日常的な会話を自然につなげるテクニック集

ビジネス
ビジネスの世界で役立つ情報を分かりやすくお伝えします。

完璧ではないが使える情報満載

ビジネスの場においても、プライベートの場においても、日常的な会話は人間生活を営む上で必要不可欠な要素となっています。これを否定する人はまずいないでしょう。だからこそできる限り上達していく事は必要不可欠なのですが、どうしても得意不得意があるように日常会話が苦手に感じていてなかなかコミュニケーションを図ることが難しいと感じている人も多いようです。

それはその人の責任というよりも、どうしても現代においては人間関係が希薄化してしまっていて、さらにスマホ媒体を通じたSNSによってある意味簡単に他者と交流できてしまうので必ずしも対面する必要がなくなってきた環境が大きいと言えるのではないでしょうか?しかし、なくても今後数十年間はまだまだ人間と人間が向き合ってビジネスは決定されていくと思いますし、何よりそこの関係性を断ち切ってしまうとやはり人生において多くの喜びも失ってしまうことでしょう。回りくどくなってしまいましたが、ここから先は完璧ではないにせよ日常会話においてこのテクニックを使えば、苦手な人でも少しはお役に立てるのではないかと思われる内容をまとめています。ぜひご参照下さい!

「1つだけ聞かせてもらえませんか?」を使おう!

過去の記事においてもたくさん触れてきましたが、コミュニケーションの基本を話すことよりも聞くことに重きがあることをまずご理解ください。もちろん初対面においては自分が積極的に自己開示してどのような人間であるかを紹介しなければなりませんが、その工程を経た後は、聞く側に回った方が上手く行きます。なぜなら多くの人間は自分が話をして主人公でありたいと考えているからです。しかし一点注意点があるとすれば、 それはただ聞く姿勢を作って待っているだけではダメということです。相手の話に合わせてこちら側からも積極的に質問を投げかけることにより、相手の話やすい環境を作ってあげるのです。私自身は長年の経験上、仮に盛り上がらない場に遭遇してしまったらそれは話し手だけに問題があるのではなく、聞く側にも多くの問題があると感じています。より詳しい内容については、過去にアップさせていただいた記事をご参照下さい!

その中においても、私は「1つだけ聞かせてもらえませんか?」は非常に使えるフレーズだと感じています!

プライベートな関係性であれば、そこまで考えることなく突飛押しもなく話たり聞いたり入れ替わることができるでしょう。しかしやはりビジネスの場においては相手を尊重し形式にこだわったほうが無難です。そしてあなたが聞き手に回りたいのであれば、その際に「1つだけ聞かせてもらえませんか?」と伝えることによって、相手は質問を受ける態勢を作ることができますし、あなたは堂々と質問することができます。しかもこの質問をすることによって、たった一つの質問ではなくいくつもの質問を違和感なくすることだってできるのです。相手への配慮の姿勢を示しつつ、こちらが聞きたいことも率直に聞くことができる魔法の言葉。こう言われてしまうと相手としても断りづらいので思わぬ相手の本音も知ることができたりします。営業マンには是非とも知っていただきたいポイントです!

些細な一言にも十分に注意すること!

あなたは自分の発言に対してどれほど責任を有しているでしょうか?そして一度口から発した言葉はなかなかに訂正がきかないと認識していますか?だからこそどんな些細な一言であっても相手への配慮の気持ちは常に持っていなければなりません。特に最近では、政治家の失言が度々にニュースを騒つかせていますが、それは本来であれば由々しき事態なのです。王や政治家の言葉は庶民以上に重いものであって、後に言い間違えましたなどと軽々しく訂正できるような種類のものではありません。いちど口に出した言葉は絶対に責任を持たなければならないのです。

政治家ではない私たち庶民であっても、簡単に自分が発した言葉を訂正しているようであれば徐々に信頼を失ってしまうことでしょう。さらに付け加えるのならば、ある物事に対してその人の感想や考え方を聞きたいときには自分の考え方はいちどあえて伏せることをお勧めしています。単純に相手の評価を聞きたいのであればシンプルにまずは聞いてみましょう。例えばあなたがあるJリーグのチームが大好きだったとします。そのことを先に伝えてから相手にどう思うか尋ねたときにはなかなか嫌いとは答えにくいでしょう。また逆も然りです。自分の好みをキーワードの中に盛り込まないことによってより気配り上手な聞き手になれることを保証いたします!

相手が聞かれたくないことに対して深入りしないこと

相手との距離感を縮めようと一足飛びによりプライベートのことに関して質問しようとする人時々見受けられます。しかしそれらの行為は思わぬ墓穴を掘ってしまう可能性があるので控えた方が無難です。お互いに気心が知れて関係性が構築されているのであれば、家族関係の事や宗教や政治的な内容についてもトピックスにあげても問題ないでしょう。しかしながらビジネスの場においてはこれらの話題は絶対に避けるべきです。ほぼ互いに一致する事はありませんし盛り上がるべき内容でもありません。これらの他にも人によって絶対に触れられたくない内容は誰しもが抱えているものなので、事前にリサーチして絶対に踏み込まないようにすることも配慮の1つと言えるのではないでしょうか。もし何も知らずに触れてしまった場合にはよく相手の顔を観察して答え辛そうだったり表情が曇った場合には即座に撤回し頭を下げましょう。

そのようなことに触れるぐらいだったら相手にとってどんどん質問してほしい分野は存在しているはずです。積極的にそちらの内容に触れた方が人間関係がどんどん構築されると思いませんか?もちろん小さなことではありますがどの内容を質問するかは聞き手の選択にかかっているのです!

理想的なイメージ像を持とう!

誰しもが周囲を盛り上げるムードメーカーになりたいと心の底では願っているのではないでしょうか?もちろん得手不得手がある以上全員がそのようなスキルを身に付けているわけではありません。しかしながら近づくことができます。その目標や理想に近づく工程こそが人間にとって1番大切な作業なのではないでしょうか。ただどうしても自分だけに視点を置いていてはなかなかにどのように盛り上げ明るい対応を取っていいものか悩んでしまう人も多いはず。。

そこでオススメしている方法は、自分の中の理想の人物を見つけることなんです!それは職場の人間でも、テレビ上の人物でも構いません!なんでこの人はこの場面で気の利いたフレーズが出てくるのだろうと思わずうなった経験をした事は誰しもがあるはずです。とても自分には無理だともその時に思ってしまうことでしょう。もちろんそういった方達もたくさんの積み重ねの上でひたすら考えて今のスキルを手にしているわけですからあなたもそのような姿になるのは決して不可能ではありません。仕事と同じように良いものは習得し真似ればいいのです!ある場面に理想としている人物はどのような行動をとるのだろうとシミュレーションしながら相手の話を注意深く聞くのです!そうすることによって自分では決して思いつくことができなかった対応も第三者的な目線を持つことによって自分が理想としている行動に近づくことができるのです。

少し位オーバーリアクションで!

会話はお互いのキャッチボールによって成り立っている事は言うまでもありません。そうであるならば話している人間だけが主人公なのではなく、話している人間が気持ちよく話せる環境を作り出してあげるのが聞く側の最低限のマナーとも言えるのではないでしょうか。さてそのように考えてみるとあなたはどのような姿勢で話を聞いてくれる人物に好感を持ちますか?テレビでMCと呼ばれる方々を思い返してみてください!漏れなくオーバーリアクションで声を張り、話している人間の方向に身体を向けて目を合わせています。相槌もしっかり取っています。彼らにこそ人の話を聞く姿勢にとって大切な要素が盛り込まれているのです!

はじめのうちは恥ずかしい位オーバーリアクションで派手なジェスチャーをどんどん見せつけてあげて下さい!きっと相手もあなたにつられて徐々に大きな反応を示すようになってくるはずです!

擬音語も勇気を出して使ってみて!

あまり会話が上手くない人の特徴として、ごく当たり前のフレーズしか話していない点があります。例えば、芸人さんで例えると「すべらない話」に登場する宮川大輔さんを想像してください。彼の話にはある特徴があります!とにかく「擬音語」が多様されていることに気付かされるのです!

「ドーン」「ハラハラ」「ドキドキ」など、臨場感溢れる表現をすることによって話している人にもその高揚感が伝わってきます!すると話が当然勢いを増していくのですね!!相手をコントロールすることは他人なので不可能です!まずはあなたの対応を変化させることによって、付随的に相手の反応を変えてみましょう!

テキストのコピーはできません。