Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

僕らは奇跡でできている | 1話ネタバレ 感想「高橋一生の動物愛」

僕らは奇跡でできている
 

 
案内人
案内人

2018年秋フジテレビ火9ドラマ「僕らは奇跡でできている1話(初回)の放送を見逃してしまった方向けに、「僕らは奇跡でできている」のネタバレ感想見逃し無料視聴方法をご紹介します!主演:高橋一生 榮倉奈々 要潤ほか。

 

動画無料視聴方法

僕らは奇跡でできている|無料視聴
 
案内人
案内人

高橋一生と榮倉奈々のW主演「僕らは奇跡でできている」の動画見逃し無料視聴方法からご紹介します!やはりネタバレをご紹介させていただく上で、文章を読むよりも時間が許すならばご自身の目で視聴される方が100倍面白いからです!

もちろん読者様に負担をかけたくないので、動画配信サービスでも無料で視聴できる方法に限定してご紹介します!

 


 

調査の結果フジテレビのドラマなので、やはりフジテレビが運営している動画配信サービス「FOD」の1ヶ月無料キャンペーンを利用することが一番お得であることが判明しました

 

ここから注意深くお読みください!

 

「僕らは奇跡でできている」はFOD見放題作品に含まれていないので、レンタル視聴する必要があります。つまり1ヶ月無料キャンペーンを利用しても、通常であれば[300pt/1話]がどうしても生じてしまいます。

 

そこで無料視聴するご提案としては、8が付く日」に配布されるFODポイントを利用する方法です!発行方法の詳細は、下記の緑枠をご覧ください。

 

運よく登録した日が、「8が付く日」なら1話分すぐに無料視聴できます。それ以外なら「8が付く日」を待つ必要があります。1ヶ月無料キャンペーン中に合計1300pt貰えるので、「僕らは奇跡でできている」を4話分無料視聴できますよ!

 

少し手間ですが、公式動画で安全に無料視聴するにはこの方法のみとなりますので、無料視聴されたい方は、下記よりお試しください!

 

 

 
⇓ 1話〜最新話配信中 ⇓
もっと詳しく「FOD」を知りたい方は、「FOD メリット&デメリット」にお進みください。
※本作品の配信情報は2018年10月12日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。
 

FODポイントGETで1ヶ月無料期間に4話分無料視聴!

❀ 
月額888円(税抜)で人気映画・ドラマ・アニメが2,000本以上(レンタル作品含む)
❀ 初回体験者に1カ月の無料体験がある1ヶ月以内に解約すれば料金は一切かかりません
❀ 毎月合計1,300円分のポイントプレゼント☆★☆★
① 毎月月初に100ポイントプレゼント
② 毎月8の付く日(8日、18日、28日)に、各400ポイントをFOD公式サイトにてご自身で発行
❀ 簡単に3分ほどで契約3分ほどで解約できる
❀ 無料体験には、Amazonアカウントを入力する(すでにお持ちの方は、既存のアカウントOK)
❀ FODポイントは、映画ドラマのレンタルや漫画書籍の購入に使える
❀ 人気雑誌が100誌以上読み放題(スマホ片手に)
❀ 漫画・書籍が実質20%割引で買える
❀ ご自身で最大5つまでアカウントが持てる
携帯料金と一緒に支払える
❀ 解約後も、購入した漫画・書籍は読める
❀ 動画が高画質対応

 

記事概要

幼かったあの頃の純真無垢な気持ちを思い出そう!

-番組名-

「僕らは奇跡でできている」

-放送開始-

2018年10月9日(火)

-放送日-

2018年10月9日(火)[1話]

-放送日時-

フジテレビ 毎週火曜よる9時

-各放送話詳細-

第2話第3話✿第4話✿第5話✿第6話✿第7話✿第8話✿第9話✿第10話

-出演者-

高橋一生(相河一輝)
榮倉奈々(水本育実)
要潤(樫野木聡)
児嶋一哉(沼袋順平)
西畑大吾(新庄龍太郎)
矢作穂香(青山琴音)
北香那(尾崎桜)
広田亮平(須田巧)
トリンドル玲奈(丹沢あかり)
松本若菜(宮本涼子)
田中泯(相河義高)
阿南健治(熊野久志)
戸田恵子(山田妙子)
小林薫(鮫島瞬)

-脚本-

 橋部敦子

 
 

[この記事の見どころ]

✎ 僕らは奇跡でできている|1話ネタバレ

✎ 僕らは奇跡でできている|1話感想

✎ 僕らは奇跡でできている|2話あらすじ

✎ 僕らは奇跡でできている|相関図

✎ 僕らは奇跡でできている|視聴率

✎ 僕らは奇跡でできている|キャストスタッフ

✎ 僕らは奇跡でできている|1話ネタバレ感想まとめ

 

僕らは奇跡でできている|1話ネタバレ

↓下記をタップすると開きます↓

序盤

[序盤]を開く

僕らは奇跡でできているの始まり

幼い少年(一輝)が森の中を歩いている。森や川には、たくさんの生き物がいる。一輝は、祖父の家にやって来た。祖父は、ろくろを回す手を止めた。

一輝は棚に置いてあった、綺麗な青い茶碗を手に取って眺めた。しかし、茶碗を床に落として割ってしまう。割れた破片を拾い上げて、一輝は言った。

一輝 「これ、もうダメ?」

祖父 「一輝。どうしたらこの器が輝くと思う?」

〜〜〜

あの日、割れてしまった器の破片は、一輝のペットのカメがいる水槽の中にあった。
スマホのアラームが鳴り、一輝は目を覚ました。ベッドから起きると、カメに朝ごはんの葉っぱを与え、「おはよう、ジョージ」と声をかけた。

一輝は、お手伝いさんの妙子と一緒に朝食をとった。歯医者の話をしながら、妙子が食べる前に、一輝はピリ辛きゅうりを全部食べてしまった。

部屋で大学へ向かう準備をする一輝。8時を過ぎてもかずきが部屋から出てこないので、気になった妙子は、部屋の様子を伺う。すると、ちょうどドアが開いて、一輝が出て来た。妙子に、部屋に勝手に入らないように念を押すと、自転車に乗って、大学へ向かった。

〜〜〜

一輝は、都市文化大学で、動物行動学の講師をしている。授業で、ジャイアントパンダが現代まで生き残ってきた話をした。スマホをいじっていたり、寝ている学生がチラホラいる。授業終了のチャイムが鳴ると、学生達はそそくさと教室を出て行った。

〜〜〜

動物生態学研究室では、講師の沼袋がアリを観察しながら、独り言を呟いていた。パソコンをしていた樫野木准教授は、その声に驚いた。そこへ、授業を終えたかずきが戻ってきた。その後ろから、熊野事務長が入ってきた。遅刻した一輝を、学生達に示しがつかないと、怒る。そして、毎回授業で出席をとるように言った。

アフリカの会議から、鮫島教授が帰って来た。凄いものを見つけたと、コプロライトを取り出した。驚いた一輝が、駆け寄って来た。コプロライトは、糞の化石だった。熊野事務長は、部屋を出て行った。ランチをしながら、話の続きをする事になった。一輝は、鮫島からコプロライトを貰った。

〜〜〜

家の掃除をしていた妙子は、「入ります」と言って、一輝の部屋に入ってしまう。ゴミ箱の中のゴミを片付けると、机の上に忘れていった弁当箱を発見する。

〜〜〜

一輝は研究室で、弁当忘れたことに気がついた。鮫島達と昼食に行こうとしたところで、歯が痛み出した。

〜〜〜

一輝歯医者に行く!

鮫島の紹介で、水本歯科クリニックにやってきた一輝。育実が診察をしようとするが、一輝の話が止まらない。そのため、椅子を倒して半ば強引に診察を開始した。

診察を終え、虫歯の治療について説明をする育実。歯を抜くと聞いて、驚く一輝。歯を残すのは難しいと育実が言うと、治せる先生を探すと、一輝が言い出した。どの先生も治せないと言い、虫歯が深くまで進行している事を説明した。この状態で歯を残す事は不可能だ。「帰ります」と言って、一輝は処置室を出て行った。

〜〜〜

一輝が家に帰ると、ちょうど妙子の、きのことさんまの炊き込みご飯が出来上がったところだった。ピリ辛きゅうりも作ったと言う。しかし一輝は、晩御飯はいらないと言った。そして、妙子が自分の部屋に入ったと気づき、言い合いになるが、途中で歯が痛み出した。

歯を抜かなければならなくなったのは、妙子のせいだと責任転嫁する一輝。しかし妙子に、人のせいにして誤魔化すなと叱られる。一輝は何も言い返せなかった。妙子はこれなら食べられるだろうと、一輝にスープを作ってくれた。

一輝は寝る前に、「おやすみ、ジョージ」と声をかけてから眠りについた。

〜〜〜

一輝は、事務長に言われた通り、授業で出席カードを配った。

中盤

[中盤]を開く

一輝は熱中したら我を忘れる!

水本歯科クリニックに電話がかかってきた。電話の相手は一輝で、今日診てもらえないかという電話だった。育実は予約がいっぱいだったが、緊急ということもあり、予約の患者の合間をぬって、4時15分に予約を入れた。時間厳守で、と念を押す。「わかりました」と一輝は答えた。電話を切ると、育実はスタッフに一輝の予約が入ったことを伝えた。

〜〜〜

動物生態学研究室に、「相河先生!」と言って、熊野事務長が乗り込んできた。授業で配った出席カードの色が全部同じだったのだ。学生が出席を偽らないように、授業ごとに色を変えるよう伝えていたはずだった。他にも一輝に何か言おうとするが、その途中で、鮫島が一輝を呼び出した。

鮫島は一輝を部屋に入れて、二人で話をした。一輝は鮫島に、なぜ自分を先生にしたのか聞いた。そのうちわかると言われたが、全然わからない。鮫島は、「まだ半年だからね。順調だよ、相河先生」と答えた。

部屋から出てきた一輝に、樫野木が声をかけるが、一輝は「あった!」と言って床に落ちていた骨を拾い上げた。

〜〜〜

水本歯科クリニック。予約の時間になっても一輝は来ないし、何の連絡もない。

〜〜〜

一輝は拾った骨を、骨格標本にはめ込んだ。ふと時計を見ると、すでに歯医者の予約の時間は過ぎていた…。

〜〜〜

一輝と虹一の出会い。

予約の時間に間に合わなかった一輝は、 直接クリニックに行って、一番最後の患者さんの後に診てもらう事になった。 椅子に座って 順番を待っていると、絵を書いている少年(虹一)に気づいた。

虹一は、カメの口に 歯を描き足そうとしていた。それを見て、カメに歯はないと言った。虹一はウサギには歯があるよね?と聞き、 一輝はウサギの歯について説明した。虹一は、「イソップ物語」の絵を描いていた。

虹一 「 このカメには、謎がある。 カメは寝ているウサギに 声をかけなかった。 倒れているかもしれないって、 どうして思わなかったのか」

一輝 「なるほど。それは大きな謎だな」

虹一の母親が会計をしている間に、虹一が一輝に言った。

虹一 「謎を説き明かせ」

一輝 「了解」

虹一は、母親と共に帰って行った。

あかりは診察を終えた育実に、一輝の予約が入ったことを伝えた。育実は、料理教室の予約をキャンセルした。

一輝は診察室に通された。予約の時間に来れなかったことを謝った。育実は一輝の言動にイライラして、思わず嫌味を言ってしまう。しかし、一輝は意に介さず、猿の骨格を修復できたことを話した。

診察の結果、次回抜歯することになった。一輝は水曜日を希望したが、クリニックが休みの日だった。「週休3日なんですね」と言うと、育実は水曜と土曜は別のクリニックに勤務していると言う。本当に歯を抜かなければならないかと、再確認する一輝。「いけません」と、育実は少し強めに答えた。

〜〜〜

家に帰ると、妙子が高級豆腐について話しかけてきた。気持ちの整理をつけているから話しかけないでと、一輝は言った。それでも妙子が話しかけてくるので、一輝は自分の部屋に避難した。

〜〜〜

銀座のクリニックで、女性患者の診察を終えた育実。その女性は、雑誌の編集をしていた。輝く女性の特集を組むので、育実を取材させてほしいと頼まれた。

育実は仕事帰りに、ジュエリーショップへ立ち寄った。仕事を頑張っている自分へのご褒美にと、ネックレスを購入した。

終盤

[終盤]を開く

シマウマの縞模様はなぜ?

大学での授業。前回の課題のシマウマはなぜこんなに綺麗な白黒の縞模様になっていると思うか、ということについて一人ずつ発表をしてもらうと、かずきは言った。急に発表と言われて戸惑う学生たち。まだやっていないと言う声や、もっと調べる時間が欲しいと言う声が上がる。

一輝「外から知識を持ってくる必要はありません。今あなたの中にあるもので、考えればいいだけです。皆さんが考えていることを、皆さんの言葉で知りたいです。では、発表してくれる人?」

発表する人がいないので、学生たちをグループに分けて発表してもらうことにする。学生たちをグループ分けしていく一輝。Aグループになったのは、龍太郎、巧、琴音、桜の4人。巧がみんなに何かあるかと聞くが、琴音は「ない」と即答する。龍太郎の携帯にバイト先からのメールが来て、話がそれてしまう。

すると、突然かずきが、別の課題を話し合ってもらうと言い出した。イソップ物語の、「ウサギとカメ」についてだ。どうしてカメは、寝ているウサギに声をかけなかったのか。

そして、話が盛り上がってきたところで、本題のシマウマの事を話し合ってくださいと、急に話を戻した。学生たちは何がなんだかわからない。シマウマの課題は、次の授業で発表してもらうことになった。

〜〜〜

育実は雑誌の取材を受けた。

取材が長引き、恋人の鳥飼との待ち合わせ場所に遅れて到着した。鳥飼は育実が付けているネックレスに気がついた。「取材もあったし、買っちゃった」という育実。似合うよと鳥海は言ったが、その笑顔は少し固かった。

育実は、一度食べてみたかったというレストランの前に来た。鳥飼は高価そうな外観に戸惑った。給料日前だった。しかし、育実は「大丈夫、あたしあるから」と、店の中に入って行ってしまった。

育実はシャンパンがいいなと、メニュー表を指差した。その金額を見て、鳥飼は自分はビールと言った。遠慮してるのかと鳥飼に尋ねるが、彼はそういう訳ではないと否定する。たまには贅沢しようと、育実はシャンパンを二人分頼んだ。

続いて料理のメニューを見るが、よく分からないので、育実はコース料理を頼んだ。鳥飼は何も言えなかった。居心地が悪そうだった。

料理を食べながら、育実はクリニックの経営について話した。親から引き継いだクリニックより、週2日の銀座のクリニックの方がずっと報酬がいいと言う。鳥飼は、銀座のクリニックだけにしてはどうかと提案するが、それはできないと、育実は鳥飼の意見を否定した。

食事が済み、会計は育実がした。

外を歩きながら、久々に美味しいものを食べたと、育実は悪気なく言ってしまう。その言葉をきっかけに、鳥飼の態度が変わる。怒っているのかと聞くが、鳥飼はそれを否定して、歩き出した。しかし、育実は彼の態度に納得がいかず、食いさがる。

鳥飼 「もう、うんざりだよ。育実は……俺のこと、下に見てんだろ?」

育実 「はぁ…?なんでそういうことになるのよ?」

鳥飼 「そうだからだよ」

そう言って鳥飼は、育実の制止も聞かず、歩いて行ってしまった。

〜〜〜

一輝は妙子と朝食をとっている。今日は歯医者の日ですよね?と、妙子から念を押された。今度は忘れないように、スマホにアラームをかけたという。朝食を食べ終え、一輝は大学へ向かった。

〜〜〜

授業の最後に、シマウマの課題について各グループの代表に発表してもらうと、一輝は言った。各グループから色々な意見が上がった。寄生虫などから身を守る虫除けの効果、体温調節のため、ライオンやハイエナを混乱させるため等。Aグループは、琴音が発表した。シマウマの縞は、種類によって微妙に模様が違う。逃げる時にお尻の模様を見て、仲間についていく。

全てのグループの発表が終わると、授業終了を告げるチャイムが鳴った。

一輝 「はい、今日はここまでです。終わります」

片付けを始める一輝に、龍太郎が結局正解は何だったのか聞いた。一輝は、「わかりません」と笑顔で答えた。わからないなら、やらせるなよと、龍太郎は項垂れた。

片付けを終えた一輝は教室を後にした。一輝の授業の様子を教室の外から見ていた鮫島と樫野木。樫野木が、「僕から注意しておきます」と言うと、鮫島は「順調だねぇ。さすが、相河先生」と言って、満足そうに歩いて行った。その発言に、樫野木は首をかしげた。

〜〜〜

妙子が掃除機をかけていると、電子音が聞こえた。掃除機を止めて耳を澄ませると、音は一輝の部屋の中から聞こえてきた。「入ります」と言ってから、部屋の中に入ると、机の上でスマホのアラームが鳴っていた……。

〜〜〜

育美が一輝を叱る!

育実は鳥飼から言われた言葉を思い出していた。隣りの部屋では、あかり達が休憩中だった。あかりが、彼氏に買ってもらったネックレスの話をしていた。本当は、自分で買おうと思えば買えたが、こういう特別なものは、絶対彼に買ってもらうという。育実は、二人の会話に耳をすます。

あかり 「彼に気を遣って自分で買うと、彼逆に卑屈になっちゃいますから」

育実は、その言葉にはっとした。気を取り直し、二人の元へ行き患者さん達に定期検診の案内を出しておいてほしいと、あかりにリストを手渡した。

定期検診に来てくれる人を増やして、リピート率をあげるのが狙いだった。しかし、あかりは、今までリピーター増えたことないですよね?と言ってしまう。

育実「だったら増えるように考えてみて下さい。リピート率が増えるかどうかは、歯科衛生士しだいだってことぐらい、分かりませんか?」

あかりの言葉にイラっとした育実は、キツく言ってしまう。あかりは首を横に振った。祥子が声を出さずに、あかりを嗜めた。

育実は部屋を出た。ため息をついて受付の方へ行くと、ソファーに座っていた一輝に驚く。

育実が、なんでいるのか聞くと、スマホを忘れてしまい、時間に遅れないように早めに来たという。約束は2時で、しかも今は昼休憩中だった。

育実「常識ってものがないんですか?時間を守ることは人として、最低限やるべきことですよね?もしどうしても守れないなら、連絡を入れる。どうしてそんな簡単なことができないんですか?」

一輝は育実を見つめたまま、何も言えずにいた。

育実 「私間違ってます?」

一輝は少しして、「帰ります」と言って、クリニックをあとにした。

〜〜〜

公園にやってきた一輝。「おーい!!」と、一輝を見つけた虹一が走ってきた。

虹一 「カメの謎が解けたぞ」

虹一と一輝の考えは同じだった。虹一は嬉しくなった。するとそこへ、育実が現れた。「先程は、大変申し訳ありませんでした」と、一輝に謝罪した。

〜〜〜

育美はウサギ?

抜糸が終わり、一輝にガーゼを噛ませる。ゆっくりと椅子を起こすと、一輝が何か言った。しかし、ガーゼを噛んだままなのでよくわからない。育実が聞き返すと、「抜いた歯を下さい」と一輝は言った。

育実は、抜いた歯をガーゼでくるみ、一輝に渡した。虹一の事を聞くと、「ウサギとカメ」の話で盛り上がったと言う。どんな風に盛り上がったのかと尋ねると、「先生はウサギっぽいですね」と一輝が言った。

育実「あ、あの。こう見えてうさぎじゃないんですよ?私。意外と努力型?器用じゃないけど、コツコツ頑張るタイプで、どっちかって言うと、カメですね」

一輝「コツコツ頑張るのが、カメなんですか?」

そうですよね?と育実がいうと、「物語の解釈は自由ですから」と一輝は答えた。相河さんのカメはどんな解釈なのかと、育実は尋ねた。

一輝「カメは全然頑張っていません。競争にも勝ち負けにも、興味がないんです。カメは、ただ道を前に進むこと自体が楽しいんです。

想像してみて下さい。地面を這いつくばっ前に進む、カメにしか見えない世界。地面から数センチの世界。その素晴らしい世界を楽しむためだけに。カメは、ただ前に進むんです。

カメの世界に、もはやウサギの存在はなく、寝ているウサギに声をかけなかったのも、そのためです。」

育実は、一輝の話を黙って聞いていた。帰ろうとする一輝に、ウサギはどういう解釈かと尋ねた。

育実「能力があるのに、油断して負ける…。違いますか?」

一輝「ウサギは、亀を見下すために走るんです」

育実「見下す…」

一輝「はい。自分はすごいって、証明したいんです」

育実は、その場に立ち尽くした。一輝は部屋から出て行った。

育実は受付まで走ってくると、「私のどこがウサギなんですか?」と、一輝に尋ねた。スタッフや、他の患者の視線が育実に集まった。育実は気まずくなり、一礼すると処置室に戻り、「何なの?」と呟いた。

僕らは奇跡でできている|1話感想

視聴者の声

 

もんち
もんち

僕キセがスタート!

ずっと楽しみにしていた「僕らは奇跡でできている」がスタートしました!高橋一生さんの大ファンで、ゴールデンプライム帯のドラマでは初主演となるこの作品で、どれだけのインパクトを残せるのか非常に興味があります!

 

キャラクターは普通の人間とは少し異なっていて、気になる観点も違う。本当に一般的な感覚を持っている育実とはこれから様々なシーンで価値観の違いがあらわになってくるでしょうが、実は一輝の考え方の方がピュアでより人間味あふれるでいるというか、私たちが普通だと思っていることも、実は何かを犠牲にした上で成り立っていたりするのではないかなと気づかされます。僕らは奇跡でできている、はおそらく原作漫画や小説は存在しないと思いますが、このタイトルが最終回を迎えた時にどのような意味を持っているのか、どういった意味で奇跡なのか、脚本家の意図が今から楽しみで仕方ありません!第2話目以降も必ず視聴していきたいと思います!

 
ゴリ
ゴリ

一輝の ピュアさに心ときめく!

一輝にはどんな世界が見えているのだろう?確かに人と接することは苦手なのかもしれない。それでも彼が見えている景色はすごく幸せなんだろうなと感じることが「僕らは奇跡でできている」の第1話を見ただけでもすごく感じることができました!今は今時の大学生のように授業を受けている生徒達も全くやる気が感じられず、全て事なかれ主義で取り組んでいるけれども、ドラマが進んでいくにつれてきっと目に見える変化が訪れるのだと思う。

 

それを気づかせてくれるのが一輝のひたむきな姿勢と動物たち昆虫たちが持っている奇跡を体感することなのではないでしょうか!考えてみれば人間も動物の一つです。きっとこのドラマを通して、たくさんの動物たちから今生きている私たちに向けて多くの学びとメッセージを受け取ることができると期待しています!個人的には2018年秋ドラマの中で一番見ていてワクワクするそして癒されるドラマでした!

 
たぬ吉
たぬ吉

ウサギとカメの対比!

常識にとらわれない一輝の言動にびっくりしつつも、彼の事を理解してくれる、おじいちゃんや、鮫島教授。言い合いになるけど、なんだかんだ仲がいい妙子さんが近くにいて、一輝が羨ましいです。 変わり者の部類に入る人って、大なり小なり、周りにいるけど、自分を理解してくれる人がいるかいないかで、人の中で生きていく生き辛さみたいな物が、だいぶ違ってくると思う。それに、好きなものに没頭できるのも凄いと思う。そんなになるまで、夢中になれる物がないので…笑。

 

ストーリーの中での、「ウサギとカメ」の解釈は、自分が思いつかなかった事なので面白いと感じた。そういう視点があったのかと、感心した。そして、固定観念って怖いなとも思った。いろんな感じ方があっていいはずなのに、知らないうちに、カメは努力家。ウサギは、能力あるのに最後油断する。そういう物だと思っていた。しかし、カメはその生態に沿った解釈なのに対して、ウサギの解釈には少し悪意があるように感じた。一輝と育実の対比に使う為?好きな事に一生懸命になりすぎてしまう人と、そんな人を変わり者と見下す人との対比?なのかもしれないけど…。その部分は、自分の中でちょっと引っかかった。

 
トラジ
トラジ

榮倉奈々さんの美貌がステキ!

榮倉奈々さんは、綺麗ですね。今回のエリート歯科医の役、ぴったりだと思います。育実みたいな性格の人いますよね…。本人は自慢とか、偉そうにしてるつもりないんだけど、人を見下しているように感じられる人。最後に一輝が言っていたように、自分が凄いって証明したいという気持ちも、どこかにあるのでしょうね。でも、努力をしているのは確かですよね。

 

歯科医になるのだって、勉強しないとだし、お父さんからのクリニックを引き継いで、他のクリニックにも勤務して、自分のところではやっていない技術を身につけていますよね?1話から、彼氏と険悪な感じになってしまいますが、今後どんな展開に持っていくのか、予想できません。一輝と出会った事で、育実の中で何か変化が起こるのでしょうか?一輝がメインのストーリー展開なのかと思っていましたが、育実もどうなっていくのか気になります。「僕らは奇跡でできている」 というタイトルが、どのようにストーリーに関係してくるのか、楽しみです。

 

僕らは奇跡でできている|2話あらすじ

 

大学で動物行動学を教える相河一輝(高橋一生)は、ある日、通っている歯科クリニックで“キッキッキッ”と音が出る古い水道の蛇口を発見。その音が鳥の鳴き声に似ていたことから、授業でフィールドワークに出かけることを思いつく。しかし大半の学生は、学外に出るフィールドワークを面倒に思うばかりで、ワクワクしているのは一輝ただ一人——。

一方、育実(榮倉奈々)は一輝に言われた「先生はウサギっぽい」「ウサギはカメを見下すために走る」という言葉が忘れられず、落ち着かない時間を過ごしていた。ある日、歯科クリニックで出会った宮本虹一(川口和空)と公園で再会した一輝は、生き物に深い興味を示す虹一に、自分が人知れず山で調べている“ある謎”を打ち明ける。
虹一もまた、一輝に親しみを感じるが、虹一の母・涼子(松本若菜)だけは、息子に近づく怪しい男を警戒していた。

迎えたフィールドワーク当日、山に到着した一行は、音を出して鳥を呼び寄せる“バードコール”を手に鳥との会話を試みるが、なかなかうまくいかない。そんな中、青山琴音(矢作穂香)は、まるで子供のような無邪気さでフィールドワークを楽しむ一輝に胸の高鳴りを覚えて……?一方、育実は、ケンカした恋人の鳥飼(和田琢磨)と仲直りしようと、自宅で手料理をふるまうことに。しかし、相手を気遣ってついた小さなウソが、かえって雅也を傷つけてしまい、距離を置かれてしまう。イライラが募る育実は、ある晩、ストレス解消のためにひとりで焼き肉を食べに行く。ヤケ食いとばかりに次々注文していると、そこへ一輝が現れて……!?

 

僕らは奇跡でできている|相関図

 

僕らは奇跡でできている

©️フジテレビ「僕らは奇跡でできている」

 

僕らは奇跡でできている|視聴率

 

ケロマツ
ケロマツ

「僕らは奇跡でできている」のドラマ視聴率は7.6%でした。実はフジテレビの火曜日21時枠は、近年高視聴率に恵まれていません。高橋一生さんのゴールデン帯初主演ドラマということで非常に注目を集めていましたが、そのジンクスは第1話では覆すことができませんでした!ただ、内容はすごくしっかりしており、SNSでも早くも僕キセブームが起き始めているので、今後はますます期待できるのではないでしょうか!

 

第1話[2018年10月09日放送]視聴率

7.6%


第2話[2018年10月16日放送]視聴率

6.1%

第2話の感想とネタバレはこちら


第3話[2018年10月23日放送]視聴率

6.2%

第3話の感想とネタバレはこちら


第4話[2018年10月30日放送]視聴率

%

第4話の感想とネタバレはこちら


第5話[2018年11月06日放送]視聴率

%

第5話の感想とネタバレはこちら


第6話[2018年11月13日放送]視聴率

%

第6話の感想とネタバレはこちら


第7話[2018年11月20日放送]視聴率

%

第7話の感想とネタバレはこちら


第8話[2018年11月27日放送]視聴率

%

第8話の感想とネタバレはこちら


第9話[2018年12月04日放送]視聴率

%

第9話の感想とネタバレはこちら


第10話[2018年12月11日放送]視聴率

%

第10話の感想とネタバレはこちら


※放送日程については、あくまで筆者の予想となります。
※視聴率については、随時更新予定

 

僕らは奇跡でできている|キャスト&スタッフ

キャスト

 

高橋一生(相河一輝)
榮倉奈々(水本育実)
要潤(樫野木聡)
児嶋一哉(沼袋順平)
西畑大吾(新庄龍太郎)
矢作穂香(青山琴音)
北香那(尾崎桜)
広田亮平(須田巧)
トリンドル玲奈(丹沢あかり)
松本若菜(宮本涼子)
田中泯(相河義高)
阿南健治(熊野久志)
戸田恵子(山田妙子)
小林薫(鮫島瞬)

 

スタッフ

 

【脚本】橋部敦子
【音楽】兼松 衆、田渕夏海、中村巴奈重、櫻井美希
【主題歌】『予感』 SUPER BEAVER
【オープニング曲】『ピュアなソルジャー』 Shiggy Jr.
【演出】河野圭太、星野和成、坂本栄隆
【プロデューサー】豊福陽子、千葉行利、宮川晶
【制作協力】ケイファクトリー
【制作著作】カンテレ

 

僕らは奇跡でできている|1話ネタバレ感想まとめ

 

案内人
案内人

1話ネタバレをここまで読み進めて頂き心より感謝申し上げます

 

「僕らは奇跡でできている」は非常に癒されて、考えさせられるドラマでしたね!高橋一生さんと榮倉奈々さんの関係性が今後どのように進展していくのか楽しみです!

2話目以降も引き続きネタバレ・感想を執筆していきます。本日はお越し頂きありがとうございました!

 

 
⇓ 1話〜最新話配信中 ⇓
もっと詳しく「FOD」を知りたい方は、「FOD メリット&デメリット」にお進みください。
※具体的な無料視聴方法は、記事ページ上部をご覧ください。
 
 
©フジテレビFOD/所属事務所
当サイト上で使用している画像および文章引用部分の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
※本作品の配信情報は2018年10月12日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。っ