かったのは、とあるカフェ。目の前に現れたのは、圭司がどういうわけか1年に一度会い続けている元恋人・沢渡明奈(柴咲コウ)だった…!

 その頃、聡史の家を訪れていた祐太郎は、聡史の幼馴染・楠瀬百合子(橋本愛)と出会う。守秘義務を貫くため、聡史とは小学校で同級生だったと素性を偽る祐太郎。百合子はそんな祐太郎をいぶかしく思いながらも、聡史のもとへ案内する。向かった先は病院の一室…。そのベッドに横たわっていた人物こそがほかでもない、3日前に車にはねられて意識不明となっている聡史だった。

 「今、一人はしんどい」――実は聡史の婚約者でもあるという百合子の悲痛な訴えに共鳴した祐太郎は、彼女に付き添って思い出の場所を散策。だが、その道すがら、想定外の出来事が起こる。祐太郎が「dele. LIFE」の人間だと感づいた百合子が、データの死後削除依頼を取り消すと言い出したのだ! 会話や表情の端々から聡史への強い愛情を感じ取った祐太郎は、百合子の心を救いたい一心で、聡史の親友・宮田翔(渡辺大知)と接触。そこで思わず言葉を失ってしまう状況に直面し…!?

《dele》俳優コメント

山田孝之

オファーを受けたとき惹かれたのは、デジタル遺品を題材にするということ。そして、菅田くんとの共演でした。誰もが気にかけているデジタル遺品ですが、現在その解決策があるとするならば、“信頼できる人間に頼む”という、実にアナログな方法くらいしか思い浮かびません。

しかしその現実を知らせることは、とても意義のあることだと考えます。菅田くんとは過去3回共演しましたが、いつかガッツリ共演してみたいと思っていたので、今回の設定はとても嬉しく思いました。まさか連続ドラマで実現するとは予想外でしたが。 

 このドラマの面白い点は、毎回脚本家の方が違うというところです。回によってそれぞれ描写や表現方法に違いも出てきます。それをひとりの人間として演じることは、難しい作業ではありますが、やり甲斐もあります。僕が演じる圭司は、決して悪い人ではないのですが、まあ、性格はよくないかなと思います。

“他人から見たらムカつく人”を演じるのは面白くもあり、難しくもあります。セリフは少し大変です。圭司は知識が豊富なので、説明セリフやカタカナの用語が多いんです。しかも、パソコンを触りながら話すので、ついつい画面に出てきた文字を読みたくなっちゃうんですよ。実は第1話の台本を読んだときに、絶対に大変な思いをすることは分かっていたので、ゆっくりしゃべろうと考えていたんです。

でも、圭司として言葉を発したとき、「やっぱり、この人はゆっくりしゃべる人じゃない。抑揚無く早口でしゃべらなきゃ、らしくないな」と。まあ、それを実践すると、NGが多く出るわけですが。演じる側としては大変ですけど、そこがまた面白いところでもありますね。 

 撮影では日々、“残るもの”を作ってきている、という感覚があります。文字にしちゃうと何だかなぁ…という感じですけど、この作品に携わる全員の“熱意”がちゃんと伝わると思います。また皆さんには、耳から入ってきたセリフをしっかりと心で受け止めてほしいです。というのも、劇中でごく普通に話している言葉の中に、伝えたいことがたくさんあると感じたからです。「この人はそうなんだ」ではなく、自分だったら、自分の周りだったら…と考えてほしいです。今回の作品では特にそう感じています。

 

菅田将暉

祐太郎は「dele. LIFE」で働き始める前まで、ちゃんとした職があるわけではなく、ふらふらとしていた男。そんな“たゆたっている感じの人間”が居場所を見つけていく過程を、日々の撮影で実感しています。今回は衣装など、ビジュアルにもこだわりました。特殊にしたいわけではないですけど、何か記憶に残るものにしたくて…。 髪型など、祐太郎の長所である“自由な感じ”を意識しています。また、彼が抱く素朴な疑問は、視聴者目線に近い感覚。そういう素直な感じは、大切にして演じています。 

 この現場は“みんなで一緒に作っている感覚”があって、すごく楽しいです。みんな、本当に楽しそうに撮影している、それがすべてなんじゃないかな。“よりよいもの、面白いものを楽しんで作ろう”というベースは、作品にも絶対に出ているはず。その点、全員が様々な観点から意見を言い合える今回の現場は、すごく理想的な形だと思います。

山田さんから受ける刺激も大きいです。山田さんはお芝居の最中はもちろん、意外と撮影合間に話す内容にヒントがたくさんある方。リハーサルをやってみて「ここはどうしようかな」と考えているとき、山田さんと話をすると、腑に落ちることがよくあります。 

 今っていろいろ白黒つけることが増えたけれど、一見悪く見える人も、実はそうでもなかったりする。それも含めて“人間”なんです。そういう視点が一話ごとの物語の結末にも表れていて、僕はすごく好きです。この作品で描かれる人間像に、きっと見てる方は驚き、考えさせられ、答えを見つけたくなるはず! そういう刺激が随所にあるドラマだと思います。

 

麻生久美子

『時効警察』からもう11年も経ったという事実に驚きましたが、また金曜ナイトドラマに帰って来られて、すごく嬉しいです。最初にお話をいただいたときにとても面白い企画だったのと、主演のお二人に惹かれて、是非やらせていただきたいと思いました。 

 山田孝之さんは以前、映画で一瞬ご一緒したことはありましたが、ちゃんとお芝居をするのは今回が初めてです。山田さんの作られる独特の空気感に最初は少し緊張しましたが、それ故に、なんて良い雰囲気の現場なんだろうとワクワクもしました。山田さんの圭司、ずっと見ていたい(早口の台詞をずっと聞いていたい)くらいとても魅力的です。

 菅田将暉さんは以前ドラマで、姉弟役でご一緒させていただいたことがあります。今回もまた、とても面白く、また実在感のあるお芝居をされていて見ていてとても楽しいです。そして、場を盛り上げてくれるムードメーカーでもあり、すごく気遣いのできる方なので、現場の居心地がとても良いです。 

 お二人とも個性豊かな俳優さんなので、日々いい刺激をもらってます。 
 今回の私の舞という役は山田さん演じる圭司の姉で、敏腕の弁護士なので、説明台詞も多く撮影は大変ですが、とてもやりがいを感じています。このまま最後まで走っていけたらと思います。

 

《dele》原作要約

主人公・阪上圭司が設立した「dele.LIFE」は、依頼人の死後、秘密裏にパソコンやスマホに残る不都合な電子データを抹消する事。

圭司が所長で、データの削除を担当する。従業員は、新人の真柴祐太郎のみ。依頼人の死亡確認や、所在が分からないパソコンやスマホを探したり等、主に足を使った業務を担当する。

依頼人が設定した時間(24時間以上、1ヶ月以上など)を超えて、パソコンやスマホが操作されないと、圭司のパソコン(通称、モグラ)に信号が届く仕組みになっている。

データの削除の課程で様々な問題が起こり、2人は、依頼人の人生やそこに隠された秘密や謎を解いていき、真相へ辿りついていく…。

 

SNS反響


管理人
このドラマは期待感を持って楽しみに待っている人はたくさんいますよね。私の周りでも2人のファンは多いのでわくわくしながら放送を待っています。

確かにヒゲのない山田くんは見るの久しぶりかも笑 彼の場合どっちも似合いますよね♪( ´▽`)

 

管理人
だいたい夏ドラマが始まる前にどのドラマが楽しそうかって目星をつけますよね。私が楽しみにしていたのはフジテレビのグッドドクターとテレビ朝日のdeleです!

グッドドクターは韓国版の時からの視聴者で日本版ではどうやって描かれるのかとても期待していました。deleは山田孝之と菅田将暉がタックを組むと言うだけでワクワクしちゃいます٩( ‘ω’ )و

 

グッドドクター無料視聴できる

 

管理人
生の菅田将暉くんってそんなにかっこいいんですね♪(´ε` )

画面上でもいつも普通の人とは違うオーラがあるから生で見てみたいなーとは思ってたけど、このツイート見てますます会いたくなっちゃいました。しばらくはドラマで我慢します笑

 

《dele》まとめ

deleは、山田孝之と菅田将暉の個性派俳優のW主演ということもあり、

所々に自由にのびのび演技しているところが感じられて、

2人のファンにとってはたまらない作品だと想像します。

毎週豪華なゲスト俳優の方も自分のオリジナリティーを醸し出していて

深夜帯ならではの色気を感じることができます。

 

U-NEXTにて、

動画配信サービスを使えば見逃し配信に対応しているので、

もう一度観たい、もしくはまだ観ていない放送回がある方はぜひお試しください。

 

「U-NEXT」で“dele ディーリー„を視聴する

 

©テレビ朝日auビデオパス[PR]/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
※本作品の配信情報は2018年9月15日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。