Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

僕とシッポと神楽坂 | 2話 動画見逃し無料視聴[虹の橋のお話]

僕とシッポと神楽坂
 

 

⇓ こちらから無料視聴ができます ⇓

 
 
案内人
案内人

2018年秋テレ朝ドラマ「僕とシッポと神楽坂」2話動画見逃し無料視聴方法と2話ネタバレ感想を中心に丁寧にご案内します。相葉雅紀さんが主演される心やさしき神楽坂の獣医師の姿にぜひ癒されてください。

 

動画見逃し無料視聴

 

案内人
案内人

「僕とシッポと神楽坂」の動画を過去に振り返ってご視聴いただくには、国内大手動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです!

 

なぜなら31日間の無料キャンペーンが設定されており、さらに簡単な登録だけで600円分のクーポンももらえるので「僕とシッポと神楽坂」を1話分どの放送回でも無料視聴することができます

注意点といたしましては、不要であれば解約手続きを忘れないことと、「僕とシッポと神楽坂」の場合には、毎週水曜日更新で最新話の配信が放送から数日遅れてしまうことです。詳しくは下記の緑枠内をご覧ください。

 

U-NEXT 無料

 

⇓ こちらから無料動画に進めます ⇓

※本作品の配信情報は2018年10月20日時点のものです。まだ配信されていない、配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。
 
 

✸ 初回無料31日間+600円分クーポンを見逃したドラマ視聴に使います!

❀ 月額1,990円(実質790円)で人気映画・ドラマ・アニメが見放題80,000本以上
❀ 初回無料登録で600円分のptプレゼント(以後は1,200pt/月)→最新ドラマのレンタル視聴に使える
31日間の無料お試し期がある31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません
❀ ドラマの最新話配信が数日遅れてしまう場合があるので、現在の配信状況は下記からご確認ください
❀ 人気雑誌70誌以上が読み放題
❀ ご自身で最大4つまでアカウントが持てる
❀ 映画、国内・海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、キッズ、大人向け動画など多くのジャンルに対応
❀ TV、ゲーム機でもスマホ片手にも視聴可能
❀ 動画をダウンロードできるので、外出先で通信量を気にしない
❀ 簡単に登録・解約できる簡単なシステム
❀ 動画の画質がフルHD対応

もっと詳しく「U-NEXT」を知りたい方は、「U-NEXT メリット&デメリット」にお進みください。
 

記事概要

青年獣医師と”シッポ”たちが織りなす感動のドラマ!

-番組名-

「僕とシッポと神楽坂」

-放送開始-

2018年10月12日(金)

-放送日-

2018年10月19日(金)[2話]

-放送日時-

テレビ朝日 毎週金曜 23時15分〜

-各放送話(動画・ネタバレ)-

第1話第3話第4話第5話第6話✿第7話✿第8話

-出演者-

もっと詳しいキャスト紹介はこちら

相葉雅紀(高円寺達也)
広末涼子(加瀬トキワ)
趣里(すず芽)
小瀧望(堀川広樹)
渚(尼神インター)(まめ福)
矢柴俊博(神主)
矢村央希(加瀬大地)
大倉孝二(名倉雅彦)
村上淳(田代真一)
かとうかず子(高円寺貴子)
イッセー尾形(徳丸善次郎)

ペット動物
アトム(看板犬・ダイキチ)
ミーちゃん(地域猫・オギ)

-原作-

たらさわみち/ 「僕とシッポと神楽坂」/『office YOU』(集英社)

 

[この記事の見どころ]

✎ 僕とシッポと神楽坂|見逃し無料視聴方法

✎ ペットの死後の世界「虹の橋」とは

✎ 僕とシッポと神楽坂|2話ネタバレ

✎ 僕とシッポと神楽坂|2話感想

✎ 僕とシッポと神楽坂|3話あらすじ

✎ 視聴率推移

✎ 人物相関図

✎ スタッフ&キャスト

✎ 僕とシッポと神楽坂|2話動画まとめ

「虹の橋」とは

天国のちょっと手前に虹の橋と呼ばれる場所があります。
この世界で誰かと特に親しかった動物は死を迎えると、虹の橋に行くのです。
そこには親しかった彼らのために用意された草地や丘があり、動物たちは一緒に走ったり遊んだりできるのです。

豊富な食べ物に水、お日様の光があり、動物たちは暖かく心地よく過ごします。

病にかかったり年老いた動物たちは皆、健康になって元気になります。
傷ついたり不自由な体になった動物たちも、また元通りになって力強くなります。
まるで、過ぎ去った日々の夢のように。
動物たちは幸せで充実していますが、一つだけ小さな不満があります。
みんな、とても特別な誰かと、残してきた誰かと会えなくて寂しいのです。
彼らは一緒に走ったり遊んだりしています。

しかし、ある日、一匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきらと輝き、身体はしきりに震え出します。

突然、彼は群れから離れ、緑の草を速く、速く飛び越えて行きます。

彼はあなたを見つけたのです。
そして、ついにあなたとあなたの特別な友だちが出会うと、再会の喜びにあなたは抱き合います。
そして二度と離れることはありません。

幸福のキスがあなたの顔に降り注ぎます。
あなたは両手で再び最愛の友の頭をなで回します。
そして、あなたは信頼にあふれる友の眼をもう一度覗き込みます。
その瞳は、長い間あなたの人生から失われていたものですが、心から決して消え去りはしなかったものです。

それから、あなたは虹の橋を一緒に渡って行くのです。

出典:「虹の橋

 

僕とシッポと神楽坂|2話ネタバレ

↓下記をタップすると開きます↓

※誤字脱字がある場合はご了承ください。

[序盤]

[序盤]を開く

コオ先生の病院が始まった。

達也は朝風呂に入っていた。
するとお風呂の窓から誰かに覗かれてるような気がする。
達也はまたすず芽たちに覗かれていると勘違いして思い切りお湯をかけてしまった。

しかし彼女たちは居間にいた。
朝ごはんを食べながら、自分たちが覗きをしていると思われたことに腹を立てる。
ひたすらに頭を下げるしかない達也。

毎朝の日課となった母親の貴子と、すず芽、まめ福にタジタジの達也。
流石におとなしい達也はこの女性陣に口では勝てない。

トキワも大地と朝ごはんを一緒に食べる。
大地がお父さんは足が早かった?と質問した。
どうやらクラスの中で一番足が遅いらしく、体育の時間を嘆いていた。

トキワは馬のように足が早かったので朝に駆けっこの練習をする約束をした。
その代わり毎日早く寝て早く起きること。早く宿題を済ませてしまうことも一緒に約束する。

日本においてもはや犬と猫は家族同然。
そんな家族の一員を守るために神楽坂で頑張るコオ先生の物語を一緒に見ていこう。

〜〜〜

症例発表会に出席

坂の上動物病院に妊娠している猫の患畜がやってきた。
触診する限りだと5匹ぐらいの赤ちゃんを宿しているらしい。
少し家を抜け出したタイミングで妊娠してしまったのだ。

飼い主は迷うことなく中絶。手術するようにお願いする。
しかし、無駄に命を捨てることを嫌うコオ先生はその申し出を拒否した。

飼い主はしびれを切らして他の動物病院にいこうとするが、しっかり者のトキワは飼い主から初診料にバイタルチェック、エコー費用をきっちりと請求した。
なんといったって、自分の給料も含まれているのだから。

トキワはコオ先生を自分の横に座るように話す。
コオ先生が隣に座ると、なんと昼食を準備してくれていた。

だが、やはり煮物、、。
自信ありげな表情で得意料理と豪語する。

が、食べてみても全く味がしなかった。
コオ先生は午後から定期的に開催されている症例報告会に出席した。

〜〜〜

コリー犬のジュリちゃん

会場にはナルタウン動物病院の田代も来場していた。
そこに香子もいた。
今日症例発表する予定のコリー犬・ジュリちゃんの飼い主だ。

どうやら最近ギュリの体調がすぐれないらしい。
症例発表を終えたらすぐに診てもらう約束をした。

獣医学生の小瀧望(堀川広樹)も発表会を楽しみに見学にきた。
どうやらお目当手の先生は田代らしい。

田代を発見するとテンションMAXに自己紹介をする。
そして田代の論文に感動したことを、田代が話すのを遮ってまで話し続ける。
そのような自己中心的とも言える積極的な態度に田代は、自分の若い頃と重なって決して悪い印象ではなかった。

いつでも遊びに来ていいと伝えた。
そのありがたい言葉に田代はものすごい近い距離感で喜んだ。
ついでに香子にも挨拶をする。可愛らしい女の子だから気になったのだろう。

〜〜〜

断脚をしない治療法

田代は症例発表でジュリちゃんの経過を報告する。
骨肉腫として判断され、普通なら断脚以外に治療法は存在しない。
しかし、飼い主が断として脚を切りたくない気持ちを尊重して、治験段階の新薬を投与することによってある一定の効果は出ている。
引き続きこの治療方針で臨んでいく。

次に、坂の上動物病院の高円寺が紹介された。
舞台に上がるなり、つまずき目も当てられないようなスタートだが、達也の話は観衆の注目をひいた。

「ペットと飼い主の心の治療」

決して手術という治療方法だけではなく、在宅ケアについても触れた。
誰でもペットと最後のお別れをする時、心は痛むもの。

ペットを病院でなくしてしまうと、家で看取ってあげたかった。
家で亡くすと、もっと病院で別の治療法があったのではないかと思う。
これにはなかなか答えが出せないもの。だからこそ真摯に向かい合って行きたい。

〜〜〜

トイレで達也は田代と話す。
田代は達也の症例発表について感銘を受けたと伝えた。

次にトキワのことを聞いてきた。
どうやら学生時代からの付き合いらしい。

みんなの憧れであったトキワ。仕事もできて美人で料理もできる。
しかし、達也は最後の料理ができるだけは、引っかかってしまった。

田代はまだ加瀬先生の帰りを待っているのかと質問する。
しかし、達也はその人物を知らなかった。

どうやらトキワの結婚相手らしい。
大地の父親だ。
研修で向かった南米で飛行機事故にあってしまいその後消息が不明だった。
もうすでに7年前の話である。
達也はトキワにそんな過去があったとは知らずに神妙な面持ちを浮かべていた。

[中盤]

[中盤]を開く

トキワをライバル視

大地は、コオ先生が研修に行ってしまったので今日はつまらなかったと不満顔。
大地にとって今ではコオ先生は大切な友達のようだ。
早く会いたいらしく次の日が待ち遠しい様子。

達也は友人の名倉に相談に乗ってもらっていた。
トキワに旦那のことを聞いていいものか。

あまりの拙速に聞いてしまうと人のプライバシーにドカドカと入っていくようで気が引けるらしい。
そんな煮え切らない達也の姿に名倉は面倒臭がった。
そして会ったこともないのに俺がルポライターとしての腕を見せて聞くからここはおごれを強引に話を進めるのだった。

トキワは次の日、またしても達也に昼食を作ってくる。
達也の栄養バランスを考えての優しさだった。

トキワも彼女の中で反省したらしい。いつも煮物ばかりだったと。
だからその代わりに新しいおかずを作ってきたと。
それはおでんだった。

しかも同じお弁当箱に入っているので、汁が白ご飯にしみしみだった。
どうぞ、食べて!とは言うものの、達也は愛想笑いを浮かべていた。

そこに昼食を届けにすず芽が坂の上動物病院を訪れた。
料理上手の彼女は、バーニャカウダとジャンバラヤに特製プリンまで届ける。
が、そこにお箸でアーンしてあげている光景を目撃してしまう。

すず芽の嫉妬心は最高潮に達する。
てっきりトキワが達也のことを狙っていると勘違いしてトキワのお弁当に嫌味をいう。
そんなんじゃ力が出ないと。
トキワも一方的に言われているだけでは我慢ならず、そんな多国籍弁当はド派手なだけで栄養がないと言い返した。

さらに話は進み、すず芽は人のお昼ご飯の心配をしているぐらいなら自分の仕事の心配した方がいいんじゃないですかと話す。
こんな今にも潰れそうな動物病院で働いているトキワを心配した。
こんなところでしか働けないのかと。

トキワも、こんな動物病院だからこそ私の力が必要なんだと主張する。
コオ先生は、こんなこんなと言われ続けて、流石に悲しくなっていた。

〜〜〜

このまま治療を続けても、、。

田代は飼い主にジュリちゃんの今後の容態について説明した。
投薬治療を受けることは可能。
だが、100%転移の可能性がないとは言い切れない。

それにジュリちゃんの体力的な問題もあり、いよいよ現実的に断脚手術を考え始める段階にきていた。

しかし、香子の母親はそんなかわいそうなことはできないと聞く耳を持ってくれない。
ジュリのことは家族である自分たちで決めると。

ジュリの飼い主は大富豪で、ナルタウン動物病院に田代がやってきたのも大沢家の紹介があったからだった。
ゆえにそれ以上強く言えない関係性でもあった。

偶然にも堀川が動物病院の見学に訪れていた。
そこで香子に気づき話しかける。

どこか元気がない香子の姿になんでも相談してと話す。
どうやらジュリの元気が最近ないらしく、治療が辛そうなのだという。
苦しそうに鳴いている姿が見ていられないのだ。

ここで香子は、症例発表会です感動した坂の上動物病院の先生を思い出した。
そして堀川と共にジュリを連れ出して向かう。

突然いなくなったジュリを連れ戻すように田代はスタッフに命じた。

〜〜〜

断脚手術を勧める。

コオ先生の元に2人が到着する。
コオ先生は、一度見ただけで、コリー犬がジュリであることを見抜いた。
そしてジュリに挨拶する。一度見たシッポのことは決して忘れない。
そんなコオ先生の誠実な姿に香子は信頼して、ジュリを診てくれるように頼んだ。

トキワはジュリが来たことを田代に連絡する。
どうやら副作用によって衰弱していることを気にしていると伝えた。

すぐに引き取ると田代は話すが、トキワは今日は坂の上動物病院で預かると話した。
セカンドオピニオンの大切さを訴えて、田代は渋々ながら納得した。

コオ先生は慎重に診断する。
そして香子にやはり断脚手術を勧めた。
堀川は簡単に決断を下したコオ先生に納得いかなかった。
田代先生は断脚しないという要望に応えるために必死に取り組んできた。

達也はゆっくり話をする。
苦心しながら慎重に治療を進めてきたことはよくわかる。
ただ骨肉腫の痛みはそれだけで取り除くことはできない。

ジュリちゃんは今でもその痛みと戦っている。
それを今度は取り除いてあげることを真剣に考えていかなくてはならない。

もちろん大切な家族だからこそ脚を切断するということ飼い主にとって痛みが伴うもの。
ただ痛みの元を取り除いてあげればまた歩くこともできるようになる。
今のジュリちゃんにとって最も幸せなことは何か?
一緒に考えてほしい。

〜〜〜

一緒に戦いたい。

香子は家に帰り母親に今日あったことを話す。
毎日ジュリは少しずつ元気をなくしている。
このまま抗がん剤治療を続けさせるのはかわいそう。

母親は脚を切ることもかわいそうだと訴える。
それでも香子はジュリの痛みのことを取り除いてあげたい。
在宅ケアを真剣に考えてあげたい。
最後まで見届けてあげたい。

ジュリは香子が小さい頃からの大切な家族。
病気がちであまり外に出ることができなかった香子にとっては姉妹のようなもの。
そんな香子がそこまで言うのなら、と母親は決断を尊重してくれた。

母親はその獣医師のことを聞く。

高円寺達也。
その名前を母親は知っていた。

[終盤]

[終盤]を開く

右後肢の断脚術

香子はジュリとの思い出を振り返る。
とにかく公園で散歩をするのが大好きな子だった。
あんな風に走り回っている頃を思い返すと脚を失わせることはかわいそうなことだとずっと思っていた。

でもそれではいけないと先生のおかげで気づけた。
ジュリは今も戦っている。
だから生きる支えになってあげたい。

コオ先生は、目線を香子に合わせて、優しく手を包み込んだ。

「香子ちゃんの気持ちは受け取りました」

手術が開始される。
トキワとの協力のもと順調に進んでいた。
堀川も心配して坂の上動物病院を訪れる。

手術ランプが消灯した。
手術は無事に終了。
その報告にやっと香子の顔に笑顔が戻った。

ジュリも不思議と穏やかな表情を浮かべている。
そんな姿に香子は安心した。

〜〜〜

本田さん。

在宅ケアのため香子の屋敷を訪れる。
そこに達也がよく知った顔があった。

本田さん。
達也の父親の運転手だった人物だ。
父親はたまにしか家に帰らなかった。

母親はご存知の通り神楽坂の芸者。
その間に生まれた子供こそが達也だった。

つまり香子は父親の孫にあたる。
達也とは血の繋がりがあった。

トキワは父親がいない生活は寂しくなかったのか質問した。
今の大地と似ている環境だからだろう。
達也は全然寂しくなかったと答えた。
だって母親が一緒だったから。

本田さんは症例発表会で達也の存在を知って、しばらくの間後をつけていたらしい。
冒頭でお風呂場を覗かれているような気がしたのは本田さんだった。

〜〜〜

経過は順調。

ジュリには脚を失った犬のための補助をつけてあげた。
少しずつ前みたいに散歩ができるようになってきた。
そんな姿に香子も喜ぶ。

術後の経過も至って順調であった。
この大切な瞬間を香子とジュリは思い切り楽しんだ。

〜〜〜

「虹の橋」

数ヶ月後

ジュリは荒い吐息をあげている。
コオ先生が診察する。

香子をジュリの近くに呼んだ。
香子はまだジュリを失う心の準備ができていなかった。

達也はそんな香故に「虹の橋」の話をする。

動物は亡くなったら天国の手前の虹の橋に行く。
そこでは一番元気だった姿でたくさんたくさん遊び回る。
時が経つのも忘れるぐらいに。

たった一つ、気がかりなことがある。
自分が残していってしまった飼い主のこと。
元気なのかな?
僕のこと心配していないかな?

そして長い月日が流れる。
ずっと待っていた。
お互いにしばらく会わなくてもすぐにわかる。
もう二度と離れ離れになることはない。

そして仲良く共に虹の橋を渡っていく。

これはお別れではない。
また必ずいつか出会える。

香子は悲しみに明け暮れる。
ジュリの亡くなったとき、偶然なのか奇跡なのか、屋敷の上空には虹がかかっていた。

〜〜〜

堀川がナルタウン動物病院で研修する。

厳しさは承知の上で、自分が憧れる先生の元で勉強したかった。

名倉は達也から「虹の橋」を聞いてお酒を飲みながら号泣していた。
そして自分のこともポン太は待っていてくれるかなとつぶやく。

でもポン太は達也のペット。
なんで名倉を待ってるんだ?と達也は疑問に思った。

次の日、坂の上動物病院はまた新しい一日を迎えた。
コオ先生はまた気合を入れ直す。

そこにトキワとすず芽がまた「こんな病院」とお互いにいがみ合っていた。
達也は2人の喧嘩に巻き込まれないようにそっと「本日休業」の立て札を立てるのだった。

 

僕とシッポと神楽坂|2話感想

僕坂感想

「虹の橋」に感動

私も大切な家族である猫を飼っていました。しかし、数年前に亡くなってしまい、今であの喪失感は忘れることができません。「僕とシッポと神楽坂」で虹の橋の話を知って、素直に嬉しくなりました。今でも自分のことを待ってくれているのかな。またいつか会えるんだな。そう思えるとまた再会できる日が楽しみで仕方ありません。きっとこの瞬間にも大切な家族であるペットを失っている方はおられると思います。ただいつか命あるものは自分も含めて必ず失われるものです。虹の話を信じてみるのもいいかもしれませんね。

コオ先生の優しさ

ペットを動物病院に連れて行く時、自分の体ではないし、ペットは喋って自分の症状を訴えることができないから、自分のこと以上に不安に駆られたりするものなんですよね。だからこそコオ先生のように、最大限の誠意を尽くしてくれて、動物にとって最善な処置とは何かを常に優先的に考えてくれる先生は飼い主にとってものすごくありがたい存在だと思います。こんな優しくて誠実な先生がたくさんいてくれたら、ペット大国の日本にはありがたいですよね。

どっちの病院もいい

ナルタウン動物病院と坂の上動物病院は、設備面からして圧倒的に差はあると思います。ただどちらの動物病院もそれぞれに個性があって、飼い主さんが選べる環境が整っていることは素晴らしいことだと思います。とにかく効率化で最新の医療を受けさせたいのであればナルタウン動物病院に行けばいいし、効率化よりもゆっくりと誠実に11と話し合って最適な治療方法を見つけて行きたいのであれば坂の上動物病院に行けばいいのだと思います。

最善の動物病院経営

獣医師は専門家であり、経営に関しては無頓着な人も多いと聞いたことがあります。そこにトキワのようなしっかり者の動物看護師の存在がいることによって、個人経営である動物病院の運営は格段に変わってくるでしょうね。気の弱いところがあるコオ先生には、ぴったりのありがたい動物看護師です。また大地もコオ先生に非常に懐いているので、トキワにとっても働きやすい環境でしょうね!お互いにとって働きやすい職場にしていける関係性だと思い見ていて気持ちがいいです!

飼い主の都合ではなくペットの気持ちで。

○○の処置はかわいそう、と人間目線で判断してしまうことが多々ありますが、本当に考えなければいけないのはペットがどのような状況になったら一番楽であるか、ですよね。確かに今回のケースだと断脚することは飼い主にとってはものすごく辛い判断だと思います。ただ、犬にしてみたらひょっとしたら抗がん剤治療を受け続ける方がつらかったかもしれない。歩けないほどの痛みをずっと足に抱えている方がつらかったかもしれない。人間目線ではなくてその都度最適な判断を飼い主として下していきたいですね。

 

僕とシッポと神楽坂|3話あらすじ

 

 町内会の寄り合いに出席した達也(相葉雅紀)は、そこで扇店『かなめ屋』を営む小宮千津(加賀まりこ)と会う。千津の飼い猫・カナメは、徳丸(イッセー尾形)がいたころからの患畜。達也はたまにはカナメを病院に見せにきてほしい、と声をかける。

 そんなある日、姿を消していたはずの徳丸が突然『坂の上動物病院』に現れる。勝手に病院に入り込んでいたのを発見したトキワ(広末涼子)は、徳丸を泥棒と勘違い! トキワが徳丸を威嚇しているところに、ちょうど出勤した達也は、その光景にびっくりしてしまう…! その後、徳丸が獣医師として南米に行っていたことを聞いたトキワは、7年前に南米に発って以来、行方不明になっている夫に思いを馳せ…?

 ひょんなことから偶然千津とも知り合ったトキワ。千津からカナメを飼うことになった経緯を聞いたトキワは、「たったひとりの家族である愛猫を残して逝くことになるかもしれない」という不安に揺れる千津の胸中を知る。病院に戻り、そのことを達也に話すと、即座に達也はトキワの思いを汲み、神楽坂で動物を飼うお年寄りのために往診をしてはどうか、と提案。そんなふたりの様子を見て、病院を任せた徳丸も安堵の表情を浮かべるのだったが…?

 

視聴率推移

 

第1話[2018年10月12日放送]視聴率

6.6%

第1話の見逃し動画とネタバレはこちら


第2話[2018年10月19日放送]視聴率

5.4%


第3話[2018年10月26日放送]視聴率

4.9%

第3話の見逃し動画とネタバレはこちら


第4話[2018年11月02日放送]視聴率

4.3%

第4話の見逃し動画とネタバレはこちら


第5話[2018年11月09日放送]視聴率

5.0%

第5話の見逃し動画とネタバレはこちら


第6話[2018年11月16日放送]視聴率

%

第6話の見逃し動画とネタバレはこちら


第7話[2018年11月23日放送]視聴率

%

第7話の見逃し動画とネタバレはこちら


第8話[2018年11月30日放送]視聴率

%

第8話の見逃し動画とネタバレはこちら


第9話[2018年12月07日放送]視聴率

%

第9話の見逃し動画とネタバレはこちら


第10話[2018年12月14日放送]視聴率

%

第10話の見逃し動画とネタバレはこちら


※放送日程については、あくまで筆者の予想となります。
※視聴率については、随時更新予定(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 

相関図

キャスト&スタッフ

【キャスト】

もっと詳しいキャスト紹介はこちら

 

相葉雅紀(高円寺達也)
広末涼子(加瀬トキワ)
趣里(すず芽)
小瀧望(堀川広樹)
渚(尼神インター)(まめ福)
矢柴俊博(神主)
矢村央希(加瀬大地)
大倉孝二(名倉雅彦)
村上淳(田代真一)
かとうかず子(高円寺貴子)
イッセー尾形(徳丸善次郎)

ペット動物
アトム(看板犬・ダイキチ)
ミーちゃん(地域猫・オギ)

 

【スタッフ】

 

監 督
深川栄洋
(『神様のカルテ』『60歳のラブレター』)
脚 本
谷口純一郎
国井桂
音 楽
林ゆうき
ゼネラルプロデューサー
三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー
都築歩(テレビ朝日)

松野千鶴子(アズバーズ)

岡美鶴(アズバーズ)
制作協力
アズバーズ
制作著作
テレビ朝日

 

僕とシッポと神楽坂|2話動画まとめ

 

案内人
案内人

「僕とシッポと神楽坂」2話動画見逃し視聴方法の紹介記事をお読みいただきありがとうございました。

 

2話ネタバレを読んでいただいた方は、内容が分かりやすかったでしょうか?ペットとはどのような存在なのかを改めて考えさせてくれる素敵なドラマだと思います。

引き続き3話目以降も記事をアップしていきますので、またご縁がありましたらお読みください。ご拝読ありがとうございました!

 

⇓ こちらから「僕坂」を1話分無料で見れます ⇓

もっと詳しく「U-NEXT」を知りたい方は、「U-NEXT メリット&デメリット」にお進みください。
 
 
©テレビ朝日/U-NEXT/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
⚠本作品の配信情報は2018年10月20日時点のものです。まだ配信されていない、配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。最新話の配信が多少遅れる場合がございます。