ディーリー dele | 6話 見逃し無料視聴(8/31) | 山田孝之×菅田将暉

ディーリー dele

dele ディーリー |動画視聴
 
案内人
案内人

1話〜最新話までの全話を「初回限定30日間無料」で見る方法(auビデオパスをご紹介します。コチラの方法を利用すれば、6話だけでなく、全話無料で今までの放送を全て無料で視聴できます!

※この方法以外に、スマホ動画で「ディーリー dele」全話を無料視聴する方法は存在しません(2018.9.10時点)

 

もちろん30日以内に解約された場合は、料金は0円で賢く利用すれば利用者にとって負担のない方法だけご紹介しています。

 

大手通信会社「au」が運営しているサービスなので、安心してお使いください。

2018年8月から、auビデオパスは、どの携帯会社でも契約できるようになりました!

 

auビデオパス「dele」見放題配信は、2018/09/28で終了しました。但し、毎月初めに貰えるクーポン540ptを利用すれば、1話分レンタル視聴することはできます!
[AD]
もっと詳しく「auビデオパス」を知りたい方は、「au ビデオパス メリット&デメリット」にお進みください。
 
※本作品の配信情報は2018年9月10日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。
 
 
↓「dele」1話分でも今すぐに視聴したい方 ↓
もし「dele」期間限定「auビデオパス」配信が終了していた場合
 
案内人
案内人

auビデオパスによる「dele」全話見放題が終了していた場合は、全話無料とはいきませんが、U-NEXT」の初回体験31日無料キャンペーンで貰える600円分クーポンを利用することで、dele1話分をすぐに無料視聴できます

 
もっと詳しく「U-NEXT」を知りたい方は、「U-NEXT メリット&デメリット」にお進みください。
 
 
あなたが死んでも、スマホ・PCは生きている… 
不都合な記録、削除(=dele)いたします。

-番組名-

「ディーリー dele」

-放送開始-

2018年7月27日(金)

-放送日-

2018年8月31日(金)[6話]

-放送日時-

テレビ朝日 毎週金曜よる11時15分

-出演者-

山田孝之、菅田将暉、麻生久美子

[ゲスト]各話ごとに参加

般若、江口のり子、コムアイ、余貴美子、野田洋次郎、柴咲コウ、橋本愛、山田愛奈

-原作-

作家・本多孝好が原案・脚本の完全オリジナル

 

 
案内人
案内人

こちらのページでは、主に「deleディーリー」6話に関する事柄についてまとめたいと思います。

 

どうせ見るなら先述した「auビデオパス」の方が今までの全話を30日間無料で楽しむことができますので、こちらの方がオススメかと思います。下記にauビデオパスの要約を記載しておきますので、気になる方はタップでお開きください!

 

もしauビデオパスの具体的なサービスでもっと知りたいことがございましたら、「au ビデオパス メリット&デメリット」にお進みいただければ解決するかと思います。

 

auビデオパス要約】

[auビデオパス要約]を開く

 

♦ 月額562円(税抜)で人気映画・ドラマ・アニメが10,000本以上
(約半分の作品が見放題作品)
♦ 配信タイトルの中でも特に強いジャンルは国内ドラマアニメ
♦ auユーザー限定のお得な動画配信サービス
※2018年8月〜 キャリアフリー化して誰でも利用可能に
♦毎月、月初めに540円分のビデオコイン
をプレゼント
(毎月新作レンタル作品1本視聴できる)
♦ 初回体験者には、30日間の無料お試し期間がある
(30日以内に解約すれば料金は発生しない)
♦ 3分で契約3分で解約できる手続きの簡略化
♦ 支払方法は、auかんたん決済(携帯料金に合算)
♦ 貯まった auWALLETポインをレンタル作品に使える
♦ 返却の手間、延滞金、貸出中がない
♦ テレビ朝日と資本業務提携 テレ朝ドラマの見逃し配信対応
♦ TV、スマホ、PCで視聴可能
♦ 動画をダウンロードできるので、外出先で通信量を気にしない
♦ 映画館の鑑賞券がいつでも割引価格
♦ 動画の画質がHD対応で綺麗

 
↓「dele」1話分でも今すぐに視聴したい方 ↓
もし「dele」期間限定「auビデオパス」配信が終了していた場合
 
案内人
案内人

auビデオパスによる「dele」全話見放題が終了していた場合は、全話無料とはいきませんが、U-NEXT」の初回体験31日無料キャンペーンで貰える600円分クーポンを利用することで、dele1話分をすぐに無料視聴できます

 
もっと詳しく「U-NEXT」を知りたい方は、「U-NEXT メリット&デメリット」にお進みください。
 
 
 

[この記事の見どころ]

✎ ドラマ「ディーリー dele」とは

✎ 視聴率推移

✎ 過去放送回[あらすじ・ネタバレ]

✎ ディーリー dele|6話ネタバレ

✎ 公式ツイッター

✎ ディーリー dele|6話感想

✎ ディーリー dele|7話あらすじ

✎ ディーリー dele|相関図

✎ ディーリー dele|キャスト・スタッフ

✎ ディーリー dele|俳優出演作

✎ ディーリー dele|6話まとめ

 

ドラマ「ディーリー dele」とは

本作の主人公・坂上圭司(山田)真柴祐太郎(菅田)が生業とするのは、 
クライアントの依頼を受け、死後に不都合なデジタル記録を
すべて“内密に”抹消する仕事。
 

しかし、2人は任務を遂行しようとするたび、様々な問題に巻き込まれ、 
クライアントの人生とそこに隠された真相をひも解かねばならぬ状況へ追い込まれていくことに…。

そう、本作が扱うのはほかでもない、 
《日本ドラマ史上初の題材》にして《今もっともタイムリーな題材》=「デジタル遺品」だ。 
デジタルデバイスに個人の人となりが詳細に残ってしまう現代。 
誰もが一度は、こう考えたことがあるのではないだろうか。 
「自分が突然死んでしまったとき、
誰にも見られたくないデータは一体どう処理したらいいのか」
と――。 

そんな、すべての人にとって大きな懸念材料となっている題材を基盤に、 
『dele』は多彩な人間ドラマ1話完結型形式で創出していく。

 

視聴率推移

 
もんち
もんち

下記にdeleの視聴率をまとめました。皆さんは視聴率を見て率直にどのようにお感じになられたでしょうか?私は毎週見ていて、作品のクオリティからすると視聴率は低いんじゃないかなという印象を受けてしまいます。

「deleディーリー」の前のクールにやってきた「家政夫のミタゾノ」では、初回視聴率は7%を超えていましたし、その後も5~6パーセントで推移していたことを考えると大好きな作品なだけにもっと視聴率は欲しかったところです。きっと見たことのない人は、なんとなく難しそうで暗いイメージがあるから敬遠してる方も一定数おられるんでしょうね。たくさんの人に知っていただきたい作品です。

 

【dele平均視聴率】

第一話(07/27) – 5.5%

第二話(08/03) – 3.7% 

第三話(08/10) – 4.2% 

第四話(08/17) – 3.8% 

第五話(08/24) – 4.6%

第六話(08/31) – 5.0%

第七話(09/07) – 5.0%

 

過去の放送回 [あらすじ・ネタバレ]

 

もんち
もんち

過去に放送された「ディーリー dele」を詳しくまとめました!

それぞれのご都合で動画を視聴する時間がない時にご参照下さい。特に「ネタバレ」については、時間をかけて詳細に記載しているのでイメージがつかめるかと思います!

 

7月27日 第1話放送

被告人として出廷した何でも屋・真柴祐太郎(菅田将暉)に興味を持った弁護士・坂上舞(麻生久美子)は、すぐさま保釈手続きを取り、彼に仕事を紹介する。それは舞の弟・坂上圭司(山田孝之)が「dele. LIFE」という会社を立ち上げ、単独従事している秘密裏の仕事…。

8月03日 第2話放送

自分のスマホが48時間操作されなかったら、スマホのデータを全削除してほしい–。プログラマー・坂上圭司(山田孝之)が営む「dele. LIFE」にそう依頼していた宮内詩織(コムアイ)のスマホが、操作されなくなったとの信号が送られてきた。死亡確認に向かった圭司の相棒・真柴祐太郎(菅田将暉)は、自室でペンを握ったまま死んでいる詩織を発見。

8月10日 第3話放送

「dele. LIFE」の事務所に、さびれた街で写真館を営む老人・浦田文雄(高橋源一郎)が現れた。社長の坂上圭司(山田孝之)が外出中だったため、真柴祐太郎(菅田将暉)は無断で浦田を事務所内に案内。さらに浦田から、死後のパソコンデータ削除と併せ、“奇妙な依頼”を引き受けてしまう。

8月17日 第4話放送

「人は二度死ぬと言う」「呪われた力を持った僕」「あの判断は間違っていなかったはずだ」–そんな不可解なフレーズと葛藤に満ちた、遺書とも取れるメールが「dele. LIFE」に届いた。送信主は日暮裕司(野田洋次郎)という35歳の男。「dele. LIFE」にPDFファイルの死後削除を依頼していた人物だった。

8月24日 第5話放送

データの死後削除を「dele. LIFE」に依頼していた天利聡史(朝比奈秀樹)のパソコンが操作されなくなって、72時間が経った。この事実を知らせる信号を受信した「dele. LIFE」の社長・坂上圭司(山田孝之)は、相棒の真柴祐太郎(菅田将暉)に死亡確認をするよう指示し、そのまま外出する。圭司が向かったのは、とあるカフェ。

8月31日 第6話放送

長野の別荘地で、雪に覆われ眠るように死んでいる家出少女・石森純子(山田愛奈)が見つかった。遺書はなかったが、警察は自殺と判断。しかし、純子の両親・石森俊一(横田栄司)と石森美穂(霧島れいか)の気持ちは収まらない。愛娘の自殺原因を知りたいと切望する石森夫妻は、弁護士・坂上舞(麻生久美子)のもとへ。

9月07日 第7話放送

 

6話ネタバレ

↓下記をタップすると開きます↓

序盤

[序盤]を開く

坂上圭司/さかがみ・けいし(33)山田孝之

真柴祐太郎/ましば・ゆうたろう(25)菅田将暉

坂上舞/さかがみ・まい(37)麻生久美子


[1話ゲスト]

牧野(35)………般若

片山 薫(44)………江口 のりこ

[2話ゲスト]

宮内 詩織(26)………コムアイ(水曜日のカンパネラ)

春田 沙也加………石橋 静河

[3話ゲスト]

江角 幸子(61)………余 貴美子

浦田 文雄(67)………高橋 源一郎

[4話ゲスト]

日暮 裕司(35)………野田 洋次郎

松井 重治(68)………矢島 健一

松井 美香(35)………松本 若菜

[5話ゲスト]

沢渡 明奈(38)………柴咲 コウ

楠瀬 百合子(27)………橋本 愛

宮田 翔(27)………渡辺 大知(黒猫チェルシー)

天利 聡史(27)………朝比奈 秀樹

[6話ゲスト]

石森 純子(14)………山田 愛奈


 
巡回中の警察官が、体のほとんどを雪に覆われ、横たわっている少女、石森純子を発見する。
行方不明届が出されている、家出人だと思われる。彼女の生死を確認するが、 すでに死亡していた。

 

〜〜〜

 

事務所内で、パソコンで将棋をしている圭司。ソファーに寝ている祐太郎のいびきがうるさくて、彼の腹めがけて、バスケットボールを投げた。祐太郎は痛みで目を覚ました。

 

しばらくして、事務所に舞がやってきた。仕事を持ってきたようだ。舞は圭司のパソコンを操作して、ある事件の記事を見せた。半年前、家出した14歳の女の子が、長野県の別荘地で、死体で発見された。死体はほとんど雪で覆われ、死因は低体温症。捜査の結果、警察は自殺と判断した。遺書は見つからなかった。

 

仕事の依頼人は、死んだ少女の両親だった。
 
2人は、自殺であることは受け入れているが、自殺の原因が何だったのか、それを知りたがっている。原因によっては、圭司達の出番となる。圭司はそんな事に関わりたくないと断るが、

 

舞  「ある日突然家族を亡くして、あとに取り残された人間の気持ち、あんたにはよく分かるんじゃないの?特に自殺の場合…遺族は自分たちを責めて、辛い思いをする事になる」

 

圭司 「原因が分かって、もっと辛い思いをするかもしれない」

 

舞  「それでも、分らないよりマシかもしれない」

 

圭司は何も言わなかった。舞が腕時計を見て、もうすぐご両親が来ると言った。2人の話を聞いてみて、仕事を受けるか受けないかは、それから決めればいい。

 

〜〜〜

 

純子の両親が、事務所へやってきた。
純子のノートパソコンを取り出すと、パスワードを解除してほしいと依頼した。純子はノートパソコンで、日記をつけていた。そこに自殺の原因が書いてあるかもしれない。

 

パスワードをかけていたということは、 誰にも詠まれたくないということだ、それでも見たいかと、圭司は父親に聞いた。圭司のぶっきらぼうな態度に、気まずい空気が流れる。祐太郎が間に入り、純子の自殺の原因は何だと思うか、父親に尋ねた。

 

父親は自殺の原因は、学校でのいじめだと考えていた。純子は自殺する、3ヶ月ほど前から学校を休みがちになっていた。真面目で、これまで一度も学校を休んだことはなかった。今から思えば、それが自殺のサインだったのかもしれない。でも、私たちは気づいてやれなかった。

 

もしもいじめが自殺の原因であれば、然るべき措置をとりたいと考えている。「要するに、訴訟の為の、証拠探しってことだな」と、圭司が言った。父親は圭司の言動に腹を立てた。舞と祐太郎が謝罪するように促すが、圭司は無反応だった。

 

学校側にいじめについて問い合わせたが、ないという結論だった。再調査を求めたが、応じてもらえなかった。

 

それまでほとんど喋らなかった母親が口を開いた。

 

純子が死亡した場所は、石森家が所有している別荘から、少し離れた林の中だった。そこは、すぐそばに川があって、とても美しい場所だ。

 

純子が赤ん坊の頃から毎年夏を過ごした。
 
家族にとって、大切な思い出が詰まってる場所だった。
 
純子がそこで死を選んだ事は、自分たち対する、何らかのメッセージが込められてる気がする。しかし、いくら考えても分からなかった。

 

もし純子が何かを訴えるために死を選んだとするなら、それにきちんと答えたい。それが自分たちが親として純子に与えることができる、最後の愛情だ。

 

この中からは、何が出てくるかわからない。それでもいいのかと、圭司は聞いた。

 

母親「はい。娘の名前は純子と言います。純真な子に育つようにと名付けました」

 

〜〜〜

 

圭司たちは、純子のパソコンの解析を始めた。
 
パスワードが解除されるまでの間、純子のスマホのデータも調べた。スマホの写真や映像データには友達と楽しそうにしている純子の姿が映し出されていた。とても自殺するようには見えない。

 

圭司「人間の心なんて一瞬で変わる」

 

祐太郎「一瞬で変わるものなんか、長続きしないよ。たぶんこの子の心を何かがゆっくりと蝕んでいって、生きるより死を選ぶ事になったんだ」

 

何か出てきたら連絡をくれと言って、祐太郎は事務所を出ようとしたが、学校の住所を知らなかった。圭司は学校をつついても、何も出ないと言うが、祐太郎は、つついてみなければ分からないと答えた。まあ…どうせ暇なんだし、動いてみるよ。

 

勝手にしろ、と圭司がボソッと言った。
祐太郎は事務所から出て廊下で少し待っているとスマホに圭司からメッセージが届いた。そこには純子の学校の住所が書かれていた。「送ってくれると思った」とクスッと笑い、「ありがとう!!!」と返信した。

 

〜〜〜

 

祐太郎は学校の前で動画に写っていた同級生達が出てくるのを待っていた。
しばらく待っていると、動画に写っていた女子生徒二人と、男子生徒二人が出てきた。少し距離を開けながら四人の後を追った。

 

四人は祐太郎が自分たちをつけているのに気づき、男子生徒二人が、橋の上で祐太郎に向かってきた。君たち二人には、用はないんだよね。後ろの二人にはあるけど。君達、人をいじめそうな匂いが、プンプン漂ってるね…。

 

祐太郎が男子生徒を挑発すると、一人が肩の辺りを小突いてきたので、その反動を利用して、橋の手すりに押し付けた。すると、もう一人が殴りかかってきたので、それも躱して、そのまま女子生徒の一人にぶつかったふりをして、鞄から携帯を抜き取ると、彼らの前から走り去った。

 

祐太郎の姿が見えなくなってから、女子生徒は自分の携帯がない事に気づいた。

 

〜〜〜

 

事務所に戻ってきた祐太郎は、圭司に純子の友達から盗ってきた携帯を差し出した。
 
中を覗いてみてと頼んだ。多分何か悪いものが入ってる。

 

純子と3人で写っている写真を見ながら、この子達に実際会ってみたら、この写真とは違って、すごく嫌な感じがした。身に纏っている雰囲気が、ひどく淀んでいるように見えた。

 

圭司が携帯を操作しようとすると、ロックされていた。パスコードを解除するためのデータを収集するから、この子の身元を教えてくれと、祐太郎に言った。

 

分からないです…。「余計な仕事、増やしやがって」と言うと、圭司はパソコンを操作して、学校のシステムに入り込み、在校生の個人データにアクセスした。

 

女子生徒は「小川優菜」という名前だった。彼女のデータをもとに、パスコードの解除を試みる。時間がかかるかもしれないと思った祐太郎は、晩御飯の買い出しに行こうとしたが、ちょうどパスコードのロックが解除された。

 

中の画像データを確認する。そこには純子の写真が1枚もなかった。自殺した後に削除したんだろうと、圭司は言う。

 

動画のデータがあったので再生してみる。屋上の橋に立つ三つ編みの少女に対して、先ほどの4人が、早く飛べ!と言ったり、履いていた靴をぶつけたりしていた。二人は言葉を失った。

 

少女に向かって、「飛べ!飛べ!」と笑いながら、囃し立ていた。圭司は動画を止めた。確かに、悪いもんが入ってたな。

 

動画が撮影されたのは、2週間前だった。
 
いじめられていた子の顔が、めちゃくちゃしんどそうだった。なんかヤバい気がする。いじめられていた子(関根舞美)の個人データを確認すると、3日前から学校を休んでいる。祐太郎が舞美のもとへ急ごうとすると、「待て。お前一人だと、ただの不審者だと思われる。俺も行く」と、圭司も同行した。
 

中盤

[中盤]を開く
二人は舞美の自宅マンションまでやってきた。
 
インターホンを鳴らしても誰も出ず、中に人がいる気配もしない。圭司が屋上を見てみようと提案する。二人が屋上まで行ってみると、屋上の手すりを乗り越えた先に舞美がいて、今にも飛び降りそうだった。


祐太郎が、ゆっくり近づこうとする。しかし舞美は、「いや、来ないで!」と叫びバランスを崩して落ちそうになり、咄嗟に手すりを掴んだ。祐太郎は、なんとか彼女を説得しようと、声をかけた。君がいじめられてる事知ってる。誰がいじめてるのかも知ってる。だから助けに来た。


祐太郎 「居場所がないんだったら、新しい場所を見つければいい。逃げる方法が分からないなら、おじさん達が教えてあげるから」


舞美 「生きてるのが怖いの!!」


そう叫ぶと、一歩一歩進んで行き、建物の端ギリギリの所に立った。
「じゃあ、なんでさっき落ちなかったんだよ。なんで手すりを掴んだ?」と圭司が言った。


圭司 「まだ生きてたいんだろ?やり残した事いっぱいあるの知ってるから、お前の心が止めたんだよ。だから死ななかった。そのやり残した事が何なのか、突き詰めて考えてみろ。死ぬのはそれからでいいよ。…今の自分の心を裏切るな。とりあえず、俺たちが問題解決してやるから。……約束する」


舞美「本当?」


圭司「ああ。お兄さんたちを信じろ」


圭司の言葉を聞くと、舞美は手すりを掴んだ。


祐太郎「さすがだね。……お兄さん」


祐太郎は舞美を抱え上げ。手すりを乗り越えさせた。


すると舞美は、「ブスで、ごめんなさい」とその場に泣き崩れた。何度も何度も、泣きながら謝り続けた…。祐太郎はそんな舞美を抱きしめながら、頭を撫でた。圭司は二人の様子をじっと見つめていた。


〜〜〜


小川優菜を事務所に連れて来た。
 
携帯を返して欲しかったら、こちらが聞く事に正直に答えろ。


優菜 「これって犯罪なんじゃないの?警察にチクったらどうなると思う?」


祐太郎 「君のやったことも犯罪だと思うけど。人を一人、殺しかけてるんだから」


圭司 「いじめの証拠を、ネットにばらまいてもいいんだぞ」


優菜 「何を聞きたいの?」


純子の事をいじめていたのかと、優菜に聞いた。


優菜 「絶対いじめてなんかない!いじめるわけない!純の事大好きだったんだから…」


なぜ純子は自殺したと思う?


分からないけど、と前置きし、優菜は話し始めた。


純子は、優菜の彼氏と付き合っていた。自殺する3ヶ月くらい前に別れて、それからすぐ優菜と彼は付き合い始めた。純子はグループを抜けて、話もしてくれなくなった。それから、どんどん暗い感じになって、学校も休みがちになった。


彼氏を奪われたショックで自殺したのかと祐太郎が聞くと、純はそんな弱い子じゃないと否定した。


優菜は彼氏を奪ってはいなかった。純子が付き合って半年経っても、手も握らせないから彼氏ががっかりしたという。自分は彼にとって、純子の身代わりだった。でも彼の事が好きだったから、それでもよかった。


祐太郎 「君が思っていたよりも、純子ちゃんはもっと深く傷ついてたんじゃないかな?」


そうかもしれないけれど…。うまく言えないが、純子は男の子に振られたぐらいで、絶対に死ぬような子ではない、と優菜ははっきりと言った。


小学生の頃から知ってるから、私には分かる。
 
純子が自殺したのは、もっと違う…他の事の為だと思う。


純子が自殺する2週間くらい前に、仲直りがしたくて勇気を出して話しかけてみたが、「あんた達が私の事、陰でどう言ってんのか、全部知ってるんだから」と言われた。その時の純子の目が本当に冷たくて…。なんでそんな事を言ったのか、怖くて聞き返せなかった。


圭司と祐太郎は、顔を見合わせると、もう帰っていいと言って、優奈に携帯を返した。圭司が「あの子には二度とちょっかい出すなよ。動画はコピーしてあるからな」と、釘を刺した。事務所を出て行こうとしていた優菜は、振り返って言った。


優菜 「分かってる。信じてもらえないかもしれないけど、私たち本当はいじめをするような人間じゃなかった。でも、純が自殺して、私たちの中から何かがなくなっちゃったような気がして…。いっつもイライラして、気が付いたらあの子の事いじめてた。純は本当に綺麗な子だった。見かけだけじゃなくて、心もそうだった。たまにムカつくくらい真面目だったけど、私達、あの子のそばにいるとなぜか安心できた。」


なぜ純子が自殺したのか、自分も知りたい。もし分かったら教えてくれないかと言う、優菜の願いを、圭司は聞き入れた。優菜は軽く頭を下げて、事務所をあとにした。


「これ…本当は簡単に開けられるんでしょ?」と、純子のパソコンに手を置いて、祐太郎は圭司に聞いた。


純子が死んだ事で、この世界のバランスがおかしくなっている。
 
そのせいでいじめが起きて、人が一人死にかけた。今は大した事ないかもしれないけど、このまま放っておいたら、どんどんバランスがおかしくなって、もっとひどい事が起こるかもしれない。


誰かがバランスを戻さないといけない。それなら、俺達がやろう。彼女の自殺の謎を解いて、身近な人たちの心を、少しでも軽くしてあげよう。


何が世界のバランスだ。大げさな事言いやがって…」そう呟くと、圭司は自分のパソコンを操作して、純子のノートパソコンに入り込んだ。パソコン内には何も残っていなかった。おそらく死ぬ前にデータを消去したのだろう。


身の回りを綺麗に整理してから死のうと思ったのか?それか、見られるとやばいものが入ってたから、消したのかもしれない。


圭司「根こそぎさらってやるよ。全部復元して、謎を解いてやる」

終盤

[終盤]を開く
事務所のソファーで寝ていた祐太郎を、圭司は起こした。
データの復元が終わったが、何か悪いものが出てきたようだ。起きてすぐこんなものは見ない方がいいと、圭司はコーヒーを買いに行った。


純子がつけていた日記を確認する。自殺するちょうど3ヶ月前、これが最後に書かれていたものだった。元彼が親友とつき始めた事にショックを受けていた。


その翌日、彼女は日記をつける代わりに、SNSの匿名アカウントで元彼と親友の悪口を書き始めた。彼女が初めて抱いた、明確な悪意や嫉妬だったのだろう。そんな感情をうまく扱えずにいた純子に、取り付く奴が現れた。


「君の気持ち、よくわかるよ。この世界は本当に汚い。」


相手の使っているアカウントには、「tapir」と書かれていた。これは、「バク」という意味で、人の悪夢を食べる空想上の動物の事だった。


この返信をきっかけに、純子はバクとダイレクトメッセージでやりとりを始めた。良き理解者、良き相談相手として、徐々に彼女の信用を得ていったバクは、ある日彼女に、「この世界の本当の汚さを見せてあげる。」と言って、身近な人間のメールアドレスを教えるよう迫った。


誘惑に負けた純子は、両親や親友のメールアドレスをバクに教えてしまう。バクはマルウェアを仕込んだメールを彼らに送りつけると、彼らの携帯やパソコンに入り込んで奪ってきたものを彼女に見せた。


親友たちの間で交わされた、彼女に対する悪口。父親と浮気相手の、甘いやり取り。母親と自分の担任教師が浮気をしている写真…。ついに純子は、クラスメイト全員のメールアドレスをバクに教えてしまった…。


バクは彼女を取り巻く世界がどんなに汚いかを、本当なら一生目にしないでよかった物を利用して、嫌というほど見せつけた。


祐太郎「汚いんじゃないよ、弱いだけなんだ!弱いから…時々悪意に囚われたり、間違ったりしてしまう。ただそれだけの事じゃないか…」


圭司「お前みたいなやつが彼女のそばにいたら、結末は違ってただろう。でも現実は残酷だ…」


彼女はバクの計画に、まんまとはまってしまった。
美しく綺麗に生きていく事が、どんなに難しいかを、バクは彼女に説き始めた。
14歳の女の子の不安定な心に、未来への罪悪感を植え付けていった…。


純真な子に育つよう周囲から期待され、それに応えてきた彼女は美しく綺麗なまま時間を止めることを決心した。


「綺麗なまま死ぬ方法を教えてあげる。」


そして、純子は凍死を選んだ。彼女が死に場所に選んだのは、自分が一番無垢な時を過ごした、あの場所だった…。


〜〜〜


別荘まで来た純子は、雪の中を一人、歩いて行く。辺りが暗くなってきたが、ふらふらになりながらも、歩き続ける。しかし、ついに膝をついてしまう。


雪が舞う中、空を見上げ、「綺麗…」と呟いて涙を流した。そのまま仰向けに倒れると、静かに目を閉じた……。


〜〜〜


バクは、SNSで新しい獲物を見つけた。
 
「この世界の本当の汚さを見せてあげる。」とメッセージを送ると、「見飽きてるよ」という返信が返ってきた。驚いていると、パソコンのデータが消去されてしまった。




バクはアパートを出て道を歩いている。すると向かいから、車椅子に乗った圭司がやってきて、彼の進路を遮った。


バク 「何ですか?」


圭司 「初めまして。人の悪夢を喰らうバクさん」


圭司は、バクについて色々と調べていた。先ほど彼のパソコンのデータを全部消去したのは、圭司だった。


圭司「ちなみに、未来のある若い子ばかりをターゲットにしてるのは、不甲斐ない父親を見限って、会ってくれなくなった娘さんに対する、復讐のつもり?」


バクは両手で圭司の胸ぐらを掴むが、バランスを崩されて、逆に首を絞め上げられた。バクが気を失いかけたところで、道に放り出して、圭司は言った。


自殺教唆の罪で立証するのは難しく、捕まっても半年や1年程度で出てこられると困るので別の罪を用意した。パソコンを押収するために、すぐに警察がやってくるはずだ。偽計業務妨害、威力業務妨害、不正アクセス禁止法違反、詐欺、脅迫、名誉毀損etc…。バクのパソコンに仕込んでいた。


バク 「それでも5、6年も経てば出てこられるだろう。出てきたらまたやってやる…」


圭司 「馬鹿かお前。俺がお前みたいなやつ、見逃すわけないだろ?お前が死ぬまで見張り続けてやる。二度とキーボードに触れない、アナログな人生を送らせてやる」


車椅子をこぎ出すが、少し進んで振り返った。


圭司 「お前が汚そうとしてた子供達の所に、今俺の相棒が向かってるよ。犠牲者を一人だけで食い止めようと、昔ながらのやり方で、必死に頑張ってるはずだ」


そう言うと再び車椅子をこぎ出し、その場を立ち去った。


〜〜〜


その頃祐太郎は、犠牲者になりかけた少年のマンションを訪れていた。
 
チェーンがかかったままの、少し開いたドアの隙間から、少年に声をかけ続けた。


祐太郎「偶然なんだけど、君が悩んでるのを知って、色々話聞いてあげたいなと思って、こうやってお邪魔してるんだけど…。やっぱどう考えても、怪しいよな。うーん…」


どうしたら怪しくないと思ってもらえるのか。悩んだ祐太郎は、とりあえず外に出て散歩でもしようと少年を誘った。おひさまに当たってるうちに、悩みとかどうでもよくなるかもしれないしさ。


少年はドアを閉めてしまった。失敗したと頭を抱えるが、少ししてカチャッと音がして、中から少年が出てきた。


〜〜〜


「dele.LIFE」事務所内。


祐太郎「どうする?」


圭司「決まってるだろ、彼女の意思を尊重する」


祐太郎「そうだね…。謎を抱えて生きてく方がちょっとだけでも強くなれるのかも…」


圭司「もしかしたら、それが彼女が遺したかったメッセージなのかもな…」


事務所の扉が開き、舞が二人に、「ご両親がいらしたわよ」と声をかけた。


圭司は、純子のノートパソコン内のデータを全て消去すると、ゆっくりとパソコンを閉じた。

ディーリー dele|公式ツイッター

 

6話感想

 

ミーア
ミーア

一つのストーリーの中で話が二転三転して、どうなるのかドキドキしながら見ていました。気づいたらあっという間に1時間経っていました。今回は、祐太郎と圭司両方とも、アクションシーンがあって、カッコよかったです!!圭司は車椅子を、まるで自分の体の一部のように扱っていて、すごいなぁ…。しかも、結構力があるっぽいのが意外でした。祐太郎も、一人で男子生徒達をいなしてて、すごかったです!しかも、携帯まで奪ってしまうなんて…スリじゃん(笑)。

 

純子は、いじめを苦に自殺したのかと思っていたけど、全然違う結末でした…。見ていて悲しかったです。自分の心が弱っている時に、身近な人達の負の部分を、まざまざと見せつけられるのは、どれくらいショックな事だったんだろう…?友達だけじゃなくて、純真な子に育って欲しいと言ってきたであろう、両親まで陰でお互いに浮気をしていたなんて…。あれはエグかったなぁ…。純子じゃなくても、誰を信じていいのか、分からなくなってしまいますね…。

 

紗織
紗織

結局純子の自殺の原因は、いじめではなかったけど、あの四人にいじめられてた女の子のシーンは、見ていて苦しかったし、怖くなった。なんであんな事ができるのか…死ねと言っているのと同じ事だよ…。いくら純子が死んでしまってから、周りの子達の心のバランスが崩れてしまったとしても、それで誰かをいじめていいなんて事は絶対にないと思う。

 

だから、いまいち優菜には同情できなかった。マンションの屋上から飛び降りようとしていた時、生きてるのが怖いの!!と叫んでいたシーンは、見ていて辛かった。自分はたまたま、いじめにあうことがなく、大人になったけけれど、こういうシーンを見てると、いじめにあうのは、すごく怖いと感じる。ドラマだと分かってはいても、見ていて気持ちのいいものではないから…。何より、加害者になりたくないと思った。人が傷つくのを見て、楽しいと思うような人間には、 絶対になりたくない。この子が飛び降りないで、本当に良かった。祐太郎や圭司みたいに 言ってくれる人が、身近にいてくれたらいいのにな。

 

ガオン
ガオン

道徳とかで、正しくあれって説かれることが多い気がするけど、実際、本当に純粋でまっすぐに生きられる人なんて、いたとしても、ほんのわずかだと思う。みんな何かしらの負の部分を抱えていて、それとうまく折り合いをつけながら生きているのかな…と。 もちろん、犯罪はいけないけれど。綺麗なままというのは、何も知らない、という事と似てる気がする。

 

純粋すぎたがゆえに、バクに唆され、自ら死を選んだ純子。 そもそも、綺麗な世界なんてこの世に存在しないけど、自分の身近な人たちの、本来であれば、知ることがなかった…知らなくてもよかった一面を見せつけられてしまって、すごく苦しかったと思う。そういう部分では、かわいそうだと、感じてしまった。圭司が言っていたように、祐太郎みたいな人が、純子のそばにいてくれたら、全く違う結末になっていたと思う。雪の中を一人で歩いて行って、空から降ってくる雪を見て、「綺麗…」と呟いた時、一体どんな気持ちで、何を思っていたのかな…。

 

メリー
メリー

今回は、祐太郎の良さが見れた回だと思います。純子の自殺の原因を探るために、体を張って、女子生徒の携帯を奪ってきたり…。(あのシーンのアクションは、菅田君すごい!と思って見ていました)携帯の動画を見て、いじめられている女の子の様子に、いち早く気づき、助けに行こうとするところ。最終的な説得は圭司がしたけれど、祐太郎がいなかったら、女の子を手すりの内側まで連れて来れなかったし。「ブスでごめんなさい」と言って、泣き続ける彼女を抱きしめて、頭を撫でる祐太郎の、何とも言えない表情が印象的でした。

 

いじめをしていた優菜達でさえ、助けようとする人の良さ… 素直にすごいと思いました。 純子が自殺するきっかけを作ったバクの存在を知って、新たな犠牲者を出さないために、バクがターゲットにしていた少年の元を訪ねるシーン。知らない人の為に 、なかなかこんなことをできませんよね…。 少年がドアを閉じてしまって、ダメかなって、思ったけど、ドアを開けて出てきてくれて、自分もホッとしました。

 

もぐっこ
もぐっこ

依頼されたデータを削除する、という仕事だけど、今回は、舞が持ってきた、少女の自殺の原因を探るために、データを確認するという、またまたイレギュラーな仕事内容でしたね。こういうイレギュラーなのも、面白くて好きですけど。今回は、1時間経つのがとても早く感じました。まさか、自殺を唆す存在がいたなんて…。他人の携帯やパソコンに入り込めて、しかも純子のパソコンのデータも全部消してしまえるなんて、結構すごい人なんじゃないかと思うけど…そのスキルを、もっと違うことに使ってれば、こんな風にならなかったんじゃないかなって、ちょっと思ってしまった…。車椅子に乗ったままの、圭司のアクションシーンがまた見れて嬉しかった。

 

腕っ節も強くて、パソコンもあれだけ扱えて、凄すぎでしょ!?飛び降りようとしていた女の子を説得したシーンは、一見突き放すような言い方かと思ったけど、俺たちが問題解決してやるからと、約束した圭司の優しい部分が見れた。祐太郎でさえ、自分のことを「おじさん」と言ったのに、圭司がさらりと、「お兄さん」と言っていたところが、ちょっと面白かった。

 

7話あらすじ

7話

[7話]を開く

 依頼人・笹本隆(西ヶ谷帆澄)の死亡確認を取った真柴祐太郎(菅田将暉)が「dele. LIFE」に帰ってきた。死後に削除するよう依頼されていたファイルを、すぐさま消そうとする坂上圭司(山田孝之)。ところが、圭司の姉で弁護士の坂上舞(麻生久美子)は、隆がある男の息子だと察知し、顔色を変える。その男とは死刑囚・笹本清一(塚本晋也)。8年前にバザー会場でジュースに毒物を混入し、死者4名を出した罪で逮捕されるも、無実を主張し続けている男だった! 削除指定ファイルはこの事件に関するものかもしれない――そう考えた舞は、圭司に中身を見せるよう要請。すると、笹本が毒物を入れたとされる日時に、別の男が不審な粉末をウォータークーラーに投入する映像が出てくる!

 この映像があれば死刑判決を覆せるかもしれない、と考える舞。だが、圭司は証拠として提出するのは契約違反だと難色を示す。そんな中、真相を調べてみることを選択した祐太郎は、事件現場近くで洋食店を営む上野兼人(Mummy-D)から、映像に写っていた男が市会議員・宮川新次郎(千葉哲也)だという情報を入手。さらに、その事件で上野の娘が死亡していたことも分かり…。

 やがて、圭司と祐太郎はそれぞれ、宮川にまつわる黒い裏事情を入手する。だが、その内容はまるで異なるものだった! しかも調べれば調べるほど、街に暮らす人々から、犯行動機となりうる“裏の顔”が次々と浮かび上がってきて…!?

 

ペン太
ペン太

【7話 ゲスト俳優紹介】

 

笹本 清一(塚本 晋也)

 

[役柄]

死刑囚。8年前、死者4名を出した毒物混入事件の犯人として逮捕され、死刑が確定した。だが、本人は拘置所で刑の執行を待ちながら、ずっと冤罪を訴え続けている。そんなある日、息子の笹本隆が自殺。隆は生前、「dele. LIFE」にある映像の死後削除を依頼していたのだが、その中になんと毒物混入事件の真犯人が写っており…!?

 

 
 

dele相関図

 

deleディーリー 相関図

©テレビ朝日「dele」

 

ディーリー dele|キャスト/スタッフ

ディーリー dele【キャスト】

【山田孝之】(阪上圭司)

 

山田孝之

-誕生日-

1983年10月20日

-出身地-

鹿児島県

-事務所-

スターダストプロモーション

-代表作-

「WATER BOYS」「電車男」

「闇金ウシジマくんシリーズ」「勇者ヨシヒコシリーズ」

-役柄-

「dele.LIFE」という会社を設立した、プログラマー。仕事内容は、依頼人の死後、秘密裏に不都合な電子データを抹消する事。

原因不明の難病による下半身の麻痺が進行して、車椅子での生活を余儀なくされる。

自尊心が強く、頑固もの。知識を得る事に貪欲。

-人となり-

・俳優

・趣味 散歩、ゲーム

・『のぼうの城』で、役作りの為にヒゲを伸ばしていたら監督に、今の日本の若者で、こんなにヒゲが生える人は珍しいと絶賛された。

・中学では、園芸クラブだった。

【菅田将暉】(真柴祐太郎)

 

菅田将暉

-誕生日-

1993年2月21日

-出身地-

大阪府箕面市

-事務所-

トップコート

-代表作-

「仮面ライダーW」「連続テレビ小説 ごちそうさん」

「大河ドラマ おんな城主 直虎」「銀魂」

-役柄-

何でも屋。阪上舞から仕事を紹介され、圭司の仕事を手伝うようになる。依頼人の死亡確認など主に足を使った業務を行なう。

親しみやすく、人から好かれやすい。過去に何かあったようで、自身の事を聞かれるのは苦手。

-人となり-

・俳優、歌手

・趣味 ギター、洋服づくり

・牛乳が好き

【麻生久美子】(阪上舞)

 

麻生久美子

-誕生日-

1978年6月17日

-出身地-

千葉県

-事務所-

ブレス

-代表作-

「時効警察」「舟を編む」「奇跡の人」

-役柄-

阪上圭司の姉で敏腕弁護士。亡き父から「阪上法律事務所」を受け継いだ。「dele.LIFE」に対して資金援助や顧客紹介をする事もある。

圭司に祐太郎を引き合わせる。

-人となり-

・女優

・夫 伊賀大介(スタイリスト)2007年に結婚、子供が2人いる

・趣味 ドライブ、映画鑑賞、マンガ

 

ディーリー dele【スタッフ】

 

原 作

本多 孝好

脚 本

本多 孝好 金城 一紀 瀧本 智行

青島 武 渡辺 雄介 徳永 富彦

監 督] 

常廣 丈太 瀧本 智行

音 楽

主題歌

Mr.Children「SINGLES」

E P

黒田 徹也

P

山田 兼司 太田 雅晴

制作協力

5年D組

制作

テレビ朝日

 

ディーリー dele|俳優出演作

auビデオパス[見放題作品:2018/8/25]

山田孝之

  • 凶悪
  • 映画「闇金ウシジマくん」
  • そのときは彼によろしく
  • 新宿スワン
  • dele.DOCUMENT
  • ドラマ「闇金ウシジマくん Season3」 
  • 勇者ヨシヒコと導かれし七人
  • 勇者ヨシヒコと悪霊の鍵
  • 勇者ヨシヒコと魔王の城
  • ドラマ「闇金ウシジマくん」シーズン1

菅田将暉

  • 高校デビュー
  • 民王
  • 海月姫(くらげひめ)
  • そこのみにて光輝く
  • dele.DOCUMENT
  • 地味にスゴイ!校閲ガール
  • トドメの接吻
  • 仮面ライダーW

麻生久美子

  • モテキ
  • ラブ&ピース
  • dele.DOCUMENT
  • 宇宙兄弟

 

ディーリー dele|6話まとめ

 

案内人
案内人

ここまで読み進めていただいて心より感謝いたします。

deleディーリー6話についてご理解は深まったでしょうか?また先述しましたが、6話だけでなく、deleディーリー1話〜最新話までauビデオパスを利用すれば無料で視聴できますので、登録作業は3分ほどかかりますが、その時間で30日間無料視聴できるなら費用対効果は充分だと考えています。見逃してしまった放送や、もう一度見たい放送がある方は是非気軽にお試しください

 

☞現在では、「dele」1話分無料視聴できる「U-NEXT」がおすすめ!

 

これからも2018年秋以降も、他のドラマのあらすじやネタバレについてどんどん記事をアップしていきますので、またお目にかかる機会がありましたらよろしくお願いします。

 

↓「dele」1話分でも今すぐに視聴したい方 ↓
もし「dele」期間限定「auビデオパス」配信が終了していた場合
 
案内人
案内人

auビデオパスによる「dele」全話見放題が終了していた場合は、全話無料とはいきませんが、U-NEXT」の初回体験31日無料キャンペーンで貰える600円分クーポンを利用することで、dele1話分をすぐに無料視聴できます

 
もっと詳しく「U-NEXT」を知りたい方は、「U-NEXT メリット&デメリット」にお進みください。
 
©テレビ朝日auビデオパス[PR]/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
※本作品の配信情報は2018年9月10日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。
テキストのコピーはできません。