Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

僕らは奇跡でできている | 9話 動画が無料で見れる[12月4日放送 | 高橋一生・榮倉奈々]

僕らは奇跡でできている

 
2018年秋ドラマ「僕らは奇跡でできている」の第9話を含む最新話までお好きな動画をネット配信で視聴できる方法を簡潔にご紹介いたします!いよいよ最終回間近。一輝と育実は恋仲になるのでしょうか?
 
 

動画無料視聴方法

僕らは奇跡でできている|無料視聴
 
案内人
案内人

「僕らは奇跡でできている」を見逃した方は、フジテレビ公式動画配信サービスFOD」の1ヶ月無料キャンペーンをご利用ください。

 

 

 

僕らは奇跡でできている」は、FOD見放題作品に含まれていませんので、通常は300pt/1話ごと]のレンタル料金が生じてしまいます。

 

それではどのようにして無料視聴するのか、ちょっとしたコツをご紹介します!

実はFODでは、FODクーポンが発行されるのですが、日程が重要です!8が付く日(8日、18日、28日)」に400ptがそれぞれ配布されます![詳しくは下記の緑枠内

FODへの登録日が「8が付く日(8日、18日、28日)」ならクーポンを使って1話分すぐに無料視聴できます。それ以外の日なら「8が付く日」までお待ちください!1ヶ月無料キャンペーン期間中に合計1300ptもらえるので「僕キセ」を1ヶ月の間に、4話分無料視聴できます!

 
 
FODキャンペーン

FODポイントGETで1ヶ月無料期間に4話分無料視聴!

❀ 
月額888円(税抜)で人気映画・ドラマ・アニメが2,000本以上(レンタル作品含む)
❀ 初回体験者に1カ月の無料体験がある1ヶ月以内に解約すれば料金は一切かかりません
❀ 毎月合計1,300円分のポイントプレゼント☆★☆★
① 毎月月初に100ポイントプレゼント
② 毎月8の付く日(8日、18日、28日)に、各400ポイントをFOD公式サイトにてご自身でボタンを押して発行
❀ 簡単に3分ほどで契約3分ほどで解約できる
❀ 無料体験には、Amazonアカウントを入力する(すでにお持ちの方は、既存のアカウントOK)
❀ FODポイントは、映画ドラマのレンタルや漫画書籍の購入に使える
❀ 人気雑誌が100誌以上読み放題(スマホ片手に)
❀ 漫画・書籍が実質20%割引で買える
❀ ご自身で最大5つまでアカウントが持てる
携帯料金と一緒に支払える
❀ 解約後も、購入した漫画・書籍は読める
❀ 動画が高画質対応

もっと詳しく「FOD」を知りたい方は、「FOD メリット&デメリット」にお進みください。

 

⇓ 第9話含めて、最新話配信中 ⇓
※本作品の配信情報は2018年12月4日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。
 
 
 

記事概要

人生で本当に大切なものとは何か?

-番組名-

「僕らは奇跡でできている」

-放送開始-

2018年10月9日(火)

-放送日-

2018年12月4日(火)[第9話]

-放送日時-

フジテレビ 毎週火曜よる9時

-出演者-

高橋一生(相河一輝)
榮倉奈々(水本育実)
要潤(樫野木聡)
児嶋一哉(沼袋順平)
西畑大吾(新庄龍太郎)
矢作穂香(青山琴音)
北香那(尾崎桜)
広田亮平(須田巧)
トリンドル玲奈(丹沢あかり)
松本若菜(宮本涼子)
田中泯(相河義高)
阿南健治(熊野久志)
戸田恵子(山田妙子)
小林薫(鮫島瞬)

-脚本-

 橋部敦子

 
 

[この記事の見どころ]

✎ 僕らは奇跡でできている|見逃し動画無料視聴

✎ 僕らは奇跡でできている|相関図

✎ 僕らは奇跡でできている|9話ネタバレ

✎ 僕らは奇跡でできている|9話感想

✎ 僕らは奇跡でできている|10話あらすじ

✎ 僕らは奇跡でできている|視聴率推移

✎ 僕らは奇跡でできている|キャスト&スタッフ

✎ 僕らは奇跡でできている|9話動画まとめ

 

人物相関図

 

僕らは奇跡でできている

©️フジテレビ「僕らは奇跡でできている」

 

僕らは奇跡でできている|9話ネタバレ

 


↓下記をタップすると開きます↓

※誤字脱字がある場合はご了承ください。

序盤

[序盤]を開く

幼い頃の一輝

一輝は森の中を歩いていた。そこに小さなカメがいた。おじいちゃんに森の中でカメを発見したことを教える。おじいちゃんはそのカメがどうしたいのか一輝に聞いてみた。一輝はすぐにカメと話しに戻った。それが今のジョージとの出会いだった。

一輝は山田さんと打ち解けあって以前にも増して一生懸命に働いていた。しかもあんなに苦手だったタコも食べられるようになった。

お昼休憩で山田さん特製のタコの唐揚げを食べているのを見て樫野木はびっくりする。あれだけ拒絶反応を起こしていたのになぜ食べられるようになったのか?沼袋先生にもおすそ分けする。

鮫島教授がどうしても抜けられない会議が入ってしまったらしく、一輝に代講を頼んだ。授業内容は何でも興味があることをやってくれればいい。だが、樫野木はなんで自分ではなく一輝に頼むのか納得いかなかった。

~~~

琴音が進路相談したい!

琴音がお昼休憩中だった一輝のもとにどうしても進路相談に乗ってほしいと職員室に入ってきた。樫野木が進路相談であれば自分が乗ると申し出るがどうしても一輝でなければダメらしい。

昼食を食べ終わり、2人は空き教室に移動する。

琴音は突然口を開いた。

「私と付き合ってください。先生のことが好きなんです」

いきなりだったので一輝はどのようにリアクションをとっていいかわからない。

「できません!」

やはり学生と付き合うわけにはいかない。だったら学校辞めると言い出す琴音。

それでも一輝はできないと答える。しかもこれはもはや進路相談ではない。

しかも琴音は結婚まで意識していた。あまりにも飛躍している考えに一輝は唖然としてしまう。

~~~

あの歯医者さんのことは?

琴音は食い下がった。自分の事はどう思っているのか聞いてみた。

でも一輝はうまく答えることができない。それならばと、琴音は育美のことをどう思ってるのか聞いた。

琴音は以前に一輝がこんにゃくを手渡そうとしている現場を目撃していた。育美のことが好きなのではないか?

だが、一輝は今まで育美のことをそのように考えたこともなく、正直戸惑ってしまう。

相河先生のこと、諦めません!

職員室に戻る一輝。自分でも何がどうなっているのか理解に苦しんだ。樫野木先生から進路相談はどうだったかと質問されるが当然うまく回答することができなかった。しかもこの問題は自分にしか答えが出せない。

~~~

育美が山田さんの料理教室に

一輝が出迎えた。今、山田さんは買い物に出かけている。

一輝はコーヒーを淹れる。育美はその後のリスの様子が気になった。リスは冬眠をしないようなので相変わらず橋を渡ってくれていると聞いて嬉しそうな表情を浮かべた。

一輝は育美のことをジッと見つめる。当然、育美は気になった。水本先生はリスに似ている。そしてリスは好きだと話した。リスは、と強調したことが育美は謎に思う。

一輝は今日大学で学生から育美が好きなのではないかと聞かれたことを伝える。

どう思います?

自分に聞かれても、と困った表情を浮かべる育美。そこにタイミングよく山田さんが帰ってきた。育美としてはラッキー!

今日は鶏の唐揚げを作った。山田さんは気をきかせてここで食べていってくださいと誘うが、先程のことがあるので育美は今日は帰ることに。次はロールキャベツに挑戦しましょう!

~~~

山田さんは脈アリと読む

山田さんと一輝は2人で食事をする。山田さんは育美はもしかしたら可能性があるんじゃないかとウキウキしていた。

一輝はなんでそこまでしてくっつけようとするのか疑問だった。山田さんとしては、あんな素敵な人が今後一輝を好きになってくれる事はないと思っていたからこのチャンスを逃したくなかったのだ。

だが、一輝は山田さんに心配されなくたって自分にだってそれなりにあると主張する。今日だって大学で学生に告白された。

その事実に山田さんはびっくりしてしまう。でもその告白をお断りしたことを聞くとやっぱり水本先生が好きなんじゃないですかとテンションが上がる。

改めて山田さんは一輝に聞いた。育美のことをどのように思っているのか。

ただ、一輝にはそれが分からない。困った一輝は人の感情は目に見えないのにその感情に言葉をつけた人はスゴイと話し出す。

鮫島先生は?好きです。

熊野事務長は?うるさいです。

樫野木先生は?時々好きです。

沼袋先生は?好きです。

水本先生は?、、、、

謎ですかぁー。

一輝にとって育美の存在はどのようなものなのか?

~~~

鮫島教授の代講

一輝は金魚の祖先の話をした。そんな講義を険しい表情で外から眺める樫野木。だが、決して一輝のことを認めようとはしない。

学生たちも楽しそうに積極的に発言している。だが、金魚の話に始まったのに最後には月の話になってしまったことに、授業後に熊野事務長に怒られてしまった。でもしっかり自分の講義を聞いてくれていたことを一輝は喜んだ。

育美は山田さんに習ったピリ辛きゅうりをあかりにおすそ分け。ピリ辛きゅうりは失敗しないんじゃないですかと能天気に話すあかりに、一晩おくことが大事だと山田さんに教わったことを熱弁した。

どうやらクリニックにお客さんが来たようだ。育美が向かってみると、なんとそこには琴音の姿が。もちろん育美はビックリする。

こ、こんにちはー。

一輝のことでどうしても話があったのだ。彼のことを一体どのように思ってるのか?突然の修羅場に中にいるあかり達はニヤニヤしだす。

相河先生はシャイな人。こんにゃくも受け取らないくせにピリ辛きゅうりを作らないで!付き合う気持ちがないならこれ以上近づかないで!

言いたいことを言って琴音は去っていった。育美の戸惑いはピークを迎える。

中盤

[中盤]を開く

育美も意識してしまう。

育美は一輝にも鶏の唐揚げを作りに行った時に変なこと言われたし、琴音にもクリニックにまで来て相河先生に近づかないでと言われたので、どうしても彼のことが気になってしまった。

自宅でため息をついていると、なんとヤモリの姿を発見!ヤモリが大の苦手な育美はあかりに仕事終わりに一緒に探してくれるようにヘルプを頼む。だがどうしても抜けられない用事があるので無理のようだ。

あかりは相河さんな頼めばと提案した。動物を扱うプロだし。でも、最近いろいろあったので家にあげるのはちょっと、と抵抗感を示している。そんな育美にあかりは意識しているから家にあげたくないのでは?と意地悪に話してみる。

意識してませんっ!!

~~~

代講のお礼

鮫島教授が一輝に代講してくれたお礼を話した。熊野事務長には横道に脱線したから怒られたのに、鮫島教授からは横道に脱線した方が面白くなることもある、と肯定的に捉えた。

樫野木は来年の一輝のゼミの状況が気になって聞いてみたが、どうやら来年は受け持たないらしい。一輝が自ら断ったようだ。

電話が鳴る。

樫野木は娘からの電話ではないかと飛びつくが携帯が鳴っていたのは一輝だった。

、、、

本当にごめんなさい!

一輝は育美のマンションまでやってきた。あくまでも動物の先生だから家まで呼んだと育美は何度も念押しする。

ヤモリはあまり女性にとって見られたくない場所に潜んでいることが多い。でも、ヤモリを何とか退治したい育美は迷うことなくお願いした。

虫取り網がなかったので一輝は自分でぱぱっと作ることに。一輝ががんばって作業してくれている姿に育美は少し心が揺らぐが、あくまでもやもりを捕まえるためと自分に言い聞かした。

見つからなかったらどうしよう。よほど育美はヤモリが嫌なようだ。一輝は良いこともあると教える。例えばゴキブリの赤ちゃんを食べてくれること。ゴキブリと聞いて育美は寒気がした。

いました!

ご、ゴキブリー!!

育美は一輝にしがみついた。

だが、いたのはヤモリ。

育美は思わず抱きついてしまったことを少し照れつつ気まずい。

無事にヤモリの捕獲は完了。一輝もヤモリと遊べて大満足の様子。

じゃあ、帰ります!

特に話をするわけでもなく、すぐに帰る一輝に育美は少し拍子抜けしてしまった。

~~~

コンチューバーN

新庄はすっかり動画のコンチューバーに魅力されてハマっている。彼の正体は一体⁈

樫野木のもとに研究開発費の増額に関する問い合わせがきた。これから製薬会社と打ち合わせなければいけない。だがこの日は娘と公園で待ち合わせていた。仕方ないので、一輝にお願いして娘を迎えに行ってもらうことに。

一輝は樫野木の娘を研究室に招待した。香澄はフィールドワークについて聞いてみた。興味津々な様子で香澄の好奇心は止まらなかった。そんな香澄に一輝はいろいろなことを教えてあげた。パパがかっこよくフィールドワークをしていることも聞いた。

樫野木が製薬会社から戻ってきた。一輝に軽くお礼を述べて、ここは遊ぶ場所ではないとすぐに香澄を外に連れ出すのだった。

香澄から母親の彼氏について聞き出す。やはり今の彼氏が気になって仕方ない。

年齢は樫野木と同い年。仕事は会社を辞めたらしい。なんと趣味である自転車に携わりたいが為に。そんな話を聞いて樫野木は少し安心した。少なくとも仕事が定まっていない人間が結婚する事はないと考えたからだ。あくまで自分の方が優位だと考えていた。

終盤

[終盤]を開く

一輝は育美に想いを伝える。

この日、一輝はいつもの通勤途中で待っていた。そこに育美が姿を現した。どうやら偶然ではなく育美に会うために待っていたようだ。

水本先生をどう思っているのか分かりました!僕は、、、

急に自分の気持ちを話し出すので、育美は気持ちを整理するために少し待ってもらった。

ど、どうぞ。

一輝はフィールドワークの話をしだした。楽しいことだけではなく、苦しいことや辛いこともある。そんな体験談を伝え始めたのだ。

てっきり自分への告白だと思っていたので、何の話かさっぱりわからない。

水本先生のことが初めは苦手だった。たくさん怒られたから。でも、たくさん泣いてもいた。その涙の理由がわかる時もあればわからない時もあった。

餃子の形を揃えることも不思議だった。本当に楽しかった。水本先生は謎や不思議でいっぱい。一緒にいると感動や発見がたくさん訪れる。決していいことだけではない。いろんな気持ちにさせてくれる。

つまり水本先生のことが、、、

育美は固唾をのんでその言葉を待っていた。

面白いです!

面白い???

はい!じゃっ!

えっ⁉︎

一輝は自転車で颯爽と消えていった。残された育美の頭には謎しか残らなかった。

琴音が再度チャレンジ

大学にやってくる一輝を琴音は待っていた。そしてもう一度告白をする。

女として結婚対象としてどう思っていますか?

興味ありません!ペコリ

学食で仲間と共に琴音は語る。

もうすっきりした未練なし!

相河に告白したことを伝えるとみんなびっくりする。興味ないと言われたと聞いて新庄が血相変えて席を立った。みんな琴音の行動力を褒め称える。

新庄が向かった先は研究室だった。

興味ないってどういうことですか?言い方ってもんがあるでしょう。

一輝に対する怒りを覚えていたのだが、偶然にも沼袋の片隅に置かれているぬいぐるみがコンチューバーに登場してくるものと同様であったため、コンチューバー!と叫んだ。

その声に沼袋はビクッとして絶叫とともに急いで新庄を外に連れ出した。

~~~

私って面白いですか?

鏡を見て自分は面白いのかどうか育美は考えていた。あかりにも聞いてみた。でもやっぱりよくわからない。

沼袋が落ち着きを取り戻して戻ってきた。

樫野木には香澄から電話が。前に会ったときに伝えられなかったことがあるようだ。ママは再婚したがっている。そして、パパがフィールドワークに熱中していた時がママは1番かっこよかったと話していたことも伝えた。家族のためにフィールドワークを止めた樫野木にとっては意味がわからない。

茫然自失となって研究室に戻った。香澄からの電話だとわかった一輝は樫野木にまた次いつ会えるのか?フィールドワークにも興味津々だった。などと矢継ぎ早に質問する。

黙れよ!!

樫野木が大声を張り上げた。

一輝に対する今までの不満が一気に噴出した。自由に自分の好きなことだけをやって周りが支えてくれる。でもそんな生き方はみんなができるわけではない。君が通用しているのはこの環境があるから。生徒たちが君みたいな生き方に憧れてしまったらどう責任取るんだ?学生たちを勘違いさせないで欲しい!迷惑で悪影響。消えてほしい、、。

一輝は目に涙を浮かべながら足早に帰った。沼袋も鮫島も黙ってその様子を見守っていた。

一輝は自宅に戻ると、軽く山田さんに挨拶をしてすぐに部屋に引きこもった。そしてベッドに横たわった。

~~~

樫野木の想いは?

鮫島と樫野木が話す。

樫野木は鮫島教授の真意がわからない。どうして相河先生をこの大学に招き入れたのか。相河先生のような生き方が楽しそうと学生たちが勘違いをしてしまう。自分の楽しいことを仕事にすれば素晴らしいと思ってしまう。自分が熱中できることなんて簡単に見つかるものではない。

そんな樫野木に鮫島は何に対してイライラしているのか聞いてみた。当然、樫野木としては今話したようなことに対して怒っているつもりだ。

だが、鮫島の分析は違っていた。たまに自分の課題を別の問題にすり替える時がある。前に自分の授業に出席しないで学生たちがこんにゃく農家に出かけたときがあった。それを相河先生のせいにしていたけど、それは本当は樫野木先生の授業がつまらないからだよ。

今回のことも何かすり替えているんじゃない?

~~~

次の日一輝は欠勤した。

もう大学には戻ってこないかもしれない。

一輝はコンパスを片手に森に向かった。一輝はどのような決心を下すのだろうか?

第9話終わり

 

僕らは奇跡でできている|9話感想

僕キセ感想

一輝の育美に対する想い

今まで全く恋愛対象として考えていなかった育美に対する感情ですが、琴音に告白されて育美のことが好きなのでは?と指摘をされてから自分の気持ちを再確認するようになりました。ドラマでは触れられていませんが、おそらく一輝は今まで恋人関係になった人物はいなかったのではないでしょうか?もしそうだとすると、自分は恋愛するのを苦手としていると自分を杓子定規に考えてしまっていて、好きだったのに好きという発想がそもそもなかったとも考えられます。そう言われてみると自分では普通に過ごしていても周りから見れば絶対あの人のこと好きでしょ!と指摘されることって何度か経験ありましたよね!

一輝の授業の魅力

大学で学んでいる生徒たちは、授業に何を求めているのか。それはごく当たり前な定説と呼ばれる事柄を知りたいわけではありません。それを知るには本を読めばいいだけですから。であるならばなぜわざわざ授業を受けなければいけないのか。それは講義している先生がどのように人生を生きてきて、どのような発想によって物事を見ているか。その生き様を学んでいるのだと思います。一輝の場合には誰よりも好奇心旺盛に世の中の原理原則に対して常に疑問の目を向けているからこそ学生たちにとっても新鮮で、そのような発想があるのかと新たな気づきを与えてくれるのだと思います。

育美が意識し出す

絶対に相河さんのことを好きだと認めたくなくて、でも自然淘汰意識してしまう育美がなんだか健気で非常に可愛らしかったです。もともと知り合った当初は、なんだこの変な人は?という印象だったでしょうから、意識している自分を認めたくない気持ちもどこかにあるのでしょうね。でも性格が正反対な2人だからこそ非常にお似合いだと思ってしまいます。残り1話で最終回でお付き合いするまでには至らないかもしれませんが、なんとなくこれからもこの関係を続けていきましょう!となると、ドラマが終了した後でもきっと少しずつ距離感を縮めて仲良しでやっていくんだろうな、と思えて幸せな気持ちにさせてくれる2人です。

樫野木先生の本音

とうとうというか、ついに本音が爆発してしまいましたね。生き方が下手というか、真面目すぎるゆえに遊び心が足りないので、自分と違う人間を受け入れることがなかなかできないのでしょう。彼のようにただひたすら前を向いた生き方をしていると、自分の思い通りにいかない壁が現れたときに、自己反省するのではなく、ほかの事象にその責任をなすりつけたくなる傾向があると思います。一輝に怒ったのもまさにその典型例であり、自分に家族環境も含めて余裕がなくなってきたから爆発してしまったのでしょう。一輝のように気持ちが繊細な人物が真正面から罵声を浴びたときにどのように修正して立ち直れるのか心配するところでもあります。

育美は面白い

一輝がとうとう育美に気持ちを伝えるのか、と思われたシーンでは直接的な表現で好きとは伝えませんでしたが、その途中に話していたことを総合すると、面白いではなく好きが最も適切な表現だと思いました。あんなに人生に様々な彩りを与えてくれる人物はそうはいません。育美と一緒にいることで、一輝は間違いなく成長することができました。またお付き合いするのは相互関係でもあるので、育美にとっても一輝の存在が新たな余裕がある自分につながっています。一輝は恋愛経験が乏しく、面白いとの表現になってしまいましたが、それは紛れもなく好きと同等の意味だったと思います。

 

僕らは奇跡でできている|10話あらすじ(最終回)

 

樫野木(要潤)から「迷惑なんだよ。消えてほしい」と強烈な言葉を浴びせられた一輝(高橋一生)は、大学を休んで森へ。帰宅した一輝のもとに届いたのは、沼袋(児嶋一哉)からの一枚のメモだった。

次の日一輝は、鮫島(小林薫)に「ここを辞めます」と辞職を願い出る。それを知った新庄(西畑大吾)、琴音(矢作穂香)、桜(北香那)、須田(広田亮平)らは、どうにかして一輝を引き留めようと、育実(榮倉奈々)に説得を頼む。一輝の辞職を知らなかった育実は驚き、治療に訪れた一輝にその理由を尋ねるが…。

その後、休講にした分の講義の振替のため、一輝は学生たちを連れてフィールドワークに出かける。一方の樫野木も、鮫島のもとを訪れて…。森で学生たちから辞職する理由を問い詰められた一輝は、ついに自らの決断を語り、一同を驚かせる。

一輝の決意に刺激を受けた育実、樫野木、沼袋、学生たち…一輝が巻き起こした波紋に影響を受けた周囲の人々が、最後に下す決断とは?そして、大学を辞めることを決意した一輝は、いったいどこへ!?

視聴率推移

 

第1話[2018年10月09日放送]視聴率

7.6%

第1話の見逃し動画とネタバレはこちら


第2話[2018年10月16日放送]視聴率

6.1%

第2話の見逃し動画とネタバレはこちら


第3話[2018年10月23日放送]視聴率

6.2%

第3話の見逃し動画とネタバレはこちら


第4話[2018年10月30日放送]視聴率

7.0%

第4話の見逃し動画とネタバレはこちら


第5話[2018年11月06日放送]視聴率

6.0%

第5話の見逃し動画とネタバレはこちら


第6話[2018年11月13日放送]視聴率

6.4%

第6話の見逃し動画とネタバレはこちら


第7話[2018年11月20日放送]視聴率

7.2%

第7話の無料視聴動画とネタバレ感想はこちら


第8話[2018年11月27日放送]視聴率

6.4%

第8話のドラマ動画とネタバレはこちら


第9話[2018年12月04日放送]視聴率

6.9%


第10話[2018年12月11日放送]視聴率

%

第10話のドラマ動画とネタバレはこちら


※放送日程については、あくまで筆者の予想となります。
※視聴率については、随時更新予定(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 

キャスト&スタッフ

キャスト

 

高橋一生(相河一輝)
榮倉奈々(水本育実)
要潤(樫野木聡)
児嶋一哉(沼袋順平)
西畑大吾(新庄龍太郎)
矢作穂香(青山琴音)
北香那(尾崎桜)
広田亮平(須田巧)
トリンドル玲奈(丹沢あかり)
松本若菜(宮本涼子)
田中泯(相河義高)
阿南健治(熊野久志)
戸田恵子(山田妙子)
小林薫(鮫島瞬)

 

スタッフ

 

【脚本】橋部敦子
【音楽】兼松 衆、田渕夏海、中村巴奈重、櫻井美希
【主題歌】『予感』 SUPER BEAVER
【オープニング曲】『ピュアなソルジャー』 Shiggy Jr.
【演出】河野圭太、星野和成、坂本栄隆
【プロデューサー】豊福陽子、千葉行利、宮川晶
【制作協力】ケイファクトリー
【制作著作】カンテレ

 

僕らは奇跡でできている|9話動画まとめ

 

案内人
案内人

僕らは奇跡でできている」もいよいよ最終回目前です!2018年秋ドラマは素晴らしいドラマがたくさん生まれましたが、その中でも筆者のお気に入りは一風変わった「僕らは奇跡でできている」でした☆全く展開が読めない一輝の洞察に毎週驚かされています!最終回もあっと驚く展開を期待しています!

 
 
⇓ 第9話含めて、最新話配信中 ⇓
もっと詳しく「FOD」を知りたい方は、「FOD メリット&デメリット」にお進みください。
 ※具体的な無料視聴方法は、記事ページ上部をご覧ください。
 
 
 
©フジテレビFOD/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
※本作品の配信情報は2018年12月4日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。っ