Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

忘却のサチコ | 1話 ネタバレ感想「高畑充希の食欲復活!」

忘却のサチコ
 

 
 
案内人
案内人

高畑充希主演「忘却のサチコ」がテレビ東京で連続ドラマ化1話ネタバレ感想見逃し動画無料視聴方法を中心に、ドラマで登場する美食の数々をご紹介します!高畑充希さんの豪快な食べっぷりにも注目です!

 

動画見逃し無料視聴

放送終了から1週間以内の場合

 

案内人
案内人

「忘却のサチコ」を見逃してしまい、最新話をお探しの方は「TVer」をご利用ください!1週間は無料動画配信しています!

 

Tver|無料視聴

 

放送終了から1週間以上経過の場合

 

案内人
案内人

「忘却のサチコ」最新話以外の放送は「TVer」配信では終了してしまっています!1週間以上前の作品を楽しむには、動画配信サービスをご活用ください!

 

筆者の調査の結果、「忘却のサチコ」の場合は、2018元旦の「忘却のサチコスペシャル」が配信されている「U-NEXT」で、連続ドラマも配信される可能性が高いです!

 

下記に「U-NEXT」のリンクを貼っておきますので無料視聴されたい方は、下記から配信状況が確認できます!もし配信されていれば、登録時にもらえるクーポン600ポイントを使えば「忘却のサチコ」を無料動画視聴できますよ!

 

⇓ こちらから配信状況が確認できます ⇓

もっと詳しく「U-NEXT」を知りたい方は、「U-NEXT メリット&デメリット」にお進みください。
 
※本作品の配信情報は2018年10月16日時点のものです。まだ配信されていない、配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。
 

月額1,990円(実質790円)で人気映画・ドラマ・アニメが見放題80,000本以上
◉ 初回無料登録で600円分のptプレゼント(以後は1,200pt/月)→最新ドラマのレンタル視聴に使える
◉ レンタル作品は40,000本以上
◉  31日間の無料お試し期がある
31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません
◉ 配布ポイントは、レンタルや漫画書籍の購入に使える
◉ 人気雑誌70誌以上が読み放題
◉ ご自身で最大4つまでアカウントが持てる
◉ 映画、国内海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、キッズ、大人向け動画など多くのジャンルに対応
◉ TV、ゲーム機でもスマホ片手にも視聴可能
◉ 動画をダウンロードできるので、外出先で通信量を気にしない
◉ 簡単に契約、簡単に解約できる
◉ 動画の画質がフルHD対応

 

記事概要

グルメコメディードラマが胃袋を刺激する!

-番組名-

「忘却のサチコ」

-放送開始-

2018年10月12日(金)

-放送日-

2018年10月12日(金)[第1話]

-放送日時-

テレビ東京 毎週金曜ドラマ24

深夜0時12分〜

-各放送話詳細-

第2話第3話✿第4話✿第5話✿第6話✿第7話✿第8話

-出演者-

より詳しいキャスト紹介はこちらにお進みください!

高畑充希(佐々木幸子)
早乙女太一(俊吾)
長谷川朝晴(姫村光)

葉山奨之(小林一心)
逢沢りな(橋本玲奈)
重岡 漠(大野恭助)
上地春奈(岡田友里奈)
ふせえり(佐々木和代)
吹越 満(白井智昭)

-原作-

阿部潤「忘却のサチコ」/ ビッグコミックスピリッツ

 

 

[この記事の見どころ]

✎ 忘却のサチコ|見逃し無料視聴方法

✎ 忘却のサチコ|1話ネタバレ

✎ 忘却のサチコ|1話感想

✎ 忘却のサチコ|2話あらすじ

✎ 忘却のサチコ|視聴率

✎ 忘却のサチコ|相関図

✎ 忘却のサチコ|スタッフ&キャスト

✎ 忘却のサチコ|1話ネタバレまとめ

 

忘却のサチコ|1話ネタバレ

↓下記をタップすると開きます↓

[序盤]

[序盤]を開く
朝7時。目覚まし時計の音で、幸子は目を覚ました。カーテンを開けると、朝の光が部屋に差し込んだ。クローゼットを開けると、中には、月曜日から金曜日までのスーツが、ぶら下がっていた。幸子はスーツに着替える。

 

幸子の母が、「こっちゃん、おはよう。調子はどう?」と部屋に入ってきた。

 

幸子は俊吾の写真に向かって、手を合わせていた。

 

母  「こっちゃん。もう何回も言うけど、俊吾さん別に死んだわけじゃないでしょう?」

 

すると幸子は素早く母の方を向き、

 

幸子 「わかってます、お母さん。これは、心の仏壇ですから」

 

幸子の母が言うには、俊吾の母親も結婚式の騒動以来、俊吾と連絡がつかないそうだ。どこに行ってしまったのかも、わからない。

 

幸子は撥を手に取ると、一心不乱にお鈴を連打しまくる。そんな幸子の様子を見た母親は、

 

母  「そうね。もういっそ、死んだ…ことにしちゃいましょう!じゃあお母さんも、チンチンチンチンやろう。ね?」

 

幸子は母親に、撥を渡した。母親も幸子のように、お鈴を鳴らそうとするが、うまくいかない。幸子がお手本で、1回チーンとお鈴を鳴らした。再び母親が挑戦するが、やっぱりうまくいかなかった。

 

〜〜〜

 

幸子は、担当している小説家の姫村光とともに、新刊の売り込みとサイン会のため、書店巡りをする。幸子は両手に、大きな紙袋を持っていた。

 

幸子 「姫村先生、おはようございます。本日は書店さんへの営業、サイン会にご同行いただき、ありがとうございます」

 

姫村 「いやいや。日頃、本を売って下さっている書店員さんに、感謝の気持ちを直接伝えたかったものですから」

 

幸子 「姫村先生。先生は、小説家の鑑です!」

 

早速一軒目の書店に入り、幸子は店員に自己紹介をした。

 

幸子 「私、中学館文芸編集部。佐々木幸子と申します」

 

店員に、姫村の新刊「償いザムライ」の、ポストカード、しおり、書店用の販売台、ポスター、ポップ、姫村のサイン色紙、生写真を渡した。その力の入れ具合に店員は驚いた。幸子は姫村に、一言挨拶を頼もうとする。しかし姫村は、少し離れたところで別の作家の小説を立ち読みしていた。幸子に促され、姫村は店員に「いつも、ありがとうございます」と、頭を下げた。

 

次の書店では、女性店員が「償いザムライ」を読んで感動したと言ってくれた。再び幸子は姫村に挨拶を頼もうとするが、辺りを見回しても、姫村の姿はなかった。書店の中を探すと、姫村が床に座って本を読みながら笑っていた。

 

姫村 「あ!佐々木さん!これすっごい面白い!『ヘビの面図鑑』っ!」

 

まだ笑い続けている姫村を見て、(先生は…天然?)と、幸子は心の中で思った。

 

〜〜〜

 

幸子は、電話で編集長に状況報告をした。編集長から、姫村はド天然な上に、放浪癖があるから気をつけるように言われる。放浪癖?幸子がふと横を見ると、姫村がどこかへ向かって歩いていた。「姫村先生っ!」と大声で呼んでも、姫村には聞こえていないようだ。

 

幸子はパンプスを脱いで手に持つと、姫村を追って、走り出した。

 

幸子 「姫村先生!お戻り下さい!先生、どうして逃げるのですか!先生…」

 

(逃げる…)

 

姫村の後ろ姿が、俊吾に重なって見えた。

 

(なぜ…?なぜ、私から逃げたの?俊吾さん…)

 

幸子は、姫村を追いかけながら、数ヶ月前の結婚式の事を思い出していた。

[中盤]

[中盤]を開く
母から、俊吾が席を外したまま戻ってこないという連絡を受ける。俊吾が残した置き手紙には、「サチコ すまない」、とだけ書かれていた。幸子はその文章を、会場にいる参列者たちの前で読み上げた。

 

幸子 「逃げられたと思います。…以上です」

 

幸子の母親はショックで倒れた。

 

「鉄の女」と呼ばれ、仕事を完璧にこなしていた幸子だったが、その結婚式の騒動以来、左右で違う靴を履いて出社してしまったり、書類の四方をホチキスどめしてしまったり、仕事でミスをするようになってしまった。

 

「鉄の女」と言われてはいても、やはり幸子はショックを受けていたのだ。

 

そんな時、何気なく入った食堂で鯖の味噌煮を食べた幸子は、その美味しさに感動した。そして、美味しいものを食べている間は、俊吾のことを忘れられた。

 

人間、どんなに悲しい目にあっても、お腹は空くの。たくさん食べて、忘れなさい。

 

〜〜〜

 

サイン会の準備前、再び編集長と電話でやり取りをする幸子。編集長から大丈夫かと聞かれる。

 

幸子 「大丈夫です。午前に2回、午後に3回お逃げになりましたが、なんとか発見し、ただいま、大野さんと橋本さんに見張っていただいております」

 

幸子はサイン会の準備をするため、電話を切った。

 

その時、ぐう〜っと幸子のお腹が鳴った。お昼ご飯を食べる暇もなかった。会場へ向かおうと歩き出した幸子は、「どんな本が好きなの?」と、話しているカップルとすれ違った。そして、過去に俊吾と本屋で同じ会話をした事を思い出した。

 

俊吾にそう聞かれた幸子は、作家や作品について俊吾に熱く語った。熱心な幸子の様子を見て、「幸子さんは、本当に本が好きなんだね」と俊吾が言った。

 

幸子は本棚の一番上にある本を取ろうと手を伸ばすが届かず、横から俊吾がその本を取ってくれた。その横顔を幸子は見つめた。俊吾が「この本は?」と幸子に尋ねた。その本は、幸子が初めて編集を担当した本だった。

 

「じゃあ、これ買おうっと」と言って、俊吾はレジの方へ歩いていった。幸子は歩いて行く彼の後ろ姿を見つめた。

 

はっと、我に返る幸子。また俊吾の事を思い出してしまった。仕事に集中しなくては…!

 

〜〜〜

 

サイン会の準備を進めながら、ポスターに書いてある「償い」、「後悔」、「罪」などの文字が目に入った幸子は、自分の何がいけなかったのだろうと考えた。

 

(罪……。私が今までに犯してしまった、罪…)

 

編集長の口癖、「要するに」が、常に要点を掴んでいない事を、指摘しなかった事…。

 

声をかけてきた人(キャッチの男性)を無視してしまった事。

 

突然のアンケートに、答えなかった事。本当はそこまで急いでなかったのに。

 

仕事を頑張ってきた幸子に、俊吾が甘いものを差し出した時に、断ってしまった事…。

 

俊吾 「頑張った、ご褒美。甘いもの食べると、疲れが取れるでしょ?」

 

そう言って、俊吾は幸子に干し柿を差し出した。

 

幸子 「ご褒美は、必要ありません。仕事をきちんとやるのは、当たり前の事です」

 

俊吾 「幸子さんらしいね…」

 

あの時、俊吾は悲しそうな顔をしていた…。

 

再び幸子は我に返る。気を取り直して、サイン会の準備を再開した。

[終盤]

[終盤]を開く
幸子の元に、サイン会の会場となる書店の店長、久野が慌てて走ってきた。サイン会のお知らせに不手際があり、100枚ほど用意した整理券が、まだ80枚も残っているという。その時、姫村達が会場に入ってきた。幸子は腕時計を確認すると、久野にすぐに戻ると告げ、会場を出て行った。

 

書店を出た幸子は、街中を全力疾走した。

 

(姫村先生に、大恥をかかせるわけにはいかない!!)

 

〜〜〜

 

サイン会が始まった。このままでは、あっという間に終わってしまいそうだと、久野、橋本、大野の三人は姫村に聞こえないように話していた。

 

すると、眼鏡とマスクで口元を隠した幸子が、ファンのふりをして、姫村に本を差し出した。それを見て、三人は(さくら!?)と、驚いた。姫村は幸子に気付かなかった。サインをもらった幸子に、「佐々木さん、流石にそれは…」と、久野が声をかけた。幸子は、次の変装の準備があるからと、会場から出て行った。

 

今度は、パーティーグッズの付けヒゲと眼鏡が一体になったものを身につけ、姫村の前に現れた。一応、髪は二つに結んで、スカーフも巻いている。それを見た大野は、思わず「これはひどい」と呟いた。しかし姫村はまたしても、幸子だと気づかなかった。姫村先生、ここまでの天然とは…。久野達が、幸子に声をかけようと近づくと、「皆さんも並んでご協力下さい。すぐに戻ってまいります」と言い残し、会場を出て行った。

 

(まだ、足りない…。もっともっと、もっともっと…注目を集めなければ!!)

 

〜〜〜

 

幸子は、ピンクのカツラを被り、アイラインがしっかり入ったメイクをし、派手なピンク色の衣装に身を包んだ。頭には大きなリボンが付いていて、そこに鳥が2羽くっついていた。

 

その格好で、街中でサイン会のビラ配りをする。懸命にビラを配り続ける幸子。しかし幸子の異様な出で立ちに恐れをなし、なかなか通行人に、チラシを受け取って貰えない。幸子は立ち止まって、少し考えた。

 

(考えが、甘かった…。自分のした事は、自分に返ってくる。そういう事なのかしら…)




顔を拭った拍子に、目元のマスカラが広がってしまう。それに気づかずに再びチラシを配り始めるが、先程以上に人に避けられる。もうダメかもしれないと、幸子はその場に座り込んでしまう。

 

〜〜〜

 

肩を落としながら、サイン会の会場へ戻ってくると、会場内に長蛇の列ができていた。中には、幸子が配ったビラを持っている人もいた。幸子は、久野達のところへ向かった。幸子の格好を見て、3人は驚いてそのまま固まった。すごい格好をしている上に、マスカラが取れてパンダみたいになっていた。幸子は会場の様子を見て、「さすが姫村先生…。私が心配するまでもなかったですね」と、呟いた。

 

後輩の橋本が幸子に、大変なことになっているとスマホの画面を見せた。そこには先程ビラ配りをしていた幸子の画像が映っていた。化け物が姫村光のサイン会の宣伝をしていると、ツイッターで拡散されていた。

 

すると会場内の人々が、幸子の存在に気づき、スマホで撮影をする人も現れた。とにかく着替えてきた方がいいと、橋本が幸子に言った。久野は幸子にお礼を言うと、「姫村先生の新作、全力で売らせていただきます」と言った。幸子は久野に「宜しくお願い致します」と頭を下げた。サイン会の様子を見つめる幸子の顔には、笑みが浮かんでいた。

 

〜〜〜

 

疲れて足元がふらつきながら歩いていた幸子は、関西風すき焼きの店の前で足を止めた。しかし、それなりの値段だった。看板を見ていると、店の中から二人の女性が出てきた。

 

女性1 「はぁ〜、美味しかった!」

 

女性2 「たまには自分にご褒美、あげないとね!」

 

二人の会話を聞いた幸子は、一瞬、俊吾のことを思い出した。幸子のお腹が鳴った。意を決して、幸子は店の中へ入った。

 

〜〜〜

 

幸子は、お座敷に通された。目の前には、すき焼き用の鍋が置かれていた。

 

(さすが老舗、高級感に溢れてる)

 

しばらくすると、女性従業員が部屋に入ってきた。持ってきてくれた肉は、近江牛だった。

 

(綺麗なピンク色…。見事な霜降り)

 

持って来られた肉をまじまじと眺めていると、女性従業員に「こちらでお作りさせていただいて、よろしいでしょうか」と声をかけられた。「は、はい」と幸子は答えた。

 

女性従業員が、鍋に脂をしきながら、「卵の準備をお願いします」と幸子に言った。幸子は卵をとき始めた。すると、鍋でネギを焼き始めた。この様子を見ながら、幸子は思った。

 

(私だけの為に、目の前で調理をしてくれている…。なんて、贅沢…。)

 

近江牛が鍋に入った。その上に、ザラメをふりかける。

 

従業員曰く、すき焼きというのは、元々関西の言い方で、割り下で煮るのではなく、ザラメ、みりん、醤油で焼くという。ジュウジュウ音を立てて、肉が焼かれる。

 

(溶けたザラメと、お醤油が絡まって、いい香り…。それにこの音…食欲をそそる)

 

女性従業員が、焼けた肉を溶き卵に入れ、幸子の前に差し出した。幸子は肉を口に運んだ。その美味しさに感動する。

 

(口の中でとろけちゃう、この柔らかさ!この、幸福感!!やっぱりウシですよ、ウシ!!)

 

幸子は心の中で、近江牛と生産業者の方々にお礼を言った。どんどん肉を口に運ぶ。幸子は、肉とご飯を追加してもらう。

 

(お肉から出た脂を使って、お野菜を焼くのね…。これも贅沢…)

 

幸子は、野菜を口に運んだ。

 

(牛脂をまとったこんがりおネギの、美味しいことっ!!)

 

そこへさらに肉が投入された。どんどん食べ進めていく幸子。終始感動しっぱなしだ。

 

幸子は最後の肉を、ダイレクトに口に運んだ。

 

(んん〜〜〜っっ!甘い!溶けてゆく…今日1日の疲れも、何もかも…。すき焼きをご褒美たらしめているのは、この甘さだったのね…。確かに、これはご褒美。ごほうビーフ……)

 

〜〜〜

 

家に帰った幸子は、俊吾の写真に手を合わせた。

 

幸子 「俊吾さん。今日もしばしの間、あなたを忘れることができました。」

 

ドアの影から幸子の様子を見ながら、幸子の母親が「まだもうちょっと、時間…かかりそうね」とつぶやいた。そして、そっとドアを閉めた。

 

幸子は一度、チーンとお鈴を鳴らし、目を閉じて再び写真に手を合わせた。

 

忘却のサチコ|1話感想

忘却の感想

 

これぞ高畑充希の演技!

彼女ほどのカメレオン女優は個人的にはいないと思っています!さすが舞台女優出身ということもあって、ドラマによって魅せる表情が全く異なってくるので、見ていて飽きさせません!さらに彼女のすごいところは、高畑充希をいい意味で感じさせないところではないでしょうか!?しっかりとその役柄になりきることによってドラマに調和することができる。これこそがまさに監督やプロデューサーが求めている才能だと思うので彼女が芸能界からいなくなることは100%ないと断言できます!

ドラマが終わるまでに太らないで!

とにかく食欲旺盛で美味しそうに食事をするシーンが盛り沢山の「忘却のサチコ」だけあって、彼女の体重具合が少し気になってしまいますよね(笑)余計なお世話だと思いますが、あれだけ演技が素晴らしい役者さんなので、少しでも食事シーンが気に入らなかったら何度でもやり直してそうなので心配してしまいました!特に第1話のお肉については夜中で見ていてお腹がグーグーなってしまうほど美味しそうだったので羨ましかった!!まさにコメディエンヌの鏡です!

原作漫画を見ていなくても。

原作漫画を全く見ていなくても、このドラマは夜中に放送するのかもったいないぐらい完成度が高いと思います!私も視聴する前はグルメドラマだと思っていましたが、コメディ要素が強くて、とにかく見ていて笑ってしまうドラマですね!改めて「忘却のサチコ」をみていると、食事をすることのありがたさと喜びに気づかされます。食事をする事ってこんなに楽しみてこんなに喜びに満ちているんだと改めて教えてくれるドラマなので、ひょっとしたら子供に見せるのもいいかもしれませんね!ちょっと刺激が強いシーンもあるけど。

スペシャルからの続編。

あれだけ鉄の女と仕事は完璧にこなすサチコであっても、さすがに結婚相手に逃げられてしまった時には意気消沈してしまいましたよね。それでも彼女を作ったのは食事でした。あれから数ヶ月後の舞台を描いている今回の連続ドラマですが、ふとした瞬間にまた当時の悲しみがこみ上げてきてしまって、また忘却することができる食を探しに行くと言う設定は見ていて非常に面白いです!

待望の連続ドラマ化!

実は今回の「忘却のサチコ」は視聴者からの続編を望む熱望の声があってこその連続ドラマだったみたいです!是非気になる方は2018年のお正月に放送されたスペシャル番組を視聴されてみてください!なぜ連続ドラマでもっとサチコを見ていたいのか伝わるはずです!お正月スペシャルもとにかく美味しそうに食事を楽しむサチコがとても印象的でした!やはりあのような個性的なキャラを演じさせたら!高畑充希さんを超える女優さんはいませんね!

 

忘却のサチコ|2話あらすじ

 

第二歩「踊れ!おにぎり!飯ッション インポッシブル!」


幸子(高畑充希)は、月刊「さらら」に新しい風を吹き込むべく、ライトノベル作家・ジーニアス黒田(池田鉄洋)に恋愛小説の執筆依頼を試みる。しかし、ジーニアスは大の人間嫌いで絶対に顔を見せない“引きこもり”。しかも、ジーニアスが公開している唯一の自画像が俊吾(早乙女太一)にそっくりで幸子はまたしても俊吾を思い出してしまい…。
ジーニアスに原稿を依頼するために、奔走する幸子であったが無理難題に振り回され、遂には警察沙汰に!?果たして幸子はジーニアスの心を掴み、執筆をお願いすることが出来るのか!?そして今回登場する俊吾を忘れるための忘却グルメとは!?

 

忘却のサチコ|視聴率推移

 

第1話[2018年10月12日放送]視聴率

2.0%


第2話[2018年10月19日放送]視聴率

2.7%

第2話の感想とネタバレはこちら


第3話[2018年10月26日放送]視聴率

2.4%

第3話の感想とネタバレはこちら


第4話[2018年11月02日放送]視聴率

%

第4話の感想とネタバレはこちら


第5話[2018年11月09日放送]視聴率

%

第5話の感想とネタバレはこちら


第6話[2018年11月16日放送]視聴率

%

第6話の感想とネタバレはこちら


第7話[2018年11月23日放送]視聴率

%

第7話の感想とネタバレはこちら


第8話[2018年11月30日放送]視聴率

%

第8話の感想とネタバレはこちら


第9話[2018年12月07日放送]視聴率

%

第9話の感想とネタバレはこちら


第10話[2018年12月14日放送]視聴率

%

第10話の感想とネタバレはこちら


※放送日程については、あくまで筆者の予想となります。
※視聴率については、随時更新予定

 

忘却のサチコ|相関図

 

忘却のサチコ 相関図

©️テレビ東京「忘却のサチコ」

 

忘却のサチコ|キャスト&スタッフ

【キャスト】

 

より詳しいキャスト紹介はこちらにお進みください!
 

高畑充希(佐々木幸子)
早乙女太一(俊吾)
長谷川朝晴(姫村光)

葉山奨之(小林一心)
逢沢りな(橋本玲奈)
重岡 漠(大野恭助)
上地春奈(岡田友里奈)
ふせえり(佐々木和代)
吹越 満(白井智昭)

 

【スタッフ】

 

脚本
大島里美 狗飼恭子 山岸聖太
監督
山岸聖太 石井聡一 根本和政
音楽
矢野博康
チーフプロデューサー
浅野太(テレビ東京)
プロデューサー
井関勇人(テレビ東京)、木下真梨子(テレビ東京)、藤原 努(ホリプロ)、平部隆明(ホリプロ)小坂智尚(ホリプロ)
制作
テレビ東京 ホリプロ
製作著作
『忘却のサチコ』製作委員会

 

忘却のサチコ|1話ネタバレまとめ

 

案内人
案内人

長文にわたりお付き合いいただきありがとうございました!「忘却のサチコ」1話ネタバレ感想は参考になったでしょうか?

 

詳しい動画視聴方法は、記事上部をご覧いただければ記載しております!深夜に見るのは危険な食欲そそるドラマですが、最終回までしっかりと記事にしていきたいと思います!本日はお越しいただきありがとうございました!

 

⇓ こちらから配信状況が確認できます ⇓

もっと詳しく「U-NEXT」を知りたい方は、「U-NEXT メリット&デメリット」にお進みください。
 
 
©テレビ東京/U-NEXT/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
⚠本作品の配信情報は2018年10月16日時点のものです。まだ配信されていない、配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。最新話の配信が多少遅れる場合がございます。