忘却のサチコ | 動画見逃し無料視聴(10話 | 12月14日放送)

忘却のサチコ
 

 
案内人
案内人

詳しい説明を省略して、「忘却のサチコ」をすぐに1話分無料視聴されたい方は下記からお進みください!

 

ネット配信でお好きな放送回を ⇓

 
 
忘却のサチコ」第10話を見逃した方も大手ネット配信会社で無料視聴できる裏技をご紹介します!しかもお好きな放送回を選択できるので過去に見逃した分がある方にもオススメです!ネタバレ感想記事もご参照ください。
 
 

動画見逃し無料視聴

 

案内人
案内人

過去放送分「忘却のサチコ」を見逃した方は、動画本数No.1のネット配信サービス「U-NEXT」がオススメです!

 

31日間の無料キャンペーンに参加するだけで、600円分クーポンがもらえるので、すぐにお好きな「忘却のサチコ」を1話分無料視聴できます!その特徴を下記にまとめました!

 

U-NEXT 無料

 

✸ 初回無料31日間+600円分クーポンを見逃したドラマ視聴に使います!

❀ 月額1,990円(実質790円)で人気映画・ドラマ・アニメが見放題80,000本以上
❀ 初回無料登録で600円分のptプレゼント(以後は1,200pt/月)→最新ドラマのレンタル視聴に使える
31日間の無料お試し期がある31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません
❀ ドラマの最新話配信が数日遅れてしまう場合があるので、現在の配信状況は下記からご確認ください
❀ 人気雑誌70誌以上が読み放題
❀ ご自身で最大4つまでアカウントが持てる
❀ 映画、国内・海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、キッズ、大人向け動画など多くのジャンルに対応
❀ TV、ゲーム機でもスマホ片手にも視聴可能
❀ 動画をダウンロードできるので、外出先で通信量を気にしない
❀ 簡単に登録・解約できる簡単なシステム
❀ 動画の画質がフルHD対応

もっと詳しく「U-NEXT」を知りたい方は、「U-NEXT メリット&デメリット」にお進みください。
 

ネット配信でお好きな放送回を ⇓

※本作品の配信情報は2018年12月14日時点のものです。まだ配信されていない、配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。
 
 

記事概要

サチコ×オムライス勝負!
 

-番組名-

「忘却のサチコ」

-放送開始-

2018年10月12日(金)

-放送日-

2018年12月14日(金)[第10話]

-放送日時-

テレビ東京 毎週金曜ドラマ24

深夜0時12分〜

-サチコ食べ歩き情報-

たいめいけん「オムライス

-出演者-

より詳しいキャスト紹介はこちら

高畑充希(佐々木幸子)
早乙女太一(俊吾)
長谷川朝晴(姫村光)
葉山奨之(小林一心)
逢沢りな(橋本玲奈)
重岡 漠(大野恭助)
上地春奈(岡田友里奈)
ふせえり(佐々木和代)
吹越 満(白井智昭)

-原作-

阿部潤「忘却のサチコ」/ ビッグコミックスピリッツ

 

 

[この記事の見どころ]

✎ 忘却のサチコ|無料視聴動画

✎ 忘却のサチコ|相関図

✎ 忘却のサチコ|10話ネタバレ

✎ 忘却のサチコ|10話感想

✎ 忘却のサチコ|11話あらすじ

✎ 忘却のサチコ|視聴率

✎ 忘却のサチコ|スタッフ&キャスト

✎ 忘却のサチコ|10話動画まとめ

 

人物相関図

 

忘却のサチコ 相関図

©️テレビ東京「忘却のサチコ」

 

忘却のサチコ|10話ネタバレ

 


↓下記をタップすると開きます↓

※誤字や脱字があった場合、ご了承ください。

[序盤]

[序盤]を開く

第十歩「老舗の味!お月見オムライス」

サチコが恋愛小説討論番組に参加

今世の中が求めている恋愛小説とは何か?そのことをメインテーマとした討論会が開催されることとなった。中学館からはサチコが指名される。社会学者の時田カノンが主催を務める。

恋愛小説であるならば橋本の方が適任であるが、どうしてもサチコが希望のようだ。先生の希望であるならばと、サチコは快く了解した。果たしてサチコは討論会で爪痕を快く残せるか?

サチコは時田と丁重に挨拶を済ませる。そこに現れたのはライバル会社の真由美だった。討論会ということでキメキメの衣装に身を包んでいる。早速地味なサチコの衣装にチクリとイヤミを話す。この討論会でサチコを推薦したのは真由美だった。

〜〜〜

有村先生の酒席のリベンジを!

以前に散々な結果になり、有村先生の担当者を外されてしまった真由美。天然なサチコは気付いていないが、相当に恨みを持っていた。そのリベンジの場としてインターネット討論会を選んだのだ!何と言っても弁論には自信がある。なぜなら学生時代に弁論部で全国大会に出場していたからだ!

出演準備をしているサチコに他社の男性編集員が声をかけてきた。初めての討論会ということで緊張している様子。ネット配信なので、全世界に向けて発信される。緊張しないわけがない。誰に見られるかわからない。サチコはここでいつもの妄想を膨らませる。もしかしたら俊吾さんにも見られるかもしれない?

〜〜〜

いつものサチコの妄想がスタート

なんと今回は宇宙が舞台だった。俊吾は宇宙戦隊ヒーローとして日夜戦っていてサチコのために地球に戻ってきた。この動画配信は宇宙にも配信されているらしい。そんな妄想していたのでサチコは目が点となってしまい、他の会社の編集者から心配されてしまう。きっとお前の緊張が佐々木さんに移ったんだよ。気分転換に長野県の名産である「おやき」が控え室にあるとの情報を伝えてあげてサチコは食べに向かった。

時田先生の地元の長野県から取り寄せた名産品である。サチコは種類豊富なおやきに目を奪われてしまう。なす、かぼちゃ、切り干し大根、きんぴらごぼう、どの味を楽しむべきか悩む。サチコは野沢菜をチョイスして電子レンジでチンした。待っている時間すら楽しみ。おやきを2つに割って暖かい湯気が立っている。サチコは大きな口を開けてまずは一口。モチモチの皮が印象的。お菓子にも食事にもなり得るおやきの魅力にハマった。野沢菜のシャキシャキした食感もすばらしい。 すべての味を試したくなるほどの美味しさだった。

〜〜〜

そんなサチコの笑顔に

時田先生はサチコが自分の地元である長野県からわざわざ取り寄せたおやきを心の底からおいしそうに食べてくれることを喜んだ。時田はサチコを編集者として信頼していた。しかも自分が大好きな作家さんの担当編集者も務めている。2人は大好きなシーンを語り合い、もし時田が本を出版する機会があれば是非ともサチコにお願いしたいと申し出ようとしたタイミングで、真由美がカットインしてくる。

真由美は女としての武器をフル活用して時田を誘惑する。だが、天然ながら全てにサチコに邪魔をされてしまう。しかもたくさん動き回ったせいか真由美のストッキングが伝線してしまっていて、赤っ恥をかきながらトイレへと逃げ込んだ。このまま全国放送に放送されるわけにはいかない。サチコがいるとどうにも真由美は調子を狂わされてしまう。絶対に討論番組では恥をかかせてやる!

[中盤]

[中盤]を開く

サチコがネットデビュー

編集部では、編集長たちがパソコンの前で、討論会が始まるのを今か今かと待ちわびている。会場とのネット中継がつながり、ワクワクと同時に、ドキドキもする。

そんな中、ひとり自分のデスクに座って携帯をいじっている小林。ネット中継を見ないのかと尋ねると、自分のパソコンで見ると答えが返ってきた。大野が本当に協調性がないヤツだと腹を立て、それを橋本がなだめる。

気を取り直し、パソコンを見ると視聴者からのコメントがいくつか書き込んであった。それを見た編集長が大野に、何か、佐々木を応援するコメントを書き込んでみろと指示を出す。

大野は指示に従い、「佐々木さんファイト!」と入力し、そのコメントが画面上に流れると、岡田や橋本が歓声を上げた。俺たちも、会場にいるつもりで応援するぞと編集長が言って、みんなで手を叩いて幸子を応援する。

~~~

討論会が始まった。

司会の時田が、今必要な恋愛小説とは何かと、出演者たちに意見を求める。男性陣からは、難病もののブームが、そろそろ終わり、これからは、友情もの、相棒もの、ミステリーに恋愛をからめたものが流行るのではないかという意見が上がる。

すると尾野が、意見を述べる。今、世界にはLGTBや貧困家庭、移民など、社会的弱者と言われてきた人たちを守ろうという、大きなうねりがあるのを感じる。そういった社会問題に恋愛を絡めて、本を読むことで読者の知的レベルや倫理観を引き上げられるような小説を生み出すことが大切だ。

毒にも薬にもならないような小説は、もういらないと机を叩いてその場に立ち上がって、はっきりと言った。椅子に座ると、幸子の方を見て勝ち誇ったような表情を浮かべる。

一方の幸子は、どこか一点を見ながら考え事をしている風だった。時田が声をかけると、幸子は我に返り、今自分に必要な恋愛小説について考えていたと、自身の意見を述べる。

答えがまだ見つかっていないが、それを知るために、私達はたくさんの恋愛小説を読むのかもしれない。質問の意図とずれていると、小野が横槍を入れる。幸子は、尾野の意見は素晴らしいが、社会的弱者であろうとなかろうと、恋愛の悩みや思いは人それぞれだと続ける。みな、自分の思いの正体が知りたくて、様々な思いが描かれている恋愛小説を読むのだと思う。多種多様な恋愛小説があるからこそ、読者はその中から自分の物語だと思える小説を見つけ出すことができるのではないだろうか。なので、今必要な恋愛小説は何かと言う答えは、「すべての恋愛小説です!」と、幸子が力強く言った。

〜〜〜

時田の見解は?

尾野以外の人間から、感嘆の声があがった。時田は、佐々木さんに担当された作家さんは幸せですねと言った。

その様子を見ていた編集長が、佐々木はいいことを言うと、感心する。ネット視聴者の反応も好意的だ。

続いて、編集者と作家との深い信頼関係から、恋愛に発展する事はあるのかという議題に移った。答えられないと思うのて、ありかなしかで言うと、どうでしょうと時田が尋ねる。

私はあると思いますと、尾野が真っ先に口を開いた。手元の携帯で視聴者の反応をチェックする。人と人は、誰でも恋愛をする可能性がある。最初からそれを否定しては、深い人間関係を築けるはずがない。実際、自分をモデルに小説を書いてくれた先生もいると、悪戯っぽく笑った。

再び携帯の画面を確認し、視聴者の食いつきが良いことにほくそ笑む。尾野は、時田先生の本も担当してみたいと、流し目を送る。それを受けた時田は困惑し、幸子に話題を振る。

「なしです」と、幸子は即答した。尾野が携帯を見ると、視聴者は幸子の発言に悪印象を抱いた人が多く、その様子を見て再びほくそ笑む。

幸子は、作家の先生方のことを「はやぶさ2号」だと思っていると持論を述べる。はやぶさ2号と恋愛できますでしょうか。時田は、幸子の発言の意図がわからず、困惑する。ここで尾野が、それは作家の先生方を物のように考えているという意味ですか?先生方に失礼だとまくしたてる。男性編集者からも苦言を呈される。

〜〜〜

はやぶさ2号なのだ!

すると幸子は、「みなさんは、ひたむきに任務を遂行しようと頑張る、はやぶさ2号の姿に感動を覚えませんか?」と尋ねた。応援したくなりませんか?はやぶさ2号は体1つで真っ暗な宇宙へ飛び込んでいった。先生方は私の知らない宇宙を探索し、新しい世界を垣間見せてくれる。未来を切り開くパイオニア。まさに、はやぶさ2号なのだと。

ネットの反応を見ながら、「そうなんだよ。面白いんだよ、佐々木はぁ…」と、編集長は笑った。

それならば、あなたの愛する人が作家になったらどうするんですかと、尾野はさらに、幸子に食ってかかる。

(もし、俊吾さんが作家に……?)

幸子のいつもの妄想が始まる。妄想の中で、髪がボサボサで、一昔前の作家のような格好をした俊吾が、原稿を書けずに悩み、苦しんでいる。そこへ編集者として尾野が現れ、原稿についてアドバイをする。

妄想したまま、幸子はフリーズしている。編集長が、放送事故かと心配する。幸子がフリーズしただけだと、橋本は言う。「佐々木頑張れ!」と、編集長が応援コメントを打ち込む。すると、画面いっぱいに幸子への応援コメントが流れてきた。それを見た大野が、やり過ぎだと言うが、編集長はもう打っていないと、両手を上げた。編集長たちがふと視線を向けると、小林がすごい勢いでキーボードを叩いていた。「小林?」と、編集長が声をかけると、小林はノートパソコンを閉じて知らないふりをした。

一方会場では、幸子がフリーズしたままだった。幸子が自分より目立とうとしているのかと思った尾野は、ペットボトルの水をコップに注ぐと、幸子に渡そうと自分の席を立った。心の中で、びしょ濡れになった姿を世界中の人に見てもらえばいいと考え、幸子に水をかけようと企む。

[終盤

[終盤]を開く

真由美の嫌がらせの結末は?

真由美はサチコに向かってわざとらしくコップに持った水をかけようとした。しかしそのタイミングでサチコは急に立ち上がる。サチコにかけようとしていた水を自分で浴びてしまう。

サチコは沈黙を破って作家を尊敬していると述べ始めた。もし愛すべき人間が作家の道を歩み始めたのであれば、愛と尊敬の両立を可能とする新たな感情を見つけ出したいと答えた!これには共演者や時田も拍手を送る。ネット上にも8888とさん絶賛のコメントが相次いだ。もちろん中学館の編集長たちも喜びの声をあげていた。サチコは後ろ振り向くとびしょびしょの真由美の姿が。真由美はサチコを睨んでいた。

やっと討論番組が終わった。持てるパワーの全てを使い果たしたサチコは空腹でノックダウン寸前。サチコは昭和6年創業のたいめいけんにやってきた。いわゆるガン黒3代目オーナーが有名なお店だ。サチコの好奇心は止まらなかった。 店内は落ち着いた雰囲気で客は食事を楽しんでいる。

〜〜〜

サチコの注文は?

メニュー表を眺めているだけでもよだれが垂れてくる。どんどん幸せな気持ちをさせてくれる。まず大好きなオムライスは外せなかった。他に何を注文すべきか。サチコは、カニクリームコロッケ、コンソメスープを注文した。

なんと3代目オーナーが自らカニクリームコロッケとコンソメスープを配膳してくれた。やはり実物は想像よりも日焼けしていた。白い歯がひかる。老舗のコロッケである。サチコの期待感は膨らんだ!

いただきます。

なんてサクサクしている衣なのだろう。口の中でとろとろのクリームソースが交わる。そしてカニの身がほぐれる。思わず笑顔になってしまうぜいたくな味。爽やかなソースの酸味もたまらない。 きっと三代目はあらゆる土地に出向き修行してきた結果あんなにも日焼けしたのだろう。だからこそこの味が保てているのだ。サチコの妄想は膨らみ3代目に対して自然と感謝の意味も込めて手を合わせていた。

続いてコンソメスープに移行する。
透明感あふれるスープに感激する。1口飲んでみると野菜の旨味が溶け出しており一切無駄のない味がした。

厨房ではシェフ自らがオムライスの調理に入っていた。匠の技でチキンライスを完成させていく。ふわトロの卵を上に乗せる。

「たんぽぽオムライス」が運ばれた。サチコは早速卵にナイフを入れる。とっても柔らかい。つやつやのデミグラスソースを卵にかけた。

〜〜〜

果たしてオムライスの味は?

卵の甘みとデミグラスソースの酸味が絶妙なコントラストを奏でていた。計算しつくされた少し塩気を抑えたチキンライスがベストマッチ!今までに経験したことがなかったオムライスだった!きっと3代目シェフの洋食業界を切り開くパイオニアなのだ!こんなにおいしいオムライスを食べることができて生きててよかった!

一方、真由美は今回の討論会についてはサチコに完敗したと認めた。今は勝ちを認めてあげる。でも絶対にいつかリベンジを果たしてみせる!その時を待ってらっしゃい!

佐々木幸子恐ろしや、、。

第10話終わり

 

忘却のサチコ|10話感想

忘却の感想

まさかのたいめいけん

洋食の老舗たいめいけんが忘却のサチコに登場しました!名物3代目オーナーは多くの視聴者の方がテレビで見たことがあるかと思います。私も久々に見ましたが色黒さが以前にも増して濃くなっていた気がします笑。さすがたいめいけんだけあって、出てくる洋食は値段に違わない本格派。まずカニクリームコロッケは、画面を通しても衣の薄さとサクサク感が伝わってきました。そして中から溢れてくる濃厚なクリームに蟹の身。思わずヨダレが垂れてしまった方も多いはず!やはりこだわって作られている伝統の逸品のオーラを見ました!

コンソメとオムライス

コンソメスープもシンプルでありながら、荘厳な琥珀色をしていて、どれだけのエキスを抽出したらあのような色になるのだろうと興味があります。家庭であそこまでの色を出したことがないのでやはりプロだなと感心してしまいました。そして第10話のメイン料理であるオムライス。シェフ自らが調理しているシーンもあり、雰囲気が盛り上がります!卵がふわふわなのは当然としても、あんなにも黄色が綺麗な卵焼きは見たことがありません!卵の品質へのこだわりだけでなくバターも多めに使っているのでしょうか?まずその美しさに目を奪われてしまいました!料理は目で楽しむものともいいますが、まさにそんなオムライスでした!

サチコが大興奮!

そして色黒オーナーに配膳してもらい、一礼したサチコはチキンライスの上に乗った卵を割りました。期待通りのふわふわトロトロの卵が溢れ出てきます!特に女性はオムライス大好きですよね!サチコも楽しみながら食べているのが伝わってきました!卵の濃厚さと旨み、そしてチキンライスとの相性が計算しつくされた絶妙なバランスに思わず悶絶してしまうサチコ。気持ちは分かります!ふわトロなオムライスは幸せな気持ちにさせてくれるからです。あそこまでの完成度はやはり自宅ではなかなか再現するのが難しいので、たいめいけんまで足を延ばしたくなりました!

サチコが討論番組に

最終的にはサチコが編集者としての心構えが世間に受けてライバル編集者に圧勝しました。中学館の編集長も評価している、通り不器用なまでの愚直さがサチコの魅力でもあります。小説家にとっては編集者はパートナーであり自分に足りないパーツを補ってくれる存在です。より良い作品を世の中に排出するためにも、ただのイエスマンに成り下がってしまったら小説家にとってはもしかしたら物足りないのかもしれません。だからこそサチコをを止める作家が多いのでしょう。作家は宇宙という未知の分野を開拓するはやぶさ2号のような存在。かけ離れているような気がしながら実に的を得ている表現だと思いました!

佐々木さん頑張れ!

中学館の代表として、世界中に配信されるインターネット討論番組にゲスト出演したサチコ。そんなサチコをネット配信で中学館のみんなは応援してあげていました。見ていて純粋に心が癒されましたし、こんな素敵な職場環境はうらやましいと思いました。互いに思いやる環境は愛に満ち溢れていますし、結果的に仕事の効率も上がると思います。あの小林でさえ、自分のパソコンで佐々木さんがんばれと連打していましたからね!少し小林が可愛らしくも思いました。次週はついにサチコと小林の恋愛に少しだけ動きがある模様です、絶対にくっつかなさそうな2人ですが果たして!?

 

忘却のサチコ|11話あらすじ

 

第十一歩「YO!夜明けのソルロンタン」

幸子(高畑充希)は、逃亡癖のある作家・姫村(長谷川朝晴)からの依頼で「結婚が突然破綻になる事情」を取材することに…

幸子が結婚式当日に婚約者・俊吾(早乙女太一)を思い出してしまうのでは…?と心配した後輩・小林心一(葉山奨之)は取材を手伝うことに。しかし、取材相手の話を聞くうちに俊吾が逃げたことと重ねてしまい、どんどん追い込まれていく幸子に、小林は自分の気持ちをぶつけてしまう。

気まずい雰囲気になってしまった2人だが、そんな時に、編集部員たちがそれぞれ宴会芸を披露する年に一度の宴会が行われることに!そこで幸子が選んだ衝撃の宴会芸とは!?

幸子と小林は仲直りできるのか!?今回の忘却グルメは、二日酔いの体に染み渡るソルロンタン!物語は遂に最終章!二人の恋の行方は?

俊吾さんは帰ってくるのか?

 

視聴率推移

 

第1話[2018年10月12日放送]視聴率

2.0%

第1話の見逃し動画とネタバレはこちら


第2話[2018年10月19日放送]視聴率

2.7%

第2話の見逃し動画とネタバレはこちら


第3話[2018年10月26日放送]視聴率

2.4%

第3話の見逃し動画とネタバレはこちら


第4話[2018年11月02日放送]視聴率

1.9%

第4話の見逃し動画とネタバレはこちら


第5話[2018年11月09日放送]視聴率

1.8%

第5話の見逃し動画とネタバレはこちら


第6話[2018年11月16日放送]視聴率

2.1%

第6話の見逃し動画とネタバレはこちら


第7話[2018年11月23日放送]視聴率

1.6%

第7話のドラマ動画とネタバレはこちら


第8話[2018年11月30日放送]視聴率

1.6%

第8話の無料視聴動画とネタバレ感想はこちら


第9話[2018年12月07日放送]視聴率

1.8%

第9話の動画配信とネタバレ感想はこちら


第10話[2018年12月14日放送]視聴率

%


第11話[2018年12月21日放送]視聴率

%

第11話の見逃し動画とネタバレはこちら


※放送日程については、あくまで筆者の予想となります。
※視聴率については、随時更新予定(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 

キャスト&スタッフ

【キャスト】

 

 

高畑充希(佐々木幸子)
早乙女太一(俊吾)
長谷川朝晴(姫村光)
葉山奨之(小林一心)
逢沢りな(橋本玲奈)
重岡 漠(大野恭助)
上地春奈(岡田友里奈)
ふせえり(佐々木和代)
吹越 満(白井智昭)

【スタッフ】

 

脚本
大島里美 狗飼恭子 山岸聖太
監督
山岸聖太 石井聡一 根本和政
音楽
矢野博康
チーフプロデューサー
浅野太(テレビ東京)
プロデューサー
井関勇人(テレビ東京)、木下真梨子(テレビ東京)、藤原 努(ホリプロ)、平部隆明(ホリプロ)小坂智尚(ホリプロ)
制作
テレビ東京 ホリプロ
製作著作
『忘却のサチコ』製作委員会

 

忘却のサチコ|10話動画まとめ

 

案内人
案内人

ふわふわとろとろのオムライスが印象的だった第10話。今回の忘却のサチコもおなかの虫が鳴りながら視聴された方も多かったのではないでしょうか?しかも本格派のたいめいけんが登場したのでどの料理も非常に美味しそうでしたね!サチコの編集者としてどのような心意気で業務に励んでいるのかを理解することができ、ますますサチコが大好きになった第10話でした!次回はサチコと小林が喧嘩!?気になる展開になりそうです!

 

ネット配信でお好きな放送回を ⇓

もっと詳しく「U-NEXT」を知りたい方は、「U-NEXT メリット&デメリット」にお進みください。
 
 
©テレビ東京/U-NEXT/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
⚠本作品の配信情報は2018年12月14日時点のものです。まだ配信されていない、配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。最新話の配信が多少遅れる場合がございます。
テキストのコピーはできません。